Health Services Research Department

新着情報































2019/9/6

2019/9/19
32nd
Health Services Research Seminar!

日付 :2019年10月18日(金)
時間 :18:30~20:00
場所 :筑波大学 東京キャンパス 文京校舎122講義室
①18:30~19:15  タイトル  ”VRは医療をどう変えるのか - Digital Therapeuticsとしての可能性 -” 
演者:松村 雅代(株式会社 BiPSEE 代表取締役 CEO, MBA, MD)
②19:15~20:00  タイトル  ”臨床医からみた機械学習〜産学連携の経験も踏まえて〜”
演者:佐藤 雅和(東京大学産婦人科学教室、現埼玉医科大学国際医療センター婦人科腫瘍科助教)
♪♪♪♪♪♪                        
本セミナーは筑波大学大学院博士課程ヒューマン・ケア科学専攻の開講課目を兼ねております。
参加時毎回の課題提出及び年度末の総括討論日(3月8日予定)があります。他専攻の方は、事前に履修の可否などは各専攻でご確認ください。   
講義名:ヘルスサービスリサーチ実践研究演習   科目番号:02EU576
参加希望の方は氏名、所属、連絡先を添え下記連絡先までお申込みください。
受付担当:秘書(森田千代):morita.chiyo.ga@un.tsukuba.ac.jp
研究会開催後は中華料理店にて懇親会を行います(¥3,000)こちらもご参加ください。
*なお、この研究会はオープンですが、事前登録制です。研究途上のものもあるので、資料配布なし 撮影禁止、研究内容についても
本研究会の議論の場のみとしますので、内容の転送などもご遠慮ください。詳細はこちら


2019/9/6
准教授 森隆浩先生の論文が JBMR Plus に掲載されました。
Mori T, Crandall C J,   Ganz  D A. Cost‐Effectiveness of Sequential Teriparatide/Alendronate versus Alendronate‐only Strategies in High‐risk Osteoporotic Women in the US: Analyzing the Impact of Generic/Biosimilar Teriparatide, JBMR Plus, Accepted in 2019.
https://doi.org/10.1002/jbm4.10233


2019/9/6

医学類5年の塚崎 栄里子さんが第78回日本公衆衛生学会総会のポスター賞に選ばれました!おめでとうございます!!

演題「気分・不安障害が疑われる集団における精神科通院に関連する要因の検討」

2019/9/5

ヘルスサービス開発研究センター二次データ基盤部門の門間先生(体育系)を主著とする当ラボチーム共著の論文がBMC Public Health に受理されました!

★Monma T, Takeda F, Noguchi H,Takahashi H, Watanabe T, Tamiya N. Exercise or sports in midlife and healthy life expectancy: An ecological study in all prefectures in Japan. BMC Public Health, PUBH-D-19-01967R1, 2019.

2019/9/5

客員教授 阿部先生のAuthor’s responseが掲載されました!
★Abe T. Author’s response to letter “Confounding factors for the effect of misdiagnosis of site of infection on in-hospital mortality”. Critical Care (2019) 23:294, 2019, https://ccforum.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13054-019-2577-4#Sec1

2019/9/
2

客員研究員 松田智行先生の当ラボチームによる論文が受理されました!
★Matsuda T, Iwagami M, Suzuki T, Jin X, Watanabe T, Tamiya N. Correlation between the Barthel Index and care need levels in the Japanese long-term care insurance system. Geriatrics & Gerontology International, Accepted in 2019

2019/8/31

東京大学と当チームの共同研究論文が掲載されました。  クリックするとPDFをご覧になれます.
★Abe K, Miyawaki A, Kobayashi Y, Nogchi H, Takahashi H, Tamiya N. Receiving the home care service offeredby certified care workers prior to a patients’ death and the probability of a home death: observational research using an instrumental variable method from Japan. BMJ Open 2019;9:e026238. doi:10.1136/bmjopen-2018-026238, 2019
Press Releaseはこちら

http://www.m.u-tokyo.ac.jp/news/press.html

2019/8/28

田宮先生が8月18日からチリで開催されたAPEC2019に、招聘研究者として参加され、講演ほかパネルディスカッションなどで、日本の介護保険について報告されました。
★18日 9:40-10:10 “long-term care strategies in elderly people What do we need to implement better health care and improve user perception?”As a speaker in meeting “Policy Dialogue on ‘Health Across he Life Course’ – Prevention Measures to support an ageing population within APEC economies”★19日 12:15-12:45 “long-term care strategies in elderly people What do we need to implement better health care and improve user perception?”As a speaker in APEC Citizen Valdivia (APEC Ciudadano)★20日 16:30-18:15  As a panelist of Panel Discussion in session two :Adapting health systems to support healthy aging – lessons learned and future strategies, 9th APEC High-Level Meeting on Health & the Economy “Healthy Economies in an Aging World”★21日 12:15-12:45 “long-term care strategies in elderly people What do we need to implement better health care and improve user perception?”As a speaker in APEC Citizen Valdivia (APEC Ciudadano)                                                                                     
2019/8/22
公衆衛生 第83巻第9号 特集「ヘルスサービスリサーチ サービスの効率と質の向上へ」に、田宮先生他先生方が執筆され、掲載されました。クリックするとonlineページがご覧になれます
★田宮菜奈子「日本におけるヘルスサービスリサーチ(HSR)の今後の展望」、公衆衛生、第83巻第9号、pp648-653
★石崎達郎 「レセプト情報を用いた要介護高齢者の医療の実態把握」、公衆衛生、第83巻第9号、pp658-663

★渡邊多永子「HSRにおける公的統計データ、医療・介護レセプトデータ、およびそれら突合データの利活用」、公衆衛生、第83巻第9号、pp664-668

★金 雪瑩 「介護サービスの質の評価におけるビッグデータの活用」、公衆衛生、第83巻第9号、pp670-675
★高橋秀人・森川美絵・森山葉子 「英国の地域包括ケアに用いられる社会指標の枠組み」、公衆衛生、第83巻第9号、pp683-689
★濱田将太・児島剛太郎・岩上将夫「英国のプライマリケアデータベースの利活用」、公衆衛生、第83巻第9号、pp690-694

★全保永  「韓国における公衆衛生分野での二次データ活用の現状」、公衆衛生、第83巻第9号、pp696-700


2019/8/8

Mayer先生主著で当ラボのメンバーチームによる論文が  Geriatrics & Gerontology nternational に掲載されました。

Mayers T, Kashiwagi S, Mathis B J, Kawabe M, Gallagher J, Morales Aliaga M L, Kai I,  Tamiya N. International review of national-level guidelines on end-oflife care with focus on the withholding and withdrawing of artificial nutrition and hydration. Geriatrics & Gerontology nternational, DOI: 10.1111/ggi.13741, 2019


2019/8/1

つくば市と筑波大学は、つくば市との医療データ利用に関する締結を結びました!

「つくば市及び国立大学法人筑波大学の医療介護分野医おけるデータ分析に関する覚書」の締結  
締結式:  日付 :2019年8月1日(木)    時間 :10:30~     場所 :つくば市役所

2019/7/31

准教授 杉山雄大先生の論文が Diabetes Research and Clinical Practice に掲載されました。

★Sugiyama T, Imai K, Ihara-Sugiyama N, Tanaka H, Yanagisawa-Sugita A, Sasako T, Higashi T, Okamura T, Yamauchi T, Ueki K, Ohsugi M, Kadowaki T. Variation in process quality measures of diabetes care by region and institution in Japan during 2015–2016: An observational study of nationwide claims data. Diabetes Research and Clinical Practice, https://doi.org/10.1016/j.diabres.2019.05.029, 2019

Press Release、おめでとうございます!
クリックするとwebページがご覧になれます
全国レセプトデータにおける糖尿病診療の質指標を測定 – 網膜症検査・尿検査実施割合の低さと都道府県別・施設別のばらつきが課題 –

http://drc.ncgm.go.jp/news/pressrelease/2019/20190730.html


2019/7/29

客員教授 阿部智一先生の論文が Shock に掲載されました。

★Fujishima S; Gando S; Saitoh D; Kushimoto S; Ogura H; Abe T, et al. Demographics, treatments, and outcomes of acute respiratory distress syndrome: The Focused Outcomes Research in Emergency Care in Acute Respiratory Distress Syndrome, Sepsis, and Trauma (FORECAST) study. Shock, DOI: 10.1097/SHK.0000000000001416, 2019


2019/7/29

客員教授 阿部智一先生の論文が Acute medicine and surgery に受理されました。
★Fujishima S; Gando S; Saitoh D; Kushimoto S; Ogura H; Abe T, et al. Trends in sepsis care in Japan: Comparison of two sepsis cohort studies conducted by the Japanese Association for Acute Medicine. Acute medicine and surgery, Accepted in 2019

2019/7/15
非常勤研究員 佐藤幹也先生の論文が 厚生の指標 に掲載されました。
★佐藤幹也、前野哲博、田宮菜奈子:高齢化に伴う今後の外来診療需要の推計と総合診療の役割. 厚生の指標、66(7)、20-25頁、2019

2019/7/9

助教 岩上将夫先生の論文が Annals of Clinical Epidemiology に掲載されました。
★Iwagami M, Taniguchi Y, Jin X, Adomi M, Mori T, Hamada S, Shinozaki T, Suzuki M, Uda K, Ueshima H, Iijima K, Yoshie S, Ishizaki T, Ito T, Tamiya N. Association between recorded medical diagnoses and incidence of long-term care needs certification: a case control study using linked medical and long-term care data in two Japanese cities. Annals of Clinical Epidemiology;1(2):56–68, 2019

2019/7/8

客員教授 阿部智一先生の論文が Thrombosis Research に受理されました。
★Matsubara T, Yamakawa K, Umemura Y, Gando S, Ogura H, Shiraishi A, Kushimoto S, Abe T, et al. Significance of plasma fibrinogen level and antithrombin activity in sepsis: a multicenter cohort study using a cubic spline model. Thrombosis Research online ahead of print, 2019

2019/7/2

准教授 杉山雄大先生の論文が The Tohoku Journal of Experimental Medicine に掲載されました。クリックすると公開論文のPDFがご覧になれます
★Sugiyama T, Oba K, Kobayashi Y. Risk-Stratified Incidence of Renal Replacement Therapy Initiation: A Longitudinal Analysis Using Medical Claims and Health Checkup Data. The Tohoku Journal of Experimental Medicine, 248(2), 125-135, https://doi.org/10.1620/tjem.248.125, 2019


2019/7/1

客員教授 阿部智一先生の論文が Medicine に受理されました。
★Kondo Y, Gibo K, Abe T, Fukuda T, Kukita I. Association of prehospital oxygen administration and mortality in severe trauma patients (PROMIS) A nationwide cohort study. Medicine, Accepted in 2019

2019/7/1

客員教授 阿部智一先生の論文が Scientific Reports に受理されました。
★Aoki M, Abe, T, et al. Association of Prehospital Epinephrine Administration With Survival Among Patients With Traumatic Cardiac Arrest Caused By Traffic Collisions, Scientific Reports,  Accepted in 2019

2019/6/28

助教の岩上将夫先生と当教室の博士課程卒業生で筑波技術大学の講師の小林洋子先生(co-first author)の論文が Geriatrics and Gerontology に掲載されました。
★Iwagami M, Kobayashi Y, Tsukazaki E, Watanabe T, Sugiyama T, Wada T, Hara A, Tamiya N. Associations between self‐reported hearing loss and outdoor activity limitations, psychological distress and self‐reported memory loss among older people: Analysis of the 2016 Comprehensive Survey of Living Conditions in Japan. Geriatrics and Gerontology, https://doi.org/10.1111/ggi.13708, 2019.


Press Release、おめでとうございます!クリックするとwebページがご覧になれます
高齢者における難聴は外出活動制限・心理的苦痛・もの忘れと関連する ~平成28年「国民生活基礎調査」の分析~

http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201906271400.html


2019/6/25

非常勤研究員 佐藤幹也先生の論文が 日本公衆衛生雑誌 に掲載されました。
★佐藤幹也、田宮菜奈子、伊藤智子、高橋秀人、野口晴子. 全国の介護保険レセプトを用いた在宅介護のフォーマルケア時間推計.
日本公衆衛生雑誌, 66(6):287-294. doi: 10.11236/jph.66.6_287, 2019

2019/6/20

今春卒業された安富元彦先生の論文が BMJ Openに掲載されました。
★Adomi M, Iwagami M, Kawahara T, Hamada S, Iijima K, Yoshie S, Ishizaki T, Tamiya N. Factors associated with long-term urinary catheterisation and its impact on urinary tract infection among older people in the community: a population-based observational study in a city in Japan. BMJ Open, http://bmjopen.bmj.com/cgi/content/full/bmjopen-2018-028371 , 2019


2019/6/17

論文受理、おめでとうございます!

★客員教授 阿部智一先生の論文が Thromb Haemost に受理されました。
Yamakawa K, Gando S, Ogura H, Umemura Y, Kabata D, Shintani A, Shiraishi A, Saitoh D, Fujishima S, Mayumi T, Kushimoto S, Abe T, et al.  Optimal Target of Anticoagulant Therapy for Sepsis: A Prospective CohortIncorporating a Restricted Cubic Spline Regression Model. Thromb Haemost, Accepted in 2019

2019/6/1

論文掲載、おめでとうございます!
クリックすると公開論文のPDFがご覧になれます
★客員教授 阿部智一先生の論文が J Infect Chemother に掲載されました。
Umemura Y, Ogura H, Gando S, Shiraishi A, Saitoh D, Fujishima S, Mayumi T, Kushimoto S, Abe T, Shiino Y, Nakada TA, Tarui T, Hifumi T, Otomo Y, Okamoto K, Kotani J, Sakamoto Y, Sakaki J, Shiraishi SI, Takuma R, Hagiwara A, Masuno T, Takeyama N, U,asjota M. Oleda H, Ueyama M, Yamakawa K, Japanese Association for Acute Medicine (JAAM) Focused Outcomes Research in Emergency Care in Acute Respiratory Distress Syndrome, Sepsis and Trauma (FORECAST) Study Group. Prognostic Accuracy of Quick SOFA is different according to the severity of illness in infectious patients. J Infect Chemother, e-pub ahead of print in 2019

2019/6/4

准教授 杉山雄大先生と客員研究員 田中宏和先生の書かれた論文について、47NEWSの医療・健康サイトに取り上げられました。
クリックするとwebページがご覧になれます47NEWSの医療・健康サイト https://www.47news.jp/medical/shinseiki/3541568.html

2019/6/3

論文掲載、おめでとうございます!
クリックすると公開論文のPDFがご覧になれます
★准教授 杉山雄大先生の論文が Journal of Evaluation in Clinical Practice に掲載されました。
Ihara-Sugiyama N, Sugiyama T, Tanaka H, Ueki K, Kobayashi Y, Ohsugi M. Comparison of effectiveness and drug cost between dipeptidyl peptidase‐4 inhibitor and biguanide as the first‐line anti‐hyperglycaemic medication among Japanese working generation with type 2 diabetes. Journal of Evaluation in Clinical Practice. 1-9, doi:10.1111/jep.13


2019/5/31

31
th Health Services Research Seminar!
好評のうちに終了いたしました。ご参加ありがとうございました。
日付 :2019年6月28日(金)
時間 :18:30~20:00
場所 :筑波大学 東京キャンパス 文京校舎118講義室
①18:30~19:15  タイトル  ”アメリカ公衆衛生大学院と、ロコモティブシンドローム関連疾患についての研究” 
演者:藤井 朋子(東京大学医学部附属病院 22世紀医療センター 運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座)
②19:15~20:00  タイトル  ”Who is vulnerable? Informal caregiver’s health under the long-term care insurance in Japan.”
演者:宮脇 敦士(東京大学公衆衛生学教室 特別研究員・特任研究員)♪♪♪♪♪♪                        
本セミナーは筑波大学大学院博士課程ヒューマン・ケア科学専攻の開講課目を兼ねております。
参加時毎回の課題提出及び年度末の総括討論日(3月8日予定)があります。他専攻の方は、事前に履修の可否などは各専攻でご確認ください。   
講義名:ヘルスサービスリサーチ実践研究演習   科目番号:02EU576
参加希望の方は氏名、所属、連絡先を添え下記連絡先までお申込みください。
受付担当:秘書(森田千代):morita.chiyo.ga@un.tsukuba.ac.jp
研究会開催後は中華料理店にて懇親会を行います(¥3,000)こちらもご参加ください。
*なお、この研究会はオープンですが、事前登録制です。研究途上のものもあるので、資料配布なし 撮影禁止、研究内容についても
本研究会の議論の場のみとしますので、内容の転送などもご遠慮ください。詳細はこちら

2019/5/13

論文掲載、おめでとうございます!
クリックすると公開論文のPDFがご覧になれます
★客員教授 阿部智一先生の論文が J Intensive Care に掲載されました。
Abe T, Ogura H, Kushimoto S, Shiraishi A, Sugiyama T, Deshpande GA, Uchida M, Nagata I, Saitoh D, Fujishima S, Mayumi T, Hifumi T, Shiino Y, Nakada TA, Tarui T, Otomo Y, Okamoto K, Umemura Y, Kotani J, Sakamoto Y, Sasaki J, Shiraishi SI, Takuma K, Tsuruta R, Hagiwara A, Yamakawa K, Masuno T, Takeyama N, Yamashita N, Ikeda H, Ueyama M, Fujimi S, Gando S; JAAM FORECAST group. Variations in infection sites and mortality rates among patients in intensive care units with severe sepsis and septic shock in Japan. J Intensive Care. 2019 May 3;7:28. doi: 10.1186/s40560-019-0383-3. eCollection 2019.


2019/5/13

論文掲載、おめでとうございます!
クリックすると公開論文のPDFがご覧になれます
★客員教授 阿部智一先生の論文が Thromb Res に掲載されました。
Gando S, Shiraishi A, Yamakawa K, Ogura H, Saitoh D, Fujishima S, Mayumi T, Kushimoto S, Abe T, Shiino Y, Nakada TA, Tarui T, Hifumi T, Otomo Y, Okamoto K, Umemura Y, Kotani J, Sakamoto Y, Sasaki J, Shiraishi SI, Takuma K, Tsuruta R, Hagiwara A, Masuno T, Takeyama N, Yamashita N, Ikeda H, Ueyama M, Fujimi S; Japanese Association for Acute Medicine (JAAM) Focused Outcomes Research in Emergency Care in Acute Respiratory Distress Syndrome, Sepsis and Trauma(FORECAST) Study Group. Role of disseminated intravascular coagulation in severe sepsis. Thromb Res. 2019 Apr 26;178:182-188. doi: 10.1016/j.thromres.2019.04.025.


2019/5/13

論文受理、おめでとうございます!

★客員教授 阿部智一先生の論文が Critical Care に受理されました。
Abe T, et al. In-hospital mortality associated with the misdiagnosis or unidentified site of infection at admission. Critical Care, Accepted in 2019

2019/5/4

論文受理、おめでとうございます!

★客員教授 阿部智一先生の論文がPed Critical Care Medに受理されました。
Abe T, Iwagami, M, Sugiyama T, Tamiya, N. Authors’ reply, Ped Critical Care Med, accepted in 2019

2019/4/20

論文受理、おめでとうございます!

★客員教授 阿部智一先生の論文がThrombosis Researchに受理されました。
Gando S, Shiraishi A, Yamakawa K, Ogura H, Saitoh D, Fujishima S, Mayumi T, Kushimoto S, Abe T, et al. Role of disseminated intravascular coagulation in severe sepsis, Thrombosis Research, accepted in 2019.

2019/4/20

論文受理、おめでとうございます!

★客員教授 阿部智一先生の論文がJ Critical Careに受理されました。
Matumura Y, Nakada T, Abe T, et al.Nighttime and non-business days are not associated with increased risk of in-hospital mortality in patients with severe sepsis in intensive care units in Japan: The JAAM FORECAST study.  J Critical Care,accepted in 2019.

2019/4/17

論文受理、おめでとうございます!

★客員教授 阿部智一先生の論文がJournal of General and Family Medicineに受理されました。
Komori A, Abe T et al. Accepted Clinical features of patients with candidemia in sepsis,  Journal of General and Family Medicine, accepted in 2019

2019/4/15

論文受理、おめでとうございます!

★客員教授 阿部智一先生の論文が Journal of Intensive Care に受理されました。
Abe T, Ogura H, Kushimoto S, Shiraishi A, Sugiyama T, Deshpande G A, Uchida M, Nagata I, Saitoh D, Fujishima S, Mayumi T, Hifumi T, Shiino Y, Nakada T, Tarui T, Otomo Y, Okamoto K, Umemura Y, Kotani J, Sakamoto Y, Sasaki J, Shiraishi S, Takuma K, Tsuruta R, Hagiwara A, Yamakawa K, Masuno T, Takeyama N, Yamashita N, Ikeda H, Ueyama M, Fujimi S, Gando S. Variations in infection sites and mortality rates among patients in intensive care units with severe sepsis and septic shock in Japan, Journal of Intensive Care, accepted in 2019

2019/3/29

30
th Health Services Research Seminar!
好評のうちに終了いたしました。ご参加ありがとうございました。
日付 :2019年4月26日(金)
時間 :18:30~20:00   
場所 :筑波大学 東京キャンパス 文京校舎118講義室
①18:30~19:15  タイトル  ”アジア健康構想について” 
演者:新井 豪(内閣官房 健康・医療戦略室 主査)
②19:15~20:00  タイトル  ”次世代医療基盤法・個人情報保護法とビッグデータ解析(仮)”
演者:藤田 卓仙(慶應義塾大学イノベーション推進本部 特任講師)
♪♪♪♪♪♪                        
本セミナーは筑波大学大学院博士課程ヒューマン・ケア科学専攻の開講課目を兼ねております。
参加時毎回の課題提出及び年度末の総括討論日(3月8日予定)があります。他専攻の方は、事前に履修の可否などは各専攻でご確認ください。 講義名:ヘルスサービスサーチ実践研究演習   科目番号:02EU576
参加希望の方は氏名、所属、連絡先を添え下記連絡先までお申込みください。
受付担当:秘書(森田千代):morita.chiyo.ga@un.tsukuba.ac.jp 研究会開催後は中華料理店にて懇親会を行います(¥3,000)こちらもご参加ください。
*なお、この研究会はオープンですが、事前登録制です。研究途上のものもあるので、資料配布なし 撮影禁止、研究内容についても
本研究会の議論の場のみとしますので、内容の転送などもご遠慮ください。
詳細はこちら

2019/3/7

本学准教授 森先生の guest blog記事 がBMC series blogに掲載されました。
★Mori T. Better prediction of the economic burden of multimorbidity from medical and long-term care expenditures, BMC series blog, 2019.


2019/3/7

ヘルスサービス開発研究センター(森隆浩准教授)と日本医療研究開発機構との共同研究に関するPress Release、おめでとうございます!

クリックするとご覧になれます

高齢者における複数の慢性疾患併存の社会的影響 ~年間医療費のみならず年間介護給付費も高額~.

http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201903071000.html, 2019




2019/3/7

本学准教授 森先生の BMC Geriatrics に掲載されました。
★Mori T, Hamada S, Yoshie S, Jeon B, Jin X, Takahashi H, Iijima K, Ishizaki T, Tamiya N. The associations of multimorbidity with the sum of annual medical and
long-term care expenditures in Japan. BMC Geriatrics, https://doi.org/10.1186/s12877-019-1057-7, 2019.


2019/3/5

非常勤研究員 濱田将太先生の論文が Geriatr Gerontol International に受理されました。
★Hamada S, Kojima T, Sakata N, Ishii S, Tamiya N, Okochi J, Akishita M. Drug Costs in Long-term Care Facilities Under a Per Diem Bundled Payment Scheme in
Japan. Geriatr Gerontol Int, accepted 2019.

2019/3/4

本学准教授 森先生のArchives of Osteoporosis に掲載されました論文がOpen Accessになりました。
★Mori T, Tamiya N, Jin X, Jeon B, Yoshie S, Iijima K, Ishizaki T. Correction to: Estimated expenditures for hip fractures using merged healthcare insurance data for individuals aged ≥ 75 years and long-term care insurance claims data in Japan. Archives of Osteoporosis,  https://doi.org/10.1007/s11657-018-0448-2, 2019.


2019/2/28

論文掲載、おめでとうございます!
クリックすると公開論文のPDFがご覧になれます
★本学准教授 杉山雄大先生の論文が Diabetes Res Clin Pract に掲載されました。
Tanaka H, Sugiyama T, Ihana-Sugiyama N, Ueki K, Kobayashi Y, Ohsugi M. Changes in the quality of diabetes care in Japan between 2007 and 2015: A repeated cross-sectional study using claims data. Diabetes Res Clin Pract. 149(188-199), https://doi.org/10.1016/j.diabres.2019.02.001, 2019.


2019/2/21

論文受理、おめでとうございます!

★非常勤研究員 佐藤幹也先生の論文が 日本公衆衛生雑誌 に受理されました。
佐藤幹也、田宮菜奈子、伊藤智子、高橋秀人、野口晴子. 全国の介護保険レセプトを用いた在宅介護のフォーマルケア時間推計.日本公衆衛生雑誌, accepted 2019

2019/2/19

筑西市とヘルスサービス開発研究センターは、協定を結びました!

奨学寄附金「茨城県西部地域における予防医療事業及び生活習慣病の疫学と予防研究」:2019年度から2023年度
茨城県西部メディカルセンターに、臨床と予防医学を両立する研修環境を組織的に整えることで、生活習慣病の疫学と予防研究鵜を推進し、地域の保健医療問題を俯瞰的に捉え全人的な視野を持って医療を実践する医師師を育成し、茨城県西部メディカルセンターの臨床・予防部門を支援することにより、筑西市の医療環境の充実を図る。
調印式:

  日付 :2019年2月19日(火)
    時間 :10:30~
  場所 :筑西市役所

2019/2/1

論文掲載、おめでとうございます!
クリックすると公開論文のPDFがご覧になれます
★本学助教 岩上将夫先生の論文が JMA Journal に掲載されました。

Masao Iwagami, Nanako Tamiya. The Long-Term Care Insurance System in Japan: Past, Present, and Future. JMA Jounal, DOI: 10.31662/jmaj.2018-0015, released online 1st February 2019


2019/1/24

29th Health Services Research Seminar!
好評のうちに終了いたしました。ご参加ありがとうございました。
日付 :2019年2月22日(金)
時間 :18:30~20:00
場所 :筑波大学 東京キャンパス 文京校舎119講義室
①18:30~19:15  タイトル  ”福祉のアウトカムは何で測るか ~研究テーマ「福祉施設の評価軸体系の 構築」への取り組み~” 
演者:重田史絵(筑波大学人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻)
②19:15~20:00  タイトル  ”GSA(The Gerontological Society of America)参加報告-理学療法に関連する研究の動向について-”
♪♪♪♪♪♪                        
本セミナーは筑波大学大学院博士課程ヒューマン・ケア科学専攻の開講課目を兼ねております。
参加時毎回の課題提出及び年度末の総括討論日(3月8日予定)があります。他専攻の方は、事前に履修の可否などは各専攻でご確認ください。   
講義名:ヘルスサービスリサーチ実践研究演習   科目番号:02EU576
参加希望の方は氏名、所属、連絡先を添え下記連絡先までお申込みください。
受付担当:秘書(森田千代):morita.chiyo.ga@un.tsukuba.ac.jp 研究会開催後は中華料理店にて懇親会を行います(¥3,000)こちらもご参加ください。
*なお、この研究会はオープンですが、事前登録制です。研究途上のものもあるので、資料配布なし 撮影禁止、研究内容についても
本研究会の議論の場のみとしますので、内容の転送などもご遠慮ください。
詳細はこちら

2019/1/22
論文受理、おめでとうございます!

★研究員 Felipe Sandoval先生の論文が Psychogeriatrics に受理されました。
Sandoval Garrido F, Tamiya N, Lloyd-Sherlock P, Noguchi H. The relation between perceived social support and depressive symptoms among informal caregivers of community-dwelling older persons in the Republic of Chile, Psychogeriatrics, accepted 2019

2019/1/7

論文受理、おめでとうございます!

★客員教授 阿部智一先生の論文が Ped Critical Care Med に受理されました。Abe T, Aoki M, Deshpande G, Sugiyama T, Iwagami M, Uchida M, Nagata I, Saitoh D, Tamiya N. Is Whole-Body Computed Tomography Associated with Reduced In-Hospital Mortality in Children with Trauma? A Nationwide Study, Ped Critical Care Med, accepted 2019
★客員教授 阿部智一先生の論文が Critical Care Med に受理されました。Kushimoto S, Abe T, Ogura H, Shiraishi A, Saitoh D, Fujishima S, Mayumi T, Hifumi T, Shiino Y, Nakada T, Tarui T, Otomo Y, Okamoto K, Umemura Y, Kotani J, Sakamoto Y, Sasaki J, Shiraishi S, Takuma K, Tsuruta R, Hagiwara A, Yamakawa K, Masuno T, Takeyama N, Yamashita N, Ikeda H, Ueyama M, Fujimi S, Gando S, JAAM FORECAST group. Relationship between body temperature abnormalities and clinical characteristics, implementation of sepsis bundle, and outcomes in patients with severe sepsis: a retrospective sub-analysis of the FORECAST study, Critical Care Med, accepted 2019

2018より以前の新着情報はこちら








flower
田宮研究室のご紹介

研究室では、医療における各種サービス(看護・保健・福祉を含む)の質を、ヘルスサー ビスリサーチ手法を用いて、包括的・科学的に評価・分析し、実証データに基づく学際的研究成果を通じて、サービスの質向上を図り、生活と調和した医療実現の一助となることを目指しています。

ヘルスサービスリサーチとは





プロジェクト


2019/9/6
Congratulations on your Poster Award!
Undergraduate student Eriko Tsukazaki won the poster award in The 78th Annual Meeting of Japanese Society of Public Health!

2019/9/
5
Congratulations on your paper acceptance!
★Monma T, Takeda F, Noguchi H,Takahashi H, Watanabe T, Tamiya N. Exercise or sports in midlife and healthy life expectancy: An ecological study in all prefectures in Japan. BMC Public Health, PUBH-D-19-01967R1, 2019.

2019/9/
5

Congratulations on your paper publication!  Click below to see the PDF.

★Abe T. Author’s response to letter “Confounding factors for the effect of misdiagnosis of site of infection on in-hospital mortality”. Critical Care (2019) 23:294, 2019, https://ccforum.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13054-019-2577-4#Sec1

2019/9/
2
Congratulations on your paper acceptance!
Matsuda T, Iwagami M, Suzuki T, Jin X, Watanabe T, Tamiya N. Correlation between the Barthel Index and care need levels in the Japanese long-term care insurance system. Geriatrics & Gerontology International, Accepted in 2019


2019/8/31
Congratulations on your paper publication! 
Click below to see the PDF.
★Abe K, Miyawaki A, Kobayashi Y, Nogchi H, Takahashi H, Tamiya T. Receiving the home care service offeredby certified care workers prior to a
 patients’ death and the probability of a home death: observational research using an instrumental variable method from Japan. BMJ Open 2019;9:e026238. doi:10.1136/bmjopen-2018-026238, 2019


2019/8/28

Prof. Tamiya was invited to APEC2019 in Chili as an Expert!

★8/18 9:40-10:10 “long-term care strategies in elderly people What do we need to implement better health care and improve user perception?”
As a speaker in meeting “Policy Dialogue on ‘Health Across he Life Course’ – Prevention Measures to support an ageing population within APEC economies”
★8/19 12:15-12:45 “long-term care strategies in elderly people What do we need to implement better health care and improve user perception?”
As a speaker in APEC Citizen Valdivia (APEC Ciudadano)
★8/20 16:30-18:15  As a panelist of Panel Discussion in session two :Adapting health systems to support healthy aging – lessons learned and future strategies, 9th APEC High-Level Meeting on Health & the Economy “Healthy Economies in an Aging World”
★8/21 12:15-12:45 “long-term care strategies in elderly people What do we need to implement better health care and improve user perception?”
As a speaker in APEC Citizen Valdivia (APEC Ciudadano)

2019/8/22

Congratulations on your paper publication!

★Tamiya N「日本におけるヘルスサービスリサーチ(HSR)の今後の展望」、公衆衛生、第83巻第9号、pp648-653
★Ishizaki T「レセプト情報を用いた要介護高齢者の医療の実態把握」、公衆衛生、第83巻第9号、pp658-663
★Watanabe T「HSRにおける公的統計データ、医療・介護レセプトデータ、およびそれら突合データの利活用」、公衆衛生、第83巻第9号、pp664-668
★Jin X「介護サービスの質の評価におけるビッグデータの活用」、公衆衛生、第83巻第9号、pp670-675
★Takahashi H, Morikawa M, Moriyama M「英国の地域包括ケアに用いられる社会指標の枠組み」、公衆衛生、第83巻第9号、pp683-689

★Hamada S・Kojima G・Iwagami M「英国のプライマリケアデータベースの利活用」、公衆衛生、第83巻第9号、pp690-694

★Jeon B 「韓国における公衆衛生分野での二次データ活用の現状」、公衆衛生、第83巻第9号、pp696-700


2019/8/8

Congratulations on your paper publication!

Mayers T, Kashiwagi S, Mathis B J, Kawabe M, Gallagher J, Morales Aliaga M L, Kai I,  Tamiya N. International review of national-level guidelines on end-oflife care with focus on the withholding and withdrawing of artificial nutrition and hydration. Geriatrics & Gerontology nternational, DOI: 10.1111/ggi.13741, 2019


2019/7/31

Congratulations on your paper publication!

Sugiyama T, Imai K, Ihara-Sugiyama N, Tanaka H, Yanagisawa-Sugita A, Sasako T, Higashi T, Okamura T, Yamauchi T, Ueki K, Ohsugi M, Kadowaki T. Variation in process quality measures of diabetes care by region and institution in Japan during 2015–2016: An observational study of nationwide claims data. Diabetes Research and Clinical Practice, https://doi.org/10.1016/j.diabres.2019.05.029, 2019


Congratulations on your Press Release!Click below to see!

全国レセプトデータにおける糖尿病診療の質指標を測定 – 網膜症検査・尿検査実施割合の低さと都道府県別・施設別のばらつきが課題 –
http://drc.ncgm.go.jp/news/pressrelease/2019/20190730.html


2019/7/29
Congratulations on your paper publication!

Fujishima S; Gando S; Saitoh D; Kushimoto S; Ogura H; Abe T, et al. Demographics, treatments, and outcomes of acute respiratory distress syndrome: The Focused
Outcomes Research in Emergency Care in Acute Respiratory Distress Syndrome, Sepsis, and Trauma (FORECAST) study. Shock, DOI:
10.1097/SHK.0000000000001416, 2019


2019/7/29

Fujishima S; Gando S; Saitoh D; Kushimoto S; Ogura H; Abe T, et al. Trends in sepsis care in Japan: Comparison of two sepsis cohort studies conducted by the
Japanese Association for Acute Medicine. Acute medicine and surgery, Accepted in 2019

2019/7/15

Congratulations on your paper publication!

佐藤幹也、前野哲博、田宮菜奈子:高齢化に伴う今後の外来診療需要の推計と総合診療の役割. 厚生の指標、66(7)、20-25頁、2019

2019/7/9

Congratulations on your paper public

公的資金を受けているプロジェクト
ここでは、研究室員が主任研究者であるもののみ、掲載しています(分担研究は除く)。

田宮菜奈子教授

平成31年度-令和3年度   厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)
「歯科口腔保健の新たな評価方法・評価指標の開発のための調査研究~我が国の歯科健康格差縮小へのヘルスサービスリサーチ~

平成30年度-平成32年度   厚生労働科学研究費補助金(長寿科学政策研究事業)
「介護保険事業(支援)計画に役立つ地域指標-全国介護レセプト等を用いて―」

平成29年度-平成30年度   
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(平成29年度 AMED長寿科学研究開発事業)「医療介護情報の連結する方法の検証とロジックの構 築及び医療介護の地域差分析:効果的な医療-介護の二次データ活用システム構築のためのヘルスサービス」研究目的・概要等はこちら

平成28年度-平成30年度   厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)
「健康寿命及び地域格差の要因分析と健康増進対策の効果検証に関する研究」

平成28年度-平成30年度   厚生労働科学研究費補助金(政策科学推進研究事業) 
「真のエイジング・イン・プレイス実現に向けた包括的実証研究」

平成28年度-平成30年度  厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)
「人生の最終段階における医療のあり方に関する調査の手法開発及び分析に関する研究」

平成28年度   厚生労働科学研究費補助金(政策科学推進研究事業) 
「家族介護者に対する支援のあり方に関する調査研究事業」

平成27年度-平成28年度  厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業(政策科学推進研究事業))「地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ―二次データ活用システム構築による多角的エビデンス創出拠点」
(H28年度より事業名変更(臨床研究等ICT基盤構築研究事業))

平成26年度  厚生労働科学研究費補助金(厚生労働科学特別研究事業)
「地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ―二次データ活用システム構築による多角的エビデンス創出拠点」

平成26年度-平成28年度   科学研究費補助金・基盤研究(B) 
「満足できる人生の幕引きのために-根拠に基づく医療介護整備への学際的実証研究」

平成25年度-平成27年度
筑波大学プレ戦略イニシアティブ(研究拠点提案型)
「グローバルエイジングセンター国境と学問領域をこえた人類の課題への挑戦―つくばから世界への発信拠点(Tsukuba Global Aging Center)」

平成24年度-平成26年度    厚生労働科学研究費補助金(地球規模保健課題推進研究事業)
「グローバルエイジングへの国境なき挑戦―経験の共有と尊重を支える日本発学際ネットワークによる提言に関する研究」

平成24年度-平成26年度     文部科学研究費補助金基盤研究(A)
「医療・介護・福祉の融合―現場発ヘルスサービスリサーチによる地域包括ケアの実現」

平成21年度-平成23年度     文部科学研究費補助金基盤研究(B)
「穏やかな人生の最終章のために ―公衆衛生学・法医学・法学等学際的アウトカム研究拠点-」

平成21年度-平成23年度   厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業)
「福祉・介護サービスの質向上のためのアウトカム評価拠点―実態評価から改善へのPDCAサイクルの実現ー」

平成19年度-平成20年度   厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業)
「法医剖検事例の公衆衛生学的時系列分析に基づく高齢者孤独死撲滅のための実証的予防政策立案」

平成18年度-平成20年度   科学研究費補助金萌芽研究「法医公衆衛生学の構築-根拠に基づく医療福祉政策立案の新しい方法論」

平成17年度-平成18年度   厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業)
「高齢者の望ましい終末期ケア実現のための条件整備に関する研究-介護保険施設における終末期ケアの検討を中心に」(H18は自治医大梶井教授に班長交替していただきました)

平成16年度-平成18年度   科学研究費補助金基盤研究(B )
「アウトカム評価に基づく高齢者施設ケアの質の確保システムの構築‐TQM(Total Quality Management)による転倒事故予防対策」

平成14年度-平成16年度   厚生労働科学研究費補助金政策科学推進研究事業
「サービス利用モデルを用いた給付実績分析による介護保険政策評価研究」


阿部智一客員教授

平成26年度-平成27年度     科学研究費補助事業(学術研究助成基金助成金) 若手研究(B)
救急外来の時間的Quality Indicatorの構築

平成27年度-平成28年度     株式会社日立製作所共同研究(産学連携共同プロジェクト)
救急外来のTime Tracking Monitor(時間追跡モニター)

森隆浩准教授(クロスアポイント)

平成29年度-平成32年度
文部科学研究費補助金基盤研究(C)
"医療介護費の有効利用・削減に向けた提言:大腿骨骨折後レセプトビッグデータ分析から"

助成金

平成30年1月1日 - 平成31年3月31日    日本理学療法士協会    
「ハイリスク者へのリハビリテーションによる健康寿命の延伸への効果―医療・介護レセプト連結データによる分析」

共同研究プロジェクト

平成28年4月1日 - 平成33年3月31日 山武市  
介護予防に関する研究ー山武市との共同研究. 研究目的・概要等は こちら.

平成28年1月1日 - 平成32年3月31日   株式会社JMDC(旧 株式会社日本医療データセンター)    
介護品質に基づく介護サービス評価方法の確立と社会実装.  

平成30年4月1日 - 平成32年3月31日   株式会社エス・エム・エス. 
在宅系介護事業者における介護品質評価に向けた課題整理.  研究目的・概要等は こちら.


平成28年3月1日 - 平成32年2月28日   株式会社GMSSヒューマンラボ 
中高年者の健康促進の現状調査:質の高いサービス提供に向けて.  

平成28年1月1日 - 平成30年3月31日   SOMPO Holdings    
介護事業者の品質評価モデルの構築及び品質向上に資する PDCA運用モデルの構築. 研究目的・概要等はこちら.



メンバー


tamiya


教授 田宮菜奈子
医学医療系
ヘルスサービスリサーチ分野
医師(医学博士)、公衆衛生学修士、介護支援専門員
ヘルスサービス開発研究センター センター長

ヘルスサービスリサーチ、アウトカム研究、公衆衛生学、介護保険制度、在宅医療、在宅ケア、高齢者施設ケア、障害者の地域医療ケア、医療・介護・福祉サービスの質の評価、 医療・介護制度の国際比較、各種サービスへのアクセス、法医公衆衛生学、孤立死、小児虐待、高齢者虐待、チャイルドヘルスサービスリサーチ、 PDCA

所属


医学医療系ヘルスサービスリサーチ分野

資格・仕事


医師(医学博士)、公衆衛生学修士、介護支援専門員

専門分野   

公衆衛生

最近の研究テーマ


 ヘルスサービスリサーチ、アウトカム研究、公衆衛生学、介護保険制度、在宅医療、在宅ケア、高齢者施設ケア、障害者の地域医療ケア、医療・介 護・福祉サービスの質の評価、医療・介護制度の国際比較、各種サービスへのアクセス、法医公衆衛生学、孤立死、小児虐待、高齢者虐待、チャイルドヘルスサービスリサーチ、PDCA

抱負など


 私の研究の原点は、訪問診療や介護施設勤務など地域の臨床経験を通じ、病院・地域の連携不足など、医療をサービスとして評価する必要性を痛感したことにあります。その後、博士論文として往診医師の重要性と住宅改修の効果(いずれも日公衛生誌1990)を示し、また、ハーバード公衆 衛生大学院でヘルスサービスリサーチ(以下、HSR)という概念に出会い、我が国初のHSR分野を開講するなど、一貫して、①介護保険制度評価、②かかりつけ医師推進、③介護家族の実態、④在宅・施設ケアの評価、⑤法医公衆衛生学を研究の柱としてきました。
 主である①では、サービス利用規定要因としての家族の重要性(IJQHC)、地域リハビリテーションに戸別送迎が必須であること (IJQHC, BMC Geriatrics)、ショートスステイ利用と本人の介護度悪化の関係(BMC Geriatrics)、さらにはランセット日本特集で、介護保険を世界に紹介しつつ、全国データ分析により高所得層の介護者にのみ効果が高いことを示しました (Lancet)。さらに、介護保険支出の最大要因は施設ケアの高介護度者であること(BMC HSR)、訪問看護利用の抑制要因(BMC Geriatrics)等を示しました。②では、在宅総合診療所の推進要因を医師会と共同研究で示し(プライマリーケア学会誌)、また、医師 の意見書分析から、かかりつけ医師の重要性を示す研究、またプライマリーケア医師の国際比較などを進めています。③では、嫁の介護で生存時間が短いこと(BMC Geriatrics)など、④では、在宅生活継続への訪問看護の有効性(GGI)、施設看取りでの医師の役割(Health Policy)や、施設ケアにおけるアウトカム評価(GGI)等を示しました。⑤では、法医学データにより孤独死対策への基礎データを示しました(BMJ open)。 
 研究室の仲間とともに、「生活と調和した医療のために」をモットーに、ヘルスサービスリサーチを通して、質の高い各種サービスを必要な人にきちんと届けられるようなしくみづくりに貢献していきたいと考えています。

経歴


1986年    筑波大学医学専門学群 卒業 7回生
1990年    東京大学大学院医学研究科博士課程社会医学専攻 修了 医学博士
1991年    筑波大学社会医学系 助手
1992年    帝京大学医学部衛生学公衆衛生学教室 助手
1993-1994年    第1回帝京-ハーバードフェローとして、米国ハーバード大学公衆衛生学部修士課程(Health Service Research専攻)Master of Science
1997年    南大和老人保健施設 副施設長(帝京大学医学部 非常勤講師)
1999年    同 施設長(帝京大学医学部 非常勤講師)
2000年    帝京大学医学部衛生学公衆衛生学教室 講師
2003年    筑波大学社会医学系 教授
2004年    筑波大学人間総合科学研究科・ヒューマンケア科学専攻 教授(組織改変・大学院化のため)
2012年    筑波大学医学医療系ヘルスサービスリサーチ分野 教授(組織改変のため)
2017年 筑波大学ヘルスサービス開発研究センター センター長(兼任)
1986年5月    医籍登録(第296940号)
1999年3月    介護支援専門員資格取得(神奈川県第98D3115号)
1999年8月    米国老人施設管理医認定単位取得(American Medical Directors' Association) 


学会活動等



1987年~現在    日本公衆衛生学会会員 (2001年10月第60回公衆衛生学会奨励賞受賞) (2002年より評議員・査読委員、2012年より編集委員長 2014年より理事)
1991年~現在    日本疫学会(2015.12~代議員)
1992年~現在    日本行動医学会
1996年~現在    International Society for Quality in Health Care 会員
1999年~現在    日本産業衛生学会
2004年~現在    日本プライマリ・ケア連合学会
~現在    日本国際保健医療学会(2012年より代議員)
~現在    日本老年医学会
~現在    日本法医学会
2013年~現在    日本高齢者ケアリング学研究会
2013年~現在    Gerontologigal Society of America
2014年~現在    日本社会福祉学会
2017年~現在  日本臨床疫学会(2018年~ 上席専門家)
2019/07/08    Certificate of Reviewer, Geriatrics Gerontology, Wiley

受賞


2001/10/31     日本公衆衛生学会 奨励賞
2013/3/6        平成24年度筑波大学 大学教員業績評価に係るSS評価教員の認定(学長表彰)
2016年        Certificate of Outstanding Contribution in Reviewing, Social Science & Medicine, Elsevier
客員教授
阿部 智一


a
所属
順天堂大学医学部付属順天堂医院 総合診療科
資格・仕事
救急科専門医、集中治療専門医、プライマリケア指導医、MPH、PhD・救命救急医
専門分野  
救急・集中治療 臨床研究
最近の研究テーマ  
救急医療とHSR、集中治療とHSR
抱負など  
重症患者に国際標準的な診療を届けることができる研究を行います
石崎 達郎
所属
東京都健康長寿医療センター研究所
甲斐 一郎 所属
東京大学 名誉教授
高橋 秀人 所属
国立保健医療科学院 統括研究官
野口 晴子 所属
早稲田大学 政治経済学術院 教授
本間 季里
所属
株式会社日立製作所 SSB統括本部 人事総務本部 大森・新川崎健康管理センタ 産業医
本澤 巳代子
所属
客員教授(医学) 名誉教授(人社)
山本 秀樹
所属
帝京大学 大学院公衆衛生学研究科・保健政策/国際保健分野 教授
Sandra Ivonne Moody
所属
亀田総合病院
客員准教授
福島 敬
所属
埼玉医科大学国際医療センター

四津 有人
所属
茨城県立医療大学
准教授
(クロスアポイント)

杉山 雄大
sugi
所属
医学医療系 ヘルスサービスリサーチ分野
国立国際医療研究センター 研究所 糖尿病情報センター 医療政策研究室長
(クロスアポイントメント)
資格・仕事
社会医学系専門医・指導医、日本糖尿病学会専門医、内分泌代謝専門医、総合内科専門医、
Master of Science in Health Services、博士(医学)
専門分野
糖尿病、HSR、医療政策
研究テーマ
レセプトを用いたHSR、糖尿病の医療政策
抱負など
大学とナショナルセンターの両方に所属するメリットを生かし、質の高いHSRを通じてevidence-based health policyに貢献していきたいと思います。
森 隆浩
mori
所属
医学医療系 ヘルスサービスリサーチ分野
東千葉メディカルセンター総合診療科 副部長
資格・仕事
社会医学系専門医・指導医、日本老年医学会老年病専門医、日本内科学会認定内科医、日本骨粗鬆症学会認定医
アメリカ家庭医療専門医 (Family Medicine Residency at University of Virginia)、アメリカ老年医学専門医(Geriatrics Fellowship at UCLA)、カリフォルニア州医師免許、ECFMG Certification
博士(医学)(筑波大学)、 Master of Science in Health Services(UCLA Fielding School of Public Health)
専門分野
老年医学、骨粗鬆症、骨折予防
研究テーマ
レセプトを用いた高齢者の医療・介護に関する研究、骨折予防に関する費用対効果分析
抱負など
"Make a difference through high-quality health services research”を目指しております。
助教 
伊藤 智子
ito
所属
医学医療系 ヘルスサービスリサーチ分野
資格・仕事
看護師/保健師、博士(ヒューマン・ケア科学)
専門分野
介護保険制度、地域医療
抱負など
田宮先生に師事させていただくのも学部4年から数えて7年目になりますが、先生方の親身なご指導でなんとか続けられています。
私は高齢者がケアの利用に対し公平に豊富な選択肢を持つことが望ましく、またそれを他者が支持できるような効率的な制度設計が重要と考えてい ます。
一人前の研究者までの道のりはまだまだ長いですが、社会に寄与できる研究者となれるよう、地道に勉強を続けていきたいと思っています。


岩上 将夫

所属
医学医療系 ヘルスサービスリサーチ分野
資格・仕事
医師、公衆衛生学修士、Master of Science in Epidemiology (University of London)、 Doctor of Philosophy in Epidemiology and Population Health (University of London)
日本内科学会認定内科医
Educational Commission for Foreign Medical Graduates (ECFMG) certificate in the USA
Professional certificate in pharmacoepidemiology and pharmacovigilance (London School of Hygiene and Tropical Medicine)
専門分野
薬剤疫学、臨床疫学、ヘルスサービスリサーチ
抱負など
日本では急性腎障害や敗血症を例に大規模入院データベース(Diagnosis Procedure Combinationデータベース)を用いた臨床疫学研究、イギリスでは慢性腎臓病や精神疾患・向精神薬を例に大規模外来データべース(Clinical Practice Research Datalink)を用いた臨床疫学研究の訓練を積んで参りました。大規模データベース研究に求められる柔軟性、慎重さ、スピード感を大切にしながら、人の役に立つ論文を 量産することを目標に頑張ります。様々なバックグラウンドを持つ方々と一緒に仕事ができることを楽しみにしています。
渡邊 多永子


watanabe_sensei

所属
医学医療系 ヘルスサービスリサーチ分野
資格・仕事
医師
専門分野

抱負など
金 雪瑩
k
所属  
医学医療系 ヘルスサービスリサーチ分野
資格・仕事
学士(経済学)、修士(MBA)、博士(PhD)
専門分野
Quality of care, falls in long-term care facility
研究テーマ
特に介護の質の評価に興味があり、この分野の知識を深めたいです。
抱負など
修士までは経済・経営を勉強しており、今後は、介護の質の評価における、マーケティング面と医学面での研究を臨みたいと思います。
非常勤講師  上田 佳代
所属
京都大学大学院工学研究科都市環境工学専攻環境衛生学講座 准教授
大河内 二郎 所属
老人保健施竜間之郷 施設長
柏木 聖代 所属
東京医科歯科大学 教授
佐方 信夫 所属
医療経済研究機構 主任研究員
高椋 清 所属
医療法人健清会 老人保健施設創清園 理事長・施設長
野田 博之 所属
内閣官房 新型インフルエンザ等対策室・国際感染症対策調整室 企画官
東 尚弘 所属
国立がん研究センターがん対策情報センターがん臨床情報部 部長
宮石 智 所属
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 教授
山口 道子 所属
厚生労働省健康局健康課 専門官
森山 葉子 所属
国立保健医療科学院 医療・福祉サービス研究部 主任研究官




非常勤研究員 伊藤 沙紀子

所属
東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科 特任助教
石川 雅俊 所属
Research fellow, Harvard T.H. Chan school of Public Health
井口 竜太 所属
重城病院 副院長
佐藤 幹也所属
住友重機械工業株式会社 人事本部安全衛生グループ 健康管理センター
永田 功 所属   
横浜市立みなと赤十字病院集中治療部
資格・仕事
MD  MPH Ph.D 臨床医
専門分野
臨床医としては集中治療・救急・麻酔
研究テーマ
重症患者のサービスと長期予後
抱負など
救急・集中治療におけるヘルスサービスリサーチ研究を行いたいと思っています。
中野 寛也 所属
セントラル総合クリニック 医師
裴 麗瑩所属
イーピーエス株式会社
浜田 将太 所属
医療経済研究機構 主席研究員
藤井 朋子
所属
東京大学医学部附属病院 22世紀医療センター 運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座

御子柴 正光

m
所属   
ヘルスサービス開発研究センター
資格・仕事
学士(理学) 修士(公衆衛生学)
抱負など
これまで企業で科学技術計算のプログラムを作ってきました。その経歴を生かして、ビッグデータを用いた研究で貢献していきたいです。
私的な領域では、目の病気の方の手助けとなる事ができればと考えています。
見た目はとろそうですが、反応は鈍いです。

吉江 悟

所属
一般社団法人Neighborhood Care 代表理事
Timothy Bolt
B
所属

埼玉大学経済学部人文社会科学研究科 准教授
資格・仕事
医療経済学者
専門分野
医療経済; 離散選択実験(コンジョイント分析)
研究テーマ
在宅介護サービス, 介護保険システム, 終末期ケア, 緩和ケア, がん生存者ケア

Felipe Sandoval


所属  
筑波大学ヘルスサービス開発研究センター
資格・仕事  
MPH, PHD
専門分野  
グローバルエイジング
抱負など  
I dream of running my own long-term care facility and that my work would help the people of Chile to have a better future based on best-practices and evidence, especially senior citizens, usually neglected by policy-makers and researchers.
非常勤講師&企業等共同研究員 安藤 裕一
ando
所属
株式会社GMSSヒューマンラボ 代表取締役
資格・仕事  
医師、博士(医学)、認定産業医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター
日本危機管理学会常任理事、国際武道大学非常勤講師、
NPO法人サロン2002会員(元理事)、国境なき医師団会員(元理事)
専門分野  
健康管理学、スポーツ社会学、危機管理学
研究テーマ  
住民の健康とゆたかな社会の構築
抱負など
心身の健康に加え、社会が健全となることにより、年齢や障害などを超えた人々の健やかな生活につながるはずです。
途上国を含む海外での経験に加え、多種目のスポーツに親しんだことを活かし、地域の健康について包括的な視点から問題解決に取組みます。
また、スポーツマンシップ(あるいはスポーツの真の価値)の理解を人々に浸透させることで、社会のゆたかさにつなげていこうと思います。
博士課程
疾患制御医学専攻
賀古 毅 所属
人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻
筑波中央病院
資格・仕事
医師
専門分野
内科一般・プライマリケア
研究テーマ
医療介護分野におけるエビデンス構築など
抱負など
人類が幸せに生きることができる研究・勉強がしたいです。




羽成 恭子

h
所属
人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻
資格・仕事
MD、産婦人科専門医
専門分野
臨床医としては緩和ケア、産婦人科
研究テーマ
人生の最終段階における医療の質向上、ACP
抱負など
臨床医として、様々な方々の人生の最終段階のサポートに携わる機会があり、もっと一人一人が「よかったな」と思える時間を過ごしてほしいという気 持ちが強まりました。より患者さんや家族の満足感が高まる連続的な医療を提供するための研究を行い、社会に還元できたらと思っています。







孫 瑜



所属
人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻
資格・仕事
MD、
専門分野

研究テーマ

抱負など
博士課程
疾患制御医学専攻(小児科)
城戸 崇裕 所属
人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻(小児科)
資格・仕事
医師
専門分野
小児科
博士課程
ヒューマン・ケア科学専攻
川邊 万希子

 k
所属
人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻(公衆衛生学)
株式会社三菱総合研究所ヘルスケア・ウェルネス事業本部ヘルスケア・データ戦略グルー プ 主任研究員
資格・仕事
学士(経済学)、修士(医科学)
専門分野
介護保険、高齢者福祉施策全般
研究テーマ
介護の質の評価、介護予防など
抱負など
民間のシンクタンクで厚生労働行政の政策立案支援(介護の質の評価、介護予防など)に携わっており、本領域を深める研究をしたいと思っています。
柏木 公一
所属 
人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻
資格・仕事  
看護師/保健学修士
専門分野/ 研究テーマ   
介護保険全般

マリア・リセス・モラレス・アリアガ
Maria Lisseth Morales Aliaga (Peru)

m
所属  
人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻
資格・仕事  
Psychologist, BA in Psychology, MPH
専門分野/ 研究テーマ   
Quality in hospitals/Patients' satisfaction, work environment
抱負など  
Become a public health manager improving the health policies in Peru to provide High Quality of Health care services.
ガラガ・ジョシュア
Joshua Gallagher(U.K.)


g
所属  
人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻
Nissan Research Institute, University of Oxford
資格・仕事  
学士(哲学)
BA Philosophy, MPH 
専門分野/ 研究テーマ   
緩和ケア、終末期医療、認知症ケア、公衆衛生学倫理、個人的自律、グローバルエイジング 
Palliative and end-of-life care, dementia care, public health ethics, personal autonomy, global-ageing.
抱負など  
将来の目標は、日本と東アジアの終末期医療を向上させ、研究における日本と英国とのつながりを強め、最後には秋田市の竿燈祭りのマスターになりたいと思います。
My future goals are to improve end-of-life care in Japan and East Asia, to build research ties between Japan and the UK, and finally to become a master performer in the 'Kanto festival' held every year in Akita City!
平 健人 所属
人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻(公衆衛生学)
重田 史絵 所属
人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻(公衆衛生学)
東洋大学 ライフデザイン学部 生活支援学科
修士課程
フロンティア医科学専攻
小宮山 潤
所属
人間総合科学研究科 フロンティア医科学専攻
資格・仕事  

理学療法士

研究生

谷口 雄大
所属
人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻
筑波大学附属病院
資格・仕事
医師










 





学生

小竹 理奈 医学類 6年
塚崎 栄里子 医学類 5年
鈴木 俊輝 医学類 4年


田宮教授秘書

村田 由紀子
森田 千代

石津 裕子

中山 文子

谷津 真琴
飛田 八千代

客員研究員

相崎 扶友美 東京都心身障害者福祉センター 障害認定課 医員
井上 恵 
Assistant Professor in the Department of Social Work at George Mason University
内田 雅俊 獨協医科大学病院
黒田 直明 つくば市保健福祉部 参事
児島 剛太郎 ロンドン大学・博士号課程大学院生
小林 洋子 筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター 助教
財津 崇 国立大学法人東京医科歯科大学(TMDU)大学院医歯学総合研究科 健康推進歯学分野
佐方 信夫
医療経済研究機構 研究部 研究員
陣内 裕成 日本医科大学衛生学・公衆衛生学 助教
新谷 幸子 国立国際医療研究センター 企画経営部研究医療課長・政策室長
鈴木 敦子 南大和老人保健施設 施設長
田中 宏和 東京大学客員研究員 兼 独立行政法人日本学術振興会海外特別研究員
西川 貴清 厚生労働省 医薬・生活衛生局総務課 企画法令係長
松澤 明美 茨城キリスト教大学看護学部看護学科 准教授
松田 智行
 茨城県立医療大学保健医療学部理学療法学科 准教授
松村 漠志 厚生労働省 大臣官房国際課 課長補佐
宮入 まや ユタ州立大学 助教
宮田 澄子  介護老人保健施設ごぎょうの里 施設長
宮脇 敦士 東京大学公衆衛生学教室 特別研究員・特任研究員
森山 葉子 国立保健医療科学院 医療・福祉サービス研究部 主任研究官
涌井 智子 東京都健康長寿医療センター 研究員
渡辺 忍 茨城県立医療大学
Jeon Boyoung Division of Health Service for the Disabled, Korea National Rehabilitation Center
Pedro Olivares-Tirado   

 


ot

Research & Development Department. Superintendence of Health. Chile 研究員




アルバイト

伊藤 寛祥 筑波大学 システム情報工学研究科
海沼 亮 筑波大学 人間総合科学研究科 心理学専攻
鈴木 俊輝  筑波大学 医学類
鈴木 守 筑波大学 医学類
坂内 一真 筑波大学 理工学群 社会工学類          
村上 舞佳  筑波大学 社会・国際学群 国際総合学類
チャン・クァン・ティエン  筑波大学システム情報工学研究科 

卒業生

浜野 亜美 H19年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程前期を修了し、修士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
奥野 光香子 H20年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程前期を修了し、修士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
林原  好美 H20年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程前期を修了し、修士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
松澤 明美 H22年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程前期を修了し、修士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
加藤 剛平 H22年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程前期を修了し、修士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
久保谷 美代子 H22年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程前期を修了し、修士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
相崎 扶友美 H23年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
Pedro Olivares-Tirado H23年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
大山 裕美子 H23年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
小林 美貴 H23年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
谷口 起代 H23年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
伊藤 智子 H25年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
堤 春菜 H25年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
中野 寛也 H25年3月、医学類卒業、医師資格取得。
松田 智行 H25年12月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
河内 宣之 H26年3月、医学類卒業、医師資格取得。
小林 洋子 H27年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
山岡 祐衣 H27年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
H28年3月、疾患制御医学専攻博士課程後期を修了し、博士(医学)を取得。
Felipe Sandoval H27年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
Josephine Laker H28年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
宮田 澄子 H29年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
Joshua Gallagher H30年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
嶋藤 菜摘 H30年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
Maria Lisseth Morales Aliaga H30年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
御子柴 正光 H30年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。
谷口 雄大 H30年3月、医学類卒業、医師資格取得。
金 雪瑩 H30年4月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
内田 雅俊 H31年3月、疾患制御医学専攻博士課程後期を修了し、博士(医学)を取得。
永田 功 H31年3月、疾患制御医学専攻博士課程後期を修了し、博士(医学)を取得。
植嶋 大晃 H31年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
安富 元彦 H31年3月、医学類卒業、医師資格取得。

研究業績

2019年9月5日現在

研究室の様子

Every story has a beginning...

クリスマス

December 2018

Christmas Party


December 2014

クリスマス

member-1
member-2

July 2014

田宮教授の誕生日


Laboratory Members

研究室のみんな

lab_14
member-4

Guests Speakers

ゲストスピーカーとの交流


Social Contribution

社会貢献事業後 田宮教授誕生日

member-5


member-5

2010 Year-End Party

忘年会


Doctor Murou

つくばの地域医療に貢献されておられる室生先生をお招きして

member-1
member-2

July 2007

2009年7月、研究室パーティにて


April 2009

2009年4月、研究室が
総合研究棟Dへ

lab_14
member-4

March 2007

2007年3月、祝 学位取得



October 2006

2006年10月、雙峰祭
「学研企画」で研究室の
紹介をしました

member-5

member-5

Germany

ドイツMDKのモーア先生をお迎えして

December 2006

2006年12月、研究室で
クリスマス会を行いました

member-1
member-2

April 2006

2006年4月、新入生歓迎

July 2005

2005年7月、厚生労働科学
研究班会議後の
懇親会

lab_14

member-4July 2005

田宮教授の誕生日会
ウェルカムボードを
プレゼントしました。

Beginning

April 2005

2005年4月、田宮研究室初の
大学院生の入学式

member-5


大学院生募集

ヘルスサービスリサーチ 分野 とは

大学院課程