筑波大学大学院 人間総合科学研究科 医学系専攻についてご紹介します。

セミナーのお知らせ

2016年度・開催履歴(4月~)

《医学セミナー》
日 時 3月21日(火) 10:10~
場 所 健康医科学イノベーション棟1F 105
演 者 お茶の水女子大学大学院人間文化創生科学研究科
准教授 飯田薫子先生
タイトル 『機能性食品因子の生活習慣病治療への応用研究』
~大豆イソフラボンを例として~
連絡先 内分泌代謝・糖尿病内科(029-853-3053)
the 107th WPI-IIIS seminar
Date Tuesday, March 7, 2017
Time 14:00-15:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Seiji Nishino
Dept.Psychiatry and Behavioral Sciences, Stanford University School of Medicine
Subject Neurobiology of Sleep Disorders: Animal Research to Bedside
Summary

We uncover the etiology and pathophysiology of human sleep disorders, using various animal models.

Our research interests include hypersomnia with various etiologies (primary hypersomnia and symptomatic hypersomnia), insomnia, and circadian rhythm disorders.

Although some hypersomnias such as narcolepsy-cataplexy and symptomatic narcolepsy/hypersomnia are associated with orexin/hypocretin deficiency, this mechanism cannot explain all hypersomnias. These include hypersomnias associated with Parkinson’s disease and myotonic dystrophy, and other mechanisms unrelated to orexin are likely involved. Similarly, insomnia is a heterogeneous disease condition, and no primary underlying mechanism has been demonstrated. I would like to introduce recent results obtained in our lab and to extend discussions.

Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第107回WPI-IIISセミナー
日 時 平成29年3月7日(火) 14:00~15:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者 Dr. Seiji Nishino 西野精治先生
Dept. Psychiatry and Behavioral Sciences, Stanford University School of Medicine
スタンフォード大学医学部 精神神経・行動科学講座
演 題 Neurobiology of Sleep Disorders: Animal Research to Bedside
要 旨

We uncover the etiology and pathophysiology of human sleep disorders, using various animal models.

Our research interests include hypersomnia with various etiologies (primary hypersomnia and symptomatic hypersomnia), insomnia, and circadian rhythm disorders.

Although some hypersomnias such as narcolepsy-cataplexy and symptomatic narcolepsy/hypersomnia are associated with orexin/hypocretin deficiency, this mechanism cannot explain all hypersomnias. These include hypersomnias associated with Parkinson’s disease and myotonic dystrophy, and other mechanisms unrelated to orexin are likely involved. Similarly, insomnia is a heterogeneous disease condition, and no primary underlying mechanism has been demonstrated. I would like to introduce recent results obtained in our lab and to extend discussions.

問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
《医学セミナー》ご案内
演 者 鈴木 広道 先生
(筑波メディカルセンター病院 感染症内科・臨床検査医学科 診療科長)
演 題 プライマリケア領域の臨床研究への全自動遺伝子検査装置の活用
日 時 2017年3月3日(金) 14:30~15:30
会 場 地域医療システム研究室
連絡先 地域医療教育学(029-853-3101)
第187回保健・医療・福祉に関する勉強会
テーマ 日本の臓器移植に未来はあるか?
講 師 湯沢賢治先生
日本移植学会 副理事長
国立病院機構水戸医療センター 臨床研究部長 移植医療研究室長
日 時 2017年3月2日(木) 18:30~20:30
場 所 筑波大学総合研究棟D 116公開講義室(1F)
連絡先 筑波大学医学医療系
福祉医療学 029-853-3496
第435回TSMMセミナー(H28 第3回BMTセミナー)
演 題 生体分子間相互作用測定の新機軸・BLI法を採用したPall ForteBio社 Octet systemのご紹介
演 者 瀬口武史(プライムテック)
日 時 2017年3月2日(木) 17:00~18:00
会 場 健康医科学イノベーション棟 8階講堂
要 旨 Pall ForteBio社製Octetシステムは、従来のSPR法とは異なる、全く新しいバイオセンサー技術(BLI法)を採用しています。マイクロプレート内のサンプルにバイオセンサーを直接浸すという、極めてシンプルな計測法によって、従来法と比較して短時間で、安定した結果が得られます。本システムの特徴と、従来のSPRを採用したシステムとの比較を含め、具体的なアプリケーション事例を通して、分子間相互作用の最新の情報をお届けします。
《医学セミナー》ご案内
講師名 中原貴 教授
日本歯科大学生命歯学部 発生・再生医科学講座
タイトル 「バイオ再生医療と歯髄細胞バンク~安全な再生医療に向けて~」
日 時 2017年3月1日(水) 17:30~19:00
会 場 4A 411室
連絡先 医学医療系 顎口腔外科学 武川寛樹(7934、3050)
保健医療政策学・医療経済学 講演会
日 時 平成29年3月1日(水) 12:00~14:45
会 場 健康医科学イノベーション棟8階講堂
プログラム

12:00~12:45
【演題】
私の考える保健医療政策学・医療経済学-政策科学の営みと教育-
【演者】
近藤正英先生(筑波大学医学医療系 准教授)

13:00~13:45
【演題】
これからの保健医療政策における筑波大学の役割-オンリーワンの教育を原点に社会からの付託に応える
【演者】
田宮菜奈子先生(筑波大学医学医療系 教授)

14:00~14:45
【演題】
新たな「保健医療政策学・医療経済学」のパラダイムへの挑戦
【演者】
福田治久先生(九州大学大学院医学研究院 准教授)

The 105th and 106th WPI-IIIS Seminar
Date Wednesday, March 1, 2017
Time The 105th WPI-IIIS Seminar (11:00-12:00)
The 106th WPI-IIIS Seminar (12:00-13:00)
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
The 105th WPI-IIIS Seminar
Speaker Dr. Masami Tatsuno
Department of Neuroscience/Canadian Centre for Behavioural Neuroscience, University of Lethbridge
Subject Reactivation of procedural memory during REM sleep
Summary It has been suggested that memory is consolidated during sleep when both motor output and sensory input are minimized. Reactivation of behaviourally induced neural activity during non-REM sleep as well as quiet wakefulness supports this conjecture. However, relatively little is known about memory reactivation during REM sleep. In this talk, first, I will review the recent electrophysiological studies on memory reactivation. Second, I will talk about our investigation of REM reactivation using spatial memory task as well as procedural memory task. Our preliminary data suggest that REM reactivation can be detected with procedural memory but not with spatial memory. The results indicate that consolidation of procedural memory may benefit from REM sleep reactivation.
The 106th WPI-IIIS Seminar
Speaker Dr. Kaori Takehara-Nishiuchi
Department of Psychology, University of Toronto
Subject Balance between abstraction and detail in neural code in the prefrontal-entorhinal circuit
Summary Many events in our lives resemble experiences we have had before, without being identical to them. Memories of these experiences may be grouped based on their commonality or separated based on their incidental, contextual details. In this talk, I will present evidence suggesting that these two styles of memory representations co-exist in the cortex. First, I will show that neural ensemble activity in the medial prefrontal cortex becomes more sensitive to relevant, associative information common across multiple experiences while apparently independently losing irrelevant, stimulus modality information unique to each experience. I will then contrast this observation with neuron ensemble activity in the lateral entorhinal cortex that differentiates multiple experiences by encoding their unique situational context with lasting stability. Based on these findings, I will discuss computations that these two regions may perform for building a generalizable abstraction of the world (“knowledge”) while maintaining accurate records of each experience (“episodic memory”)
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第105回、第106回WPI-IIISセミナー
日 時 平成29年3月1日(水)
第105回 WPI-IIIS セミナー(11:00~12:00)
第106回 WPI-IIIS セミナー(12:00~13:00)
場 所 筑波大学医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
第105回WPI-IIISセミナー
演 者 Dr. Masami Tatsuno
Department of Neuroscience/Canadian Centre for Behavioural Neuroscience, University of Lethbridge
演 題 Reactivation of procedural memory during REM sleep
要 旨 It has been suggested that memory is consolidated during sleep when both motor output and sensory input are minimized. Reactivation of behaviourally induced neural activity during non-REM sleep as well as quiet wakefulness supports this conjecture. However, relatively little is known about memory reactivation during REM sleep. In this talk, first, I will review the recent electrophysiological studies on memory reactivation. Second, I will talk about our investigation of REM reactivation using spatial memory task as well as procedural memory task. Our preliminary data suggest that REM reactivation can be detected with procedural memory but not with spatial memory. The results indicate that consolidation of procedural memory may benefit from REM sleep reactivation.
第106回WPI-IIISセミナー
演 者 Dr. Kaori Takehara-Nishiuchi
Department of Psychology, University of Toronto
演 題 Balance between abstraction and detail in neural code in the prefrontal-entorhinal circuit
要 旨 Many events in our lives resemble experiences we have had before, without being identical to them. Memories of these experiences may be grouped based on their commonality or separated based on their incidental, contextual details. In this talk, I will present evidence suggesting that these two styles of memory representations co-exist in the cortex. First, I will show that neural ensemble activity in the medial prefrontal cortex becomes more sensitive to relevant, associative information common across multiple experiences while apparently independently losing irrelevant, stimulus modality information unique to each experience. I will then contrast this observation with neuron ensemble activity in the lateral entorhinal cortex that differentiates multiple experiences by encoding their unique situational context with lasting stability. Based on these findings, I will discuss computations that these two regions may perform for building a generalizable abstraction of the world (“knowledge”) while maintaining accurate records of each experience (“episodic memory”)
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
【生命医科学域特別講演会】
演 題 新規ベクター技術を用いた再生医療の実用化に向けた基礎・応用研究
~iPS細胞誘導から安全な分化組織の取得まで~
演 者 西村健 先生
医学医療系(遺伝子制御学)助教
日 時 平成29年2月23日(木) 17:00~
会 場 健康医科学イノベーション棟8階講堂
連絡先 生命医科学域長 高橋 智
satoruta@md.tsukuba.ac.jp
《医学セミナー》ご案内
日 時 2017年2月22日(水) 19:00~
場 所 医学4A棟4階 411室
講 師 後藤田卓志 先生
(日本大学医学部内科学系消化器肝臓内科 教授)
テーマ 胃ESD後の非治癒切除症例をどう考える?
連絡先 奈良坂俊明(内線 90171)
筑波大学医薬品・医療機器レギュラトリーサイエンス講座
期 間 平成29年1月16日(月)~2月22日(水) 16:45~19:15(全10回)
会 場 筑波大学
・東京キャンパス文京校舎1F134講義室
・筑波キャンパス(医学地区)健康医科学イノベーション棟105室(東京からインターネット同時中継)
対 象 医薬品・医療機器等の研究、開発に携わっている方やご関心のある方、行政、アカデミア、研究者、企業人、大学院生等
参加方法 参加費無料
要事前申込 下記URLよりお申し込みください。(定員になり次第締め切らせていただきます)
参加申込フォームはこちら
講義概要 詳細は別添チラシをご覧ください。
一定の条件を満たした方には修了証を発行いたします。
日 程

◯第1回 H29.1.16(月) 16:45~18:00
「医薬品・医療機器レギュラトリーサイエンス総論」
赤川治郎(医薬品医療機器総合機構 理事(技監))

◯第2回 H29.1.16(月) 18:00~19:15
「医薬品の規制と審査」
山田雅信(厚生労働省医薬・生活衛生局 審査管理課長)

◯第3回 H29.1.18(水) 16:45~18:00
「再生医療等製品の規制と審査」
近澤和彦(医薬品医療機器総合機構 再生医療製品等審査部長)

◯第4回 H29.1.18(水) 18:00~19:15
「医療機器の規制と審査」
佐藤岳幸(医薬品医療機器総合機構 上席審議役)

◯第5回 H29.1.24(火) 16:45~18:00
「医薬品・医療機器等と医療保険」
中山智紀(厚生労働省保険局医療課 薬剤管理官)

◯第6回 H29.1.24(火) 18:00~19:15
「医薬品・医療機器等規制における国際協力関係」
佐藤淳子(医薬品医療機器総合機構 国際協力室室長)

◯第7回 H29.1.31(火) 16:45~18:00
「医薬品・医療機器の安全対策」
宇津忍(医薬品医療機器総合機構 安全管理監)

◯第8回 H29.1.31(火) 18:00~19:15
「国立病院機構における臨床試験(治験)の実際」
池田千絵子(国立病院機構 理事)

◯第9回 H29.2.2(木) 16:45~18:00
「医薬品等副作用被害救済制度」
鬼山幸生(医薬品医療機器総合機構 健康被害救済部次長)

◯第10回 H29.2.22(水) 18:00~19:15
「厚生労働行政とレギュラトリーサイエンス」
三宅智(関東信越厚生局長)

会場までのアクセス

・東京キャンパス 〒112-0012 文京区大塚3-29-1
http://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html

・筑波キャンパス 〒305-8575 つくば市天王台1-1-1
http://www.tsukuba.ac.jp/access/tsukuba_access.html

⇒イノベーション棟
http://www.tsukuba.ac.jp/access/gmap/gmap.php?i=192100

お問合せ(事務局) 筑波大学つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO)
TR推進・教育センター
TEL 029-853-3861(小林)
E-mail mihoko.kobayashi@md.tsukuba.ac.jp
パブリックヘルス&ヒューマン・ケア科学 国際交流セミナー
日 時 2017年2月18日(土) 12:30~14:30
場 所 筑波大学 総合研究棟D116
the 104th WPI-IIIS seminar
Date Wednesday, February 22, 2017
Time 12:00-13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Taka-Aki Sato
Life Science Research Center, Shimadzu Corporation /
School of Integrative and Global Majors, University of Tsukuba
Subject The Leading-edge Applications of Mass Spectrometry in the Drug Discovery and Diagnosis
Summary Driven by the development of high-end mass spectrometers, proteome & metabolome analysis are currently expanding to single-cell imaging and characterization of heterogeneity in post-translational modification.
The main topics of the present seminar include: (1) visualization of molecular abundance in biological specimens by mass spectrometry imaging (MSI); (2) high-sensitivity detection of diagnostic markers by Immuno-Beads MS technology; and (3) a brief introduction to the development of next-generation mass spectrometry system for contribution in drug discovery and diagnosis field.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第104回WPI-IIISセミナー
日 時 平成29年2月22日(木) 12:00~13:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者 Dr. Taka-Aki Sato 佐藤孝明先生
Life Science Research Center, Shimadzu Corporation /
School of Integrative and Global Majors, University of Tsukuba
島津製作所 ライフサイエンス研究所/筑波大学グロ-バル教育院
演 題 The Leading-edge Applications of Mass Spectrometry in the Drug Discovery and Diagnosis
要 旨 Driven by the development of high-end mass spectrometers, proteome & metabolome analysis are currently expanding to single-cell imaging and characterization of heterogeneity in post-translational modification.
The main topics of the present seminar include: (1) visualization of molecular abundance in biological specimens by mass spectrometry imaging (MSI); (2) high-sensitivity detection of diagnostic markers by Immuno-Beads MS technology; and (3) a brief introduction to the development of next-generation mass spectrometry system for contribution in drug discovery and diagnosis field.
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
《医学セミナー》ご案内
非常勤講師名 金子新 先生
(京都大学iPS細胞研究所准教授)
タイトル REGENERATION OF ANTIGEN-SPECIFIC T CELLS FOR CLINICAL APPLICATIONS(臨床応用に向けた抗原特異的T細胞の再生)
金子先生は本学医学群の卒業生であり、現在は京都大学iPS細胞研究所でT細胞由来iPS細胞の特性を生かした免疫再生治療の実現に向けた先進的な研究を行うとともに、臨床用iPS細胞等の製造施設であるFiT(Facility of iPSC Therapy)の管理も行っておられます。多くの方のご来場をお待ちしております。
日 時 2017年2月17日(金) 12:00~
会 場 筑波大学健康医科学イノベーション棟8階講堂
連絡先 遺伝医学 野口恵美子(029-853-3177)
トランスボーダー医学研究センター キックオフシンポジウム
日 時 平成29年2月10日(金) 14:00~17:00
場 所 健康医科学イノベーション棟8階セミナー室 (8FL Innovation Bld)
医学医療系日本学術振興会特別研究員申請書作成セミナー
日 時 平成29年2月7日(火) 17:00~
場 所 健康イノベーション棟8F 講堂
内 容 特別研究員採用者の経験談(医学医療系採用者による)
申請書作成のコツ(URA研究戦略推進室による)
ヒューマン・ケア科学専攻第2回FD講演会
質的研究入門 グラウンデッド・セオリーを中心に
日 時 平成29年2月7日(火) 13:00~15:00
場 所 総合研究棟D 116号室
講 師 橋爪 祐美 先生
(筑波大学医学医療系 高齢者ケアリング学分野准教授)
《医学セミナー》ご案内
非常勤講師名 足立信也 先生
(参議院議員、筑波大学客員教授)
タイトル 医療・介護・年金の自然増の削減
Reduction of "natural increase" in medical care, long-term care and pension expenditures
日 時 2017年2月3日(金) 17:00~18:30
会 場 学系棟4階 483室
連絡先 消化器外科 大原佑介 内線 3181
《医学セミナー》ご案内
演 題 アストログリアが神経細胞に接触するとどんなactionが始まるのか?
二つの細胞を結ぶ分子を探索する
演 者 濱 裕 先生(理化学研究所・脳科学総合研究センター)
日 時 2017年2月2日(木) 17:00~
会 場 医学4A 411室
連絡先 杉山文博(内線3384)
《医学セミナー》ご案内
非常勤講師名 河野隆志 先生
(国立がん研究センター研究所 ゲノム生物学研究分野 分野長)
タイトル 肺発がんメカニズムの解明とがん診療への橋渡し
日 時 2017年2月1日(水) 17:00~
会 場 筑波大学 健康医科学イノベーション棟 8階講堂
連絡先 診断病理学 野口雅之(PHS:3750)
みらいエンパワメントカフェ
概 要 子どもたちの生き生きとした豊かなみらいを拓く知恵について、実践者、研究者、保護者、子どもたちとともに語らう場をカフェとして開催します。
名称は、「みらいエンパワメントカフェ」です。
子どもたち自身の声を活かす機会として、「みらい」はひらがなにしました。
自分エンパワメント、仲間エンパワメント、組織エンパワメントを相互に活用しながら、子どもたちの明るいみらいを築く輪を広げていきます。
多くの皆さんのご参加をお待ちしています。
場 所 筑波大学東京キャンパス(茗荷谷)
時 間 18:00~19:30
講演者 7月19日 塩川宏郷先生(筑波大学)「発達障害の子どもが輝くヒミツを最新科学でひもとく」
8月22日 山縣然太朗先生(山梨大学)「発達コホート成果を子どもたちのみらいに生かす」
9月16日 定藤規弘先生(生理学研究所)「子どもの育ちに活かすほめ 脳科学からのアプローチ」
10月4日 無藤隆先生(白梅女子大学)「幼児教育のデザイン: 保育の生態学(仮)」
11月1日 安藤寿康先生(慶應義塾大学)「ふたごが語る生命のふしぎ-人間・遺伝・進化」
12月6日 小泉英明先生(日立製作所)「創造性を育むために大切なこと 脳科学の視点から(仮)」
1月12日 小枝達也先生(国立成育医療センター)「ちょっと気になる子を豊かに育てる保育」
2月 2日 秋田喜代美先生(東京大学) 「保育の質向上への動向」
コーディネータ・連絡先 安梅勅江(国際発達ケア:エンパワメント科学研究室)
anmet@md.tsukuba.ac.jp
疫学セミナー Epidemiology seminar
Date 1月31日(火)
January 31, 2017 (Tues)
Time 16:45-18:00
Place 医学系棟121カンファレンス室
Medical Science building 1st floor, Conference Room #121
Presenter Dr. Abdur Razzaque, PhD
Topic "Health and Demographic Surveillance System: Slums of Dhaka North, Dhaka South and Gazipur City Corporations, Bangladesh"
Contact Department of Clinical Trial & Clinical Epidemiology
《医学セミナー》ご案内
日 時 2017年1月27日(金) 18:00~
場 所 イノベーション棟105会議室
講 師 小野寺 雅史 先生
テーマ 原発性免疫不全症の診断と治療について
連絡先 小児科秘書室 029-853-5635
TARA Seminar
This seminar will be given in English.
Title Glycans and Stem cells: from basic to application
糖鎖と幹細胞:基礎から応用まで
Speaker 舘野浩章先生 Hiroaki Tateno, Ph.D.
(産業技術総合研究所 創薬基盤研究部門 細胞グライコーム標的技術グループ グループ長)
Data 15:00~16:15, Fri. January 27th, 2017
Venue Seminar room, Building A, TARA Center
Organizer 柳沢裕美 Hiromi Yanagisawa
第16回医学医療系研究発表会
日 時 1月26日(木) 18:00~
場 所 臨床講義室B
演 者 長田道夫 教授
原因に関わらない慢性腎臓病進展機序
正田 純一 教授
スポーツ医学から診たNAFLDの病態と予防・治療戦略
斎藤 環 教授
オープンダイアローグ コミュニティケアの最先端とその作用機序
久武 幸司 教授
転写調節と細胞の分化・脱分化
本年度より医学医療系研究発表会は、生命システム医学専攻および疾患制御医学専攻の科目「医学セミナー」の対象の一つとして認められることとなりました。
事務担当 医学研究支援
103rd WPI-IIIS seminar
Date Thursday, January 26, 2017
Time 13:00-14:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Masabumi Minami
Department of Pharmacology, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Hokkaido University
Subject How does pain induce negative emotion? Role of the bed nucleus of the stria terminalis in pain-induced aversion
Summary Pain consists of sensory-discriminative and negative-affective components. Although the neuronal mechanisms underlying the sensory component of pain have been studied extensively, those underlying its affective component are only beginning to be elucidated. In this seminar, I will talk about 1) opposing roles of corticotropin-releasing factor (CRF) and neuropeptide Y (NPY) within the dorsolateral part of the bed nucleus of the stria terminalis (dlBNST) in pain-induced aversive behaviors, 2) opposing effects of CRF and NPY on neuronal excitability within dlBNST neurons, and 3) histological data suggesting the regulation of neuronal excitability of dopaminergic neurons in the ventral tegmental area (VTA) by VTA-projecting BNST output neurons.
Possible neuronal circuits for pain-induced aversion will be discussed.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第103回WPI-IIISセミナー
日 時 平成29年1月26日(木) 13:00~14:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者 Dr. Masabumi Minami(南 雅文先生)
Department of Pharmacology, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Hokkaido University(北海道大学薬学研究院)
演 題 How does pain induce negative emotion? Role of the bed nucleus of the stria terminalis in pain-induced aversion
要 旨 Pain consists of sensory-discriminative and negative-affective components. Although the neuronal mechanisms underlying the sensory component of pain have been studied extensively, those underlying its affective component are only beginning to be elucidated. In this seminar, I will talk about 1) opposing roles of corticotropin-releasing factor (CRF) and neuropeptide Y (NPY) within the dorsolateral part of the bed nucleus of the stria terminalis (dlBNST) in pain-induced aversive behaviors, 2) opposing effects of CRF and NPY on neuronal excitability within dlBNST neurons, and 3) histological data suggesting the regulation of neuronal excitability of dopaminergic neurons in the ventral tegmental area (VTA) by VTA-projecting BNST output neurons.
Possible neuronal circuits for pain-induced aversion will be discussed.
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
《医学セミナー》・第433回TSMMセミナー
講 師 浅原 弘嗣 先生
(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科システム発生・再生医学分野 教授)
タイトル 腱特異的転写因子Mkxのノックアウトラット作成による腱組織の発生・恒常性維持機構の解析
日 時 2017年1月25日(水) 17:00~18:30
会 場 健康医科学イノベーション棟 8階講堂
*TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武幸司)、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷嘉人、島野仁)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。
連絡先

筑波大学医学医療系 高橋智
(内線 7516、satoruta@md.tsukuba.ac.jp

【筑波分子医学協会(TSMM)】HP
http://www.md.tsukuba.ac.jp/public/tsmm/

TSMMセミナー担当
筑波大学医学医療系 塩見健輔(kshiomi@md.tsukuba.ac.jp)

102nd WPI-IIIS seminar
Date Wednesday, January 25, 2017
Time 12:00-13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Christopher Sinz
Merck Research Laboratories,Merck & Co., Inc.
Subject Improved Therapies by Tissue Targeting: Liver Targeted Prolyl Hydroxylase Inhibitors as a Novel Approach for the Treatment of Anemia
Summary The discovery of therapies with enhanced safety and efficacy remains a key challenge for the pharmaceutical industry. Liver targeting has emerged as one potential approach toward this end. This presentation will describe the principles that allow for targeting therapeutics to the liver while minimizing systemic exposure. We will show how this strategy can be applied to the discovery of novel liver targeted inhibitors of the hypoxia inducible factor prolyl hydroxylase (HIF-PHD) enzymes as a potential treatment for anemia.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第102回WPI-IIISセミナー
日 時 平成29年1月25日(水) 12:00~13:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者 Dr. Christopher Sinz
Merck Research Laboratories,Merck & Co., Inc.
演 題 Improved Therapies by Tissue Targeting: Liver Targeted Prolyl Hydroxylase Inhibitors as a Novel Approach for the Treatment of Anemia
要 旨 The discovery of therapies with enhanced safety and efficacy remains a key challenge for the pharmaceutical industry. Liver targeting has emerged as one potential approach toward this end. This presentation will describe the principles that allow for targeting therapeutics to the liver while minimizing systemic exposure. We will show how this strategy can be applied to the discovery of novel liver targeted inhibitors of the hypoxia inducible factor prolyl hydroxylase (HIF-PHD) enzymes as a potential treatment for anemia.
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
第232回つくばブレインサイエンス・セミナー(1月開催)
演 題 前頭前野皮質シナプス可塑性:dopamineによる修飾と認知機能上の意味
Synaptic plasticity in prefrontal cortex: dopaminergic modulations and functional implications
演 者 大谷悟先生(了徳寺大学医学教育センター・順天堂大学院医学研究科)
司 会 一谷幸男先生(筑波大学人間系)
日 時 2017年1月24日(火) 18:00~
場 所 筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂(バスご利用 の方は「追越学生宿舎前」で下車してください)
詳細についてはTBSAホームページをご覧ください。
お問い合わせ先 つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務局
E-mail: tshiga@md.tsukuba.ac.jp
《医学セミナー》ご案内
日 時 2017年1月23日(月) 19:00~
場 所 医学4A棟4階 411室
講 師 糸井隆夫 先生
(東京医科大学消化器内科 主任教授)
テーマ 胆膵内視鏡治療の最前線2017
連絡先 奈良坂俊明(内線 90171)
the 101st WPI-IIIS seminar
Date Thursday, January19, 2017
Time 12:00-13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Yuko Shimada-Niwa
Life Science Center of Tsukuba Advanced Research Alliance, University of Tsukuba
Subject Nutrient-dependent regulation of steroid hormone biosynthesis in the fruit fly /Drosophila melanogaster /
Summary

In most animals, the timing of the juvenile-to-adult maturation is coupled to nutrient availability. Under the poor-food condition, the maturation is delayed until when juveniles obtain enough nutrients to grow into adults. However, the underlying genetic mechanism is unclear.

To address how animal development responds to nutrition, we are using the fruit fly /Drosophila melanogaster/ as a model system/. /The insect steroid hormone, ecdysteroid, is essential for controlling the timing of maturation known as metamorphosis. In this seminar, I will talk about our finding of serotonergic neurons “SE0_PG ”, which regulate the timing of ecdysteroid biosynthesis in the nutrient-dependent manner.

Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第101回WPI-IIISセミナー
日 時 平成29年1月19日(木) 12:00~13:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者 Dr. Yuko Shimada-Niwa(島田 裕子先生)
Life Science Center of Tsukuba Advanced Research Alliance, University of Tsukuba(筑波大学 生命領域学際研究センター)
演 題 Nutrient-dependent regulation of steroid hormone biosynthesis in the fruit fly /Drosophila melanogaster /
要 旨

In most animals, the timing of the juvenile-to-adult maturation is coupled to nutrient availability. Under the poor-food condition, the maturation is delayed until when juveniles obtain enough nutrients to grow into adults. However, the underlying genetic mechanism is unclear.

To address how animal development responds to nutrition, we are using the fruit fly /Drosophila melanogaster/ as a model system/. /The insect steroid hormone, ecdysteroid, is essential for controlling the timing of maturation known as metamorphosis. In this seminar, I will talk about our finding of serotonergic neurons “SE0_PG ”, which regulate the timing of ecdysteroid biosynthesis in the nutrient-dependent manner.

問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
第434回TSMMセミナー(H28 第2回BMTセミナー)
演 題 細胞のエネルギー代謝評価と生体イメージングによる表現型解析
演 者 水流 功晴(プライムテック)
日 時 2017年1月19日(木) 17:00~18:00
場 所 健康医科学イノベーション棟8階講堂
要 旨 医薬品開発、毒性評価、病態解明においてメタボローム解析の重要性が高まるにつれ、組織レベル、細胞レベルで俯瞰したエネルギー代謝を理解することにニーズが共に高まっています。本セミナーでは、細胞外フラックスアナライザー Agilent社XFeシリーズを用いた細胞エネルギー代謝プロファイリングと、超音波イメージングシステム FujiFilm Visualsonics社Vevoシリーズを用いたその表現系解析について、評価事例をご紹介します。
生命医科学域セミナーⅢ
演 題 Exploring the Mechanism of RNA Modification and Repair in Protozoan Parasites
演 者 Kiong Ho 先生
筑波大学医学医療系(寄生虫分子生物学)助教
※英語での講演となります
日 時 2017年1月18日(水) 17:30~
場 所 健康医科学イノベーション棟8階講堂
連絡先 生命医科学域長室 高橋 智
satoruta@md.tsukuba.ac.jp
生命医科学域セミナーⅡ
演 題 シグナル伝達を基盤とした寝たきりを防ぐ統合的
運動器研究 ~少子高齢化を支える研究と教育~
演 者 篠原 正浩 先生
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科
システム発生再生医学 講師
科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業さきがけ
日 時 2017年1月17日(火) 17:30~
場 所 健康医科学イノベーション棟8階講堂
連絡先 生命医科学域長室 高橋 智
satoruta@md.tsukuba.ac.jp
生命医科学域セミナーⅠ
演 題 宿主病原体相互作用におけるヒト免疫レセプターの多様性と機能
演 者 平安 恒幸 先生
大阪大学免疫学フロンティア研究センター
免疫化学研究室 特任助教
日 時 2017年1月16日(月) 17:30~
場 所 健康医科学イノベーション棟8階講堂
連絡先 生命医科学域長室 高橋 智
satoruta@md.tsukuba.ac.jp
Faculty Development
「質保証から見える大学院生の不都合な現実」~システム思考と教育資本~
~人口減少時代に求められる学生選考のあり方~
主催 株式会社ラーニング・イニシアティブ
共催 生命システム医学専攻・フロンティア医科学専攻・ヒューマンバイオロジー学位プログラム
日 時 2017年1月11日(水) 17:00~18:00
場 所 健康医科学イノベーション棟1階105室
アクセス案内はこちら
医学セミナー・第14回分子遺伝疫学セミナー
“Seminars in Medical Sciences” Lecture
Title Evolutionary and functional significance of host-pathogen interaction through leukocyte immunoglobulin-like receptors
Speaker Dr. Kouyuki Hirayasu(Assistant Professor, Laboratory of Immunochemistry, WPI Immunology Frontier Research Center, Osaka University)
平安恒幸博士、大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 免疫化学研究室 特任助教
Date January 5 (Thurs), 2017
Time 17:00-18:15
Venue Faculty of Medicine Building, Room 483 (医学医療系棟483)
Abstract

The host immune system has constantly interacted with diverse microorganisms. This host-pathogen interaction has shaped genetic diversity of both host and microorganism. However, the evolutionary and functional significance of the genetic diversity is not fully understood.

This seminar will introduce unexpected discoveries of host-pathogen interaction by genetic and functional analyses of leukocyte immunoglobulin-like receptors (LILRs). The LILR is a multigene family of humans, which consists of two pseudogenes and 11 functional genes. First unexpected discovery was that LILRA3 deficiency is skewed toward a higher frequency in Northeast Asian populations than Southeast Asian, European, and African populations. LILRA3 has turned out to be the most differentiated of all of the copy-number-variable genes in the human genome, suggesting that the LILRA3 gene is sensitive to the local environment that includes microorganisms. Second unexpected discovery was that LILRA2 has a unique function that detects dangerous immunological situations in which antibodies are destroyed by microbial pathogens. I would like to give the background of these unexpected findings and discuss about host-pathogen coevolution.

This seminar is one of the seminars for the subject “Seminar in Medical Sciences” in Doctoral Programs in Biomedical Sciences and Clinical Sciences.
The seminar will be given in English, but questions in Japanese are also welcome.
contact Naoyuki Tsuchiya, Molecular and Genetic Epidemiology Laboratory
(分子遺伝疫学研究室 土屋尚之)
tsuchiya@md.tsukuba.ac.jp
《医学セミナー》
講師名 安田あゆ子 先生
(藤田保健衛生大学病院 医療の質・安全対策部 医療の質管理室 教授)
演 題 外科手術のリスクを見極め、改善する
~外科チームは患者安全のため、何をすべきか~
日 時 2016年12月22日(木) 17:00~
場 所 イノベーション棟8階講堂
連絡先 消化器外科 明石義正(内線3181)
第15回医学医療系研究発表会
日 時 2016年12月22日(木) 18:00~
場 所 臨床講義室B
講師名 大根田修教授
機能性幹細胞の探索
田宮菜奈子教授
地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ-
二次データ活用システム構築による多角的エビデンス創出拠点-(厚労省戦略研究)から
藤本学教授
筑波大皮膚科における研究の現況
医学医療系研究発表会は、生命システム医学専攻および疾患制御医学専攻の科目「医学セミナー」の対象として認められます。
事務担当 医学研究支援
第231回つくばブレインサイエンス・セミナー(2016年度12月開催)
演 題 脳の再生におけるニューロンの移動
演 者 澤本和延先生
(名古屋市立大学大学院医学研究科・再生医学分野/自然科学研究機構生理学研究所・神経発達・再生機構研究部門)
司 会 志賀隆先生(筑波大学医学医療系)
日 時 2016年12月20日(火) 18:00~
会 場 筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂(バスご利用の方は「追越学生宿舎前」で下車してください)
詳細についてはTBSAホームページをご覧ください。
お問い合わせ先 つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務局
E-mail: tshiga@md.tsukuba.ac.jp
第431回TSMMセミナー(H28 第1回BMTセミナー)
演 題 島津製作所セミナー
演 者 杉田哲佳、豊田健一(島津製作所)
日 時 2016年12月15日(木) 17:00~18:00
会 場 健康医科学イノベーション棟 8階講堂
要 旨

再生医療の産業化に向けて、細胞培養加工施設における工程管理が必要とされており、最適な培養条件のコントロールや品質管理面での技術構築が急務となっています。これに対し当社では「測る技術」と「観る技術」で、良質な細胞の生産性向上に貢献することを目指した取り組みを進めております。そこで本セミナーでは「測る技術」として高速液体クロマトグラフ質量分析計(LC-MS)をベースとし た培養上清の多成分モニタリングによる培養状態のマクロ管理、「観る技術」としてラベルフリーイメージングシステムをベースとした明視野定量解析による細胞状態のミクロ管理についてアプリケーションを交えながらご紹介します。

1)「測る技術」・・・ LC/MS/MSメソッドパッケージ細胞培養プロファイリングは、培養上清の多成分一斉分析により培養細胞の詳細な培養プロファイルを測定するプラットフォームです。①17分間での95成分高速一斉分析、②濃度レンジの広い培地の分析に特化したメソッド、③Ready to Use Methodを主な特長として、抗体医薬、発酵、再生医療の各分野における細胞培養の最適化をサポートします。

2)「観る技術」・・・ラベルフリーイメージングシステムCell3iMagerシリーズは、培養プレートをセットし、スキャン・解析ソフトを実行するだけで、細胞の観察、形態の定量計測が可能なシステムです。①高速ウェルプレートスキャン、②広視野なラベルフリーイメージングシステム、③細胞形態を定量化する様々な解析機能を有しており、創薬スクリーニング、再生医療研究、バイオ医薬品研究 をサポートします。

*TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武幸司)、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷嘉人、島野仁)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。
お問い合わせ 【筑波分子医学協会(TSMM)】
HP http://www.md.tsukuba.ac.jp/public/tsmm/
TSMMセミナー担当 筑波大学医学医療系 塩見健輔(kshiomi@md.tsukuba.ac.jp)
第186回保健・医療・福祉に関する勉強会
「女性のライフステージによるヘルスマネジメント」
演 者 宗田聡先生
広尾レディース院長
日 時 平成28年12月14日(水) 18:30~20:30
場 所 筑波大学総合研究棟D 公開講義室(1F)
連絡先 筑波大学医学医療系
福祉医療学 029-853-3496
特別講演会
演 題 「歯髄幹細胞分化肝細胞による肝硬変・NASHの治療:前臨床研究」
演 者 八重垣 健 先生
(日本歯科大学 生命歯学部 衛生学講座 教授)
日 時 2016年12月14日(水) 18:00~19:00
場 所 臨床講義室B
概 要 ヒト歯髄幹細胞から分化させた肝細胞によるNASH・肝硬変治療の有効性を、ラットやブタの肝硬変モデルで実証した前臨床実験を紹介します。
連絡先 医学医療系 歯科口腔外科
武川寛樹(内線7934)
第432回TSMMセミナー
TSUKUBA MOLECULAR LIFE SCIENCE SEMINAR

This seminar is regarded as a lecture for the subject "Seminar in Medical Sciences"
Title Mechanisms underlying the plasticity of the neonatal and adult heart.
Speaker Dr. Bernd K. Fleischmann
Professor and Director, Institute of Physiology I, Life & Brain Center, University of Bonn
Date December 12th, 2016(Mon)17:00-18:30
Place Innovation building Room 105
"TSMM seminar is regarded as a lecture of the subjects "Medical Science Seminar II" (Master's Program in Medical Sciences), "Advanced Seminar in Medical Sciences" and "Seminar in Medical Sciences" (Doctoral Programs in Biomedical Sciences and Clinical Sciences)."
contact Satoru Takahashi, Faculty of Medicine(ext. 7516, satoruta@md.tsukuba.ac.jp
第14回医学医療系研究発表会
日 時 2016年12月7日(水) 18:00~
場 所 臨床講義室D
演 者 新井哲明 教授
「認知症の病態解明と進行予防を目指して」
日高紀久江 教授
「遷延性意識障害からの回復に向けた看護の挑戦」

※3名の予定で計画しておりましたが、日程が合わず、長田先生におきましては、 次回以降の研究発表会で実施することとなりました。

※本年度より医学医療系研究発表会は、生命システム医学専攻および疾患制御医学専攻の科目「医学セミナー」の対象の一つとして認められることとなりました。

事務担当 医学研究支援
平成28年度Faculty Developmentセミナー&公開講座
日 時 2016年12月5日(月) 18:00~19:30
場 所 筑波大学医学キャンパス 臨床講義室C
演 題 出産時の寄り添いと親子のきずな
~ドゥーラの継続的・情緒的・全人的なケアがもたらす効果~
演 者 フィリス・クラウス氏(米国)
お問い合わせ 環境看護学-国際看護学研究室
Email: tsukuba.ghn@gmail.com
協賛 NPO法人kosodateはぐはぐ;NPO法人子連れスタイル推進協会/有限会社モーハウス
FY2016 Faculty Development Seminar & Public Lecture
Date 18:00~19:30 Monday, December 5, 2016
Venue Clinical Lecture Room C, Medical Campus, U. of Tsukuba
Title Birth Companion and Parent-Baby Bonding
~Effect of Continuous, Emotional and Holistic Care Provided by Doula~
Lecturer Ms. Phyllis Klaus
Contact Dpt. of Global Health Nursing
Email: tsukuba.ghn@gmail.com
Sponsor NPO kosodate haguhagu;NPO child-friendly style promotion association
IBMセミナー
演 者 小山尚彦 先生(IBM TJワトソン研究所)
演 題 IBMの医療用AI
日 時 2016年12月2日(金) 17:00~18:00
場 所 イノベーション棟8階講堂
連絡先 医学医療系ゲノム生物学 村谷匡史 (muratani@md.tsukuba.ac.jp
IBM seminar
Speaker Dr. Takahiko Koyama
Title Analyzing Cancer Genome using Watson for Genomics (WfG)
Date December 2, 2016 17:00-18:00
Venue Innovation Building L8 Lecture Room
Contact Masafumi Muratani (muratani@md.tsukuba.ac.jp
《医学セミナー》
演 題 タンパク質工学を駆使した次世代がん治療抗体の開発
演 者 浅野竜太郎 先生
(東京農工大学大学院 工学研究院生命機能科学部門 准教授)
日 時 2016年12月2日(金) 18:30~19:30
場 所 臨床講義室C
連絡先 医学医療系 細菌学 森川一也(内線7882)
Seminar in Medical Sciences
This seminar will be held in English.
Title Development of next-generation cancer therapeutic antibodies by using protein engineering
Speaker Dr.Ryutaro Asano
Department of Biotechnology and Life Science, Graduate School of Engineering, Tokyo University of Agriculture and Technology
Date Dec. 2 (Fri) 2016 18:30-19:30
Venue Clinical Lecture Room C
Contact Morikawa, Department of Infection Biology (Bacteriology) (7882)
Seminar For Brain Sciences
Date 2nd December (Friday 15:00-16:00)
Place Health and Medical Science Innovation Laboratory 8th Floor University of Tsukuba
日 時 12月2日(金) 15:00~16:00
場 所 筑波大学医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂
Program

◯Seminar 1 (3PM-3:30PM)
Speaker: Dr. Stuart Hameroff (University of Arizona, Anesthesiology & Psychology)
Title:“Enigma of consciousness”

◯Seminar 2 (3:30PM-4PM)
Speaker: Dr. Chi Sang Poon (MIT, Institute for Medical Engineering and Science)
Title:“A novel pharmacotherapy for obstructive sleep apnea based on noradrenergic-dependent motor learning”

Contact Shiga Takashi (tshiga@md.tsukuba.ac.jp)
Anirban Bandyopadhyay (anirban.bandyopadhyay@nims.go.jp)
Agrawal Lokesh (AGRAWAL.Lokesh@nims.go.jp)
《医学セミナー》
講師名 磯 博康 先生(大阪大学医学系研究科 公衆衛生学研究室 教授)
演 題 ~生活習慣病の疫学と予防~ 日本人の特徴と世界の公衆衛生への貢献
日 時 2016年11月22日(火) 18:30~20:00
場 所 筑波大学 臨床講義室C
連絡先 筑波大学医学医療系 社会健康医学(6004)
the 91st WPI-IIIS seminar
Date Tuesday 15, November, 2016
Time 12:30 - 13:30
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Arisa Hirano
Department of Neurology, University of California, San Francisco
Subject “Turnover of clock proteins determines the timing of sleep-wake behavior“
Summary Sleep is vital for all animals. The timing of sleep-wake cycle is regulated by an internal oscillator “circadian clock”, in which CRYPTOCHROME (CRY) proteins play an important role. CRY proteins gradually accumulate during day, and then CRY levels decline at night.
The protein turnover of CRY (balance between stabilization and degradation) is fine-tuned at the post-translational level throughout the day in order to generate the proper protein rhythms. In this seminar, I will talk about current understanding of regulatory mechanism of CRY proteins and our recent finding of a human mutation in CRY2 gene responsible for Familial Advanced Sleep Phase (FASP) trait.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第91回WPI-IIISセミナー
日 時 平成28年11月15日(火) 12:30~13:30
場所 筑波大学 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
講 師 Dr. Dr. Arisa Hirano
Department of Neurology, University of California, San Francisco
演 題 “Turnover of clock proteins determines the timing of sleep-wake behavior“
要旨 Sleep is vital for all animals. The timing of sleep-wake cycle is regulated by an internal oscillator “circadian clock”, in which CRYPTOCHROME (CRY) proteins play an important role. CRY proteins gradually accumulate during day, and then CRY levels decline at night.
The protein turnover of CRY (balance between stabilization and degradation) is fine-tuned at the post-translational level throughout the day in order to generate the proper protein rhythms. In this seminar, I will talk about current understanding of regulatory mechanism of CRY proteins and our recent finding of a human mutation in CRY2 gene responsible for Familial Advanced Sleep Phase (FASP) trait.
連絡先 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
平成28年度人間総合科学研究科第3回FDプログラム
本企画は、TA(Teaching Assistant)-TF(Teaching Fellow)の2つのレベルから構成されるFDの組織化・制度化を指向し、未来型の大学人育成のためのFD活動を実践しようとするものです。
私たちは心理的なストレス、疲労、悩みの中で生活しています。それゆえ、自分自身のメンタルヘルスについての理解と対処はもちろんのこと、友人の、指導学生の、そして家族など身近な人たちのメンタルヘルスに関心を持つ必要があります。今回は本研究科でメンタルヘルスについて研究されているお二人の先生に講師をお願いしました。
これまでと同様に、TFになった院生、TFをめざす院生のほか、教員及び学内の希望者の参加を期待しております。
テーマ 学生のメンタルヘルス
日 時 2016年11月8日(火) 14:00~16:00
場 所 筑波大学 総合研究棟D D116(公開講義室)
プログラム ◯14:00~14:05
講師紹介 園山 繁樹 研究科長
◯14:05~14:55 
「学生のメンタルヘルスと対話」
斎藤 環 教授(ヒューマン・ケア科学専攻)
◯15:00-15:50
「学生相談からみた学生のメンタルヘルス」
杉江 征 教授(ヒューマン・ケア科学専攻、保健管理センター)
問合せ 人間総合科学研究科運営担当
主 催 人間総合科学研究科
共 催 ヒューマン・ケア科学専攻
URL http://www.chs.tsukuba.ac.jp/2016/10/1082
第13回医学医療系研究発表会
日 時 2016年10月27日(木) 18:00~
会 場 臨床講義室B
演 者 須磨崎 亮 教授
小児科からの共同研究の提案: 再生医療とゲノム医療を中心に
橋爪 祐美 准教授
働く女性ケア専門職のメンタルヘルス ー老親介護しながら働く女性のワークライフバランスー
武井 陽介 教授
細胞内輸送と統合失調症モデル動物
本年度より医学医療系研究発表会は、生命システム医学専攻および疾患制御医学専攻の科目「医学セミナー」の対象の一つとして認められることとなりました。
事務担当 医学研究支援
医療研究者のための知財セミナー
日 時 2016年10月19日(水) 18:00~20:00
会 場 筑波大学 臨床講義室D
概 要

大学発の医薬品・医療機器シーズが必要とされる患者さんに届けられるためには、 企業への導出を見据えた知財戦略を描くことが重要です。 本セミナーでは、医療機器分野における 知財紛争の実態、その実態にみる知財の 重要性、臨床研究や創薬研究における知財戦略の考え方等について、AMED知財部 の講師を招き、具体的に分かりやすく説明します。

また、本セミナーはT-CReDO 研究者・専門職研(Level2・Level3)カリキュラムのひとつとして開催されます。

お問い合わせ 【事務局】
つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO)
研究開発マネジメント部
TEL 029-853-3630/3861 (内線3630/3861)
E-Mail t-credo.adm@un.tsukuba.ac.jp
筑波大学つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO)主催
Research Studio パイロットセミナー(公開講座)『起業家に聴く』シリーズ
日 時 2016年10月6日(木)、10月14日(金)、10月26日(水)
各日とも18:15~20:40
会 場 筑波大学医学地区臨床講義室C(医学図書館3階)
https://www.tsukuba.ac.jp/access/map_west.html
受 講 無料
対 象 つくば地区を中心とする若手研究者・大学院生・起業に興味ある研究者、教職員等
参加申込 当日参加も可能ですが、資料の準備の都合上、事前のお申込にご協力ください。
単回での受講も可能です。
下記URLの申込フォームからご登録お願いします。
URLはこちら
プログラム ◯第1回 2016年10月6日(木)“難病治療を目指す医薬品開発ベンチャー”
18:15 経営と教育の日米比較
ナノキャリア株式会社代表取締役社長 中冨一郎氏
19:10 ペントサンを第二のアスピリンに -夢を追い求めて-
株式会社レクメド代表取締役社長 松本正氏
20:10 パネルディスカッション
中冨一郎, 松本正, 荒川義弘(筑波大学T-CReDO機構長)
第2回 2016年10月14日(金)“医師が始めた細胞医療ベンチャー、医療機器開発VC”
18:15 ビジネスモデル構築とビジネスの拡大・加速 ~免疫療法の事業化を事例に~
テラ株式会社代表取締役社長 矢﨑雄一郎氏
19:10 僻地医療からシリコンバレーへ!日本を飛び出し16年、今だから言える若き皆様へのアドバイス
Program Director (U.S.) Japan Biodesign, Stanford Biodesign 池野文昭氏
20:10 パネルディスカッション
矢﨑雄一郎, 池野文昭, 荒川義弘
第3回 2016年10月26日(水)“医療イノベーションへのあくなき挑戦”
18:15 目標は、進行癌完治
株式会社キャンバス代表取締役社長 河邊拓己氏
19:10 人工知能を利用した健康社会の実現
株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアーリサーチャー 桜田洋一氏
20:10 パネルディスカッション
河邊拓己, 桜田洋一, 松本正, 荒川義弘
お問い合わせ(事務局) つくば臨床医学研究開発機構 TR推進・教育センター(小林)
TEL:029-856-3861
E-mail:mihoko.kobayashi@md.tsukuba.ac.jp
第185回保健・医療・福祉に関する勉強会
「遺伝カウンセリングの実際 ~ 一般診療と研究のはざまで ~」
演 者 野口恵美子先生(臨床遺伝専門医)
筑波大学医学医療系遺伝医学教授
筑波大学附属病院遺伝診療部
有田美和先生(認定遺伝カウンセラー)
筑波大学附属病院遺伝診療部
日 時 平成28年10月18日(火) 18:30~20:00
場 所 筑波大学総合研究棟D 116公開講義室(1F)
連絡先 筑波大学医学医療系
福祉医療学 029-853-3496
第430回TSMMセミナー
The 430th TSMM seminar
*This seminar is regarded as a lecture for the subject "Seminar in Medical Sciences".
*This seminar will be given in English.
Title Generation of human T cell acute lymphoblastic leukemia by de novo transformation of human cord blood progenitors with a 4-oncogene cocktail.
Speaker Dr. Manabu Kusakabe
Postdoctoral fellow at Terry Fox Laboratory, British Columbia Cancer Agency, Vancouver, Canada
Date October 18, 2016 (Tue) 17:00-18:30
Venue Seminar Room 483 (Igakukei-tou 4th floor)
Abstract T-cell acute lymphoblastic leukemia (T-ALL) is an aggressive form of blood cancer that affects both children and adults. Numerous studies have explored the effects of putative T-ALL oncogenes in mouse models and have contributed to our understanding of disease pathogenesis. Nonetheless, it is clear there are important differences between mouse and human cells, particularly with respect to cellular transformation. In this study, we sought to create human T-ALL in the lab from normal cord blood (CB) progenitors by lentiviral transduction with a combination of known T-ALL oncogenes. Transduced cells were cultured on OP9-DL1 stromal feeders to study their behaviour in vitro. Also, we performed transplantation into NOD/SCID-IL2Rg-null (NSG) mice to assess leukemogenesis in vivo. Non-transduced cells stopped expanding within the first few weeks, however T-ALL oncogenes transduced cells continue to expand for over 60 days in vitro. The recipients of T-ALL oncogene transduced cell developed clinically morbid disease and showed splenomegaly, lymphadenopathy, and enlarged thymus. Transduced cells were infiltrated into these organs and expressed CD2, CD3, CD7 and CD38 supporting acute T-cell leukemia. Importantly, these cells were serially transplantable into NSG mice. Our in vitro and in vivo results suggest that the 4 T-ALL oncogenes are sufficient to transform normal human blood cells into clonal T-ALL-like malignant cells. This model provides a significant step forward to reveal the mechanisms involved in human T-ALL pathogenesis.
*TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久 武幸司)、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミ ナー」(担当:熊谷嘉人、島野仁)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関 連セミナーに相当します。
連絡先 【筑波分子医学協会(TSMM)】HP http://www.md.tsukuba.ac.jp/public/tsmm/
TSMMセミナー担当 筑波大学医学医療系 塩見健輔(kshiomi@md.tsukuba.ac.jp)
紫綬褒章受章記念講演会
「君たちに贈る僕たちの研究のはなし」
主 催 筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)
高エネルギー加速器研究機構(KEK)
共 催 筑波大学
協 力 筑波大学GFEST
日 時 2016年10月16日(日) 14:00~16:30
会 場 つくば国際会議場/エポカルつくば 2階/中ホール200(つくば市竹園2-20-3/TEL:029-861-0001)
定 員 200人(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
お申込み goo.gl/sWf7zZ
お問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)wpi-iiis-alliance@ml.cc.tsukuba.ac.jp
http://ml.cc.tsukuba.ac.jp
関連リンク http://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/japanese/811
第230回つくばブレインサイエンス・セミナー (2016年度10月開催)
演 題 オレキシンによる覚醒と行動の制御機構
演 者 櫻井 武先生
(筑波大学医学医療系・筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構)
司 会 志賀 隆 先生(筑波大学医学医療系)
日 時 2016年10月11日(火)18:00~
会 場 筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂
(バスご利用の方は「追越学生宿舎前」で下車してください)
詳細についてはTBSAホームページをご覧ください。
http://www.md.tsukuba.ac.jp/tbsa/
お問い合わせ つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務局
E-mail: tshiga@md.tsukuba.ac.jp
The 8th WSLS
The 39th Molecular Pathology Seminar
*This seminar will be given in English
Title "Targeting TGF-β signaling in cancer"
Speaker Dr. Peter ten Dijke
(Leiden University Medical Center, Leiden, the Netherlands)
Date Tuesday, October 4
Time 18:30-19:30
Venue Room 483, the Medical Research Building (i.e., the Institute of Medicine)
Note This seminar is part of WSLS series.
生命医科学域特別講演会のお知らせ
演 題 霊長類動物モデルを用いたドーパミン神経系の研究
演 者 松本正幸 教授(認知行動神経科学)
日 時 平成28年10月4日(火) 17:00~
会 場 健康医科学イノベーション棟8階講堂
お問い合わせ 生命医科学域長室 高橋 智
satoruta@md.tsukuba.ac.jp
筑波大学医学医療系・計算科学研究センター 共催講演会
日 時 2016年9月30日(金) 15:00~18:00
場 所 総合研究棟B棟110
URL http://www.ccs.tsukuba.ac.jp/research/seminar/symposium/20160930_life-science
第12回医学医療系研究発表会
日 時 2016年9月29日(木) 18:00~
場 所 臨床講義室B
演 者 松崎 一葉 教授
ストレス医学のコスモス的展開
水野 道代 教授
がん患者のQOLを測定する意義とその方法
武川 寛樹 教授
口腔科学の発展を目指して
本年度より医学医療系研究発表会は、生命システム医学専攻および疾患制御医学専攻の科目「医学セミナー」の対象の一つとして認められることとなりました。
事務担当 医学研究支援
the 88th WPI-IIIS seminar
Date Wednesday 21, September, 2016
Time 16:00 - 17:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Koichi Hashikawa
Dayu Lin laboratory, New York University Medical school, USA
Subject “Distinct neural substrates for aggression and mating in female ventromedial hypothalamus “
Summary We challenged the 40 years of evidence suggesting ventromedial hypothalamus ventrolateral part (VMHvl) is functionally relevant for female sexual receptive behaviors, but not for female aggression. By optimizing behavioral paradigm for female aggression, we clearly demonstrate that VMHvl, especially its subpopulation expressing estrogen receptor α is essential for female aggression as males in ethologically relevant conditions. We further demonstrate that female aggression and mating behaviors are mediated by two distinct neural populations distributed in spatially segregated regions within the VMHvl. Our findings suggest that aggression and mating relevant populations are organized in sexually dimorphic architecture.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第88回WPI-IIISセミナー
日 時 平成28年9月21日(水) 16:00~17:00
場所 筑波大学 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
講 師 Dr. Koichi Hashikawa
Dayu Lin laboratory, New York University Medical school, USA
演 題 “Distinct neural substrates for aggression and mating in female ventromedial hypothalamus“
要旨 We challenged the 40 years of evidence suggesting ventromedial hypothalamus ventrolateral part (VMHvl) is functionally relevant for female sexual receptive behaviors, but not for female aggression. By optimizing behavioral paradigm for female aggression, we clearly demonstrate that VMHvl, especially its subpopulation expressing estrogen receptor α is essential for female aggression as males in ethologically relevant conditions. We further demonstrate that female aggression and mating behaviors are mediated by two distinct neural populations distributed in spatially segregated regions within the VMHvl. Our findings suggest that aggression and mating relevant populations are organized in sexually dimorphic architecture.
連絡先 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
第429回TSMMセミナー
*This seminar is regarded as a lecture for the subject "Seminar in Medical Sciences".
*This seminar will be given in English.
Title Seeing is believing: Novel imaging techniques reveal the fate of viral genomes
Speaker Dr. Tetsuro KOMATSU
Microbiologie Fondamentale et Pathogénicité, Université de Bordeaux
Date September 21, 2016 (Wed) 18:00-19:30
Venue Igakukei-tou Seminar Room 483 (4th floor)
Abstract During infection, nuclear replicating DNA viruses dynamically remodel their genomes as well as the nuclear environment of the host.
Elucidating the underlying regulatory mechanisms for viral genomes in the cellular context is key to understand the dynamic nature of viral propagation. For most viruses, however, it remains unclear where and when viral genomes interact with or counteract cellular processes. Using adenoviruses (Ad) as a model, we conducted a detailed imaging analysis of viral genomes throughout the infection cycle. First we developed a live-cell imaging system for individual incoming Ad genomes by focusing on a host protein that is recruited onto viral genomes upon nuclear entry. Using this system, we found that in contrast to the anticipated view, incoming Ad genomes are not targeted by potential nuclear antiviral factors. While this system is restricted to the analysis of incoming viral genomes, we recently developed a novel viral system that enables genome visualization with ANCHOR™ technology, allowing us to visualize not only incoming but also newly replicated Ad genomes in living cells. Using this novel technology, as well as metabolic labeling of viral genomes, we identified two morphologically and functionally distinct Ad DNA replication compartments in late phases of infection.
Based on our results, we believe that our imaging tools will enable us to gain the spatio-temporal information needed towards comprehensive understanding of viral genome regulations.
*TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久 武幸司)、生命システム医学専攻 &疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミ ナー」(担当:熊谷嘉人、島野仁)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関 連セミナーに相当します。
連絡先 筑波大学医学医療系 川口敦史 (内線 3942)
【筑波分子医学協会(TSMM)】HP http://www.md.tsukuba.ac.jp/public/tsmm/
TSMMセミナー担当 筑波大学医学医療系 塩見健輔(kshiomi@md.tsukuba.ac.jp)
The 4th International Conference on Global Aging
概 要 このたび、「つくばグローバルサイエンスウィーク」の一環として、「第4回グローバルエイジング国際 会議」および「グローバルエイジングへの国境なき挑戦2016」(セッションオガ ナイザー:田宮菜奈子)を開催致します。
ご多忙中とは存じますが、ご出席を賜りますようご案内申し上げます。
ご参加頂ける場合は、お手数ですがHSRD-CGACT 2016事務局<cgat.office.global@gmail.com>までご連絡を頂けますと幸いです。
プログラム:
http://www.kokuren.tsukuba.ac.jp/TGSW2016/program/timetable_j.html
事前登録:http://www.global.tsukuba.ac.jp/tgsw
日 時 2016年9月19日(月)
会 場 つくば国際会議場(〒305-0032 茨城県つくば市竹園2-20-3)
プログラム

【セッション15】The 4th International Conference on Global Aging
09:15-11:20 開催の挨拶、基調講演、口頭発表(於:301会議室)
09:20-09:55 基調講演:Carmen Morano 教授 
“Connecting Interprofessional Education and Practice: Overcoming Challenges and Maximizing Opportunities”
09:55-10:00 永田恭介学長先生による挨拶
10:00-11:20 口頭発表
11:30-13:15 ポスター発表(於:3Fロビー)

【セッション14】Borderless Challenges of Global Aging: Role of Young Power
14:00-16:50 大学院生による研究発表 (於:大会議室101)

※昼食は各自ご用意ください

セッションオガナイザー 田宮 菜奈子(筑波大学医学医療系教授)
連絡先 筑波大学 HSRD-CGACT 2016事務局 (担当:柏木、渡邊)
Mail: cgat.office.global@gmail.com
Tel: 029-853-3482
Tsukuba Global Science Week 2016 (TGSW2016)
日 時 平成28年9月17日(土)~19日(月)
場 所 つくば国際会議場
大会ウェブサイト http://www.kokuren.tsukuba.ac.jp/TGSW2016/j/index_j.html
オンライン参加登録
(参加登録無料)
http://www.global.tsukuba.ac.jp/tgsw
登録締切 平成28年9月11日(日)
概 要

TGSWは、世界の英知を筑波研究学園都市に結集し、国を超え、研究領域を超えて議論をすることで、国際的な連携ネットワークの構築を図るとともに、高い研究レベルに裏付けされた「知の創造」を行い、Tsukubaの地から世界に向けて「地球規模課題」の解決策を発信していくことを目的とする。TGSW2016では、医学医療系より以下の7セッションが企画されております。

・グローバルエイジングへの国境なき挑戦2016
・第4回グローバルエイジング国際会議
・海外協定校の教授に研究指導を受ける学際型ワークショップ
・学生発表会(医学・生物分野)
・東南アジア協定校とのバイオテクノロジーと医科学分野での共同イニシアティブ
・科学英語ワークショップ
・粒子線治療の展望

the 87th WPI-IIIS seminar
*This is a joint seminar between IIIS and T-LSI.
Date Friday, September 16, 2016
Time 12:00-13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Francis Szele
Department of Physiology Anatomy and Genetics, Medical Sciences Division, University of Oxford, UK
Subject “Molecular regulation of subventricular zone neurogenesis in homeostasis and cancer”
Summary Quiescent tissue specific stem cells become activated to generate rapidly proliferating transit amplifying progenitors (TAPs).
The mechanisms maintaining neural stem cell (NSC) quiescence versus TAP proliferation remain unclear. We hypothesized that distinct epigenetic complex subunit expression and molecular targeting segregates their function in NSC versus TAPs. Our work reveals distinct Eed expression, molecular targets and functions upstream in the SVZ lineage from Ezh2, and provides novel targets for clinical therapeutics. How can this normal homeostasis be disrupted? Isocitrate dehydrogenase 1 R132H mutations drive the growth of human gliomas and to model this disease, we conditionally expressed Idh1R132H in the subventricular zone (SVZ) of the adult mouse brain. This mouse model shows that the Idh1R132H mutation drive a gliomagenic phenotype in the major adult neurogenic stem cell niche.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第87回WPI-IIISセミナー
*ライフイノベーション学位プログラムとの合同セミナーです。
日 時 平成28年9月16日(金) 12:00~13:00
場所 筑波大学 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
講 師 Dr. Francis Szele
Department of Physiology Anatomy and Genetics, Medical Sciences Division, University of Oxford, UK
演 題 “Molecular regulation of subventricular zone neurogenesis in homeostasis and cancer”
要旨 Quiescent tissue specific stem cells become activated to generate rapidly proliferating transit amplifying progenitors (TAPs).
The mechanisms maintaining neural stem cell (NSC) quiescence versus TAP proliferation remain unclear. We hypothesized that distinct epigenetic complex subunit expression and molecular targeting segregates their function in NSC versus TAPs. Our work reveals distinct Eed expression, molecular targets and functions upstream in the SVZ lineage from Ezh2, and provides novel targets for clinical therapeutics. How can this normal homeostasis be disrupted? Isocitrate dehydrogenase 1 R132H mutations drive the growth of human gliomas and to model this disease, we conditionally expressed Idh1R132H in the subventricular zone (SVZ) of the adult mouse brain. This mouse model shows that the Idh1R132H mutation drive a gliomagenic phenotype in the major adult neurogenic stem cell niche.
連絡先 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)

医学セミナー・第13回分子遺伝疫学セミナー
“Seminars in Medical Sciences” Lecture

*This seminar will be given in English; however, questions in Japanese are also welcome.

Title “HLA-based precision medicine can be a clinical reality”
Speaker Dr. Kazuyoshi Hosomichi
(Associate Professor, Department of Bioinformatics and Genomics, Graduate School of Medical Sciences, Kanazawa University)
Date September 15 (Thursday), 2016
Time 17:00-18:15
Venue Clinical Lecture Room B (臨床講義室B)
Abstract

In the past decade, the development of next-generation sequencing (NGS) has paved the way for whole-genome analysis in individuals. Analyses of the personal genomes of individuals have provided information on human genetic variation and complexity.

Additionally, rapid progress in NGS technology has led to revolutionary changes in medical genomics, carrying out clinical sequencing for diagnostic test. Research on the human leukocyte antigen (HLA), an extensively studied molecule involved in immunity, has also benefitted from NGS technologies. The HLA region, a 3.6-Mb segment of the human genome at 6p21, has been associated with more than 100 different diseases, primarily autoimmune diseases. In addition, the HLA region has received much attention because severe adverse effects of various drugs are also associated with particular HLA alleles. The goal of HLA typing as complete gene sequencing should be clinical applications that will benefit patients. Future HLA-typing methods will realize the HLA-based precision medicine, providing medical treatment guideline with HLA alleles. In this seminar, I would like to introduce NGS technologies focused on the HLA research to discuss HLA-based precision medicine. Reference: Hosomichi K, et al. The impact of next-generation sequencing technologies on HLA research. J Hum Genet 2015;60:665-73. doi: 10.1038/ jhg.2015.102.

contact Naoyuki Tsuchiya (tsuchiya@md.tsukuba.ac.jp), Molecular and Genetic Epidemiology Laboratory

細道一善先生(金沢大学医薬保健研究域医学系 准教授)をお迎えして、次世代シークエンサーを用いたHLA領域の解析の臨床応用のお話しを中心に、上記の医学セミナーを開催いたします。セミナーは英語で行いますが、質疑応答は日本語でもかまいません。ふるってご参加下さい。

分子遺伝疫学研究室 土屋尚之

the 86th WPI-IIIS seminar
Date Wednesday 14, September, 2016
Time 12:00-13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Hirofumi Toda
University of Pennsylvania / Howard Hughes Medical Institute
Subject “Genetic Dissection of Sleep in Fruit Flies -The discovery of a novel somnogen-“
Summary Sleep has been postulated to be controlled by the balance between opposing networks that facilitate sleep and wakefulness. Previous genetic screenings carried out in Drosophila have identified many genetic factors that modulate wakefulness and sleep. However, these factors are permissive for sleep rather than instructive. In order to identify genetic factors that are necessary and sufficient for sleep, we carried out an unbiased and genome-wide genetic screen. Through over 12,000 lines, we discovered a novel gene, “nemuri” regulating sleep in Drosophila. We propose that Nemuri is a somnogen regulated by the sleep homeostat.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第86回WPI-IIISセミナー
日 時 平成28年9月14日(水) 12:00~13:00
場所 筑波大学 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
講 師 Dr. Hirofumi Toda
University of Pennsylvania / Howard Hughes Medical Institute
演 題 “Genetic Dissection of Sleep in Fruit Flies -The discovery of a novel somnogen-“
要旨 Sleep has been postulated to be controlled by the balance between opposing networks that facilitate sleep and wakefulness. Previous genetic screenings carried out in Drosophila have identified many genetic factors that modulate wakefulness and sleep. However, these factors are permissive for sleep rather than instructive. In order to identify genetic factors that are necessary and sufficient for sleep, we carried out an unbiased and genome-wide genetic screen. Through over 12,000 lines, we discovered a novel gene, “nemuri” regulating sleep in Drosophila. We propose that Nemuri is a somnogen regulated by the sleep homeostat.
連絡先 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
TARAセミナー(第426回TSMMセミナー)のお知らせ
演 題 Oxidative Metabolism and Cardiac Regeneratio(酸素代謝と心臓再生)
演 者 木村航先生
(テキサス大学サウスウエスタンメディカルセンター 内科 心臓病学部門 / 筑波大学 生命領域学際研究センター)
日 時 平成28年9月7日(水) 17:00~18:30
会 場 健康医科学イノベーション棟 8階講堂
要 旨 The adult mammalian heart is not capable of meaningful functional recovery after substantial loss of myocardium due to an inability of cell division in vast majority of cardiomyocytes. In contrast, some lower vertebrates and immature mammals are capable of full cardiac regeneration through proliferation of pre-existing cardiomyocytes.
Therefore, there has been an intense interest in understanding the mechanisms of cardiomyocyte cell cycle regulation, and what distinguishes proliferative cardiomyocyte from terminally-differentiated non-proliferative cardiomyocytes. We have recently demonstrated that a metabolic switch that takes place immediately after birth from glycolysis to oxidative phosphorylation causes cell cycle arrest in mammalian cardiomyocytes through mitochondrial ROS generation (1). In addition, we identified a rare population of cycling cardiomyocytes that are hypoxic and therefore protected from highly oxidative mitochondrial ROS in the adult heart (2). Based on these findings, we propose that oxidative metabolism and redox regulation may hold a key for cardiac regeneration through the induction of cardiomyocyte cell cycle re-entry. References: (1) Cell 157, 565-579 (2014), (2) Nature 523, 226-230 (2015)
連絡先 筑波大学生命領域学際研究センター
柳沢裕美(hkyanagisawa@tara.tsukuba.ac.jp

*TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武幸司)、生命システム医学専攻 & 疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷嘉人、島野仁)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。

【筑波分子医学協会(TSMM)】HP
TSMMセミナー担当 筑波大学医学医療系
塩見健輔(kshiomi@md.tsukuba.ac.jp

TARA Seminar (The 426th TSMM Seminar)
Title Oxidative Metabolism and Cardiac Regeneration
Speaker Wataru Kimura, Ph.D.
(Division of Cardiology, Department of Internal Medicine, UT Southwestern Medical Center, Dallas, TX, U.S.A / International tenure- track Assistant Professor, Life Science Center of Tsukuba Advanced Research Alliance (TARA), University of Tsukuba, Japan)
Date/Time Wednesday, September 7, 17:00-18:00
Venue Meeting Room on the 8th Floor Health and Medical Science Innovation Lab. Bldg.
Abstract The adult mammalian heart is not capable of meaningful functional recovery after substantial loss of myocardium due to an inability of cell division in vast majority of cardiomyocytes. In contrast, some lower vertebrates and immature mammals are capable of full cardiac regeneration through proliferation of pre-existing cardiomyocytes.
Therefore, there has been an intense interest in understanding the mechanisms of cardiomyocyte cell cycle regulation, and what distinguishes proliferative cardiomyocyte from terminally-differentiated non-proliferative cardiomyocytes. We have recently demonstrated that a metabolic switch that takes place immediately after birth from glycolysis to oxidative phosphorylation causes cell cycle arrest in mammalian cardiomyocytes through mitochondrial ROS generation (1). In addition, we identified a rare population of cycling cardiomyocytes that are hypoxic and therefore protected from highly oxidative mitochondrial ROS in the adult heart (2). Based on these findings, we propose that oxidative metabolism and redox regulation may hold a key for cardiac regeneration through the induction of cardiomyocyte cell cycle re-entry. References: (1) Cell 157, 565-579 (2014), (2) Nature 523, 226-230 (2015)

* This seminar will be given in English. *

"TSMM seminar is regarded as a lecture of the subjects "Medical Science Seminar II" (Master's Program in Medical Sciences), "Advanced Seminar in Medical Sciences" and "Seminar in Medical Sciences" (Doctoral Programs in Biomedical Sciences and Clinical Sciences)."

Contact Organizer: Professor Hiromi Yanagisawa
Life Science Center of Tsukuba Advanced Research Alliance (TARA)
E-mail: hkyanagisawa@tara.tsukuba.ac.jp
TSMM HP: http://www.md.tsukuba.ac.jp/public/tsmm/
平成28年度科研費セミナー
概 要 医学医療系学術委員会では、科研費の申請率や採択率の向上を目指し、科研費セミナーを次のとおり企画しましたので、案内いたします。
また、当日は、教員・研究員を限定としていませんので、将来研究者を目指す大学院生も多数出席くださるよう併せて案内いたします。
特に、日本学術振興会特別研究員への応募を考慮している大学院生にとっては、大変参考になると思われますので、是非ご出席下さい。
日 時 平成28年9月6日(火) 18:00~19:40
場 所 臨床講義室A
演 題 18:05~18:30(質疑応答5分含む)
西山 博之 教授
「科研費をgetしよう! ~泌尿器科の取り組みについて~」
18:30~18:55(質疑応答5分含む)
野口 恵美子 教授
「敵を知り、己を知る:科研費対策ABC」
18:55~19:20(質疑応答5分含む)
川口 孝泰 教授
「科研費をgetしたい気持ちを書面にするテクニック」
19:20~19:30(質疑応答5分含む)
橋口 晶子 URA
「科研費制度について」
担 当 医学研究支援 3022
38th Molecular Pathology Seminar
*This seminar is regarded as a lecture for the subject "Seminar in Medical Sciences"
Title Structural basis for antibacterial peptide transport across membranes
Speaker Dr. Konstantinos Beis
(Senior Lecturer, Imperial College London,UK)
Date 2016. 8. 30 (Tue) 17:00-18:00
Place Medical Research Building, Room 483
Contact Christopher Hipolito ext. 3944
Mitsuyasu Kato ext. 3159
筑波大学バーチャル手術ラボ主催 第14回講演会
日 時 平成28年8月25日(木)18:00~19:30
場 所 筑波大学医学エリア 健康医科学イノベーション棟8F講堂
演 題 「ICG蛍光イメージングの軌跡と展望」
後藤 邦仁(大阪大学大学院医学系研究科 外科学講座・消化器外科学 助教)
「IVR医と挑む局所進行膵癌の外科治療」
天野 良亮(大阪市立大学大学院 医学研究科 腫瘍外科学教室 講師)

*参加は無料です。事前の申し込みも必要有りません。お誘い合わせの上お出で下さい。

筑波大学バーチャル手術ラボ

お問い合わせ 筑波大学消化器外科 大城幸雄
029-853-79137
第428回 TSMMセミナー
演 題 茶色い宝石が切り拓く病気ゼロの社会
演 者 福田 真嗣 先生
慶應義塾大学先端生命科学研究所 教授、JSTさきがけ、株式会社メタジェン
日 時 2016年8月12日(金) 17:00~18:30
会 場 医学学系棟483室
要 旨

「茶色い宝石」この言葉が生まれた背景には、長年の腸内フローラ研究で培われた実験技術や知見、そして近年の技術革新による分析装置のブレイクスルーがあったことに他ならない。

ヒトの腸内には数百種類以上でおよそ100兆個にもおよぶ腸内細菌が生息しており、腸管細胞群と密接に相互作用することで、複雑な腸内生態系、すなわち「腸内エコシステム」を形成している。腸内エコシステムはヒトの健康維持に重要であることが知られているが、そのバランスが崩れると大腸癌や炎症性腸疾患といった腸そのものの疾患に加えて、自己免疫疾患や代謝疾患といった全身性疾患につながることも知られている1,2。したがってその重要性から、腸内フローラは異種生物で構成されるわれわれの体内のもう一つの臓器とも捉えられるが、一方で個々の腸内細菌がどのように振る舞うことで腸内エコシステムの恒常性維持に寄与しているのか、すなわち宿主-腸内フローラ間相互作用の分子機構の詳細は不明な点が多い。われわれはこれまでに、腸内フローラの遺伝子地図と代謝動態に着目したメタボロゲノミクスを基盤とする統合オミクス解析技術を構築し、腸内フローラから産生される短鎖脂肪酸である酢酸や酪酸が、それぞれ腸管上皮細胞のバリア機能を高めて腸管感染症を予防することや、免疫応答を抑制する制御性T細胞の分化を促すことで、大腸炎を抑制することを明らかにした3,4。他にも、便秘薬摂取による腸内環境改善が慢性腎臓病の悪化抑制に効果があることも明らかにした5。このように腸内フローラ由来代謝物質が生体恒常性維持に重要な役割 を担うことが明らかとなったことから、本研究成果を社会実装する目的で、慶應義塾大学と東京工業大学とのジョイントベンチャーとして株式会社メタジェンを設立した6。本発表では、「腸内デザインによる病気ゼロ社会」をキーワードに、科学的根拠に基づく食習慣の改善、適切なサプリメント開発や創薬など、腸内エコシステムの人為的修飾による新たな健康維持、疾患予防・治療基盤技術の創出に向けたわれわれの取り組みについて紹介する。

*TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武幸司)、生命システム医学専攻 & 疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷嘉人、島野仁)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。
連絡先 筑波大学医学医療系
高橋 智(内線 7516、satoruta@md.tsukuba.ac.jp
the 84th WPI-IIIS seminar
Date Tuesday, August 9, 2016
Time 17:00-18:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Joseph S. Takahashi
Department of Neuroscience, University of Texas Southwestern Medical Center, USA / The Howard Hughes Medical Institute
Subject “The Circadian Clock and RNA polymerase II Transcription“
Summary The circadian clock in mammals regulates transcription on a genome-wide scale. How does the clock regulate RNA polymerase II (Pol II) transcription? Recent work on Pol II has emphasized the importance of “pausing” as a major node of regulation.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第84回WPI-IIISセミナー
日 時 平成28年8月9日(火) 17:00~18:00
場所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
講 師 Dr. Joseph S. Takahashi
Department of Neuroscience, University of Texas Southwestern Medical Center, USA / The Howard Hughes Medical Institute
演 題 “The Circadian Clock and RNA polymerase II Transcription“
要旨 The circadian clock in mammals regulates transcription on a genome-wide scale. How does the clock regulate RNA polymerase II (Pol II) transcription? Recent work on Pol II has emphasized the importance of “pausing” as a major node of regulation.
連絡先 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
the 85th WPI-IIIS seminar
Date Thursday, August 4, 2016
Time 11:00-12:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Robert W. Greene
International Institute for Integrative Sleep Medicine, University of Tsukuba / University of Texas Southwestern Medical Center, USA
Subject “Locus Coeruleus-mediated, dopamine-dependent enhancement of episodic memory“
Summary The retention of episodic memory is enhanced, in humans and animals, by something that strongly attracts attention (like novelty for mice) shortly before or after encoding. The neurons mediating this dopamine-dependent novelty effect were previously thought to originate exclusively from the tyrosine hydroxylase-expressing (TH+) neurons in the ventral tegmental area (VTA) acting on the hippocampus. We find, surprisingly, that this long-lasting memory enhancement and associated, long lasting potentiation of CA1 synapses are mediated by LC-TH+ neuronal co-release of dopamine.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第85回WPI-IIISセミナー
日 時 平成28年8月4日(木) 11:00~12:00
場所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
講 師 Dr. Robert W. Greene
International Institute for Integrative Sleep Medicine, University of Tsukuba / University of Texas Southwestern Medical Center, USA
演 題 “Locus Coeruleus-mediated, dopamine-dependent enhancement of episodic memory“
要旨 The retention of episodic memory is enhanced, in humans and animals, by something that strongly attracts attention (like novelty for mice) shortly before or after encoding. The neurons mediating this dopamine-dependent novelty effect were previously thought to originate exclusively from the tyrosine hydroxylase-expressing (TH+) neurons in the ventral tegmental area (VTA) acting on the hippocampus. We find, surprisingly, that this long-lasting memory enhancement and associated, long lasting potentiation of CA1 synapses are mediated by LC-TH+ neuronal co-release of dopamine.
連絡先 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
The 427th TSMM Seminar
This seminar is regarded as a lecture for the subject "Seminar in Medical Sciences"
Title Plants for the future as anticancer applications.
Speaker Professor Hany A. El-Shemy
Cairo University Research Park (CURP), Biochemistry Department, Faculty of Agriculture, Cairo University
Date August 2, 2016 10:00-11:00
Venue Seminar Room 483 (Igakukei-tou 4th floor)
Abstract The relationship between treatments with plant-derived drugs and leukemia-associated (immuno) phenotypes (LAIPs) of clinically-isolated leukemia cells is not well-established in the Egyptian population. The objective of the present study was two-fold: 1) to develop a preliminary clinical prognostic map for commonly-expressed LAIPs in Egyptian patients clinically-diagnosed with leukemia, and 2) to assess the potential implication of LAIPs in the response rate to ten natural products of plant origin. Increased expression of LAIPs: CD4, CD14, CD33 and CD34 is considered as a surrogate marker of the desired response of leukemia cells to treatment with plant-derived drugs. Whereas, the increased expression of two particular LAIPs, namely: MPO and DR, was associated with poor prognostic outcomes following treatment with the plant-derived drugs. Our data present evidence that five out of the ten plant-derived drugs tested elicit the expression of several desirable LAIPs biomarkers. These findings clearly highlight the potential treatment efficacy of some plant-derived drugs against some selected Egyptian leukemic cell types.
*TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武幸司)、生命システム医学専攻 & 疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷嘉人、島野仁)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。
連絡先 筑波大学医学医療系
高橋 智(内線 7516、satoruta@md.tsukuba.ac.jp
【英語による科研費セミナー】
日 時 2016年7月28日(木)16:00~17:00
場 所 睡眠医科学研究棟 1階 講堂
演 者 1) Basics of KAKENHI and What's New in 2016(URA研究戦略推進室 鳥羽 岳太)
2) Some Tips for a Successful KAKENHI Application ~My Personal View~(国際統合睡眠医科学研究機構 Yoan Cherasse研究員)
事前登録 イベント告知ウェブページ(学内専用)(http://ura.sec.tsukuba.ac.jp/archives/7969)にリンクのあるフォームより申し込み
問合せ先 URA研究戦略推進室
鳥羽、加藤
内線3857
E-mail: toba.gakuta.fp@un.tsukuba.ac.jp
"KAKENHI Seminar for Non-Japanese Researchers"
Date Thursday, July 28, 2016
Time 4:00 to 5:00 pm
Venue 1F Auditorium, IIIS Building
Program 1. Basics of KAKENHI and What's New in 2016
Gakuta Toba (URA, Research Administration/Management Office)
2. Some Tips for a Successful KAKENHI Application ~My Personal View~
Yoan Cherasse (Researcher, International Institute for Integrative Sleep Medicine (IIIS))
Please visit the following URL for registration: http://ura.sec.tsukuba.ac.jp/archives/7969
Contact Gakuta Toba or Hideyuki Kato at Research Administration/ Management Office
Phone: ext 3857
E-mail: toba.gakuta.fp@un.tsukuba.ac.jp
"KAKENHI Seminar for Non-Japanese Researchers", delivered in English, will provide basic information of the KAKENHI system and some tips on preparing a successful proposal. You can also have a free discussion with other researchers in University of Tsukuba after the seminar.
第11回医学医療系研究発表会
日 時 2016年7月28日(木)18:00~19:30
場 所 臨床講義室B
演 者 大河内 信弘 教授
「臨床への出口を見据えた外科の基礎研究―再生医療、創薬(抗がん剤、DDS)―」
近藤 正英 准教授
「経済学の保健医療への応用」
土屋 尚之 教授
「ヒトゲノム多様性解析に基づくリウマチ・膠原病の病因・病態解明とバイオマーカーの探索」
本年度より医学医療系研究発表会は、生命システム医学専攻および疾患制御医学専攻の科目「医学セミナー」の対象の一つとして認められることとなりました。
事務担当 医学研究支援
the 83th WPI-IIIS seminar
Date Monday, July25, 2016
Time 12:00-13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Jun Nishiyama
Neuronal Signal Transduction Group, Max Planck Florida Institute for Neuroscience
Subject “/In vivo/ genome editing for high resolution mapping of endogenous proteins in the mammalian brain“
Summary A scalable method to image endogenous proteins is essential for integrative understanding of a cell at the molecular level. Recently, we developed a simple and generalizable technique to image endogenous proteins with high accuracy in the brain (Cell, 2016). The technique, termed SLENDR, uses in vivo genome editing to insert a sequence encoding an epitope tag or a fluorescent protein to a gene of interest by CRISPR-Cas9-mediated homology-directed repair (HDR), enabling to image endogenous proteins with a tag. Single-cell, HDR-mediated genome editing was achieved by delivering the editing machinery to dividing neuronal progenitors through in utero electroporation. SLENDR allows us to rapidly determine the localization and dynamics of many endogenous proteins in various cell types, regions and ages in the brain, providing a powerful tool suitable for large-scale analyses on a broad spectrum of proteins.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第83回WPI-IIISセミナー
日 時 平成28年7月25日(月) 12:00~13:00
場所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
講 師 Dr. Jun Nishiyama 西山 潤先生
Neuronal Signal Transduction Group, Max Planck Florida Institute for Neuroscience
マックス・プランク・フロリダ神経科学研究所
演 題 “/In vivo/ genome editing for high resolution mapping of endogenous proteins in the mammalian brain“
要旨 A scalable method to image endogenous proteins is essential for integrative understanding of a cell at the molecular level. Recently, we developed a simple and generalizable technique to image endogenous proteins with high accuracy in the brain (Cell, 2016). The technique, termed SLENDR, uses in vivo genome editing to insert a sequence encoding an epitope tag or a fluorescent protein to a gene of interest by CRISPR-Cas9-mediated homology-directed repair (HDR), enabling to image endogenous proteins with a tag. Single-cell, HDR-mediated genome editing was achieved by delivering the editing machinery to dividing neuronal progenitors through in utero electroporation. SLENDR allows us to rapidly determine the localization and dynamics of many endogenous proteins in various cell types, regions and ages in the brain, providing a powerful tool suitable for large-scale analyses on a broad spectrum of proteins.
連絡先 国際統合睡眠医科学研究機構
電話番号:029-853-8080 (内線:8080)
平成28年度人間総合科学研究科第2回FDプログラム
日 時 平成28年7月20日(水) 14:00~16:00
場 所 筑波大学 総合研究棟D D116(公開講義室)
演 題 はばたけ、世界へ。
趣 旨 世界で活躍できる人材養成は本研究科の大きな柱の1つである。今回は研究科で支援を行った「武者修行型学修派遣支援」による成果を大学院生2名に報告してもらい、海外に出ていくことの意義を共有する。また、この5月に紫綬褒章を受章された本学国際統合睡眠医科学研究機構長で本研究科教授(生命システム医学専攻)である柳沢正史教授にこれまでの研究の歩みを講演いただき、世界を舞台に研究することの意義を共有する。
【第1部】「人間総合科学研究科武者修行型学修派遣支援事業」報告
14:00-14:05 挨拶と趣旨説明 園山繁樹研究科長
14:05-14:25 「フィンランドにおける交通街づくりの実態調査」
櫻井祐輔(芸術(後期)2年)
14:25-14:45 「テュービンゲンとケルンにおける森の幼稚園の実地調査」
後藤みな(学校教育学2年)
【第2部】 講演会
14:45-14:50 講師紹介 園山繁樹研究科長
14:50-15:40 「私の研究の歩み―睡眠研究との出会いと世界を舞台にした研究―」
柳沢正史氏(国際統合睡眠医科学研究機構長、生命システム医学専攻教授)
(紫綬褒章受章 2016年春)
15:40-16:00 質疑応答
連絡先 筑波大学 人間総合科学研究科 運営担当
電話:029-853-2991/2996
URL:http://www.chs.tsukuba.ac.jp/2016/06/1043
第229回つくばブレインサイエンス・セミナー(2016年度7月定例会)
演 題 脳波・脳磁図への神経ネットワーク解析の適用-複雑性解析/機能的結合解析
The Emerging Field of E/MEG Analyses on Neural Network -Complexity and Connectivity-
演 者 高橋 哲也 先生(福井大学保健管理センター)
司 会 井出 政行 先生(筑波大学医学医療系)
日 時 2016年7月19日(火)18:00~
会 場 筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂 (バスご利用の方は「追越学生宿舎前」で下車してください)
詳細についてはTBSAホームページをご覧ください。
http://www.md.tsukuba.ac.jp/tbsa/
連絡先 つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務局
E-mail:tshiga@md.tsukuba.ac.jp
第184回保健・医療・福祉に関する勉強会
日 時 平成28年7月12日(火) 18:30~20:30
場 所 筑波大学総合研究棟D 116公開講義室(1F)
演 題 「介護保険制度の変遷と今後の介護予防−八千代町介護予防教室における多職種協働の有効性より−」
講 師 奥野純子 先生
筑波大学医学医療系 非常勤講師
連絡先 筑波大学医学医療系
福祉医療学 029-853-3496
連携セミナーシリーズ 第1回
タイトル 「生命の機能とかたち」
日 時 平成28年7月12日(火) 14:30~
場 所 筑波大学医学医療系 健康医科学イノベーション棟8階講堂
連絡先 湯本(KEK):fumiaki.yumoto@kek.jp
丹羽(筑波大):ryusuke-niwa.fw@u.tsukuba.ac.jp
《医学セミナー》ご案内
日 時 平成28年7月7日(木) 18:30~19:30
場 所 医学学系棟4階 483室
演 題 「WHO脳腫瘍分類改訂第4版がもたらしたパラダイムシフト ~WHO2016の光と影~」
講 師 市村幸一先生
(国立がん研究センター研究所 脳腫瘍連携研究分野 分野長)
連絡先 筑波大学医学医療系 脳神経外科 市川栄一(内線 3220)
《医学セミナー》ご案内
日 時 平成28年7月4日(月) 18:00~
場 所 臨床講義室 B
演 題 「抗がん剤の薬事承認に関する国内外の規則の現状と最近の開発動向」
講 師 永井純正先生
(東京大学医科学研究所先端医療研究センター遺伝子治 療開発分野 講師)
連絡先 乳腺内分泌外科学 原尚人(内線 3341)
the 82th WPI-IIIS seminar
Date Thursday, June30, 2016
Time 12:00-13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Shien-Fong Lin
Institute of Biomedical Engineering, National Chiao-Tung University, Taiwan
Subject “The Story of 1 billion Heartbeats: Initiation and Perturbation of Heart Rhythm“
Summary The heart is a reliable organ that produces more than 1 billion beats during its life time. Previous studies have established a redundant firing mechanism to be responsible for such a robust function.
In addition, the autonomic nerve system is associated with normal operation of the heart. However, it has also been implicated in many forms of cardiac arrhythmias. The incidence of lethal ventricular fibrillation and non-lethal atrial fibrillation both show a circadian pattern, implying the involvement of the autonomic nerve system. We will demonstrate optical mapping and ambulatory wireless recording results of dynamic events of atrial and ventricular fibrillations, and attempt to establish a correlation between autonomic function and arrhythmogenesis.
The prospect of using wearable devices to predict cardiac arrhythmias will be discussed.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第82回WPI-IIISセミナー
日 時 平成28年6月30日(木) 12:00~13:00
場所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
講 師 Dr. Shien-Fong Lin
Institute of Biomedical Engineering, National Chiao-Tung University, Taiwan
演 題 “The Story of 1 billion Heartbeats: Initiation and Perturbation of Heart Rhythm“
要旨 The heart is a reliable organ that produces more than 1 billion beats during its life time. Previous studies have established a redundant firing mechanism to be responsible for such a robust function.
In addition, the autonomic nerve system is associated with normal operation of the heart. However, it has also been implicated in many forms of cardiac arrhythmias. The incidence of lethal ventricular fibrillation and non-lethal atrial fibrillation both show a circadian pattern, implying the involvement of the autonomic nerve system. We will demonstrate optical mapping and ambulatory wireless recording results of dynamic events of atrial and ventricular fibrillations, and attempt to establish a correlation between autonomic function and arrhythmogenesis.
The prospect of using wearable devices to predict cardiac arrhythmias will be discussed.
連絡先 国際統合睡眠医科学研究機構
電話番号:029-853-8080 (内線:8080)
第183回 保健・医療・福祉に関する勉強会
日本プライマリ・ケア連合学会 単位認定講座
日 時 平成28年6月28日(火) 18:30~20:30
場 所 筑波大学総合研究棟D 公開講義室(1F)
講 師 吉本尚先生
筑波大学医学医療系 地域医療教育学 講師
筑波大学附属病院 総合診療科
概 要 アルコール問題はどの領域でも関わる健康課題であるが、介入が必要と判断される飲酒者は全国に1000万人いるとされ、問題の早期発見や初期対応はすべての医療者に必要とされる。
特に近年、アルコール依存症になる以前の、「危険な飲酒」「有害な飲酒」の段階から介入を行うことが効果的と言われており、全世界で対策が進められている。
こういった早期の介入は、アルコールに関連する身体的・心理的・社会的問題を減らす意味でも、医療者・医療機関の疲弊の軽減、医療費の増大を軽減させるという視点からも、非常に重要な取り組みである。
今回はアルコール問題のスクリーニング、介入、適切な紹介・連携を効果的に行う枠組みであるSBIRT(Screening, Brief Intervention, and Referral to Treatment、略称:エスバート)を説明し、具体的にどのように行うのかについて述べたい。
今回の勉強会では、筑波大学医学医療系地域医療教育学の吉本尚先生に「一歩進んだアルコール問題への対応方法 ~SBIRT」の演題で、お話していただく予定です。事前申し込みの必要はございません。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
この講演会は日本プライマリ・ケア連合学会茨城県支部の後援を受けています。この講演会に参加されますと、日本プライマリ・ケア連合学会 専門医・認定医2単位と認定薬剤師1単位が取得できます。
またフロンティア医科学専攻の医科学セミナー4(高齢者医学)の一部となっています。
連絡先 筑波大学医学医療系 福祉医療学 柳久子
TEL/FAX:029-853-3496
平成28年度 筑波大学人間総合科学研究科看護科学専攻セミナー
概 要 現在、米国イリノイ州、聖アンソニーメディカルセンター(マグネットホスピタル)のDirectorであり、かつCNL(クリニカルナースリーダー)の実践経験をもち、米国や日本国内でのCNL教育経験が豊富なAsako Takekuma Katsumata氏、OSF Healthcare SystemでEducation & Research Scientist(Advanced Practice)のColleen Janet Klein氏、Saint Anthony College of NursingのClinical InstructorでCNLの実践経験豊富な角田みなみ氏をお招きし、高度看護実践看護者(特にCNL)の育成と教育とのコラボレーション、CNS、NPの実践への起用についてご講演いただきます。
対象:本学の教員、大学・病院等の一般参加者
使用言語:英語(Asako Takekuma Katsumata氏による遂次通訳つき)
日 時 平成28年6月25日(土) 9:00~11:30
場 所 4B棟 209講義室
演 題 竹熊カツマタ麻子氏、角田みなみ氏
「CNL(クリニカルナースリーダー)の育成と教育とのコラボレーション」
コリーン・クライン氏
「CNS・NPの実践への起用」
お問い合わせ 看護科学専攻事務室(岡野・狩野)
E-mail:kanngojimu@md.tsukuba.ac.jp
URL:http://www.md.tsukuba.ac.jp/kango-kagaku
平成28年度特別講演
概 要 今回、変革理論やリーダーシップモデル等の理論の看護実践への活用について、聖アンソニーメディカルセンター看護部長の竹熊カツマタ麻子先生からご講演をいただきます。
先生のこれまでの豊富な実践・教育・研究、そして看護部長としてのご経験から、大変貴重なお話がきけますので、是非ご参加をお願いします。
日 時 平成28年6月24日(金) 15:30~17:30
場 所 イノベーション棟8階講堂
演 題 「理論の看護実践への活用」
講 師 聖アンソニーメディカルセンター看護部長
竹熊カツマタ麻子先生
*日本語での講演です
お問い合わせ 看護科学専攻事務室(岡野・狩野)
kanngojimu@md.tsukuba.ac.jp
第10回医学医療系研究発表会
日 時 平成28年6月23日(木) 18:00~19:30
場 所 臨床講義室B
演 者 井上貴昭 教授
「ER・ICU、そして災害医療を科学する」
古谷佳由理 准教授
「小児看護におけるコラボレーション」
榮 武二 教授
「陽子線治療装置の現状と課題」
その他 本年度より医学医療系研究発表会は、生命システム医学専攻および疾患制御医学専攻の科目「医学セミナー」の対象の一つとして認められることとなりました。
事務担当 医学研究支援
《医学セミナー》ご案内
日 時 平成28年6月22日(水) 18:30~19:30
場 所 医学学系棟8階 討議室821
演 題 「甲状腺疾患専門病院の診療 ~最新のトピックスを交えて~」
講 師 伊藤公一先生(伊藤病院 院長)
連絡先 乳腺内分泌外科学 原尚人(内線 3341)
the 79th WPI-IIIS seminar
Date Monday, June 13, 2016
Time 12:00-13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Zhijian Chen
Center for Genetics of Host Defense, UT Southwestern Medical Center / HHMI, USA
Subject “The dark side of DNA - Immune and autoimmune responses to cytosolic DNA –“
Summary The presence of DNA and aberrant RNA in the cytoplasm is a danger signal that alerts the host immune system to eliminate microbial infections, but inappropriate activation of these pathways can also lead to autoimmune diseases such as lupus. My talk will focus on our recent work on the discovery of a new innate immune sensor for cytosolic DNA, and a novel second messenger that triggers the production of type-I interferons and other inflammatory cytokines. I will also discuss the roles of this pathway in autoimmune diseases and cancer immunotherapy.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第79回WPI-IIISセミナー
日 時 平成28年6月13日(月) 12:00~13:00
場所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
講 師 Dr. Zhijian Chen
Center for Genetics of Host Defense, UT Southwestern Medical Center / HHMI, USA
演 題 “The dark side of DNA - Immune and autoimmune responses to cytosolic DNA –“
概要 The presence of DNA and aberrant RNA in the cytoplasm is a danger signal that alerts the host immune system to eliminate microbial infections, but inappropriate activation of these pathways can also lead to autoimmune diseases such as lupus. My talk will focus on our recent work on the discovery of a new innate immune sensor for cytosolic DNA, and a novel second messenger that triggers the production of type-I interferons and other inflammatory cytokines. I will also discuss the roles of this pathway in autoimmune diseases and cancer immunotherapy.
連絡先 国際統合睡眠医科学研究機構
電話番号:029-853-8080 (内線:8080)
《医学セミナー》ご案内
日 時 平成28年6月13日(月) 18:00~19:30
場 所 臨床講義室C
演 題 「遺伝性不整脈の最近のトピックス」
講 師 清水渉先生
(日本医科大学大学院医学研究科 循環器内科学分野教授)
連絡先 循環器内科(内線 3143)
the 78th WPI-IIIS seminar
Date Friday, June 10, 2016
Time 13:00-14:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Oleg Gusev
Division of Genomic Technologies, PMI RIKEN, Yokohama
Subject “Genomics and advanced transcriptomics of super-sleepers:
uncovering mechanisms of anhydrobiosis and hibernation “
Summary Beyond traditional sleeping pattern in animals, there are adaptations to hypometabolism, ranging from dormancy, where vital processes are significantly suppressed to examples of complete ametabolic cases, i.e. anabiosis. The most impressive examples of anabiosis, is the sleeping chironomid Polypedilum vanderplanki: an insect able to survive without water for years. A champion among mammalians sleepers is dormice, able to spent up to 11 months in dormancy. In my talk I will outline our recent finding (based on the advanced transcriptomics methods, including deep analysis of promotors and enhancers) on the genetic mechanisms providing such extraordinary ability to these animals.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第78回WPI-IIISセミナー
日 時 平成28年6月10日(金) 13:00~14:00
場所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
講 師 Dr. Oleg Gusev
Division of Genomic Technologies, PMI RIKEN, Yokohama
演 題 “Genomics and advanced transcriptomics of super-sleepers:
uncovering mechanisms of anhydrobiosis and hibernation “
概要 Beyond traditional sleeping pattern in animals, there are adaptations to hypometabolism, ranging from dormancy, where vital processes are significantly suppressed to examples of complete ametabolic cases, i.e. anabiosis. The most impressive examples of anabiosis, is the sleeping chironomid Polypedilum vanderplanki: an insect able to survive without water for years. A champion among mammalians sleepers is dormice, able to spent up to 11 months in dormancy. In my talk I will outline our recent finding (based on the advanced transcriptomics methods, including deep analysis of promotors and enhancers) on the genetic mechanisms providing such extraordinary ability to these animals.
連絡先 国際統合睡眠医科学研究機構
電話番号:029-853-8080 (内線:8080)
《医学セミナー》ご案内
セミナーは日本語で行われます(This seminar will be held in Japanese.)
日 時 平成28年6月7日(火) 18:00~19:30
場 所 イノベーション棟8階講堂
演 題 「神経幹細胞分化とニューロン機能を制御するエピジェネティクス機構」
講 師 中島欽一教授
(九州大学大学院医学研究院 応用幹細胞医科学部門基盤幹細胞学分野)
要 旨 神経幹細胞は、脳・神経系の主要な細胞種(ニューロン、アストロサイト、オリゴデンドロサイト)を生み出す元となる細胞である。この神経幹細胞の分化は、サイトカインなどの細胞外因子に加え、細胞内要因として、DNAや ヒストンなどのエピジェネティックな修飾に大きな影響を受けることが知られつつある。そこで、本セミナーの前半では、エピジェネティックな修飾のうち、特 にヒストンアセチル化が神経幹細胞の分化にどのように影響し、個体の表現系に関わるのか、またこの臨床応用的な話題について紹介したい。後半では、メチル 化DNA結合タンパク質MECP2遺伝子の変異が原因で発症することが知られる、発達性障害レット症候群の発症メカニズムについて、我々が最近同定したMeCP2の新規機能の観点から議論したいと考えている。
連絡先 分子神経生物学 桝正幸(内線3249)
つくばブレインサイエンスセミナーとの共催です。
平成28年度人間総合科学研究科第1回FDプログラム
日 時 平成28年6月1日(水) 14:00~
場 所 筑波大学総合研究棟D D116公開講義室(1F)
趣旨・目的 本企画は、TA(Teaching Assistant)-TF(Teaching Fellow)の2つのレベル から構成されるFDの組織化・制度化を指向し、未来型の大学人育成のためのFD活動を実践しようとするものです。
今回は、TFとして授業に臨むときの姿勢や必要なスキル等について、人間系専 攻、体育系専攻、芸術系専攻の先生方に、モデル授業を実施していただくことに なりました。
これまでと同様に、TFになった院生、TFをめざす院生のほか、教員及び学 内の希望者の参加を期待しております。
プログラム 進行:園山 繁樹(人間総合科学研究科長)
【モデル授業】
1)14:00~14:40
授業テーマ:「医学概論Ⅱ 医学・医療ニュースを読み解くための基礎知識」
塩川 宏郷(障害科学専攻・准教授)

2)14:40~15:20
授業テーマ:「Advanced Coach Education;スポーツコーチングの国際的枠組 み -米国大学スポーツの事例-」
松元 剛(コーチング学専攻・准教授)

3)15:20~16:00
授業テーマ:「湯島聖堂本尊孔子像彩色復元研究を通して」
程塚 敏明(前期芸術専攻・准教授)
連絡先 筑波大学 人間総合科学研究科 運営担当
電話:029-853-2991/2996
URL:http://www.chs.tsukuba.ac.jp/2016/05/990
第182回保健・医療・福祉に関する勉強会
日 時 平成28年5月31日(火) 18:30~20:30
場 所 筑波大学総合研究棟D 116公開講義室(1F)
演 題 「鬼怒川洪水で何が起きたのかーきぬ医師会病院の7か月ー」
演 者 平野千秋先生
筑波大学非常勤 講師
きぬ医師会 (小児生活習慣病予防外来)医師
連絡先 筑波大学医学医療系
福祉医療学 029-853-3496
第9回医学医療系研究発表会
日 時 平成28年5月26日(木) 18:00~19:30
場 所 臨床講義室B
演 者 島野仁 教授
「脂質の量と質に視点をおいた疾患制御と多臓器的展開~リピッドの新しい切り口~」
徳田克己 教授
「点字ブロックの話」
松本正幸 教授
「霊長類動物モデルを用いた高次脳機能研究」
その他 本年度より医学医療系研究発表会は、生命システム医学専攻および疾患制御医学専攻の科目「医学セミナー」の対象の一つとして認められることとなりました。
事務担当 医学研究支援 加藤(3022)
筑波大学バーチャル手術ラボ主催第5回筑波大・九州大交流会&第13回講演会
日 時 平成28年5月25日(水) 18:00~19:00
場 所 筑波大学医学エリア学群棟4A411
アクセス
演 者 大内田 研宙先生
(九州大学病院 胆道・膵臓・膵臓移植・腎臓移植外科  助教)
「術前シミュレーションに基づく腹腔鏡下胃癌手術のアプローチ法の選択」
橋爪 誠先生
(九州大学医学研究院 先端医療医学部門 教授)
「多元計算解剖学とナビゲーション治療」
その他 *参加は無料です。事前の申し込みも必要有りません。お誘い合わせの上お出で下 さい。
連絡先 筑波大学消化器外科 大城幸雄
029-853-7913
426rd TSMM seminar(5/13)is cancelled
下記のセミナーは、キャンセルとなりました。ご注意下さい。
TARAセミナー(第426回TSMMセミナー)のお知らせ
演 題 Oxidative Metabolism and Cardiac Regeneratio(酸素代謝と心臓再生)
演 者 木村航先生
(テキサス大学サウスウエスタンメディカルセンター 内科 心臓病学部門 / 筑波大学 生命領域学際研究センター)
日 時 平成28年5月13日(金) 17:00~18:30
会 場 医学系学群棟 4階 4A411会議室
要 旨

The adult mammalian heart is not capable of meaningful functional recovery after substantial loss of myocardium due to an inability of cell division in vast majority of cardiomyocytes. In contrast, some lower vertebrates and immature mammals are capable of full cardiac regeneration through proliferation of pre-existing cardiomyocytes.
Therefore, there has been an intense interest in understanding the mechanisms of cardiomyocyte cell cycle regulation, and what distinguishes proliferative cardiomyocyte from terminally-differentiated non-proliferative cardiomyocytes. We have recently demonstrated that a metabolic switch that takes place immediately after birth from glycolysis to oxidative phosphorylation causes cell cycle arrest in mammalian cardiomyocytes through mitochondrial ROS generation (1). In addition, we identified a rare population of cycling cardiomyocytes that are hypoxic and therefore protected from highly oxidative mitochondrial ROS in the adult heart (2). Based on these findings, we propose that oxidative metabolism and redox regulation may hold a key for cardiac regeneration through the induction of cardiomyocyte cell cycle re-entry.

References: (1) Cell 157, 565-579 (2014), (2) Nature 523, 226-230 (2015)

* This seminar will be given in English. *

連絡先 筑波大学生命領域学際研究センター
柳沢裕美(hkyanagisawa@tara.tsukuba.ac.jp

*TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武幸司)、生命システム医学専攻 & 疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷嘉人、島野仁)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。

【筑波分子医学協会(TSMM)】HP
TSMMセミナー担当 筑波大学医学医療系
塩見健輔(kshiomi@md.tsukuba.ac.jp

第227回 つくばブレインサイエンス・セミナー (2016年度5月定例会)
日 時 平成28年5月10日(火) 18:00~
演題タイトル 「妊娠中の感染症と出生児の精神・神経疾患発症リスク~Poly ICモデル動物が教えてくれたこと~ 」
演 者 大西 新 先生((株)RESVO・北里大学理学部物理学科 生物物理研究室)
司 会 武井 陽介 先生(筑波大学医学医療系)
会 場 筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂 (バスご利用の方は「追越学生宿舎前」で下車してください)
詳 細 TBSAホームページをご覧ください
お問い合わせ先 つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務局
E-mail: tshiga@md.tsukuba.ac.jp
第8回医学医療系研究発表会
日 時 平成28年4月28日(木) 18:00~19:30
場 所 臨床講義室B
演 者 熊谷嘉人 教授
「生活環境中で生じるタンパク質の化学修飾とそれを制御する意外な分子」
本田克也 教授
「法医学の挑戦―DNA鑑定が発掘する真実を求めて」
竹越一博 教授
「褐色細胞腫の遺伝子診断について」
事務担当 医学研究支援 加藤(3022)
第226回 つくばブレインサイエンス・セミナー (2016年度4月定例会)
日 時 平成28年4月26日(火) 18:00~
演題タイトル 「映像酔いとベクションから見た視覚前庭相互作用」
演 者 氏家 弘裕 先生(産総研・人間情報研究部門・感覚知覚情報デザイン研究グループ)
司 会 高島 一郎 先生(産総研・人間情報研究部門)
会 場 筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂 (バスご利用の方は「追越学生宿舎前」で下車してください)
詳 細 TBSAホームページをご覧ください
お問い合わせ先 つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務局
E-mail: tshiga@md.tsukuba.ac.jp
the 77th WPI-IIIS seminar
Date Wednesday, April 13, 2016
Time 11:00-12:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Kenichiro Itami
Institute of Transformative Bio-Molecules, Nagoya University
Subject “Rapid synthesis catalysts meet plant biology and chronobiology”
Summary Small-molecule approach can be complementary to genetic approaches for exploring biology and beyond. The Institute of Transformative Bio-Molecules (ITbM) at Nagoya aims at developing game-changing molecules and molecular technology for plant biology, chronobiology, and live imaging. By using our original rapid molecule- assembling catalysts, a number of lead compounds were rapidly discovered. In this talk, I will describe the overview of ITbM and our exciting on-going collaborative projects merging synthetic chemistry, plant biology, animal biology, computational chemistry, and live imaging.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第77回WPI-IIISセミナー
日 時 平成28年4月13日(水) 11:00~12:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者 伊丹 健一郎先生
名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所
演 題 “Rapid synthesis catalysts meet plant biology and chronobiology”
要 旨 Small-molecule approach can be complementary to genetic approaches for exploring biology and beyond. The Institute of Transformative Bio-Molecules (ITbM) at Nagoya aims at developing game-changing molecules and molecular technology for plant biology, chronobiology, and live imaging. By using our original rapid molecule- assembling catalysts, a number of lead compounds were rapidly discovered. In this talk, I will describe the overview of ITbM and our exciting on-going collaborative projects merging synthetic chemistry, plant biology, animal biology, computational chemistry, and live imaging.
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)