筑波大学大学院 人間総合科学研究科 医学系専攻についてご紹介します。

セミナーのお知らせ

2017年度・開催履歴(4月~)

第27回医学医療系研究発表会

日 時 3月29日(木)18:00~
場 所 臨床講義室B
演 者

酒井 俊 講師
肺高血圧症の病態と治療の進化

橋本 幸一 教授
T-CReDOの臨床研究・医師主導治験支援と機能性食品研究による臨床研究のOJT教育

佐藤 豊実 教授
上皮性卵巣癌の妊孕性温存治療の対象拡大のための非ランダム化検証的試験

備 考 医学医療系研究発表会は、生命システム医学専攻および疾患制御医学専攻の科目
「医学セミナー」の対象の一つとして認められています。
連絡先 事務担当 医学研究支援(3022)

看護学類特別セミナー

講 師 伊東清恵氏
(看護師、JICAコンサルタント)
タイトル 途上国で日本人ナースが活動するには
日 時 2018年3月12日(月)16:00~17:00
会 場 4B棟209号室
連絡先 国際看護学

第193回 保健・医療・福祉に関する勉強会 日本プライマリ・ケア連合学会 単位認定講座

災害時の精神医療対応について~災害派遣精神医療チーム(DPAT)の現在~

演 者 高橋 晶 先生
筑波大学医療医学系 災害・地域精神医学 准教授
茨城県立こころの医療センター 地域・災害支援部長・室長
日 時 平成30年3月5日(月)18:30~20:30
場 所 筑波大学総合研究棟D 公開講義室(1F)
連絡先 筑波大学医学医療系 福祉医療学
柳 久 子
TEL&FAX : 029-853-3496
《医学セミナー》
講師 中原 貴 先生(日本歯科大学 教授)
タイトル バイオ再生医療と歯の細胞バンク~安全を担保する医療インフラにむけて~
日 時 2018年2月20日(火)17:30~19:00
会 場 4A 411室
連絡先 医学医療系 顎口腔外科学 武川寛樹 (内線7934,3050)
《医学セミナー》
非常勤講師名 鈴木 広道 先生
(筑波メディカルセンター病院 感染症内科・臨床検査医学科)
セミナータイトル 感染症プライマリケア領域の研究で必要な最新の知見(2018)
セミナー日時 2018年2月16日(金) 14:30-15:30
セミナー会場 地域医療システム研究棟 研修室
連絡先 地域医療教育学(029-853-3101)
《医学セミナー》
講師 後藤田卓志先生(日本大学 教授)
タイトル 消化器疾患と腸内細菌
日 時 2018年2月15日(木)19:00~
会 場 学系棟4階 483室
連絡先 奈良坂俊明 (内線3218, PHS90171)
《医学セミナー》
日 時 2月14日(水)18:30~20:00
場 所 陽子線医学利用研究センター3F会議室
講 師 廣藤 喜章 氏(セントメディカル・アソシエイツ 部長)
演 題 放射線健康リスクのエビデンス
連絡先 RaMSEP事務局(e-mail:radipro-jimu@md.tsukuba.ac.jp
臨床研究地域イノベーション学分野講演会
演 題 臨床研究・橋渡し研究分野における実績と展望
日 時 2月14日(水)17:00~18:00
場 所 医学系学系棟483室
講 師 公益財団法人がん研究会有明病院
消化器内科医長 松阪 諭 先生
世話人 医学医療系/T-CReDO 教授 橋本 幸一
問合せ 医学医療エリア支援室(総務) 三井
内線:3015
The 128th WPI-IIIS seminar
This seminar will be held in English
Date Tuesday, February 13, 2018
Time 16:00 – 17:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Riko Muranaka
Medical Doctor & Journalist / Lecturer, Kyoto University School of Medicine
Subject Anti-Vax Campaign Using Pseudoscience and Lawsuits
Summary

In April 2013, HPV vaccination entered routine use in Japan.
But two months later, the government made the decision to “temporarily” suspend proactive recommendations for the vaccines, while still keeping them in the National Immunization Program. This was evidently in response to alleged adverse reactions such as seizures, inability to walk, or memory loss. In July 2016, a lawsuit was filed against the Japanese government for compensation of the injuries allegedly caused by the HPV vaccines; the first instance of such a lawsuit in world history.
In this seminar, I will overview the anti HPV vaccine campaign that took control of the media and government decision-making, and look at the mouse experiments presented by Dr. Shuichi Ikeda, then professor of neurology, Vice Chancellor of the Medical Department and Dean of Shinshu University, who was commissioned by the MHLW to investigate adverse reactions to the HPV vaccine. Dr. Ikeda later sued me for libel for calling his presentation a fabrication; his behavior has been criticized by the global scientific community.

Click here for more information

Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第128回WPI-IIISセミナー
日 時 平成30年2月13日(火) 16:00-17:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者 Dr. Riko Muranaka (村中 璃子先生)
Medical Doctor & Journalist / Lecturer, Kyoto University School of Medicine
(医師・ジャーナリスト/ 京都大学非常勤講師)
演 題 Anti-Vax Campaign Using Pseudoscience and Lawsuits
要 旨

In April 2013, HPV vaccination entered routine use in Japan.
But two months later, the government made the decision to “temporarily” suspend proactive recommendations for the vaccines, while still keeping them in the National Immunization Program. This was evidently in response to alleged adverse reactions such as seizures, inability to walk, or memory loss. In July 2016, a lawsuit was filed against the Japanese government for compensation of the injuries allegedly caused by the HPV vaccines; the first instance of such a lawsuit in world history.
In this seminar, I will overview the anti HPV vaccine campaign that took control of the media and government decision-making, and look at the mouse experiments presented by Dr. Shuichi Ikeda, then professor of neurology, Vice Chancellor of the Medical Department and Dean of Shinshu University, who was commissioned by the MHLW to investigate adverse reactions to the HPV vaccine. Dr. Ikeda later sued me for libel for calling his presentation a fabrication; his behavior has been criticized by the global scientific community.

詳細はこちらからもご覧になれます

国際統合睡眠医科学研究機構長 柳沢 正史

問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
442nd TSMM seminar Seminar in Medical Sciences
(This presentation will be held in English)
Date
日時
February 7th, 2018 17:00-18:00
2018年2月7日(水)17:00-18:00
Venue
場所
8F Hall, Health & Med Sci. Innovation
健康医科学イノベーション棟8階 講堂
Speaker Kenji IWASAKI PhD (IPR, Osaka University)
岩崎 憲治 准教授(大阪大学蛋白質研究所)
Title Cryo-EM revolution
Abstract This Nobel Prize in Chemistry 2017 was awarded to Richard Henderson,Jacques Dubochet, and Joachim Frank for the technological development of cryo-electron microscopy (cryo-EM), especially for structural biology. Behind this, the junior microscopists following in the footsteps of Nobel Prizers have reported a number of near-atomic models of various kinds of biological molecules, which is supported by the recent advances in direct electron detection camera (DED) and image processing techniques. Our institute, Institute for Protein Research (IPR), installed the high-end cryo-electron microscope, Titan Krios, equipped with the recent advanced devices which are Cs-corrector, Volta phase plate (VPP) as well as DED. Combining the image data obtained from Titan Krios with the image processing software, RELION, has brought us a near atomic resolution structures continually since it started to be operated. In this seminar, this facility and the basic principle of cryo-EM will be introduced.
連絡先 筑波大学医学医療系 川口敦史
内線 3233、ats-kawaguchi@md.tsukuba.ac.jp
【筑波分子医学協会(TSMM)】HP
医学医療系日本学術振興会特別研究員申請書作成セミナー(医学系専攻FD)
日 時 平成30年2月6日(火)17時~
場 所 健康医科学イノベーション棟8F講堂
内 容 制度の概要(医学URAによる)
特別研究員採用者の経験談(医学医療系採用者による、うち1名は英語での発表)
【To International Students】 Faculty of Medicine will hold "JSPS Research Fellowships for Young Scientists-DC (GAKUSHIN) application seminar" on Feb, 6th, 2018. The seminar is basically given in Japanese, but the talk by Ms Hyojung Jeon will be given in English. Current and prospective Doctoral Program students are welcome to attend.
看護研究者セミナーシリーズ2018
Nurse Researcher Seminar Series 2018
教育の仕事と自分の研究活動を両立させるには
Balancing Education and Research
日 時
Date
平成30年2月6日(火曜日)12:00-13:30(14:00-15:30座談会)
Tuesday, February 6, 2018 12:00-13:30 (14:00-15:30 Round-table talk)
場 所
Venue
医学キャンパス共同利用棟B103
Medical Campus, 4B Building Annex B Rm. 103
グローバルヘルスにおける女性研究者の活躍と成長を支えてゆくために
Women in Research Collaborate to Advance Global Nursing Leadership
日 時
Date
平成30年2月6日(火曜日)16:00-18:00
Tuesday, February 6, 2018 16:00-18:00
場 所
Venue
医学キャンパス共同利用棟B103
Medical Campus, 4B Building Annex B Rm. 103
お問い合わせ
Office
国際看護学kanngojimu@md.tsukuba.ac.jp
Global Health Nursingkanngojimu@md.tsukuba.ac.jp
《医学セミナー》
講師 糸井隆夫 先生(東京医科大学 主任教授)
タイトル 超音波内視鏡を用いた胆膵治療の進歩
日 時 2018年2月5日(月)19:00~
会 場 学系棟4階 483室
連絡先 奈良坂俊明 (内線3218, PHS90171)
《医学セミナー》
非常勤講師名 足立 信也 先生
(参議院議員、筑波大学客員教授)
タイトル 診療報酬改定と医師の働き方
日 時 2018年2月2日(金)17:00-18:30
会 場 学系棟4階 483室
連絡先 消化器外科 大原佑介 内線 3181
平成29年度医薬品・医療機器レギュラトリーサイエンス講座
期間 2018年1月9日(火)~2月1日(木)16:45-19:15(全9回)
会場 筑波大学
・東京キャンパス文京校舎1F134講義室
・筑波キャンパス(医学地区)健康医科学イノベーション棟105室ほか
(東京からインターネット同時中継)
対象者 医薬品・医療機器等の研究、開発に携わっている方やご関心のある方、
行政、アカデミア、研究者、企業人、大学院生等
参加費 無料
要事前申込 こちらよりお申し込みください。
(定員になり次第締め切らせていただきます))
講義概要 詳細は別添チラシをご覧ください。
一定の条件を満たした方には修了証を発行いたします。
日程

第1回※1月9日(火) 18:00-19:15
「イントロダクション」
桐生 康生先生 医薬品医療機器総合機構 上席審議役(レギュラトリーサイエンス担当)

第2回 1月10日(水) 16:45-18:00
「医薬品の規制と審査」
山田 雅信先生 筑波大学医学医療系 教授

第3回 1月10日(水) 18:00-19:15
「再生医療等製品の規制と審査」
本田 二葉先生 医薬品医療機器総合機構 再生医療製品等審査部次長

第4回 1月17日(水) 16:45-18:00
「医療機器の規制と審査」
木下 勝美先生 医薬品医療機器総合機構 審議役(機器審査等担当)

第5回 1月17日(水) 18:00-19:15
「医薬品・医療機器の安全対策」
宇津 忍先生 医薬品医療機器総合機構 安全管理監

第6回 1月24日(水) 16:45-18:00
「医薬品・医療機器等規制における国際協力関係」
佐藤 淳子先生 医薬品医療機器総合機構 国際協力室室長

第7回 1月24日(水) 18:00-19:15
「先進医療制度」
郡山 弘先生 厚生労働省 医政局研究開発振興課 先進医療専門官

第8回 2月1日(木) 16:45-18:00
「医薬品等副作用被害救済制度」
佐藤 玲子先生 医薬品医療機器総合機構 健康被害救済部次長

第9回 2月1日(木) 18:00-19:15
「医薬品・医療機器レギュラトリーサイエンス総論」
赤川 治郎先生 医薬品医療機器総合機構 理事(技監)

※第1回は筑波キャンパスのみでの開催となりますのでご注意ください。
場所:筑波キャンパス医学棟204教室⇒アクセス

会場までのアクセス
(第2~9回)

東京キャンパス 〒112-0012 文京区大塚3-29-1

筑波キャンパス 〒305-8575 つくば市天王台1-1-1
イノベーション棟 

お問合せ(事務局) 筑波大学つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO)
TR推進・教育センター/RS講座事務局
TEL  029-853-3861(小林)
E-mail mihoko.kobayashi@md.tsukuba.ac.jp
HPはこちら  
看護研究者セミナーシリーズ2018
Nurse Researcher Seminar Series 2018
外国人研究者と話そう:育児とキャリアの両立
Let’s Talk with Foreign Researchers
日 時
Date
平成30年1月31日(水曜日)15:30-17:00
Wednesday, January 31, 2018 15:30-17:00
場 所
Venue
グローバルビレッジコミュニティープラザ
Global Village Community Plaza
看護学研究者への期待:モンゴル人医師からのメッセージ
Expectations for Nurse Researchers
日 時
Date
平成30年2月1日(木曜日)12:00-13:30(14:00-15:30座談会)
Thursday, February 1, 2018 12:00-13:30 (14:00-15:30 Round-table talk)
場 所
Venue
医学キャンパス共同利用棟B103
Medical Campus, 4B Building Annex B Rm. 103
平成29年度 医療科学類 FD講習会
日 時 平成30年1月31日(水)15:15-16:30
会場 健康医科学イノベーション棟8階講堂
講師 佐賀大学アドミッションセンター長 西郡 大 教授
演題 「大学入試の面接試験の強みをどこまで発揮できるか?」
主催 医療科学類FD委員会
『つくば医工連携フォーラム2018』
日 時 2018年1月26日(金)
時 間 9:30~18:00(予定)※受付開始 8:50~
懇親会 18:10~ ※産総研内レストランを予定
会 場 産業技術総合研究所 つくば中央共用講堂(つくば市東1-1-1)
(TXつくば駅から専用無料送迎バスをご用意します)
会場までのアクセスはこちら
参加費 一般・ポスドク 2,000円/学生 無料(税込)
懇親会 一般・ポスドク 4,000円/学生 1,000円(税込)
演題募集 締切 2017年12月11日(月)正午
基礎研究を中心に幅広く募集しております。
ポスドク・学生は研究奨励賞の対象となります。
受賞者は懇親会へ無料ご招待いたします。
ふるってご応募ください。
【事務局】 つくば医工連携フォーラム2018事務局
〒305-8576 茨城県つくば市天久保2-1-1
筑波大学つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO)内
TEL: 029-853-3861
Email: ikourenkei2018@md.tsukuba.ac.jp
HP: 大会ホームページはこちらです
The 127th WPI-IIIS seminar
This seminar will be held in English
Date Thursday, January 25, 2018
Time 14:00 – 15:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Norio Ozaki
Department of Psychiatry, Nagoya University Graduate School of Medicine
Subject Clarifying molecular pathogenesis of mental disorders based on rare disease-susceptibility variants
Summary

We identified rare disease-susceptibility variants, such as copy number variants (CNVs) and single nucleotide variants (SNVs) with high effect size, including 22q11.2del and 3q29del for schizophrenia, PCDH15del for bipolar disorder, and SNV in MECP2 for Rett syndrome associated with autistic spectrum disorder. Now we are trying to elucidate the pathogenesis of these mental disorders by analyzing iPS cells established from patients with rare variants, as well as by generating animal models with these rare variants through the genome editing technology. One of the main symptoms in mental disorders is sleep disturbance; in particular, psychiatric patients with rare variants such as 22q11.2del and SNV in MeCp2 tend to show sleep problems. We should pay attention to sleep as a phenotype because we can directly compare sleep in animal models with abnormal sleep in patients.

Click here for more information

Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第127回WPI-IIISセミナー
日 時 平成30年1月25日(木)14:00-15:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者 Dr. Norio Ozaki 尾崎 紀夫 先生
Department of Psychiatry, Nagoya University Graduate School of Medicine 名古屋大学大学院医学系研究科
演 題 Clarifying molecular pathogenesis of mental disorders based on rare disease-susceptibility variants
要 旨

We identified rare disease-susceptibility variants, such as copy number variants (CNVs) and single nucleotide variants (SNVs) with high effect size, including 22q11.2del and 3q29del for schizophrenia, PCDH15del for bipolar disorder, and SNV in MECP2 for Rett syndrome associated with autistic spectrum disorder. Now we are trying to elucidate the pathogenesis of these mental disorders by analyzing iPS cells established from patients with rare variants, as well as by generating animal models with these rare variants through the genome editing technology. One of the main symptoms in mental disorders is sleep disturbance; in particular, psychiatric patients with rare variants such as 22q11.2del and SNV in MeCp2 tend to show sleep problems. We should pay attention to sleep as a phenotype because we can directly compare sleep in animal models with abnormal sleep in patients.

詳細はこちらからもご覧になれます

国際統合睡眠医科学研究機構長 柳沢 正史

問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
第26回医学医療系研究発表会
日 時 1月25日(木)18:00~
場 所 臨床講義室B
演 者

長瀬 博 教授
オピオイド及びオレキシン受容体選択的薬物の設計・合成

溝上 裕士 准教授
消化器内視鏡治療の新展開

竹熊 カツマタ 麻子 教授
医療・看護サービスの質と安全の向上に取り組むクリニカルナースリーダー(CNL)の日本への導入の試み

玉岡 晃 教授
アルツハイマー病:病態と治療戦略

備考 医学医療系研究発表会は、生命システム医学専攻および疾患制御医学専攻の科目「医学セミナー」の対象の一つとして認められています。
連絡先 事務担当 医学研究支援(3022)
循環器内科学分野講演会
演 題 循環器内科学分野での教育・研究・診療における成果と展望
日 時

第1回:1月15日(月)18時~19時
慶應義塾大学医学部循環器内科
准教授 家田 真樹 先生

第2回:1月15日(月)19時20分~20時20分
筑波大学医学医療系循環器内科学
准教授 佐藤 明 先生

第3回:1月23日(火)18時~19時
英国レスター大学循環器内科
教授 鈴木 亨 先生

第4回:1月23日(火)19時20分~20時20分
筑波大学医学医療系循環器内科学
准教授 瀬尾 由広 先生

場 所 臨床講義室B
問合せ先 医学医療エリア支援室(総務) 三井
内線:3023
第10回つくばがん研究会
つくばキャンサーリサーチアリーナ
日 時 2018年1月18日(木)18時~
場 所 筑波大学臨床講義室D
要 旨 19時05分から予定されているがん研究会では、発光イメージングでご高名な大阪 大学の永井健治先生を講師にお迎えし、「化学発光が拓く次世代バイオフォトニ クス」というタイトルでご講演いただきます。永井先生の新しいイメージング技 術は、脳科学研究など多くの分野に応用され始めており、また、永井先生ご自身 も『少数性生物学』という独創的な生命科学研究を展開されています。がん研究 分野以外の皆さんも歓迎いたしますので、ぜひご参加ください。
備 考 参加費:500円
コ・メディカル、ポスドク、研修医、大学院生は参加費不要です
世話人 加藤光保(実験病理学研究室)
ヘルスサービスリサーチセミナー
日 時 1月18日木曜日14:15~14:45
会 場 総合研究D棟115室
講 師 井上 恵先生
(George Mason University, Department of Social Work, 准教授)
タイトル

米国のEOL(End of Life)におけるACP(Advance Care Planning)の現状

日本で臨床看護師としての実践の後に渡米され、ソーシャルワーカーの資格を持ちつつアメリカでソーシャルワークの博士号を取得し、ソーシャルワークの実証研究を中心としてご活躍されている先生です。ACPを中心に、アメリカのEOLの現状と課題についてお話しいただきます。

備 考 筑波大学医学医療系ヘルスサービスリサーチ分野(田宮研究室)
第240回つくばブレインサイエンス・セミナー (2018年1月開催)
演題タイトル 分子イメージングで紐解く意欲調節の神経メカニズムとその障害
演 者 南本 敬史(みなみもと たかふみ)先生
量子科学技術研究開発機構・脳機能イメージング研究部
日 時 2018年1月16日(火)18時より
司 会 設楽 宗孝 先生(筑波大学医学医療系・生命医科学域)
会 場 筑波大学・医学エリア・臨床講義室C
(バスご利用の方は『筑波大学病院入り口』または『追越学生宿舎前』で下車し てください)
備 考 詳細についてはTBSAホームページをご覧ください.
つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務局
医学セミナー・第16回分子遺伝疫学セミナー
“Seminars in Medical Sciences” Lecture
This seminar will be held in English.
Title Whole-genome mutational landscape and characterization of noncoding and structural mutations in liver cancer
Speaker Dr. Akihiro Fujimoto
(Associate Professor, Department of Drug Discovery Medicine, Graduate School of Medicine, Kyoto University)
藤本明洋博士、京都大学大学院医学研究科創薬医学講座 特定准教授
Date January 11, 2018 (Thurs)
Time 17:00-18:15
Venue Innovation Building, 8F Auditorium
(健康医科学イノベーション棟8階講堂)
Note This seminar is one of the seminars for the subject “Seminar in Medical Sciences” in Doctoral Programs in Biomedical Sciences and Clinical Sciences. The seminar will be given in English, but questions in Japanese are also welcome.
Abstract Liver cancer, which is most often associated with virus infection, is prevalent worldwide, and its underlying etiology and genomic structure are heterogeneous. Here we provide a whole-genome landscape of somatic alterations in 300 liver cancers from Japanese individuals. Our comprehensive analysis identified point mutations, structural variations (STVs), and virus integrations, in noncoding and coding regions. We discovered recurrently mutated coding and noncoding regions, such as long intergenic noncoding RNA genes (NEAT1 and MALAT1), promoters, and regulatory regions. STV analysis found a significant association with replication timing and identified known (CDKN2A, CCND1, APC, and TERT) and new (ASH1L, NCOR1, and MACROD2) cancer-related genes that were recurrently affected by STVs, leading to altered expression.
These results emphasize the value of whole-genome sequencing analysis in discovering cancer driver mutations and understanding comprehensive molecular profiles of liver cancer, especially with regard to STVs and noncoding mutations.
contact Naoyuki Tsuchiya, Molecular and Genetic Epidemiology
Laboratory
tsuchiya@md.tsukuba.ac.jp
The 126th WPI-IIIS seminar
Date Thursday, January 11, 2018
Time 12:00 – 13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Yuji Ikegaya
Laboratory of Chemical Pharmacology, Graduate School of
Pharmaceutical Sciences, The University of Tokyo
Subject Hippocampal ripples downregulate synaptic weights during slow-wave sleep
Summary

Synapses are potentiated during awake periods and are cooled down during sleep, during which long-term depression (LTD) may also help erase unwanted memory engrams. However, the neural entity that causes LTD has not yet been identified, even though 40 years have passed since hippocampal LTD was first described. We discovered that slow-wave ripples (SWRs) perform this function. The event frequency of SWRs increases up to approximately 1 Hz after learning and then serves as a low-frequency stimulation protocol that induces LTD. Through this LTD, SWRs refine neuron ensembles that are replayed during slow-wave sleep.
Therefore, our findings advocate another new and important role of SWRs whose role was previously known to contribute to memory consolidation.

Click here for more information

Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第126回WPI-IIISセミナー
来る1月11日(木)、池谷 裕二 先生(東京大学薬学部)をお迎えし、
第126回WPI-IIISセミナーを行いますので、皆様お誘いあわせの上、是非ご参加ください。
日 時 平成30年1月11日(木)12:00-13:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者 Dr. Yuji Ikegaya(池谷 裕二 先生)
Laboratory of Chemical Pharmacology, Graduate School of
Pharmaceutical Sciences, The University of Tokyo (東京大学薬学部)
演 題 Hippocampal ripples downregulate synaptic weights during slow-wave sleep
要 旨

Synapses are potentiated during awake periods and are cooled down during sleep, during which long-term depression (LTD) may also help erase unwanted memory engrams. However, the neural entity that causes LTD has not yet been identified, even though 40 years have passed since hippocampal LTD was first described. We discovered that slow-wave ripples (SWRs) perform this function. The event frequency of SWRs increases up to approximately 1 Hz after learning and then serves as a low-frequency stimulation protocol that induces LTD. Through this LTD, SWRs refine neuron ensembles that are replayed during slow-wave sleep.
Therefore, our findings advocate another new and important role of SWRs whose role was previously known to contribute to memory consolidation.

詳細はこちらからもご覧になれます

国際統合睡眠医科学研究機構長 柳沢 正史

問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
《医学セミナー》
講 師 前村 浩二先生
(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 循環器内科学 教授)
タイトル 「肺高血圧症の早期診断・治療法の探索」
日 時 2018年1月11日(木) 18:00-19:30
場 所 臨床講義室 C
連絡先 循環器内科医局(内線 3143)
生命医科学域特別講演会
演 題 小脳におけるエピジェネティクス
演 者 山田 朋子先生
筑波大学医学医療系(ゲノム生物学)助教
日 時 平成30年1月10日(水)
17:00~18:00
会 場 イノベーション棟8階 講堂
第2回トランスボーダー医学研究センターセミナー
演 題 バーチャルスクリーニング技術を用いた抗シャーガス病治療薬の探索
演 者 吉野 龍ノ介 先生 (よしの りゅうのすけ)
東京工業大学 情報生命博士教育院 特任助教
日 時 平成30年1月9日(火)
17:00~18:30
会 場 イノベーション棟8階 講堂
第441回TSMMセミナー(H29 第3回BMTセミナー)
日時 2017年12月27日(水)17:00~18:00
場所 健康医科学イノベーション棟8階 講堂
演題

★(株)ニコン 超解像顕微鏡N-SIM/STORM
最新機能や作例のご紹介

★日本電子(株)、(株)ニコン miXcroscopy (CLEM)
光学顕微鏡/走査電子顕微鏡連携システムのご紹介

お問い合わせ 株式会社ニコンインステック 菅原千晶
TEL:03-6433-3983
E-mail:Chiaki.Sugawara1@nikon.com
学内問い合わせ先:竹内 薫 ktakeuch@md.tsukuba.ac.jp (内線 3472)
備考

*TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武幸司)、 生命システム医学専攻 &疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷嘉人、島野仁) 及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。

【筑波分子医学協会(TSMM)】HPはこちら
TSMMセミナー 協会代表:筑波大学医学医療系 大根田 修
TSMMセミナー担当 筑波大学医学医療系 濱田理人
《医学セミナー》
講 師 南谷 泰仁先生
(京都大学大学院医学研究科腫瘍生物学講座 特定准教授)
題 名 「クリニカルシークエンシング時代の到来と医師の仕事」
日 時 2017年12月26日(火) 18:30~
場 所 学系棟 4F 483会議室
連絡先 疾患制御医学専攻血液内科(内線 3127)
第239回つくばブレインサイエンス・セミナー
演題タイトル 新規NMDA受容体調節薬GLYX-13の抗うつ作用メカニズムについての研究
演 者 加藤 太朗(かとう たろう)先生
大日本住友製薬株式会社・リサーチディビジョン・薬理研究ユニット
日 時 2017年12月26日(火)18時より
司 会 志賀 隆 先生
(筑波大学医学医療系・生命医科学域)
会 場 筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂
(バスご利用の方は「追越学生宿舎前」で下車してください)
備 考 詳細についてはTBSAホームページをご覧ください。
つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務局
《医学セミナー》
講 師 佐田政隆先生
(徳島大学大学院医歯薬学研究部 循環器内科学 教授)
題 名 「動脈硬化の新知見とイメージングへの応用ー生活習慣病によっておこる慢性炎症と心臓脂肪ー」
日 時 2017年12月22日(金) 18:00~19:30
場 所 臨床講義室 C
連絡先 循環器内科医局(内線3143)
第1回トランスボーダー医学研究センターセミナー
演 題 運動のタイミングを制御する神経メカニズム
演 者 國松 淳 先生(くにまつ じゅん)
National Institutes of Health, National Eye Institute,
Laboratory of Sensorimotor Research, Visiting Fellow
日 時 平成29年12月22日(金)
17:00~18:30
会 場 医学系学系棟4階483室
TARAセミナー
*なお、セミナーは英語で行われます。
講 師 桑原宏一郎先生
信州大学医学部循環器内科学教室 
演 題 ナトリウム利尿ペプチドの産生調節機構から迫る心不全病態のメカニズム
日 時 12月22日(金)16:30-17:30
場 所 TARAセンターA棟2階セミナー室
TARA Seminar
(This seminar will be held in English)
Speaker Dr. Koichiro Kuwahara
(Professor and Chairman,Department of Cardiovascular Medicine Shinshu University School of Medicine) 
Date December 22, 2017
Time 16:30~17:30
Venue Seminar room, Building A, TARA Center
第25回医学医療系研究発表会
日 時 12月21日(木)18:00~
場 所 臨床講義室 B
講 師

Kiong Ho 准教授
Exploring the Mechanism of RNA Repair and Modification in Protozoan Parasites.

濵野 淳 講師
人生の最終段階における医療・ケアを科学する

山崎 正志 教授
脊椎・関節疾患に対するロボットスーツHALを用いた機能再生治療 

備考 医学医療系研究発表会は、生命システム医学専攻および疾患制御医学専攻の科目「医学セミナー」の対象の一つとして認められています。
連絡先 事務担当 医学研究支援(3022)
第440回TSMMセミナー(H29 第2回BMTセミナー)
演者 渡辺 一樹(島津テクノリサーチ)
齊木 秀和(島津製作所)
日時 2017年12月18日(月)17:00-18:00
会場 健康医科学イノベーション棟 8階講堂
要旨

受託分析のご紹介

近年、LC-MS・GC-MS・MALDI-MSを中心とした質量分析器の開発、普及により、それらを強力なツールとして網羅的解析(オミクス)の発展が目覚しい状況にあります。島津テクノリサーチは、これらのMSを用いたメタボロミクス・リピドミクス・プロテオミクス受託と、そこから見出される注目化合物の定量=バイオアナリシスを担うことができる受託機関です。今回は、それらのサービスを簡潔にご紹介致します。

探針エレクトロスプレーイオン化質量分析計(DPiMS-2020)

クロマト分離を伴う質量分析を行なう場合、通常はサンプルに含まれるタンパク質や塩などの夾雑物を予め取り除く前処理が必要になり、すぐに分析を開始することはできません。DPiMS - 2020は、それらの煩わしい前処理をほぼゼロにして、サンプルから直接質量分析が可能になります。さらに同一サンプルにおける長時間分析が可能であることから、化学合成等の反応過程の質量情報をリアルタイムで追跡できる画期的な装置です。今回は、本装置の概要とアプリケーション例をご紹介します。

*TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武幸司)、生命システム医学専攻 &疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷嘉人、島野仁)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。

連絡先 【筑波分子医学協会(TSMM)】HP
TSMMセミナー 協会代表:筑波大学医学医療系 大根田 修
TSMMセミナー担当 筑波大学医学医療系 濱田理人
医学セミナー・第15回分子遺伝疫学セミナー
《Seminars in Medical Sciences》
(This seminar will be held in English)
Title Approaches to the identification and evaluation of functional disease-causal/susceptible variants in the human genome.
Speaker Dr. Yuki Hitomi
(Assistant Professor, Department of Human Genetics, The University of Tokyo)
(人見祐基博士、東京大学大学院医学系研究科人類遺伝学分野助教)
Date December 18, 2017
Time 17:00-18:15
Venue Faculty of Medicine Building, Room 483 (医学系学系棟483)
Note

This seminar is one of the seminars for the subject “Seminar in Medical Sciences” in Doctoral Programs in Biomedical Sciences and Clinical Sciences. The seminar will be given in English, but questions in Japanese are also welcome.

This talk will include latest genetics findings in some intractable immune system diseases. THerefore, not only the students and faculty interested in human genetics, but also in immune disorders will find this seminar informative.

This seminar will NOT be recorded; therefore, be sure to attend if are interested.

Abstract Any of the genetic variations may cause differences in traits and disease risk. So far, genome-wide association study (GWAS) and next- generation sequencing (NGS) have become indispensable methods for comprehensive screening of disease-causal/susceptible variants in the human genome. However, due to linkage disequilibrium (LD), several single-nucleotide polymorphisms (SNPs) show similar levels of association with the most significantly associated GWAS tag-SNP, especially in the cases of common variants. Inaccuracy of variant calling by current NGS platforms also remains a problem.
For the identification of disease-causal/susceptible variants from numerous genetic variants in the human genome, evaluation by functional analyses should be performed. By systematic search for the disease causal/susceptible variants including functional analyses, we will come to understand the molecular mechanisms of diseases, establish novel drugs, and develop prediction kits for disease onset and adverse effects using genotyping of the variants.
In this seminar, I would like to introduce the approaches to the identification and evaluation of functional disease-causal/susceptible variants by comprehensive whole-genome analysis (GWAS and NGS), in silico functional analyses using several valuable computer tools, and in vitro functional analyses. We also discuss the clinical applications of the genetic variants to personalized medicine.
contact Naoyuki Tsuchiya, Molecular and Genetic Epidemiology
Laboratory
tsuchiya@md.tsukuba.ac.jp
第192回保健・医療・福祉に関する勉強会
演者 宗田聡先生
広尾レディース院長
演題 「これからはじめる周産期メンタルヘルス ~EPDSの活用」
日時 平成29年12月6日(水)18:30〜20:30
場所 筑波大学総合研究棟D 116公開講義室(1F)
連絡先 筑波大学医学医療系
福祉医療学 029-853-3496
《医学セミナー》
(This seminar will be held in English)
タイトル 臨床医学から集団医学の橋渡し —生活習慣病の疫学と予防—
講師名 磯博康 客員教授
(大阪大学大学院医学系研究科公衆衛生学教室 教授)
日 時 2017年12月4日(月曜) 18:30から
会 場 筑波大学 臨床講義室C
連絡先 筑波大学医学医療系 社会健康医学(内線6004)
《Seminars in Medical Sciences》
(This seminar will be held in English)
Title Translation of clinical to population sciences -Epidemiology of lifestyle
-related diseases-
Speaker Dr. Hiroyasu Iso (Professor, Osaka University)
Date December 4, 2017
Time 18:30~
Venue Clinical lecture room C
Contact Department of Public Health Medicine,Faculty of Medicine(ext.6004)
医学セミナー
(This seminar will be held in English)
講 師 岩崎 甫 教授
山梨大学 副学長
演 題 医薬品開発の世界的潮流と日本の役割
~アカデミアによる橋渡し研究~
日 時 2017年12月 4日(月) 17:00-19:00
場 所 健康医科学イノベーション棟 8階講堂
問い合わせ先 つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO) 橋本幸一(7945)
Seminar in Medical Sciences
(This seminar will be held in English) 
Speaker Prof. Masaru Iwasaki
University of Yamanashi Vice-president
Title Global drug development, and the role of Japan
- Translational research in academia -
Date Dec 4th (Mon) 2017
Time 17:00-19:00
Venue 8F Hall, Health & Med Sci. Innovation
Contact Tsukuba Clinical Development and Research
Organization(T-CReDO), Koichi Hashimoto
第71回免疫学セミナーのお知らせ
演題 超高純度ヒト骨髄由来幹細胞の分離と臨床応用の展望
講師 松崎 有未博士
所属 島根大学医学部生命科学講座 教授
PuREC株式会社 取締役
日時 平成29年11月24日(金)17:00-18:30
場所 健康医科学イノベーション棟8階講堂
Abstract

 従来のMSCは、骨髄単核球細胞から単純に培養皿に接着する細胞として調製され ているに過ぎず、細胞の種類や増殖・分化・遊走能などが不均一な状態である。 そのため、細胞老化による大量培養中の品質劣化、それに伴う品質の同一性担保 の困難さ、あるいは経静脈投与における細胞塞栓形成の危険性などの問題がある。 我々はLNGFRとThy1の2種類の抗体とセルソータを用いることで骨髄からヒトMSCを 直接分離する技術を開発し、さらに極めて増殖能と分化能、遊走能が高い高純度 ヒトMSCの樹立に成功した(PCT/JP2008/066169、Mabuchi et al. Stem Cell Reports 2013)。

 LNGFR, Thy1 共陽性細胞を96穴プレートに単一細胞分離後(B)に各クローンの 増殖速度を比較すると、2週間後にコンフルエントになる増殖が速いクローン (Rapidly Expanding Cell: REC)と、それ以外(Medium/Slow: MEC/SEC)に分類 される。 RECはMEC/SECと比較し、均一な細胞集団で、細胞老化を示しておらず、 細胞の大部分が増殖期にある。また、高い分化能(特に脂肪分化能)を示す、肺 にトラップされない、などこれまで問題となっている点をすべてクリアした高品 質かつ高純度なヒトMSCと言える。

 現在は低ホスファターゼ症をはじめとする骨・軟骨形成不全等、全身性疾患へ の経静脈投与による高い治療効果と、安定した細胞供給体制の確立に取り組んで おり、今後の展開を含めてご紹介したい。

備考 セミナーは日本語で行われます
This seminar will be held in Japanese
問い合わせ先 免疫学・渋谷 彰(ashibuya@md.tsukuba.ac.jp
TEL: 029-853-3281
第24回医学医療系研究発表会
日時 11月16日(木)18:00~
場所 臨床講義室B
演者

原 尚人 教授
外科系臨床研究の難しさ

平松 祐司 教授
心臓血管外科における基礎・臨床研究の現状

佐藤 幸夫 教授
肺癌手術の低侵襲化と精度向上を目指してー3D-CTの応用と新規手術用接着剤の開発ー

備考 医学医療系研究発表会は、生命システム医学専攻および疾患制御医学専攻の科目
「医学セミナー」の対象の一つとして認められています。
事務担当 医学研究支援(3022)

SPECIAL SEMINAR 共催:第70回免疫学セミナー
“Seminars in Medical Sciences”

セミナーは英語で行われます
This seminar will be held in English.

演題 A Systems Level Understanding of the Hematopoietic System with Gene Expression Commons
講師 Dr. Jun Seita
所属 AI based Healthcare and Medical Data Analysis Standardization Unit,
Medical Sciences Innovation Hub Program, RIKEN
日時 平成29年11月14日(火)17:00-18:30
場所 健康医科学イノベーション棟8階講堂
Abstract  Hematopoiesis is one of the most dynamic multi-lineage systems in our body. Throughout one's life, short-lived diverse types of functional blood lineages are continuously supplied from a single cell type,
hematopoietic stem cells, through a hierarchical multi-layer of intermediate progenitor cells. Even minor disruptions in this carefully regulated system can lead to disease. To better understanding how this complicated system is regulated, we need to establish a robust systems approach.
One of major aspects is gene expression, however, gene expression profiling has been limited to relative difference in pair-wise comparisons, and many genes are scored as “not significant” regardless of their actual expression. More importantly, each gene has different dynamic-range of its expression. Biological significance of 2-fold change in gene X is not equivalent to 2-fold change in gene Y.
To address those limitations, we hypothesized that by examining expression of a given gene across thousands of samples, we could have one common reference for any samples. Computer simulations demonstrated if we accumulate over 5000 microarray data, meta-analysis could be applicable to compute statistical attributes for each gene, such as the dynamic-range of each probeset/gene expression or the threshold between active and inactive gene expression. Then by mapping new sample data against the result of the meta-analysis, a much more objective genome- wide gene expression profiling could be achieved for each sample independently. Thus, we collected entire microarray data available at NIH GEO public repository for meta-analysis, then developed a web-based platform named the "Gene Expression Commons (https://gexc.riken.edu) with an intuitive interface. To demonstrate the potential of the Gene Expression Commons, we generated gene expression microarray datasets of 39 hematopoietic populations covering almost the entire quantal stages of mouse adult hematopoiesis. As the Gene Expression Commons is designed as an open platform, any scientists can explore gene expression of any gene of interest, search for new genes by their expression pattern, and submit and analyze their own data by designing their own working model.
After public launch on July 2012, the Gene Expression Commons has been used by over 4000 scientists around the world. Over 3500 new cell types have been submitted, about 2000 hypothesis were tested, and over 100 papers were published.
備考 School of Interactive and Global Majors (SIGMA)
Email: sigma@un.tsukuba.ac.jp
ext.: 7085
【小児科学分野講演会】
演題 小児科学分野での教育・研究・臨床における成果と展望
日時

第1回:11月13日(月)18時~19時 
東京医科歯科大学茨城県小児周産期地域医療学
准教授 高木 正稔先生

第2回:11月13日(月)19時15分~20時15分
国立成育医療センター腎臓・リウマチ・膠原病科
医長 石倉 健司先生

第3回:11月14日(火)18時~19時00分
九州大学大学院医学研究院周産期・小児医療学(寄附講座)
教授 高田 英俊先生

第4回:11月14日(火)19時15分~20時15分
三重大学医学部附属病院周産母子センター
病院教授 三谷 義英先生

場所 学系棟4階483室
問合せ先 医学医療エリア支援室(総務)
伊達 内線:3023
第191回保健・医療・福祉に関する勉強会
演者 岩崎信明先生
茨城県立医療大学小児科、保健医療学部医科学センター教授
(附属病院長)
演題 「小児の発達に関連する問題とその対応 ー自閉症スペクトラム障害を中心に」
日時 平成29年11月9日(木)18:30〜20:30
場所 筑波大学総合研究棟D 116公開講義室(1F)
連絡先 筑波大学医学医療系
福祉医療学 029-853-3496
健康管理講演会
日 時 平成29年 11月8日(水)18:00~19:15
場 所 臨床講義室B
テーマ・講師

(1)「附属病院のメンタルヘルス」
附属病院事業場産業医
医学医療系 助教 平井 康仁氏

(2)「やわらかな心で ストレスケアを!」
心理相談員、産業カウンセラー、キャリア・コンサルタント
古俣 正治氏

対 象 者 附属病院で働いている方及び医学医療系職員
そ の 他 筑波大学附属病院レジデントレクチャー2単位
事務担当 病院総務部総務課労務係(3518・3517)
病院総務部総務課総合臨床教育センター係(3516)

看護科学専攻国際共同セミナー

趣旨 看護科学専攻では、米国からチャールズ・インリン先生をお招きして特別講義を開講します。 同性婚をしているチャールズ先生と夫のヘクターさんはジェームス君を養子縁組(オープンアダプション)によって息子として迎え、素晴らしい家庭を築いています。彼らのライフストーリーを伺いながら、人として生きること、家族とはなにかを共に考えてゆきましょう。
演題 Love Makes A Family
講師 チャールズ・インリン先生(イリノイ大学シカゴ校)
日時 平成29年11月8日(水)16:45~18:00
会場 筑波大学医学キャンパス4B棟209号室
主催 看護科学専攻FD自己点検委員会&ICT国際活動委員会
ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター共催
お問合せ 看護科学専攻事務室(成田・狩野)
メール:kanngojimu@md.tsukuba.ac.jp
備考 参加費無料・日本語通訳つきです。
どなたでも参加できますので、お誘い合わせの上、ふるってご参加ください。

第238回つくばブレインサイエンス・セミナー

演題タイトル 触刺激が自律機能と情動におよぼす影響
-Effects of tactile stimulation on autonomic functions and emotions-
演  者 黒澤美枝子(くろさわ みえこ)先生
国際医療福祉大学・基礎医学研究センター・フロンティア医科学専攻非常勤講師
日  時 2017年11月7日(火)18時より
司  会 鮎澤 聡 先生(筑波技術大学保健科学部保健学科)
会  場 筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂
(バスご利用の方は「追越学生宿舎前」で下車してください)
備  考 詳細についてはTBSAホームページをご覧ください.
This seminar will be held in Japanese.
つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務局
第439回TSMMセミナー
演題 小型魚類に学ぶ造血幹細胞の発生・維持機構
演者 小林 功 先生(金沢大学 理工研究域 自然システム学系)
日時 2017年11月7日(火)17:00-18:30
会場 医学学系棟4階483室
要旨

人工多能性幹細胞(iPS 細胞)が樹立されて約10 年が経過し、iPS 細胞を用いた再生医療への期待がさらに高まっている。iPS 細胞から様々な組織幹細胞を造り出すことができれば、移植医療が著しく発展すると予想されるが、その道のりは容易なものではない。iPS 細胞から組織幹細胞の代表である造血幹細胞を造り出すには、生体内における造血幹細胞の発生過程を忠実に再現する必要がある。また、得られた造血幹細胞を移植に必要な数まで増幅するには、生体内で造血幹細胞を取り巻く微小環境(ニッチ)を忠実に再現する必要がある。

このように、iPS 細胞を再生医療に応用させるために、幹細胞の「発生」と「ニッチ」という2つの分子メカニズムの解明が求められている。
ゼブラフィッシュなどの小型魚類は発生生物学の分野で有用な実験モデルとして知られている。特にゼブラフィッシュを用いた造血幹細胞の発生に関する研究は近年目覚ましい発展を遂げ、造血幹細胞の発生に不可欠な新たな分子シグナル経路が多数同定されている(1-6)。さらに最近の研究から、魚類の主要な造血組織である腎臓の造血幹細胞ニッチは、本質的には哺乳類骨髄の造血幹細胞ニッチと類似している可能性が高いことが分かってきた。小型魚類の利点を活かしつつ、造血システムを進化学的に比較解析することによって、造血幹細胞の発生、維持、および増殖機構の本質的な解明に繋がる可能性がある。

本セミナーは、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「医学セミナー」
(担当:専攻各 教員)、及び、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武 幸司)の関連セミナーに相当します。

連絡先

筑波大学医学医療系 小林 麻己人
(内線 8454、makobayash@md.tsukuba.ac.jp

【筑波分子医学協会(TSMM)主催】HP

看護科学専攻
国際共同セミナー公開講座/パネルディスカッション

趣旨 看護科学専攻では、インドネシア、台湾、米国の学術協定校から研究者をお招きして公開講座を開講します。海外の緩和ケアについて最新の動向を学びたい方はぜひお越しください。
講座タイトル パネルディスカッション「学ぼう!海外の緩和ケア事情 ~インドネシア・台湾・米国~」
講師 クリスタンティ・エフェンディ先生(ガジャマダ大学)
チャールズ・インリン先生(イリノイ大学シカゴ校)
ウェンユー・フー先生(国立台湾大学)
日時 平成29年11月6日(月)17:00~19:00
会場 筑波大学医学キャンパス4B棟209号室
主催 がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)養成プラン「関東がん専門医療人養成拠点」
看護科学専攻FD自己点検委員会&ICT国際活動委員会
問合せ お問合せ:看護科学専攻事務室(成田・狩野)
メール:kanngojimu@md.tsukuba.ac.jp
備考 参加費無料・日本語通訳つきです。
どなたでも参加できますので、お誘い合わせの上、ふるってご参加ください。
The 119th WPI-IIIS seminar
Date Monday, November 6, 2017
Time 12:00-13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Young-Jai You
Neuroscience Institute, Graduate School of Science,
Nagoya University
Subject Falling asleep after a big meal: Satiety quiescence in C. elegans
Summary

Sleep and feeding could be intimately connected; Circadian rhythm is regulated by feeding cues and perturbation of the rhythm is often associated with obesity. Orexin regulates both sleep and feeding.
Why and how? We found C. elegans shows a conserved postprandial sleep-like behavior, called satiety quiescence. By studying the genetics and the circuit of satiety quiescence, we aim to understand how sleep is regulated by feeding and metabolism.

Click here for more information

Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第119回WPI-IIISセミナー
日 時 平成29年11月6日(月)12:00-13:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者 Dr. Young-Jai You
Neuroscience Institute, Graduate School of Science, Nagoya University
(名古屋大学大学院理学研究科附属ニューロサイエンス研究センター)
演 題 Falling asleep after a big meal: Satiety quiescence in C. elegans
要 旨

Sleep and feeding could be intimately connected; Circadian rhythm is regulated by feeding cues and perturbation of the rhythm is often associated with obesity. Orexin regulates both sleep and feeding. Why and how? We found C. elegans shows a conserved postprandial sleep-like behavior, called satiety quiescence. By studying the genetics and the circuit of satiety quiescence, we aim to understand how sleep is regulated by feeding and metabolism.

詳細はこちらからもご覧になれます

問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
平成29年度人間総合科学研究科第3回FDプログラム
テーマ 特別な修学ニーズを有する学生支援の基礎知識―発達障害を中心に―
日時 平成29年11月1日(水) 14:00~16:00
場所 筑波大学 総合研究棟D D116(公開講義室)
要旨

本企画は、TA(Teaching Assistant)-TF(Teaching Fellow)の2つのレベルから構成されるFDの組織化・制度化を指向し、未来型の大学人育成のためのFD活動を実践しようとするものです。

今回は修学支援をテーマに、発達障害の理解と支援を中心にしつつ、より一般的な「修学上の困り感」への対応も取り上げます。本学は2006年に日本学生支援機構の障害学生修学支援ネットワークの拠点校に指定され、先駆的な試みを全国の大学に発信し続けています。最新の情報を教員と学生が共有する機会としたいと考えます。

プログラム

14:00-14:05
挨拶・講師紹介 園山 繁樹 研究科長

14:05-14:25
「障害者差別解消法と発達障害学生への支援」
五味 洋一 准教授(ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター アクセシビリティ部門)

14:25-15:30
「筑波大学における発達障害学生支援の実際」
佐々木 銀河 助教(ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター アクセシビリティ部門)

15:30-16:00
質疑応答

問合せ

筑波大学 人間総合科学研究科 運営担当
電話:029-853-2991/2996

人間総合科学研究科Webサイト

The 118th WPI-IIIS seminar
Date Tuesday, October 31, 2017
Time 12:00-13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Kazuo Tsubota
Keio University School of Medicine
Subject Myopia Progression could be Controlled by Violet Light Exposure
Summary

The prevalence of myopia has been increasing worldwide, and both clinical and basic research have shown the importance of the outdoor environment in preventing myopia progression, although the precise mechanism remains largely unknown. Violet light (360–400 nm wavelength) is abundant in the outdoor environment, but almost totally absent indoors due to excessive ultra-violet light protection in window glass, LEDs and many eyeglasses and contact lenses. I will discuss our chick myopia model and the myopia suppressive gene EGR1, and the retrospective clinical research in humans. These studies show that violet light exposure can be a preventive strategy against myopia progression.

Click here for more information

Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第118回WPI-IIISセミナー
日時 平成29年10月31日(火) 12:00-13:00
場所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演者 Dr. Kazuo Tsubota(坪田一男先生)
Keio University School of Medicine(慶應義塾大学医学部)
演題 Myopia Progression could be Controlled by Violet Light Exposure
要旨

The prevalence of myopia has been increasing worldwide, and both clinical and basic research have shown the importance of the outdoor environment in preventing myopia progression, although the precise mechanism remains largely unknown. Violet light (360–400 nm wavelength) is abundant in the outdoor environment, but almost totally absent indoors due to excessive ultra-violet light protection in window glass, LEDs and many eyeglasses and contact lenses. I will discuss our chick myopia model and the myopia suppressive gene EGR1, and the retrospective clinical research in humans. These studies show that violet light exposure can be a preventive strategy against myopia progression.

詳細はこちらからもご覧になれます

問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
第23回医学医療系研究発表会
日時 10月26日(木)18:00~
場所 臨床講義室B
演者

Michael Lazarus 准教授
Why do we fall asleep when bored and coffee wakes us up?

村谷 匡史 准教授
ゲノミクスの医学応用と利用環境の整備

本間 真人 教授
漢方薬の有害事象について

備考 医学医療系研究発表会は、生命システム医学専攻および疾患制御医学専攻の科目
「医学セミナー」の対象の一つとして認められています。
事務担当 医学研究支援(3022)
つくばブレインサイエンス・セミナー 第237回
演題タイトル 網膜の発生と維持に関わるヒストンメチル化の役割
演者 渡邉 すみ子(わたなべ・すみこ)先生
東京大学医科学研究所・再生基礎医科学寄付研究部門
日時 2017年10月24日(火)18時より
司会 酒井 秀人 先生
(アステラス製薬眼科&疾患フロンティア研究ユニット)
会場 筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂
(バスご利用の方は「追越学生宿舎前」で下車してください)
詳細 詳細についてはTBSAホームページをご覧ください。
つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務局
生命医科学域特別講演会
日時 平成29年10月16日(月)
16:00~
会場 健康医科学イノベーション棟8階講堂
演者 川口 敦史 先生
医学医療系(分子ウイルス学)助教
演題 ウイルス感染現象を規定する宿主動態の分子基盤
知財セミナー「大学研究者が知っておきたい医療分野の知的財産」
要旨

大学発の医薬品・医療機器シーズが必要とされる患者さんに届けられるためには、企業への導出を見据えた知財戦略を描くことが重要です。
本セミナーでは、医療分野における知財紛争の実態、その実態にみる知財の重要性、臨床研究や創薬研究における知財戦略の考え方等について、具体的に分かりやすく説明します。

日時 2017年10月16日(月) 18:00~20:00
場所 筑波大学医学地区 臨床講義室C
参加申込

不要

※本セミナーは臨床研究の「研究者・専門職研修Level 2」のカリキュラムのひとつとして開催されます。
※受講記録をとりますので職員証・学生証をご持参ください。

講演

1)18:00~18:45
「研究成果を患者に届けるために-知財戦略とAMEDの支援-」
内海 潤 (国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)知的財産部シニア知的財産コンサルタント)

2)18:45~19:30
「TR研究者が知っておくべき特許制度の話」
森田 裕(大野総合法律事務所 弁理士/博士(医学)・T-CReDO顧問弁理士)

3)19:30~20:00 「筑波大学における知的財産権の取扱と現在の動向」
大塚 伸恵(筑波大学産学連携部産学連携企画課 知的財産管理係長)

詳細は別添チラシをご参照ください。

お問合せ

​​つくば臨床医学研究開発機構 (T-CReDO) 山本・小林
TEL:029-853-3861 (内線3861)
e-mail:t-credo.adm@un.tsukuba.ac.jp

SPECIAL SEMINAR 共催:第69回免疫学セミナー

セミナーは英語で行われます
This seminar will be held in English.

生命システム医学専攻および疾患制御医学専攻の科目「医学セミナー」の対象です。
This seminar is one of the seminars for the subject “Seminar in Medical Sciences” in Doctoral Programs in Biomedical Sciences and Clinical Sciences.

演題 Targeting Innate Immunity in Treating Autoimmune and Inflammatory Diseases
講師 Dr. Lih Ling-Lin
所属 Senior Director
Head of Innate Immunity of Inflammation and Immunology Research Unit in Pfizer
日時 平成29年10月12日(木)15:00-17:00
場所 医学学群棟4A411
Abstract Innate immune system detects danger signals derived from microbial products and endogenous ligands. These danger signals can initiate and perpetuate inflammation and autoimmunity via recognition of pattern recognition receptors such as Toll like receptor (TLR). We aim to develop transformative therapies in treating patients with autoimmune and inflammatory diseases by targeting danger signal pathways contributing to key disease mechanisms. IRAK4 is an essential kinase that mediates TLR and IL-1R signaling. We have developed a potent and selective IRAK4 inhibitor with a potential to become a novel and transformative therapy in treating autoimmune diseases such as Rheumatoid Arthritis and Lupus.
第438回TSMMセミナー(H29 第1回BMTセミナー)のお知らせ
演題 実験動物におけるin vivoイメージングの全体像と光音響
演者 水流功晴(つる よしはる)(プライムテック)
日時 2017年10月4日(水)17:00-18:00
会場 健康医科学イノベーション棟 8階講堂
要旨

ヒト疾患モデル動物が多様される昨今の生物医学研究においては、研究に用いるイメージング機器の選択にもトランスレーショナルリサーチの観点が求められている。しかしながら、生体サイズの異なるマウス・ラット等の小動物においてヒトと同様の所見を得るためには、やはり小動物に機能化された専用装置が必要となる。

 本公演では、弊社取り扱いのin vivoイメージング聞きの紹介を織り交ぜつつ、様々なイメージング手法の選択と使い分けについて解説する。将来的にマウスでのイメージングの必要性を考えている方には、手法の全体像や 位置付けを把握できるオススメのセミナーです。

*TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武幸司)、生命システム医学専攻 &疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷嘉人、島野仁)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。

連絡先

【筑波分子医学協会(TSMM)】HP

TSMMセミナー担当
筑波大学医学医療系 濱田理人(hamamichi@md.tsukuba.ac.jp

第22回医学医療系研究発表会
日 時 9月28日(木)18:00~
場 所 臨床講義室B
演 者

小林 麻己人 講師
ゼブラフィッシュは医学のモデルになるか?

山海 知子 准教授
コホート内症例対照研究を用いた循環器疾患の危険因子の検討

南 学 教授
小動物のin vivo MR イメージング:臨床との懸け橋

医学医療系研究発表会は、生命システム医学専攻および疾患制御医学専攻の科目
「医学セミナー」の対象の一つとして認められています。
事務担当 医学研究支援(3022)
117th WPI-IIIS seminar
Date Monday, September 25, 2017
Time 10:00-11:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Mr. Takao Fujiyoshi
Faculty of Science, Hokkaido University
Subject Professional Ethics for Scientists and Journalists
Summary Scientists and journalists have similar functions for public.
Both are recording knowledge in journals. Scientists record "something new or first" through peer-reviewed publication. Journalists record "something significant" through providing forum. Therefore, ethics for scientists and ethics for journalists can both be treated as professional ethics. This seminar introduces the ethics tests for professional's behaviors based on the professional ethics.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第117回WPI-IIISセミナー
日 時 平成29年9月25日(月)10:00-11:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者 Mr. Takao Fujiyoshi(藤吉隆雄先生)
Faculty of Science, Hokkaido University ( 北海道大学 大学院 理学研究院 )
演 題 Professional Ethics for Scientists and Journalists
要 旨 Scientists and journalists have similar functions for public.
Both are recording knowledge in journals. Scientists record "something new or first" through peer-reviewed publication. Journalists record " something significant" through providing forum. Therefore, ethics for scientists and ethics for journalists can both be treated as professional ethics. This seminar introduces the ethics tests for professional's behaviors based on the professional ethics.
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
Tsukuba Global Science Week 2017(TGSW2017)
日時 2017年9月25日(月)~27日(水)
場所 つくば国際会議場
オンライン参加登録
(参加登録無料)
オンライン参加登録はこちら
登録締切

9月22日(金)

当日参加登録も可能ではありますが、大会準備のために重要な情報となりますので、事前のオンライン参加登録をお願いいたします。
ただし、各セッションの座長、発表者に関しては、オンライン参加登録の必要はありません。

大会ウェブサイト 大会ウェブサイトはこちら
要 旨

TGSWは、世界の英知を筑波研究学園都市に結集し、国を超え、研究領域を超えて議論をすることで、国際的な連携ネットワークの構築を図るとともに、高い研究レベルに裏付けされた「知の創造」を行い、Tsukubaの地から世界に向けて「地球規模課題」の解決策を発信していくことを目的とする。

TGSW2017では、医学医療系より以下の7セッションが企画されております。

  • ・ライフサイエンス研究の出口戦略を見据えた基礎研究の推進
  • ・ライフサイエンス研究の出口戦略を見据えたイノベーション人材/シーズ育成プログラム
  • ・学生発表会(医学・生物分野)
  • ・科学英語ワークショップ
  • ・公衆衛生と看護における新たな挑戦とイノベーション
  • ・粒子線治療の本質を科学する -Biophysicsからのアプローチ-
  • ・第5回グローバルエイジング国際会議
Tsukuba Global Science Week 2017(TGSW2017)
Dates September 25-27, 2017
Venue Tsukuba International Congress Center
Online registration
(Free registration)
Online registration
Deadline

September 22, 2017

Please register online to confirm your attendance at TGSW 2017. You may also register on-site but advanced registration is preferable.
Speakers & facilitators at each session are NOT required to register online.

TGSW 2017 website TGSW2017
Summary

The scope of TGSW is indeed broad and far-reaching. By bringing together internationally renowned researchers, and aspiring young researchers and students based in Tsukuba and much beyond, it covers a whole variety of topics, promoting lively exchanges, regardless of borders and disciplines. It also serves as an ideal international networking opportunity for transdisciplinary, trans-organizational and trans-border collaborations.

At TGSW 2017, the Faculty of Medicine will manage 7 sessions.

  • ・Promotion of Basic Research in Life Science with Exit Strategy
  • ・A Program for Training of Innovative Leaders and Incubation of Medical Seeds Aiming at Exit Strategy of Life Science Research
  • ・Student Presentations(Medical Science & Life Science)
  • ・Scientific English Workshop
  • ・Challenges and Innovations in Public Health and Nursing
  • ・Scientific Investigation of the Basis of Particle Therapy -Biophysical Approach-
  • ・The 5th International Conference on Global Aging
Medical seminar (医学セミナー)
Title Cryptosporidiosis: The interaction of enteric infection and malnutrition
Date 9月8日(金)Sep.8(Fri)
Time 12:00 - 13:00
Place 4階 討議室-416
(Conference room-416, Medical Science Building)
Speaker Dr. RASHIDUL HAQUE
MB, PhD, FASTMH
Senior Scientist and Head,
Enteric and Respiratory Infections Programme,
Infectious Disease Division,
International Centre for DiarrhoealDisease Research, Bangladesh (icddr,b)
平成29年度科研費セミナー
開催日 平成29年9月6日(水) 18:00~19:40
開催場所 医科学イノベーション棟 8階 講堂
講師及び講演時間

18:05-18:35
正田純一教授 科研費獲得に向けた私のアプローチ

18:35-19:05
船越祐司助教 科研費獲得に向けて~申請書作成で意識すること~

19:05-19:35
橋口晶子 医学 URA「科研費審査システム改革2018」に伴う変更点について

主催 医学医療系学術委員会
ヒューマン・ケア科学専攻FD講演会
日時 9月6日(水)15:00~16:30(茶話会:16:30~17:30)
場所 総合研究棟D 116公開講義室
講師 石沢由美子先生
マサチューセッツ総合病院麻酔科准教授
題目 多文化・多人種社会での医師としての経験から日本を考える
参加費 無料
116th WPI-IIIS seminar
This seminar will be held in English.
Date Wednesday, August 23, 2017
Time 12:00-13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Hiroaki Wake
Kobe University Graduate School of Medicine
Subject Activity dependent myelin regulation in information processing
Summary Myelination increases conduction velocity and promotes brain functions. Myelin dysregulation is frequently associated with learning and cognition deficits, ultimately causing psychiatric disorders.
Although we have been identified the underlying molecular mechanisms of activity-dependent myelination, the nature of the neural activity changes and the behavior output caused by myelin dysregulation remains unknown. In this research, we visualized neural activity in the motor cortex during motor learning using in vivo two photon microscope to understand the abnormality of neural activity associated with impaired behavior output with myelin dysregulation. We further demonstrate the optogenetic stimulation to compensate the abnormal activity of neural activity to rescue the learning disability.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第116回WPI-IIISセミナー
日 時 平成29年8月23日(水)12:00-13:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者 Dr. Hiroaki Wake(和氣 弘明 先生)
Kobe University Graduate School of Medicine (神戸大学 大学院医学研究科)
演 題 Activity dependent myelin regulation in information processing
要 旨 Myelination increases conduction velocity and promotes brain functions. Myelin dysregulation is frequently associated with learning and cognition deficits, ultimately causing psychiatric disorders.
Although we have been identified the underlying molecular mechanisms of activity-dependent myelination, the nature of the neural activity changes and the behavior output caused by myelin dysregulation remains unknown. In this research, we visualized neural activity in the motor cortex during motor learning using in vivo two photon microscope to understand the abnormality of neural activity associated with impaired behavior output with myelin dysregulation. We further demonstrate the optogenetic stimulation to compensate the abnormal activity of neural activity to rescue the learning disability.
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構(内線8080)
特別講演会 Seminar
This seminar will be held in English.
演者/Speaker 中国科学院上海研究所 教授 Lijian Hui
演題/Title Cell identity conversion in regeneration and tumorigenesis
細胞識別の運命転換と腫瘍発生
日時/Date 8月21日(月)18:00~19:00
August 21, 2017 18:00-19:00
場所/Venue イノベーション棟8階講堂
8F Hall, Health & Med Sci. Innovation
講演内容/summary

肝障害・再生と癌化過程、細胞識別と転換及び転分化(ダイレクトリプログラミング)、肝細胞癌発生機構と制御、重度免疫不全FRGラットの開発

Ectopic forced activation of lineage specific transcription factors has been well demonstrated to trigger cell identity conversion in vitro.
Recent studies have shown that, under pathological injury conditions, cell identity conversion is important for tissue regeneration. Liver is an organ with remarkable regeneration capability after injury. Using hepatocyte lineage tracing, it was demonstrated that hepatocytes are identified by reprogramming into progenitor-like cells and contribute to liver regeneration. However, the underlying mechanisms are largely unclear. Here we analyzed how hepatic cell identity conversion was orchestrated in liver regeneration and tumorigenesis.

連絡先 消化器外科 鄭允文(内線3247)
TARA Seminar
This seminar will be held in English.
Date 平成29年8月10日(木)
Thu. Aug. 10th, 2017
Time 16:00-17:00
Venue TARAセンターA棟2階セミナールーム
Seminar room, Building A, TARA Center
Speaker

峰尾 千恵子 准教授
(テキサス大学サウスウエスタン医学センター小児科)

Dr. Chirko Mineo
(Associate Professor Department of Pediatrics The University of Texas Southwestern Medical Center, USA)

subject Role of Endothelial FcγRIIB and Hyposialylated IgG in Obesity-induced Insulin Resistance
organizer 柳沢裕美 prof. Hiromi Yanagizaw
E-mail: hkyanagisawa@tara.tsukuba.ac.jp
Kakenhi Seminar 2017 for Non-Japanese Researchers
平成29年度 外国人対象 英語による科研費説明会
Summary Kankenhi (Grants-in-Aid for Scientific Research) system will be changed since the 2017 application period, especially in a peer review system based on renewed in research fields.
If you plan to apply for KAKENHI grants this fall and want to learn some tips for a successful proposal, we would strongly recommend attending this seminar. The seminar, delivered in English, will explain basic changes of the KAKENHI system and some tips on preparing a successful proposal.
If you are interested in participating, please register from below URL.
申込方法 参加予定者は以下URLにて、事前申込みをお願いします。
※当日参加も可能。
URL:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeyqbnHoUi5BUaDqhbf3u-Eg2vgRvjnmV_FJ6ep5Fv6RV3d6g/viewform?usp=sf_link
Date&Time Friday, August 4th, 2017 1:45 - 3:00 pm
Venue 1F Auditorium, IIIS Building(睡眠医科学研究棟 1階 講堂)
Program

What's New in 2017 and what needs to be careful of
Shogo Kurihara
URA, Research Administration/Management office

Elements of the Kakenhi Application that I am cognizant of
Dr. Christopher John Hipolito
Assistant Professor, Faculty of Medicine

For more details in English, please visit:http://ura.sec.tsukuba.ac.jp/archives/12483
Contact Shogo Kurihara
TEL:029-853-4453 E-mail: kurihara.shogo.gf@un.tsukuba.ac.jp
114th and 115th WPI-IIIS Seminar
Date Friday, July 28, 2017
Time The 114th WPI-IIIS Seminar (9:00-10:00)
The 115th WPI-IIIS Seminar (15:00-16:00)
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
The 114th WPI-IIIS Seminar
Speaker Dr. Yoichi Ochiai
Faculty of Library, Information & Media Science, University of Tsukuba
Subject Recomposition of Human Presence: Building feedback loops between Human Intelligence and Machine Intelligence
Summary

Digital Nature Group has focused on the research of the relationship between waves, material, and intelligence by computational environments towards building feedback loops between Human Intelligence and Machine Intelligence.

From the viewpoint of computer science research, they are prototyping the systems to combine wave engineering, bio- & meta- materials by digital fabrication and deep learning in order to find out the new ecosystem in the digital age.

They consist of over 40 people includes students, researchers and professor who are interested in Wave Engineering / Machine Learning / Materials Research, and they are promoting research and development not only for academic research but also deployment to society.

As the series of their prototyping, they are developing software that can output the alternative cloth design of famous designers through deep learning in order to build making loops between ordinary designers and machine intelligence, developing automized wheelchairs, artificial hands, artificial legs as part of body aid and forming loops including the spatial recognition of machine intelligence with relationship between light, sound and human body. All of these projects stand on the linkage between digital fabrication technology, wave engineering technology and machine learning technology.

The 115th WPI-IIIS Seminar
Speaker Dr. Tsukasa Kamigaki
Department of Molecular and Cell Biology, University of California,
Berkeley
Subject Prefrontal circuits for memory-guided behavior
Summary The prefrontal cortex (PFC) is known to play a pivotal role in maintaining the upcoming task information without the sensory input, but the underlying mechanism is poorly understood. Using calcium imaging and optogenetic manipulation in mice performing a working memory task, we show that delay activity of pyramidal neurons in the dorsomedial PFC (dmPFC) is crucial for task performance. Optogenetic activation of vasoactive intestinal peptide (VIP)-positive interneurons can enhance the neuronal coding of the task information and improve the animal’s memory retention. The results suggest that dmPFC is a critical component of the working memory circuit and that VIP neurons dynamically regulate the functional gain of pyramidal neurons.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第114回、第115回WPI-IIISセミナー
日 時 平成29年7月28日(金)
第114回 WPI-IIIS セミナー(9:00-10:00)
第115回 WPI-IIIS セミナー(15:00 -16:00)
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
第114回WPI-IIISセミナー
演 者 Dr. Yoichi Ochiai
Faculty of Library, Information & Media Science, University of Tsukuba
演 題 Recomposition of Human Presence: Building feedback loops between Human Intelligence and Machine Intelligence
要 旨

Digital Nature Group has focused on the research of the relationship between waves, material, and intelligence by computational environments towards building feedback loops between Human Intelligence and Machine Intelligence.

From the viewpoint of computer science research, they are prototyping the systems to combine wave engineering, bio- & meta- materials by digital fabrication and deep learning in order to find out the new ecosystem in the digital age.

They consist of over 40 people includes students, researchers and professor who are interested in Wave Engineering / Machine Learning / Materials Research, and they are promoting research and development not only for academic research but also deployment to society.

As the series of their prototyping, they are developing software that can output the alternative cloth design of famous designers through deep learning in order to build making loops between ordinary designers and machine intelligence, developing automized wheelchairs, artificial hands, artificial legs as part of body aid and forming loops including the spatial recognition of machine intelligence with relationship between light, sound and human body. All of these projects stand on the linkage between digital fabrication technology, wave engineering technology and machine learning technology.

第115回WPI-IIISセミナー
演 者 Dr. Tsukasa Kamigaki
Department of Molecular and Cell Biology, University of California, Berkeley
演 題 Prefrontal circuits for memory-guided behavior
要 旨 The prefrontal cortex (PFC) is known to play a pivotal role in maintaining the upcoming task information without the sensory input, but the underlying mechanism is poorly understood. Using calcium imaging and optogenetic manipulation in mice performing a working memory task, we show that delay activity of pyramidal neurons in the dorsomedial PFC (dmPFC) is crucial for task performance. Optogenetic activation of vasoactive intestinal peptide (VIP)-positive interneurons can enhance the neuronal coding of the task information and improve the animal’s memory retention. The results suggest that dmPFC is a critical component of the working memory circuit and that VIP neurons dynamically regulate the functional gain of pyramidal neurons.
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
第21回医学医療系研究発表会
日 時 7月27日(木) 18:00~
場 所 臨床講義室B
演者

三好 浩稔 講師
三次元培養系を利用したバイオ人工臓器開発へのアプローチ

関堂 充 教授
当施設における乳房再建の現状と発展

前野 哲博 教授
研修医のメンタルヘルスに関する研究

医学医療系研究発表会は、生命システム医学専攻および疾患制御医学専攻の科目「医学セミナー」の対象の一つとして認められています。
事務担当 医学研究支援(3022)
平成29年度人間総合科学研究科第2回FDプログラム
日 時 2017年7月26日(水) 14:00~16:00
場 所 筑波大学 総合研究棟D D116(公開講義室)
テーマ はばたけ、世界へ。
趣 旨 世界で活躍できる人材養成は本研究科の大きな柱の1つである。今回は研究科で支援を行った「武者修行型学修派遣支援」による成果を大学院生3名に報告してもらい、海外に出ていくことの意義を共有する。
また、人間総合科学研究科副研究科長(感性認知脳科学専攻長)である小川園子教授にこれまでの研究の歩みを講演いただき、世界を舞台に研究することの意義を共有する。
【第1部】「人間総合科学研究科武者修行型学修派遣支援事業」報告
◯14:00~14:05
挨拶と趣旨説明 園山繁樹研究科長

◯14:05~14:25
教師教育におけるリフレクション概念に関する米国での文献収集およびヒアリングの成果報告
髙野貴大氏(教育基礎学専攻1年次)

◯14:25~14:45
フランシュ・コンテ大学における「アスリートの睡眠研究」の現状
中村優希氏(スポーツ医学専攻3年次)

◯14:45~15:05イーストテネシー大学との共同研究の概要と今後の展望
九鬼靖太氏(コーチング学専攻2年次)
【第2部】講演会
◯15:05~15:10
講師紹介 園山繁樹研究科長

◯15:10~15:50
Benefits of Experience Abroad
小川園子氏(人間総合科学研究科副研究科長 感性認知脳科学専攻長)

◯15:50~16:00
質疑応答
問合せ 筑波大学 人間総合科学研究科 運営担当  電話:029-853-2991/2996
http://www.chs.tsukuba.ac.jp/2017/06/1438
113th WPI-IIIS seminar
Date Wednesday, July 26, 2017
Time 12:00-13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Tomonori Takeuchi
Centre for Cognitive and Neural Systems, The University of Edinburgh
Subject Dopaminergic memory modulation by two distinct novelty systems
Summary Most everyday memories may form automatically in the hippocampus. The key role of this memory system is to filter our unnecessary information, but keep the important memories by a mechanism that involves novelty-associated dopamine release in the hippocampus.
Recent our studies revealed that projections from neurons in the locus coeruleus to the hippocampus can drive the environmental novelty-associated enhancement of memory retention through non-canonical release of dopamine in the hippocampus. These studies also raise a possibility that the impact of environmental novelty may differ from that of reward-associated novelty, and projections from neurons in the ventral tegmental area to the hippocampus might mediate reward-associated novelty which modulates the memory retention with a narrow time window.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第113回WPI-IIISセミナー
日 時 平成29年7月26日(月) 12:00~13:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者 Dr. Tomonori Takeuchi(竹内 倫徳 先生)
Centre for Cognitive and Neural Systems, The University of Edinburgh(エジンバラ大学 認知神経システムセンター)
演 題 Dopaminergic memory modulation by two distinct novelty systems
要 旨 Most everyday memories may form automatically in the hippocampus. The key role of this memory system is to filter our unnecessary information, but keep the important memories by a mechanism that involves novelty-associated dopamine release in the hippocampus.
Recent our studies revealed that projections from neurons in the locus coeruleus to the hippocampus can drive the environmental novelty-associated enhancement of memory retention through non-canonical release of dopamine in the hippocampus. These studies also raise a possibility that the impact of environmental novelty may differ from that of reward-associated novelty, and projections from neurons in the ventral tegmental area to the hippocampus might mediate reward-associated novelty which modulates the memory retention with a narrow time window.
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
112th WPI-IIIS seminar
This is a joint seminar between IIIS and TARA Center.
This seminar will be held in English.
Date Monday, July 24, 2017
Time 12:00-13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Noboru Hiroi
Albert Einstein College of Medicine
Subject Charting developmental trajectories of neuropsychiatric disorders in mouse models
Summary Various behavioral processes, such as social cognition and executive functions, expand from childhood to adulthood and the developmental trajectories of these dimensions derail in individuals with neuropsychiatric disorders. However, it is still not well understood how such alterations contribute to the onset of neuropsychiatric disorders. Knowledge of these processes is essential to understand the developmental origin of neuropsychiatric disorders and to develop mechanism-based therapeutic options. I will discuss how copy number variants of human chromosome 22q11.2 influence the developmental maturation of social communication and working memory in mice.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第112回WPI-IIISセミナー
TARAセンターとの合同セミナーです。
日 時 平成29年7月24日(月) 12:00~13:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者 Dr. Noboru Hiroi(廣井 昇)
Albert Einstein College of Medicine
演 題 Charting developmental trajectories of neuropsychiatric disorders in mouse models
要 旨 Various behavioral processes, such as social cognition and executive functions, expand from childhood to adulthood and the developmental trajectories of these dimensions derail in individuals with neuropsychiatric disorders. However, it is still not well understood how such alterations contribute to the onset of neuropsychiatric disorders. Knowledge of these processes is essential to understand the developmental origin of neuropsychiatric disorders and to develop mechanism-based therapeutic options. I will discuss how copy number variants of human chromosome 22q11.2 influence the developmental maturation of social communication and working memory in mice.
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
第437回TSMMセミナー(The 437th TSMM Seminar)
"Seminars in Medical Sciences"
"Advanced Seminar in Medical Sciences"
Title Cairo University Landscape of Research Outcomes.
Speaker Professor Hany A. El-Shemy
Cairo University Research Park (CURP)
Biochemistry Department, Faculty of Agriculture Cairo University
Date July 21, 2017 16:00-17:00
Venue Seminar Room 483 (Igakukei-tou 4th floor)
Abstract The index of QS World University Rankings reveals in a report published on Thursday, June 8, 2017, that Cairo University globally occupies the rank 482. It is among the best 500 universities at world level according to 2017 rankings. Cairo University advances with 70 places higher than last year. It is the only Egyptian university ranked among the best 500 universities around the world. Quacquarelli Symonds (QS) World University Rankings is an English institution concerned with education. It publishes this annual report of the best 800 universities around the world. QS index is one of the most prominent global rankings besides the well-known Shanghai Ranking.
連絡先 筑波大学医学医療系 高橋 智(satoruta@md.tsukuba.ac.jp

*TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久 武幸司)、生命システム医学専攻 &疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミ ナー」(担当:熊谷嘉人、島野仁)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関 連セミナーに相当します。

筑波分子医学協会(TSMM)
TSMMセミナー担当 筑波大学医学医療系 濱田理人(hamamichi@md.tsukuba.ac.jp

《医学セミナー》ご案内
テーマ 生涯元気でいきいきエンパワメント大作戦
講師 芳賀博先生(桜美林大学教授)
日 時 2017年7月18日(火) 18:00~19:30
場 所 筑波大学東京キャンパス116教室
問合せ先 国際発達ケア・エンパワメント科学研究室
安梅 anmet@md.tsukuba.ac.jp
TARA seminar
This seminar will be given in English.
Date 11:00-12:15, July 10th (Monday), 2017
Place Seminar Room (TARA Center Bldg. A)
Lecturer Tsutomu Sasaki, M.D., Ph.D.
Associate Professor,
Institute for Molecular and Cellular Regulation, Gunma University
Title Neuronal SIRT1 regulates macronutrient preference
Abstract Caloric restriction promotes health in multiple organisms by shifting the priority from reproduction to self-maintenance,which causes a coordinate shift in metabolism, from carbohydrate to fat utilization.
The health-promoting effects of caloric restriction are partly mediated by SIRT1, which promotes fat utilization in peripheral tissues.
Here, we showed that neuronal SIRT1 shifted the diet selection from sucrose to fat, which matched the peripheral metabolic shift.
I will describe the molecular mechanisms involved in the regulation of macronutrient selection by neuronal SIRT1.
References Matsui S, Sasaki T et al., manuscript submitted Sasaki T. Front Endocrinol (Lausanne) 6:109 (2015) Susanti VY, Sasaki T et al., Obesity 22(10):2115-9 (2014) Sasaki T et al., Diabetologia 57(4):819-31 (2014) Sasaki T et al., Endocrinology, 151, 2556-66 (2010)
Organizer Prof. Akiyoshi Fukamizu
akif@tara.tsukuba.ac.jp
TARAセミナー
本セミナーは、HBPの授業の一部を兼ねる形で、HBPとの共催で行われます。
日 時 平成29年7月10日(月)11:00~12:15(終了予定)
会 場 生命領域学際研究センターA棟 2階 セミナー室
講 師 佐々木努 先生
所 属 群馬大学 生体調節研究所 代謝シグナル解析分野 准教授
演 題 Neuronal SIRT1 regulates macronutrient preference
要旨・参考文献 Matsui S, Sasaki T et al., manuscript submitted Sasaki T. Front Endocrinol (Lausanne) 6:109 (2015) Susanti VY, Sasaki T et al., Obesity 22(10):2115-9 (2014) Sasaki T et al., Diabetologia 57(4):819-31 (2014) Sasaki T et al., Endocrinology, 151, 2556-66 (2010)
オーガナイザー 深水 昭吉(TARAセンター・教授)
akif@tara.tsukuba.ac.jp
《医学セミナー》ご案内
講 師 市村幸一先生(国立がん研究センター研究所脳腫瘍連携研究分野分野長)
題 名 「hTERT in gliomas - a multifaceted demigod -」
日 時 2017年7月7日(金) 18:00~
場 所 医学学系棟 483室
連絡先 筑波大学医学医療系脳神経外科
松田真秀(内線3220)
第9回つくばがん研究会 つくばキャンサーリサーチアリーナ合同開催
The 9th Tsukuba Cancer Study Meeting/Tsukuba Cancer Research Arena Joint Meeting
日 時 2017年7月6日(木) 18:00開始予定
場 所 臨床講義室A
説 明

Prof Colin Goding(Oxford大教授)は、Melanomaを対象としたsignalingやtranscription、腫瘍の多様性を利用した新規がん治療法の開発等において世界的な研究をされておられ、ライフイノベーションプログラムにて筑波大に研究指導・教育に来ていただいております。

Prof Colin Goding の研究内容についてはhttp://www.ludwig.ox.ac.uk/colin-goding-group-pageをご覧ください。

また、会終了後は、Prof Colin Godingやライフイノベーションプログラムにて筑波大に来てくださっている世界的な研究者を囲んで、親睦を深める立食partyを予定しております。

参加費 500円
(コ・メディカル、ポスドク、研修医、学生(大学生を含む)は参加費不要です)
TARA(生命領域学際研究センター)セミナー
要 旨

p53のアセチル化を発見し、細胞増殖や癌抑制の研究を精力的に推進しています。

米国コロンビア大学のGu 教授にご講演いただきます。 皆さんのご参加をお待ちしています。

タイトル "The acetylation code for tumor suppression"
講演者 Dr. Wei Gu, Abraham and Mildred Goldstein Professor, Columbia University, U.S.A.
日 程 7月4日(火)
時 間 15:00~16:30
言 語 英語
教 室 TARAセンター A棟 セミナー室
http://tara.tsukuba.ac.jp/access/
事前登録 不要
Tara(Tsukuba Advanced Research Alliance) seminar
Title "The acetylation code for tumor suppression"
Guest Speaker Dr. Wei Gu, Abraham and Mildred Goldstein Professor, Columbia University, U.S.A.
Day Tuesday, July 4
Time 15:00 - 16:30
Language English
Venue Seminar room, Building A, TARA Center
http://tara.tsukuba.ac.jp/access/
Note NO registration needed
第236回つくばブレインサイエンス・セミナー (2017年7月開催)
演 題 「創薬における人工知能の活用」
演 者 門脇 正史(かどわき・ただし)先生
(株)エーザイhhcデータクリエーションセンター・データサイエンスラボ筑波室
日 時 2017年7月4日(火) 18:00~
司 会 宮川 武彦 先生(エーザイ・プロダクトクリエーション・システムズ)
会 場 筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂
(バスご利用の方は「追越学生宿舎前」で下車してください)
詳 細 詳細についてはTBSAホームページをご覧ください。
つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務局
http://www.md.tsukuba.ac.jp/tbsa/
H29年度特別講演「理論の看護実践への活用」
日 時 2017年6月30日(金) 15:30~17:30
場 所 イノベーション棟8階
講 師

パトリシア・トーマス先生
グランバレー州立大学看護大学副学部長(米国)
Transformation Leadership Theoryの活用

ブランディ・メッサー先生
聖アンソニー看護大学 DNPコーディネーター(米国)
Health Promotion Modelの活用

主 催 文部科学省未来医療人材養成拠点形成事業
筑波大学「次世代の地域医療を担うリーダーの養成」および看護学専攻ICT国際活動委員会
事前申し込みは不要で、どなたでも参加出来ます。
多数の方々のご参加をお待ちしております。
※日本語通訳があります。
連絡先 問合せ:看護科学専攻事務室(成田・狩野)
メール:kanngojimu@md.tsukuba.ac.jp
第20回医学医療系研究発表会
TARAセンター特別講演会

TARAセンター特別講演会と合同開催となります。
日 時 6月22日(木) 17:00~
場 所 臨床講義室A
特別講演会 人の老化度は”分子的に”測定できるか?
柳田充弘 氏(沖縄科学技術大学院大学教授)
第2部

18:30~20:00 医学医療系研究発表会

林 悠 准教授(国際睡眠研究機構)
「夢を生み出すレム睡眠の意義とメカニズム」

川口 敦史 助教(医学医療系)
「新規宿主因子の同定を駆動力としたウイルス学研究」

関根 郁夫 教授(医学医療系)
「腫瘍内科の臨床試験とトランスレーショナル研究-アイデアの出所が違います」

*医学医療系研究発表会は、生命システム医学専攻および疾患制御医学専攻の科目「医学セミナー」の対象として認められます。
第235回つくばブレインサイエンス・セミナー(2017年6月開催)
演 題 「うつ病における手綱核神経回路の役割」
演 者 相澤 秀紀(あいざわ・ひでのり)先生
(広島大学医歯薬保健学研究院(医)・神経生物学)
日 時 2017年6月20日(火) 18時より
司 会 桝 正幸 先生(筑波大学医学医療系・生命医科学域)
場 所 筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂
(バスご利用の方は「追越学生宿舎前」で下車してください)
詳細についてはTBSAホームページをご覧ください。
http://www.md.tsukuba.ac.jp/tbsa/
連絡先 つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務局
E-mail: tshiga@md.tsukuba.ac.jp
なお、このセミナーは筑波大学大学院修士課程フロンティア医科学専攻との共催です。
111th WPI-IIIS Seminar
26th ARIHHP Human High Performance Seminar
This is a joint seminar between IIIS and ARIHHP.
Date Tuesday, June 20, 2017
Time 12:00-13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Junhua Li
Metagenomic Institute, BGI Research
Subject A gut microbiota perspective of precision health and nutrition
Summary 1, Brief introduction of human intestinal tract flora, and their roles in human health and disease.
2, Fundamental reference catalogs of gut microbiome established by metagenomic sequencing.
3, Metagenome wide association studies reveal novel disease-related biomarkers.
4, Population-specific signatures of gut microbiota, and possible effects on nutrition and health.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第111回WPI-IIISセミナー
第26回ARIHHP HHPセミナー
ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター(ARIHHP)との合同セミナー です。
日 時 平成29年6月20日(火) 12:00~13:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者 Dr. Junhua Li
Metagenomic Institute, BGI Research
演 題 A gut microbiota perspective of precision health and nutrition
要 旨 1, Brief introduction of human intestinal tract flora, and their roles in human health and disease.
2, Fundamental reference catalogs of gut microbiome established by metagenomic sequencing.
3, Metagenome wide association studies reveal novel disease-related biomarkers.
4, Population-specific signatures of gut microbiota, and possible effects on nutrition and health.
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
トランスボーダー医学研究センター国際シンポジウム
International Symposium of Tsukuba Transborder Medical Research Center
日 時

平成29年6月17日(土) 10:00~17:20 (その後懇親会)

プログラムはこちらを御覧ください。
日本語
英語

場 所 つくば国際会議場エポカル 中会議室200
(International Congress Center, Epochal Tsukuba, Convention Hall 200)
申 込 E-mailにて、担当 深田まで fukada.yusuke.fp@un.tsukuba.ac.jp
(先着200名)
参加費 無料
備 考 ※申込みは、定員の関係もありますので事前申込みとさせていただきますが、場合によっては当日でも可能です。
トランスボーダー医学研究センターHP:
http://www.md.tsukuba.ac.jp/tmrc/index.html
講演者

【GUEST】
Dr. Peter ten Dijke (Leiden University, Netherlands) Dr. Seong-Jin Kim (Seoul National University, South Korea) Dr. Tilo Kunath (University of Edinburgh, United Kingdom) Dr. Yumiko Oishi (Tokyo Medical and Dental University, Japan)

【筑波大学】
松本 正幸 先生(認知神経科学分野)
Dr. Masayuki Matsumoto (University of Tsukuba)
川口 敦史 先生(感染体宿主動態分野)
Dr. Atsushi Kawaguchi (University of Tsukuba)
松坂 賢  先生(エネルギー代謝科学分野)
Dr. Takashi Matsuzaka (University of Tsukuba)
加藤 光保 先生(細胞動態科学分野)
Dr. Mitsuyasu Kato (University of Tsukuba)
福田 真嗣 先生(メタボロゲノミクス分野)
Dr. Shinji Fukuda (Keio University/University of Tsukuba)
村谷 匡史 先生(ゲノムバイオロジー分野)
Dr. Masafumi Muratani (University of Tsukuba)
広川 貴次 先生(インホマティクス分野)
Dr. Takatsugu Hirokawa (AIST/ University of Tsukuba)
三輪 佳弘 先生(イメージング分野)
Dr. Yoshihiro Miwa (University of Tsukuba)
杉山 文博 先生(実験動物学分野)
Dr. Fumihiro Sugiyama (University of Tsukuba)
高橋 智  先生
Dr. Satoru Takahashi (University of Tsukuba)

第189回保健・医療・福祉に関する勉強会
演 者

「地域薬局の健康サポート機能拡充への取り組み」
松下綾先生 ウエルシア薬局(株)薬剤師

「かかりつけ薬剤師・薬局はどこへ向かうのか」
佐藤卓也先生 ウエルシア薬局(株)薬剤師

日 時 平成29年6月13日(火) 18:30~20:30
場 所 筑波大学総合研究棟D 公開講義室(1F)
連絡先 筑波大学医学医療系
福祉医療学 柳久子
TEL&FAX:029-853-3496
平成29年度人間総合科学研究科第1回FDプログラム
要旨 本企画は、TA(Teaching Assistant)-TF(Teaching Fellow)の2つのレベルから構成されるFDの組織化・制度化を指向し、未来型の大学人育成のためのFD活動を実践しようとするものです。
今回は、TFとして授業に臨むときの姿勢や必要なスキル等について、東京キャンパス(人間系)専攻、医学系専攻、学際系専攻の先生方に、モデル授業を実施していただくことになりました。
これまでと同様に、TFになった院生、TFをめざす院生のほか、教員及び学内の希望者の参加を期待しております。
日 時 平成29年5月31日(水) 14:00~16:00
場 所 筑波大学 総合研究棟D D116(公開講義室)
プログラム

進行:園山 繁樹(人間総合科学研究科長)

モデル授業
その1(14:00~14:40)
◯授業テーマ
「超高齢社会における介護予防のあり方」
山田 実 (生涯発達科学専攻・准教授)

その2(14:40~15:20)
◯授業テーマ
“Peer Instruction in Practice: Lessons from Teaching in Japan and Vietnam”
Thomas D Mayers(生命システム医学専攻・助教)

その3(15:20~16:00)
◯授業テーマ
「質的研究法入門ー高齢者と家族のケアの構築ー」
橋爪 祐美(ヒューマン・ケア科学専攻・准教授)

問い合わせ 筑波大学 人間総合科学研究科運営担当
URL:http://www.chs.tsukuba.ac.jp/2017/05/1268
第19回医学医療系研究発表会
日 時 5月25日(木) 18:00~
場 所 臨床講義室B
演 者 森川 一也 教授
感染生物学(細菌学)の研究紹介
森 千鶴 教授
精神科リハビリテーション看護-自己を見つめることに着目した援助-
増本 幸二 教授
当院小児外科における基礎的・臨床的研究の現状
医学医療系研究発表会は、生命システム医学専攻および疾患制御医学専攻の科目「医学セミナー」の対象の一つとして認められています
事務担当 医学研究支援(3022)
110th WPI-IIIS seminar
Date Monday, May 22, 2017
Time 12:00-13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Takashi Yoshimura
WPI-ITbM & Graduate School of Bioagricultural Sciences, Nagoya University
Subject Evolution of seasonal timers: Towards the understanding of human seasonal rhythms
Summary The appropriate timing of various seasonal processes, such as reproduction, migration and hibernation, is crucial to the survival of animals living in temperate regions. Although this phenomenon attracts great interest, its underlying mechanisms are not well understood. By using non-model organisms that have highly sophisticated seasonal responses, we have uncovered the universality and diversity in the signal transduction pathway regulating seasonal rhythms in vertebrates.
Although humans are not typically considered seasonal animals, some evidence suggests that seasonal variation in physiology and behavior also exists in humans. I will discuss how we can better understand human seasonal rhythms using unique animal models.
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第110回WPI-IIISセミナー
日 時 平成29年5月22日(月) 12:00~13:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者 吉村 崇 先生
(名古屋大学WPI トランスフォーマティブ生命分子研究所)
演 題 Evolution of seasonal timers: Towards the understanding of human seasonal rhythms
要 旨 The appropriate timing of various seasonal processes, such as reproduction, migration and hibernation, is crucial to the survival of animals living in temperate regions. Although this phenomenon attracts great interest, its underlying mechanisms are not well understood. By using non-model organisms that have highly sophisticated seasonal responses, we have uncovered the universality and diversity in the signal transduction pathway regulating seasonal rhythms in vertebrates.
Although humans are not typically considered seasonal animals, some evidence suggests that seasonal variation in physiology and behavior also exists in humans. I will discuss how we can better understand human seasonal rhythms using unique animal models.
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
第188回 保健・医療・福祉に関する勉強会
演 題 これからの地域包括ケアを見据えた職種間連携の構築 ~リハビリテーションという視点の開花~
演 者 後藤亮平先生
筑波大学医学医療系地域医療教育学
日 時 平成29年5月16日(火) 18:30~20:30
場 所 筑波大学総合研究棟D 公開講義室(1F)
連絡先 福祉医療学 柳 久子
TEL&FAX:029-853-3496
第234回つくばブレインサイエンス・セミナー
演 題 「Neuroimagingを用いた精神疾患のバイオマーカー研究」
演 者 太田深秀先生(おおた・みほう)先生
(国立精神・神経医療研究センター)
日 時 2017年5月16日(火) 18時より
司 会 井出政行先生
(筑波大学医学医療系・臨床医学域)
会 場 筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂
(バスご利用の方は「追越学生宿舎前」で下車してください)
詳細についてはTBSAホームページをご覧ください。
http://www.md.tsukuba.ac.jp/tbsa/
お問い合わせ先 つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務局
E-mail: tshiga@md.tsukuba.ac.jp
みらいエンパワメントカフェ
概 要 生き生きとした豊かなみらいを拓く知恵を、実践者、研究者、当事者とともに語らう場を、「みらいエンパワメントカフェ」として開催しています。2017年度は子どもからお年寄りまで生涯にわたるエンパワメント(湧活)について、異業種異分野専門職が一堂に会し、湧活ネットワークを広げていきます。
多くの皆さんのご参加をお待ちしています。
日 時 平成29年4月28日(金) 18:00~19:30
場 所 筑波大学東京キャンパス 320教室
講 演 辻一郎先生(東北大学公衆衛生学教授)
「いざという時に活かすこころのエンパワメント:東日本大震災から学ぶ」
問合せ先 国際発達ケア:エンパワメント科学研究室
安梅 anmet@md.tsukuba.ac.jp
第18回医学医療系研究発表会
日 時 4月27日(木) 18:00~
演 者 坪井 康次 教授
『がん治療に役立つ放射線生物学』
西山 博之 教授
『泌尿器癌の病態解明と治療法の開発に向けて~ベッドサイドとベンチとの交流~』
沖田 結花里 研究員
『乳がんの腫瘍形成・転移形成における新たな仕組みの解明~トリプルネガティブ型乳がんの治療標的を求めて~』
医学医療系研究発表会は、生命システム医学専攻および疾患制御医学専攻の科目「医学セミナー」の対象の一つとして認められています。
事務担当 医学研究支援(3022)
第233回つくばブレインサイエンス・セミナー
日 時 4月25日(火) 18:00~
演 題 神経経済学:ヒト判断機能の霊長類モデル動物を用いた研究
演 題 山田 洋 先生(筑波大学医学医療系・生命医科学域)
司 会 設楽 宗孝 先生(筑波大学医学医療系・生命医科学域)
会 場 筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂
(バスご利用の方は「追越学生宿舎前」で下車してください)
詳細についてはTBSAホームページをご覧ください。
お問い合わせ先 つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務局
E-mail: tshiga@md.tsukuba.ac.jp
第436回TSMMセミナー
436th TSMM Seminar

This seminar is regarded as a lecture for the subject "Seminar in Medical Sciences"
Title Differential SoxB1 requirements in naïve and primed pluripotency.
Speaker Dr. Andrea Corsinotti
Laboratory of Embryonic Stem Cell Biology MRC Centre for Regenerative Medicine University of Edinburgh/ University of Tsukuba
Date April 20, 2017 17:00-18:30
Venue Seminar Room 105 (Health and Medical Science Innovation building 1st floor)
Abstract Sox2 is a key transcription factor directing embryonic stem cell (ESC) pluripotency. Self-renewal of Sox2-/- ESCs can be rescued by the SoxB1 proteins Sox1 or Sox3. However, the role of SoxB1 proteins in epiblast stem cell (EpiSC) pluripotency is unknown. We compared the abilities of Sox2-related proteins to maintain pluripotency in these cell types.
Surprisingly, deletion of Sox2 from EpiSCs does not eliminate self- renewal but Sox3 levels are increased. While EpiSCs can also dispense with Sox3, deletion of both Sox2 and Sox3 prevents self-renewal. ESCs with altered SoxB1 levels exhibit differentiation defects. We demonstrate that a redundant SoxB1 function maintains pluripotency in ESCs and EpiSCs, with SoxB1 levels controlling the ability of ESCs to be captured as EpiSCs or escape pluripotency.
連絡先 筑波大学医学医療系 高橋 智(satoruta@md.tsukuba.ac.jp

*TSMMセミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武幸司)、生命システム医学専攻 & 疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷嘉人、島野仁)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。

筑波分子医学協会(TSMM)
TSMMセミナー担当 筑波大学医学医療系 濱田理人(hamamichi@md.tsukuba.ac.jp