筑波大学大学院 人間総合科学研究科 医学系専攻についてご紹介します。

TOPICS

加治優一講師が日本眼科学会評議員賞及び座長賞を受賞

2008/05/09

加治優一講師(人間総合科学研究科、機能制御医学専攻、眼科学分野)は大鹿哲郎教授(同、眼科)の指導で行われた「蛋白翻訳後修飾がもたらす眼疾患」によって、日本眼科学会評議員賞を受賞しました。その内容は日本眼科学会総会における宿題報告として発表されました。同研究は、非酵素的な翻訳後修飾により体内に生じる変性蛋白質(蛋白糖化最終産物及びD-アミノ酸含有蛋白質)が沈着することにより、加齢や糖尿病に伴うさまざまな眼合併症が引き起こされることを証明したものです。
さらに榊原潤准教授(システム情報工学研究科、構造エネルギー工学専攻)、山下正木(同前期課程1年)及び大鹿教授の指導で行われた「白内障手術時における前房内灌流液流動の定量的解析法の開発」に対して、日本眼科学会総会座長賞が授与されました。同研究は榊原研究室の誇る流動解析装置を用い、白内障手術時における前房内における灌流液の動態を可視化したものです。今後白内障手術の安全性の評価や新しい手術装置の開発など多くの応用が期待されます。