筑波大学大学院 人間総合科学研究科 医学系専攻についてご紹介します。

TOPICS

柳川 徹講師が「独立行政法人科学技術振興機構 地域イノベーション創出総合支援事業 重点地域研究開発推進プログラム 平成20年度「シーズ発掘試験」」に採択

2008/07/10

柳川徹講師(人間総合科学研究科、疾患制御医学専攻、顎口腔外科学分野)は、研究課題「生活習慣病モデルマウスを用いた薬剤効果スクリーニング法の開発」で、「独立行政法人科学技術振興機構 地域イノベーション創出総合支援事業 重点地域研究開発推進プログラム 平成20年度「シーズ発掘試験」」に採択されました。同研究課題は、特許審査中技術「インスリン抵抗性疾患モデルとしてのA170遺伝子KOマウス、及び該KOマウスを用いた方法(特願2004-126465)」を基に、食後高血糖改善薬の脂肪肝抑制効果について、同モデルマウスを用いて薬効の評価を行い、同モデルマウスのスクリーニング法としての有用性を検証するものです。 なお、この事業は、各府省・大学・地方自治体・独立行政法人・TLO等に配置されている各種コーディネータ等が発掘した研究シーズを育成するとともに、実用化に向けたコーディネート活動を支援することを目的とした試験研究制度です。6,966件の応募があり、1,387件の新規採択課題が決定されました。柳川講師の課題については、産学リエゾン共同研究センターの林良夫技術移転マネージャーにより応募がなされたものです。