筑波大学大学院 人間総合科学研究科 医学系専攻についてご紹介します。

セミナーのお知らせ

2013年度・開催履歴(4月~)

the 28^th WPI-IIIS seminar / 第28回WPI-IIISセミナー
Date Wednesday, March 26^th , 2014
Time 12:00-13:00
Subject “Stress, sleep, and corticotropin-releasing hormone (CRH)”
Speaker Dr. Mayumi Kimura
Max Planck Institute of Psychiatry, Munich, Germany
Summary

Sleep is a complex phenotype. Although genetic susceptibility contributes to sleeping habits in individuals, temporal or even chronic alterations in sleep occur under various environmental factors, such as stress. A key chemical modulator initiating stress responses is corticotropin-releasing hormone (CRH).

Considering the critical role of CRH in depression, brain-site specific effects of CRH on sleep will be discussed based on our studies in Cre-expressing mouse models.

Venue Room #402, 4F, Health and Medical Science Innovation Laboratory, University of Tsukuba
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone: 029-853-5857 (ext. 5857)
Yours sincerely,
Masashi Yanagisawa,
WPI - International Institute for Integrative Sleep Medicine The University of Tsukuba
日 時 2014年3月26日(水)12:00~13:00
演 題 “Stress, sleep, and corticotropin-releasing hormone (CRH)”
演 者 木村 昌由美先生( マックス・プランク精神医学研究所 )
要 旨

Sleep is a complex phenotype. Although genetic susceptibility contributes to sleeping habits in individuals, temporal or even chronic alterations in sleep occur under various environmental factors, such as stress. A key chemical modulator initiating stress responses is corticotropin-releasing hormone (CRH).

Considering the critical role of CRH in depression, brain-site specific effects of CRH on sleep will be discussed based on our studies in Cre-expressing mouse models.

場 所 筑波大学 医学系エリア 健康医科学イノベーション棟4階 402室
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線5857)
G30学内ラップアップ「G30からスーパーグローバルへ」
日 時 平成26年3月24日(月) 15:30~17:00
目 的

今年度でG30補助金事業が終了するにあたり、G30プログラムによって、筑波大学が達成した成果とともに、次のステップである「スーパーグローバル大学」に向けての課題を共有する。

出席予定者:学長、副学長ほか、G30関係者、スーパーグローバルTFメンバーなど学内教職員

プログラム:
(コーディネーター:辻中豊学長特別補佐)
15:30 開会、学長挨拶 (永田恭介学長)
15:35 G30成果の概要 (北脇信彦G30プロジェクト推進マネージャー)
15:45 各プログラムからの報告と提言
   -生命環境学際プログラム (佐藤忍生命環境学群長)
   -社会国際学教育プログラム (赤根谷達雄社会・国際学群長)
   -インターナショナル・リサーチ・コース (加藤光保生命システム医学専攻長)
   -数理物質科学研究科 (秋本克洋数理物質科学研究科長)
16:25 質疑及び意見交換
16:50 まとめ、閉会 (BENTON Caroline Fern副学長)

※17:30~ 懇親会(本部棟3階第一会議室、会費1,500円(予定))
懇親会に参加される方は、3/19(水)までに下記担当までご連絡願います。

場 所 本部棟5階大会議室
担 当 国際部国際企画課(G30・国際戦略担当)
内線 8481
E-mail global30@un.tsukuba.ac.jp
第2回 救援者のメンタルヘルス研修会
日 時 2014年3月15日(土)13:00~17:00
概 要 2011年3月11日に東日本大震災が発生し、岩手県から千葉県までの太平洋岸の広範囲に及ぶ甚大な被害をもたらしました。ここ茨城県においても、沿岸地域のみならず内陸部においても被害が及んでおります。さて、当講座は筑波大学医学医療系に2012年4月に新設されました。当講座では被災者のメンタルヘルス支援はもちろんのこと、災害発生時に救援活動に従事される方々を対象としたメンタルヘルス保持を重要な課題としています。そこで、大規模災害が発生した際に第一対応者となる警察、消防、自衛隊、地域の自治体職員、医療機関の職員などを対象とした研修会を計画しました。研修内容としましては、災害精神医学概論、起こり得る精神障害、メンタルヘルスのシステム作り、参加者でのグループワークなど、救援者のメンタルヘルスに関する内容を取り上げる予定です。救援者同士のネットワーク化も本研修会の重要な課題と考えております。
定 員 60名まで
対 象 大規模災害が発生した際に第一対応者となる警察、消防、自衛隊、地域の自治体職員、医療機関の職員など、災害精神支援に興味のある方
内容(予定) 災害精神概論、起こり得る精神障害、救援者支援、メンタルヘルスのシステム作り、参加者同士のグループワーク 他(内容は変更することがあります。)
参加費 無料
申し込み方法 申込書に記入の上、事前にメール/(FAX)にてお申し込みください。
申し込み締め切り 平成26年2月末(ただし、定員に達し次第締め切り)
会 場 つくば国際会議場 小会議室303号室 (つくば駅より徒歩8分)
http://www.epochal.or.jp/(会場HP)
http://www.epochal.or.jp/access/map_shuhen.html(会場MAP)
連絡先 筑波大学医学医療系災害精神支援学
Tel/Fax: 029-853-3057
E-mail: disasterpsychiatry@md.tsukuba.ac.jp
キックオフシンポジウム

英国のイーストアングリア大学(UEA)と国際交流協定の締結をうけて、両大学の連携のキックオフシンポジウムを来月3月14日(金)に下記の通り開催いたします。シンポジウムは自由参加です。
懇親会へご参加いただける方は、3月6日(木)までに安村(yasumura.yuki.gn@un.tsukuba.ac.jp)まで、メールにてご登録ください (会費4000円) 。
セミナーのテーマは、植物分子生物学、植物病理学、藻類、微生物学です。
みなさまのご参加お待ちしています。

A mini-symposium will be held to mark the beginning of research-based alliance with the University of East Anglia (UEA), UK. Please see below, or the attached leaflet, for information. Everyone is welcome to participate, and if you would like to join at the party afterwards (for ¥4000), please register by e-mail at yasumura.yuki.gn@un.tsukuba.ac.jp

mini-symposium title Kickoff symposium for Tsukuba-Norwich Collaborative Research Networks ~Symbiosis between Human and the Planet Earth~
Date 14 March 2014, 13pm~
Venue Laboratory of Advanced Research A, Room 110(総合研究棟A 110)
Banquet 2B Cafeteria (第2エリア食堂)18pm~、¥4000
(please register by 6 March by e-mail at yasumura.yuki.gn@un.tsukuba.ac.jp)
Talks Plant molecular biology, Plant pathology, Algal physiology, Microbiology
About UEA and Norwich Research Park Norwich Research Park is a partnership between the University of East Anglia and four world-renowned research institutes including John Innes Centre and The Sainsbury Laboratory, located in England, UK. The main strength of the Park is the concentration of world-leading scientists coupled with the capability for multidisciplinary research.
In this mini-symposium, there will be five invited talks by distinguished scientists from UEA and the Sainsbury Laboratory, Norwich, and four talks by rising star scientists from the University of Tsukuba.
Programme

Please also see the leaflet attached to this e-mail.

13:00 Opening Remarks: Dr. Caroline Benton
13:05 Introduction to Faculty of Science, UEA: Dr. Phillip Gilmartin (Dean of Faculty of Science, University of East Anglia)

13:25 – 17:25 Research Presentations
I Plant Molecular Biology (Chair: Dr. Hiroshi Ezura) Dr. Tamas Dalmay (Head of School of Biological Sciences, University of East Anglia) Dr. Tohru Ariizumi (University of Tsukuba)

II Plant Pathology (Chair: Dr. Yuichi Yamaoka) Dr. Peter van Esse (Project Leader, The Sainsbury Laboratory) Dr. Yasuhiro Ishiga (University of Tsukuba)

Break-15:15-15:30

III Algal Physiology (Chair: Dr. Iwane Suzuki) Dr. Gill Malin (University of East Anglia) Dr. Yoshinori Tsuji (University of Tsukuba)

IV Microbiology (Chair: Dr. Naoki Takaya) Dr. Colin Murrell (University of East Anglia) Dr. Ken-Ichi Oinuma (University of Tsukuba)

17:25-17:30 Closing Remark: Dr. Yoshihiro Shiraiwa 18:00-20:00 Banquet (¥4000)

Contact Yuki Yasumura, Ph.D.
Research Administrator
Office of Research Administration
Email: yasumura.yuki.gn@un.tsukuba.ac.jp
Tel:029 853 2877 Fax:029 853 6011
文部科学省 新学術領域研究「転写代謝システム」
転写代謝セミナーTranscription and metabolism seminar
日 時 2014年3月13日(木)15:00~
Title 『RNA binding proteins, arginine methylation and DNA damage signaling in normal cells and diseases』
Talks Professor Stephane Richard
James McGill Professor,
Departments of Medicine and Oncology, McGill University, Canada
場 所 筑波大学生命領域学際研究センター A棟2階セミナー室
Date Mar.13,2014(Thu) 15:00~
Venue seminar room at level 2 of bldg. A, TARA center, University of Tsukuba
文部科学省 新学術領域研究「転写代謝システム」
転写代謝セミナーTranscription and metabolism seminar
日 時 2014年3月13日(木)16:30~
Title 『GATA transcrip:on factor regulation of HSC homeostasis and T cell development』
Talks Professor James Douglas Engel G. Carl Huber Professor, Department of Cell and Developmental Biology University of Michigan Medical School, USA
場 所 筑波大学生命領域学際研究センター A棟2階セミナー室
Date Mar.13,2014(Thu) 16:30~
Venue seminar room at level 2 of bldg. A, TARA center, University of Tsukuba
第392回TSMMセミナー
日 時 2014年3月5日(火)17:00~18:30
演 題 Transcription factor interactions in pluripotent cell states.
演 者 Prof. Ian Chambers
Institute for Stem Cell Research, Centre for Regenerative Medicine, University of Edinburgh
要 旨

Pluripotency is a property that early embryonic cells possess over a considerable developmental time span. Accordingly, pluripotent cell lines can be established from the pre-implantation or post-implantation mouse embryo as embryonic stem (ES) or epiblast stem (EpiSC) cell lines, respectively. Maintenance of the pluripotent phenotype depends on the function of specific transcription factors (TFs) operating within a pluripotency gene regulatory network (PGRN). As cells move from an ES cell to an EpiSC state, the PGRN changes with expression of some TFs reduced (e.g. Nanog) or eliminated (e.g. Esrrb). Re-expressing such TFs can move cells back to an earlier developmental identity and is being applied to attempt establishment of human cell lines with the properties of mouse ES cells.

参考文献
The role of pluripotency gene regulatory network components in mediating transitions between pluripotent cell states. Festuccia N, Osorno R, Wilson V, Chambers I. Curr Opin Genet Dev. 2013 Oct;23(5):504-11.

会 場 イノベーション棟1階105会議室
連絡先 筑波大学医学医療系  医学医療系 高橋 智 (内線 7516)
【筑波分子医学協会(TSMM)共催】 HP
TSMMセミナー担当 筑波大学医学医療系 船越 祐司
*TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武 幸司)、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷 嘉人、武川 寛樹)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。
第391回TSMMセミナー
平成25年度 第8回バイオメディカルテクノロジーセミナー
日 時 2014年3月4日(火)17:00~18:00
演 題 狙った細胞、核心への近道
演 者 柴田 加苗 先生(ライカマイクロシステムズ)
要 旨

レーザーマイクロダイゼクション (LMD)では、顕微鏡下で個々の細胞や組織を観察し、レーザー を用いて周囲から切り離すことで、コンタミすること無くDNA、RNA、タンパク質を抽出し、より精度の高い結果を得ることが できます。本セミナーでは、LMD専用光学系を標準搭載し進化を続けるライカLMDの歴史および原理から、実験への応用例をご紹介します

最新マシンLMD7000のアプリケーションを中心に、レーザーマイクロダイゼクションの原理から応用例までを、ライカマイクロシステムズ社 技術営業部の柴田先生が、幅広くわかりやすくご紹介下さいます。ご興味がある方はもとより、あまり知識のない方もぜひ積極的にご参加下さい。

TSMMセミナーは、フロン ティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武幸司)、生命システム医学専攻&疾患制御 医学専攻(博士)「最先端 医学研究セミナー」(担当:熊谷 嘉人、武川寛樹)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教 員)の関連セミナーに相当します。
会 場 健康医科学イノベーション 棟8階 講堂
連絡先 筑波大学医学医療系 小林麻己人(内線8457、makobayash@md.tsukuba.ac.jp
【筑波分子医学協会(TSMM)主催】HP
セミナー担当 筑波大学医学医療 系船越 祐司(内線3115、funa@md.tsukuba.ac.jp
第一回筑波大学オープンファシリティーフォーラム開催のご案内
~ 使いたい機器はここにある!領域を越えた共同利用へ ~
日 時 2014年3月4日(火)13:30~16:00
概 要  この度、オープンファシリティー活動の理解を深めていただく目的で、第一回筑波大学オープンファシリティーフォーラムを開催することとなりましたので、下記のとおり、ご案内申し上げます。
 本フォーラムでは、文部科学省の設備サポートセンター整備事業を進めている3大学(北海道大学、大阪大学、筑波大学)の活動状況を報告し、利用者が求める今後のオープンファシリティーの方向性を議論します。
 昨年7月より、本学のオープンファシリティーシステムが本格稼働し、現在までに、研究基盤総合センター分析部門をはじめ、医学医療系、生命環境系、数理物質系の機器が登録され、徐々に広がりつつあります。来年度以降は更に登録機器を増やし、学内者および学外者向けの対応も含め幅広く機器の有効活用を促進する予定で準備を進めているところですので、是非ユーザーの皆様および今後新たな機器の利用を予定している皆様、機器登録をご検討の管理部局の皆様等、沢山の皆様のご参加をお待ちしております。
対象者 筑波大学 学生・大学院生・教職員、学外者含め皆様ご参加可
開催概要

1.開会・挨拶
 理事・副学長 三明 康郎
2.「筑波大学におけるオープンファシリティーのミッション」
 研究基盤総合センター長 新井 達郎
3.「北海道大学におけるオープンファシリティーの歴史と役割」
 北海道大学 創成研究機構 共同機器管理センター 共用機器部門長
 江藤 典子
4.「大阪大学におけるリユース機器・設備の共同利用に向けた取組について」
 大阪大学 科学教育機器リノベーションセンター 特任助教 荒西 睦雄
5.「筑波大学における設備サポートセンター整備の活動報告と今後の方向」
 筑波大学 研究基盤総合センター オープンファシリティー推進室
 連携コーディネーター 青木 克裕
6.閉会

お申込み等は不要ですので、ご参加希望の方は、ご自由にご参加ください。
詳細は、説明会ポスターをご参照願います。

開催場所 筑波大学 総合研究棟A 1階 公開講義室
連絡先 研究基盤総合センター オープンファシリティー推進室
内線2486
Email: of-staff@openfacility.sec.tsukuba.ac.jp
URL : http://openfacility.sec.tsukuba.ac.jp/
第4回ダイバーシティセミナー「外部資金獲得セミナー」
日 時 2014年3月3日(月)
概 要 ダイバーシティ推進室では、標記セミナーを実施いたします。
詳細につきましては、教職員専用サイトに掲載しておりますので、参照願います。
連絡先 筑波大学 ダイバーシティ推進室
学生・教職員向けワークショップ「休学・留年生のサポートを考えよう!」のお知らせ
(主催:筑波大学精神医学グループ、共催:筑波大学保健管理センター)
日 時 2014年3月1日(土)12:30~17:30
概 要 休学や留年は学生にとって大事な問題で、こころの健康を害したり、ひきこもりや退学に関係することもあります。
そこで、この経験を人生のプラスにするにはどうしたらいいか、居場所や仲間はどう作っていくか、周りのサポートはどうするか、を学生・教職員みんなで考えるという、本学初のワークショップを企画いたしました。内外の学生支援の専門家もお招きしています。
ぜひ学生諸君のご参加もお声がけください。参加費無料です。現役休学生・留年生のご参加も大歓迎です!
場 所 総合研究棟A棟110公開講義室
参加対象 大学の学生と教職員室
参加費 無料
内 容 添付プログラムをご参照ください。
連絡先 筑波大学精神医学グループ事務局
Tel&Fax: 029-853-3182
E-mail: seishin@md.tsukuba.ac.jp
グローバル人材育成の交流ラウンドテーブル
「グローバル化する大学の職員像を考える」の開催について
日 時 2014年2月28日(金)15:00~17:45
概 要

実施につきましてはポスターをご覧くださるようお願いいたします。
http://g-commons.global.tsukuba.ac.jp/news/app/webroot/files/upload/13927795321.pdf

また、詳細につきましては、以下のURLをご覧くださるようお願いいたします。
http://g-commons.global.tsukuba.ac.jp/news/news/detail/126

開催趣旨 本ラウンドテーブルは、グローバルに競える大学を目指し、国際化と教育改革を本的に進めようとする本学の動きを見据え、グローバル化したキャンパスの中で将来本学職員が担うべき役割や求められる資質などを具体的に考える一つの契機とするために開催するものです。
場 所 総合研究棟B 112講義室
担当 グローバル・コモンズ支援室 板橋(7428)
セミナー
概 要

ダイバーシティ推進室では、「女性研究者活動支援事業(拠点型)」における 女性研究者支援の一環として、標記セミナーを実施いたします。
詳細につきましては、教職員専用サイトに掲載しておりますので、参照願います。

参加希望者は、1月24日までに、医学医療エリア支援室総務宛 (sien-igakuss2@un.tsukuba.ac.jp)にお知らせください。

グローバルマナーセミナー
日 時 2014年2月27日(木)10:00~16:00(休憩あり)
講 師 江上 いずみ グローバルマナースプリングス代表
概 要

国内外におけるプレゼンテーション・レセプションで必要不可欠となるグローバルマナーを身に付けましょう。
昼食をご一緒しながら世界に通用するマナーを学びましょう。

どなたでも参加できます
参加費(お弁当代)500円程度
定員25名(先着順)

詳しくはPDFファイルをご覧ください。

場 所 総合研究棟A棟107
Special Seminar
Dear all,
Please be advised that the special seminar is scheduled as follows.
This seminar is hosted by Prof. Kumagai.
Date Thu. 27 February 2014
Time 10.00 am – 12.00 am
Title Nrf2 in Metabolic Syndrome: Yin & Yang?
Guest Speaker Dr. Jingbo Pi
(School of Public Health, China Medical University)
Venue Room 105, Health and Medical Science innovation Laboratory in Medical area
I appreciate if you could provide this information to anybody who may be interested.
Thank you and best regards,
Yukiko Ito
医学セミナー
日 時 2014年2月21日(金)10:00~
演 題 「乳幼児におけるてんかんの外科治療」
講 師 国立精神・神経医療研究センター病院 脳神経外科部長
大槻 泰介 先生
場 所 学群棟 4A411教室
連絡先 医学医療系精神医学 朝田 隆 (内線:3182)
第5回つくばがん研究会・つくばキャンサーリサーチアリーナ
日 時 2014年2月21日(金)17:30~
概 要 第5回つくばがん研究会とつくばキャンサーリサーチアリーナを2月21日に合同開催いたします。がん研究会では、東京大学理学系研究科化学専攻の菅裕明教授にお出でいただき、任意のタンパク質に対して特異的に結合する環状ペプチドを作成する技術の開発とその応用についてご紹介いただきます。奮ってご参加いただきますようお願いいたします。
場 所 筑波大学健康科学イノベーションセンター棟 8F 大講義室
問い合せ先 第5回つくばがん研究会世話人
医学医療系
加藤 光保(内)3944
第6回グローバルエイジングセミナー
概 要

筑波大学グローバルエイジングセンター(CGAT)準備室は、第6回グローバルエイジングセミナーを開催いたします。

アメリカの在宅プライマリーケアや終末期医療の分野で活躍された亀田メディカルセンター臨床教育専任医のMoody先生をお招きし、講演頂きます。
ご関心のある方は、ぜひ奮ってご参加ください。

尚、ご参加頂ける場合、お手数ですが、資料・会場準備のため、前日正午までに下記宛てに「セミナー参加申込」とタイトルに明記のうえ、ご連絡頂ければ幸いです。

Center for Global Aging Tsukuba (CGAT) Prepration Office will hold the 6th Global Aging Seminar as follows.

The lecturer is Dr. Moody, who is an expert in home based primary care and palliative care in US and currently teaching at the Kameda Medical Center in Japan.

Please join us on this occasion. If you will be present, please let us know by Feb 19, noon.

The 6th Global Aging Seminar
"Advance Care Plannning: Progress and Challenges"
Time Feb. 20, 2014 (Thu) 10:30~12:00
Place Laboratory of Advanced Research D 115
Lecturer Dr. Moody Levin Sandra, Kameda Medical Center
Language English
第390回TSMMセミナー
日 時 2014年2月19日(水)17:00~18:30
演 題 エピジェネティクスのクロマチン構造基盤
演 者 胡桃坂仁志 教授 (早稲田大学理工学術院 先進理工学部・研究科)
要 旨

真核生物では、ゲノムDNAはクロマチンとして高度に折りたたまれることによって細胞核内に収納され、その状態で機能している。このようなゲノムDNAの機能的な折りたたみは、ヌクレオソームを基盤構造として成し遂げられている。ヌクレオソームのタンパク質成分である4種類のコアヒストンH2A、H2B、H3、H4は、多様な翻訳後修飾を受けることでその機能的な多様性を確保している。近年、ヒストン翻訳後修飾に加えて、ヒストンバリアントの選択的な利用が、クロマチンの構造多様性やダイナミクスに中心的な役割を果たすことが明らかになってきた。このような高次クロマチン構造とそのダイナミクスを介した遺伝情報制御が、エピジェネティクスの基盤であると考えられている。我々は、再構成系を用いたクロマチンの生化学的および構造生物学的研究によって、クロマチンの高次構造とダイナミクスの解明を目指して研究を行っている。今回、我々の最近の研究成果を紹介し、エピジェネティクスの分子基盤・構造基盤としてのヌクレオソームの立体構造、構造的性質、ダイナミクスについて議論したい。

*TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武 幸司)、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷 嘉人、武川 寛樹)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。

会 場 イノベーション棟8階講堂
連絡先 筑波大学医学医療系  川口敦史(内線 3942、ats-kawaguchi@md.tsukuba.ac.jp
奥脇 暢 (内線7950、mokuwaki@md.tsukuba.c.jp
【筑波分子医学協会(TSMM)共催】 HP
TSMMセミナー担当 筑波大学医学医療系 船越 祐司
平成25年度人間総合科学研究科第4回FDプログラム
日 時 2014年2月19日(水)14:00~
場 所 筑波大学 総合研究棟D D116(公開講義室)
世界で活躍する女性研究者の育成と支援~産学連携を通して~
日 時 2014年2月19日(水)13:00~17:00(12:30開場)
概 要

平素より、ダイバーシティ推進事業へご理解ご協力を賜り、誠にありがとうございます。
筑波大学ダイバーシティ推進室は、平成25年度文部科学省科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業(拠点型)」に採択され、女性研究者支援に取り組んでいます。
この事業では、本学が拠点となりつくばにゆかりのある民間企業、研究機関、大学等と共に、女性研究者を育成し支援するためには産学がどのような協力・連携をしていくべきなのか、研究力向上、ワーク・ライフ・バランス支援、次世代研究者の育成と裾野拡大に向けた連携を図ることを目的とした「つくば女性研究者支援協議会」を立ち上げ、今回はそのキックオフとして「世界で活躍する女性研究者の育成と支援~産学連携を通して~」をテーマとしたシンポジウムを開催します。

入場は無料。どなたでも参加いただけます。

より多くの皆様のご参加をお待ちしております。

内 容

【 プログラム 】
開会挨拶
永田 恭介(筑波大学長)
拠点型事業の趣旨説明
文部科学省科学技術・学術政策局人材政策課担当官

基調講演
「科学技術分野における女性の活躍促進について」
佐村 知子氏(内閣府男女共同参画局長)

特別講演
「女性研究者が日本の未来を変えていく」
 相馬 芳枝氏(日本化学会フェロー/産業技術総合研究所名誉リサーチャー)
パネルディスカッション 「世界で活躍する女性研究者を支える環境づくり」

[パネリスト]
小川有美子氏(アステラス製薬株式会社 研究本部研究企画統括部課長)
加納 尚美氏(茨城県立医療大学 保健医療学部看護学科教授)
近藤  樹氏(エーザイ株式会社 プロダクトクリエーション本部予算管理・人材開発部人材開発室長)
山田  理氏(独立行政法人産業技術総合研究所 総務本部ダイバーシティ推進室長)
梅田  恵氏(日本IBM株式会社 ダイバーシティ&人事広報部長)
水町 功子氏(独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 男女共同参画推進室長)

[モデレーター]
庄司 一子(筑波大学 ダイバーシティ推進室長)
閉会挨拶
東 照雄(筑波大学副学長)
主催:国立大学法人筑波大学/つくば女性研究者支援協議会

◆申込書はこちら→PDF
教職員専用サイト掲載
https://ksp.sec.tsukuba.ac.jp/wp/

会 場 筑波大学大学会館3階 国際会議室
お問い合わせ ダイバーシティ推進室(内線:8504)
Tel: 029-853-8504 / Fax: 029-853-8505
Email: diversity@un.tsukuba.ac.jp
『ビジネスコミュニケーション』『デザイン思考』追加開催のご案内
日 時

[ビジネスコミュニケーション]
第1回 平成26年2月19日(水) 13:30~16:30
第2回 平成26年2月20日(木) 13:30~16:30
※グローバルリーダー養成プログラムの養成者もしくは応募者は両日とも受講ください。

[デザイン思考]
第1回 平成26年2月20日(木) 18:00~19:30
第2回 調整中
※受講者少数の場合は、第1回開催時に第2回開催日時を決定します。

内 容

詳細は下記URLをご覧ください。
[ビジネスコミュニケーション]
http://glc-net.tsukuba.ac.jp/1423/

[デザイン思考]
http://glc-net.tsukuba.ac.jp/1431/

お問い合わせ 筑波大学グローバルリーダーキャリア開発ネットワーク
担当:竹内
TEL:029-853-5706,5707  FAX:029-853-5708
E-mail:takeuchi.katsuyuk.fw@u.tsukuba.ac.jp
大西恵理子先生による「英語で医療面接」ワークショップの案内
日 時 2014年2月12日(水)17:00~18:30
2014年2月17日(月)17:00~18:30
2014年2月19日(水)17:00~18:30
講 師 Oregon Health and Science University Family Medicine Department
(オレゴン健康科学大学家庭医療科) Associated professor
大西 恵理子先生(筑波大学医学専門学群17回生)
内 容

海外実習や研修に必須の英語での医療面接について、昨年10月に実施したワークショップに好評をいただき、今年度第2回の機会を企画しました。
各回とも英語で医療面接を行う上でのポイントのレクチャーとロールプレイを行います。
興味のある学生は、積極的に参加してください。

*学年、臨床経験、スキルは問いません。
*実践希望の方も見学希望の方も、ご自身の英語力に応じた参加が可能です。
*単回の参加も可能です。繰り返し参加することでより効果的な学習となります。
*終了後、米国での研修の実際、渡米するまでの準備や米国医療の現場の話を質問する機会を提供します。

対 象 海外における実習・研修に興味をもつ医学類学生(全学年):「国際的に通用する医師としてのスキルを身につけたい!」「将来海外で働きたい!」など、国外での研修に興味をもつ方にはいいチャンスです。その他ちょっと英語の勉強・・にという方も歓迎します。
場 所 イノベーション棟8階講堂
企画に関する問い合わせ先 医学教育企画評価室 高屋敷明由美(tk-ayumi@umin.ac.jp
169回 保健・医療・福祉に関する勉強会
日 時 2014年2月18日(火)18:30~20:30
演 題 肥満児とその家族への対処
- 茨城県の現状とメタボ予防のプライマリ・ケア -
演 者 平野 千秋 先生
きぬ医師会病院(小児生活習慣病予防外来)医師
場 所 筑波大学総合研究棟D 公開講義室(1F)
第27回WPI-IIISセミナー
日 時 2014年2月13日(木)14:00~15:00
演 題 “Development of micro-endoscope for in vivo Ca and FRET imaging in freely moving animals”
演 者 船曳和雄先生(大阪バイオサイエンス研究所)
内 容

In vivo imaging is a powerful tool to analyze brain dynamics, especially when it becomes possible with the functional assessment of the circuits.

We share our experience in developing a fiber-optic micro-endoscope which enables in vivo Ca and FRET imaging at cellular resolution in freely moving animals.

会 場 筑波大学 医学系エリア 健康医科学イノベーション棟4階 402室
連絡先 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線5857)
医学セミナー
日 時 2014年2月18日(火)17:00~18:30
演 題 「Sox17へテロマウスの疾患モデル動物としての応用」
演 者 金井正美 教授(東京医科歯科大学 実験動物センター)疾患モデル動物解析学分野
要 旨 Sox遺伝子群は未分化能の維持や発生プロセスにおいてきわめて重要な役割を担うことが数多く報告されており、片方のアリル変異により発現量が半減することでハプロ不全を呈することから、多くの疾患の原因遺伝子として同定されている。我々はSox17遺伝子が脊椎動物を通じて内胚葉発生に必須な因子であることを証明してきたが、その際に、ヘテロ個体をC57Bl/6Nマウスに遺伝背景を置換すると5世代目より生後致死を呈することを発見した。現在までに得られたSox17へテロ個体の胆管閉塞を伴う新生児肝炎モデル動物としての有用性や、今後の課題としての女性不妊の疾患解決のためのモデル動物としての可能性についてお話ししたい。
場 所 健康医科学イノベーションセンター棟 1階 105会議室
連絡先 生命科学動物資源センター 医学医療系・実験動物学
八神 健一(kenyagam@md.tsukuba.ac.jp
第209回つくばブレインサイエンス・セミナー
日 時 2014年2月18日(火)18:00~
演 題 非翻訳領域リピート病 non-coding repeat expansion disordersの病態メカニズム
演 者 松浦 徹先生(自治医科大学内科学講座神経内科学部門)
概 要

(2013年度2月定例会)つくばブレインサイエンス協会(TBSA)

筑波大学医学医療系では、毎月「脳」をテーマにセミナーを行っております。医学・生物学の分野にとどまらず、心理学や工学など幅広い分野から専門の先生方をお招きし、それぞれの最先端の内容を他の分野の方々にもわかりやすく解説していただいております。セミナーは無料で公開されておりますので、どなたでもご自由にご参加いただけます。

要 旨

TBSAのウェブをご覧下さい。 http://www.md.tsukuba.ac.jp/public/tbsa/next_lec.html

・セミナー参加に事前の申し込みは必要有りません。18時から始まりますので、お早めにお出で下さい。医学地区駐車場をご利用になれます(ゲート開放時間:17:00~20:00)。

・このセミナーは,筑波大学大学院修士課程フロンティア医科学専攻および大学院博士課程人間総合科学研究科との共催セミナーです

<交通>
[公共交通機関をご利用の場合]
・秋葉原駅~<つくばエクスプレス>~つくば駅~<関東鉄道バス>~筑波大学病院入り口または追越学生宿舎前下車
・上野駅~<常磐線>~荒川沖駅~<関東鉄道バス>~つくばセンター~<関東鉄道バス>~筑波大学病院入り口または追越学生宿舎前下車

[お車でお越しの場合]
・東京~<常磐自動車道>~桜土浦IC~<R354>~「大角豆」交差点を右折~<東大通り>~<北大通り>~筑波看護専門学校の交差点で右折~筑波大学・医学地区

会 場 筑波大学 イノベーション棟 8階 講堂

At the Faculty of Medicine, University of Tsukuba, we will hold a seminar about “brain” every month. Researchers working at the cutting edge of the brain science, with backgrounds in a variety of specialties, such as basic and clinical medicines, biology, psychology, and engineering, are invited to talk about their research in a way audience with no prior knowledge of the subject can understand (At least we request speakers to do so). In our seminar, you will be fully updated about the state-of-the-art researches on the topic.

This seminar is supported by the Master's Program in Medical Sciences and Master's and Doctoral Programs in Comprehensive Human Sciences at the University of Tsukuba.

***Tsukuba Brain Science Association (TBSA)

Secretariat: c/o Takashi Shiga

University of Tsukuba Graduate School of Comprehensive Human Sciences,
1-1-1 Tenno-dai Tsukuba Ibaraki 305-8577, Japan

Phone: +81-29-853-6960 or 6961

FAX: +81-29-853-6960

E-mail: tbsa-sec@md.tsukuba.ac.jp

Web Site: http://www.md.tsukuba.ac.jp/public/tbsa/

筑波大学 ArcGIS セミナー
日 時 2014年2月17日(月)
午前の部:10:00 - 11:30 セミナー(講義: ArcGIS 紹介)
午後の部:13:30 - 17:00 ハンズオン(演習)
対 象 学群、研究科は問いません。
(教職員の申し込みも受け付けますが学生を優先します)
※:申し込み多数の場合は、学術情報メディアセンターにて抽選します。
参加・申込み方法 E メール @u.tsukuba.ac.jp, @un.tsukuba.ac.jp からのみ受け付けます。
# 実習時に全学計算機システムのアカウントを使用します。
メール本文に所属と氏名を記述して下さい。
arcgis2014_s@cc.tsukuba.ac.jp (学生)
arcgis2014_t@cc.tsukuba.ac.jp (教職員)
締切:2 月13 日(木)24:00
抽選結果は2 月14 日に当選者のみにメールにて通知します。
内 容

[午前の部:GIS でできること]
GIS とは、地理情報(位置に関連づけられた様々な情報)を作成、加工、管理、分析、可視化、共有するための情報技術です。
GIS の基本的な概念、研究におけるGIS の活用事例とArcGIS をご紹介します。この機会に「地理的課題解決のアプローチ」をしてみませんか?

[午後の部:ArcGIS 操作体験]
初心者向けのコースになります。実際にArcGIS for Desktop を操作していただき、GIS の一連の流れを体験していただきます。
また、講師によるデモンストレーションをご覧いただくことで活用イメージを膨らませて頂きます。
操作体験後は、質問コーナーを20分ほど設けますのでご質問等にお答えすることも可能です。

場 所 学術情報メディアセンター206 教室
連絡先 筑波大学 総務部情報化推進課 学術情報メディアセンター
山中 美根子
Tel:029-853-2457
mailto:myam@cc.tsukuba.ac.jp
医学セミナー
日 時 2014年2月17日(月)10:00~
演 題 「法医学から見た内因性急死の実態」
講 師 黒須明先生(獨協医科大学 医学部 助教)
場 所 医学学系棟 233室
連絡先 法医学研究室 本田克也(内3043)
ハラスメント防止講演会
日 時 2014年2月17日(月)14:00~15:30
講演テーマ 教育現場のハラスメント最新事情-なぜ起きる、どう対処する-
講 師 労働ジャーナリスト
一般社団法人職場のハラスメント研究所所長 金子 雅臣 氏
会 場 大学会館国際会議室
平成25年度 第7回バイオメディカルテクノロジーセミナー 第389回 TSMMセミナー
日 時 2014年2月12日(水)17:00~18:00
演 題 メンブレンメーカーだから知っているウェスタンブロッティングのコツ
演 者 畑直樹 先生(メルク株式会社メルクミリポア事業本部バイオサイエンス事業部)
内 容

ウェスタンブロッティングで期待したデータを得られなかった事はありませんか?
本セミナーでは、メルクミリポアがウェスタンブロッティング開発当初より蓄積したノウハウを元に、基礎から実験のコツについてお話をさせていただきます。
また、新技術・吸引ろ過を用いた免疫検出法もご紹介させていただきます。

講座内容
トラブルシューティングを交えながら、転写、ブロッキング、抗体反応、検出を順に振り返り、結果の最適化のコツをご紹介いたします。
また、吸引による免疫検出法の原理と実際についてもご紹介いたします。
1:ウェスタンブロッティングの概要(10分)
2:電気泳動&転写(20分)
3:免疫検出(15分)
4:トラブルシューティング(5分)
5:吸引ろ過を用いた免疫検出(10分)

*※本セミナーでは、事前にトラブル事例をよせて いただければ回答をご用意い たします。***
*ウェスタンブロットで困っていることがある方の トラブル事例を募集いたしま す。***
*事前に担当の斎藤(**sinsaito@md.tsukuba.ac.jp**)までお送り下さい*

会 場 イノベーション棟8階講堂
連絡先 筑波大学医学医療系  斎藤慎二(内線3928)
【筑波分子医学協会(TSMM)主催】HP
TSMMセミナー担当 筑波大学医学医療系 船越祐司
*TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武幸司)、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷嘉人、武川寛樹)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。
グローバルエイジングセミナー(特別編)
日 時 2014年2月12日(水)18:30~
会 場 イノベーション棟8階講堂
今回は、留学に興味がある方の参考となる特別編です。
有波忠雄教授(医療科学類長、遺伝医学)最終講義
日 時 2014年2月7日(金)16:45~18:00
演 題 『ゲノムの視点から病気をみる機会を得て』
場 所 共同利用棟B 講義室2
※講義室が変更になりました。
お問い合わせ 医学医療系 野口恵美子 029-853-3352
花束等は大変恐縮ですがご辞退申し上げます
医学セミナー
日 時 2014年2月7日(金)18:30~19:30
題 名 「悪性脳腫瘍の病態解明に向けた多施設共同研究」
演 者 市村幸一先生
所 属 国立がん研究センター研究所 脳腫瘍連携研究分野 分野長
要 旨 悪性脳腫瘍はヒトのがんの中でも最も予後の悪い悪性腫瘍の一つであり、分子病態に基づく新規治療の開発は急務である。近年欧米において次世代シークエンスを用いた大規模ゲノム解析が進み、さまざまな脳腫瘍においてその分子病態が明らかになりつつある。本講演では、高齢者膠芽腫に対する臨床試験や小児脳腫瘍の分子診断体制の構築、さらには頭蓋内胚細胞腫の網羅的ゲノム解析など、悪性脳腫瘍の新規治療開発と病態解明に向けた我が国独自の多施設共同研究の取り組みについて、その概要を紹介する。
場 所 筑波大学附属病院(A棟)特別第3会議室
連絡先 筑波大学医学医療系 脳神経外科(内線 3220)
医学セミナー
日 時 2014年2月7日(金)18:00~19:30
演 題 医療分野の研究開発予算と診療報酬改定
Budget of medical innovation and medical fee
演 者 足立 信也先生(参議院議員、筑波大学客員教授)
場 所 イノベーション棟 8階講堂
連絡先 消化器外科 村田聡一郎 内線3221
筑波大学北アフリカ研究センター 特別セミナー
日 時 2014年2月7日(金)13:00~17:50
演 題 北アフリカ・地中海地域におけるシーズ開発によるイノベーション拠点の確立(日本語English
詳細は下記ARENAウェブサイトにも掲載しています。
http://arenatsukuba.wordpress.com/
場 所 大学会館国際会議室
《医学セミナー》第33回 つくば分子病理学セミナー
日 時 2014年2月6日(木)17:30~19:00
演 題 血管・リンパ管形成におけるシグナル・転写ネットワークの役割
講 師 渡部徹郎 博士(東京薬科大学 生命科学部)
内 容 血管は全身に分布し、末梢組織に酸素や栄養分を供給することで私たちの体の恒常性維持に必須の役割を果たしています。
また、リンパ管は末梢 血管から漏出した組織液を汲み出して血管に戻すことで閉鎖循環系を維持しています。両者の機能不全は重篤な病態を引き起こすとともに、がんの進展・転移において血管とリンパ管が重要な役割を果たすことから、それらの形成機構の解明は医学的に重要な意義を持ちます。
本セミナーでは、がんや炎症における血管・リンパ管新生がTGF-βならびに、そのファミリー因子であるBMPシグナルによってどのように調節されているか、そしてその分子機序をシグナル経路と転写因子のネットワークという観点から紹介します。
場 所 医学群棟会議室4A411
2013人間総合科学研究科医学系専攻(博士課程)優秀論文賞候補者による発表会のご案内
日 時 2014年2月6日(木)13:00~15:00
概 要

謹啓 時下、先生におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、医学2専攻(生命システム医学専攻・疾患制御医学専攻)におきましては、毎年優れた研究成果をあげた大学院生に対して優秀論文賞として医学優秀賞・研究科長賞を授与しております。例年は選考委員のみに対する発表会をおこなってきましたが、非常に優れた発表が多く、選考委員のみが拝聴するのは勿体ないと考えております。そこで、より多くの大学院生・指導教官にも聞いていただきたいとの思いから、本年度は下記のように公開発表会として開催することにいたしました。
ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせの上ご出席賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

謹白
人間総合科 学研究科副研究科長 加藤光保
生命システム医学専攻教務委員長 八神健一
疾患制御医学専攻教務委員長 西山博之

場 所 筑波大学健康科学イノベーションセンター棟 1F 105室
注:プログラムの詳細につきましては、書類選考により発表者および発表順が正式に決まりましたら、追って周知いたします。
医学セミナー
日 時 2014年2月5日(水)13:00~14:00
テーマ エンパワメント実践報告:ティモール・被災地・鑑別所」塩川宏郷先生(筑波大学)
場 所 健康医科学イノベーション棟105号室
連絡先 エンパワメント科学研究室 安梅 anmet@md.tsukuba.ac.jp
医学セミナー
日 時 2014年2月3日(月)17:00~18:00
演 題

日本語「神経変性疾患とRNA結合蛋白質」
英語「The physiological and pathological roles of neurodegeneration-associated RNA binding proteins」

*※ This seminar****will be conducted in English**.*
このセミナーは英語で行われます。

演 者 河原行郎先生(大阪大学大学院医学系研究科遺伝子機能制御学 准教授)
要 旨

神経変性疾患とRNA結合蛋白質

The physiological and pathological roles of neurodegeneration-associated RNA binding proteins

RNA-protein interactions are essential for many aspects of RNA metabolism including splicing, editing, transport and translation. Recent studies have identified more than 800 RNA binding proteins (RBPs) in human cells. Although the biological functions of the majority of these RBPs remain unknown, a ccumulated lines of evidence have revealed that abnormal RNA processing in specific neuronal cells is involved in the pathogenesis of some neurodegenerative diseases. For instance, mutations in the genes that encode TDP-43, FUS and hnRNPA1 can cause amyotrophic lateral sclerosis (ALS) and frontotemporal lobar degeneration (FTLD). Therefore, understanding of the physiological and pathological roles of disease-associated RBPs is crucial for elucidating disease mechanisms. In this seminar, I introduce how to identify targets and functions of a neurodegeneration-associated RBP systematically and discuss its pathological role.

場 所 イノベーション棟105室
連絡先 桝 正幸 (mmasu@md.tsukuba.ac.jp)
平成25年度生命医科学域再任評価講演会
日 時 2014年1月31日(金)17:00~19:15
会 場 健康医科学イノベーション棟 1階105室
問合せ先 生命科学域事務室 秘書 穴見(内線:3150)
医学セミナー
日 時 2014年1月31日(金)18:00~
演 題 遺伝子治療等革新的医薬品の開発に向けた我が国の今後の方向性について
演 者 小野寺 雅史先生
(国立成育医療研究センター研究所成育遺伝研究部 部長)
場 所 附属病院A棟3階 特別第3会議室
連絡先 小児科秘書室(内線5635)
医学セミナー、第59回免疫学セミナー
日 時 2014年1月30日(木)16:30~18:00
演 題 アレルギーならびに生体防御における好塩基球の新たな役割
~好塩基球は小粒でもぴりりと辛い~
講 師 烏山 一 博士
所 属 東京医科歯科大学・大学院医歯学総合研究科
免疫アレルギー学分野・教授
講演要旨

好塩基球は顆粒球の一種で、1879年にPaul Ehrlichによって初めてその存在が記載されたが、その後長い間、生体内での役割・存在意義に関してほとんど解明が進んでいなかった。好塩基球は、末梢血白血球のわずか0.5%を占めるに過ぎない極少血球細胞集団であり、また高親和性IgE受容体FceRIの発現やヒスタミンを含むケミカル・メディエーターの分泌などマスト細胞(肥満細胞)との類似点が多いことから、マスト細胞のバックアップ的存在あるいは前駆細胞と見なされ、マスト細胞に比べ極めて影の薄い存在であった。一方、解剖学的観点からすると、 マスト細胞が末梢組織中に定住しているのに対し、好塩基球は末梢血中を循環するといった局在の違いは明らかで、好塩基球が生体内でマスト細胞とは異なるユニークな役割を担っている可能性が示唆されていた。事実、この数年の間に立て続けに、生体内におけるアレルギー反応や免疫制御において好塩基球が極めて重要な役割を果たしていることが報告されて、これまで日陰者扱いされていた好塩基球が、にわかに注目を集めるようになった。本講義では、私たちが最近見いだした、好塩基球による「慢性アレルギー炎症の誘導と制御」と「寄生虫感染防御」 を中心にして、生体内における好塩基球のユニークな役割について発表し、好塩基球を標的としたアレルギー治療ならびに寄生虫ワクチン開発の可能性について討議したい。

参考文献
Obata-Ninomiya et al.: The skin is an important bulwark of acquired immunity against intestinal helminths. J. Exp. Med. 210: 2583-2595, 2013.
Egawa et al.: Inflammatory monocytes recruited to allergic skin acquire an anti-inflammatory M2 phenotype via basophil-derived interleukin-4.
Immunity 38:570-580, 2013.
Karasuyama et al.: Nonredundant roles of basophils in immunity. Annu.
Rev. Immunol. 29: 45-69, 2011.

セミナーは日本語で行われます
This seminar will be held in Japanese

たくさんのご来場お待ちしております。

場 所 健康医科学イノベーション棟8階講堂
問い合わせ 医学医療系・免疫学
渋谷 彰(ashibuya@md.tsukuba.ac.jp)029-853-3281
医学セミナー
日 時 2014年1月30日(木)10:30~
演 題 『膵β細胞増加作用を持つ新たな消化管由来ホルモン:IBCAPの可能性』
演 者 豊島秀男先生(自治医科大学附属さいたま医療センター 准教授)
場 所 イノベーション棟1F105室
連絡先 内分泌代謝・糖尿病内科(内線3053)
グローバルリーダーキャリア開発ネットワーク 26年度養成者募集説明会
概 要 グローバルリーダーキャリア開発ネットワークでは、平成26年度養成者の募集に関する説明会を、別添のとおり開催することになりました。(詳細はポスター参照
医薬品・医療機器レギュラトリーサイエンス講座のお知らせ
【講義日時が変更となりました】
山田雅信先生 「医薬品の規制と審査」
(変更前) 1/22(水) 18:00-19:15
(変更後) 1/29(水) 15:15-16:30
要 旨 筑波大学CREILセンターでは、(独)医薬品医療機器総合機構(PMDA)に設置している連携大学院医薬品・医療機 器審査科学分野の全面的なご協力により、修士課程フロンティア医科学の講義として医薬品・医療機器レギュラトリーサイエンス講座を公開講座として開講します。PMDAをはじめとしてこの分野のスペシャリストである講師陣に最新のトピックスに関する講義をお願いしていますので、ふるってご参加ください。
聴講は無料です。事前申込みなしで聴講することができます。
次世代医療研究開発・教育統合センター(CREIL)
会 場 筑波大学 健康科学イノベーション棟8階講堂
つくば医工連携フォーラム2014
日 時 2014年1月28日(火)9:00~18:00
会 長 坂根 正孝
(筑波大学次世代医療研究開発・教育統合(CREIL)センター長)
概 要

今回のテーマは『医工連携による革新的医療機器の開発と産業化』として、医療機器レギュラトリーサイエンスに関する特別講演のほか、医療機器産業分野の関係者による講演やシンポジウム、企業による展示・技術紹介等を企画しております。
また、ポスターセッションでは、基礎研究を中心に、医工連携による開発品や成果事例などの最先端の研究成果の発表をおこないます。

多数の皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

講演者、詳細プログラム等 講演者(順不同)詳細プログラム等は下記URL、上記添付ファイルをご覧ください。
会 場 産業技術総合研究所 つくば中央 共用講堂
参加費 無料
問い合わせ つくば医工連携フォーラム2014事務局
E-mail:ikourenkei2014.tkb@gmail.com
URL : つくば医工連携フォーラム2014
医学セミナー
日 時 2014年1月28日(火)17:30~19:00
演 者 中原 貴先生(日本歯科大学 生命歯学部 発生・再生医科学講座 教授)
演題名 ”安全な”再生医療にむけた幹細胞ソース ~抜去歯幹細胞が秘める疾患治療の可能性~
場 所 4A 411室
連絡先 医学医療系 顎口腔外科学 武川寛樹(7934.3050)
医学セミナー・第11回分子遺伝疫学セミナー
ゲノム医科学リサーチユニットセミナー
免疫難病リサーチユニットセミナー
日 時 2014年1月28日(火)17:00~18:15
講師名 東京医科歯科大学 難治疾患研究所 分子病態分野助教 櫻井大祐先生
タイトル 疾患感受性遺伝子多型の探し方~Candidate gene approach strikes back~
要 旨

ヒトゲノムプロジェクトの終了宣言から約10年が経ち、その後の科学技術と遺伝統計学の目覚しい発展により、全ゲノム関連解析や次世代シークエンサーによる全ゲノム解析による華々しい研究報告が一流誌を飾るようになって久しい。近年、次世代シークエンサーの技術革新およびコストダウンは著しく、エクソーム解析においては$1000ゲノム計画が現実のものとなり、一般の研究室においても解析手法の一つとして現実的な選択肢の一つになってきた。

論文や学会等で公表されるこれら全ゲノム解析のデータやそこから導き出される研究結果は美しく明快な結論を語っているが、現実問題としてこれらの遺伝統計解析単独では表現型や疾患の原因である多型や変異を同定することは不可能である。種々のデーターベースに情報が蓄積されバイオリソースも整備されてきた今日、本セミナーでは全ゲノム解析を安易におこなうのではなく、研究者の知識と経験が真に試される候補遺伝子アプローチの復権を訴えたい。

我々が候補遺伝子アプローチによって全身性エリテマトーデスの疾患感受性遺伝子多型を特定した例や、次世代シークエンサーによる変異解析やRNA-seqの実際の例を紹介しながらそれぞれの研究手法の長所、短所を吟味し、疾患関連遺伝子のより良い解析手法について皆様と議論できれば幸いである。

会 場 イノベーション棟8階講堂
連絡先 医学医療系 分子遺伝疫学研究室 土屋尚之(tsuchiya@md.tsukuba.ac.jp)
筑波大学 教員免許状更新講習シンポジウム
日 時 2014年1月25日(土)受付12:30 開始13:00 終了16:30(予定)
演 題 学び続ける教師とは~教員免許状更新講習の充実を目指して~
対 談 「プロとしての生き方! -学び続けることの意義-」
工藤 公康(プロ野球解説者)・石隈 利紀(筑波大学副学長)
概 要 本学の教員免許状更新講習は、皆様のご理解をいただき、今年度も、のべ5,500名を超える受講者がありました。
今年で5年目を迎えた更新講習も軌道に乗り、本学では受講者のニーズに合った質の高い講習の充実に努めております。しかし、課題が見えてきているのも事実です。
そこで本学では、文部科学省の調査研究事業の採択を受け、更新講習の実態を調査・分析し、今後の更新講習のよりよい在り方について検討を重ねているところです。
今回のシンポジウムは、元プロ野球の名選手で、プロ野球解説者としてご活躍中の工藤公康さんをゲストに迎え、これからの教師の資質として求められている「学び続ける教師」についての対談を予定しています。工藤さんは、学び続けることにいつも真摯に取り組んでいらっしゃいます。対談では、参加された皆さんに多くの示唆を与えてくれることと思います。多くの皆さんの参加をお待ちしております。
今後の教員免許状更新講習の在り方について、皆さんと共に考えていきたいと思います。
備 考 参加費無料
参加申し込み期限 平成26年1月17日(金)
会 場 筑波大学 春日エリア 春日講堂
第18回茗渓・筑波グランドフェスティバル
日 時 2014年1月25日(土)13時受付開始
演 題 学び続ける教師とは~教員免許状更新講習の充実を目指して~
対 談 「プロとしての生き方! -学び続けることの意義-」
工藤 公康(プロ野球解説者)・石隈 利紀(筑波大学副学長)
概 要

第18回 茗渓・筑波グランドフェスティバルを1月25日(土)に開催いたします。

この大会は、前身の諸学校(東京教育大学等)まで含めた筑波大学の卒業生、在学生及び現役の教職員が所属や世代を超えて交流する会です。ぜひ多くの学生、教職員の皆様にご参加いただきたく、下記のとおりご案内します。

今回のシンポジウムは、「創ろう!東京オリンピック・パラリンピック~おもてなし×教育×筑波大学~」と題し、基調講演とパネルディスカッションを通して2020年東京オリンピック・パラリンピック開催が決定した今、筑波大学の関係者や学生が関わることで、どのようなオリンピック・パラリンピックを創り出していけるか、その可能性について多方面から検討します。

オリンピック・パラリンピックは競技面のみならず、文化・芸術や教育のプログラムも展開されますが、これらは筑波大学のもつ特色にも大いに合致することから、附属学校を含めた筑 波大学の全学的な連携による、新たなオリンピック・ムーブメントの創造を展望します。

体育関係に限らず、幅広い分野の関係者の皆様にもお楽しみいただける内容となっておりますので多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。(シンポジウム、懇親会いずれかのみの参加も可能です)

内 容

テーマ字「輪」
シンポジウムテーマ「創ろう!東京オリンピック・パラリンピック~おもてなし×教育×筑波大学~」

【第一部】
オープニングセレモニー:13:30~
シンポジウム(基調講演,パネルディスカッション):14:00~

<基調講演>
講師:浅野敦行氏(文部科学省国際スポーツ室長)~「スポーツ・フォー・トゥモロー」について~

<パネルディスカッション>
浅野氏に加えて下記の方々をお迎えし、パネルディスカッションを行います。
阿江通良氏(本学副学長・理事)
~2020東京オリンピック・パラリンピックと筑波大学~
太田圭氏(本学芸術系教授)
~アートとオリンピック・パラリンピック-Discover Tomorrow vs IMAGINE THE FUTURE.-~ 根本文雄氏(本学附属大塚特別支援学校教諭)
~オリンピック教育の展開~
江上いずみ氏(Global Manner Springs代表)
~オリンピック・パラりンピックにおけるおもてなしの心~

【第二部】
懇親会:16:30~19:00(予定)
出演:筑波大学ときめき太鼓塾、筑波大学応援部WINS

懇親会参加費
<事前申込>学生 500円、社会人 3,000円
<当日参加>学生 500円、社会人 4,000円
※オープニングセレモニー、シンポジウムは無料(事前申込不要).一般市民の方々もご参加いただけます。

プログラム等、詳しくはこちらをご確認ください。

なお、懇親会にご参加の方は事前申し込みが必要となりますので、下記メールアドレス宛てに氏名(フリガナ)、所属をお知らせください。
mtgf@alumni.tsukuba.ac.jp

会 場 筑波大学大学会館 【第一部】3階ホール 【第二部】1階レストランプラザ
連絡先 事務担当:連携・渉外室(内線:2030)
筑波大学グローバルエイジングセンター スタートアップ会議
The 1st International Conference on Global Aging Tsukuba
日 時 2014年1月24日(金)
概 要

The 1st International Conference on Global Aging Tsukuba
地球規模の高齢化にかかわり、国境と学問領域を超えた交流による研究活動の活性化を目的として、標題会議を開催いたします。皆様どうぞ奮ってご参加登録いただきますよう、よろしくお願いいたします。

講演・口頭発表ほか:9:45~11:00, 13:00~17:15(受付開始9:15) 筑波大学大学会館国際会議室
ポスター発表、ランチョン:11:00~13:00 同大学会館別館ホール
プログラム等詳細はグローバルエイジングセンター準備室Webサイトをご参照ください。

事前登録受付

1月22日(水)までに下記事務局宛てe-mail にてお申込みください。
-参加費無料
-ランチョン無料
【登録事項】
・氏名
・氏名(ローマ字)
・所属(ローマ字)
・ランチョン参加有無
・メールアドレス
・メーリングリスト配信希望

※1月23日以降の参加登録は、当日受付(9:15-17:00)にてお待ちしております。

問い合わせ

グローバルエイジングセンター準備室
代表 田宮菜奈子(筑波大学医学医療系教授)
   本澤巳代子(筑波大学人文社会系教授)

スタートアップ会議運営事務局
医学医療系ヘルスサービスリサーチ分野(田宮研究室)内
公式Webサイト:http://www.globalaging-tsukuba.org
専用メールアドレス:symposium@globalaging-tsukuba.org
Tel:029-853-8849

医学セミナー
日 時 2014年1月24日(金)13:30~15:00
テーマ 当事者主体エンパワメント
講 師 白男川尚先生(秋田看護福祉大学)
原田直樹先生(福岡県立大学)
小林純子先生(田原町保健師)
場 所 イノベーション棟105
連絡先 国際発達ケア:エンパワメント科学研究室 安梅 anmet@md.tsukuba.ac.jp
災害精神支援学講演会
日 時 2014年1月23日(木)18:00~20:00
概 要

1月23日(木)午後6時~8時に、防衛医大の徳野先生をお招きして「NBC災害への医療対応:実践的アプローチ」の講演をしていただきます。なかなか聞くことのできない講演ですので、周囲に関心をお持ちの方にお知らせください。詳しくは添付ファイルの講演案内をご覧ください。多くの皆様の参加をお待ちしております。

〒305-8575
茨城県つくば市天王台 1-1-1
国立大学法人 筑波大学
医学医療系 教授
災害精神支援学
高橋祥友(たかはし・よしとも)

問い合わせ 講演会についての問い合わせは
助教、山下まで(内線3057)
医学セミナー
日 時 2014年1月23日(木)18:00~19:30
演 題 「FBPA-PET による腫瘍内ホウ素濃度の推定」
演 者 畑澤 順 先生(大阪大学大学院 核医学講座 教授)
会 場 E棟 4F 407室(旧 E病棟)
連絡先 筑波大学医学医療系 脳神経外科 中井 啓(内線3220)
医学セミナー
日 時 2014年1月22日(水)18:00~
演 題 iPS細胞からヒト臓器を創る! ー如何にして器官発生を模倣するのか?ー
Vascularized and functional human liver tissue from an induced pluripotent stem cell-derived organ bud transplant.
演 者 谷口英樹先生(横浜市立大学大学院医学研究科臓器再生医学 教授)
会 場 4A棟411室
連絡先 消化器外科 村田聡一郎 内線3221
第5回 ビジネスリーダーズセミナー
日 時 2014年1月20日(月)16:00~18:00
演 題 “How to Success in Business Venture Now?
今、ベンジャービジネスを成功させるために必要な事とは?”
講 師 小林 信之氏 (株式会社AVSS)
概 要 ビジネスリーダーによる講演シリーズです。本セミナーはヒューマンバイオロジー学位プログラムのコースとして開講されておりますが、どなたでも参加可能です。
※講演は英語です。
場 所 総合研究棟A 107室
問い合わせ グローバル教育院事務室 sigma@un.tsukuba.ac.jp Tel: 029-853-7085
【本学の案内ページ】
[JP] [EN]
第二回IIISシンポジウム 開催についてのお知らせ
日 時 2014年1月20日(月)9:00~17:30
演 題 “The 2nd Annual IIIS Symposium ~Solving the mystery of sleep~”
世話人 柳沢 正史(筑波大 学国際統合睡眠医科学研究機構 機構長・教授)
講演者 Yang Dan (University of California at Berkeley)
Yu Hayashi (IIIS, University of Tsukuba)
Kazuhiko Kume (Nagoya City University)
Thomas J. McHugh (RIKEN Brain Science Institute)
Hitoshi Okamura (Kyoto University)
Toru Takumi (RIKEN Brain Science Institute)
Matthew A. Wilson (Massachusetts Institute of Technology)
Masashi Yanagisawa (IIIS, University of Tsukuba)
概 要 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構は、第二回IIIS シンポジウム“The 2nd Annual IIIS Symposium~Solving the mystery of sleep~”を、平成26年1月20日(月)に、 つくば国際会議場を会場として開催致します。
当機構は睡眠覚醒の神経科学および関連領域の世界トップレベル研究者を集結し、睡眠覚醒制御機構を解明するとともに、睡眠調節に介入する方法を開発し、睡眠障害および関連の深い代謝疾患や精神疾患の診断・治療のための新しい戦略を開発することを目指しております。
当該分野にご興味のある研究者、技術者、学生の皆様の積極的な参加をお待ちしております。
言 語 英語
参加費 無料(懇親会費:一般3,000円、学生2,000円)
参加申込 事前web登録制 http://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/registration/ よりお申し込みください。
先着120名(定員になり次第、受付を終了いたします)
問い合わせ 国立大学法人筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)
TEL: 029-853-5857
E-mail:wpi-iiis-alliance@ml.cc.tsukuba.ac.jp
機構ホームページ:http://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/
国際統合睡眠医科学研究機構
機構長 柳沢 正史
The 2nd Annual IIIS Symposium
The 2nd Annual IIIS Symposium ~Solving the mystery of sleep~
The International Institute for Integrative Sleep Medicine, University of Tsukuba, will be holding the 2nd Annual IIIS Symposium ~Solving the mystery of sleep~ on Monday, January 20th at the Tsukuba International Congress Center.
At IIIS, we gather globally prominent scientists from multiple research fields contributing to the neurobiology of sleep.
They cooperate together to elucidate the fundamental principles of sleep/wake regulation, and develop new strategies to assess and treat sleep diseases as well as the closely associated metabolic and mental disorders. We encourage researchers, technicians and students with an interest in these fields to actively take part in this symposium.
Time Monday, January 20, 2014
Venue Tsukuba International Congress Center EPOCHAL TSUKUBA Conference Room 102
Chairman Masashi Yanagisawa (IIIS Director / Professor)
Speakers Yang Dan (University of California at Berkeley)
Yu Hayashi (IIIS, University of Tsukuba)
Kazuhiko Kume (Nagoya City University)
Thomas J. McHugh (RIKEN Brain Science Institute)
Hitoshi Okamura (Kyoto University)
Toru Takumi (RIKEN Brain Science Institute)
Matthew A. Wilson (Massachusetts Institute of Technology)
Masashi Yanagisawa (IIIS, University of Tsukuba)
Language English
Fee Free (Reception charge: General 3,000JPY, Student 2,000 JPY)
Registration Advance web registration is required.
http://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/registration/
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine (IIIS)
TEL: 029-853-5857
E-mail:wpi-iiis-alliance@ml.cc.tsukuba.ac.jp
Website:http://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/
《医学セミナー》ご案内
日 時 2014年1月16日(木)18:00~19:30
演 題 「腸管免疫・腸管細菌への介入による動脈硬化新規治療法の開発」
講 師 平田 健一先生(神戸大学大学院医学研究科 内科学講座 循環器内科学分野教授)
会 場 けやきプラザ(けやき棟1階)
問い合わせ 循環器内科(内線3143)
第26回WPI-IIISセミナー
日 時 2014年1月16日(木)12:00~13:00
演 題 “Neuronal Communication in the Prefrontal, Hippocampal and Midbrain Networks in Working Memory”
演 者 藤澤茂義先生(理化学研究所 脳科学総合研究センター システム神経生理学研究チーム)
要 旨

The physiological study of cognitive function requires an understanding not only of single neuron responses to external stimuli but also of circuit computations at the level of networks of neurons. To understand the ‘syntax’underlying neuronal communication, methods for monitoring and quantifying cooperative neuronal activity during cognition are required.

In this seminar, I will present the results of my recent studies of fine-timescale neuronal communication in cortical microcircuits and across inter-regional networks of behaving rats.

These studies involve large-scale high-density recordings of local circuits via multi-channel silicon probes,which enable the observation of simultaneous neuronal firing activities in >100 neurons, as well as local field potentials.

※ 軽食を用意いたしますので、ランチを召し上がりながらセミナーをお聞きください。

場 所 筑波大学 医学系エリア
健康医科学イノベーション棟4階 402室
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線5857)
医学セミナーのご案内
日 時 2014年1月15日(木)14:10~15:10
テーマ 学童期の精神的健康とコミュニティ・エンパワメント
中山直子先生(聖路加看護大学 看護実践開発研究センター)
場 所 イノベーション棟205号室
連絡先 国際発達ケア:エンパワメント研究室 安梅 anmet@md.tsukuba.ac.jp
第4回 ビジネスリーダーズセミナー
日 時 2014年1月6日(月)16:00~18:00
演 題 “How about Starting Your Social Business Enterprise?”
講 師 川島 宏一氏 (株)公共イノベーション代表取締役 社会工学博士
場 所 総合研究棟A 111 セミナールーム
問い合わせ グローバル教育院事務室 sigma@un.tsukuba.ac.jp Tel: 029-853-7085
【本学の案内ページ】
[JP] [EN]
第24回WPI-IIISセミナー
日 時 2013年12月18日(水)12:00~13:00
演 題 「多能性幹細胞からのオレキシン神経誘導に おける栄養感受性因子 Sirt1, OgtおよびMgea5による多重エピジェネティック制御」
“Epigenetic switching by nutrient-sensing factors in generation of orexin neurons from pluripotent stem cells”
演 者 早川晃司先生(東京大学大学院農学生命科学研究科細胞生 化学研究室)
会 場 筑波大学 医学系エリア 健康医科学イノベーション棟4階 402室
※ 軽食を用意いたしますので、ランチを召し上がりながらセミナーをお聞きください。
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線5857)
第7回 (Quality Assurance) GCPセミナー
日 時 2013年12月17日(火)18:00~19:30
演 者 新美三由紀 佐久総合病院 看護部/臨床研究支援
会 場 イノベーション棟8階講堂
要 旨

臨床試験に興味をお持ちのすべての方を対象に、臨床試験を行う際の国際的基準であるGood Clinical Practice(GCP)、研究倫理、プロトコール作成、生物統計、データマネージメントや品質管理・品質保証などについて研修の機会を提供いたします。

病院スタッフ・研究員・学生など、資格・身分を問わず参加可能ですので、ふるってご参加ください。 本セミナーは、フロンティア医科学専攻「臨床試験概論」、疾患制御医学専攻「臨床試験論」、看護科学専攻「臨床研究実践論」受講者の必修講義となっております。

《医学セミナー》ご案内
日 時 2013年12月17日(火)18:00~19:30
演 題 「臨床試験における Quality Assurance」
演 者 新美三由紀 先生(佐久総合病院 看護部/臨床研究支援)
会 場 イノベーション棟 8階講堂
連絡先 医学医療系 我妻ゆき子(内線3489)
医学セミナー
日 時 2013年12月16日(月)18:00~
演 題 糖尿病性腎症:進展機序解明と予後改善にむけた展開
講師名 和田 隆志先生
(金沢大学医薬保健研究域医学系血液情報統御学,同附属病院腎臓内科,教授)
会 場 医学学系棟 4A 411
連絡先 疾患制御医学専攻腎臓病態医学分野
臨床医学系腎臓内科学山縣邦弘(医局秘書 藤岡桂子,内線3202)
第58回免疫学セミナーのお知らせ
日 時 2013年12月16日(月)17:00~18:30
演 題 NK cell Licensing and Development:NK細胞はいかにして“機能的”になるのか?
講師名 海老原 敬 博士
所 属 Howard Hughes Medical Institute, Division of Rheumatology, Department of Medicine, Washington University School of Medicine
会 場 健康医科学イノベーション棟8階講堂
連絡先 ナチュラルキラー細胞(NK細胞)は、腫瘍細胞やウイルス感染細胞の除去、炎症性サイトカインの分泌を行う、Innate lymphoid cellの一つです。抹消のNK細胞がどのように自己と非自己を認識して“機能的”になるのか、そのメカニズムが今セミナーの主題です。NK細胞は自己のMHC class IをMHC class I特異的なレセプターで認識することで“機能的”な状態になります。我々はこのプロセスをNKcell Licensingと名付けました。一見矛盾しているようですが、マウスでは抑制性レセプターであるLy49レセプターが、ヒトではKiller-cell immunoglobulin- like receptors (KIRs)が、この機能を担います。NKcell licensingは臨床的にもきわめて重要で、同種造血幹細胞移植においてドナーとレシピエントのKIR/HLAミスマッチが移植片対宿主病の抑制、抗白血病効果の増強に寄与することが報告されています。NK cell licensingのメカニズム、および、各組織に常在するNK細胞、Innate lymphocyteの転写因子による制御機構に関して、新しい知見をご紹介いたします。
問合せ先 医学医療系・免疫学・
渋谷 彰(ashibuya@md.tsukuba.ac.jp
029-853-3281
Ethical competence for leaders in science and research
Date Friday, December 13
Time 9:30 - 11:30
Guest Speaker Professor Iordanis Kavathatzopoulos (University of Uppsala, Sweden)
Venue Room 107, the Laboratory of Advanced Research A bldg. (Map)
Note This seminar is part of WSLS series.
3Dバーチャル手術シミュレーションプロジェクト第2回講演会
日 時 2013年12月12日(木)18:00~19:00
演 題 コンピュータ外科が拓く われわれの明日の未来へ
会 場 イノベーション棟8階講堂
詳 細 添付のとおり
第6回 (倫理) GCPセミナー
日 時 2013年12月10日(火)18:00~19:30
演 題 臨床研究に関する倫理
演 者 我妻ゆき子 筑波大学次世代医療研究開発・教育統合センター
会 場 イノベーション棟8階講堂
要 旨

臨床試験に興味をお持ちのすべての方を対象に、臨床試験を行う際の国際的基準であるGood Clinical Practice(GCP)、研究倫理、プロトコール作成、生物統計、データマネージメントや品質管理・品質保証などについて研修の機会を提供いたします。

病院スタッフ・研究員・学生など、資格・身分を問わず参加可能ですので、ふるってご参加ください。 本セミナーは、フロンティア医科学専攻「臨床試験概論」、疾患制御医学専攻「臨床試験論」、看護科学専攻「臨床研究実践論」受講者の必修講義となっております。

ポストドクター・キャリア開発事業シンポジウム2013
日 時 2013年12月10日(火)13:15~17:10
会 場 TKP ガーデンシティー竹橋 竹橋駅1b出口徒歩1分
参加無料
連絡先 筑波大学グローバルリーダーキャリア開発ネットワーク(GLCNet)
専門職員(シニア・スタッフ) 五百川 和幸
TEL : 0298-53-5706
E-mail : iokawa.kazuyuki.fe@un.tsukuba.ac.jp
「創造的復興:災害精神支援学」部外講師による講義のご案内
概 要

この講義は、大規模災害発生時の被災者、および救援者双方の心理的状態の理解、および被災環境がどのような状態に陥りやすいかについての正しい知識を身につけ、今後の災害時の備えとすることを目的に、学生が被災地に入る前の心構えや事前準備に位置づけられています。

これまで、トラウマやPTSD、その他の精神的な疾患やPFA(サイコロジカル・ファースト・エイド)に関する基本的な知識のほか、救援者、高齢者、子どもといったさまざまな立場を対象とした精神的な支援について講義を行いましたが、最終2回は応用編として、現場の専門家を招聘して話を伺います。貴重な機会ですので、本学教職員の皆様にも講義を公開します。関心のある方の参加を歓迎します。

なお、会場の都合上、対象は、学内教職員・学生のみとさせていただいております。一般の方のご参加はご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。

日 時 2013年12月9日(月)4限(13時45分~15時)
会 場 体育・芸術エリア 5C棟416
演 題 「大震災における惨事ストレスコントロール」
講 師 NPO法人相馬こころのケアセンター「なごみ」
センター長 米倉 一磨 氏
詳 細 東日本大震災で「地震」「津波」「原発」と三重の被害を受けた福島県の相双地区で崩壊した精神科地域医療を立て直すために作られたのが「なごみ」です。震災後から現在までのアウトリーチ活動、仮設住宅での活動など、持続して行って来た活動の現状や、現実的な課題などについてご紹介頂きます。
お問い合わせ 医学医療系 災害精神支援学 助教 山下(内線3057)rira-yamashita@md.tsukuba.ac.jp
《医学セミナー》ご案内
日 時 2013年12月9日(月)15:00~
演 題 「メタボリック症候群に対する食因子の応用」
演 者 飯田薫子先生(お茶の水女子大学人間文化創成科学研究科ライフサイエンス専攻)
会 場 イノベーション棟1F105室
医学セミナー
日 時 2013年12月6日(金)18:00~19:00
演 題 小児心臓外科の最前線とPICU(仮題)
講師名 寺田正次先生 (東京都立小児総合医療センター心臓血管外科部長)
会 場 附属病院 A棟 3階特別第 3会議室
連絡先 医学医療系外 科学(循環器) 平松祐司(秘書菅谷3097)
医学セミナー
日 時 2013年12月5日(木)18:00~
演 題 アカデミアが創出する新規癌治療
講師名 金田 安史、大阪大学 遺伝子治療学 教授(医学系研究科長・医学部長)
会 場 4A411
連絡先 脳神経外科 松村 明(脳神経外科 松田 真秀 PHS90939)
168回 保健・医療・福祉に関する勉強会
日 時 2013年12月5日(木)18:30~20:30
演 題 遺伝医学って面白い!
出生前診断や遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)について
講師名 宗田 聡 先生 広尾レディース院長
会 場 筑波大学総合研究棟D 公開講義室(1F)
第388回TSMMセミナー
日 時 2013年12月5日(木)17:00~18:30
演 題 Epigenetic Control of Chromatin-Dependent Transcription- Lessons from p53, AP-1, Brd4 and HPV
演 者 *Cheng-Ming Chiang, PhD
Professor of Biochemistry and Pharmacology
Simmons Comprehensive Cancer Center
University of Texas Southwestern Medical Center, U.S.A.
要 旨 Transcription in higher eukaryotes is controlled by an array of transcription factors, including the general transcription machinery, general cofactors, and gene-specific activators and repressors. The complexity of gene regulation is further conferred by the existence of multiple protein family members recognizing consensus or non-canonical DNA-binding sequences. The chromatin structure in the human genome and posttranslational modification on protein molecules provide an additional level of control in modulating gene activity. In this lecture, I will review these control mechanisms using human papillomavirus (HPV) E6 and E2 proteins as examples to illustrate how DNA tumor virus-encoded transcriptional regulators are able to reprogram cellular activities by targeting p53 tumor suppressor protein and activator protein-1 (AP-1), respectively, via recruitment of distinct coregulators, such as p300 histone acetyltransferase and the chromatin adaptor bromodomain-containing protein 4 (Brd4). The interplay among these viral and cellular proteins and the crosstalk between different posttranslational modifications regulate gene activity in response to various environmental stresses.
参考文献

1.Thomas, M.C. and C.-M. Chiang. (2005) E6 oncoprotein represses p53-dependent gene activation via inhibition of protein acetylation independently of inducing p53 degradation.
*/Mol. Cell/*17: 251-264.

2.Wu, S.-Y., A.Y. Lee, S.Y. Hou, J.K. Kemper, H. Erdjument-Bromage, P. Tempst, and C.-M. Chiang. (2006) Brd4 links chromatin targeting to HPV transcriptional silencing.
*/Genes Dev/**.*20: 2383-2396.

3.Wu, S.-Y., A-Y. Lee, H.-T. Lai, H. Zhang, and C.-M. Chiang. 2013. Phospho switch triggers Brd4 chromatin binding and activator recruitment for gene-specific targeting.
*/Mol. Cell/*49: 843-857.

会 場 イノベーション棟8階講堂(This seminar will be held in English)
連絡先 筑波大学医学医療系 久武 幸司(内線3929、e-mail:kojihisa@md.tsukuba.ac.jp
筑波分子医学協会(TSMM)主催
2013年度医学群 専門職連携教育に関するFD講演会
日 時 2013年12月3日(火)16:30~17:30
演 題 「昭和大学の4学部連携による体系的、段階的なチーム医療学習の取り組み」
講師名 昭和大学薬学部薬学教育学 教授 木内祐二先生
概 要 昭和大学は医・歯・薬・保健医療学部(看護・理学療法・作業療法学科)からなる医系総合大学(1学年600名)で、全学年にわたる段階的な学部連携カリキュラムを構築しており、学部連携病棟実習を取り入れており、その実績が知られています。今回、カリキュラムの中心的な役割を担っておられる木内祐二先生をお招きして、昭和大学の先進的な取組についてご紹介いただきます。
対 象

ケアコロキウム(チームワーク演習)を担当する筑波大学医学・看護・医療 科学教員および東京理科大学薬学部教員
専門職連携教育に関心のある教員、大学院生、学生

準備の都合上、ご参加を希望される先生、大学院生におかれましては10月24日までに下記までお知らせくださいますようお願いいたします。

会 場 筑波大学医学群棟 4A411
お問い合わせ PCME室(内線5664・3002)森本、水代
PCME 森本 Email:kihtan@md.tsukuba.ac.jp
第2回シンポジウム
日 時 2013年11月28日(木)13:30~16:45
講 演 第2回グローバルリーダーキャリア開発ネットワークシンポジウム~社会に貢献できる博士人材のキャリア形成支援~
会 場 情報メディアユニオンのメディアホール(春日エリア)
詳 細 添付のとおり
「創造的復興:災害精神支援学」部外講師による講義のご案内
概 要

この講義は、大規模災害発生時の被災者、および救援者双方の心理的状態の理解、および被災環境がどのような状態に陥りやすいかについての正しい知識を身につけ、今後の災害時の備えとすることを目的に、学生が被災地に入る前の心構えや事前準備に位置づけられています。

これまで、トラウマやPTSD、その他の精神的な疾患やPFA(サイコロジカル・ファースト・エイド)に関する基本的な知識のほか、救援者、高齢者、子どもといったさまざまな立場を対象とした精神的な支援について講義を行いましたが、最終2回は応用編として、現場の専門家を招聘して話を伺います。貴重な機会ですので、本学教職員の皆様にも講義を公開します。関心のある方の参加を歓迎します。

なお、会場の都合上、対象は、学内教職員・学生のみとさせていただいております。一般の方のご参加はご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。

日 時 2013年12月2日(月)4限(13時45分~15時)
会 場 体育・芸術エリア 5C棟416
演 題 「大震災における惨事ストレスコントロール」
講 師 陸上自衛隊 東北方面総監部 メンタルサポートセンター長
2等陸佐 藤原 俊通 氏
詳 細 東日本大震災で行方不明者捜索、遺体収容などの救援活動を行った陸上自衛隊員に対する惨事ストレスケアの現場での経験を、写真を交えてご紹介頂きます。
お問い合わせ 医学医療系 災害精神支援学 助教 山下(内線3057)rira-yamashita@md.tsukuba.ac.jp
平成25年度情報セキュリティセミナー
日 時 2013年11月25日(月)15:30~17:00
講 演 「情報セキュリティの現状と対策~身近になりつつあるサイバー攻撃の脅威への対応~」
講 師 織茂昌之(おりもまさゆき)氏
(株)日立製作所 情報・通信システム社セキュリティ先端技術部
Hitachi Incident Response Team(HIRT)センター長
内 容

近年、ますます高度化・巧妙化するサイバー攻撃により、PCからの情報漏えいやホームページの改ざん等の被害が増大傾向にあることが伝えられています。幸いにも、現在のところ?{学での被害は確認されておりませんが、未然の防止策にはファイアウォール等の物理的防御策だけでなく、利用者一人一人のセキュリティ意識を高めることが必要となります。

そこで、今年度のセミナーは、(株)日立製作所の情報セキュリティ担当部門から講師をお招きし、最新のサイバーセキュリティの動向について、具体的な事例を交えた紹介とともに対応策をわかりやすく概説していただきます。各組織においてネットワーク管理を担当している方はもちろん、PCを利用する一般ユーザにも知っておきたい知識となりますので、貴所属職員に周知していただきたく、どうぞよろしくお願いします。

教職員専用サイトにも掲載しています。

参加申込 事前登録の必要はありません。当日、会場にお越しください。
会 場 大学会館国際会議室
※東京キャンパス文京校舎 337会議室へもTV会議
システムにより配信
担当・問合せ先 総務部情報化推進課 阿内敦子
電話:029-853-2068
e-mail:sk.johositu@un.tsukuba.ac.jp
産学連携セミナー
日 時 2013年11月25日(月)17:00~19:00
講 演 産学連携セミナー ~革新的創薬にむけた共同研究の可能性~
会 場 健康医科学イノベーション棟 1階 105
医学セミナー
日 時 2013年11月25日(月)17:00~
講 演 Current Practice in Oncology: Bedside to Bench and Back Again
演 者 三野眞理先生
会 場 イノベーション棟8階講堂
Date Monday, Nov. 25, 2013
Time 17:00~
Title Current Practice in Oncology: Bedside to Bench and Back Again
Speaker Mari Mino-Kenudson MD Massachusetts general hospital
Place 8F, Health and Medical Science Innovation Laboratory
In this talk, I will discuss personalizing treatment for patients with cancer (lung and colorectal) including molecular targets and targeted agents, evaluating resistance mechanisms using cell lines/xenografts,
and translation of the results to clinical trials/patient care.
第387回TSMMセミナー
日 時 2013年11月21日(木)17:00~18:00
演 題 The epigenetic role of TET2 proteins in the development of myeloid leukemia
演 者 Dr. Kazuyuki Yamagata (Department of Cell Biology, Harvard Medical School,Division of Newborn Medicine, Dept. of Medicine, Boston Children's Hospital, Boston, USA)
内 容

セミナーは日本 語です。This seminar will be held in Japanese

How do gene mutations lead to cancer? Myeloid leukemia (ML) is a type of blood cancer where normal myeloid differentiation is impaired, and multiple gene mutations have been identified in myeloid leukemia patients to contribute to cancer initiation and/or progression.
Hematopoiesis and myeloid differentiation are well understood, providing researchers a handle to define the roles of the identified genetic mutations. Among those identified are the TET oncogene family member 2(TET2) mis-sense mutations, found in several independent cohorts of patients with massive myeloproliferative disorders. However, the mechanism by which TET2 mutations cause ML is completely unknown. TET1, an ortholog of TET2, catalyzes the conversion of 5-methylcytosine (5mC) in DNA to 5-hydroxymethylcytosine (hmC), which hints that epigenetic regulation plays critical roles for leukemia development caused by TET2 mutations. Importantly, approximately ~30 % of the missense mutations in affected persons are clustered in a cysteine-rich (CR) region, whose function has remained elusive.

Here we identify the CR region as a nucleosome-binding module. Mutation of the CR region affects its nucleosome binding. Using microscale thermophoresis, we screened histone tail peptides and identified potential binding partner(s) for the CR. CR mutations which lack H3-binding still possess enzymatic activity of the conversion from 5mC to hmC in vitro, but this function is strongly impaired in vivo. These findings indicate oncogenic mutations in the CR region of TET2 impair its nucleosome-binding activities, which may contribute towards the development of leukemia.

会 場 イノベーション棟1階105会議室
連絡先 筑波大学医学医 療系 高橋 智(内線7516、e-mail:satoruta@md.tsukuba.ac.jp
筑波分子医学 協会(TSMM)主催
TSMMセミナー担当  筑波大学医学医療系 船越祐司
  *TSMMセミナーは、フロン ティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武幸司)、生命システ ム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷嘉人、武川寛樹)及び「医学セ ミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。
医学類教員FDプログラム
日 時 2013年11月20日(水)18:00~19:00
講演会 医学教育の国際認証評価制度について
内 容

アメリカ医科大学協会は、2023年からWFME基準を満たしていない医学部 の卒業生のECFMG(Educational Commission for Foreign Medical Graduates)受験を認めないことを決定しました。

医学教育で先進的な業績を残してきた筑波大学では、全国に先駆けてこのWFM E基準の認証を受けることが求められています。

今回、この基準認定に精通した東京大学の北村 聖 先生をお招きし、国際認証 評価制度についてご講演いただきます。

興味のある方はどなたでもふるってご参加ください。

会 場 イノベーション棟8F 講堂
医学セミナー
日 時 2013年11月19日(火)17:30~
演 題 がん幹細胞について(Cancer stem cell)
講師名 森 正樹(大阪大学大学院医学系研究科消化器外科学 教授)
会 場 イノベーション棟8階講堂
連絡先 消化器外科 高野恵輔(内線3221)
第384回TSMMセミナー
日 時 2013年11月18日(月)16:30~18:00
演 題 メディエーター複合体による転写とクロマチン構造の協調的制御
講師名 大熊 芳明 先生 富山大学大学院医学薬学研究部 遺伝情報制御学

真核生物は、DNAをクロマチン構造により核内に収納している。京都大学の山中教授が発見した4つの転写因子によるヒト皮膚細胞の人工多能性幹細胞(iPS)へ の移行は、遺伝情報がこれら因子の引金によってリプログラムされることを明らかにし、将来の再生医療や創薬研究への大きな可能性を開いた。このリプログラミングの事実は、クロマチン構造変換と転写が協調的に制御を受けていることを示している。さらに興味深いことに、最近米国MITのRichard Young教授が細胞の分化や脱分化の決定には、その決定に必須である限られた数の遺伝子にマスター遺伝子、コヒーシンとメディエーター複合体の3者が決定的な役割を果たすことを明らかにした。我々の研究しているメディエーター複合体は30個のサブユニットからなる巨大複合体で、2つのキナーゼサブ ユニットCDK8とCDK19がRNAポリメラーゼIIをリン酸化するこ とにより活性化する。本セミナーでは、これらCDKがクロマチン制御に関わる複数因子と相互作用して協調的に機能しているという我々の研究室の最近の知見を紹介したい。

参考文献
1. Tsutsui et al., */J. Biol. Chem/*. *288*, 20955-20965, 2013.
2. Fukasawa et al., */J. Biochem./**152*, 241-249, 2012.
3. Tsutsui et al., */Genes Cells/**16*/, /1208-1218, 2011.
4. Lee & Young, */Cell/* *152*, 1237-1251, 2013.

  TSMMセミナーは、フ ロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武 幸司)、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷 嘉人、武川 寛樹)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。
会 場 医学学群棟411室
連絡先

筑波大学医学医療系 久武 幸司(内線3929、e-mail:kojihisa@md.tsukuba.ac.jp

筑波分子医学協会(TSMM) 主催

TSMMセミナー担当 筑波大学医学医療系 船越 祐司

第386回TSMMセミナー
日 時 2013年11月18日(月)18:00~19:00
演 題 Rab GTPase転換機構とゴルジ体槽成熟のライブイメージング
演 者 須田 恭之 先生
概 要 ヒトや酵母を含む真核生物の基本単位である細胞内には、細胞小器官と呼ばれるさまざまな構造体があり、膜構造による輸送経路(膜交通)により相互にタンパク質を輸送しています。その輸送を制御しているのが、Rab GTPアーゼというタンパク質です。ゴルジ体は、輸送されるタンパク質を糖鎖付加などにより修飾し、仕分けした後に適切な場所へ送り出す重要な機能を持っています。高等動植物のゴルジ体は、平らな袋(槽)が積み重なった構造をしており、シス槽、メディアル槽、トランス槽に分類され、それぞれの膜の成分や局在する酵素が異なっています。酵母のゴルジ体には4つ(Ypt1、Ypt6、Ypt31、Ypt32)のRab GTPアーゼが存在しますが、ゴルジ体の膜上でどのように時間的空間的に制御されているか、解明されていませんでした。須田さんらは、独自に開発した高感度共焦点顕微鏡システム(SCLIM)を使用した生きた細胞のライブイメージングにより、酵母のゴルジ体に存在するRab GTPアーゼを可視化し、挙動を調べました。その結果、細胞小器官の1つであるエンドソームからゴルジ体へのタンパク質輸送を担うYpt6は、ゴルジ体が成熟するにつれて膜上から消失することが分かりました。さらに、Ypt6の挙動の制御には、Ypt6を不活性化させるタンパク質Gyp6がトランス槽に存在するYpt32と結合しトランス槽の膜上に局在する必要があることが明らかになりました。これらの結果は、近年提唱されているRab GAPカスケードにより一連のRab GTPアーゼ転換機構が行われることを示しています。また、Rab GAPカスケードが正常に働かない変異株を作製したところ、Rab GAPカスケードがゴルジ体の機能、および成熟に少なからず寄与していることも明らかになりました。
参考文献 Yasuyuki Suda, Kazuo Kurokawa, Ryogo Hirata "Rab GAP cascade regulates dynamics of Ypt6 in the Golgi traffic"Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,2013,doi: 10.1073/pnas.1308627110.
会 場 医学学系棟2階272会議室
連絡先 筑波大学医学医療系 入江 賢児(内線 3066、e-mail:kirie@md.tsukuba.ac.jp) 
筑波分子医学協会(TSMM)主催
  TSMMセミナー担当 筑波大学医学医療系 船越 祐司
*TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武 幸司)、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷 嘉人、武川 寛樹)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。
第385回TSMMセミナー
日 時 2013年11月15日(金)17:00~18:00
演 題 Genetic and acute CPEB1 depletion ameliorate fragile X pathophysiology
演 者 宇田川 剛 先生 名古屋大学大学院医学系研究科神経内科
概 要

セミナーは日本語です。This seminar will be held in Japanese

Fragile X syndrome (FXS), the most common cause of inherited mental retardation and autism, is caused by transcriptional silencing of FMR1, which encodes the translational repressor fragile X mental retardation protein (FMRP). FMRP and cytoplasmic polyadenylation element-binding protein (CPEB), an activator of translation, are present in neuronal dendrites, are predicted to bind many of the same mRNAs and may mediate a translational homeostasis that, when imbalanced, results in FXS.
Consistent with this possibility, Fmr1-/y; Cpeb1-/- double-knockout mice displayed amelioration of biochemical, morphological, electrophysiological and behavioral phenotypes associated with FXS.
Acute depletion of CPEB1 in the hippocampus of adult Fmr1-/y mice rescued working memory deficits, demonstrating reversal of this FXS phenotype. Finally, we find that FMRP and CPEB1 balance translation at the level of polypeptide elongation. Our results suggest that disruption of translational homeostasis is causal for FXS and that the maintenance of this homeostasis by FMRP and CPEB1 is necessary for normal neurologic function.

参考文献

Udagawa et al. Genetic and acute CPEB1 depletion ameliorate fragile X pathophysiology.

Nat Med. 2013 Oct 20. doi: 10.1038/nm.3353.

Udagawa et al. Bidirectional control of mRNA translation and synaptic plasticity by the cytoplasmic polyadenylation complex.

Mol Cell. 2012 Jul 27;47(2):253-66.

会 場 医学学群棟4階4A411会議室
連絡先 筑波大学医学医療系 入江 賢児(内線 3066、e-mail:kirie@md.tsukuba.ac.jp) 
筑波分子医学協会(TSMM)主催
  TSMMセミナー担当 筑波大学医学医療系 船越 祐司
*TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武 幸司)、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷 嘉人、武川 寛樹)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。
世界糖尿病デーイベント2013~みんなで知って,みんなで予防
日 時 2013年11月14日(木)13:00~16:00
概 要 筑波大学附属病院では,「世界糖尿病デー」(11月14日)にあたり,糖尿病の予防・治療・療養を喚起するための啓発イベントを下記の通り開催いたします。
当日は,血糖値・HbA1c値測定や体力測定などの体験コーナーや,糖尿病治療の最新情報に関する展示の他,医師・管理栄養士・理学療法士などによる相談コーナーを設ける予定です。
会 場 筑波大学附属病院 けやき棟1階「けやきプラザ」
〒305-8576 茨城県つくば市天久保2-1-1
アクセス
連絡事項 * 参加費無料・予約不要
* 詳細はPDF資料のチラシをご参照ください。
お問い合わせ 筑波大学附属病院 内分泌代謝・糖尿病内科
TEL:029-853-3053
医学セミナー
日 時 2013年11月13日(水)15:15~16:15
演 題 世界で活躍するプロになるプロを育てる
講師名 赤松良子先生(日本ユニセフ協会会長)
概 要 赤松先生は、労働省入省後、男女雇用機会均等法の成立に中心的役割を果たしました。また、国連代表部公使、特命全権公使、駐ウルグアイ大使、文部大臣を務め、現在は(財)日本ユニセフ協会会長です。
日本の女性プロの草分けとしてご活躍されてきた経験から、世界で活躍するプロになる、プロを育てるエッセンスをご紹介いただきます。
日本ユニセフ協会
会 場 イノベーション棟8階講堂
連絡先 国際発達ケア:エンパワメント科学研究室
安梅 anmet@md.tsukuba.ac.jp
IIIS-WPI セミナー
日 時 2013年11月13日(水)15:00~16:00
演 題 「Notch2遺伝子を通して見た胎盤形成」
演 者 濱田義雄先生(岡崎基礎生物学研究所)
概 要

講演は日本語で行います。
胎盤の母親側では血管内皮細胞が関与しない特殊なvasculogenesisが起こりますが、それに関わる細胞現象(融合・選別・競合・細胞死)のストーリーです。

We will have an informal seminar by Dr. Yoshio Hamada (National Institute for Basic Biology at Okazaki) at 3:00pm on Wednesday, November 13th in the 4th floor seminar room. He will talk about his unpublished study on: Notch2 in the development of placenta. He will focus on the placental vasculogenesis on the maternal side, where, surprisingly, endothelial cells are not involved but a whole variety of cellular phenomena is going on, including cell fusion, selection, competition and death. The seminar will be in Japanese, but everybody is welcome.

会 場 健康医科学イノベーション棟4階402室
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線3301)
第5回 (データマネージメント) GCPセミナー
日 時 2013年11月12日(火)18:00~19:30
演 題 データマネージメントシステム
演 者 大津 洋 順天堂大学大学院医学系研究科 がん生涯教育センター
会 場 イノベーション棟8階講堂
要 旨

臨床試験に興味をお持ちのすべての方を対象に、臨床試験を行う際の国際的基準であるGood Clinical Practice(GCP)、研究倫理、プロトコール作成、生物統計、データマネージメントや品質管理・品質保証などについて研修の機会を提供いたします。

病院スタッフ・研究員・学生など、資格・身分を問わず参加可能ですので、ふるってご参加ください。 本セミナーは、フロンティア医科学専攻「臨床試験概論」、疾患制御医学専攻「臨床試験論」、看護科学専攻「臨床研究実践論」受講者の必修講義となっております。

第23回WPI-IIISセミナー
日 時 2013年11月11日(月)16:00~17:00
演 題 “Biogenesis and functions of PIWI-interacting RNAs in Drosophila germline”
演 者 塩見美喜子先生(東京大学大学院理学系研究科 生物化学専攻)
会 場 筑波大学 医学系エリア 健康医科学イノベーション棟4階 402室
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線5857)
医学セミナー
日 時 2013年11月11日(月)14:30~16:00
演 題 「活性酸素シグナル・抗酸化応答と活性イオウ分子種」
講師名 赤池 孝章先生(東北大学大学院医学系研究科 教授)
会 場 イノベーション棟8階講堂
連絡先 筑波大学 医学医療系 熊谷嘉人(内線 3133)
医学セミナー
日 時 2013年11月11日(月)16:30~18:00
演 題 「自然抗体:危険を感知する正義の味方」
講師名 内田 浩二先生(名古屋大学 教授)
会 場 イノベーション棟8階講堂
連絡先 筑波大学 医学医療系 熊谷嘉人(内線 3133)
40周年記念シンポジウム
日 時 2013年11月11日(月)18:00~20:00
内 容

1. シンポジウム 18:00~
「この40年の医学群からのトップスポーツへのメディカルサポート」

2. 特別講演   19:00~
プロサッカー指導者 佐々木則夫 氏
「勝つ組織へのプロセス ~ソーシャルフットボール~」

会 場 大学会館A棟3階ホール
第383回 TSMMセミナー 平成25年度 第6回バイオメディカルテクノロジーセミナー
日 時 2013年11月7日(木)17:00~18:30
演 題 メタボロミクスの論文を読もう
演 者 大賀 拓史 先生(ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社)
会 場 イノベーション棟8階講堂
要 旨

近年、メタボロミクスは急速に注目を集め、その影響はさまざまな領域に広がっています。しかし興味はあっても、特殊な用語や解析手法が使われている論文は読みにくいもの。
そこで、今回のセミナーでは、代表的な論文を実際に取り上げて、理解するために必要な特殊な用語や解析技術、についても解説を加えながら、自分で楽に読みこなせるようになるための実践的な解説を行います。 学生さんにとっては将来的にもプラスになること間違いなし! の新企画です。

<セミナー内容>
メタボロミクスの最近の話題
メタボロミクスの論文を読もう
メタボローム研究の組み立て方
質問コーナー

  TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武幸司)、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷 嘉人、武川寛樹)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。
連絡先 筑波大学医学医療系 三輪佳宏(内線 8392、tsukutsukukawashi@md.tsukuba.ac.jp
筑波分子医学協会(TSMM)主催
セミナー担当 筑波大学医学医療系 船越 祐司(内線3115、funa@md.tsukuba.ac.jp
第4回 (プロトコール作成ワークショップ) GCPセミナー
日 時 2013年11月5日(火)18:00~19:30
演 題 プロトコールを作成しよう
演 者 筑波大学次世代医療研究開発・教育統合センタースタッフ
会 場 イノベーション棟8階講堂
要 旨

臨床試験に興味をお持ちのすべての方を対象に、臨床試験を行う際の国際的基準であるGood Clinical Practice(GCP)、研究倫理、プロトコール作成、生物統計、データマネージメントや品質管理・品質保証などについて研修の機会を提供いたします。

病院スタッフ・研究員・学生など、資格・身分を問わず参加可能ですので、ふるってご参加ください。 本セミナーは、フロンティア医科学専攻「臨床試験概論」、疾患制御医学専攻「臨床試験論」、看護科学専攻「臨床研究実践論」受講者の必修講義となっております。

  セミナーに続き、各自のテーマによるプロコール作成を支援します。各自のPCをご持参ください。
第22回WPI-IIISセミナー
日 時 2013年10月31日(木)11:00~12:00
演 題 “Career Options and Job Resources for Young Scientists”
演 者 Tianna Hicklin先生(Science/AAAS カスタム出版 アシスタントエディター)
会 場 筑波大学 医学系エリア 健康医科学イノベーション棟4階 402室
お問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線5857)
医学セミナー
Date Wednesday, October 30, 2013
Time 15:30~16:30
Topic Functional and anatomical segregations within the central oxytocin system
Guest Dr. Valery Grinevich, MD, PhD
Place 4A411
167回 保健・医療・福祉に関する勉強会
日 時 2013年10月29日(火)18:30~20:30
演 題 メディカルフィットネスの醸成と健幸華齢
講師名 田中 喜代次 先生(筑波大学体育系大学院人間総合科学研究科スポーツ医学 教授)
概 要

高齢者を中心とする健康志向の高まりとともに、生活習慣病対策に加えて、ロコモティブシンドロームや認知症などに対するリハビリテーション・介護とオーバーラップして、メディカルフィットネス(MF)のミッションは一段と拡大してきています。また、受傷から復帰するアスリートへの対応や、競技パフォーマンスの向上を含めたスポーツ医学に至るまで、MF発展の需要は明らかです。勉強会では、MFの定義、適用範囲、具体例、今後の発展を企図した方向性などについて見解を述べる予定です。「健康寿命の延伸」、「雇用の創出」、「医療費の削減」、「健幸華齢」(successful aging)、「尊厳死(満足死)」など、今の日本国が抱えているこれらの健康課題・社会問題を解決する糸口を見出し、保健・医療・福祉関係者のさらなる躍進に繋がる一助となることを切に願っております。 今回の勉強会では、筑波大学体育系教授の田中喜代次先生に「メディカルフィットネスの醸成と健幸華齢」の演題で、お話していただく予定です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
なお、講演場所は筑波大学総合研究棟Dとなっております。防犯の関係上19:00以降正面入口がロックされ入館できなくなります。19:00以降はスタッフができるだけ対応をいたしますが、19:00までにお越し下さるようお願いいたします。

この講演会は日本プライマリ・ケア連合学会茨城県支部の後援を受けています。またフロンティア医科学専攻の医科学セミナー4(高齢者医学)となっています。

会 場 筑波大学総合研究棟D 公開講義室(1F)
連絡先 筑波大学大学院人間総合科学研究科 福祉医療学 柳 久子
第382回 TSMMセミナー 平成25年度 第5回バイオメディカルテクノロジーセミナー
日 時 2013年10月29日(火)18:00~19:00
演 題 シングルセルのターゲット遺伝子発現解析およびトランスクリプトーム解析
演 者 細野 直哉 先生(フリューダイム株式会社 シニアアプリケーションサイエンティスト)
要 旨 細胞集団や組織といった複数の細胞をバルクで解析する場合、解析結果は全体の平均値となってしまいますが、個々の細胞の個性を解析することの重要性がより広く認識されてきています。
今回のセミナーではシングルセル解析の重要性、シングルセルのターゲット遺伝子解析およびシングルセルのトランスクリプトーム解析についてご説明いたします。
セミナー内容 シングルセル解析の重要性
シングルセル・ターゲット遺伝子解析
シングルセル・トランスクリプトーム解析
  *TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武幸司)、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷 嘉人、武川寛樹)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。
会 場 健康医科学イノベーション棟8階講堂
連絡先 筑波大学医学医療系 川島明弘(内線 3355、tsukutsukukawashi@md.tsukuba.ac.jp
筑波分子医学協会(TSMM)主催
セミナー担当 筑波大学医学医療系 船越 祐司(内線3115、funa@md.tsukuba.ac.jp
The 11th World Science Leader's Seminar 第11回ワールドサイエンスリーダーズセミナー
Date Fri.Oct.25
Time 5.00pm-6.30pm
Topic TGF-beta signal transduction in cancer
Gust Dr.Peter ten Dijke
Professor,Department of Molecular Cell Biology
Leiden University Medical Center The Netherlands
Comment

添付のポスターのセミナーは、医学セミナーのレポートの対象とすることが可能 です。
奮ってご参加ください。

Dear Students,
Please attend attached seminar as an seminar in medical sciences.

Place Room 4A 411 Medical Gakugun-to Bilding
第57回免疫学セミナー
日 時 2013年10月25日(金)17:00~18:30
演 題 iPS細胞技術が可能にする新しい医療
講師名 中内 啓光 博士
東京大学医科学研究所・幹細胞治療研究センター ERATO中内幹細胞制御プロジェクト
概 要

体細胞を初期化してES細胞と同等の能力を持つ幹細胞を誘導するiPS細胞作製技術が確立され、胚を壊したり核移植をすることもなく“患者自身の多能性幹細胞”を利用する道が開けた。患者や正常人から樹立したiPS細胞は、まず初めにヒト細胞の新しいソースとして病態解析、創薬、毒性試験等へ利用されるだろう。次に遺伝子を修復して遺伝病を根治する遺伝子矯正治療や、抗原特異的なT細胞を若返らせてから免疫療法を行うなど、これまでは考えられなかったような新しい遺伝子・細胞治療が可能になるだろう。また、多能性幹細胞の高い増殖能を利用して血液細胞を産生し、献血に代わる安定した輸血の供給源としての利用も考えられる。さらにはiPS細胞から患者自身の細胞によって構成された臓器を異種動物個体内で作出し、移植するといった再生医療も夢ではないかもしれない。我々の最近の研究を 紹介しながら、ノーベル賞に輝いたこの素晴らしい技術が切り拓く新しい医療の可能性について概説する。

会 場 健康医科学イノベーション棟8階講堂
連絡先 免疫学・渋谷 彰(ashibuya@md.tsukuba.ac.jp
第3回 (生物統計) GCPセミナー
日 時 2013年10月22日(火)18:00~19:30
演 題 臨床試験のデザインと解析
演 者 高橋秀人 筑波大学次世代医療研究開発・教育統合センター
会 場 イノベーション棟8階講堂
要 旨

臨床試験に興味をお持ちのすべての方を対象に、臨床試験を行う際の国際的基準であるGood Clinical Practice(GCP)、研究倫理、プロトコール作成、生物統計、データマネージメントや品質管理・品質保証などについて研修の機会を提供いたします。

病院スタッフ・研究員・学生など、資格・身分を問わず参加可能ですので、ふるってご参加ください。 本セミナーは、フロンティア医科学専攻「臨床試験概論」、疾患制御医学専攻「臨床試験論」、看護科学専攻「臨床研究実践論」受講者の必修講義となっております。

Doctoral Program in Biomedical Sciences Initiation Seminar (Career Path Program)
Date October 18-19
comment Doctoral Program in Biomedical Sciences hosts the Initiation Seminar for the visiting students from October 18th to 19th. This is one of the activities of the Carrer Path Program.
Details / Poster
第381回TSMMセミナー 第4回バイオメディカルテクノロージーセミナー
日 時 2013年10月17日(水)17:00~18:00
演 題 リアルタイムPCRを用いた発現定量と変異解析について
演 者 片山知秀 先生(ロシュ・ダイアグノスティクス株式会社 AS事業部)
要 旨

リアルタイムPCRシステムの仕組み、検出の原理、解析の概念・方法などこれからmRNAの発現定量をリアルタイムPCRで実施する上で理解しておきたいことを中心に解説します。また、最近ではリアルタイムPCRを使用した新規変異のスクリーニング(HRMアッセイ)が普及してきています。本セミナーの中では、HRMの原理や応用、解析のコツを分かりやすく説明いたします。

<セミナー概 要>
1.リアルタイムPCRとは
2.絶対定量と相対定量の概念
3.サイクル比較法(⊿⊿Ct法)
4.リアルタイムPCRの注意点
5.HRMにおける変異解析について
6.HRMにおける注意点

  *TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武幸司)、生命システ ム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷嘉人、武川寛樹)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。
場 所 健康医科学イノベーション棟8階講堂
連絡先

筑波大学医学医 療系 川島明弘(内線3355、tsukutsukukawashi@md.tsukuba.ac.jp

筑波分子医学 協会(TSMM)主催】協会代表:桝正 幸>

平成25年度文部科学省 未来医療研究人材養成拠点形成事業
「次世代の地域医療を担うリーダーの養成」 医学生むけ講演会・ワークショップ案内
概 要 Oregon Health and Science University Family Medicine Department(オレゴン 健康科学大学家庭医療科)
Associated professor の大西 恵理子先生(筑波大学医学専門学群17回生) をお招きして、医学生、レジデントを対象に以下のプログラムを開催します。学年、臨床経験、スキルは問いません。興味のある方はふるってご参加ください。
①講演会「米国で医師として働くためのキャリアパス~経験からの助言」
目的と概要

「国際的に通用する医師としてのスキルを身につけたい!」「将来海外で働きたい!」など、国外での研修に興味をもつ学生、レジデントにむけて講師の経験談お話いただきます。
大西先生は筑波大学を卒業後、国内での研修を経て米国で家庭医療専門医を取得され、緩和ケア医、家庭医として活躍しています。今年2月に実施した講演会に好評をいただき、学生の皆さまのリクエストから今回の続編を企画しました。

米国での研修の実際、地域で働くこと、そして大学教員として働くことなど先生が今に至るまでの経験からの生の声を聞かせていただきます。前回には詳しくは触れられなかった、渡米するまでの準備や米国医療の現場での苦労話などもお聞かせいただく予定です。

日 時 2013年10月2日(水)17:00~18:00
場 所 筑波大学地域医療研究システム棟 1階遠隔教育討議室
対 象 海外における研修に興味をもつ医学類学生、附属病院レジデント
② ワークショップ「英語で医療面接」
目的と概要 海外実習や研修に必須の、英語での医療面接。そのポイントについてのレクチャーとロールプレイを時間の許す限り行います。後半にはGroup OSCEもあります。
実践希望の方も見学希望の方も、ご自身の英語力に応じた参加が可能です。
レクチャーは英語で行われますので、ちょっと英語の勉強にという方も歓迎します。
日 時 第1回 2013年10月7日(月)17:00~18:30
第2回 2013年10月9日(水)同上
第3回 2013年10月10日(木)同上
第4回 2013年10月16日(水)同上
*毎回レクチャーの内容やケースが異なります。
その回ごとに完結しますので単回の参加も可能です。
場 所 筑波大学地域医療研究システム棟 1階遠隔教育討議室
対 象 海外における研修に興味をもつ医学類学生、附属病院レジデント
③ 座談会「米国での実習、研修、キャリアについて、話し合おう!」
目的と概要 M6の自由選択実習で海外実習にいくとどんな経験ができるの?海外キャリアの魅力とは?
どんな準備が必要なの?などの疑問をもっている方、是非ご参加ください。大西恵理子先生をまじえて、学生間での楽しい情報交換の場にしたいと計画しています。
なんとなく海外にあこがれている低学年の学生も歓迎します。気軽にご参加ください。
日 時 2013年10月17日(木)18:30~19:30
場 所 筑波大学地域医療研究システム棟 1階遠隔教育討議室
対 象 海外における研修に興味をもつ医学類学生、附属病院レジデント
本企画に関する問い合わせ先 医学教育企画評価室 高屋敷明由美(tk-ayumi@umin.ac.jp
第2回 (臨床研究のプロセス) GCPセミナー
日 時 2013年10月15日(火)18:00~19:30
演 題 看護科学領域における臨床研究
演 者 岡田佳詠 筑波大学医学医療系
会 場 イノベーション棟8階講堂
要 旨

臨床試験に興味をお持ちのすべての方を対象に、臨床試験を行う際の国際的基準であるGood Clinical Practice(GCP)、研究倫理、プロトコール作成、生物統計、データマネージメントや品質管理・品質保証などについて研修の機会を提供いたします。

病院スタッフ・研究員・学生など、資格・身分を問わず参加可能ですので、ふるってご参加ください。 本セミナーは、フロンティア医科学専攻「臨床試験概論」、疾患制御医学専攻「臨床試験論」、看護科学専攻「臨床研究実践論」受講者の必修講義となっております。

第380回 TSMMセミナー
日 時 2013年10月9日(水)17:00~18:30
演 題 Apurinic/apyrimidinic endonuclease 1, a close encounter of the two kinds: repair of oxidative DNA damage and cellular redox status
演 者 Tadahide Izumi, Ph.D.
Associate Professor
Graduate Center for Toxicology and Markey Cancer Center College of Medicine, University of Kentucky
会 場 イノベーション棟1階105室
要 旨

Reactive oxygen species (ROS) are generated continuously, not only by exogenous and environmental genotoxins and radiation, but also from mitochondria as byproducts of respiration in our body. ROS play significant roles in plethora of cellular activities and in the transformation of cells into malignant cancer. Apurinic/apyrimidinic endonuclease 1 (APE1) in mammals, a linchpin in repair of oxidative DNA damage, is also a redox sensor to activate many transcription factors. However, APE1 has not been directly studied for its effect on intracellular redox status. The difficulty to study the role of APE1 in the cells stems from the fact that no APE1 defective cell lines exist due to its essentiality. The presenter’s laboratory has established mouse embryonic fibroblasts (MEFs) that express APE1 at an extremely low level compared to their wild-type control MEFs. Analyzing these unique resources have led to the conclusion that APE1 affects mitochondrial respiration and cellular redox status. Together with its role for activating c-Jun/Fos and other transcription factors, the finding has a significant implication in the etiology of cellular degeneration, early events of cancer transformation and adaptation of tumor cells toward chemo and radiation resistance.

TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当 :久武幸司)、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷 嘉人、武川寛樹)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。

連絡先

筑波大学医学医 療系 高橋 智 (内線7516、satoruta@md.tsukuba.ac.jp

筑波分子医学協会(TSMM)主催

平成25年度人間総合科学研究科第3回FDプログラム
日 時 2013年10月9日(水)14:00~16:00
演 題 2013 第3回FD講演会 ダイバーシティ推進
共生社会におけるケアとメンタルヘルス
趣旨・目的 本企画は、TA(Teaching Assistant)-TF(Teaching Fellow)-TP(Teaching Professor)の3つのレベルから構成されるFDの組織化・制度化を指向し、未来型の大学人育成のためのFD活動を実践しようとするものです。
今回は、「ダイバーシティ推進」をテーマとして下記のように執り行うことになりました。
「ダイバーシティ推進」とはどのようなことなのか、推進のためにどのようなことが求められるのか。様ざまな個人の多様性を生かすことのできるダイバーシティ推進を実現する組織を作り上げるにはどうしたらよいかということをテーマとして、作家の大野更紗氏及び本学ヒューマン・ケア科学専攻の斉藤環先生に講演していただくこととしました。
これまでと同様に、TFになった院生、TFをめざす院生のほか、各種研究員や助教・講師・准教授・教授等及び学内の希望者の参加を期待しております。
プログラム内容

挨拶:金保 安則(人間総合科学研究科長)

(1)「共生社会におけるケアの実現」・・・14:00~14:45
大野 更紗 氏(作家、著書「困ってる人」「さらさらさん」)

(2)「メンタルヘルスにおける“ニーズの掘り起こし”」・・・15:00~15:45
斉藤 環 氏(人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻 教授)

場 所 筑波大学 総合研究棟D D116(公開講義室)
問合せ 筑波大学大学院人間総合科学研究科 研究科運営担当(2991)
第1回 (GCP) GCPセミナー
日 時 2013年10月8日(火)18:00~19:30
演 題 臨床試験とGCP
演 者 橋本幸一 筑波大学次世代医療研究開発・教育統合センター
会 場 イノベーション棟8階講堂
要 旨

臨床試験に興味をお持ちのすべての方を対象に、臨床試験を行う際の国際的基準であるGood Clinical Practice(GCP)、研究倫理、プロトコール作成、生物統計、データマネージメントや品質管理・品質保証などについて研修の機会を提供いたします。

病院スタッフ・研究員・学生など、資格・身分を問わず参加可能ですので、ふるってご参加ください。 本セミナーは、フロンティア医科学専攻「臨床試験概論」、疾患制御医学専攻「臨床試験論」、看護科学専攻「臨床研究実践論」受講者の必修講義となっております。

World Science Leaders' Seminar
Date Friday, September 27
Time 17:00 - 18:30
Topic The role of protein tyrosine pho sphatases in vascular remodeling and insulin resistance
Guest Speaker Professor Kai Kappert (Charité-Universitätsmedizin Berlin, Center for Cardiovascular Research)
comment Dear all,Please be reminded that the 8^th WSLS, hosted by Professor Mitsuyasu Kato, will be held tomorrow on September 27.
Venue Room 4A411, Medical Gakugun-tou Building (Map)
Note This seminar is part of WSLS series.
第378回 TSMMセミナー 平成25年度 第3回バイオメディカルテクノロジーセミナー
日 時 2013年9月26日(木)17:00~18:00
演 題 ここまできた質量分析: 臨床および基礎医学への応用
演 者 津幡 卓一 先生(株式会社エービー・サイエックス)
会 場 健康医科学イノベーション棟8階講堂
要 旨

自動イメージング解析、疾患の段階や治療方針の決定・薬の効果を決定す るバイオマーカー、FFPE組織からのタンパク質リン酸化部位の同定、GPCRの検出・定量など、質量分析を用いた成果が得られてきております。そこで質量分析を用いて、どのような結果が得られているのかに重点を置き、わかりやすく、解説させていただきます。

1 質量分析の基本
2 疾患の段階や治療方針の決定・薬効を決定するバイオマーカー
3 FFPE組織からのタンパク質リン酸化部位の同定
4 GPCRの検出・定量
5 メタボロミクス

TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当 :久武幸司)、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷 嘉人、武川寛樹)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。

問合せ先 株式会社エービー・サイエックス 坂本 恵美(TEL:0120(318) 551 emi.sakamoto@absciex.com
連絡先

筑波大学医学医療系 小林 麻己人(内線 8457、 makobayash@md.tsukuba.ac.jp

筑波分子医学協会(TSMM)主催

セミナー担当 筑波大学医学医療系 船越 祐司(内線3115、funa@md.tsukuba.ac.jp

臨床研究セミナー
日 時 2013年9月26日(木)18:40~19:40
演 題 研究者主導の橋渡し研究、臨床研究の進め方
~北海道大学病院での経験を踏まえて~
演 者 北海道大学病院 高度先進医療支援センター センター長 教授 佐藤典宏
会 場 健康科学イノベーション棟8階講堂
要 旨

9月26日(木)に次世代医療研究開発・教育統合(CREIL)センターと臨床研究推進・支援センター(CTRC)の共催で、北海道大学の高度先進医療支援センター 佐藤典宏教授のセミナーを実施いたします。

橋渡し研究・臨床研究にご興味ある医師、コメディカル、教職員、学生の皆様、ふるってのご参加をお待ちしております。

連絡先 次世代医療研究開発・教育統合(CREIL)センター
人間総合科学研究科生命システム医学専攻 Faculty Development
日 時 2013年9月24日(火)17:30~19:00
演 題 学生の自己成長を促進する
~世界最先端のタレント・マネジメント・システム~
講 師 株式会社ラーニング・イニシアティブ
北島 大器 / 浅野 高光
会 場 総合研究棟A110
内 容

内容は、大学院生の学修成果をどう評価するか、についての提案です

* このFDはグローバル教育院ヒューマンバイオロジー学位プログラムとの共催で行ないます。
* 他研究科、他専攻の教員の参加も歓迎いたします。

  生命システム医学専攻大学院教育企画評価室
第379回TSMMセミナー
日 時 2013年9月12日(木)17:00~18:30
演 題 Novel Zn-finger proteins in colon cancer and transcriptional regulation
演 者 Professor Debabrata Chakravarti
Feinberg School of Medicine, Northwestern University
会 場 健康科学 イノベーション棟1F 105室
要 旨

Our laboratory is interested in understanding the role of transcription factors, hormone signaling and epigenetics under normal and patho-physiological conditions. We will show data identifying THAP11, a Zn-finger protein as a transcriptional regulator differentially expressed in human colon cancer. Immunohistochemical analysis of human colon cancers revealed increased THAP11 expression in both primary tumors and metastases. Knockdown of THAP11 in SW620 colon cancer cells resulted in a significant decrease in cell proliferation. Host cell factor-1 (HCF-1) is a metazoan transcriptional co-regulator essential for cell cycle progression and cell proliferation. We will present evidence that HCF-1 recruitment to numerous E2F-bound promoters is mediated by the concerted action of zinc-finger transcription factors THAP11 and ZNF143. Extensive characterization of the role of this novel complex in regulation of cell cycle controlled genes will be presented.

These data establish a new model which suggests that a THAP11/ZNF143/HCF-1 complex is a critical component of the transcriptional regulatory network governing cell proliferation and a role for THAP11 in colon cancer.

連絡先

筑波大学医学医 療系 奥脇 暢(内線7950、e- mail:mokuwaki@md.tsukuba.ac.jp

【筑波分子医学 協会(TSMM)主催】

TSMMセミナー担当  筑波大学医学医療系 船越祐司

  *TSMMセミナーは、フ ロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」 (担当:久武幸司)、生命シ ステム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最 先端医学研究セミナー」(担当:熊谷嘉人、武川寛樹)及び「医 学セミナー」 (担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。
平成25年度科研費セミナー
概 要 本年度の文部科学省科学研究費の公募が開始され、例年のように10月中旬に 締め切られます。
科研費はほとんどの研究者の最も基本的な研究活動資金として長い歴史と実績を 持っております。
また、それ故に科研費の取得が研究者個人および組織、機関の研究活動の指標 として見られています。
科研費の取得向上のためには、科研費の仕組みや申請の取り組み方を知らねば なりません。
「敵を知り、己を知らば、百戦危うからず」という意図で、下記のように科研費 セミナーを開催いたします。多くの教員の方のご出席をお待ちしております。
日 時 2013年9月10日(火)18:00~19:00
内 容

1)高橋  智  教授 「科研費申請で気をつけているポイント」
2)松本  功 准教授 「若手大型研究費、科研費取得のために必要な戦略」
3)田宮菜奈子  教授 「伝えよう! オリジナリティとパッション(2) 科研費申請は研究者の醍醐味」
4)研究支援から    「科研費申請の注意点について」

※指導されている研究員の方に周知をお願いいたします。
本件については、医学医療系HP→医学医療エリア支援室→研究支援
→科研費 に掲載されています。
ホームページ

場所 健康医科学イノベーション棟8階講堂
担 当 研究支援(3022)
第377回TSMMセミナー
日 時 2013年8月30日(金)17:00~18:30
演 題 Neuronal control of vascular development
演 者 向山 洋介 先生
(National Heart, Lung, and Blood Institute、National Institutes of Health、合衆国)
会 場 イノベーション棟1F 105室
要 旨 The vascular and nervous systems share anatomical and functional characteristics, and are often patterned similarly in peripheral tissues. These characteristics suggest that there is interdependence between these two networks during tissue development. To examine the molecular basis underlying neuronal control of vascular branching, we have used a model system using the embryonic skin vasculature which has highly stereotypic and recognizable vascular pattern. Our data establish that two distinct mechanisms underlie the congruence of sensory nerve and arterial vessel branching: nerve-derived VEGF-A controlling arterial differentiation, and nerve-derived Cxcl12 controlling vessel branching and alignment with nerves (Dev Cell, 2013). In a similar line of research, we have discovered that glial integrin?8 in nerves modulates TGF? that, in turn, influences lymphatic vessel development in the skin (Development, 2013). These findings suggest a novel, unifying concept involved in both angiogenesis and lymphangiogenesis: a coordinated local action of patterning and differentiation mechanisms, mediated by tissue substructures, such as peripheral nerves, underlies organ specific vascular patterns.
参考文献

1. Li et al. (2013) Peripheral nerve-derived CXCL12 and VEGF-A regulate the patterning of arterial vessel branching in developing limb skin.. Dev. Cell 24:359-371.

2. Nam et al. (2013) Coronary veins determine the pattern of sympathetic innervation in the developing heart. Development. 140:1475-1485

3. Mukouyama et al., (2002) Sensory nerves determine the pattern of arterial differentiation and blood vessel branching in the skin. Cell. 109:693-705.

4. 向山研HP

連絡先

筑波大学医学医 療系 依馬 正次(内線6963、e- mail:masaema@md.tsukuba.ac.jp

【筑波分子医学 協会(TSMM)主催】

TSMMセミナー担当  筑波大学医学医療系 船越祐司

  *TSMMセミナーは、フロン ティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」 (担当:久武幸司)、生命システ ム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最 先端医学研究セミナー」(担当:熊谷嘉人)及び「医学セ ミナー」(担当:専 攻各教員)の関連セミナーに相当します。
第375回 TSMMセミナー 平成25年度 第2回バイオメディカルテクノロジーセミナー
日 時 2013年8月27日(火)17:00~18:00
演 題 How to Confocal? - いつもの共焦点イメージングを、あと一歩進化させるには -
演 者 加藤 寛子 先生(ライカマイクロシステムズ社)
会 場 健康医科学イノベーション棟8階講堂
要 旨

昨年度の「超高感度検出器 Hybrid Detector」「超解像顕微鏡 GatedSTED」に続き、本年度は共焦点の基本に戻り「あともう一歩、高画質にするには?」「あともう一歩、高速に撮るには?」「固定サンプルと生サンプルの撮影 法の違い」「対物レンズの選び方」などをテーマに、より綺麗に・より速いConfocalイメージングを実現するためのTips&Tricksをご紹介いたします。どのファクターをどう変更するとどのような効果を得ることができるか、また避けるべきポイントなど、基本操作に沿いながら画像も交えて具体的にご説明致します。

TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当 :久武幸司)、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セ ミナー」(担当:熊谷 嘉人、武川寛樹)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。

問合せ先 ライカマイクロシステムズ㈱ 菅原 (03-5421-2814、 kosuke.sugahara@leica-microsystems.co.jp
連絡先

筑波大学医学医療系 小林 麻己人(内線 8457、 makobayash@md.tsukuba.ac.jp

筑波分子医学協会(TSMM)主催

セミナー担当 筑波大学医学医療系 船越 祐司(内線3115、funa@md.tsukuba.ac.jp

医学セミナー
日 時 2013年8月18日(日)10:00~16:00
演 題 根拠に基づく質の高い子育ち子育て支援
会 場 筑波大学東京キャンパス 文京校舎 112教室
連絡先 国際発達ケア:エンパワメント科学研究室 安梅 anmet@md.tsukuba.ac.jp
がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン特別講義
「高難度手術を より安全に:3Dシミュレーションによる肝胆膵手術デザイン」開催のお知らせ
日 時 2013年8月8日(木)14:00~17:00
概 要 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン特別講義
「高難度手術を より安全に:3Dシミュレーションによる肝胆膵手術デザイン」につきまして、下記のとおり開催いたします。
詳細は添付資料をご覧ください。
内 容 特別講義
「高難度手術を より安全に:3Dシミュレーションによる肝胆 膵手術デザイン」
演 者 阿部 雄太 先生
慶應義塾大学医学部 外科学(一般・消化器) 肝胆膵・移植班
会 場 健康医科学イノベーション棟1F 105室
主 催 国際協力型がん臨床指導者養成拠点(筑波大学)
共 催 高度がん医療開発を先導する専門家の養成(慶應義塾大学)
第17回WPI-IIISセミナー
日 時 2013年8月6日(火)11:00~12:00
演 題 “Penetration and differentiation of cephalic neural crest- derived cells in the developing mouse telencephalon”
演 者 山西恵美子先生(東北大学大学院)
会 場 筑波大学医学系エリア 健康医科学イノベーション棟4階 402室
要旨 来る8月6日(火)、山西恵美子先生(東北大学大学院)をお迎えし、延期になっておりました第17回WPI-IIISセミナーを 行いますので、皆様お誘いあわせの上、是非ご参加ください。
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線5857)
第21回WPI-IIISセミナー
日 時 2013年8月1日(木)12:00~13:00
演 題 ”Role of the medial prefrontal cortex in cataplexy”
演 者 大石陽先生(筑波大学 国際統合睡眠医科学 研究機構)
会 場 筑波大学医学系エリア 健康医科学イノベーション棟4階 402室
要旨 来る8月1日(木)、大石陽先生(筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構)をお迎えし、第21回WPI-IIISセミナーを 行いますので、皆様お誘いあわせの上、是非ご参加ください。
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線5857)
医学セミナー
日 時 2013年7月31日(水)10:00~11:15
演 題 芸術文化とエンパワメント:マイムの世界
演 者 佐々木博康先生(日本マイム研究所)
会 場 健康医科学イノベーション棟8階講堂
連絡先 国際発達ケア:エンパワメント科学研究室 安梅 anmet@md.tsukuba.ac.jp
コメント 佐々木先生は日本のマイム芸術の第一人者です。世界を舞台に活躍されると同時に、非言語表現としてのマイムを通じ、コミュニケーションとは何か、エンパワメントとは何か、という本質を追及していらっしゃいます。マイム芸術にみる人間を捉える視点と技術を、わかりやすく語っていただきます。
3Dバーチャル手術シミュレーションプロジェクト 第1回講演会
日 時 2013年7月30日(火)18:00~19:00
演 題 コンピュータ外科が拓く明日の未来へ
会 場 イノベーション棟8階講堂
要旨

別添のとおり、第一回目は、獨協医科大学 第2外科准教授 下田貢先生をお招き致します。下田先生は、東北大学工学部との新しい自動追跡シミュレーションソフト開発、ヘッドマウントディスプレイを使用した術中ナビゲーション開発など、御活躍が目覚ましい先生です。

連絡先 消化器外科 大城幸雄拝
World-Science Learders' Seminar (第32回つくば理学セミナー)の開催について
Date Friday, July 26
Time 17:00-19:00
Topic "The Heme-Bach1 Axis Orchestrates the Adaptive Gene Responses During Iron-Deficient Anemia"
Guest Speaker: Dr.Kazuhiko Igarashi
(Department of Biochemistry, Tohoku University Graduate School of Medicine)
Place Tsukuba Medical Laboratory of Education and Research 2F Lecture Hall
要旨 分子病理学セミナーとビューマンバイオロジー学位プログラムのWorldScience Leaders' Seminarの共催で、五十嵐和彦先生の講演会を開催いたします。
開催日時等は下記のとおりです。
日 時 平成25年7月26日(金)17:00~19:00
演 題 The Heme-Bach1 Axis Orchestrates the Adaptive Gene Responses During Iron-Deficient Anemia
講 師 五十嵐和彦氏(東北大学教授)
会 場 つくば臨床検査教育・研究センター 2F研修室
第373回TSMMセミナー
日 時 2013年7月26日(金)17:00~18:30
演 題 ゼブラ フィッシュを用いた環境毒素の作用組織と毒性メカニズムの研究
演 者 工藤 哲大 先生(Exeter大学Biosciences部 門、英国)
会 場 医学学群4A棟4階411室
要旨

現代の自然環境は、環境ホルモン、重金属など様々な環境毒素によって汚染され、人間を含むすべての生物に影響を及ぼすことが懸念されてい る。しかし、これらの多くの物質が生物体内に蓄積し、組織特異的に作用するメカニズムはあきらかではない。現在われわれは、遺伝子組み換えを用いたバイオセ ンサーゼブラフィッシュ胚を用いて、これらの環境毒素の作用メカニズムを研究しており、その中から、女性ホルモン様の作用を持つ環境ホルモンと、銀のナノパーティクル の毒性メカニズムの研究を紹介したい。

参考文献
1. Osborne et al. (2012) Effects of particle size and coating on nanoscale Ag and TiO(2) exposure in zebrafish (Danio rerio) embryos. Nanotoxicology [Epub ahead of print].
2.Lee et al. (2012) Biosensor zebrafish provide new insights into potential health effects of environmental estrogens. Environ Health Perspect. 120: 990-996.
3. 工藤研

本セミナーは、人間総合科学研究科「医学セミナー」の単位に換算されます。
またTSMMセミナーは、医科 学セミナーIIに関連したセミナー(世話人:久武 幸司)でもあります。

連絡先 筑波大学医学医 療系 小林 麻己人(内線8457、 makobayash@md.tsukuba.ac.jp
【筑波分子医学 協会(TSMM)主催】
セミナー担当 筑波大学医学医療系船越 祐司
第4回つくばがん研究会
日 時 2013年7月25日(金)17:30~ (戸口田先生の講演は18:30~)
演 題 第4回つくばがん研究会
会 場 筑波大学健康科学イノベーションセンター棟 8F 大講義室
要旨 第4回つくばがん研究会をつくばキャンサーアリーナとの合同で開催いたします。
今回は、キャンサーアリーナの部で若手4名が発表し、つくばがん研究会の部で京都大学CiRAの戸口田淳也教授の講演を拝聴します。
是非多数の皆様にご出席いただき、活発な議論をしていただければと思います。
備考 軽食つきですが、会場の椅子は約200人分ですので、満員になりましたら締め切りにさせていただきます。ご了承ください。
連絡先 腎泌尿器外科医局 urology@md.tsukuba.ac.jp
第376回TSMMセミナー
日 時 2013年7月18日(木) 17:00~18:30
演 題 The Bioinorganic Chemistry of Aluminium
演 者 Tama's Kiss 先生
会 場 イノベーション棟1階105号室
要旨 The presentation gives a review on the importance of distribution of Al in biological fluids primary in the lights of the works of the author in Al chemistry. It starts with studies of interactions of Al(III) with small biomolecules, such as aliphatic and aromatic hydroxycarboxylic acids, inorganic and organic phosphates. A significant part of this review deals with the problems of description of the biospeciation of Al(III) in serum, where besides the thermodynamic conditions the role of time is also considered in the case of this sluggish metal ion. The Al(III) complexes of the other large group of biomolecules, proteins and their building blocks (oligo)peptides and amino acids are also discussed, where the role of the type of the side chain donors and the extent of preorganisation are considered in the efficiency of metal ion binding. The application of low molecular mass chelator molecules in restoring the dysfunctioning metal ion (including Al(III)) homeostasis in the treatment of Alzheimer’s disease is also discussed. 本セミナーは、人間総合科学研究科「医学セミナー」の単位に換算されます。 またTSMMセミナーは、医科学セミナーIIに関連したセミナー(世話人:久武 幸 司)でもあります。
連絡先 筑波大学医学医療系 加藤 広介 (内線3942、kkato@md.tsukuba.ac.jp
第374回TSMMセミナー
日 時 2013年7月12日(金) 17:00~18:30
演 題 免疫の司令塔、樹状細胞の源となる細胞の同定
演 者 樗木 俊聡(おおてき としあき)先生
東京医科歯科大学 難治疾患研究所生体防御学分野 教授
JST CREST
会 場 イノベーション棟1階105号室
要旨

樹状細胞(dendritic cell, DC)は1973年 にラルフ・スタインマン博士らにより発見され、博士がその功績により一昨年ノーベル医学生理学賞を受賞したのは記憶に新しい。DCは、従来型DCと形質細胞様DCに大別され、どちらのDCも免疫応答の調節に重要であるが、とりわけ形質細胞様DCはウイルス感染やある種の自己免疫病で大量のI型インターフェロンを産生することを特徴とする。すべての血液 細胞は造血幹細胞を源とし、DCも例外ではないが、特にDCのみに分化の方向性が運命決定されたDC前 駆細胞の同定は、同細胞分化系譜の観点とトランスレーショナル的興味を同時に包含する研究といえる。我々の研究グループは、これまでにス イスの研究グループとの共同研究において、上記条件を満たす共通DC前駆細胞(Common DC precursor, CDP)を同定し報告した。しかしながらCDPから分化するDCは大多数がcDCでpDCは少数であったた め、pDCへの分化能に優れたDC前 駆細胞の存在が予測され、その同定が待望されていた。本セミナーでは、新たに同定した卓越したpDC分 化能をもつDC前駆細胞について紹介したい。

参考文献
1. Onai, et al., Immunity 38, 943-957 (2013)
2. Shortman K, and Sathe P. Immunity 38, 845-846 (2013)
3. Onai et al., Nat Immunol 8, 1207-1216 (2007)

本セミナーは、人間総合科学研究科「医学セミナー」の単位に換算されます。
またTSMMセミナーは、医科学セミナーIIに関連したセミナー(世話人:久武 幸司)でもあります。

連絡先 筑波大学医学医療系 高橋 智(内線7516、 satoruta@md.tsukuba.ac.jp
【筑波分子医学協会(TSMM)主催】
TSMMセミナー担当 筑波大学医学医療系 船越 祐司
Special Medical Seminar
Speaker Prof. Gonghuan Yang
Professor of Peking Union Medical College, China
Topic The Burden of Disease in China and Impact for Health Care System
(中国における疾病病の負担や医療システムの影響)
Date July 11, 2013 (Thursday)
Time 17:30 - 19:00
Place 8F, Innovation building
Contact Yukiko Wagatsuma (3489)
Advanced Seminar in Medical Sciences
Speaker Dr. Ming Xian (Washington State University, USA)
Topic Advanced Seminar in Medical Sciences
Date Wednesday, July 10, 2013
Time 16:00 - 18:00
Place 8F, Health and Medical Science Innovation Laboratory
Note This seminar is part of WSLS series.
医学セミナー
日 時 7月10日(水)10:00~11:15
演 題 国際保健とエンパワメント:ガボンの母子保健
演 者 大月詩織先生(JICAガボン専門支援員、看護学類一期生)
会 場 健康医科学イノベーション棟8階講堂
連絡先 国際発達ケア:エンパワメント科学研究室 安梅 anmet@md.tsukuba.ac.jp
第19回WPI-IIISセミナー
日 時 2013年7月9日(火) 16:00~17:00
演 題 “Introduction of ICT based home sleep measurement”
演 者 志賀利一先生(オムロンヘルスケア株式会社)
会 場 健康医科学 イノベーション棟4階 402室
お問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構(内線5857)
第3回生命医科学域セミナー
日 時 2013年7月5日(金)18:00~
演 題 微量臨床サンプルのジェノミクス解析技術と医科学研究への応用
演 者 村谷匡史先生(Genome Institute of Singapore)
会 場 イノベーション棟1階 105室
第18回WPI-IIISセミナー
日 時 2013年7月2日(火)14:00~15:00
演 題 “Functional mapping of neural circuitry governing sleep/wake - Role of orexin receptors”
演 者 望月貴年先生(べ ス・イスラエル・デアコネス医療センター)
会 場 健康医科学イノベーション棟4階 402室
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構(内線5857)
第4回ワールドサイエンスリーダーズセミナー
日 時 2013年6月27日(木)17:00~19:00
演 題 “Systems Biology of Cellular Signaling”
演 者 黒田真也教授(東京大学)
会 場 健康医科学イノベーション棟8階 講堂
本学の案内ページ [JP]
http://www.tsukuba.ac.jp/event/e201306041052.html
[EN]
http://www.tsukuba.ac.jp/english/event/e201306041107.html
公開講演会(「フクシマ」の生の声を聴こう)
日 時 2013年6月27日(木)18:00~20:00
会 場 臨床講義室C
第1部
18:00~19:00 「原発23kmでの医療支援、今現場で何が起きているか。」
講師:坪倉正治(東京大学医科学研究所)
第2部 19:10~20:00
19:10~19:25 「震災から今日まで、南相馬で生きる人々の軌跡」
講師:番場さち子(「ベテランママの会」代表 番場塾主宰)
19:25~19:45 「福島の現状と除染への取り組み」
講師:草尾豊 (株)千代田テクノル
コメント 近くて遠い福島の現状を知る良い機会です。奮ってご参加下さい。
主催 筑波大学附属病院総合臨床教育センター
共催 (株)千代田テクノル
後援 つくば市医師会
コーディネーター 前野哲博(筑波大学附属病院総合 臨床教育センター部長)
医学セミナー
日 時 2013年6月26日(水)16:00~18:00
演 題 ”The role of podoplanin in the developmental
separation of the blood and lymphatic system and in cancer and an
overview on current research projects”
演 者 Dr. Pavel Uhrin (Medical University of Vienna, Austria)
会 場 総合研究棟A 107室
本学の案内ページ [JP]
http://www.tsukuba.ac.jp/event/n201305141701.html
[EN]
http://www.tsukuba.ac.jp/english/event/the-3rd-world-science-leaders-seminar-2013.html
生命システム医学専攻・ヒューマンバイオロジー学位プログラム共催Faculty Development
日 時 平成25年 6月26日(水)17:00~18:30
演 題 大学院博士課程の今後
演 者 北島 大器 先生
(株式会社ユナイテッド・プラクシス創業者・取締役
慶應ビジネススクール認定 ケースメソッドインストラクター)
会 場 健康医科学イノベーション棟8階講堂
コメント このFDはグローバル教育院ヒューマンバイオロジー学位プログラムとの共催で行ないます。
他研究科、他専攻の教員の参加も歓迎いたします。
第 17回 WPI-IIISセミナー
日 時 2013年6月25日(火)  11:00~12:00
演 題 “Penetration and differentiation of cephalic neural crest-derived cells in the developing mouse telencephalon”
演 者 山西恵美子先生(東北大学大学院)
会 場 筑波大学  医学系エリア
健康医科学 イノベーション棟4階 402室
連絡先 統合睡眠医科学研究機構(内線5857)
コメント Neural crest-derived cells differentiate into various cell types including neurons and glia of peripheral nervous system, and bones and cartilages of the face. Recent studies suggest that a subpopulation of cephalic neural crest cells penetrates back into the forebrain to differentiate into microvascular pericytes, but the detailed mechanism is unknown. I would like to share with you our data: when and how neural crest cells penetrate into the brain and differentiate into pericytes.
第1回バイオメディカルテクノロジーセミナー
日 時 2013年6月25日(火)17:00~18:30
演 題 メタボロミクスをはじめよう
演 者 大賀拓史先生(ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(HMT)株式会社)
会 場 医学学群棟4階 411会議室
連絡先 三輪 ymiwa@md.tsukuba.ac.jp
コメント メ タボロームという言葉は聴いたことがあるし、強力な解析手法らしいけど
自分の研究にどんなふうに活用できるのだろう?解析するコストはどのくらいなんだろう?
どんな成功例があるんだろう?
すでにどのくらいの人達が活用しているんだろう?
そんな疑問にお答えする、実践的なセミナーです。
165回 保健・医療・福祉に関する勉強会
日 時 平成25年 6月18日(火)18:30~20:30
演 題 肥満と肝臓病,その予防と治療
演 者 正田 純一 先生
筑波大学医学医療系 医療科学 教授
筑波大学附属病院 消化器内科
会 場 筑波大学総合研究棟D 公開講義室(1F)
連絡先 筑波大学大学院人間総合科学研究科 福祉医療学
柳 久子
TEL&FAX : 029-853-3496
公開ビジネスリーダーズセミナー
日 時 2013年6月15日(土)13:00~15:00(12:50開場)
演 題 “次世代研究者”ワークショップ
会 場 秋葉原フジソフト アキバプラザ6F セミナールーム2
本学の案内ページ [JP]
http://www.tsukuba.ac.jp/event/e201305241804.html
[EN]
http://www.tsukuba.ac.jp/english/event/business-leaders-seminar-workshop-for-the-researchers-in-the-next-generation.html
第20回 WPI-IIISセミナー
日 時 2013年6月12日(水) 15:00~16:00
演 題 Odor-evoked innate and learned fear responses are controlled by distinct neuronal mechanisms
演 者 小早川 高先生(公益法人大阪バイオサイエンス研究所 神経機能学部門)
会 場 筑波大学 医学系エリア
健康医科学イノベーション棟4階 402室
連絡先 国際統合睡眠医科学研究機構(内線5857)
生命医科学域医学セミナー
日 時 2013年6月12日(水)18:00~
演 題 がん発生と進行の数理モデル
演 者 九州大学 理学研究院 生物科学部門 数理生物学教室 助教
波江野 洋先生
会 場 健康科学イノベーション棟105室
※会場が変更になりましたのでご注意下さい。
ビジネスリーダーズセミナー
日 時 2013年6月11日(火)18:00~20:00
演 題 “Patent Attorney ? a shuttle between science, law and business”
演 者 Dr. Armin K. Bohmann
会 場 生命領域学際研究センター(TARAセンター) 2F セミナールーム
本学の案内ページ [JP]
http://www.tsukuba.ac.jp/event/e201305301339.html
[EN]
http://www.tsukuba.ac.jp/english/event/the-1st-business-leaders-seminar-2013.html
生命医科学域医学セミナー
日 時 2013年6月4日(火)18:00~
演 題 B型肝炎ウイル(HBV)の細胞内における複製ダイナミクスと感染個体内における進化的変化:数理モデルおよび進化シミュレーションを用いた解析
演 者 横浜市立大学大学院医学研究科医学部医学科免疫学教室
先端医科学研究センターバイオインフォマティクス解析室
特任准教授
中林 潤 先生
会 場 E棟407室
第一回 筑波大学国際保健医療セミナー
日 時 2013年6月4日(火)15:00~19:00
演 題 “米国チーム医療における看護の教育と実践”
共 催 筑波大学医学医療系保健医療学域 & 筑波大学附属病院看護部
演 者 聖アンソニー看護大学の教員チーム
会 場 一部(教育編)15:00~16:45
筑波大学医学キャンパス 4B棟 講義室 209
二部(実践編)17:00~19:00
筑波大学医学キャンパス 健康医科学イノベーション棟 8階大講義室
連絡先 筑波大学医学医療系保健医療学域(国際看護学)助教
杉本 敬子 ksugim3@md.tsukuba.ac.jp
TEL:029-853-7862
内容 一部(教育編)
講演1.看護研究の教育:学士課程から博士課程まで
講演2.高度実践看護師(APN)の教育
二部(実践編)
講演3.医療の実際:急性期医療の看護とリハビリテーション
講演4.看護チームにおけるリーダーシップとは
医学セミナー
日 時 2013年5月29日(水)10:00~11:15
演 題 東洋の思想に学ぶ-対極にあるものを見よう-
演 者 常盤 文克 先生(元 花王会長)
会 場 健康医科学イノベーション棟8階講堂
連絡先 国際発達ケア:エンパワメント科学研究室 安梅 anmet@md.tsukuba.ac.jp
コメント 常盤先生は、企業トップとしてイノベーションを起こす組織エンパワメントに長年にわたり携われています。「実践の中の知を五感で紡ぐ」「既存の枠組みを超えたイノベーションを追及する」などの思想は、研究教育実践に深く通じるものです。東洋の思想を活かしたその真髄を語っていただきます。
医学類教員FDプログラム講演会
日 時 2013年 5月20日(月) 17:00~18:00
演 題 The present state of medical education in Singapore
演 者 Assoc. Prof. Lee Kheng Hock
シンガポール総合病院 家庭医学、生涯ケア部門
会 場 臨床講義室C
連絡先 筑波大学 医学教育企画評価室(PCME) 
内線3002,3260 水代
コメント 我が国では、医学部の教育プログラムについて世界水準を元にした国際認証の導入が本格的に検討されており、筑波大学でもカリキュラム評価と改善が大きな課題になっています。 今回シンガポールを代表する医学教育の専門家、Lee先生をお招きし、海外における医学教育の現状についてご講演いただきます。興味のある方はどなたでもふるってご参加ください。医学生の参加も大歓迎です。
第371回 TSMMセミナー
日 時 2013年5月17日(金) 17:00~18:00
演 題 FGF signalling and inner ear hair cell formation
演 者 Stephen D. Freeman 先生
(理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター)
会 場 医学系棟2階272会議室
連絡先 連絡先:医学医療系 桝 正幸 (内線3249) 
コメント The inner ear is a beautifully complex labyrinth that contains the sensory epithelia that are responsible for the perception of sound and balance. These sensory epithelia consist of a tightly regulated pattern of innervated, mechanosensory "hair cells", surrounded by "supporting cells". This complex organ is derived from a simple epidermal sheet, the otic placode. During otic development, a subset of otic cells acquire a prosensory identity, and go on to form the hair cells and supporting cells that make up the sensory epithelia. Here, I present some recent work from the Sensory Development laboratory at RIKEN CDB, investigating the role of FGF signalling during inner ear morphogenesis. Firstly, using FGFR1 mutant mice we have identified a role for FGF in the maintenance of the HMG transcription factor, Sox2, during inner ear development. Sox2 expression is essential for the acquisition of prosensory identity, and therefore subsequent hair cell and supporting cell differentiation in the sensory epithelia. Secondly, we have also identified a role for FGF signalling in the formation of the stereocilia- the mechano-transducing, actin based protrusions found on the apical surface of hair cells.
第12回つくば粒子線医学セミナー
日 時 平成25年 5月16日(木)18:00~
演 題 Role of Fanconi Anemia Pathway in Cellular Responses to High-LET Irradiation
演 者 Asaithamby Aroumougame, Ph.D.
Division of Molecular Radiation Biology, Department of Radiation
Oncology, University of Texas Southwestern Medical Center, Dallas,
Texas, USA.
会 場 陽子線医学利用研究センター、3階カンファレンス室
連絡先 陽子線医学利用研究センター 坪井康次
TEL:029-853-7589
コメント 「高LET放射線に対 する修復反応におけるFanconi Anemia (FA) pathwayの役割」
エックス線 などの低LET放射線に比 べ、高LET放射線照射 により生じるクラスターDNA損傷は修復 されにくく、ゲノムの不安定性を招くことが知られている。
しかし、その修復に際しては、どのようなDNA修復経路が 関与しているかはまだ明らかにされていない。今回は、高LET鉄(Fe)イオン線に より生じるクラスターDNA損傷の修復 においては、ゲノムの安定性を保つためにFanconi Anemia (FA)pathwayが極めて重 要な役割を果たしていることを示す。
講師のAsaithamby Aroumougame 博士は、放射線によるDNA損傷と修復の研究分野における新進気鋭の研究者です。今回、高LET粒子線によるDNA損傷と修復に関して講演して頂きますので奮ってご参加ください。
第10回 分子遺伝疫学セミナー
日 時 平成25年 5月9日(木)17:30-18:30
演 題 全ゲノムシークエンスのデータ解析;日本人ゲノムとがんの全ゲノム解析から
演 者 藤本 明洋 先生
(理化学研究所・統合生命医科学研究センター)
会 場 健康医科学イノベーション棟 8階講堂
連絡先 医学医療系 分子遺伝疫学研究室
tsuchiya@md.tsukuba.ac.jp
164回 保健・医療・福祉に関する勉強会
日 時 2013年5月7日(火)18:30~20:30
演 題 精神科領域における漢方治療
演 者 水上 勝義 先生
筑波大学大学院人間総合科学研究科 教授
会 場 筑波大学総合研究棟D 公開講義室(1F)
連絡先 筑波大学大学院人間総合科学研究科 福祉医療学
柳 久子 TEL&FAX : 029-853-3496
コメント 精神医学で扱う疾患には心身両面の不調をきたすものが多い。また検査結果に異常が現れない訴えも症状ととらえ治療の対象とする。これらの点は漢方医学との共通点といえる。このため精神科診療では漢方薬が重要な治療選択肢の一つとなる。心身症、身体表現性障害、更年期障害の精神症状など心身の関連がとくに強い場合、向精神薬の使用が困難な高齢者や癌患者などの精神症状、認知症の行動・心理症状などはよい適応である。精神科医は漢方に対して理解を一層深めることが求められる。また身体科医も漢方薬を活用することで、精神症状にある程度対応が可能となることから、精神科領域で用いられる漢方薬を理解することは重要といえよう。 今回の勉強会では、筑波大学人間科学総合研究科の水上勝義先生に「精神科領域における漢方治療」の演題で、お話していただく予定です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。 なお、講演場所は筑波大学総合研究棟Dとなっております。防犯の関係上19:00以降正面入口がロックされ入館できなくなります。19:00以降はスタッフができるだけ対応をいたしますが、19:00までにお越し下さるようお願いいたします。

この講演会は日本プライマリ・ケア連合学会茨城県支部の後援を受けています。またフロンティア医科学専攻の医科学セミナー4(高齢者医学)となっています。
医学セミナー
日 時 2013年4月24日(水)15~16時
演 題 私がソニーで体験したエンパワメントの世界
演 者 小林 眞一先生 (元ソニー株式会社 ソニーヨーロッパ上級副社長)
会 場 健康医科学イノベーション棟8階 講堂
連絡先 国際発達ケア:エンパワメント科学研究室 安梅 anmet@md.tsukuba.ac.jp
コメント 小林先生は、多国籍企業ソニーの企業経営に長年にわたり携わってこられました。グローバル化の時代を迎え、今まさに求められているのは多様な価値観 が心地よく共鳴しあうエンパワメントです。国籍、民族、宗教など背景の違いを超え、人びとの力を活かすエンパワメントの極意についてご講演をいただきます。
WPI-IIISセミナー
日 時 2013年4月23日(火) 12:00~13:00
演 題 Large-scale calcium imaging of circadian rhythm in the neuronal network
演 者 榎木 亮介 先生(北海道大学大学院 医学研究科 連携研究セン ター)
会 場 筑波大学 医学系エリア 健康医科学 イノベーション棟4階 402室
連絡先 国際 統合睡眠医科学研究機構 (内線5857)
コメント In mammals, the master clock of circadian rhythm is located in the suprachiasmatic nucleus (SCN) of the hypothalamus in the brain. The SCN receive direct inputs from the retina and the environmental information is integrated in the SCN network, and finally regulate animal behaviors, such as sleep/wake cycles. Recently we developed a unique time-lapse "calcium" imaging methods using Nipkow-spinning confocal and adeno-associated viral infection of a genetically-encoded calcium sensor in the SCN network (Enoki et al., J.Neurosci Methods, 2012). We successfully visualized spatio-temporal dynamics of neuronal network at single cell resolution and found coupled regional oscillators in the SCN network (Enoki et al., PNAS, 2012).
医学セミナー
日 時 2013年4月22日(月)  18:00~19:00 
演 題 バセドウ病の治療~専門病院における歴史と現状
演 者 伊藤 公一 先生(伊藤病院 院長)
会 場 医学学系棟 232室
連絡先 筑波大学医学医療系臨床医学域 原 尚人 (3341)
国際シンポジウム
日 時 平成25年4月12日(金)13 : 00-17:00 
演 題 Immune Regulation by Immunoreceptors
演 者 Dr. Lewis L.Lanier
会 場 筑波大学イノベーション棟8階講堂
コメント 筑波大学では,明後日の金曜日に,NK細胞研究の世界的第一人者でいらっしゃいますUCSFのLewis Lanier 博士をお招きし、国際シンポジウム「Immune Regulation by Immunoreceptors」を開催致します。
事前登録なし、参加無料です。
ヒューマンバイオロジー学位プログラムセミナー
日 時 平成25年4月11日(木)17:00-19:00 
演 題 Natural Killer Cells in Immunity to Viral Infections and Cancer
演 者 Dr. Lewis L.Lanier
(Univercity of California San francisco,USA)
会 場 Room 107,Laboratory of Advanced Research A University of Tsukuba
連絡先 Human Biology Program
School of Integrative and Global Majors(SIGMA)
sigma@un.tsukuba.ac.jp 内線7085
医学セミナー
日 時 2013年4月10日(水)  12:00-13:00 
演 題 Synaptic correlates of fear and extinction learning in the amygdala
演 者 天野大樹先生
会 場 筑波大学  医学系エリア
健康医科学 イノベーション棟4階 402室
連絡先 国際 統合睡眠医科学研究機構(内線5857)
コメント 来る4月10日(水)、天野大樹先生(理化学研究所脳科 学総合研究センター親和性社会行動研究ユニット)をお迎えし、第14回WPI-IIISセミナーを行いますので、皆さまお誘いあわせの上是非ご参加ください。
第370回 つくば分子生命科学セミナー
日 時 平成25年4月4日(木)16:00-17:00 
演 題 Surface dynamics of glutamate receptors : lateral shaping of synaptic plasticity
演 者 Dr. Laurent Ladépêche
Interdisciplinary Institute for Neuroscience, CNRS UMR 5297, Bordeaux, France
Université de Bordeaux, Bordeaux, France
会 場 医科学棟2F 204講義室
連絡先 岡村直道 naooka@md.tsukuba.ac.jp 内線3063
コメント 講師のDr. Ladépêcheは、昨年11月1,2日に開催されたThe 7th Tsukuba Medical Science Research MeetingにおいてOutstanding Speaker Awardを受賞されました。