筑波大学大学院 人間総合科学研究科 医学系専攻についてご紹介します。

セミナーのお知らせ

開催予定のセミナー情報

第71回免疫学セミナーのお知らせ
演題 超高純度ヒト骨髄由来幹細胞の分離と臨床応用の展望
講師 松崎 有未博士
所属 島根大学医学部生命科学講座 教授
PuREC株式会社 取締役
日時 平成29年11月24日(金)17:00-18:30
場所 健康医科学イノベーション棟8階講堂
Abstract

 従来のMSCは、骨髄単核球細胞から単純に培養皿に接着する細胞として調製され ているに過ぎず、細胞の種類や増殖・分化・遊走能などが不均一な状態である。 そのため、細胞老化による大量培養中の品質劣化、それに伴う品質の同一性担保 の困難さ、あるいは経静脈投与における細胞塞栓形成の危険性などの問題がある。 我々はLNGFRとThy1の2種類の抗体とセルソータを用いることで骨髄からヒトMSCを 直接分離する技術を開発し、さらに極めて増殖能と分化能、遊走能が高い高純度 ヒトMSCの樹立に成功した(PCT/JP2008/066169、Mabuchi et al. Stem Cell Reports 2013)。

 LNGFR, Thy1 共陽性細胞を96穴プレートに単一細胞分離後(B)に各クローンの 増殖速度を比較すると、2週間後にコンフルエントになる増殖が速いクローン (Rapidly Expanding Cell: REC)と、それ以外(Medium/Slow: MEC/SEC)に分類 される。 RECはMEC/SECと比較し、均一な細胞集団で、細胞老化を示しておらず、 細胞の大部分が増殖期にある。また、高い分化能(特に脂肪分化能)を示す、肺 にトラップされない、などこれまで問題となっている点をすべてクリアした高品 質かつ高純度なヒトMSCと言える。

 現在は低ホスファターゼ症をはじめとする骨・軟骨形成不全等、全身性疾患へ の経静脈投与による高い治療効果と、安定した細胞供給体制の確立に取り組んで おり、今後の展開を含めてご紹介したい。

備考 セミナーは日本語で行われます
This seminar will be held in Japanese
問い合わせ先 免疫学・渋谷 彰(ashibuya@md.tsukuba.ac.jp
TEL: 029-853-3281
《医学セミナー》
(This seminar will be held in English)
タイトル 臨床医学から集団医学の橋渡し —生活習慣病の疫学と予防—
講師名 磯博康 客員教授
(大阪大学大学院医学系研究科公衆衛生学教室 教授)
日 時 2017年12月4日(月曜) 18:30から
会 場 筑波大学 臨床講義室C
連絡先 筑波大学医学医療系 社会健康医学(内線6004)
《Seminars in Medical Sciences》
(This seminar will be held in English)
Title Translation of clinical to population sciences -Epidemiology of lifestyle
-related diseases-
Speaker Dr. Hiroyasu Iso (Professor, Osaka University)
Date December 4, 2017
Time 18:30~
Venue Clinical lecture room C
Contact Department of Public Health Medicine,Faculty of Medicine(ext.6004)
第192回保健・医療・福祉に関する勉強会
演者 宗田聡先生
広尾レディース院長
演題 「これからはじめる周産期メンタルヘルス ~EPDSの活用」
日時 平成29年12月6日(水)18:30〜20:30
場所 筑波大学総合研究棟D 116公開講義室(1F)
連絡先 筑波大学医学医療系
福祉医療学 029-853-3496
第440回TSMMセミナー(H29 第2回BMTセミナー)
演者 渡辺 一樹(島津テクノリサーチ)
齊木 秀和(島津製作所)
日時 2017年12月18日(月)17:00-18:00
会場 健康医科学イノベーション棟 8階講堂
要旨

受託分析のご紹介

近年、LC-MS・GC-MS・MALDI-MSを中心とした質量分析器の開発、普及により、それらを強力なツールとして網羅的解析(オミクス)の発展が目覚しい状況にあります。島津テクノリサーチは、これらのMSを用いたメタボロミクス・リピドミクス・プロテオミクス受託と、そこから見出される注目化合物の定量=バイオアナリシスを担うことができる受託機関です。今回は、それらのサービスを簡潔にご紹介致します。

探針エレクトロスプレーイオン化質量分析計(DPiMS-2020)

クロマト分離を伴う質量分析を行なう場合、通常はサンプルに含まれるタンパク質や塩などの夾雑物を予め取り除く前処理が必要になり、すぐに分析を開始することはできません。DPiMS - 2020は、それらの煩わしい前処理をほぼゼロにして、サンプルから直接質量分析が可能になります。さらに同一サンプルにおける長時間分析が可能であることから、化学合成等の反応過程の質量情報をリアルタイムで追跡できる画期的な装置です。今回は、本装置の概要とアプリケーション例をご紹介します。

*TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武幸司)、生命システム医学専攻 &疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷嘉人、島野仁)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。

連絡先 【筑波分子医学協会(TSMM)】HP
TSMMセミナー 協会代表:筑波大学医学医療系 大根田 修
TSMMセミナー担当 筑波大学医学医療系 濱田理人
医学セミナー・第15回分子遺伝疫学セミナー
《Seminars in Medical Sciences》
(This seminar will be held in English)
Title Approaches to the identification and evaluation of functional disease-causal/susceptible variants in the human genome.
Speaker Dr. Yuki Hitomi
(Assistant Professor, Department of Human Genetics, The University of Tokyo)
(人見祐基博士、東京大学大学院医学系研究科人類遺伝学分野助教)
Date December 18, 2017
Time 17:00-18:15
Venue Faculty of Medicine Building, Room 483 (医学系学系棟483)
Note

This seminar is one of the seminars for the subject “Seminar in Medical Sciences” in Doctoral Programs in Biomedical Sciences and Clinical Sciences. The seminar will be given in English, but questions in Japanese are also welcome.

This talk will include latest genetics findings in some intractable immune system diseases. THerefore, not only the students and faculty interested in human genetics, but also in immune disorders will find this seminar informative.

This seminar will NOT be recorded; therefore, be sure to attend if are interested.

Abstract Any of the genetic variations may cause differences in traits and disease risk. So far, genome-wide association study (GWAS) and next- generation sequencing (NGS) have become indispensable methods for comprehensive screening of disease-causal/susceptible variants in the human genome. However, due to linkage disequilibrium (LD), several single-nucleotide polymorphisms (SNPs) show similar levels of association with the most significantly associated GWAS tag-SNP, especially in the cases of common variants. Inaccuracy of variant calling by current NGS platforms also remains a problem.
For the identification of disease-causal/susceptible variants from numerous genetic variants in the human genome, evaluation by functional analyses should be performed. By systematic search for the disease causal/susceptible variants including functional analyses, we will come to understand the molecular mechanisms of diseases, establish novel drugs, and develop prediction kits for disease onset and adverse effects using genotyping of the variants.
In this seminar, I would like to introduce the approaches to the identification and evaluation of functional disease-causal/susceptible variants by comprehensive whole-genome analysis (GWAS and NGS), in silico functional analyses using several valuable computer tools, and in vitro functional analyses. We also discuss the clinical applications of the genetic variants to personalized medicine.
contact Naoyuki Tsuchiya, Molecular and Genetic Epidemiology
Laboratory
tsuchiya@md.tsukuba.ac.jp
《医学セミナー》
講 師 佐田政隆先生
(徳島大学大学院医歯薬学研究部 循環器内科学 教授)
題 名 「動脈硬化の新知見とイメージングへの応用ー生活習慣病によっておこる慢性炎症と心臓脂肪ー」
日 時 2017年12月22日(金) 18:00~19:30
場 所 臨床講義室 C
連絡先 循環器内科医局(内線3143)
『つくば医工連携フォーラム2018』
日 時 2018年1月26日(金)
時 間 9:30~18:00(予定)※受付開始 8:50~
懇親会 18:10~ ※産総研内レストランを予定
会 場 産業技術総合研究所 つくば中央共用講堂(つくば市東1-1-1)
(TXつくば駅から専用無料送迎バスをご用意します)
会場までのアクセスはこちら
参加費 一般・ポスドク 2,000円/学生 無料(税込)
懇親会 一般・ポスドク 4,000円/学生 1,000円(税込)
演題募集 締切 2017年12月11日(月)正午
基礎研究を中心に幅広く募集しております。
ポスドク・学生は研究奨励賞の対象となります。
受賞者は懇親会へ無料ご招待いたします。
ふるってご応募ください。
【事務局】 つくば医工連携フォーラム2018事務局
〒305-8576 茨城県つくば市天久保2-1-1
筑波大学つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO)内
TEL: 029-853-3861
Email: ikourenkei2018@md.tsukuba.ac.jp
HP: 大会ホームページはこちらです
平成29年度 医療科学類 FD講習会
日 時 平成30年1月31日(水)15:15-16:30
会場 健康医科学イノベーション棟8階講堂
講師 佐賀大学アドミッションセンター長 西郡 大 教授
演題 「大学入試の面接試験の強みをどこまで発揮できるか?」
主催 医療科学類FD委員会