筑波大学大学院 人間総合科学研究科 医学系専攻についてご紹介します。

セミナーのお知らせ

開催予定のセミナー情報

第242回つくばブレインサイエンス・セミナー
日 時 2018年5月22日(火)18時より
演題タイトル 『脳内中間表現型:遺伝子と行動の関係を理解するためのキーコンセプト』
演 者 萩原 英雄(はぎはら ひでお) 先生
(藤田保健衛生大学総合医科学研究所)
司 会 酒井 秀人 先生
(アステラス製薬研究本部キャンディデートディスカバリー研究所)
会 場 筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂
(バスご利用の方は「追越学生宿舎前」で下車してください)
備 考 詳細についてはTBSAホームページをご覧ください.
つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務局
第29回医学医療系研究発表会
日 時 5月24日(木)18:00~
場 所 臨床講義室B
演 者

水本 斉志 講師
全脳全脊髄照射の脊椎への影響

野口 恵美子 教授
アレルギー疾患の病態解明に挑む:遺伝環境要因解析

小池 朗 教授
心臓リハビリテーションの現状と今後の展望

備考 医学医療系研究発表会は、生命システム医学専攻および疾患制御医学専攻の科目
「医学セミナー」の対象の一つとして認められています 
連絡先 事務担当 医学研究支援
131st WPI-IIIS seminar
Date Friday, May 25, 2018
Time 17:00 – 18:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Hiromitsu Negoro
Department of Urology, University of Tsukuba Hospital
Subject Abyss of Nocturia − looking into the depth from circadian rhythm −
Summary

Nocturia means waking up to pass urine during the main sleep period. Prevalence of nocturia increases along with age and is more than 60% in individuals older than 60 years. In young and adults, urination at night can be suppressed by triad of factors including decreased arousal in the brain, decreased urine production rate in the kidneys and increased functional bladder capacity. The cause of nocturia is multifactorial, which makes it difficult to be treated. Focusing on the nocturia from the view of the biological clock in molecular biology and epidemiology, a new biological approach for nocturia will be proposed.

Click here for more information

Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第131回WPI-IIISセミナー
日 時 平成30年5月25日(金) 17:00-18:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者 Dr. Hiromitsu Negoro、(根来 宏光 先生)
Department of Urology, University of Tsukuba Hospital(筑波大学 腎泌尿器外科)
演 題 Abyss of Nocturia − looking into the depth from circadian rhythm −
要 旨

Nocturia means waking up to pass urine during the main sleep period. Prevalence of nocturia increases along with age and is more than 60% in individuals older than 60 years. In young and adults, urination at night can be suppressed by triad of factors including decreased arousal in the brain, decreased urine production rate in the kidneys and increased functional bladder capacity. The cause of nocturia is multifactorial, which makes it difficult to be treated. Focusing on the nocturia from the view of the biological clock in molecular biology and epidemiology, a new biological approach for nocturia will be proposed.

詳細はこちらからもご覧になれます

国際統合睡眠医科学研究機構長 柳沢 正史

問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
平成30年度看護学類Faculty Developmentセミナー
日 時 平成30年6月8日(金)15:15~16:30
場 所 筑波大学医学キャンパス共同利用棟B 103号室
演 題 「米国の看護教育 ~大学教育と臨床現場のギャップをなくすために~」
演 者 岩間恵子先生(アデルファイ大学看護学部博士課程修了)
備 考

主催・共催:看護学類FD自己点検委員会・OSCE担当委員会、ICT国際活動委員会

参加費無料、事前申し込み不要、どなたでも参加できますので、お誘い合わせの上、ふるってご参加ください
詳細はポスターをご確認ください

第195回 保健・医療・福祉に関する勉強会/日本プライマリ・ケア連合学会 単位認定講座
タイトル 乳がん検診最新情報
—高濃度乳房問題を含めて—
演 者 東野英利子先生
つくば国際ブレストクリニック 顧問
日 時 平成30年6月12日(火)18:30~20:30
場 所 筑波大学総合研究棟D 公開講義室(1F)
連絡先 筑波大学医学医療系
福祉医療学
柳 久子
TEL&FAX : 029-853-3496
Seminar in Medical Sciences
Date Tue, June 19th, 6pm-7:30pm
Venue Auditorium, the 8th floor of the Health and Medical Science Innovation Laboratory
Lecturer Professor HIKITA, Takatoshi
(Laboratory for Advanced Brain Functions, Institute for Protein Research, Osaka University)
Title Distinct roles of the direct and indirect striatal pathways in cognitive learning
Language English
Contact person Professor MASU, Masayuki, University of Tsukuba, Majors in Medical Sciences (Ext. 3249)
Abstract The basal ganglia plays a critical role in motor functions as well as cognitive learning. In the basal ganglia network, the inputs of the striatum/nucleus accumbens are transmitted through two parallel direct and indirect pathways and controlled by dopamine transmitter.
We have developed transgenic mouse models to dissect neural network mechanisms in cognitive learning. Using reversible neurotransmission blocking (RNB), we developed D-RNB and I-RNB mouse models in which transmission-blocking tetanus toxin was expressed in the direct striatonigral or the indirect striatopallidal pathway and, in turn, blocked each pathway in a doxycycline-dependent manner. We have revealed the distinct role of the two striatal pathways in cognitive learning:
the direct pathway critical for reward-based learning and the indirect pathway for aversive learning. We next addressed the regulatory mechanisms of the basal ganglia circuit and showed that the dynamic shift of pathway-specific neural plasticity via selective transmitter receptors and subcellular signaling is essential for reward and aversive learning behavior.
医学セミナー
日 時 6月19日(火)18:00〜19:30
場 所 健康医科学イノベーション棟8階講堂
講 師 疋田 貴俊先生
(大阪大学蛋白質研究所・高次脳機能学研究室・教授)
題 目 「認知学習における大脳基底核の直接路と間接路の機能分離」
"Distinct roles of the direct and indirect striatal pathways in cognitive learning”
連絡先 筑波大学医学系 桝 正幸教授(内線:3249)
備考 このセミナーは英語で行われます。
エクステンションプログラム:
第3回グローバル医薬品・医療機器開発マネジメント講座(7/14・21・28(土))
概 要

筑波大学つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO)では、幅広い世代に対する教育・人材育成プログラムを通じて異分野交流を促進し、エコシステム形成を目指しています。
本講座では、毎回最新のトピックスを取り上げ、医薬品・医療機器のグローバル開発戦略に関するトップリーダーによる講義と研究者・医療者・ビジネス界での異分野交流によるグループワークを行います。

2日目はアントレプレナーのトップランナーを講師に招き、米国西海岸の現況や体験談を含めた事例をご紹介いただきます。
3日目の特別基調講演では、武田薬品工業株式会社取締役の岩﨑真人氏をお招きし、イノベーション創出に向けたグローバル展開についてご講演いただきます。

イノベーションをマネジメントする知識と技量を学び、今後に活かせる実践力が身につく本講座の独自プログラムをぜひ体験してください。

日 時 2018年7月14・21・28日(土) 10:00~17:00
場 所 筑波大学東京キャンパス文京校舎(東京都文京区大塚3-29-1)
対 象 医療・医療機器分野の基礎知識を持ち、将来のグローバルマネージャーとしての活躍を目指す個人、企業派遣による社会人、本テーマを領域とするアカデミア研究者
※本学大学院生は別途事務局へご連絡ください
言 語 日本語
人 数 30名程度
費 用 一般75,000円/アカデミア・医療機関・政府機関33,000円(税込)
※3日間の昼食代含む
※別途、7月28日終了後に懇親会を予定(費用は当日5,000円程度)
申込締切 2018年6月15日(金)
プログラム 詳細はホームページチラシをご参照ください。
お問い合せ 筑波大学エクステンションプログラム事務局 Eメール
プログラムオーガナイザー 筑波大学つくば臨床医学研究開発機構長 荒川 義弘