筑波大学大学院 人間総合科学研究科 医学系専攻についてご紹介します。

セミナーのお知らせ

開催予定のセミナー情報

Oxford week
オックスフォード大学教授陣と本学の教員・学生による3夜連続レクチャーを開催いたします。
日 時 7/22(Mon)~24(Wed) 18:15-19:15
場 所 臨床講義室C
対 象 筑波大学医学大学院生・教員
プログラム 添付ご参考
申し込み 不要
連続で参加できない場合でも受講可能
お問い合わせ 筑波大学 がんプロ事務局
事務担当:小田(陽) 矢吹
Tel:029-853-7316 / Fax:029-853-5745 / Mail
第251回つくばブレインサイエンス・セミナー
日 時 2019年7月23日(火)18時より
タイトル 睡眠、摂食、養育行動の分子神経機構
演者 船戸 弘正(Hiromasa Funato)先生
(東邦大学医学部解剖学講座・筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構)
司会 桝 正幸 (筑波大学医学医療系)
場 所 筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂
バスご利用の方は『筑波大学病院入り口』または『追越学生宿舎前』で下車してください。
お問い合わせ 詳細についてはTBSAホームページをご覧ください。
http://www.md.tsukuba.ac.jp/tbsa/
つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務
155th WPI-IIIS Seminar
Date Wednesday, July 24, 2019
Time 12:00 –13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Paul Frankland
Hospital for Sick Children Research Institute / University of Toronto, Canada
Subject “Reconfiguring memory networks for long-term consolidation“
Summary While memories for events may initially depend on the hippocampus, over time they are reorganized in the cortex for long-term storage. Our studies have identified brain-wide networks engaged in memory recall at both recent and remote time points. Using chemogenetic approaches to interrogate these networks, we subsequently showed that hub brain regions within these networks disproportionately influence memory consolidation. In our most recent work, we have focused on the role of white matter plasticity in memory consolidation. Our studies indicate that white matter plasticity is required for learning-induced coupling of hippocampal sharp-wave ripples and cortical spindles and successful memory consolidation. Therefore, these results identify a non-neuronal form of plasticity that fine tunes hippocampal-cortical networks following learning and is required for memory consolidation.

Click here for more information:
http://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/seminar
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone: 029-853-8080 (ext.8080)
第155回WPI-IIISセミナー
日時 2019年7月24日(水) 12:00~13:00
場所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演者 Dr. Paul Frankland
Hospital for Sick Children Research Institute / University of Toronto, Canada
演題 “Reconfiguring memory networks for long-term consolidation”
要旨 While memories for events may initially depend on the hippocampus, over time they are reorganized in the cortex for long-term storage. Our studies have identified brain-wide networks engaged in memory recall at both recent and remote time points. Using chemogenetic approaches to interrogate these networks, we subsequently showed that hub brain regions within these networks disproportionately influence memory consolidation. In our most recent work, we have focused on the role of white matter plasticity in memory consolidation. Our studies indicate that white matter plasticity is required for learning-induced coupling of hippocampal sharp-wave ripples and cortical spindles and successful memory consolidation. Therefore, these results identify a non-neuronal form of plasticity that fine tunes hippocampal-cortical networks following learning and is required for memory consolidation.

詳細はこちらからもご覧になれます:
http://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/seminar
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
生命医科学域令和元年度公開講演会
演 題 「遺伝子発現の転写後調節機構とその生理学的意義」
演 者 入江 賢児先生
医学医療系 分子細胞生物学 教授
日 時 令和元年7月25日(木) 17:00~18:00
会 場 4A411室
  
【第3回バイオインフォマティクス分野講演会】
演 題 「階層ベイズモデルの紹介と腸内細菌叢データへの適用」
演 者 細田 至温(早稲田大学大学院 先進理工学研究科 浜田道昭研究室 博士後期課程1年)
要 旨 近年の次世代シーケンサーの発達により、膨大なシーケンシングデータが得られるようになった。このような膨大なデータを単純な統計解析で解釈することは困難を極める。そのため、モデルに事前知識を導入することで解釈性の高い結果を得ることがますます重要になっている。その一つの方法として階層ベイズモデルが挙げられる。階層ベイズモデルではデータに階層的な分布を仮定することで注目したパラメタの分布を推定することができる。我々は階層ベイズモデルの一つであるLDA (Latent Dirichlet Allocation) を腸内細菌叢メタゲノムに適用した。これまで、腸内細菌叢研究ではクラスタリングによる被験者の層別解析が主なものであった。しかしながら、クラスタリングでは細菌の共起グループであるassemblageを捉えられない。そこで、我々はassemblageを推定する手法としてLDAを採用した。結果として、これまでのクラスタリングによるアプローチでは得られなかった、酪酸産生菌を含む属が支配的なassemblageを発見した。本発表では階層ベイズモデルについて解説したのち我々の研究を紹介する予定である。
日 時 2019年8月2日(金) 15:00-16:00
会 場 筑波大学春日エリア 高細精医療イノベーション棟 3F 308
建物までのアクセス https://sites.google.com/view/ozakilab-jp/contact
セミナー詳細 https://sites.google.com/view/ozakilab-jp/seminar
連絡先 バイオインフォマティクス研究室(haruka.ozaki@md.tsukuba.ac.jp/takaho.tsuchiya@md.tsukuba.ac.jp)
(会場がアクセスしづらいため、外部の参加希望の方はメールをいただけるとスムーズです)