Health Services Research Department

新着情報

2018/07/12
日本国際保健医療学会第33回東日本地方会 ご参加いただき、あり がとうございました。

おかげさまで、盛況のうちに終了したし ました。
ご参加くださった皆様、大変ありがとうございました。
なお、事前にメールアドレスをご登録いただいた方には、当日、写真班が撮影したものへのリンク(―7月26日まで)をお送りします。
当日参加等でアドレスを登録しておられず、写真へのリンクをご希望の方は、東日本地方会事務局JAIH EAST33 <jaih.e33@gmail.com>
までメールにてお知らせください。

2018/07/10
論文受理、おめでとうございます!

★本学客員教授 阿部智一先生の論文が Critical Careに受理されました。

Toshikazu Abe, Fabiana Madotto, Tài Pham, Isao Nagata, Masatoshi Uchida, Nanako Tamiya, Kiyoyasu Kurahashi, Giacomo Bellani, John G. Laffey:Epidemiology and patterns of tracheostomy practice in patients with ARDS in ICUs across 50 countries. Critical Care, accepted  2018


2018/06/18
客員研究員 山岡祐衣先生の超重症児論文の研究内容が筑波大学ホームページに掲載されました!

「超・ 準超重症心身障害児の医療利用状況に関する実態調査」

http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/r201806071500.html


2018/06/12
25th Health Services Research Seminar! :講演タイトルが変更になりました

好 評のうちに終了いたしました。ご参加ありがとうございました。

日付 :2018年6月15日(金) ←第3金曜日です。ご注意ください。  
時間 :18:30~20:00   
場所 :筑波大学 東京キャンパス 文京校舎557室
①18:30~19:15  タイトル “人生の最終段階における医療に関する自 治体による普及・啓発の実態:全国の自治体調査から”  
演者:柏木 聖代(東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科看護ケア技術開発学 教授)
②19:15~20:00  タイトル  ”ドイツ介護強化法Ⅱとイ ンタヴュー調査”
演者:本澤巳代子(筑波大学医学医療系 客員教授)
詳細はこちら

2018/06/01
論文受理、おめでとうございます!

★客員研究員(元研究員)、韓国ソウル 大学保健環境 研究所・研究助教のBoyoung Jeon先生の論文が Geriatrics & Gerontology Internationalに受理されました。

Boyoung Jeon, Nanako Tamiya, Satoru Yoshie, Katsuya Iijima, Tatsuro Ishizaki:Potentially avoidable hospitalizations, non-potentially avoidable hospitalizations, and in-hospital deaths among residents of long-term care facilities. Geriatrics & Gerontology International, accepted  2018


2018/05/21
25th Health Services Research Seminar!
日付 :2018年6月15日(金) ←第3金曜日です。ご注意ください。  
時間 :18:30~20:00   
場所 :筑波大学 東京キャンパス 文京校舎557室
①18:30~19:15  タイトル “自治体における人生の最終段階における 医療に関する普及啓発の取り組み状況(仮)”  
演者:柏木 聖代(東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科看護ケア技術開発学 教授)
②19:15~20:00  タイトル  ”ドイツ介護強化法Ⅱとイ ンタヴュー調査”
演者:本澤巳代子(筑波大学医学医療系 客員教授)
詳細はこちら
♪♪♪♪♪♪                        
な お、本セミナーは筑波大学大学院博士課程ヒューマン・ケア科学専攻の開講課目を兼ねておりま す。
参加時毎回の課題提出及び年度末の総括討論日(3月8日予定)があります。他専攻の方は、事 前に履修の可否などは各専攻でご確認ください。   
講義名:ヘルスサービスリサーチ実践研究演習   科目番号:02EU576
参加希望の方は氏名、所属、連絡先を添え下記連絡先までお申込みください。
受付担当:秘書(森田千代):morita.chiyo.ga@un.tsukuba.ac.jp 研究会開催後は中華料理店にて懇親会を行います(¥3,000)こちらもご参加ください。

*なお、本セミナーは発表前の研究内容 を含んでいますので、発表および議論内容の記録、写真撮影、公表などはお控えください。

好 評のうちに終了いたしました。ご参加ありがとうございました。


2018/05/1
研究室に新たに岩上将夫先生(助教)がメンバーに加わりました!!

2018/04/11
論文掲載、おめでとうございます!  クリックすると公開論文のPDFがご覧になれます

★前助教、日本財団国際フェローシップ の山岡祐衣先生の論文がPediatrics Internationalに受理されました。

Y. Yamaoka, N. Tamiya, A.Watanabe, Y. Miyazono, R. Tanaka, A. Matsuzawa, R. Sumazaki: Hospital-based care utilization of children with medical complexity in Japan. Pediatrics International, accepted  2018

★前助教、現在客員研究員の森山葉子先生の論文がWorld Medical and Health Policyに掲載されました。

Y. Moriyama, N. Tamiya, N. Kawachi, M. Miyairi: What Makes Super-Aged Nations Happier? Exploring Critical Factors of Happiness Among Middle-Aged Men and Women in Japan. World Medical and Health Policy, 10:1, 83-98, doi: 10.1002/wmh3.256 2018

★クロスアポイント准教授の森隆浩先生の論文がArchives of Osteoporosisに掲載されました。

T. Mori, N. Tamiya, X. Jin, B. Jeon, S. Yoshie, K. Iijima, T. Ishizaki: Estimated expenditures for hip fractures using merged healthcare insurance data for individuals aged ≥ 75 years and long-term care insurance claims data in Japan. Archives of Osteoporosis, https://doi.org/10.1007/s11657-018-0448-2, 2018

★本学看護科学専攻、共同研究者の柴山大賀先生の論文がJournal of Diabetes Investigationに掲載されました。

T. Shibayama, H. Noguchi, H. Takahashi, N. Tamiya: Relationship between social engagement and diabetes incidence in a middle-aged population: Results from a longitudinal nationwide survey in Japan. Journal of Diabetes Investigation, doi: 10.1111/jdi.12820, 2018

2018/04/1
研究室に新たに森 隆浩准教授(クロスアポイント)と杉山 雄大准教授(クロスアポイント)がメンバーに加わりました!!

2018/03/30
24th Health Services Research Seminar!
日付 :2018年4月27日(金)   
時間 :18:30~20:00   
場所 :筑波大学 東京キャンパス 文京校舎557室
①18:30~19:15  タイトル “The current status of advance care planning in Japan”  
演者:Joshua Gallagher(筑波大学人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻)
②19:15~20:00  タイトル  ”介護保険利用者の生活と エンドオブライフケアについて~介護老人保健施設でのケアを通して~”
演者:宮田 澄子(介護老人保健施設 ごぎょうの里、筑波大学医学医療系ヘルスサービルリサーチ分野 客員研究員)

詳細はこちら
♪♪♪♪♪♪                        
な お、本セミナーは筑波大学大学院博士課程ヒューマン・ケア科学専攻の開講課目を兼ねておりま す。
参加時毎回の課題提出及び年度末の総括討論日(3月8日予定)があります。他専攻の方は、事前に履修の可否などは各専攻でご確認ください。   
講義名:ヘルスサービスリサーチ実践研究演習   科目番号:02EU576
参加希望の方は氏名、所属、連絡先を添え下記連絡先までお申込みください。
受付担当:秘書(森田千代):morita.chiyo.ga@un.tsukuba.ac.jp 研究会開催後は中華料理店にて懇親会を行います(¥3,000)こちらもご参加ください。

好 評のうちに終了いたしました。ご参加ありがとうございました。

2018/03/07
来年度 HSR研究会 開催日程のお知らせ!

下記の日程で平成30年度のHSR研究 会を開催予定です。皆様、お気軽にご参加ください。   
   第24回HSR研究会  H30年 4月27日(金)18:30~

   第25回HSR研究会  H30 年 6月15日(金)18:30~(通 常の第4金曜ではありませんので、ご注意ください)

   第26回HSR研究会  H30年 8月24日(金) 18:30~

   第27回HSR研究会  H30年10月19日(金)18:30~(通 常の第4金曜ではありませんので、ご注意ください)

   第28回HSR研究会  H30 年12月21日(金)18:30~(通 常の第4金曜ではありませんので、ご注意ください)

   第29回HSR研究会  H31 年 2月22日(金)18:30~

 

2018/03/05
第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 開催のお知らせ!
日付 :2018年7月7日(土)   
時間 :09:30~17:00   
場所 :筑波大学 筑波キャンパス 大学会館

当研究室の田宮教授が大会長となり、来 年度の東日本地方会を筑波大学大学会館にて開催する運びとなりました。

下記、URLにて事前登録を受付中で す。皆様、ぜひご参加ください。

 http://www.md.tsukuba.ac.jp/hsr/jaih/


プログラム:○大会長 講演「グ ローバルエイジングに向けて日本が伝えるべきこと・学ぶべきこと」
       ○教育講演「職場や地域における輸入感染症対策ー保健所医師の立場から」「海外出張者/勤務者の医療リスク:医師・管理者として知っておくべ きこと」
       ○シンポジウム「輝くグローバルエイジングへの垣根なき対話」
       ○特別企画

  •      産業技術総合研究所による介護ロボット体験
  •      Death Cafe (英国で行われている「みんなで死を語る」イベントを留学生が日本語でリードします)
  •      第6回 International Conference on Global Aging
       (留学生や若手も含むエイジング関係の英語セッション)
  •      若手セッション(学生・大学院生など対象)
  •      ○一 般演題 ポスターのみ(英語セッションあり)

    


2018/01/29
第1回 筑波大学 開発研究センター シンポジウム 開催のお知らせ!

ご 清聴ありがとうございました。
日付 :2018年3月6日(火)   
時間 :14:30~17:25   
場所 :筑波大学 筑波キャンパス 春日エリア 情報メディアユニオン1階 ユニオン講義室

筑波大学の5つの開発研究センターが、 その成果と今後の展開について語る第1回のシンポジウムが、産学連携本部主催で開催されます。

当研究室の田宮教授が、ヘルスサービス 開発研究センターのセンター長として、講演されます。皆様、お気軽にご参加いただければと思います。

詳細はこちら

2018/01/29
23rd Health Services Research Seminar!
日付 :2018年2月23日(金)   
時間 :18:30~20:00   
場所 :筑波大学 東京キャンパス 文京校舎431室
①18:30~19:15  タイトル “『三方良し』の枠組みによる地域包括ケ ア政策評価の提案”  
演者:吉江 悟 (一般社団法人Neighborhood Care、筑波大学 非常勤研究員)
②19:15~20:00  タイトル  ”精神的な問題を抱える親 と子どもの家族援助に関する研究”
演者:田中 裕子(筑波大学人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻社会精神保健学分野)

詳細はこちら
♪♪♪♪♪♪                        
な お、本セミナーは筑波大学大学院博士課程ヒューマン・ケア科学専攻の開講課目を兼ねておりま す。
参加時毎回の課題提出及び年度末の総括討論日(3月8日予定)があります。他専攻の方は、事 前に履修の可否などは各専攻でご確認ください。   
講義名:ヘルスサービスリサーチ実践研究演習   科目番号:02EU576
参加希望の方は氏名、所属、連絡先を添え下記連絡先までお申込みください。
受付担当:秘書(森田千代):morita.chiyo.ga@un.tsukuba.ac.jp 研究会開催後は中華料理店にて懇親会を行います(¥3,000)こちらもご参加ください。

好 評のうちに終了いたしました。ご参加ありがとうございました。

2018/01/09
1月より、新しく 医学類 5年 安富 元彦さんがメンバーに加わりました。

2017/12/21
新刊案内!田宮が共同編集いたしました「ヘルスサービスリサーチ入門~生活と調和した医療のために」が来る12月25日に発売されます!皆様、 ご一読ください!(^^)!
ヘルスサービスリサーチ入門  生活と調和した医療のために
田宮 菜奈子 編      小林 廉毅     自然科学 > 医学・薬学
ISBN978-4-13-062419-0発売日:2017年12月25日判型: A5ページ数:256頁

内容紹介
研究者から現場の医師まで幅広い執筆者による,関連分野との協働や学際的視点を取り入れたヘルスサービスリサーチの入門書.医療サービスの質を, 構造,過程,結果の3つの概念のいずれかに焦点をあて,仮説を立てて分析をおこない,よりよいウェルビーイングに向けた健康サービスの向上をめざ す

hsr_nyumon

書籍の詳細は、こちら:http://www.utp.or.jp/book/b324632.html


2017/11/27
第22回ヘルスサービスリサーチ研究会 開催のお知らせ!  
日付 :2017年12月22日(金)   
時間 :18:30~20:00   
場所 :筑波大学 東京キャンパス 文京校舎431室
①18:30~19:15  
『地域包括ケアシステムの評価指標としての在宅日数の算出および関連する地域特 性』 
演者:植嶋大晃(筑波大学医学医療系ヘルスサービスリサーチ分野)
②19:15~20:00  
『後期高齢者における認知症周辺症状に対する抗精神病薬処方ー医療レセプト&介護認定 調査の連結データからわかること』
演者:黒田直明(筑波大学医学医療系ヘルスサービスリサーチ分野/コミュニティクリニック・つくば) 
詳細はこ ちら
♪♪♪♪♪♪
なお、本セミナーは筑波大学大学院博士課程ヒューマン・ケア科学専攻の開講課目を兼ねておりま す。 参加時毎回の課題提出及び年度末の総括討論日(3月8日予定)があります。他専攻の方は、事 前に履修の可否などは各専攻でご確認ください。    講義名:ヘルスサービスリサーチ実践研究演習   科目番号:02EU576
参加希望の方は氏名、所属、連絡先を添え下記連絡先までお申込みください。 受付担当:秘書(森田千代):morita.chiyo.ga@un.tsukuba.ac.jp 研究会開催後は中華料理店にて懇親会を行います(¥3,000)こちらもご参加ください。

好評のうちに終了いたしました。ご参加ありがとうございました。

2017/10/24
ヘルスサービスリサーチ研究会開催日程のお知らせ!

★今後もヘルスサービスリサーチ研究会の下記の日程で開催を予定しています。
  10月27日、12月22日、2月23日

なお、本セミナーは筑波大学大学院博士課程の講義と兼ねております。
  講義名:ヘルスサービスリサーチ実践研究演習
  科目番号:02EU576

2017/09/29
21st Health Services Research Seminar!
Date:October 27th 2017, 18:30~20:00
Place: Seminar room #431, Tokyo Campus, University of Tsukuba
日付 :2017年10月27日(金)   
時間 :18:30~20:00   
場所 :筑波大学 東京キャンパス 文京校舎431室
①18:30~19:15  タイトル “Development of a satisfaction survey in Long term care health facilities in Japan: Based on the Ohio Department of Aging-Resident Satisfaction Survey”/『老人保健施設における利用者満足度尺度の開発』”  
演者:金雪瑩(筑波大学大学院人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻)
②19:15~20:00  タイトル  「医療提供体制の再構築 ~病院経営の視点も踏まえて~」
演者:石川 雅俊(筑波大学医学医療系ヘルスサービスリサーチ分野 客員研究員) 
♪♪♪♪♪♪                        
なお、本セミナーは筑波大学大学院博士課程ヒューマン・ケア科学専攻の開講課目を兼ねておりま す。
参加時毎回の課題提出及び年度末の総括討論日(3月8日予定)があります。他専攻の方は、事 前に履修の可否などは各専攻でご確認ください。   
講義名:ヘルスサービスリサーチ実践研究演習   科目番号:02EU576
参加希望の方は氏名、所属、連絡先を添え下記連絡先までお申込みください。
受付担当:秘書(森田千代):morita.chiyo.ga@un.tsukuba.ac.jp 研究会開催後は中華料理店にて懇親会を行います(¥3,000)こちらもご参加ください。

2017/09/28
The 5th  International Conference on Global Aging が盛況のうちに終了!
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。
9月27日(水)つくば国際会議場に於いて第5回CGATを開催いたしました。
様々な分野からエイジング関連に取り組む幅広い研究が一堂に会し、研究者や学生たちが未来の超高齢化社会について深く議論いたしました。会議では 優れた研究を発表した学生2名に賞が贈られました。

ー Young Scientist Award (受賞者)ー
■ 金雪瑩 (ヒューマン・ケア科学専攻 博士課程)
Development of a Satisfaction Survey in LTC in Japan based on the Ohio Department of Aging-Resident Survey
■ Maria Morales(フロンティア医科学専攻 修士課程)
A stratified age analysis of factors related to length of stay at ER in a Japanese hospital

2017/09/06
The 5th International Conference on Global Aging 開催!
9月27日(水)10時から、つくば国際会議場(303室: www.epochal.or.jp )に於いて、第 5回International Conference on Global Aging を開催いたします。

高齢化は地球規模の緊急課題です。高齢化社会における諸課題に挑戦するには、世界の国々の経験をまず共有することが重要であると考えています。また、 医療、介護、社会保障から、家族のあり方や死生観まで多岐にわたる社会、文化的背景の尊重が必須であり、分野横断的な取り組みが求められま す。
今回、第5回International Conference on Global Agingでは、学問の壁を越えて、エイジング関連に取り組む幅広い研究が一堂に会し、研究者や学生たちが未来 の超高齢化社会について深く議論いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。
当日、参加のみご希望の方は登録をお願いします。セッション8-5を選択して下さい。
 
TGSW2017のHP:http://www.kokuren.tsukuba.ac.jp/TGSW2017/
登録:https://goo.gl/dhrAcU
プログラム:こちら
注:The 5th International Conference on Global Agingで発表される方、およびchairの先生方の登録は必要ありません。
お問い合わせ: felipe.tsukuba@hotmail.co.jp(担 当:サンドバール・フェリーぺ)

board


2017/07/07
ヘルスサービス開発研究センター 開所式を開催しまし た!!
おかげさまで、ヘルスサービス開発研究センターは、7月1日付けでスタートとなり、7月6日(木)13:30より開所式(看板上掲式)を行いました。



田宮研究室のご紹介

研究室では、医療における各種サービス(看護・保健・福祉を含む)の質を、ヘルスサー ビスリサーチ手法を用いて、包括的・科学的に評価・分析し、実証データに基づく学際的研究成果を通じて、サービスの質向上を図り、生活と調和した 医療実現の一助となることを目指しています。

ヘルス サービスリサーチとは



プロジェクト

民間企業との共 同研究プロジェクト
平成29年7月7日 - 平成30年3月31日     SOMPO Holdings    
介護事業者の品質評価モデルの構築及び品質向上に資する PDCA運用モデルの構築. 研究目的・概要等はこちら. 

平成28年1月1日 - 平成31年3月31日     株式会社日本医療データセンター    
介護品質に基づく介護サービス評価方法の確立と社会実装.  

- 平成33年3月31日 山武市  

介護予防に関する研究ー山武市との共同 研究.研究目的・概要等はこ ちら.

平成30年4月1日 - 平成31年3月31日     株式会社エス・エム・エス

助成金
平成30年1月1日 - 平成30年12月31日    日本理学療法士協会    
「ハイリスク者へのリハビリテーションによる健康寿命の延伸への効果―医療・介護レセプト連結データによる分析」

公的資金を受け ているプロジェクト

ここでは、研究室員が主任研究者であるもののみ、掲載しています(分担研究は除く)。

田宮菜奈 子教授

平成30年度-平成32年度    厚生労働科学研究費補助金(長寿科学政策研究事業)
「介護保険事業(支援)計画に役立つ地域指標-全国介護レセプト等を用いて―」

平成29年度‐ 平成30年度   
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(平成29年度 AMED長寿科学研究開発事業)「医療介護情報の連結する方法の検証とロジックの構 築及び医療介護の地域差分析:効果的な医療-介護の二次データ活用システム構築のためのヘルスサービス」
研究目的・概要等はこ ちら

平成28年度‐平成30年度     厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)
「健康寿命及び地域格差の要因分析と健康増進対策の効果検証に関する研究」

平成28年度‐平成30年度     厚生労働科学研究費補助金(政 策科学推進研究事業) 
「真のエイジング・イン・プレイス実現に向けた包括的実証研究」

平成28年度‐平成30年度     厚生労働科学研究費補助金(地 域医療基盤開発推進研究事業)
「人生の最終段階における医療のあり方に関する調査の手法開発及び分析に関する研究」

平成28年度     厚生労働科学研究費補助金(政策科学推進研究事業) 
「家族介護者に対する支援のあり方に関する調査研究事業」

平成27年度‐平成28年度     厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業(政策科学推進研究事業))
「地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ―二次データ活用システム構築による多角的エビデンス創出拠点」

(H28年度より事業名変更(臨床研究等ICT基盤構築研究事業) )

平成26年度    厚生労働科学研究費補助金(厚生労働科学特別研究事業)
「地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ―二次データ活用システム構築による多角的エビデンス創出拠点」

平成26年度‐平成28年度     科学研究費補助金・基盤研究(B) 
「満足できる人生の幕引きのために-根拠に基づく医療介護整備への学際的実証研究」

平成25年度‐平成27年度     筑波大学プレ戦略イニシアティブ(研究拠点提案型)
「グローバルエイジングセンター国境と学問領域をこえた人類の課題への挑戦―つくばから世界への発信拠点(Tsukuba Global Aging Center)」

平成24年度‐平成26年度     厚生労働科学研究費補助金(地球規模保健課題推進研究事業) 
「グローバルエイジングへの国境なき挑戦―経験の共有と尊重を支える日本発学際ネットワークによる提言に関する研究」

平成24年度‐平成26年度     文 部科学研究費補助金基盤研究(A)
「医療・介護・福祉の融合―現場発ヘルスサービスリサーチによる地域包括ケアの実現」

平成21年度‐平成23年度     文部科学研究費補助金基盤研究(B)
「穏やかな人生の最終章のために ―公衆衛生学・法医学・法学等学際的アウトカム研究拠点-」

平成21年度‐平成23年度     厚 生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業)
「福祉・介護サービスの質向上のためのアウトカム評価拠点 ―実態評価から改善へのPDCAサイクルの実現ー」

平成19年度‐平成20年度     厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業)
「法医剖検事例の公衆衛生学的時系列分析に基づく高齢者孤独死撲滅のための実証的予防政策立案」

平成18年度-平成20年度     科学研究費補助金萌芽研究
「法医公衆衛生学の構築-根拠に基づく医療福祉政策立案の新しい方法論」

平成17年度-平成18年度     厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業)
「高齢者の望ましい終末期ケア実現のための条件整備に関する研究 -介護保険施設における終末期ケアの検討を中心に」(H18は自治医大梶井教授に班長交替していただきました)

平成16年度-平成18年度     科学研究費補助金基盤研究(B )
「アウトカム評価に基づく高齢者施設ケアの質の確保システムの構築‐TQM(Total Quality Management)による転倒事故予防対策」

平成14年度-平成16年度     厚生労働科学研究費補助金政策科学推進研究事業
「サービス利用モデルを用いた給付実績分析による介護保険政策評価研究」

阿部智一 客員教授

平成26年度-平成27年度     科学研究費補助事業(学術研究助成基金助成金) 若手研究(B)
救急外来の時間的Quality Indicatorの構築

平成27年度‐平成28年度     株式会社日立製作所共同研究(産学連携共同プロジェクト)
救急外来のTime Tracking Monitor(時間追跡モニター)

森隆浩  準教授(クロスアポイント)

平成29年度-平成32年度
文部科学研究費補助金基盤研究(C)
"医療介護費の有効利用・削減に向けた提言:大腿骨骨折後レセプトビッグデータ分析から"



メンバー


director


教授 田宮 菜奈子
医学医療系
ヘルスサービスリサーチ分野
医師(医学博士)、公衆衛生学修士、介護支援専門員
ヘルスサービス開発研究センター センター長

ヘルスサービスリサーチ、アウトカム研究、公衆衛生学、介護保険制度、在宅医療、在宅ケア、高齢者施設ケア、障害者の地域医療ケア、医療・介護・福祉サービスの質の評価、 医療・介護制度の国際比較、各種サービスへのアクセス、法医公衆衛生学、孤立死、小児虐待、高齢者虐待、チャイルドヘルスサービスリサーチ、 PDCA

私の研究の原点は、訪問診療や介護施設勤務など地域の臨床経験を通じ、病院・地域の連携不足など、医療をサービスとして評価する必要性を痛感 したことにあります。その後、博士論文として往診医師の重要性と住宅改修の効果(いずれも日公衛生誌1990)を示し、また、ハーバード公衆 衛生大学院でヘルスサービスリサーチ(以下、HSR)という概念に出会い、我が国初のHSR分野を開講するなど、一貫して、①介護保険制度評 価、②かかりつけ医師推進、③介護家族の実態、④在宅・施設ケアの評価、⑤法医公衆衛生学を研究の柱としてきました。  

主である①では、サービス利用規定要因としての家族の重要性 (IJQHC)、地域リハビリテーションに戸別送迎が必須であること(IJQHC, BMC Geriatrics)、ショートスステイ利用と本人の介護度悪化の関係(BMC Geriatrics)、さらにはランセット日本特集で、介護保険を世界に紹介しつつ、全国データ分析により高所得層の介護者にのみ効果が高いことを示しました (Lancet)。さらに、介護保険支出の最大要因は施設ケアの高介護度者であること(BMC HSR)、訪問看護利用の抑制要因(BMC Geriatrics)等を示しました。②では、在宅総合診療所の推進要因を医師会と共同研究で示し(プライマリーケア学会誌)、また、医師 の意見書分析から、かかりつけ医師の重要性を示す研究、またプライマリーケア医師の国際比較などを進めています。③では、嫁の介護で生存時間 が短いこと(BMC Geriatrics)など、④では、在宅生活継続への訪問看護の有効性(GGI)、施設看取りでの医師の役割(Health Policy)や、施設ケアにおけるアウトカム評価(GGI)等を示しました。⑤では、法医学データにより孤独死対策への基礎データを示しました(BMJ open)。研究室の仲間とともに、「生活と調和した医療のために」をモットーに、ヘルスサービスリサーチを通して、質の高い各種サービスを 必要な人に きちんと届けられるようなしくみづくりに貢献していきたいと考えています。

所属
医学医療系ヘルスサービスリサーチ分野

資格・仕事
医師(医学博士)、公衆衛生学修士、介護支援専門員
専門分野    公衆衛生

最近の研究テーマ
ヘルスサービスリサーチ、アウトカム研究、公衆衛生学、介護保険制度、在宅医療、在宅ケア、高齢者施設ケア、障害者の地域医療ケア、医療・介 護・福祉サービスの質の評価、医療・介護制度の国際比較、各種サービスへのアクセス、法医公衆衛生学、孤立死、小児虐待、高齢者虐待、チャイ ルドヘルスサービスリサーチ、PDCA

抱負など
私の研究の原点は、訪問診療や介護施設勤務など地域の臨床経験を通じ、病院・地域の連携不足など、医療をサービスとして評価する必要性を痛感 したことにあります。その後、博士論文として往診医師の重要性と住宅改修の効果(いずれも日公衛生誌1990)を示し、また、ハーバード公衆 衛生大学院でヘルスサービスリサーチ(以下、HSR)という概念に出会い、我が国初のHSR分野を開講するなど、一貫して、①介護保険制度評 価、②かかりつけ医師推進、③介護家族の実態、④在宅・施設ケアの評価、⑤法医公衆衛生学を研究の柱としてきました。

 主である①では、サービス利用規定要因としての家族の重要性(IJQHC)、地域リハビリテーションに戸別送迎が必須であること (IJQHC, BMC Geriatrics)、ショートスステイ利用と本人の介護度悪化の関係(BMC Geriatrics)、さらにはランセット日本特集で、介護保険を世界に紹介しつつ、全国データ分析により高所得層の介護者にのみ効果が高いことを示しました (Lancet)。さらに、介護保険支出の最大要因は施設ケアの高介護度者であること(BMC HSR)、訪問看護利用の抑制要因(BMC Geriatrics)等を示しました。②では、在宅総合診療所の推進要因を医師会と共同研究で示し(プライマリーケア学会誌)、また、医師 の意見書分析から、かかりつけ医師の重要性を示す研究、またプライマリーケア医師の国際比較などを進めています。③では、嫁の介護で生存時間 が短いこと(BMC Geriatrics)など、④では、在宅生活継続への訪問看護の有効性(GGI)、施設看取りでの医師の役割(Health Policy)や、施設ケアにおけるアウトカム評価(GGI)等を示しました。⑤では、法医学データにより孤独死対策への基礎データを示しました(BMJ open)。 

研究室の仲間とともに、「生活と調和した医療のために」をモットーに、ヘルスサービスリサーチを通して、質の高い各種サービスを必要な人に きちんと届けられるようなしくみづくりに貢献していきたいと考えています。

経歴
1986年    筑波大学医学専門学群 卒業 7回生
1990年    東京大学大学院医学研究科博士課程社会医学専攻 修了  医学博士
1991年    筑波大学社会医学系 助手
1992年    帝京大学医学部衛生学公衆衛生学教室 助手
1993-1994年    第1回帝京-ハーバードフェローとして、米国ハーバード大学公衆衛生学部修士課程(Health Service Research専攻)
Master of Science
1997年    南大和老人保健施設 副施設長(帝京大学医学部 非常勤講師)
1999年    同 施設長(帝京大学医学部 非常勤講師)
2000年    帝京大学医学部衛生学公衆衛生学教室 講師
2003年    筑波大学社会医学系 教授
2004年    筑波大学人間総合科学研究科・ヒューマンケア科学専攻 教授(組織改変・大学院化のため)
2012年    筑波大学医学医療系ヘルスサービスリサーチ分野 教授(組織改変のため)
 
1986年5月    医籍登録(第296940号)
1999年3月    介護支援専門員資格取得(神奈川県第98D3115号)
1999年8月    米国老人施設管理医認定単位取得(American Medical Directors' Association) 

学会活動等
1987年~現在    日本公衆衛生学会会員 (2001年10月第60回公衆衛生学会奨励賞受賞) (2002年より評議員・査読委員、2012年より編集委員長 2014年より理事)
1991年~現在    日本疫学会(2015.12~代議員)
1992年~現在    日本行動医学会
1996年~現在    International Society for Quality in Health Care 会員
1999年~現在    日本産業衛生学会
2004年~現在    日本プライマリ・ケア連合学会
~現在    日本医療・病院管理学会
~現在    日本国際保健医療学会(2012年より代議員)
~現在    日本老年医学会
~現在    日本法医学会
~現在    日本在宅医療学会
2013年~現在    日本高齢者ケアリング学研究会
2013年~現在    Gerontologigal Society of America
2014年~現在    日本社会福祉学会

受 賞
2016年    Certificate of Outstanding Contribution in Reviewing, Social Science & Medicine, Elsevier

客員教授 本澤 巳代子
所属
客員教授(医学) 名誉教授(人社)

客員教授 阿部  智一
a

所属
順天堂大学医学部付属順天堂医院 総合診療科

資格・仕事
救急科専門医、集中治療専門医、プライマリケア指導医、MPH、PhD・救命救急医

専門分野  
救急・集中治療 臨床研究

最近の研究テーマ  
救急医療とHSR、集中治療とHSR

抱負など  
重症患者に国際標準的な診療を届けることができる研究を行います

客員教授 Sandra Ivonne Moody
所属
亀田総合病院

客員 教授 甲斐 一郎
所属
東京大学 名誉教授

客員 教授 石崎 達郎
所属
東京都健康長寿医療センター研究所

客員 教授 本間 季里
所属
医学医療系
株式会社日立製作所 SSB統括本部 人事総務本部 大森・新川崎健康管理センタ 産業医

資格・仕事
医師、産業医、ギャラップ社認定ストレングスコーチ資格申請中、アサーティブジャパントレーナー養成講座修了

専門分野
メンタルヘルス、免疫学、アレルギー学

抱負など
これまで、小児科診療、基礎医学研究、新しい大学院教育の立ち上げなどを行ってきましたが、常に感じていたことは「人こそが財産」ということ でした。
そこで働く人一人ひとりが、主体性を持って仕事ならびにプライベートの生活が送れれば、結果として、組織やプロジェクトの生産性が上がると考 えています。
そのためにコミュニケーションスキル、自分の強みを知り活かす、という切り口から考えていきたいと思います。

客員准教授 四津 有人
所属
茨城県立医療大学

准教 授(クロスアポイント) 杉山 雄大

所 属
医学医療系 ヘルスサービスリサーチ分野
ヘルスサービス開発センター
国立国際医療研究センター 研究所 糖尿病情報センター 医療政策研究室長
(クロスアポイントメント)

資 格・仕事
社会医学系専門医・指導医、日本糖尿病学会専門医、内分泌代謝専門医、総合内科専門医、

Master of Science in Health Services、博士(医学)

専 門分野
糖尿病、HSR、医療政策

研究テーマ
レセプトを用いたHSR、糖尿病の医療政策

抱 負など
大学とナショナルセンターの両方に所属するメリットを生かし、質の高いHSRを通じてevidence-based health policyに貢献していきたいと思います。

准教 授(クロスアポイント) 森 隆浩
所属
ヘルスサービス開発研究センター、医学医療系ヘルスサービスリサーチ分野
東千葉メディカルセンター総合診療科 副部長

資 格・仕事
社会医学系専門医・指導医、日本老年医学会老年病専門医、日本内科学会認定内科医、日本骨粗鬆症学会認定医

アメリカ家庭医療専門医 (Family Medicine Residency at University of Virginia)、アメリカ老年医学専門医(Geriatrics Fellowship at UCLA)、カリフォルニア州医師免許、ECFMG Certification

博士(医学)(筑波大学)、 Master of Science in Health Services(UCLA Fielding School of Public Health)

専 門分野
老年医学、骨粗鬆症、骨折予防

研 究テーマ
レセプトを用いた高齢者の医療・介護に関する研究、骨折予防に関する費用対効果分析

抱負など
"Make a difference through high-quality health services research”を目指しております。

助 教  伊藤 智子
所属
疾患制御医学専攻脳神経機能制御医学分野

資格・仕事
看護師/保健師、博士(ヒューマン・ケア科学)

専門分野
介護保険制度、地域医療

抱負など
田宮先生に師事させていただくのも学部4年から数えて7年目になりますが、先生方の親身なご指導でなんとか続けられています。
私は高齢者がケアの利用に対し公平に豊富な選択肢を持つことが望ましく、またそれを他者が支持できるような効率的な制度設計が重要と考えてい ます。
一人前の研究者までの道のりはまだまだ長いですが、社会に寄与できる研究者となれるよう、地道に勉強を続けていきたいと思っています。

助 教  岩上 将夫


所属
医学医療系ヘルスサービスリサーチ分野

資 格・仕事
医師、公衆衛生学修士、疫学修士

専門分野
臨床疫学、薬剤疫学、介護保険制度、地域医療

抱負など
日本では急性腎障害や敗血症を例に大規模入院データベース(Diagnosis Procedure Combinationデータベース)を用いた臨床疫学研究、イギリスでは慢性腎臓病や精神疾患・向精神薬を例に大規模外来データべース(Clinical Practice Research Datalink)を用いた臨床疫学研究の訓練を積んで参りました。大規模データベース研究に求められる柔軟性、慎重さ、スピード感を大切にしながら、人の役に立つ論文を 量産することを目標に頑張ります。様々なバックグラウンドを持つ方々と一緒に仕事ができることを楽しみにしています。


常 勤研究員 Felipe Sandoval


所属  
筑波大学ヘルスサービス開発研究センター

資格・仕事  
MPH, PHD

専門分野  
グローバルエイジング

抱負など  
I dream of running my own long-term care facility and that my work would help the people of Chile to have a better future based on best-practices and evidence, especially senior citizens, usually neglected by policy-makers and researchers.


非常勤講師 東  尚弘
所属
国立がん研究センターがん対策情報センターがん臨床情報部 部長

非常 勤講師 上田 佳代
所属
京都大学大学院工学研究科都市環境工学専攻環境衛生学講座 准教授

非常勤講師 大河 内 二郎
所属
老人保健施竜間之郷 施設長

非常 勤講師 高橋 秀人
所属
国立保健医療科学院 統括研究官

非常勤講師 樋之 津 史郎
所属
岡山大学病院 新医療研究開発センター 教授

非常 勤講師 柏木 聖代
所属
東京医科歯科大学 教授

非常 勤講師 宮石 智
所属
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 教授

非常 勤講師 高椋 清
所属
医療法人健清会 老人保健施設創清園 理事長・施設長

非常 勤講師&非常勤研究員 黒田 直明
所属
コミュニティクリニックつくば

非常 勤講師&非常勤研究員 浜田 将太
所属
医療経済研究機構

非 常勤講師&非常勤研究員 金 雪瑩

k

所 属  
筑波大学ヘルスサービス開発研究センター

資格・仕事
学士(経済学)、修士(MBA)、博士(PhD)

専門分野
Quality of care, falls in long-term care facility

研究テーマ
特に介護の質の評価に興味があり、この分野の知識を深めたいです。

抱負など
修士までは経済・経営を勉強しており、今後は、介護の質の評価における、マーケティング面と医学面での研究を臨みたいと思います。

非 常勤講師&非常勤研究員 石川 雅俊
所属
厚生労働省医政局総務課 医療機能情報分析専門官

非 常勤研究員 中野 寛也
所属
大森医院

非 常勤研究員 裴 麗瑩
所属
東京大学大学院医学系研究科

非常勤研究員 吉 江 悟
所属
一般社団法人Neighborhood Care 代表理事

非 常勤研究員  Timothy Bolt

B

所 属
埼玉大学経済学部人文社会科学研究科 准教授

資格・仕事
医療経済学者/Health Economist


専門分野
医療経済; 離散選択実験(コンジョイント分析)
Health Economics; Discrete Choice Experiment Method (DCE)

研究テーマ
在宅介護サービス; 介護保険システム; がん生存者ケア
at-home care services; long-term care insurance system; cancer survivor care

非常勤研究員 伊 藤 沙紀子
所属
東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科 特任助教

非常勤研究員 陣 内 裕成
所属
日本医科大学衛生学・公衆衛生学 助教

非 常勤研究員 御 子柴 正光

m


受 託研究員 安藤 裕一
ando


所属
株式会社GMSSヒューマンラボ 代表取締役

資格・仕事  
医師、博士(医学)、認定産業医、日本体育協会公認スポーツドクター、
NPO法人サロン2002理事、日本危機管理学会常任理事、国際武道大学非常勤講師、
元国境なき医師団理事

専門分野  
健康管理学、スポーツ社会学、危機管理学

研究テーマ  
スポーツによる住民と社会の健康

抱負など
心身の健康に加え、社会が健全となることにより、年齢や障害などを超えた人々の健やかな生活につながるはずです。
途上国を含む海外での経験に加え、多種目のスポーツに親しんだことを活かし、地域の健康について包括的な視点から問題解決に取組みます。
また、スポーツマンシップ(あるいはスポーツの真の価値)の理解を人々に浸透させることで、社会のゆたかさにつなげていこうと思います。

博士 課程 ヒューマン・ケア科学専攻 泉田 信行
所属  
筑波大学大学院 人間総合科学研究科

資格・仕事  
国立社会保障・人口問題研究所社会保障応用分析研究部長

National Institute of Population and Social Security Research


専門分野  
医療経済学


研 究テーマ  
看取りを支えるシステムのあり方についての研究


抱 負など

頑張ります!

博士 課程 ヒューマン・ケア科学専攻 植嶋 大晃
u

所属  
筑波大学大学院 人間総合科学研究科

資格・仕事  
理学療法士

専門分野  
リハビリテーション

研究テーマ  
家族の介護負担

抱負など  
要介護高齢者とその家族が幸せな生活を送ることができるよう、研究と現場の両面から手助けできればと考えています。

博士課程 疾患制御医学専攻 内田 雅俊
所属  
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻

資格・仕事  
医師

専門分野  
救急、集中治療

研究テーマ  
救急、重症患者

抱負など  
救急医療、集中治療は、個々の医師が行う治療はもちろんのこと、
地域の救急医療体制、病院内の重症患者診療システムといった医療システムが患者予後に大きく関与しているといわれています。
ヘルスサービスリサーチの視点から重症患者診療を検討することで、患者予後を改善する方法を探していきたいと思っています。

博士課程 疾患制御医学専攻 永田 功
所属   
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻、横浜市立みなと赤十字病院集中治療部

資格・仕事
MD  MPH 臨床医

専門分野
臨床医としては集中治療・救急・麻酔

研究テーマ
重症患者のサービスと長期予後

抱負など
救急・集中治療におけるヘルスサービスリサーチ研究を行いたいと思っています。

博士 課程 ヒューマン・ケア科学専攻(公衆衛生) 川邊 万希子
k

所属
人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻(公衆衛生学)、株式会社三菱総合研究所ヘルスケア・ウェルネス事業本部ヘルスケア・データ戦略グルー プ 主任研究員

資格・仕事
学士(経済学)、修士(医科学)

専門分野
介護保険、高齢者福祉施策全般

研究テーマ
介護の質の評価、介護予防など

抱負など
民間のシンクタンクで厚生労働行政の政策立案支援(介護の質の評価、介護予防など)に携わっており、本領域を深める研究をしたいと思っていま す。

博士 課程 疾患制御医学専攻 賀古 毅
所属
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻

資格・仕事
医師

専門分野
内科一般・プライマリケア

研究テーマ
医療介護分野におけるエビデンス構築など

抱負など
人類が幸せに生きることができる研究・勉強がしたいです。

博士 課程 疾患制御医学専攻 羽成 恭子
h

所属
人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻

資格・仕事
MD、産婦人科専門医

専門分野
臨床医としては緩和ケア、産婦人科

研究テーマ
人生の最終段階における医療の質向上、ACP

抱負など
臨床医として、様々な方々の人生の最終段階のサポートに携わる機会があり、もっと一人一人が「よかったな」と思える時間を過ごしてほしいとい う気 持ちが強まりました。より患者さんや家族の満足感が高まる連続的な医療を提供するための研究を行い、社会に還元できたらと思っています。

博士 課程 マリア・リセス・モラレス・アリアガ(ペルー) Maria Lisseth Morales Aliaga (Peru)
m

所属  
Health Service Research

資格・仕事  
Psychologist

専門分野/ 研究テーマ   
Quality in hospitals/Patients' satisfaction, work environment

抱負など  
Become a public health manager improving the health policies in Peru to provide High Quality of Health care services.

博士課程 ヒューマ ン・ケア科学専攻 ガラガ・ジョシュア (イギリス) Joshua Gallagher (U.K.)
g

所属  
筑波大学 人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻
University of Tsukuba, Department of Health Service Research

資格・仕事  
学士(哲学)
BA Philosophy 

専門分野/ 研究テーマ   
緩和ケア、終末期医療、認知症ケア、公衆衛生学倫理、個人的自律、グローバルエイジング 
Palliative and end-of-life care, dementia care, public health ethics, personal autonomy, global-ageing.

抱負など  
将来の目標は、日本と東アジアの終末期医療を向上させ、研究における日本と英国とのつながりを強め、最後には秋田市の竿燈祭りのマスターにな りたいと思います。
My future goals are to improve end-of-life care in Japan and East Asia, to build research ties between Japan and the UK, and finally to become a master performer in the 'Kanto festival' held every year in Akita City!

博士 課程 ヒューマン・ケア科学専攻(公衆衛生) 平 健人
所属
人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻(公衆衛生学)

博士 課程 ヒューマン・ケア科学専攻(公衆衛生) 重田 史絵
所属
人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻(公衆衛生学)

修士課程  アーメィ・カルカーニ (インド) Amey Kulkarni (India)
所属  
Graduate student, Tsukuba University

資格・仕事  
B.S. Health and human physiology, The University of  Iowa, USA

専門分野/研究テーマ   
Aging populations, family caregiving of the older adults in Japan
/Continuation of in-home caregiving and caring older individuals with cognitive impairment using Tsukuba city’s data of 2014.

抱負など  
To pursue further research on the various factors affecting the caregiving aspect of older adults in Japan

研 究生 人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻 谷口 雄大
所属
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻、筑波大学附属病院

資格・仕事
医師

学生

医学類 6 年   安富 元彦

医学類 5年 小 竹 理奈
医学類 4年 塚崎 栄里子

田宮教授秘書

中 山 文子
村田 由紀子
石津 裕子
森田 千代
谷津 真琴

客員研究 員

小林 洋子    筑 波技術大学 障害者高等教育研究支援センター 助教
Pedro Olivares-Tirado    Research & Development Department. Superintendence of Health. Chile 研究員
ot


山岡 祐衣   University of Oklahoma Health Sciences Center, Department of Pediatrics, Center on Child Abuse and Neglect, Research fellow
松田 智行    茨 城県立医療大学保健医療学部理学療法学科 准教授
宮入 まや    ユ タ州立大学 助教
宮下 裕美子    International Health Policy Program, Thailand Researcher
森山 葉子    国立保健医療科学院 医療・福祉サービス研究部 主任研究官
涌井 智子    東京都健康長寿医療センター 研究員
佐方 信夫    医療経済研究機構 研究部 研究員
鈴木 敦子    南大和老人保健施設 施設長
井上 恵    Assistant Professor in the Department of Social Work at George Mason University
松澤 明美    茨城キリスト教大学看護学部看護学科 准教授
宮田 澄子    介護老人保健施設ごぎょうの里 施設長
柏木 志保    山梨大学 特任助教

Jeon Boyoung 韓国ソウル大学保健環境研究所・研究助教

渡 邊 多永子 東京大学医学部附属病院・臨床研修医

watanabe_sensei

佐 藤 幹也  住友重機械工業株式会社 人事本部安全衛生グループ 健康管理センター

相 崎 扶友美 東京都心身障害者福祉センター 障害認定課 医員

アルバイ ト

佐々木 健祐    筑波大学 理工学群 社会工学類
ハン ウェイ    筑波大学 人文社会科学研究科

村 上 舞佳    筑波大学 社会・国際学群 国際総合学類

チャ ン・クァン・ティエン    筑波大学システム情報研究科

卒業生

浜野 亜美
H19年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程前期を修了し、修士(ヒューマン・ケア科学)を取得。

奥野 光香子
H20年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程前期を修了し、修士(ヒューマン・ケア科学)を取得。

林原  好美
H20年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。

松澤  明美
H22年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。

加藤  剛平
H22年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。

久保 谷 美代子
H22年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程前期を修了し、修士(ヒューマン・ケア科学)を取得。

相崎  扶友美
H23年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。

Pedro Olivares-Tirado
H23年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。

大山  裕美子
H23年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。

小林  美貴
H23年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。

谷口  起代
H23年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。

伊藤  智子
H25年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。

堤  春菜
H25年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。

松田  智行
H25年12月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。

小林  洋子
H27年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。

山岡  祐衣
H27年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。
H28年3月、疾患制御医学専攻博士課程後期を修了し、博士(医学)を取得。

Felipe Sandoval
H27年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。

Josephine Laker
H28年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。

宮田  澄子
H29年3月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。


谷 口 雄大 医学類 6年 


嶋 藤 菜摘
H30年3 月、フロンティア医科学専攻(修士課程)を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。

御 子柴 正光 

H30年3月、フロンティア医科学専攻(修士課程) を修了し、修士(公衆衛生学)を取得。


金   雪瑩
H30年4月、ヒューマン・ケア科学専攻博士課程後期を修了し、博士(ヒューマン・ケア科学)を取得。





研究業績

研 究業績


2018年6月11日現在

原 著論文

◆    B Jeon, N Tamiya, S Yoshie, K Iijima, T Ishizaki: Potentially avoidable hospitalizations, non-potentially avoidable hospitalizations, and in-hospital deaths among residents of long-term care facilities  Geriatrics & Gerontology International.  (accepted ) 2018-05, IF=2.351

◆    Y. Yamaoka, N. Tamiya, A.Watanabe, Y. Miyazono, R. Tanaka, A. Matsuzawa, R. Sumazaki: Hospital-based care utilization of children with medical complexity in Japan. Pediatrics International, https://doi.org/10.1111/ped.13586 2018, IF=0.822

◆    Y. Moriyama, N. Tamiya, N. Kawachi, M. Miyairi: What Makes Super-Aged Nations Happier? Exploring Critical Factors of Happiness Among Middle-Aged Men and Women in Japan. World Medical and Health Policy, 10:1, 83-98, doi: 10.1002/wmh3.256, 2018

◆  T. Mori, N. Tamiya, X. Jin, B. Jeon, S. Yoshie, K. Iijima, T. Ishizaki: Estimated expenditures for hip fractures using merged healthcare insurance data for individuals aged ≥ 75 years and long-term care insurance claims data in Japan. Archives of Osteoporosis, https://doi.org/10.1007/s11657-018-0448-2, 2018, IF=1.96


◆    T. Shibayama, H. Noguchi, H. Takahashi, N. Tamiya: Relationship between social engagement and diabetes incidence in a middle-aged population: Results from a longitudinal nationwide survey in Japan. Journal of Diabetes Investigation, doi: 10.1111/jdi.12820, 2018.2., IF=3.039


◆  J. Hasegawa, T. Ikeda, S. Toyokawa, E. Jojima, S. Satoh, K. Ichizuka, N. Tamiya, A. Nakai, K. Fujimori, T. Maeda, H. Masuzaki, S. Takeda, H. Suzuki, S. Ueda, T. Ikenoue, and on behalf of the Prevention Recurrence Committee, Japan Obstetric Compensation System for Cerebral Palsy: Relevant obstetric factors associated with fetal heart rate monitoring for cerebral palsy in pregnant women with hypertensive disorder of pregnancy, J Obstet Gynaecol Res. 2018 Apr; 44(4): 647–654. Published online 2018 Jan 23.  doi:  10.1111/jog.13555, 2018  IF=1.099


◆  X. Jin, N. Tamiya, B. Jeon, A. Kawamura, H. Takahashi, H. Noguchi: Resident and facility characteristics associated with care-need level deterioration in long-term care welfare facilities in Japan. Geriatrics & Gerontology International  2018-01 DOI10.1111/ggi.13248, 2018  IF=2.351
◆    I. Nagata, T. Abe, M. Uchida, D. Saito, N. Tamiya: 10-year in-hospital mortality trends for trauma patients in Japan: A multi-center observational study. BMJ open, 8(2), http://dx.doi.org/10.1136/bmjopen-2017-018635, 2018

◆    S. Nakamine , H. Tachikawa, M. Aiba, S. Takahashi, H. Noguchi, H. Takahashi, N. Tamiya: Changes in social capital and depressive states of middle-aged adults in Japan.  PLoS ONE 12(12): e0189112, https://doi.org/10.1371/journal.pone.0189112, 2017, IF=2.806

◆  相羽 美幸、太刀川 弘和、仲嶺 真、高橋 晶、野口 晴子、高橋 秀人、田宮 菜奈子:中高年者縦断調査を用いたソーシャル・キャピタル指標の作成と妥当 性・信頼性の検討、日本公衆衛生雑誌、64(7)、371-383頁、doi: 10.11236/jph.64.7_371、2017
◆    R. Fu, H. Noguchi, A. Kawamura, H. Takahashi, N. Tamiya: Spillover Effect of Japanese Long-Term Care Insurance as an Employment Promotion Policy for Family Caregivers. Journal of Health Economics, 56;103-112, doi: 10.1016/j.jhealeco.2017.09.011, 2017, IF=2.373
◆    H. Tanaka, S. Toyokawa, N. Tamiya, H. Takahashi, H. Noguchi, Y. Kobayashi: Changes in mortality inequalities across occupations in Japan: A national register-based study of absolute and relative measures, 1980-2010. BMJ Open, 7(9):e015764, doi: 10.1136/bmjopen-2016-015764, 2017 IF=2.562
◆    植嶋 大晃、高橋 秀人、野口 晴子、川村 顕、松本 吉央、森山 葉子、田宮 菜奈子:地域包括ケアシステムの評価指標としての在宅期間-8年間の全国介護 レセプトデータによる検討- 、厚生の指標、64(15)8-18頁 2017.12
◆    M. Uchida, T. Abe, K. Ono, N. Tamiya: Ulinastatin did not reduce mortality in elderly multiple organ failure patients: a retrospective observational study in a single center ICU. Acute Medicine & Surgery, doi: 10.1002/ams2.304, 2017
◆    渡邊 多永子、田宮 菜奈子、野口 晴子、高橋 秀人:都道府県別にみた主たる家族介護者である中高年女性の就業および就業希望の状況-平成25年国民生活基 礎調査から-、厚生の指標、64(6)、16-20頁、2017
◆    Y. Yamaoka, N. Morisaki, H. Noguchi, H. Takahashi, N. Tamiya: Comprehensive assessment of risk factors for cause-specific deaths among Japanese infants using linked Birth and Death data from Vital statistics in 2003-2010. Journal of Epidemiology (accepted July 4 2017) IF=2.546
◆    C. Araki, H Imai, H Nakao, H Sugisawa, F Seki, N Tamiya Sexual Activity in the Elderly Japanese  The Journal of Sexual Medicine  May 2017 14(5), Supplement 4, Page e277     DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.jsxm.2017.04.335
◆    T. Sugiyama, N. Tamiya, T. Watanabe, T. Wakui, T. Shibayama, Y. Moriyama, Y. Yamaoka, H. Noguchi: Association of care recipients’ care-need level with family caregiver participation in health checkup in Japan. Geriatrics & Gerontology International, doi: 10.1111/ggi.13131, 2017 IF=2.229
◆    K. Sugimoto, M. Kashiwagi, N. Tamiya: Predictors of preferred location of care in middle-aged individuals of a municipality in Japan: a cross-sectional survey. BMC Health Services Research, 17:1:352, doi: 10.1186/s12913-017-2293-1, 2017 IF=1.606
◆    宮田 澄子、田宮 菜奈子、金 雪瑩、森山 葉子、柏木 聖代:介護施設における湯灌(死後の入浴ケア)の意義-ターミナルケア態度との関連と経験した職員へ の調査からの考察-厚生の指標、 64(1)、  7-15頁、2017
◆    A. Miyawaki, J. Tomio, Y. Kobayashi, H. Takahashi, H. Noguchi, N. Tamiya: Impact of Long-Hours Family Caregiving on Non-Fatal Coronary Heart Disease Risk in Middle-Aged People: Results from a Longitudinal Nationwide Survey in Japan. Geriatrics & Gerontology, doi: 10.1111/ggi.13061, 2017 IF=2.229
◆   Mori T, Yaegashi M, Hasegawa S. Validation of IDSA/ATS Algorithm for Duration of Pneumonia Therapy. JAMA Internal Medicine, 177(2):284, doi:10.1001/jamainternmed.2016.8577, 2017

◆  Mori T, Crandall C.J., Ganz A. Cost-effectiveness of denosumab versus oral alendronate for elderly osteoporotic women in Japan. Osteoporosis International 28(5):1733-1744, doi:10.1007/s00198-017-3940-4, 2017, IF=3.591

◆  Jeon, H. Noguchi, S. Kwon, T. Ito, N. Tamiya: Disability, Poverty, and Role of the Basic Livelihood Security System on Health Services Utilization among the Elderly in South Korea. Social Science & Medicine, 178, 175-183, doi: 10.1016/j.socscimed.2017.02.013, 2017 IF=2.814
◆    R. Fu, H. Noguchi, H. Tachikawa, M. Aiba, S. Nakamine, A. Kawamura, H. Takahashi, N. Tamiya: Relation between Social Network and Psychological Distress among Middle-aged Adults in Japan: Evidence from a National Longitudinal Survey. Social Science and Medicine, 175, 58-65, doi:10.1016/j.socscimed.2016.12.043, 2017 IF=2.814
◆    Mori T, Crandall C.J., Ganz A. Cost-effectiveness of combined oral bisphosphonate therapy and falls prevention exercise for fracture prevention in the United States. Osteoporosis International 28(2):585-595, 2016

◆   T. Abe, M. Uchida, I. Nagata, D. Saitoh, N. Tamiya: Resuscitative Endovascular Balloon Occlusion of the Aorta Versus Aortic Cross Clamping Among Patients With Critical Trauma:A Nationwide Cohort Study in Japan. Critical Care, 20, 400, doi:10.1186/s13054-016-1577-x, 2016 IF=4.950
◆    T. Monma, F. Takeda, H. Noguchi, H. Takahashi, N. Tamiya: The Impact of Leisure and Social Activities on Activities of Daily Living of Middle-Aged Adults: Evidence from a National Longitudinal Survey in Japan. PLoS One, 11(10):e0165106, doi:10.1371/journal.pone.0165106, eCollection, 2016 IF=3.057
◆    T. Monma, F. Takeda, H. Noguchi, N. Tamiya: Age and sex differences of risk factors of activity limitations in Japanese older adults. Geriatrics & Gerontology International, 16(6), 670-678, doi:10.1111/ggi.12533, 2016 IF=2.229
◆    F. Sandoval, N. Tamiya, P. Lloyd-Sherlock, H. Noguchi: Relation of depression with health behaviors and social conditions of dependent community-dwelling older persons in the Republic of Chile. Int Psychogeriatr, 28(12), 2029-2043, doi:10.1017/S1041610216001228, 2016 IF=2.220
◆    Y. Yamaoka, N. Tamiya, N. Izumida, Kawamura A, H. Takahashi, H. Noguchi: The relationship between raising a child with a disability and the mental health of mothers compared to raising a child without disability in Japan. SSM-Population Health, 2, 542-548, doi:10.1016/j.ssmph.2016.08.001, 2016
◆    S. Kashiwagi, N. Tamiya, F. Sandoval: Factors Associated with Depression amongst Family Caregivers Involved in Care for Community-dwelling Persons of Middle Age and Older: Based on Data from Indonesia Family Life Survey. Public Policy and Administration Research, 6(5), 2016
◆    川村 顕、田宮 菜奈子、泉田 信行、植嶋 大晃、高橋 秀人、野口 晴子:全国介護レセプトを用いた経口移行者実態把握の試み、厚生の指標、63(15)、 29-36頁、2016
◆    泉田 信行、大河内 二郎、田宮 菜奈子:高齢者施設における看取りについて、日本老年医学会雑誌、53(2)、116-122頁、2016
◆    桑名 温子、田宮 菜奈子、森山 葉子、堤 春菜、柏木 聖代:娘による母親の介護と義理の娘による義母の介護の比較-つくば市におけるアンケート調査結果か ら、厚生の指標、63(5)、22-29頁、2016
◆    J. Hasegawa, S. Toyokawa, T. Ikenoue, Y. Asano, S. Satoh, T. Ikeda, K. Ichizuka, N. Tamiya, A. Nakai, K. Fujimori, T. Maeda, H. Masuzaki, H. Suzuki, S. Ueda: Relevant Obstetric Factors for Cerebral Palsy: From the Nationwide Obstetric Compensation System in Japan. PLoS One, 11(1):e0148122, doi:10.1371/journal.pone.0148122, eCollection, 2016 IF=3.057
◆    Nagata, T. Abe, Y. Nakata, N. Tamiya: Factors related to prolonged on-scene time during ambulance transportation for critical emergency patients in a big city in Japan: A population-based observational study. BMJ Open, 6(1):e009599, doi:10.1136/bmjopen-2015-009599, 2016 IF=2.562
◆    Y. Yamaoka, N. Tamiya, T. Fujiwara: Association between maternal postpartum depression and unintentional injury among 4-month-old infants in Japan. Matern Child Health J., 20(2), 326-336, doi:10.1007/s10995-015-1832-9, 2016 IF=1.917
◆    T. Abe, N. Tamiya, T. Kitahara, Y. Tokuda: Polypharmacy as a risk factor for hospital admission among ambulance-transported old-old patients. Acute Medicine & Surgery, 3(2), 107-113,  doi:10.1002/ams2.153, 2016
◆    Fujiwara T, Yamaoka Y, Morisaki N. Self-reported prevalence and risk factors for shaking and smothering among mothers of 4-month-old infants in Japan. Journal of Epidemiology   26(1), 4-13:JE20140216,  doi.org/10.2188/jea.JE20140216, 2016

◆   Y. Yamaoka, N. Tamiya, Y. Moriyama, F. Sandoval, R. Sumazaki, H. Noguchi: Mental health of parents as caregivers of children with disabilities: based on Japanese nationwide survey. PLoS One, 10(12):e0145200,  doi:10.1371/journal.pone.0145200, eCollection, 2015 IF=3.057
◆    F. Takeda, H. Noguchi, T. Monma, N. Tamiya: How Possibly Do Leisure and Social Activities Impact Mental Health of Middle-Aged Adults in Japan?: An Evidence from a National Longitudinal Survey. PLoS One, 10(10):e0139777. doi:10.1371/journal.pone.0139777, eCollection, 2015 IF=3.057
◆    T. Manabe, S. Teramoto, N. Tamiya, J. Okochi, N. Hizawa: Risk Factors for Aspiration Pneumonia in Older Adults. PLoS One, 10(10):e0140060, doi: 10.1371/journal.pone.0140060, eCollection, 2015 IF=3.057
◆    Y. Kobayashi, N. Tamiya, Y. Moriyama, A. Nishi: Triple Difficulties in Japanese Women with Hearing Loss: Marriage, Smoking, and Mental Health Issues. PLoS One, 10(2):e0116648, doi:10.1371/journal.pone.0116648, eCollection, 2015 IF=3.057
◆    Abe T, Watanabe S, Mizuno A, Toyama M, Vicken Y. Totten, Tokuda Y. A model for predicting angiographically normal coronary arteries in survivors of out-of-hospital cardiac arrest  Journal of Intensive Care 3:32 doi:10.1186/s40560-015-0099-y, 2015 

◆  森山 葉子、田宮 菜奈子、宮下 裕美子、中野 寛也、松田 智行:要介護認定における主治医意見書の医療機関別の分布、 厚生の指標、62(4)、1-8頁、2015
◆    M. Tokunaga, H. Hashimoto, N. Tamiya: A gap in formal long-term care use related to characteristics of caregivers and households, under the public universal system in Japan: 2001-2010. Health Policy, 119(6), 840-849, doi:10.1016/j.healthpol.2014.10.015, 2015 IF=2.035
◆    Y. Yamaoka, N. Tamiya, T. Fujiwara, Y. Yamasaki, A. Matsuzawa, S. Miyaishi: Child deaths with persistent neglected experiences from Medico-legal documents in Japan. Pediatrics International, 57(3), 373–380, doi:10.1111/ped.12531, 2015 IF=0.868
◆    Y. Moriyama, N. Tamiya, A. Kamimura, F. Sandoval, M. Luptak: Doctors’ Opinion Papers in Long-term Care Need Certification in Japan: Comparison between Clinic and Advanced Treatment Hospital Settings. Public Policy and Administration Research, 4(9), 31-37, 2014
◆    M. Kashiwagi, N. Tamiya, M. Murata: Characteristics of visiting nurse agencies with high home death rates: A prefecture-wide study in Japan. Geriatrics & Gerontology International, 15(8), 936-943, doi:10.1111/ggi.12372, 2014 IF=2.229
◆    F. Sandoval, N. Tamiya, M. Kashiwagi, S. Miyata, J. Okochi, Y. Moriyama, Y. Yamaoka, K. Takamuku:  Relationship between structural characteristics and outcome quality indicators at health care facilities for the elderly requiring long-term care in Japan from a nationwide survey. Geriatrics & Gerontology International, 14(2), 301-308, doi:10.1111/ggi.12098, 2014 IF=2.229
◆    L. Chen, N. Tamiya, G. Kato. Y. Yamaoka, T. Ito, A. Matsuzawa, H. Yamamoto: Predictors of volunteerism: A study of older adults in Japan. Public Policy and Administration Research, 3(6), 71-79, 2013
◆    松田 智行、田宮 菜奈子、柏木 聖代、森山 葉子:介護保険制度導入前後における在宅サービス利用の変化、日本公衆衛生雑誌、Vol.60、No. 9、586-595頁、2013
◆    M. Kobayashi, N. Tamiya, M. Kashiwagi, T. Ito, Y. Yamaoka, A. Matsuzawa: Factors related to positive feelings of caregivers who provide home-based long-term care for their family members in Japan.  Research on Humanities and Social Sciences, 3(16), 27-36, 2013
◆    松澤 明美、田宮 菜奈子、柏木 聖代、田中 竜太、竹谷 俊樹、野村 芳子:障害者自立支援法導入による在宅障害児・者の母親の養育負担感の変化とその関連 要因、小児保健研究、72(1)、54-64頁、2013
◆    Matsuzawa, Y. Yamaoka, N. Tamiya, K. Taniguchi, K. Yamazaki: Family caregiving problems of suspected elderly neglect:  A review of forensic autopsy cases in Japan.  Research on Humanities and Social Sciences, 3(9), 117-124, 2013
◆    M. Kashiwagi, N. Tamiya, M. Sato, E. Yano: Factors Associated with the Use of Home-visit Nursing Services Covered by the Long-Term Care Insurance in Rural Japan. BMC Geriatrics, 13, 1, 2013 IF=2.371
◆    F. Takeda, N. Tamiya, H. Noguchi, T. Monma: Relation between Mental Health Status and Psychosocial Stressors among Pregnant and Puerperium Women in Japan: From the Perspective of Working Status. International Journal of Public Health Science, 1(2), 37-48, 2012
◆    Y. Oyama, N. Tamiya, M. Kashiwagi, M. Sato, K. Ohwaki, E. Yano: Factors that allow elderly individual to stay at home with their families using the Japanese long-term care insurance system. Gerontology and Geriatrics International, 13(3), 764-773, doi:10.1111/ggi.12002, 2013 IF=2.229
◆    T. Ito, N. Tamiya, H. Takahashi, K. Yamazaki, H. Yamamoto, S. Sakano, M. Kashiwagi, S. Miyaishi: Factors that prolong the ‘postmortem interval until finding’ (PMI-f) among community-dwelling elderly individuals in Japan: analysis of registration data. BMJ Open, 2(5):e001280, doi:10.1136/bmjopen-2012-001280, 2012 IF=2.562
◆    P. Olivares-Tirado, N. Tamiya, M. Kashiwagi: Effect of in-home and community-based services on the functional status of elderly in the long-term care insurance system in Japan. BMC Health Services Research, 12, 239, doi:10.1186/1472-6963-12-239, 2012 IF=1.606
◆    Nishi, M. John Michael, H. Noguchi, H. Hashimoto, N. Tamiya, I. Kawachi: Health benefits of reduced patient cost sharing in Japan. Bulletin of the World Health Organization, 90(6), 426-435A, doi:10.2471/BLT.11.095380, 2012 IF=5.296
◆    Nishi, H. Noguchi, H. Hashimoto, N. Tamiya: Scale development of health status for secondary data analysis using a nationally representative survey. Environ Health Prev Med., 17(3), 252-257, doi:10.1007/s12199-011-0240-z, 2012 IF=1.214
◆    山崎 健太郎、羽田 俊裕、田宮 菜奈子、松澤 明美、伊藤 智子、梅津 和夫:高齢者徘徊死亡事例の実態調査(第2報)、法医学の実際と研究、54号、 263-269頁、2011
◆    N. Tamiya, H. Noguchi, A. Nishi, MR Reich, N. Ikegami, H. Hashimoto, K. Shibuya, I. Kawachi, JC Campbell: Population ageing and wellbeing: lessons from Japan's long-term care insurance policy. Lancet, 378(9797), 1183-1192, doi:10.1016/S0140-6736(11)61176-8, 2011 IF=44.02
◆    田宮 菜奈子、野口晴子、西 晃弘、マイケル・R・ライシュ、池上 直己、橋本 英樹、渋谷 健司、河内 一郎、ジョン・クレイトン・キャンベル:人口の高齢 化と幸福:日本の公的介護保険政策からの教訓、『ランセット』日本特集号「国民皆保険達成から50 年」、『ランセット』日本特集号プロジェクト研究チーム(監修:渋谷 健司)、70-85頁、2011
◆    P. Olivares-Tirado, N. Tamiya, M. Kashiwagi, K. Kashiwagi: Predictors of the highest Long-term Care expenditures in Japan. BMC Health Services Research, 11, 103, doi:10.1186/1472-6963-11-103, 2011 IF=1.606
◆    加藤 剛平、田宮 菜奈子、柏木 聖代、赤坂 清和:地域在住要介護者等の外出頻度に関連する環境因子: 通所リハビリテーション利用者に着目して、理学療法学、38(1)、17-26、2011
◆    Hirano Y, Yamamoto-Mitani N, Ueno M, Takemori S, Kashiwagi M, Sato I, Miyata N, Kimata M, Fukahori H and Yamada M. Home Care Nurses’ Provision of End-of-life Support to Families of the Elderly. Qualitative Health Research, 21(2):199-213, 2011

◆    佐藤泉, 山本則子, 竹森志穂, 平野優子, 宮田乃有, 深堀浩樹, 上野まり, 柏木聖代, 木全真理, 山田雅子. 終末期の訪問看護における時期別の期間と訪問頻度の違い: がんとがん以外の事例の比較. 日本看護科学学会誌, 31(1): 68-76, 2011

◆   相崎 扶友美、田宮 菜奈子、岸本 剛、古島 大資、田中 政宏、柏木 聖代、金子 道夫:早期乳幼児期の麻疹ワクチン接種率に 関連する 因子-埼玉県70市町 村の分析から-、厚生の指標、57(15)、17-25頁、2010
◆    久保谷 美代子、柏木 聖代、村田 昌子、田宮 菜奈子:訪問看護ステーションにおける看護職員の外部研修への参加の実態と関連要因、日本プライマリ・ケア学 会誌、33(1)、42-49頁、2010
◆    山崎 健太郎、田宮 菜奈子、松澤 明美、伊藤 智子、梅津 和夫:高齢者事故死検案事例の山形県・東京都区部の地域差と山形県の高齢者徘徊死亡事例の実態調 査、法医学の実際と研究、53号、195-202頁、2010
◆    加藤 剛平、田宮 菜奈子、柏木 聖代、赤坂 清和:Home And Community Environment (HACE) 日本語版の妥当性と信頼性の検討、総合リハビリテーション、38(5)、475-485頁、2010
◆    Nishi, N. Tamiya, M. Kashiwagi, H. Takahashi, M. Sato, I. Kawachi: Mothers and daughters-in-law: a prospective study of informal care-giving arrangements and survival in Japan. BMC Geriatrics, 10, 61, doi:10.1186/1471-2318-10-61, 2010 IF=2.371
◆    N. Tamiya, M. Okuno, M. Kashiwagi, M. Nishikitani, E. Aruga: Collaboration between physicians and a hospital-based palliative care team in a general acute-care hospital in Japan. BMC Palliative Care, 9, 13, doi:10.1186/1472-684X-9-13, 2010 IF=1.676
◆    Y. Yoshioka, N. Tamiya, M. Kashiwagi, M. Sato, I. Okubo: Comparison of public and private care management agencies under public long-term care insurance in Japan: a cross-sectional study. Geriatrics and Gerontology International, 10(1), 48-55, doi:10.1111/j.1447-0594.2009.00558.x, 2010 IF=2.229
◆    G Kato , N. Tamiya, M. Kashiwagi, M. Sato, H. Takahashi: Relationship between home care service use and changes in the care needs level of elderly Japanese. BMC Geriatrics, 9, 58, doi:10.1186/1471-2318-9-58, 2009 IF=2.371
◆    柏木 聖代、田宮 菜奈子、村田 昌子:訪問看護ステーションにおける看護職員の採用・離職の実態と職員増減の関連要因、プライマリ・ケア、32(4)、 209-217頁、2009
◆    松澤 明美、田宮 菜奈子、山本 秀樹、山崎 健太郎、本澤 巳代子、宮下 智:法医剖検例からみた高齢者死亡の実態と背景要因 -いわゆる孤独死対策のために-、厚生の指標、56(2)、1-7頁、2009
◆    山岡 祐衣、田宮 菜奈子、竹下 健一:医療系学生による小児への医療理解促進・健康教 育活動「ぬいぐるみ病院」の検討、小児保健研、68(1)、58-64頁、2009
◆    松澤 明美、田宮 菜奈子、脇野 幸太郎:わが国における社会福祉・介護の法的権利保障の現状 1960~2005年の判決分析から、日本公衆衛生学雑誌、 56(6)、411-417頁、2009
◆    N. Tamiya, LM Chen, Y. Kobayashi, M. Kaneda, E. Yano: Gender differences in the use of transportation services to community rehabilitation programs. BMC Geriatrics, 9, 24, doi:10.1186/1471-2318-9-24, 2009 IF=2.371
◆    K. Ohwaki, H. Hashimoto, M. Sato, N. Tamiya, E. Yano: Predictors of continuity in home care for the elderly under public long-term care insurance in Japan.Aging Clinical and Experimental Research, 21(4), 323-328, doi:10.1007/BF03324922,2009 IF=1.368
◆    N. Tamiya, LM Chen, H. Sugisawa: Caregiver’s decision on a family member’s placement in a long-term care facility: Analysis of caregiver interviews in Japan.Social Behavior and Personality, 37(3), 393-410, doi:10.2224/sbp.2009.37.3.393, 2009 IF=0.366
◆    T. Shioda, N. Tamiya, K. Tabuchi, O. Yoshida, H. Yamamoto: Effect of maternal education and outreach services on child mortality in a Zambian village. Japan of International Health, 24(2), 77-86, doi:10.11197/jaih.24.77, 2009
◆    山崎 健太郎、田宮 菜奈子、松澤 明美、伊藤 智子、宮石 智、梅津 和夫、金涌 佳雅、福永 龍繁:独居生活者および死後長時間経過事例にみる高齢者孤立 死の疫学的考察と山形県・東京都区部の地域差、法医学の実際と研究、52、227-235頁、2009
◆    柏木 聖代、田宮 菜奈子、室生 勝、成島 浄、飯村 靖夫、今高 治夫:在宅療養支援診療所の届け出と診療報酬算定の現状およびその阻害要因、日本プライマ リ・ケア学会誌、31(4)、229-236頁、2008
◆    松澤 明美、田宮 菜奈子、柏木 聖代、茅根 明、竹谷 俊樹:支援費制度下における在宅障害児(者)の母親の育児負担感とサービス利用-制度転換における サービス利用の変化を中心に、小児保健研究、67(3)、458-470頁、2008
◆    林原 好美、田宮 菜奈子、高橋 秀人、柏木 聖代、大久保 一郎:居住費・食費の負担の見直しによる介護保険3施設への影響-介護保険給付費実態調査月報か ら-、厚生の指標、55(2)、24-33頁、2008
◆    Ishikawa H, Kawagoe K, Kashiwagi M, Fukui S, Yano E. Nurse-physician collaboration in pain management for terminally ill cancer patients at home, Nurse-physician collaboration in pain management. Journal of Palliative care 3(4), 255-261, 2007

◆    Y. Takezako, N. Tamiya, E. Kajii: The nursing home versus the hospital as the place of dying for nursing home residents in Japan. Health Policy, 81(2-3), 280-288, doi:10.1016/j.healthpol.2006.06.008, 280-288, 2007 IF=23035
◆    竹迫 弥生、田宮 菜奈子、梶井 英治:介護保険3施設における施設内医療処置の状況―公表統計データを用いた検討、厚生の指標、53(7)、24-31頁、 2006
◆    竹迫 弥生、田宮 菜奈子、梶井 英治:介護保険施設における終末期ケア:公表統計データに基づく介護保険施設内死亡者についての検討、日本プライマリ・ケア 学会雑誌、29(1)、9-14頁、2006
◆    M. Sato, H. Hashimoto, N. Tamiya, E. Yano: The effect of a subsidy policy on the utilization of community care services under a public long-term care insurance program in rural Japan. Health Policy, 77(1), 43-50, doi:10.1016/j.healthpol.2005.07.018, 2006 IF=2.035
◆    M. Nakao, N. Tamiya, E. Yano: Gender and somatosensory amplification in relation to perceived work stress and social support in Japanese workers. Women & Health, 42(1), 41-54, doi:10.1300/ J013v42n01_03, 2005 IF=1.337
◆    西村 真紀、大野 毎子、松村 真司、田宮 菜奈子:女性は女性医師を受診したいと思っているのか~診療医師の性別希望について~、性差と医療、 1.2(2)、239-244頁、2005
◆    Nakao M, Kashiwagi M, Yano E. Alexithymia and Grief Reactions in Bereaved Japanese Women. Death Studies, 29, 423-433, 2005.

◆   佐藤 幹也、橋本 英樹、田宮 菜奈子、矢野 栄二:介護報酬給付実績データウェアハウスの開発、医療情報学、23(6)、 483-490頁、2004
◆    荒井 由美子、 田宮 菜奈子、矢野 栄二:Zarit介護負担尺度日本語版の短縮版(J-ZBI_8)の作成:その信頼性と妥当性に関する検討、日本老年医学会雑誌、40(5)、 497-503頁、2003
◆    LC Hayashi, S. Hayashi, K. Yamaoka, N. Tamiya, M. Chikuda, E. Yano: Ultraviolet B Exposure and Type of Lens Opacity in Ophthalmic Patients in Japan. The Science of the Total Environment, 302(1-3), 53-62, doi:10.1016/S0048-9697(02)00320-0, 2003 IF=3.976
◆    N. Tamiya, E. Yano, K. Yamaoka: Use of home health services covered by new public long-term care insurance in Japan: impact of the presence and kinship of family caregivers. Int. J Quality in Health Care, 14(4), 295-303, doi:10.1093/intqhc/14.4.295, 2002 IF=2.545
◆    N. Tamiya, S. Araki, K. Inagaki, N. Urano, W. Hirano, G. Ohi, LH Daltroy: Assessment of Pain, Depression, and Anxiety by Visual Analogue Scale in Japanese Women with Rheumatoid Arthritis. Scandinavian Journal of Caring Sciences, 16(2), 137-141, doi:10.1046/j.1471-6712.2002.00067.x, 2002 IF=1.215
◆    N. Tamiya, Y. Kobayashi, S. Murakami, J. Sasaki, K. Yoshizawa, J. Otaki: Factors Related to Home Discharge of Cerebrovascular Disease Patients, One-year Follow-up Interview Survey of Caregivers of Hospitalized Patients in 53 Acute Care Hospitals in Japan.  Archives of Gerontology and Geriatrics,  33(2), 109-121, doi:10.1016/S0167-4943(01)00100-5, 2001 IF=1.971
◆    田宮 菜奈子、七田 恵子、高崎 絹子、門石 春美、高橋 美保、山原 雅子:わが国の訪問看護業務におけるアウトカム指標を用いた継続的質向上のための対策 ―実施結果報告および実施可能性の検討、日本公衆衛生雑誌、47(4)、349-363頁、2000
◆    田宮 菜奈子、七田 恵子、高崎 絹子:我が国の訪問看護にけるNegative Outcome―サ-ビスの質の向上のための指標として、訪問看護と介護、4、828-830頁、1999
◆    矢野 栄二、田宮 菜奈子、村田 勝敬:学生参加型の衛生学公衆衛生学教育―Student Facilitatorを用いた試み、日本公衆衛生雑誌、46、644-649頁、1999
◆    LC Hayashi, N. Tamiya, E. Yano: Correlation between UVB irradiation and the proportion of cataract--an epidemiological study based on a nationwide patient survey in Japan. Industrial Health, 36(4), 354-360, 1998 IF=1.057
◆    T. Ishizaki, Y. Kobayashi, N. Tamiya: The role of geriatric intermediate care facilities in long-term care for the elderly in Japan.  Health Policy, 43(2), 141-151, doi:10.1016/S0168-8510(97)00094-8, 1998 IF=2.035
◆    田宮 菜奈子:訪問看護ステ-ションにおける医師との連携―神奈川県26ステ-ションに対する電話調査、日本プライマリ・ケア学会誌、20、383-386 頁、1997
◆    N. Tamiya, S. Araki, Y. Kobayashi, K. Yamashita, K. Murata, E. Yano: Gender difference in the utilization and users’ characteristics of community rehabilitation programs for cerebrovascular disease patients in Japan. International Journal Quality in Health Care, 8(4), 359-366, 1996 IF=2.545
◆    山下 公平、荒記 俊一、村田 勝敬、田宮 菜奈子、佐々木 和人:脳卒中患者のADL改善とQOLに及ぼす要因の解析―市町村の機能訓練事業の利用者を対象 として―、日本公衆衛生雑誌、43(6)、427-433頁、1996
◆    田宮 菜奈子、荒記 俊一、小林 廉毅、他:機能訓練事業の利用者の男女差とその要因 埼玉県の脳血管障害患者を対象として疫学調査報告、厚生の指標、 43(15)、16-21頁、1996
◆    田村 憲治、小野 雅司、村上 正孝、高橋 秀人、西連地 利己、田宮 菜奈子、新井 峻:国保傷病統計データによるアレルギー性鼻炎受療率の経年変動と地理 的分布、日本公衆衛生雑誌、42(3)、194-202頁、1995
◆    大滝 純司、田宮 菜奈子、佐々木 順子:所属機関の種類別にみた訪問看護担当者による医療的ケアの提供状況、 日本プライマリ・ケア学会誌、17、340-350頁、1994
◆    室生 勝、大滝 純司、田宮 菜奈子:開業医によるタ-ミナルケアについての一考察―在宅死患者118例の分析.  日本プライマリ・ケア学会誌、17(4)、49-54頁、1994
◆    佐々木 和人、鈴木 英二、荒記 俊一、田宮 菜奈子、村田 勝敬:埼玉県における機能訓練事業通所者の実態調査、 総合リハビリテ―ション、21、1051-1056頁、1993
◆    田宮 菜奈子、荒記 俊一、横山 和仁、永見 宏行:在宅脳血管障害患者の日常生活動作の改善に影響を及ぼす要因、日本公衆衛生雑誌、37、315-320 頁、1990(学位論文 東京大学:博甲763号 の一部)
◆    田宮 菜奈子、荒記 俊一、七田 恵子、巻田 ふき、大渕 律子、大竹 登志子、鎌田 ケイ子、川上 憲人、籏野 脩一:ねたきり老人の在宅死に影響を及ぼす 要因―往診医の存在 年齢との関係を中心に、日本公衆衛生雑誌、37、33-38頁、1990(学位論文 東京大学:博甲763号 の一部)
◆    浦野 直子、平野 亙、寺尾 浩明、大井 玄、稲垣 克彦、田宮 菜奈子、佐藤 智、市川 伸一:リウマチ患者の生命の質、痛み、不安、憂鬱の経時的計測、医 学のあゆみ、149、167-168頁、1989




著書


 

   田 宮菜奈子編 小林廉毅編 ヘルスサービスリサーチ入門 生活と調和した医療のために 東京大学出版会 257頁 201712

 柏木 志保、田宮 菜奈子:第3部、7章.欧州と日本における家族介護者支援策、介護予防のためのベストケアリング―高齢者が 元気に暮らしていくために(松田  ひとみ、水上 勝義、柳 久子、岡本 紀子)、メジカルビュー社、189-196頁、2016

   森 山葉子, 田宮菜奈子.  高齢者医療・介護(ケア). 社会調査事典(一般社団法人社会調査協会編).丸善出版株式会社.2014. 598-601

   Olivares-Tirado P, Tamiya N: Trends and Factors in Japan's Long-Term Care Insurance System: Japan's 10-year Experience (SpringerBriefs in Aging), Springer,2013

   田 宮菜奈子, 宮下裕美子.: 第Ⅱ部 8.グローバルエイジング-アジアの一員として.  ヒューマン・セキュリティ―ヒューマン・ケアの視点から(松田ひとみ、大久保一郎、岩浅昌幸、柏 木志保編)医学評論社. 2013.122-136

田 宮菜奈子, 松澤明美:第3部  13.要介護者の状況改善と介護家族の負担軽減に向けたインフラ整備-日本初の 全国レベルの実証的取り組みの結果から―. 家族のための総合政策―家族 と職業の両立―(本澤巳代子、ウタ・マイヤー=グレーヴェ編)信山社. 235-246. 2010.10.

田 宮菜奈子ほか:わが国の訪問看護サービスにおけるアウトカム指標を用いた継続的質向上のための対策―実施結果報告および実施可能性の検討  リーディングス 日本の社会福祉 第3巻 高齢者と福祉 ―ケアのあり方(副田あけみ 編著)20109


   田 宮菜奈子:第Ⅰ部1章 各職種とケアの質の向上―施設における医療面を中心に― 2-8, 第Ⅱ部1章 施設ケアの質の評価(日本の現状と海外の質の評価方法の紹介)44-51, 根拠に基づく高 齢者施設ケア ( 田宮菜奈子:編集代表、阿部芳道、山本秀樹 編). 金芳堂.2010

   柏 木聖代. 施設ケアにおける訪問看護. 根拠に基づく高齢者施設ケア(田宮菜奈子, 阿部芳道, 山本秀樹編), 金芳堂, 108-114,2010.

   柏 木聖代. 看護研究百科(ジョイス・J. フィッツパトリック, メレディス・ウォーレス編,岡 谷恵子監訳)照林社, 108-110,321-136,141-144,149-152,306-310,316-318,344-346,351-352,400-402,420-421,471-473,510-511529-530,621-626,636-638,643-645, 2009

   柏 木聖代. 13.成人保健. コ ンパクト公衆衛生学〔第4版〕(千葉百子,松浦賢長,小 林廉毅編). 朝倉書店. 2008

   柏 木聖代. 7章看護用 語の標準化. 看護情報学. 医 学書院, 81-90, 2008

  田 宮菜奈子:高齢者保健・在宅ケア.コンパクト公衆衛生学第4版(千葉百子、松浦賢長、小林廉毅編)、 朝倉書店.104-108頁.2008

   柏 木聖代. 医療保険, 社 会資源.エッセンシャル在宅看護学(木下由美子編). 医歯薬出版株式会社, 2007

   岡 谷恵子, 上鶴重美, 柏 木公一,柏木聖代(日本看護協会看護実践国際分類第1版 日本語版作成ワーキンググループ)監訳. 国際看護師協会編. ICNP(看護実践国際分類)第1版 日本語版, 日本看護協会出版会,2006

   柏 木聖代. 全国調査に見るガイドラインのエビデンス. 早期退院連携ガイドラインの活用. 退院する患者・家族を支援す るために(全国訪問看護事業協会監修, 川越博美・長江弘子編),日本看護協会 出版会,29-332006

   田 宮菜奈子 (翻訳):在宅 ケア. 生命倫理百科事典 (生命倫理百科事典 翻訳刊行委員会 編日本生命倫理学会 編集協力発行)丸善株式会社 Stephen G. Post ENCYCLOPEDIA OF BIOETHICS 3rd Edition211521202006

   17.    田 宮菜奈子:第2章 疫学と予防医学-2項 疫学とその応用 57-67, 4章保健医療福祉と介護の 制度-2項 高齢者医療の特徴・介護保険101-106, 9項医療従事者の免許資格, 123-124, コア・カリキュラム対応 医学・医療と 社会(藤崎和彦 田宮菜奈子 山本秀樹 編).金芳堂.2006

   柏 木聖代, 小川忍. 看 護政策関連の動向. 平成16年 度看護白書(日本看護協会編),日本看護協会出版会,205-2392004

   川 越厚, 松浦志のぶ, 遠 藤美由紀, 川越博美, 長 江弘子, 柏木聖代:在宅ホスピス・緩和ケア. ケースメソッドによる公衆衛生教育第2巻(矢野栄二・山内泰子 編),篠原出版,83-99, 2003

   柏 木聖代. 看護政策関連の動向. 平 成15年度看護白書(日本看護協会編),日本看護協会出版会,195-211, 2003

   田 宮菜奈子:老人保健. ケースで学ぶ公衆衛生学(矢野栄二・大脇和浩編)篠原出 版新書.195-201頁.2005

   林 啓子,田宮菜奈子 :糖尿病患者支援における活用. POMS短縮版手引と事例解 説(横山和仁 編)金子書房.27-37頁.2005

   田 宮菜奈子:第6章 高齢者介護における性差. ジェンダー医学 (芦田みどり編)金芳堂.74-88頁.2003

   田 宮菜奈子:第4章 症状の分類―現場で役立つ症状の捉え方. 社会福祉基礎シ リーズ第15巻.ソーシャルワーカーのための医学 (野中猛、奥山真紀子、田宮菜奈子 編). 有斐閣出版. 151-178頁.2002

   田 宮菜奈子:第2 POMSの 介護・福祉分野での活用法. 診断・指導に活かすPOMS活 用事例集(横山和仁 他 編).金子書房.13-20頁.2002

   田 宮菜奈子,平岡久仁子: 医療と福祉―難病患者の地域ケア. ケースメソッドによる公衆衛生教育 ケースメソッドによる公衆衛生教育-SE(Simulation exercises) (矢野栄二、田宮菜奈子、山内泰子 編) 南江堂.11-24頁.2000

   Shimizu T, Tamiya N, Ishizaki T. :An Overview of Japanese Elderly from the Perspectives of Clinical Neurology and Public Health. in Environment, Health & Medical Care for the 21st Century (Yano E.eds) .Boston: Harvard University Press138-155. 1995

   田 宮菜奈子:在宅ホスピスケアを可能にする要因-1癌患者の看取りに対する介護者の 気持 在宅死を支える要因. 家庭で看取る癌患者―在宅ホスピス入門 (川越 厚 編) メヂカルフ レンド社.17-19頁.64-66頁.1991

   田 宮菜奈子(翻訳):第3章 健康習慣と死亡率. 生活習慣と健康―ライフスタイ ルの科学 (森本兼曩 監訳) HBJ 出版局.73-92頁.1989

総説 その他

   田宮 菜奈子. ときの人 最新介護経営介護ビジョン 201510

   宮田 澄子. 自分たちのサービスの質を考える。施設で「湯灌」(ゆ かん)を行う意義 ATTENTION No.6 10-11頁 20183                   

   田宮 菜奈子. データ分析で制度の隙間を照らし必要な人へ必要な サービスを 月刊介護保険 N0.263 14-15頁  2018.1                  

   本間 季里. 質の高いサービス提供のために、働く現場の幸福度を高 めたい ATTENTION No.5 10-11頁 201712                    

   田宮 菜奈子. 3回: ヘルスサービスリサーチの実際 〜戦略研究「地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ」成果を中心に〜 Monthly IHEP No.267 1-8頁 20179月 号               

   田宮 菜奈子. 2回: ヘルスサービスリサーチの活用 Monthly IHEP No.266 1-4頁 20178月号                     

   田宮 菜奈子. 1回: ヘルスサービスリサーチとは Monthly IHEP No.265 1-4頁 20177月 号                

   田宮 菜奈子. ヘルスサービスリサーチとの劇的な出会い ATTENTION No.4 8-9頁 20178                           

   田宮 菜奈子. 医療・介護福祉サービスの隙間にデータの光を ATTENTION No.3 8-920175                           

   安藤裕一. 高齢化が進む日本におけるスポーツの担う役割/TheRoleofSportsonAgingSocietymJapan 危機管理研究 25, 23-30 70, 2017             

   田宮菜奈子. 医療と介護・福祉の連携とヘルスサービスリサーチ. 日本老年医学会雑誌. Vol.541pp.22-27 2017                          

   小林洋子, 田宮菜奈子.  聴覚障害のある女性がおかれている境遇を考える・ジェンダー視点からみた聴覚障害と統計 医学のあゆみ, Vol.256(7),  pp.843-845, 2016            

   田宮 菜奈子. 厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業 (政策科学推進研究事業))地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ二次デー タ活用システム構築による多角的エビデンス創出拠点   H27年度総括・分担研究報告書(研究代表者 田宮 菜奈子)2015                   

   田宮菜奈子. 研究への従事:生活と調和した医療を求めて治療,2015-12,Vol.9712,pp.1759-1761        

◆   田宮 菜奈子. ときの人 最新介護経営介護ビジョン 2015年10月

                   

   森山葉子, 田 宮菜奈子. 介護に実態をデータからあきらかにする-ヘルスサービスリ サーチによる介護の科学的評価 週刊医学のあゆみ Vol.255 No.3 241-2 2015      

   森山葉子, 田宮菜奈子.医療・介護・福祉の融合-現場発ヘルスサー ビスリサーチによる地域包括ケアの実現- 地域ケアリング.2015179):52-54             

   宮下裕美子, 田宮菜奈子、本澤巳代子、間辺利江、柏木志保、モゲ ス・アブ・ギルマ、大久保一郎、田中洋子、松田ひとみ.  筑波大学グローバルエイジングセンターの活動地球規模の高齢 社会に向けた国際的・学際的取り組み 高齢者ケアリング学研究会誌. 2014:4(2):33-38                        

   Moges A, Tamiya N, Yamamoto H: Emerging Population Ageing Challenges in Africa: A Case of Ethiopia. Journalof International Health 2014:29(1):11-15.   

  田宮 菜奈子.【特集:介護者支援の国際比較:要介護者と家族を支える取り組みの多様性】特集の趣 旨、   海外社会保障研究、184号、2-3頁、2013.9       

   田宮菜奈子.厚生労働科学研究費補助金(地球規模保健課題推進研究事業)グローバルエイジングへの国境なき挑戦経 験の共有と尊重を支える日本発学際ネット ワークによる提言に関する研究平成24年度総 合・総括・分担研究報告書 研究代表者 田宮菜奈子.2013.5                

   柏木聖代, 田宮菜奈子.【実地医家のための最新・在宅医療実践ガイ ド 入門から最前線まで】 在宅医療を実践しながら身につけること 在宅での安心・安全診療のポイント 在宅医療における感染対策、医療廃棄物の処理、予防接種など. Medical Practice. 30巻臨増 :77-82 (2013.04)                 

   田宮菜奈子. ヘルスサービスリサーチ(最終回):ヘルスサービスリ サーチの現状と今後の我が国における役割. 日本公衆衛生雑誌. 2012;59(12):889-92.              

   松田智行, 田宮菜奈子, 柏木聖代, 加 藤剛平, 野 口晴子. 機能訓 練事業利用者と介護保険サービスとの関係. 日本理学療法学術大会 20110 1294  (2012.04)              

   田宮菜奈子.厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業(政策科 学推進研究事業))福祉・介護サービスの質向上のためのアウトカム評価拠点実 態評価か ら改善へのPDCAサイクルの実現平成23年度総合・総括・分担研究報告書  研究代表者 田宮菜奈 子.2012.3                  

   相崎扶友美, 田宮菜奈子, 柏木聖代, 福 島敬, 須 磨崎亮. 乳幼児の麻 疹ワクチン接種率を上げるには?  個別再勧奨効果の検討. 日本小児科学会雑誌 2011:115(10):1597-1598      

   松澤明美,田宮菜奈子. ヘ ルスサービスリサーチ (14): ケアラーへの支援とヘルスサービスリサーチ . 日本公衆衛生雑誌. 2011;58(9):805-9.                 

   伊藤智子, 田宮菜奈子, 宮石智. ヘ ルスサービスリサーチ (13): 学際的視点から法 医学とHSR― . 日本公衆衛生雑誌. 2011;58(8):634-9.                     

   相崎扶友美,田宮菜奈子,東尚弘, 柏木聖代. ヘルスサービスリサーチ (8). チャイルドヘルスサービスリサーチ. 日本公衆衛生雑誌. 2011;58(3):202-8.               

   加藤剛平, 柏木聖代, 田 宮菜奈子. ヘ ルスサービスリサーチ (7) ヘルスサービスリサーチと介護保険サービス. 日本公衆衛生雑誌. 2011;58(2):133-7.                  

   柏木聖代,田宮菜奈子. ヘ ルスサービスリサーチ(6). 地域ケア活動の評価. 日本公衆衛生雑誌. 2011;58(1):54-7.                        

   田宮菜奈子.厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業(政策科 学推進研究事業))福祉・介護サービスの質向上のためのアウトカム評価拠点実 態評価か ら改善へのPDCAサイクルの実現平成22年度総括・分担研究報告書 研究代表者 田宮菜奈子.2011.3                    

   柏木聖代.【つながる、拡げる、ネットワークする: これからのステーション経営】実践報告: 茨城県での取り組み: ケアマネジャーとのギャップを埋めて訪問看護の利用を増やす. 訪問看護と介護, 16(8): 652-655, 2011.                           

   柏木聖代. ヘルスサービスリサーチ地域ケア活動の評価. 日本公衆衛生雑誌, 58(1): 54-57, 2011.                        

   田宮菜奈子. ヘルスサービスリサーチ (2) ヘルスサービスリサーチの基礎知識. 日本公衆衛生雑誌. 2010;57(7):582-4.                          

   田宮菜奈子. ヘルスサービスリサーチ (1): 連載開始にあたって. 日本公衆衛生雑誌.57(6):491-2,2010.              

   柏木聖代.「訪問看護10カ 年戦略」を実現するために訪問看護師がすべきこと. コミュニティケア, 12(4): 28-29, 2010.                          

   柏木聖代. 【現代社会に求められる看護の専門性】在宅看護の推進を 担う看護師の役割:看護師の専門性を実感するために. Nurse eye, 23(2): 59-71, 2010.                          

   田宮菜奈子.厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業(政策科 学推進研究事業))福祉・介護サービスの質向上のためのアウトカム評価拠点実 態評価か ら改善へのPDCAサイクルの実現平成21年 度総括・分担研究報告書 研究代表者 田宮菜奈子.2010.3                    

   田宮菜奈子. 介護における性差の問題と対策.日本老年医学会雑誌 2008:45(3):274-277.                     

   田宮菜奈子.厚生労働科学研究費補助金 政策科学総合研究事業(政策科 学推進研究事業) 法医剖検事例の公衆衛生学的時系列分析に基づく高齢者孤独死撲滅のた めの実証的予防政策立案(H19-政策-一 般-006)報告書 研究代表者 田宮菜奈子.2008.3                         

   林原好美, 田宮菜奈子.「親 の介護が大変です」介護をめぐる女性の負担と活用できる社 会資源. Medicina. 医 学書院 2007:12.44(13):2321-2326               

   田宮菜奈子. 科学研究費補助金(基盤研究B)研究成果報告書 アウトカム評価に基づく高齢者施設ケアの質の確保システムの構築-TQM(Total Quality Management)による転倒事故予防対策- 研究代表者 田宮菜奈子. 2007.3                

   田宮菜奈子.厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業) 高齢者の望ましい終末期ケア実現のための条件整備に関する研究-介護保険施設における終末期ケアの検討を中心に(H17-長 寿-一般-039)報告書 研究代表者 田宮菜奈子.2007.3                         

   伊勢田暁子, 小谷幸, 上 鶴重美, 柏 木公一, 柏木 聖代, 岡谷恵 子.看護師人員配置を検討するためのデータベースの開発. 看護提供体制と患者アウトカ ムの関係性の文献学的考察. 日本看護管理 学会誌, 9(1): 45-59, 2005.                           

   田宮菜奈子.厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業) 高齢者の望ましい終末期ケア実現のための条件整備に関する研究-介護保険施設における終末期ケアの検討を中心に(H17-長 寿-一般-039)報告書 研究代表者 田宮菜奈子.2006.3                         

   田宮菜奈子. 介護と女性. 荒木葉子編 女性のウェルネス・ガイド (からだの科学;増刊). 日本評論社 2005.11:24-28.                 

   田宮菜奈子.医療と福祉の連携における公衆衛生学の役割.第19期日本 学術会議 予防医学研究連絡委員会報告 衛生学・公衆衛生学の将来展望 Japan Perspectives in Public Health 2005:26-27.                   

   田宮菜奈子, 松澤明美. 介護負担感における性差.性差と医療 2005:2(11):49-54.     

   田宮菜奈子, 松澤明美. 高齢者虐待高 齢者介護と家族の視点から.法律時報 2005:5. 956:55-62.                      

   柏木聖代, 岡谷恵子. ICNPバージョン1概 要について. 看護, 57(10): 54-55, 2005.   

   柏木聖代.ドイツの看護師制度の概要. 医療・看護制度の現状と課題. 世界の労働,2005.

   柏木聖代.タイの看護師制度の概要. 医療・看護制度の現状と課題. 世界の労働,2005.

   柏木聖代, 岡谷恵子, 上 鶴重美, 井 後登史子. 根 拠に基づく看護技術のデータベース化がもたらすもの. 国内におけるEBNデー タベースの開発と今後の課題. インターナショナルナーシングレビュー, 27(5): 40-44, 2004.                           

   柏木聖代.【褥瘡患者管理加算対応 チームで展開する褥瘡ケア】褥瘡対策における診療報酬の改定. 看護, 56(11): 36-37, 2004.                      

   柏木聖代. ICNPをもっと理解するために: リードタームとしてのICNPの可能性. インターナショナル ナーシングレビュー, 27(4): 63-65, 2004.                          

   田宮菜奈子.厚生労働科学研究費補助金(政策科学研究事業) サービス利用モデルを用いた給付実績分析による介護保険政策評価研究(H14-政策-031)報告書 研究代表者 田宮菜奈子.2004.3                  

   田宮菜奈子.訪問看護サービスの役割と質の評価.教育と医学.慶應義塾大学出版 2003: 59-66.                       

   田宮菜奈子.厚生労働科学研究費補助金(政策科学研究事業) サービス利用モデルを用いた給付実績分析による介護保険政策評価研究(H14-政策-031)報告書 研究代表者 田宮菜奈子. 2003.3                

   田宮菜奈子.厚生労働科学研究補助金(情報高度利用研究事業)代表者 橋本秀樹 社会的経済要因が地域健康に及ぼす影響を解明するための保健統計活用に関する研究(H14--統 計-004) 分担報告書 国民生活基礎調査にみる要介護高齢者の状況.2003.3                    

   田宮菜奈子.厚生科学研究費補助金(健康科学総合研究事業)女性の健康寿命のためのホルモン補充療法活用に向けての基礎的・疫 学 的研究(H13-健康 -015) 分担研究報告書ストレスと男女差-介護ストレスと職業性ストレスにおける男女比較.2003.3                

   柏木聖代.訪問看護ステーションと病院間で求められる情報とは.訪問看護と介護, 8(3): 186-190,2003.                

   柏木聖代. 早期退院連携ガイドラインの目的と根拠. 全国調査にみるガイドラインの エビデンス.コミュニティケア, 5(11): 16-20, 2003.                          

   柏木聖代. 特定機能病院における包括評価導入の動向について. 看護, 55(6): 24-26, 2003.                    

   水流聡子, 石垣恭子, 美 代賢吾, 柏 木公一, 柏木 聖代, 高見美 樹. 医療連 携の時代と看護 連携のための方法と課題 連携に必要な情報の精選と電子的手段による共有 現況と展望 病院看護と訪問看護の連携. 看護展望, 27(2): 148-152, 2002.                 

   田宮菜奈子.厚生科学研究費補助金(健康科学総合研究事業)女性の健康寿命のためのホルモン補充療法活用に向けての基礎的・疫 学 的研究(H13-健康 -015) 分担研究報告書 高齢者介護における男女差.2002.3                 

   川越博美、田宮菜奈子. 訪問看護サービス利用者への情報提供のあり 方検討事業. 平成12年度社会 福祉・医療事業団(長寿社会福祉基金)助成事業 研究報告書 2001.                  

   田宮菜奈子. 公的介護保険前後のサービス利用・経済負担の変化とそ の関連要因. 代表 者.荒井由 美子 公的介護保険の導入と介護者の介護負担に関する研究. 厚生科学研究 研究費補助金 長寿科学総合研究事業 平成12年度総括・分担研究報告書 2001:28-32.          

   田宮菜奈子. 高齢者の転倒事故の予防に向けて-老人保健施設におけ る転倒例の分析およびそれに基づく対策設定(QA:Quality AssessmentQI:Quality Improvementの 導入). 15回総合健康推進 財団研究報告書 2001:91-104.                    

   田宮菜奈子. 要介護老人を抱える家族の老人ケアの場所への意志決定 過程家族面接にみる ステイグマ・葛藤の実態―. 明治生命厚生事業団研究助成論文集健康文化6 明治生命厚生事業団 東京 2000:83-88.               

   川越博美、田宮菜奈子、藤村和弘、他12. 介護保険制度下における訪問看護サービスの質の向上・評価に関する研究. 平 成11年度厚生省老人保険事業推進費補助金事業 川越班報告書 2000:54-60:90-93(分担執筆頁).                           

   田宮菜奈子. 米国の高齢者ケア施設管理医認定制度と監査福祉における医療を探る. 日本医事新 報 2000:3978:69-72.             

   田宮菜奈子. 日常の訪問看護業務における継続的な質向上のための対 策―QAQuality AssessmentQIQuality Improvement) の導入. 長寿科学総合研究1997年 度研究報告Vol.7 リハビリテ-ション・看護・介護分野 1999: 386-392.                          

   田宮菜奈子. 訪問看護の質向上のための方策. 厚生省長寿科学総合研究 リハビリテ-ション・看護・介護 七田班 訪問看護の質的向上に関する研究報告書 1998:27-48.    

   田宮菜奈子. 保健事業評価の実際―outcome(結 果)およびprocess(過 程)の評価例. 保健婦雑誌 1998:54:114-119.                    

   田宮菜奈子. 訪問看護ステ-ションにおける医師との連携の実態およ び良好な連携のための要因医 師およびステ-ション双方を対象として. 長寿科学総合研究1996年 度研究報告Vol.7 リハビリテ-ション・看護・介護分野 1997:59-62              

   田宮菜奈子. 訪問看護ステ-ションにおける医師との連携電話調査による実態と問題点. 長寿科 学総合研究1995年度研究報 告Vol.7 リ ハビリテ-ション・看護・介護分野 1996:379-383.               

   田宮菜奈子. 脳血管障害患者の日常生活動作(ADL) の長期予後に影響を及ぼす若年時か らのライフスタイル要因. 第8回総合健康推進財団 研究報告書 1996:91-99.                        

   田宮菜奈子, 荒記俊一, 小林廉毅, 山 下公平, 村 田勝敬, 佐々木 和人, 矢 野栄二. 脳血管障 害患者の利用者の男女差とその要因埼 玉県の脳血管障害者を対象とした疫学調査報告. 厚生の指標 1996:43:16-21.                

   當山典子, 正木礼子, 溝 口和佳子, 小 松恵美子, 岩 戸典子, 田宮 菜奈子. 在 宅痴呆老人の介護負担に及ぼす要因の検討―Visual Analogue Scale (VAS)を 用いて. 26回日本看護学会 地域看護抄録集 1995:100-103.                   

   田宮菜奈子, 庄司宗介. 在宅医療実施上の諸問題の現状と法的対応策の検討わが国の現状および米国 の在宅医療過誤訴訟・法構築との比較分析. 大同生命厚生事業団在宅老人福祉研究助成報 告書 1995:8-9.              

   當山典子, 正木礼子, 吉 留絵理, 内 田ゆかり, 菊 地ツヤ子, 田 宮菜奈子. 在 宅死を可能にする要因の分析. 24回 日本看護学会地域看護抄録集 1993:189-191.                   

   Donald Stewart, 田宮菜奈子, 平野 亙. 患者の権利を守るためにオ-ストラ リア・ヴイクトリア州の試み. 日本医事新報 1993:3627:26-30.                  

   田宮菜奈子. プライマリ・ケアにおける研究方法の実際-疫学手法を 中心に. 日本プラ イマリ・ケア学会誌 1993:16:14-21.                 

   加納克己, 佐々木順子, 大滝純司, 田 宮菜奈子, 吉 沢和朗, 湊孝 治, 茂手木 甲寿夫, 石田久 美子, 林 美代子, 村上茂 樹, 浅野 幸子, 薗部久子. 在宅療養 のための条件整備に関する調査研究事業報告書 1993:17-48.                          

   村上正孝, 田宮菜奈子. 外国人労働者の労働衛生. 医学のあゆみ 1992:160:873-877. 

   Hatano S, Fujita T, Shichita K, Makita F, Tamiya N. A Longitudinal Study on the Elderly in Three Areas inJapan. New Horizons in Aging Science-Proceedings of the Fourth Asia/Oceania Regional. Congress of Gerontology 1992:314-315.                  

   加納克己, 佐々木順子, 大滝純司, 田 宮菜奈子, 吉 沢和朗, 湊孝 治, 茂手木 甲寿夫, 石田久 美子, 林 美代子, 村上茂 樹, 浅野 幸子, 薗部久子. 在宅療養 に関する調査研究事業報告. 茨 城県衛生部保健予防課 1992              

   伊藤幸治, 森田寛, 灰 田美知子, 秋 山一男, 長 谷川眞紀, 村上 正孝, 田 宮菜奈子, 木野稔 也, 高 橋清, 宗田良, 兜真徳, 新田裕史. 成人気管支喘息の成因 に関する研究 公害健康被害補償予防協会委託業務報告書. 国立環境研究所 1991.                       

   田宮菜奈子. 在宅タ-ミナルケア. 臨床成人病 1991:21:1985-1991.             

   七田恵子, 巻田ふき, 鎌 田ケイ子, 大 竹登志子, 籏 野脩一, 大渕 律子, 矢部 弘子, 田宮菜奈 子. 高齢 虚弱者および高齢死亡者に関する調査. 東京都老人総合研究所看護学研究部門 1991.                        

   田宮菜奈子, 荒記俊一. 在宅脳血管障害患者に関する疫学的研究. 医学のあゆみ 1991:157:142.                          

   峰久仁夫, 星 旦二, 徳 留修身, 戸 部敏明, 田宮 菜奈子. 中野 区の成人病の特徴II. 中 野区保健衛生 1990.   

   佐々木 和人, 渡辺 彰, 中村 恵, 水井 尚子, 吉村 哲幸, 岡 清美, 田宮菜奈子.患者のNeedか ら見た地域リハビリテーションの一考察.理学療法学.199017 184    



学会発表


1.    M Morales, T Watanabe, T Abe, N Tamiya :Factors related to length of stay at the emergency room in a Japanese hospital: a stratified analysis by age, updated version  第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
2.    J Gallagher, N Tamiya, K Hanari:Association of Usage of Guidelines Usage for End-of-Life Care with the Practice of Advance Care Planning in Japan 第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
3.    K Hanari1, J Gallagher, N Tamiya :Factors associated with discussing with one’s family on preferences for future medical treatment among older persons.Results from a national questionnaire survey among general population in Japan. 第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
4.    H Ueshima, N Tamiya, A Yozu, H Noguchi, H Takahashi: Kinds of Activity of Daily Living tasks Associated with Long Hours of Informal Care: analysis of the national representative survey in Japan. 第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
5.    X Jin, N Tamiya, H Takahashi, H Noguchi: Place of death and care-need level trajectory in the last 5 years of life第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
6.    Y Moriyama, X Jin, H Takahashi,, T Mayers,H Ueshima, N Tamiya: Which combination of Japanese long-term care insurance care services contribute to preservation or improvement of care-need level? 第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
7.    F Sandoval, N Tamiya: A review of the literature on using long-term care claim data on epidemiological studies in Japan第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
8.    I Nagata, T Abe, M Uchida, N Tamiya: Attitudes towards end-of-life care of elderly critical patient with poor neurological prognosis among medical workers who engage in emergency care and intensive care第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
9.    T Mori, H Takahashi, S Hamada,S Yoshie, N Tamiya: The association of comorbidity with healthcare expenditures using claims data in Japan第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
10.    T Watanabe, T Sugiyama, H Takahashi,H Noguchi, N Tamiya: Married couples' risk of diabetes in Japan: cross sectional study第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
11.    K Yoshida, H Tachikawa, M Aiba,H Midorikawa, T Arai, N Tamiya:A multi-level analysis of geographic variations in sleep disturbances and their correlates among older adults in Japan第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
12.    M Aiba, H Tachikawa, T Watanabe, H Midorikawa, K Yoshida, T Arai, N Tamiya: Relationship between support for the elderly and healthy life expectancy:From the national longitudinal survey第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
13.    N Kuroda, S Hamada, N Sakata, B Jeon,K Iijima, S Yoshie, T Ishizaki, N Tamiya: Antipsychotics use among people with dementia aged 75 years or older in Japan: a new population-based estimation based on medical and long-term care data第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
14.    森本 健太, 楠本 諭史, 田宮 菜奈子:子どもへの健康教育を通じた医療・健康問題へのアプローチ 第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018年7月7日 茨城県つくば市(ポスター)
15.    H. Kim, N. Tamiya, B. Jeon, H. Hashimoto  Recent Reforms for the Coverage and Sustainability of the Public Long-term Care Insurances in Japan and South Korea
EuHEA2018(12th European Conference on Health Economics) 11-14July 2018  MECC Maastricht Netherlands
16.    佐藤 幹也、田宮 菜奈子、高橋 秀人、野口 晴子:在宅や施設で介護されている要介護者はどこで死亡するのか? 第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大 会, 2018.6.16~17(発表日6.17) 三重(口頭)
17.    浜田 将太、小島 太郎、佐方 信夫、田宮 菜奈子、大河内 二郎、秋下 雅弘.介護老人保健施設入所者の薬剤費の詳細分析:入所者特性との関連.第2回日本 老年薬学会学術大会.東京.2018年5月12日、13日.
18.    山崎 雪恵, 田宮 菜奈子, 山本 秀樹, 谷口 香, 三浦 雅布, 宮石 智. 岡山県における5歳未満の不慮の事故死の特徴. 第34回日本法医学会学術中四国地方集会, 2017. 10, 6松山
19.    山崎 雪恵, 田宮 菜奈子, 山本 秀樹, 宮石 智. 岡山県における用水路での死亡事故の特徴. 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10, 31 鹿児島
20.    渡邉 多永子、田宮 菜奈子、川村 顕、高橋 秀人、野口 晴子: 都道府県別の「境界期健康寿命」および地域指標 との関連 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10,31~11.02(発表日10.31) 鹿児島(ポスター)
21.    植嶋 大晃、田宮 菜奈子、高橋 秀人、野口 晴子: 市区町村別の重度要介護高齢者の在宅日数および 関連する地域特性 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10,31~11.02(発表日11.01) 鹿児島(ポスター)
22.    塚崎 栄里子、植嶋 大晃、谷口 雄大、泉田 信行、田宮 菜奈子:全国市区町村別にみた老人ホーム死の割合と地域 特性に関する研究 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10,31~11.02(発表日11.01) 鹿児島(ポスター)
23.    サンドバール フェリーぺ、 田宮 菜奈子、野口 晴子、川村 顕: Cost difference by using rehabilitation services in long-term care claim data 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10,31~11.02(発表日11.01) 鹿児島(ポスター)
24.    嶋藤 菜摘、伊藤 智子、田宮 菜奈子 : 健康寿命の定義及び介護予防政策に関するレビュー 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10,31~11.02(発表日11.01) 鹿児島(ポスター)
25.    高橋 秀人、植嶋 大晃、田宮 菜奈子、川村 顕、野口 晴子、松本 吉央 : 介護レセプトデータを用いた在宅期間の指標化- 打ち切りを考慮した検討- 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10,31~11.02(発表日11.01) 鹿児島(ポスター)
26.    松田 智行、田宮 菜奈子、中野 寛也、植嶋 大晃 : 地域課題の類型化にむけた PDCA サイクルを用 いた地域ケア会議の実施方法 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10,31~11.02(発表日11.01) 鹿児島(ポスター)
27.    泉田 信行 田宮 菜奈子 : 介護老人保健施設におけるターミナルケア加算算 定の関連要因について 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10,31~11.02(発表日10.31) 鹿児島(口演)
28.    伊藤 智子 田宮 菜奈子 高橋 秀人: 日本における主家族介護者による家族介護の機会 費用の推定 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10,31~11.02(発表日10.31) 鹿児島(口演)
29.    佐藤 幹也 田宮 菜奈子 高橋 秀人 野口 晴子: 介護保険レセプトを用いた介護の場所別死亡率の推計 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017. 10,31~11.02(発表日11.01) 鹿児島(口演)
30.    M Morales, T Watanabe, T Abe, T Ito, F Sandoval, N Tamiya : Predictors Of Length Of Stay At The Emergency Room In A Japanese Hospital, 日本臨床疫学会第1回年次学術大会, 2017.10.1(ポスター)
31.    谷口 雄大, 植嶋 大晃, 全 保永, 伊藤 智子, 田宮 菜奈子. 全国市区町村別にみた自宅死の割合と地域特性―厚生労働省「在宅医療にかかる地域別データ集」による分析, 日本臨床疫学会第1回年次学術大会, 2017.9.30(ポスター)
32.    H Ueshima, N Tamiya :Factors associated with hours of informal caregiving: a literature review, The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
33.    T Monma, F Takeda , H Noguchi , H Takahashi , N Tamiya :The duration difference of exercise or sports activities by presence of others among middle-aged adults in Japan,  The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
34.    Y Moriyama, T Watanabe, T Ito, M Luptak, N Tamiya : Comparing the cost of home care services with unplanned institutional respite care and facility care services in view of the opportunity cost of caregivers, The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
35.    K Hanari, N Tamiya: Systematic review of impact of advance care planning on cost and quality of life, The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
36.    X Jin, N Tamiya,B Jeon, Y Moriyama, J Ohkouchi: Development of a satisfaction survey in Long term care health facilties in Japan based on the Ohio Department of Aging-Resident Satisfaction Survey, The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
37.    T Watanabe, N Tamiya, A Kawamura, H Takahashi, H Noguchi: Boundary phase of healthy life expectancy by municipality and its related factors in Japan, The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
38.    N Shimafuji, T Ito, N Tamiya : The Incidence of Care-Level Deterioration Compared to Preventive Service Use in a City, The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
39.    B Jeon, N Tamiya, H Takahashi, X Jin, H Noguchi :  Sampling design of register-based long-term care insurance datasets, The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
40.    L Pei, T Watanabe, N Tamiya: Factors related to reasons for not using LTCI services among the Japanese elderly, The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
41.    N Izumida, N Tamiya, J Ohkouchi, K Higashi:The Bereaved Family's Fluctuation of Decision-Making and Related Factors on Terminal Care in Facility Care Settings in Japan,   The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
42.    M Morales, T W, T Abe, N Tamiya: Factors related to length of stay at the emergency room in a Japanese hospital: a stratified analysis by age  The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
43.    M Kawabe, N Tamiya:  A review on inspection systems of institutional care settings among OECD countries, The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
44.    S Hamada, H T, N Sakata, B Joen, K Iijima, S Yoshie, T Ishizaki, N Tamiya: Household income and medical and long-term care services use in older people in Japan: a cohort study using administrative data, The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2017, Tsukuba, 2017.9.27(ポスター)
45.    翠川 晴彦、太刀川 弘和、新井 哲明、髙橋 秀人、田宮 菜奈子 国民生活基礎調査に基づいた高齢者の飲酒実態の把握 日本アルコールアディクション医学会  神奈川(パシフィコ横浜)2017.9.8~9(発表日: 9. 9)(口演)
46.    K Hanari, N Tamiya, J Hamano, M Kashiwagi, A Oishi, M Saito, E Kashiwagi,T Mayers,
Regional sense of security of cancer care as a factor associated with the preferred place of death: Results of a questionnaire survey of a general population in one region of Japan
Asia Pacific Hospice Conference 2017  Singapore 2017-07-26(ポスター)
47.    J Gallagher, N Tamiya , A Suzuki A, T Ishikawa T, F Sandoval :老人保健施設入所時の事前意思表示における延命希望の要因 第22回日本緩和医療学会学術大会 パシフィコ横浜 2017.06.23~24
48.    光武 誠吾、石崎 達郎、田宮 菜奈子:入院でリハビリテーションを利用した高齢者における療養場所移行パターンの実態、第52回日本理学療法学術大会(理学 療法学Supplement 2016(0) p.1386、doi: 10.14900/cjpt.2016.1386)、東京、2017.5.12-14(ポスター)
49.    M. Sato, N. Tamiya, T. Ito, M. Tsutsumi, H. Takahashi, H. Noguchi : A health system research: comparison of formal and informal time of long-term care for the frail elderly in Japanese community, The 8th Annual Conference of Japan Primary Care Association, 2017, Takamatsu, Japan, 2017.5.13-14 (Poster)
50.    N. Tamiya: Health Services Research : Analysis of care service based on big data, Japan-NZ Collaboration Workshop - Technologies for Elder Care, 2017, Sofitel Auckland, Auckland, NZ, 2017.3.2-3
51.    N. Tamiya: Health Services Research Based on Long-Term Care Insurance in Japan: Service Use and Quality of Care, Gerontological Societh of America (GSA) Annual Scientific Meeting, 2016, New Orleans Marriott and Sheraton New Orleans, New Orleans, Louisiana, 2016.11.16-20
52.    Y. Moriyama, N. Tamiya, M. Luptak: Enhancing Flexible Care in Japan to Support Family Caregivers at Home and Cost-Effectiveness, GSA Annual Scientific Meeting, 2016, New Orleans Marriott and Sheraton New Orleans, New Orleans, Louisiana, 2016.11.16-20
53.    F. Sandoval, N. Tamiya, H. Noguchi: Factors Associated to Self-Perceived Discrimination Among Community-Dwelling Older Adults in Chile, GSA Annual Scientific Meeting, 2016, New Orleans Marriott and Sheraton New Orleans, New Orleans, Louisiana, 2016.11.16-20
54.    T. Abe, M. Uchida, I. Nagata, D. Saitoh, N. Tamiya: Resuscitative Endovascular Balloon Occlusion of the Aorta versus Aortic Cross Clamping Among Patients With Critical Trauma, A Nationwide Cohort Study in Japan, AHA ReSS, 2016 (Best Abstract Award), New Orleans, Louisiana, 2016.11.12-16(発表日:11.12), (Oral)
55.    J. Gallagher, N. Tamiya, A. Suzuki, T. Ishikawa:Family involvement in advance directives at a Long-Term Care Facility in Japan, 第75回日本公衆衛生学会総会, 2016, 大阪, 2016.10.26-28(発表日:10.26)(ポスター) 
56.    門間 貴史、武田 文、野口 晴子、高橋 秀人、田宮 菜奈子:高齢者の活動制限に関連する要因―健康寿命の長い地域と短い地域の相違、第75回日本公衆衛生 学会総会、2016、大阪、2016.10.26-28(発表日:10.28)(ポスター)
57.    内田 雅俊、阿部 智一、田宮 菜奈子:介護施設から救急搬送された重症患者の終末期意思決定、第75回日本公衆衛生学会総会、2016、大阪、 2016.10.26-28(発表日:10.27)(ポスター) 
58.    B. Jeon, N. Tamiya, T. Ishizaki, X. Jin, A. Kawamura: Acute hospital admissions among the long-term care facility residents, 第75回日本公衆衛生学会総会, 2016, 大阪, 2016.10.26-28(発表日:10.27)(ポスター) 
59.    X. Jin, N. Tamiya, B. Jeon, A. Kawamura, F. Sandoval, H. Takahashi, H. Noguchi: Facility factors associated with care level deterioration in nursing homes, 第75回日本公衆衛生学会総会, 2016, 大阪, 2016.10.26-28(発表日:10.27)(ポスター) 
60.    伊藤 智子、田宮 菜奈子、野口 晴子、高橋 秀人:脳血管障害による重度要介護者における在宅療養の特徴−国民生活基礎調査、第75回日本公衆衛生学会総 会、2016、大阪、2016.10.26-28(発表日:10.27)(ポスター)
61.    小竹 理奈、田宮 菜奈子、泉田 信行、大河内 二郎:老人保険施設における看取りの遺族満足度と施設の管理医属性および説明体制との関連、第75回日本公衆 衛生学会総会、2016、大阪、2016.10.26-28(発表日:10.27)(ポスター)
62.    松田 智行、田宮 菜奈子、伊藤 智子、植嶋 大晃、山岡 祐衣、成島 淨、渡辺 拓自:地域ケア会議におけるPDCAサイクル構築に向けた新たな記録様式の 活用、第75回日本公衆衛生学会総会、2016、大阪、2016.10.26-28(発表日:10.28)(ポ スター)
63.    植嶋 大晃、伊藤 智子、川村 顕、松本 吉央、野口 晴子、森山 葉子、田宮 菜奈子:重度介護認定者の在宅期間の指標化に向けた全国介護レセプトデータに よる予備的検討、第75回日本公衆衛生学会総会、2016、大阪、2016.10.26-28(発表 日:10.28)(ポスター)
64.    高橋 秀人、植嶋 大晃、田宮 菜奈子、川村 顕、野口 晴子、松本 吉央:レセプトデータを用いた在宅期間の指標化-観察期間による打ち切りに関する検討 -、第75回日本公衆衛生学会総会、2016、大阪、2016.10.26-28(発表日:10.28)(ポス ター)
65.    川村 顕、田宮 菜奈子、泉田 信行、高橋 秀人、野口 晴子:介護予防給付の介護費用における効果-全国レセプトを用いて、第75回日本公衆衛生学会総会、 2016、大阪、2016.10.26-28(発表日:10.28)(ポスター)
66.    泉田 信行、田宮 菜奈子、川村 顕、野口 晴子:病院死亡高齢者の入院期間の時系列推移の検討、第75回日本公衆衛生学会総会、2016、大阪、 2016.10.26-28(発表日:10.28)(ポスター)
67.    佐藤 幹也、田宮 菜奈子、堤 円香、伊藤 智子、野口 晴子:介護報酬レセプトを用いた在宅介護サービスによるフォーマルケア時間の推計、第75回日本公衆 衛生学会総会、2016、大阪、2016.10.26-28(発表日:10.28)(ポスター)
68.    阿部 計大、小林 廉毅、川村 顕、野口 晴子、高橋 秀人、田宮 菜奈子:全国介護給付費実態調査を用いた訪問診療を3ヶ月以上継続できる要因の研究、第 75回日本公衆衛生学会総会、2016、大阪、2016.10.26-28(発表日:10.27)(口説)
69.    宮脇 敦士、冨尾 淳、小林 廉毅、高橋 秀人、野口 晴子、田宮 菜奈子:家族介護者の冠動脈疾患発症リスク、第75回日本公衆衛生学会総会、2016大 阪、2016.10.26-28(発表日:10.28)(口説)
70.    田宮 菜奈子、高橋 秀人、野口 晴子、石崎 達郎、谷原 真一、杉山 雄大:地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ:「戦略研究」の研究成果と社 会実装、第75回日本公衆衛生学会総会、2016、大阪、2016.10.26-28(発表日:10.27) (シンポジウム)
71.    T. Mori, N. Tamiya, B. Jeon, X. Jin, S. Yoshie, T. Ishizaki: Estimated costs of hip fractures using claims data including both medical and long term care, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
72.    T. Ito, N. Tamiya, H. Noguchi, H. Takahashi, E. Ichikawa, A. Matsumura: Predictors for Long-term Care Cost among Cerebrovascular Disease Patients at Home, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
73.    B. Jeon, N. Tamiya, X. Jin, S. Yoshie, T. Ishizaki: Does the “Discharge Conference” have impact on the length of stay in community among older adults?, Evidence from a suburban city in Japan, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
74.    X. Jin, N. Tamiya, B. Jeon, A. Kawamura, H. Takahashi, H. Noguchi: Resident- and Facility-level characteristics associated with care level deterioration in Long term care health facility for the elderly in Japan, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
75.    H. Ueshima, N. Tamiya, H. Takahashi, H. Noguchi: The Relationship Between Types of Daily Living Assistance for Elderly and Long Hours of Informal Care, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
76.    T. Monma, F. Takeda, H. Noguchi, H. Takahashi, N. Tamiya,: Leisure activities effect on ADL of middle-aged adults in Japan, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
77.    N. Shimafuji, T. Ito, Y. Yamaoka, N. Tamiya: Factors related to usage of the preventive care services among the persons certified for support in Tsukuba-city, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
78.    M. Morales, T. Ito, T. Abe, N. Tamiya: Global Approach of Quality Indicators in the Emergency Room, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
79.    J. Gallagher, N. Tamiya: Access to Specialised Palliative Care Services in Japan: An Overview, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
80.    M. Aiba, S. Nakamine, H. Tachikawa, S. Takahashi, N. Tamiya: Development of social capital index from national longitudinal survey, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
81.    S. Nakamine, M. Aiba, H. Tachikawa, S. Takahashi, N. Tamiya: How social capital affects depressive state of middle-aged adults?, The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2016, Tsukuba, 2016.9.19(口説)
82.    B. Jeon, H. Noguchi, S. Kwon, T. Ito, N. Tamiya: Disability, Poverty, and Role of the Basic Livelihood Security System on Health Services Utilization among the Elderly in South Korea, 医療経済学会第11回研究大会, 2016, 早稲田大学, 2016.9.3
83.    R. Fu, H. Noguchi, A. Kawamura, H. Takahashi, N. Tamiya: Spillover Effect of Japanese Long-Term Care Insurance as an Employment Promotion Policy for Caregivers, 医療経済学会第11回研究大会, 2016, 早稲田大学, 2016.9.3
84.    F. Sandoval, H. Noguchi, A. Kawamura, N. Tamiya: Use of rehabilitation care services and the reduction of long-term care spending using Japanese national long term care insurance claim dat, 医療経済学会第11回研究大会, 2016, 早稲田大学, 2016.9.3
85.    高橋 秀人、田宮 菜奈子:英国における"ゼロからの出発(ZBR)"によるソーシャルケア改善のアプローチ、第64回日本福祉学会、2016, 佛教大学, 2016.9.11(口説)
86.    阿部 計大、小林 廉毅、川村 顕、野口 晴子、高橋 秀人、田宮 菜奈子:全国介護給付費実態調査を用いた訪問診療と併用される介護サービスの記述研究、第 7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会、2016, 浅草ビューホテル, 2016.6.11-12(発表日:6.12)(口説)
87.    山岡 祐衣、渡辺 章充、宮園 弥生、田中 竜太、田宮 菜奈子、須磨 崎亮:茨城県における超重症児・準超重症児の医療利用状況について、第119回日本小 児科学会学術集会、2016, ロイトン札幌, 2016.5.13-15
88.    T. Abe, N. Tamiya, I. Ngata, M. Uchida, Y. Yamaoka: Out-of-hospital cardiac arrest (OHCA) in centenarians in Japan, Society of Critical Care Medicine's 45rd Critical Care Congress, 2016, Orlando, Florida, 2016.2.20-24
89.    中里 佳央、佐久間 淳、川村 顕、田宮 菜奈子:介護レセプトデータに対する横断的特徴選択による介護サービスの評価、第18回情報論的学習理論ワーク ショップ、2015、つくば国際会議場、2015.11.25-28(ポスター)
90.    S. Kashiwagi, F. Sandoval, N. Tamiya: Caregivers situation and care burdens, Using LTOP Baseline Survey in Thailand, International Association of Gerontology and Geriatrics, 2015, Chiang Mai, Thailand, 2015.10.19-22
91.    N. Izumida, N. Tamiya, K. Takamuku, J. Ohkouchi, K Higashi: Factors associated with satisfaction of bereaved family for end of life in institutional settings based on the survey data in geriatric health services facilities in Japan, International Association of Gerontology and Geriatrics, 2015, Chiang Mai, Thailand, 2015.10.19-22
92.    川村 顕、田宮 菜奈子、泉田 信行、植嶋 大晃、森山 葉子:全国介護レセプトデータを用いた介護保険施設における経管栄養者の経口移行の実態、第74回日 本公衆衛生学会学術総会、2015、長崎ブリックホール、2015.11.4-6(発表日:11.6)(口説)
93.    宮田 澄子、田宮 菜奈子、金 雪瑩、森山 葉子、柏木 聖代:湯灌とターミナルケアー施設における死後のケアの意味、第74回日本公衆衛生学会学術総会、 2015、長崎ブリックホール、2015.11.4-6(発表日:11.6)(口説)
94.    森山 葉子、田宮 菜奈子、川村 顕、山岡 祐衣、野口 晴子:在宅高齢者の短期入所(ショートステイ)利用有無と特別養護老人ホーム入所との関連、第74回 日本公衆衛生学会総会、2015、長崎ブリックホール、2015.11.4-6(発表日:11.4)(口説)
95.    山岡 祐衣、田宮 菜奈子、森山 葉子、野口 晴子:障害を持つ子どもを育てるということ―母親の精神的健康と就労機会との関連、第74回日本公衆衛生学会総 会、2015、長崎ブリックホール、2015.11.4-6(発表日:11.4)(口説)
96.    佐藤 幹也、田宮 菜奈子、森山 葉子、野口 晴子:症状・悩み・受療疾患とこころの不調のリスク、第74回日本公衆衛生学会総会、2015、長崎ブリック ホール、2015.11.4-6(発表日:11.4)(口説)
97.    渡邊 多永子、田宮 菜奈子、山岡 祐衣、森山 葉子、野口 晴子、中村 文明、豊川 智之、小林 廉毅:家族介護が女性の就労に与える影響、第74回日本公衆衛生学会総会、2015、長崎ブリックホール、 2015.11.4-6(発表日:11.5)(口説)
98.    泉田 信行、田宮 菜奈子、森山 葉子、野口 晴子:全国介護保険レセプトを用いた介護老人福祉施設における看取りの現状の検討、第74回日本公衆衛生学会総 会、2015、長崎ブリックホール、2015.11.4-6(発表日:11.6)(口説)
99.    F. Sandoval, N. Tamiya, H. Noguchi: Depression among Older Caregivers Living in Households Affected by HIV in a Rural District of South Africa, 第30回日本国際保健医療学会学術大会, 2015、金沢大学、2015.11.21-22
100.    F. Sandoval, N. Tamiya, H. Noguchi: The Relationship of Care and Depressive Symptoms on Older People in South Africa, 第3回CGAT国際会議, 2015, つくば国際会議場, 2015.9.30(口説)
101.    F. Sandoval, N. Tamiya, H. Noguchi: The Elderly and Child Care, The Relation between Informal Care Provision and Major Depressive Disorder among Rural Elderly People in South Africa, 第5回日独国際会議, 2015, 国際会議, 2015.10.24
102.    N. Izumida, N. Tamiya, K. Takamuku, J. Ohkouchi, K. Higashi: Factors associated with satisfaction of bereaved family for end of life in institutional settings based on the survey data in geriatric health services facilities in Japan, International Association of Gerontology and Geriatrics, 2015, Chiang Mai, Thailand, 2015.10.19-22(🈘説)
103.    S. Kashiwagi, F. Sandoval, N. Tamiya: Caregivers situation and care burdens: Using LTOP Baseline Survey in Thailand, International Association of Gerontology and Geriatrics, 2015, Chiang Mai, Thailand, 2015.10.19-22(口説)
104.    S. Ozawa, F. Takeda, T. Monma, M. Abe, N. Furutani, N. Tamiya: Age differences in psychosocial factors of work engagement among company employees, The 3rd International Conference on Global Aging, 2015, Ibaraki, Japan, 2015.9.30(口説)
105.    Y. Yamaoka, N. Tamiya, H. Noguchi: Mental health of caregivers with disabled children and related characteristics: based on the nation-wide survey, 第25回日本疫学会学術総会, 2015, ウインクあいち, 2015.1.21-23
106.    森山 葉子、田宮 菜奈子、高橋 秀人:在宅介護者の介護継続に必要とされる緊急ショートステイ-緊急ショートステイ利用による施設入所回避の経済効果-、日 本社会福祉学会 第62回秋季大会、2014、早稲田大学、2014.11.29-30
107.    田宮 菜奈子、高橋 秀人、麻生 英樹、柏木 聖代、佐藤 幹也、泉田 信行、森山 葉子、松本 吉央、野口 晴子:介護老人福祉施設における軽度要介護者の 入所中止政策に向けてー性別にみた実態把握、第73回日本公衆衛生学会総会、2014、栃木県総合文化セン ター、2014.11.5-7
108.    山岡 祐衣、藤原 武男、田宮 菜奈子:母親の産後うつと4ヵ月時までにおける乳児の事故との関連、第73回日本公衆衛生学会総会、2014、栃木県総合文化 センター、2014.11.5-7
109.    小林 洋子、田宮 菜奈子、大杉 豊:聴覚障害の障害発生年齢による健康状態及びサービスへのアクセス違い~全国調査から~、第73回日本公衆衛生学会総会、 2014、栃木県総合文化センター、2014.11.5-7
110.    阿部 智一、森山 葉子、田宮 菜奈子:高齢者の慢性腰痛における代替医療の現状、第73回日本公衆衛生学会総会、2014、栃木県総合文化センター、 2014.11.5-7
111.    永田 功、阿部 智一、中田 善規、田宮 菜奈子:神奈川県川崎市における重症以上救急搬送患者の30分以上の現場滞在時間と関連する因子の検討、第73回日 本公衆衛生学会総会、2014、栃木県総合文化センター、2014.11.5-7
112.    泉田 信行、田宮 菜奈子、野口 晴子:震災前後における東北地方の居宅介護サービス利用者の要介護度重度化等の実態、第73回日本公衆衛生学会総会、 2014、栃木県総合文化センター、2014.11.5-7
113.    高橋 秀人、田宮 菜奈子、麻生 英樹、森山 葉子、泉田 信行、野口 晴子、柏木 聖代、佐藤 幹也、松本 吉央、馬 恩博:わが国の一人あたり介護サービ ス利用点数-全国「介護給付費調査」の個票データより-、第73回日本公衆衛生学会総会、2014、栃木県総合 文化センター、2014.11.5-7
114.    佐藤 幹也、田宮 菜奈子、麻生 英樹、柏木 聖代、泉田 信行、森山 葉子、高橋 秀人、松本 吉央、野口 晴子:通所介護の介護報酬に係る政策と在宅介護 サービス利用状況との関連について、第73回日本公衆衛生学会総会、2014、栃木県総合文化センター、 2014.11.5-7
115.    柏木 聖代、田宮 菜奈子、野口 晴子:支給限度額の範囲内での訪問看護の利用実態 全国介護レセプトによる分析から、第73回日本公衆衛生学会総会、2014、栃木県総合文化センター、2014.11.5-7
116.    杉山 雄大、田宮 菜奈子、涌井 智子、柴山 大賀、森山 葉子、山岡 祐衣、野口 晴子:被介護者の要介護度と同居主介護者の健診受診率との関連、第73回 日本公衆衛生学会総会、2014、栃木県総合文化センター、2014.11.5-7
117.    柏木 志保、F Sandoval、田宮 菜奈子:高齢者介護に携わる介護者の抑うつとその関連要因―インドネシアの全国的な調査から―、第55回日本熱帯医学会大会・第29回日本国際保 健医療学会学術大会、2014、東京女子医科大学、2014.11.1-3
118.    F. Sandoval, N. Tamiya, P. Lloyd-Sherlock: The relation of depression with health behaviors and social conditions of dependent community-dwelling older persons in the Republic of Chile, from a nationwide survey, 第55回日本熱帯医学会大会・第29回日本国際保健医療学会学術大会合同大会, 2014, 東京女子医科大学, 2014.11.1-3
119.    阿部 智一、田宮 菜奈子、北原 多佳子、長谷川 圭紀、徳田 安春:超高齢救急患者のポリファーマシー、第42回日本救急医学会総会・学術集会、2014、 福岡国際会議場、2014.10.28-30
120.    F. Sandoval, N. Tamiya, P. Lloyd-Sherlock: The relation between burden of care and health-related quality of life of caregivers of community dwelling elderly people in Chile, The 2nd International Conference on Global Aging Tsukuba (CGAT), 2014, つくば国際会議場, 2014.9.29
121.    S. Kashiwagi, N. Tamiya: Factors Associated with Self-Rated Health for Older People in the Philippine, The 2nd International Conference on Global Aging Tsukuba(CGAT), 2014, つくば国際会議場, 2014.9.29
122.    山岡 祐衣、田宮 菜奈子、藤原 武男、山崎  雪恵、谷口 香、宮石 智:継続的にネグレクトの経過が認められた死亡事例5例の法医公衆衛生的考察、第6回 日本子ども虐待医学研究会学術集会、2014、エル・おおさか、2014.7.12-13
123.    N. Tamiya, M. Kashiwagi, H. Takahashi, H. Noguchi: Descriptive analysis of service use covered by long-term care insurance in Japan –based on population-based claims data, Health Services Research: Evidence-based practice, 2014, London, UK, 2014.7.1-3
124.    T. Abe, N. Tamiya, T. Kitahara, Y. Hasegawa, Y. Tokuda: Polypharmacy as a risk factor for hospital admission among elderly using emergency transport, Health Services Research: Evidence-based practice, 2014, London, UK, 2014.7.1-3
125.    田宮 菜奈子:介護保険レセプトを用いたヘルスサービスリサーチ、第12回日本予防医学会学術総会(特別企画)、2014、日本科学未来館、 2014.6.28-29
126.    田宮 菜奈子:グローバル・エイジング―ヘルスサービスリサーチの視点から―、日本人口学会第66回大会 企画セッション「カイロ会議から20年」、2014、明治大学、2014.6.13-15
127.    I. Nagata, T. Abe, Y. Nakata, N. Tamiya: The factors related to prolonged on-scene times for emergency medical services (EMS) to transfer critical patients in an urban city, the 15th International Conference on Emergency Medicine, 2014, Hong Kong,214.6.11-14
128.    Y. Moriyama, N. Tamiya, A. Kamimura, M. Luptak: Doctor’s opinion papers in long-term care need certification in Japan, Differences between clinics and advanced treatment hospital settings, The University of Utah Center on Aging 8th Annual Research Retreat, 2014, Salt Lake City, UT, 2014.3.24-25
129.    F. Sandoval, N. Tamiya, M. Kashiwagi, S. Miyata, J. Okochi, K. Takamuku, P. Lloyd-Sherlock: Adverse events and Physical Decline at Geriatric Health Services Facilities in Japan: A multilevel analysis, The University of Utah Center on Aging 8th Annual Research Retreat, 2014, Salt Lake City, UT, 2014.3.24-25
130.    Y. Moriyama, N. Tamiya, N. Kawachi: Factors related to the subjective well-being by gender in middle age people – Tsukuba aging survey, The 1st International Conference on Global Aging Tsukuba(CGAT), 2014, つくば大学, 2014, 2014.1.24
131.    F. Sandoval, N. Tamiya, P. Lloyd-Sherlock: The relation between perceived social support on depression of carers of community-dwelling elderly people from a nationwide survey in the Republic of Chile, The 1st International Conference on Global Aging Tsukuba(CGAT), 2014, つくば大学, 2014.1.24
132.    Y. Miyashita, N. Tamiya: Population aging and care burden of the family in Asia, The 1st International Conference on Global Aging Tsukuba(CGAT), 2014, つくば大学, 2014, 2014.1.24
133.    W. Riabroi, N. Tamiya, Y. Wagatsuma: The utilization of healthcare services among rural elderly in North Thailand, The 1st International Conference on Global Aging Tsukuba(CGAT), 2014, つくば大学, 2014, 2014.1.24
134.    T. Manabe, A. Higera, M. Vazquez, E. Martinez, L. Ramos, S. Izumi, J. Takasaki, N. Tamiya, K. Kudo: Age- and Socioeconomic-related Risk Factors for Hospitalized Pneumonia due to Influenza A(H1N1)pdm09 in Mexico, The 1st International Conference on Global Aging Tsukuba(CGAT), 2014, つくば大学, 2014, 2014.1.24
135.    田宮 菜奈子:本の高齢化と幸福 日本の公的介護保険政策からの教訓 そして沖縄では?、第28回日本国際保健医療学会 市民公開講座「沖縄から世界の健康長寿社会を考える」、2013、名桜大学、2013.11.2-4
136.    伊藤 智子、田宮 菜奈子、柏木 聖代:要介護高齢者における死亡前1年間の生活場所と要介護度の変化、第72回日本公衆衛生学会総会、2013、三重県総合 文化センター、2013.10.23-25
137.    森山 葉子、田宮 菜奈子:介護支援専門員の負担感および就業意向に関わる特徴-つくば市調査から、第72回日本公衆衛生学会総会、2013、三重県総合文化 センター、2013.10.23-25
138.    サンドバールフェリーペ、田宮 菜奈子:老人保健施設入所者における有害事象と機能低下の関係‐全国86施設の縦断調査から、第72回日本公衆衛生学会総会、 2013、三重県総合文化センター、2013.10.23-25
139.    河内 宣之、田宮 菜奈子、堤 春菜、松田 智行、森山 葉子:中高年者における男女別にみた主観的幸福度に関連する要因-つくば市調査から、第72回日本公 衆衛生学会総会、2013、三重県総合文化センター、2013.10.23-25
140.    山崎 雪恵、宮石 智、山本 秀樹、田宮 菜奈子、宮石 智:岡山県内における5歳未満の不慮の事故死の実態 人口動態統計と法医学情報の解析、第72回日本公衆衛生学会総会、2013、三重県総合文化センター、 2013.10.23-25
141.    F. Sandoval, N. Tamiya, P. Lloyd-Sherlock: The relation between perceived socialsupport on depression of carers of community-dwelling elderly people from a nationwide survey in the Republic of Chile, 第28回日本国際保健医療学会, 2013、名桜大学、2013.11.2-4
142.    泉田 信行、田宮 菜奈子:「医療・介護レセプトの連結データによる健康寿命の算出」、日本人口学会第65回大会、2013、札幌市立大学芸術の森キャンパ ス、2013.6.1-2
143.    山崎 雪恵、田宮 菜奈子、宮石 智:岡山県における未成年の不慮の事故死亡例についての統計的考察、第97次日本法医学会全国学術集会、2013、ロイトン 札幌、2013.6.26-28
144.    P. Olivares-Tirado, N. Tamiya, M. Kashiwagi: Institutional Long-term Care Expenditures & Proximity to Death in Japan, Third International Conference on Health, Wellness and Society, 2013, Sao Paulo, Brazil, 2013.3.15-16
145.    香田 泰子、武田 文、門間 貴史、茨木 尚子、田宮 菜奈子、千綿 かおる、水上 勝義、朴峠 周子:身体障害者施設職員のメンタルヘルスと日常業務-(第 一報)日常業務およびストレスの状況-、第77回日本民族衛生学会総会、2012、東京大学、 2012.11.16-17
146.    朴峠 周子、武田 文、門間 貴史、茨木 尚子、田宮 菜奈子、千綿かおる、水上勝義、香田泰子:身体障害者施設職員のメンタルヘルスと日常業務-(第二報) 抑うつと日常業務ストレッサーとの関連-、第77回日本民族衛生学会総会、2012、東京大学、 2012.11.16-17
147.    門間 貴史、武田 文、田宮 菜奈子、茨木 尚子、千綿 かおる、水上 勝義、朴峠 周子、香田 泰子:身体障害者施設職員のメンタルヘルスと日常業務-(第 三報)仕事満足感と日常業務ストレッサーとの関連-、第77回日本民族衛生学会総会、2012、東京大学、 2012.11.16-17
148.    M. Abu, N. Tamiya, H. Yamamoto: Emerging Population Ageing Challenges in Africa: a Case of Ethiopia, 第27回日本国際保健医療学会学術大会, 2012, 岡山大学, 2012.11.3-4
149.    Y. Miyashita, N. Tamiya: Overview on population aging and socio-demographic characteristics in Asia, 第27回日本国際保健医療学会学術大会, 2012, 岡山大学, 2012.11.3-4
150.    F. Sandoval, N. Tamiya, P. Olivares-Tirado: Overview on population aging and socio-demographic characteristics in Latin America, 第27回日本国際保健医療学会学術大会, 2012, 岡山大学, 2012.11.3-4
151.    N. Kuramoto, N. Tamiya: Literature Review, Caregiving for the Demantia Elderly among Ethnig Groups in the U.S., 第27回日本国際保健医療学会学術大会, 2012, 岡山大学, 2012.11.3-4
152.    柏木 聖代、田宮 菜奈子、高橋 秀人、菊池 潤、佐藤 幹也、伊藤 智子、野口 晴子:居宅介護支援事業所の開設法人とケアプランのサービス種類数・総単位 数との関連、第71回日本公衆衛生学会総会、2012、山口市民会館、2012.10.24-26(発表 日:10.26)
153.    森山 葉子、中野 寛也、田宮 菜奈子:要介護認定における主治医意見書の実態-2)診療所医と特定機能病院医の比較、第71回日本公衆衛生学会総会、 2012、山口市民会館、2012.10.24-26(発表日:10.26)
154.    宮下 裕美子、中野 寛也、森山 葉子、田宮 菜奈子:要介護認定における主治医意見書の実態-1)主治医の医療機関区分別の患者属性、第71回日本公衆衛生 学会総会、2012、山口市民会館、2012.10.24-26(発表日:10.26)
155.    松田 智行、田宮 菜奈子、柏木 聖代、堤 春菜:要支援・軽中等度要介護者における介護保険サービス未利用との関連要因、第71回日本公衆衛生学会総会、 2012、山口市民会館、2012.10.24-26(発表日:10.26)
156.    山岡 祐衣、田宮 菜奈子:若年妊娠及び出産後の社会的・経済的問題に関する研究の考察、第71回日本公衆衛生学会総会、2012、山口市民会館、 2012.10.24-26(発表日:10.25)
157.    小林 洋子、田宮 菜奈子、柏木 聖代:聴覚障害者の健康特性に関する文献の検討、第71回日本公衆衛生学会総会、2012、山口市民会館、 2012.10.24-26(発表日:10.24)
158.    堤 春菜、田宮 菜奈子、柏木 聖代、松田 智行、伊藤 智子:在宅介護継続意思のある介護者における緊急ショートステイ利用ニーズの実態と関連要因. 第71回日本公衆衛生学会総会, 2012、山口市民会館、2012.10.24-26(発表日:10.26)
159.    中野 寛也、田宮 菜奈子、松井 邦彦、室生 勝、成島 淨、日比野 敏子:地域の一医療福祉事例検討会に挙げられた問題点の累計化と評価-8年間の記録か ら、第71回日本公衆衛生学会総会、2012、山口市民会館、2012.10.24-26(発表 日:10.26)
160.    サンドバール・フェリーペ、田宮 菜奈子、柏木 聖代、宮田 澄子:Factors related to Quality Indicators at Health Care Facilities for the Elderly、第71回日本公衆衛生学会総会、2012、山口市民会館、2012.10.24-26(発表日:10.26)
161.    桑名 温子、田宮 菜奈子、柏木 聖代、堤 春菜:娘による母親の介護と嫁による姑の介護の比較、第71回日本公衆衛生学会総会、2012、山口市民会館、 2012.10.24-26
162.    泉田 信行、野口 晴子、菊池 潤、田宮 菜奈子:日本における健康余命の実態と中高齢者の就労に対する影響に関する分析、日本人口学会第64回大会、 2012、東京大学駒場キャンパス、2012.6.1-3(発表日:6.3)
163.    田宮 菜奈子:震災と法医学 高齢者の徘徊と事故 高齢者の自過失 討議 第4回法医公衆衛生学研究会自由集会、第70回日本公衆衛生学会総会「公衆衛生学と法医学との協働に対するさらなる必要性の認識―3.11を経て―」、2011、秋田県民 会館、2011.10.19-21
164.    サンドバール・フェリーペ、田宮 菜奈子、宮田 澄子、オリヴァレス・ペドロ、堤 春菜、大河内 二郎、高椋 清:老人保健施設におけるアウトカム指標の分析 全国108施設における調査から、第70回日本公衆衛生学会総会、2011、秋田県民会館、 2011.10.19-21(発表日:10.19)
165.    加藤 剛平、田宮 菜奈子、柏木 聖代、柏木 公一、高橋 秀人:地域在住中~重度要介護度変化に関連する居宅サービスの利用 某市全レセプトデータから、第70回日本公衆衛生学会総会、2011、秋田県民会館、 2011.10.19-21(発表日:10.21)
166.    松田 智行、田宮 菜奈子、柏木 聖代、加藤 剛平、野口 晴子:介護保険制度導入前後におけるサービス利用の推移―IADL自立者に着目して、第70回日本 公衆衛生学会総会、2011、秋田県民会館、2011.10.19-21(発表日:10.21)
167.    宮田 澄子、田宮 菜奈子、柏木 聖代:老人保健施設における転倒の評価方法の文献学的考察施設内転倒記録の利活用、第70回日本公衆衛生学会総会、 2011、秋田県民会館、2011.10.19-21(発表日:10.21)
168.    柏木 聖代、田宮 菜奈子、村田 昌子:訪問看護ステーションにおける在宅看取り率の関連要因 茨城県の調査から、第70回日本公衆衛生学会総会、2011、秋田県民会館、2011.10.19-21(発表日:10.21)
169.    丸井 明美、田宮 菜奈子、柏木 聖代:高齢者施設居住者における日常生活上の遠見視力と近見視力とQOLとの関連、第70回日本公衆衛生学会総会、 2011、秋田県民会館、2011.10.19-21(発表日:10.21)
170.    高橋 秀人、加藤 剛平、田宮 菜奈子:多変量イベントCox回帰分析の適用に関する考察 サンプルデータを用いた事前検討、第70回日本公衆衛生学会総会、 2011、秋田県民会館、2011.10.19-21(発表日:10.21)
171.    M. Kobayashi, N. Tamiya, T. Ito, F. Sandoval, M. Kashiwagi: Predictors of family caregivers’ good feelings about elderly care at home in Japan, 5th Carers international conference, 2010, Leeds (United Kingdom), 2010.7.8-11
172.    A. Matsuzawa, N. Tamiya: The impact of changes of the new Service and support for persons with Disabilities Act on caregiver burden by mothers with disabled children in Japan, 5th Carers international conference, 2010, Leeds (United Kingdom), 2010.7.8-11
173.    相崎扶 友美、田宮 菜奈子、柏木 聖代、金子 道夫:早期乳幼児期の麻疹ワクチン接種率関連要因 埼玉県の分析から・中間報告、第113回日本小児科学会学術集会、2010、盛岡市民文化ホール、 2010.04.23-25
174.    伊藤 智子、田宮 菜奈子、山崎 健太郎、宮石 智:岡山県、山形県、東京都区部における異状死発生率と検案率―「孤独死」対策における法医学データの意義 ―、第94次日本法医学会学術全国集会、2010、タワーホール船堀、2010.6.23-25
175.    柏木 聖代、田宮 菜奈子、伊藤 智子:脳卒中により要支援・介護状態になった居宅高齢者および介護者の特徴、第69回日本公衆衛生学会総会、2010
176.    加藤 剛平、田宮 菜奈子、柏木 聖代、柏木 公一:要介護認定から3年後の居宅高齢者の介護度変化に関連する居宅サービスの利用、第69回日本公衆衛生学会 総会、2010、東京国際フォーラム、2010.10.27-29
177.    松澤 明美、田宮 菜奈子、脇野 幸太郎:裁判例からみたわが国における福祉・介護サービスの質のアウトカム評価―サービスの質の向上に向けた疫学的分析から ―、第69回日本公衆衛生学会総会、2010、東京国際フォーラム、2010.10.27-29
178.    久保谷 美代子、柏木 聖代、田宮 菜奈子:訪問看護ステーションにおける看護職員に対する現任研修の実施状況と関連要因、第69回日本公衆衛生学会総会、 2010、東京国際フォーラム、2010.10.27-29
179.    宮田 澄子、田宮 菜奈子、伊藤 智子、柏木 聖代:介護老人保健施設における転倒実態と要因―身体拘束ゼロの施設・5年間の転倒報告書から―、第69回日本 公衆衛生学会総会、2010、東京国際フォーラム、2010.10.27-29
180.    P. Olivares-Tirado, N. Tamiya, M. Kashiwagi, K. Kashiwagi, F. Sandoval, I. Okubo: Effect of the Long-term Care Insurance law amendment on consumption pattern in current users of the lowest need of care in long-term care system in Japan, 第69回日本公衆衛生学会総会, 2010、東京国際フォーラム、2010.10.27-29
181.    伊藤 智子、田宮 菜奈子、柏木 聖代:居宅介護者の施設入所希望に関連する要因―つくば市による質問紙調査の結果から―、第69回日本公衆衛生学会総会、 2010、東京国際フォーラム、2010.10.27-29
182.    松田 智行、田宮 菜奈子、柏木 聖代、加藤 剛平、水上 昌文:回復期リハビリテーション病院退院1ヵ月後の健康関連QOLの変化に関連する要因の検討、第 69回日本公衆衛生学会総会、2010、東京国際フォーラム、2010.10.27-29
183.    谷口 起代、田宮 菜奈子、柏木 聖代、宮石 智:家族内殺人の実態把握に向けた法医学データの疫学的分析―日本とドイツの比較から、第69回日本公衆衛生学 会総会、2010、東京国際フォーラム、2010.10.27-29
184.    大山 裕美子、田宮 菜奈子、柏木 聖代、佐藤 幹也、大脇 和浩、矢野 栄二:居宅サービス利用者の在宅継続に関連する要因―介護保険給付レセプトを用いた 分析から―、第69回日本公衆衛生学会総会、2010、東京国際フォーラム、2010.10.27-29
185.    小林 美貴、田宮 菜奈子、伊藤 智子、柏木 聖代:在宅要支援・要介護高齢者の家族介護者における介護肯定感および介護負担感の関連要因、第69回日本公衆 衛生学会総会、2010、東京国際フォーラム、2010.10.27-29
186.    T. Ito, N. Tamiya, K. Yamazaki, H. Takahashi, A. Matsuzawa, H. Yamamoto, M. Motozawa, S Miyaishi: The social affecting factors to the postmortem interval, a study on the situations around death analyzed by Cox’s proportional hazard regression using the record of unexpected deaths for six years in Yamagata, Japan, The 88th Jahrestagung der Deutschen Gesellschaft für Rechtsmedizin, 2009, Basel, Switzerland, 2009.9.22-26
187.    P. Olivares-Tirado, N. Tamiya, H. Yamamoto: Kaigo Hoken – a comprehensive policy option for a long-term care system in Chile, The 24th Conference of the Japan Association for international Health, 2009, Sendai, 2009.8.5-6
188.    松澤 明美、田宮 菜奈子、柏木 聖代、竹谷 俊樹:在宅障害児(者)の母親の視点から見た障害者自立支援法下におけるサービスの利用の評価、第68回日本公 衆衛生学会総会、2009、奈良県文化会館、2009.10.21-23
189.    加藤 剛平、田宮 菜奈子、柏木 聖代、赤坂 清和:居住環境評価尺度 (HACE) 日本語版の妥当性と信頼性(第2報)、第68回日本公衆衛生学会総会、2009、奈良県文化会館、2009.10.21-23
190.    丸井 明美、田宮 菜奈子、柏木 聖代:高齢者施設居住者における視力改善可能度の関連要因-矯正視力と日常生活視力との差に着目して、第68回日本公衆衛生 学会総会、2009、奈良県文化会館、2009.10.21-23
191.    相崎扶 友美、田宮 菜奈子、柏木 聖代、田中 政宏、金子 道夫:早期乳幼児期の麻疹ワクチン接種率に関連する要因-埼玉県70市町村の分析から、第68回 日本公衆衛生学会総会、2009、奈良県文化会館、2009.10.21-23
192.    ペドロオリバレス、田宮 菜奈子、谷口 起代:家族介護の現金給付は、発展途上国の社会的選択となるか-文献とチリ国の例から、第68回日本公衆衛生学会総 会、2009、奈良県文化会館、2009.10.21-23
193.    相馬 優樹、田宮 菜奈子、柏木 聖代:運動器の機能向プログラムの評価および効果に影響する関連要因の検討. 第68回日本公衆衛生学会総会、2009、奈良県文化会館、2009.10.21-23
194.    宮田 澄子、田宮 菜奈子、伊藤 智子、柏木 聖代:湯灌(死後の入浴)の意義-老人保健施設での取組みから-、第68回日本公衆衛生学会総会、2009、奈 良県文化会館、2009.10.21-23
195.    伊藤 智子、田宮 菜奈子、松澤 明美、宮石 智、山崎 健太郎:孤独死対策に向けた異常死の社会的要因および死亡・発見による類型化の試み、第68回日本公 衆衛生学会総会、2009、奈良県文化会館、2009.10.21-23
196.    柏木 聖代、田宮 菜奈子、大山 裕美子、小林 美貴、佐藤 幹也、高橋 秀人:介護レセプトデータに基づく終末期要介護高齢者のサービス利用・居所変化の実 態、第68回日本公衆衛生学会総会、2009、奈良県文化会館、2009.10.21-23
197.    内田 佳恵、緒方 剛、大本 俊子、小坂 由紀子、田宮 菜奈子:神経難病患者の在宅サービス利用状況等の実態調査、第31回全国地域保健師学術研究会、 2009、徳島県郷土文化会館、2009.12.17-18
198.    小坂 由紀子、緒方 剛、内田 佳恵、大本 俊子、田宮 菜奈子:介護保険施設等における難病患者の受け入れに関する実態調査、第31回全国地域保健師学術研 究会、2009、徳島県郷土文化会館、2009.12.17-18
199.    越 翔、宮石 智、岡下 真弓、三浦 雅布、森川 俊雄、井澗 美希、吉留 敬、山本 雄二、 Pueschel K、田宮 菜奈子:家族内殺人事例の独日比較検討、第25会日本法医学会中四国地方会、2008、鳥取大、2008.10.18
200.    S. Miyaishi, N. Tamiya, S. Komagoe, K. Puschel: Analysezu intrafamiliaeren Toetungen -Ansaetze fuer praeventive Massnahen87, 87.Jahrestagung der deutschen Gesellschaft fuer Rechtsmedizin, 2008, Dresden, 2008.9.24-27
201.    山本 秀樹、田宮 菜奈子、河原 研二:高校留学に関する健康問題(1)-オセアニア諸国への留学に必要なビザ取得について、第12回日本渡航医学会学術集 会、2008、岡山、2008.7.18-19
202.    加藤 剛平、田宮 菜奈子、柏木 聖代、林原 好美、佐藤 幹也、高橋 秀人:1183 在宅介護保険サービス利用者の介護度変化に関連する要因の検証、第43回日本理学療法学術大会、2008、福岡、2008.5.15-17(ポスター)
203.    A. Matsuzawa, N. Tamiya, H. Hashimoto, M. Sato, E. Yano: Differences in perceived burden of care by caregivers’ gender and relationship to the frail elderly, The ⅩⅤ International Congress of The international Society of Psychosomatics Obstetrics and Gynecology (ISPOG), 2007, Kyoto, Japan, 2007.5.13-17
204.    奥野 光香子、田宮 菜奈子、有賀 悦子:がん診療医と緩和ケアにおける最期までの継続的連携に関連する要因、第66回日本公衆衛生学会総会、2007、愛 媛、2007.10.24-26
205.    田宮 菜奈子、竹迫 弥生、柏木 聖代、高橋 秀人:介護老人福祉施設のおむつ使用状況と関連要因-「介護サービス施設・事業所調査」から、第66回日本公衆 衛生学会総会、2007、愛媛、2007.10.24-26
206.    柏木 聖代、田宮 菜奈子、竹迫 弥生、高橋 秀人:介護老人福祉施設の職員配置状況と関連要因-介護サービス施設・事業所調査から:第66回日本公衆衛生学 会総会、2007、愛媛、2007.10.24-26
207.    竹迫 弥生、田宮 菜奈子、柏木 聖代、高橋 秀人:「介護サービス施設・事業所調査」による介護老人福祉施設内死亡者の特性の検討、第66回日本公衆衛生学 会総会、2007、愛媛、2007.10.24-26
208.    林原 好美、田宮 菜奈子、柏木 聖代、高橋 秀人、佐藤 幹也:居住費・食費の自己負担発生による介護保険施設退所者の移行先―レセプトデータから、第66 回日本公衆衛生学会総会、2007、愛媛、2007.10.24-26
209.    加藤 剛平、田宮 菜奈子、高橋 秀人、佐藤 幹也:11か月の介護度変化に関連する要因―某市全レセプトデータからの分析、第66回日本公衆衛生学会総会、 2007、愛媛、2007.10.24-26
210.    松澤 明美、田宮 菜奈子、宮石 智、山本 秀樹、本澤 巳代子、山崎 健太郎:法医剖検例からみた高齢者死亡の背景要因-孤独死対策のために、第66回日本 公衆衛生学会総会、2007、愛媛、2007.10.24-26
211.    A. Matsuzawa, N. Tamiya, S. Miyaishi, H. Yamamoto, M. Motozawa: Family caregiving probrems elucidated through autopsy cases: intrafamilial homicide and abouse of the elderly in Japan, 86. Jahrestagung der Deutchen Gesellschaft fur Rechtsmedizin, 2007, Mainz, Germany, 2007.9.26-29
212.    N. Tamiya, M. Kashiwagi: Factors affecting the subjective burden of the family caregiver of users of Visiting Nursing Service in Japan, the 14th EUPHA (The European Public Health Association) conference, 2006, Montreux, Switzerland. 2006.11.16-18
213.    A. Matsuzawa, N. Tamiya, A. Chinone, T. Kurokawa, T. Takeya: The impact of recent policy changes on caregiving burden and service use by mothers of severely disabled children in Japan, The International Council Women’s Health Issues Congress2006 (ICOWHI) 2006, Sydney, Australia, 2006.11.
214.    松澤 明美、田宮 菜奈子、宮石 智、山本 秀樹:6年間の法医剖検例からみた高齢者の殺人・虐待―家族背景を中心に、第65回日本公衆衛生学会、2006
215.    田宮 菜奈子、柏木 聖代、若松 幸子、大森 葉子、久保谷 美代子、白岩 秀子、関 律子、中川 洋子:訪問看護利用者における家族介護者の介護負担感~茨 城県訪問看護実態調査から-2、第65回日本公衆衛生学会、2006、富山、2006.10.25-27
216.    奥野 光香子、田宮 菜奈子、柏木 聖代、大森 葉子、久保谷 美代子、白岩 秀子、関 律子、中川 洋子、若松 幸子:訪問看護利用者における家族介護者の 介護負担感~茨城県訪問看護実態調査から-1、第65回日本公衆衛生学会、2006、富山、 2006.10.25-27
217.    林原 好美、田宮 菜奈子、柏木 聖代、高橋 秀人:居住費・食費の自己負担発生による介護保険3施設への影響―介護保険給付費実態調査月報からー、第65回 日本公衆衛生学会、2006、富山、2006.10.25-27
218.    松澤 明美、田宮 菜奈子、茅根 明、黒川 俊光、竹谷 俊樹:支援費制度下における在宅障害児(者)の母親の育児負担感とサービス利用―制度転換における サービス利用の変化を中心に-、第32回日本重症心身障害学会、2006、富山、2006.10.25-27
219.    竹迫 弥生、田宮 菜奈子、梶井 英治:介護人福祉施設における終末期の医療費及び介護費用-1施設7症例の検討、第65回日本公衆衛生学会、2006、富 山、2006.10.25-27
220.    竹迫 弥生、田宮 菜奈子、梶井 英治:介護老人福祉施設における終末期ケアー1介護老人福祉施設における同意書を用いた終末期の場所の決定過程―、第29回 プライマリ・ケア学会学術集会、2006、名古屋、2006.5.13-14
221.    海野 幸太郎、田宮 菜奈子、永田 博司:茨城県内筋萎縮性側索硬化症の療養の実態と課題、第64回日本公衆衛生学会、2005、札幌、 2005.9.14-16
222.    林原 好美、田宮 菜奈子、佐藤 幹也、高橋 秀人、大久保 一郎:介護保険料発生のサービス利用への影響―継続利用者のレセプトによる所得層別化分析、第 64回日本公衆衛生学会、2005、札幌、2005.9.14-16
223.    井口 亜美、田宮 菜奈子、細田 孝子、石田 久美子、本多 めぐみ:訪問介護員等の吸引に関する実態調査と保健所の役割、第64回日本公衆衛生学会、 2005、札幌、2005.9.14-16
224.    田宮菜奈子、他:在宅家族介護者における介護負担感に関連する要因、第64回日本公衆衛生学会、2005、札幌、2005.9.14-16
225.    松澤 明美、田宮 菜奈子、山崎 健太郎:高齢者のネグレクトが疑われた剖検事例―4年間の行政解剖記録から、第64回日本公衆衛生学会、2005、札幌、 2005.9.14-16
226.    竹迫 弥生、田宮 菜奈子、梶井 英治:高齢者福祉施設内死亡と関連する要因 事前指示書の影響を中心とした文献的考察、第64回日本公衆衛生学会、2005、札幌、2005.9.14-16
227.    N. Tamiya, M. Sato, H. Hashimoto, E. Yano: Affecting factors to subjective burden of family caregiver: importance of informal support and economical burden, The Second ICOH International Conference on Psychosocial Factors at Work, 2005, Okayama, Japan, 2005.8.23-26
228.    M. Nishimura, N. Tamiya, et.al.: Japan Do Women Prefer to Consult Female Physicians? - Patient Preferences Regarding Gender of the Physician, Wonca Asia Pacific Regional Conference 2005, 2005, Kyoto, Japan, 2005.5.25-27
229.    中嶋 玲子、福島 敬、中尾 朋平、杉江 征、清水 崇史、新井 邦二郎、小畑 文也、古谷 佳由理、田宮 菜奈子、松井 陽:小児がん診療現場における包括 的臨床心理学的支援の必要性について、第108回日本小児科学会、2005、東京、2005.4.22-24
230.    A. Matsuzawa, N. Tamiya, K. Yamazaki: Family caregiving problems in nine autopsy cases of suspected elder neglect in Japan, Sixth International Symposium on ADVANCES IN LEGAL MEDICINE, 2005, Hamburg, German, 2005.9.19-24
231.    佐藤 幹也、橋本 英樹、大脇 和浩、佐瀬 武、小川 晋市、濱田 千鶴、能勢 佳子、松井 千穂、原田 操、丸鶴 洋子、永田 朋子、田宮 菜奈子、矢野  栄二:在宅介護サービスの介護予防効果、第63回日本公衆衛生学会、2004、島根、 2004.10.27-29
232.    竹迫 弥生、田宮 菜奈子、梶井 英治:特別養護老人ホーム利用者の死亡場所を規定する要因の検討 1施設報告、第63回日本公衆衛生学会、2004、島根、2004.10.27-29
233.    林原 好美、田宮 菜奈子、高橋 秀人、佐藤 幹也:レセプトによる介護保険サービス利用3年間の推移-保険料発生の影響を中心に、第63回日本公衆衛生学 会、2004、島根、2004.10.27-29
234.    橋本 英樹、田宮 菜奈子:1年間の要介護度の変化に影響を及ぼす要因-H13年国民生活基礎調査から、第 63 回日本公衆衛生学会、2004、島根、2004.10.27-29
235.    松澤 明美、田宮 菜奈子:「我が国の福祉・介護における法的権利保障の現状-40年間の判決の分析から」、第 63 回日本公衆衛生学会、2004、島根、2004.10.27-29
236.    ジーバース 能里子、田宮 菜奈子:ドイツ介護保険法における家族介護者擁護の法的基盤、第63回日本公衆衛生学会、2004、島根、 2004.10.27-29
237.    橋本 英樹、山岡 和枝、田宮 菜奈子、矢野 栄二:世帯所得・ 世帯構造・地域福祉資源と 高齢者の非自立状態との関連、第 63 回日本公衆衛生学会、2004、島根、2004.10.27-29
238.    山本 秀樹、田宮 菜奈子:高度の貧血患者が海外渡航を行った事例と対応について、第1回海外渡航者健康学会学術集会、2003、大阪、 2003.7.11-12
239.    田宮 菜奈子:超高齢社会での高齢者保健福祉における保健所の役割-介護保険時代下での機能訓練事業と介護予防の行方、平成15年度全国衛生行政研究会・セミ ナー、2003、京都、2003.10
240.    田宮 菜奈子、東 健一、佐藤 幹也、橋本 英樹、大脇 和浩、柏木 聖代、濱田 千鶴、前下 富久代、能勢 佳子、松井 千穂、小林 真紀子、迫望 都子、 矢野 栄二:介護保険在宅サービスの未利用に関連する要因、第62回日本公衆衛生学会、2003、京都、 2003.10.22-24
241.    吉岡 洋治、田宮 菜奈子、佐藤 幹也、大久保 一郎、矢野 栄二:公共系と民間系のケアプラン作成事業者による利用サービスの比較、第62回日本公衆衛生学 会、2003、京都、2003.10.22-24
242.    Stuhltraeger 中西 真理、田宮 菜奈子、本園 Enzler 万子、鈴木 Haltinner 桂、矢野 栄二:スイス連邦在住の日本人を対象 とした高齢者介護に関する意識調査、第61回日本公衆衛生学会、2002、埼玉、2014.10.23-25
243.    柏木  聖代、田宮 菜奈子、佐藤 幹也、橋本 英樹、濱田 千鶴、前下 富久代、能勢 佳子、松井 千穂、小林 真紀子、矢野 栄二:介護保険在宅サービス 利用者における訪問看護利用に関連する要因 介護保険利用明細・実態調査による分析、第61回日本公衆衛生学会、2002、埼玉、2014.10.23-25
244.    田宮 菜奈子、佐藤 幹也、橋本 英樹、柏木 聖代、濱田 千鶴、前下 富久代、能勢 佳子、松井 千穂、小林 真紀子、矢野 栄二:介護保険施設入所に関連 する要因 介護保険利用明細・実態調査による分析、第61回日本公衆衛生学会、2002、埼玉、2014.10.23-25
245.    佐藤 幹也、田宮 菜奈子、柏木 聖代、橋本 英樹、濱田 千鶴、前下 富久代、能勢 佳子、松井 千穂、小林 真紀子、矢野 栄二:介護保険在宅サービス利 用者におけるサービス利用合計点数に関連する要因-介護保険利用明細および実態調査による分析-、第61回日本 公衆衛生学会、2002、埼玉、2014.10.23-25
246.    橋本 英樹、田宮 菜奈子、佐藤 幹也、柏木 聖代、濱田 千鶴、前下 富久代、能勢 佳子、松井 千穂、小林 真紀子、矢野 栄二:要介護度の縦断的変遷に 関する検討、第61回日本公衆衛生学会、2002、埼玉、2014.10.23-25
247.    田宮 菜奈子、矢野 栄二:公的介護保険制度導入前後のサービス利用および経済負担の変化、第60回日本公衆衛生学会、2001、香川、 2001.10.31-11.2
248.    N. Tamiya, K. Yamaoka, E. Yano: The use of home health services covered by new public long-term care insurance in Japan -the importance of caregiver as a determinant factor, The XVIIth World Congress of Gerontology, 2001, Vancouver, Canada, 2001.7.1-6
249.    長江 弘子、川越 博美、成瀬 和子、藤村 和弘、田宮 菜奈子、島田 千穂、錦戸 典子:訪問看護サービスの質の評価に関する研究 その4~訪問看護事業所の第3者評価指標作成の試み〜、第59回日本公衆衛生学会、2000、前橋、 2000.10.18-20
250.    藤村 和弘、川越 博美、田宮 菜奈子、長江 弘子、成瀬 和子、島田 千穂、錦戸 典子:訪問看護サービスの質の評価に関する研究 その3~サービス評価としての利用者満足度調査による検討~、第59回日本公衆衛生学会、2000、前橋、 2000.10.18-20
251.    田宮 菜奈子、島田 千穂、錦戸 典子、長江 弘子、成瀬 和子、藤村 和弘、川越 博美:訪問看護サービスの質の評価に関する研究 その2~サービス評価としてのアウトカムの検討、第59回日本公衆衛生学会、2000、前橋、 2000.10.18-20
252.    島田 千穂、田宮 菜奈子、藤村 和弘、錦戸 典子、長江 弘子、成瀬 和子、川越 博美:訪問看護サービスの質の評価に関する研究 その1~サービスの質評価に関する実態調査~、第59回日本公衆衛生学会、2000、前橋、 2000.10.18-20
253.    田宮 菜奈子、天利 紀子、村田 勝敬、青木 伸介、佐藤 洋生、岩本 克巳、小形 烈、池田 貞雄、矢野 栄二:重度心身障害者介護職員の腰部負荷―送迎時 の車種・乗車状況による差、第73回日本産業衛生学会、2000、北九州、2000.4.23-26
254.    田宮 菜奈子、甲斐 一郎:Katzによる日常生活動作(ADL)測定尺度の3段階加算点数化の有用性、第58回日本公衆衛生学会、1999、大分、 1999.10.20-22
255.    田宮 菜奈子、池田 貞雄:老人保健施設の看護・介護職のための症状別医療対応マニュアル作成の試み-米国のガイドラインと自験症例を踏まえて、第10回全国 老人保健施設大会、1999、長野、1999.10.13-15
256.    田宮 菜奈子、矢野 栄二:胃瘻のある高齢者の特別養護老人ホ-ム受け入れ状況―都内23区の実態から医療と福祉の連携を探る、第30回日本老年医学会関東甲 信越地方会、1999
257.    田宮 菜奈子、池田 貞雄:老人介護・保健施設における症状別医療対応ガイドラインの試み、第22回日本プライマリ・ケア学会、1999
258.    田宮 菜奈子、池田 貞雄、天利 紀子、多田 一規、下山 幸江、矢野 栄二:老人保健施設介護士の介護動作における腰椎負荷量の測定―Body Mechanicsに基づく負荷の軽減、第72回日本産業衛生学会、1999、札幌、1999.5.6-9
259.    田宮 菜奈子:訪問看護ステーションにおける継続的な質向上のための対策、厚生省長寿科学総合研究第3分野(リハビリテーション、看護・介護)報告会、 1998
260.    田宮 菜奈子:これからの老人保健施設と看護職―質の高いケアを目指して、日本看護協会老健施設における看護管理シンポジウム、1998
261.    田宮 菜奈子、門石 春美、高橋 美保、山原 雅子:訪問看護ステ-ションにおける継続的な質向上のための対策―QA(Quality Assessment)QI(Quality Improvement)の導入、第57回日本公衆衛生学会、1998、岐阜、1998.10.28-30
262.    田宮 菜奈子、池田 貞雄:老人保健施設における医療―入院者の実態および推移、第9回全国老人保健施設大会、1998
263.    田宮 菜奈子、小林 廉毅、室生 勝、今高 國夫、佐藤 怜:訪問看護ステーションと医師との連携ー茨城県における医師・ステーション双方への調査結果-、厚 生省長寿科学総合研究第3分野(リハビリテーション、看護・介護)報告会、1997
264.    L Chu, N Tamiya, E Yano: The correlation Between UVB Irradiation and the Proportion of patients with Cataract-An Epidemiological Study Based on a Nation-wide Patient Survey in Japan, US-Japan Cooperative Cataract Research Group Meeting, 1997
265.    田宮 菜奈子、小林 廉毅、矢野 栄二:訪問看護ステ-ションと医師との連携(2)―茨城県内訪問看護ステ-ション管理者を対象とした調査、第56回日本公衆 衛生学会、1997
266.    小林 廉毅、田宮 菜奈子、和田 詠子、矢野 栄二:訪問看護ステ-ションと医師との連携(1)―茨城県内診療所医師を対象とした調査、第56回日本公衆衛生 学会、1997
267.    田宮 菜奈子、加納 克巳、村上 茂樹、大滝 純司、小林 廉毅、矢野 栄二:脳血管障害患者の自宅退院に影響を及ぼす要因―茨城県57病院における入院患者 1年後の追跡、第67回日本衛生学会、1997
268.    田宮 菜奈子、正木 礼子、當山 典子:訪問看護ステーションにおける医師との連携-電話調査からみた現状と問題点、厚生省長寿科学総合研究第3分野(リハビ リテーション、看護・介護)報告会、1996
269.    長谷川 友紀、田宮 菜奈子、矢野 栄二、東 博文:鹿児島県保健婦の研修・学習状況に関する調査、第55回日本公衆衛生学会、1996
270.    朱 麗如、田宮 菜奈子、矢野 栄二:白内障有病率に及ぼす紫外線照射の影響―患者調査による47都道府県における分析、第55回日本公衆衛生学会、1996
271.    田宮 菜奈子、金田 麻里子、若松 弘之、矢野 栄二:機能訓練事業の参加者における男女差に影響を及ぼす要因-東京都機能訓練事業実態調査から、第55回日 本公衆衛生学会、1996
272.    田宮 菜奈子、正木 礼子、當山 典子:訪問看護ステ-ションにおける医師との連携、第66回日本衛生学会、1996
273.    N. Tamiya, J. Sasaki, J. Ohtaki, K. Yoshizawa, K. Kano: Factors affecting the discharge of the cerebrovascular disease patients: A one year follow up study of the patients in 57 hospitals, 5th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, 1995
274.    田宮 菜奈子、荒記 俊一、山下 公平、小林 廉毅、矢野 栄二、佐々木 和人:脳血管障害患者の機能訓練事業へのAccessibilityにおける男女差 とその要因―埼玉県における実態調査による検討、第54回日本公衆衛生学会、1995
275.    小林 廉毅、田宮 菜奈子、庄司 宗介:検案記録から見た高齢者在宅死の現状、第65回日本衛生学会、1995
276.    T. Shimizu, N. Tamiya, T. Ishizaki: An Overview of the Japanese Elderly from the Perspectives of Clinical Neurology and Public Health, The 1st Teikyo-Harvard Symposium, 1994
277.    田村 憲治、村上 正孝、田宮 菜奈子、西連地 利己、高橋 秀人:国保レセプト統計を用いたスギ花粉症受診率の変動分析、第52回日本公衆衛生学会、 1993
278.    石崎 達郎、田宮 菜奈子、片桐 ちえ子、塙 正男、甲斐 一郎、大井 玄、前田 和甫:要介護老人の在宅ケアと急性期医療、第52回日本公衆衛生学会、 1993
279.    大滝 純司、村上 茂樹、湊 孝治、茂手木 甲寿夫、石田 久美子、吉沢 和朗、羽賀 正之、田宮 菜奈子、佐々木 順子、加納 克己:訪問看護担当者の意識 と活動状況―茨城県における調査、第51回日本公衆衛生学会、1992
280.    佐々木 順子、村上 茂樹、湊 孝治、茂手木 甲寿夫、石田 久美子、吉沢 和朗、羽賀 正之、田宮 菜奈子、大滝 純司、加納 克己:在宅ケアの取り組みの 現状―茨城県における診療所調査、第51回日本公衆衛生学会、1992
281.    村上 茂樹、金沢 幸子、海老沢 佐賀恵、茂手木 甲寿夫、湊 孝治、石田 久美子、羽賀 正之、加納 克己、佐々木 順子、大滝 純司、田宮 菜奈子、吉沢  和朗:在宅ケアの取り組みの現状―茨城県における病院調査、第51回日本公衆衛生学会、1992.
282.    田宮 菜奈子、村上 茂樹、吉沢 和朗、湊 孝治、茂手木 甲寿夫、石田 久美子、羽賀 正之、大滝 純司、佐々木 順子、加納 克己:脳血管障害患者の自宅 退院に必要な条件-茨城県の病院における主治医に対する調査、第51回日本公衆衛生学会、1992
283.    村上 正孝、高橋 秀人、田宮 菜奈子:茨城県におけるアレルギ-性鼻炎の11年間の推移と地理的分布-国保レセプトデ-タの分析、第51回日本公衆衛生学 会、1992
284.    田宮 菜奈子、村上 正孝:在宅および入院癌患者と一般健常人におけるQOL(Quality of Life)比較、第62回日本衛生学会、1992
285.    村上 正孝、田宮 菜奈子、小野 雅司、田村 憲治:我が国におけるアレルギ-疾患の地理的分布と経年的推移に関する検討、第62回日本衛生学会、1992
286.    大滝 純司、村上 茂樹、湊 孝治、茂手木 甲寿夫、石田 久美子、吉沢 和朗、羽賀 正之、田宮 菜奈子、佐々木 順子、加納 克己:所属機関別にみた訪問 看護担当者の活動状況―茨城県での調査結果から―、第7回家庭医療学研究会、1992
287.    田宮 菜奈子、村上 正孝:外国人労働者の労働衛生の問題をめぐって、第174回日本産業衛生学会関東地方会、1991
288.    田宮 菜奈子、巻田 ふき、七田 恵子、荒記 俊一、籏野 脩一:高齢死亡者の地域比較―2)在宅死に影響を及ぼす地域要因―介護者の要因からの検討、第50 回日本公衆衛生学会、1991
289.    籏野 脩一、田宮 菜奈子、七田 恵子、巻田 ふき:高齢死亡者および高齢障害者の地域比較―1)疾患と日常生活動作を中心に、第50回日本公衆衛生学会、 1991
290.    七田 恵子、巻田 ふき、田宮 菜奈子、籏野 脩一:介護の負担感は減らせるか、第50回日本公衆衛生学会、1991
291.    S. Hatano, T. Fujita, K. Shichita, F. Makita, N. Tamiya: Health and related factors observed in the elderly residents in 3 areas in Japan, The 5th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, 1991
292.    田宮 菜奈子:在宅における癌治療とQOL(シンポジスト)、第4回日本精神腫瘍学会総会シンポジウム、1991
293.    七田 恵子、巻田 ふき、矢部 弘子、大竹 登志子、鎌田 ケイ子、田宮 菜奈子、籏野 脩一:地域在宅老人の日中寝床時間と日常生活動作能力との関係、第 49回日本公衆衛生学会、1990
294.    N. Tamiya, S. Araki, K. Inagaki, N. Urano, A. Sato, G. Ohi: Assessment of pain by visual analogue scale in rheumatoid arthritis patients, First International Congress of Behavioral Medicine, 1990
295.    田宮 菜奈子、荒記 俊一、横山 和仁:在宅脳血管障害患者の日常生活動作の改善に影響を及ぼす要因、第60回日本衛生学会、1990
296.    田宮 菜奈子、荒記 俊一、横山 和仁、伊丹 仁朗:癌患者におけるVisual Analogue Scale(VAS)によるQOL評価法の検討、第60回日本衛生学会、1990
297.    田宮 菜奈子、荒記 俊一、横山 和仁:Visual Analogue Scale(VAS)による感情評価法の検討、第48回日本公衆衛生学会、1989
298.    田宮 菜奈子、七田 恵子、籏野 脩一、巻田 ふき、荒記 俊一:在宅死を可能にした条件―主として医療の面から、第59回日本衛生学会、1989
299.    寺尾 浩明、甲斐 一郎、平野 亙、浦野 直子、山岡 和枝、田宮 菜奈子、市川 伸一、佐藤 智、稲垣 克彦、福井 次矢、大井 玄:生活の満足度、痛み、 不安、鬱の関係―VASによるリウマチ患者の経時的観察、第47回日本公衆衛生学会、1988
300.    田宮 菜奈子、佐藤 智、稲垣 克彦、甲斐 一郎、寺尾 浩明、平野 亙、浦野 直子、大井 玄:リウマチ患者の生活の満足度、痛み、不安、憂鬱の経時的計 測、第58回日本衛生学会、1988
301.    大井 玄、浦野 直子、稲垣 克彦、佐藤 智、甲斐 一郎、小笠原 道夫、福井 次矢、田宮 菜奈子、寺尾 浩明、山岡 和枝:リウマチ患者の痛み、不安、憂 鬱、生活の満足度―VASによる観察、第46回日本公衆衛生学会、1987
302.  田宮 菜奈子、小泉 明、森本 兼曩、旭 俊臣、山岡 和枝、甲斐 一郎、小笠原 道夫、佐藤 智、大井 玄:痛み・不安および抑欝の計測について、第57回日本衛生学 会、1987



講演会・講師


1.    自由民主党本部政務調査会「データヘルス推進特命委員会」: 明るく豊かな少子高齢社会ためのデータヘルス改革について-科学的介護に向けて  自由民主党本 部7階 会議室(東京都千代田区) 2018年7月17日
2.    国立国際医療研究センター 国際医療協力局セミナー:講義 :生活と調和した医療のために-ビッグデータ活用とヘルスサービスリサーチ分野- 国際医療協力研修センター3階 会議室(東京都新宿区) 2018年6月4日
3.    第27回日本創傷オストミー失禁管理学会学術集会:これからの医療を変えるビッグデータの活用ーケアの視点のヘルスサービスリサーチからー 札幌コンベンショ ンセンター(北海道札幌市) 2018年5月19日
4.    筑波大学 第1回開発研究センターシンポジウム: 人に健康・幸福をもたらすサービスを学問するわが国初の拠点 筑波大学 筑波キャンパス 春日エリア 情報メディアユニオン1階 (茨城県つくば市) 2018年3月6日
5.    茨城県医師会医療政策研究会講演会「ビッグデータからみえてくる医療・介護の現状と課題ーヘルスサービスリサーチの視点から茨城を考える」茨城県医師会  2017年10月4日
6.    第28回全国介護老人保健施設大会 愛媛 in 松山 :「ケアの質」にまつわる最近の動向-ヘルスサービスリサーチの視点から- 松山全日空ホテル(愛媛県 松山市)2017年7月26日 
7.    日本側:AMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構) ニュージーランド側:HCR(Health Research Council)Japan-NZ Collaboration Workshop - Technologies for Elder Care 招待講演:  "Health services research: Analysis of care services based on big data" ニュージーランド(Sofitel Auckland) 2017年3月3日
8.    厚生労働科学研究費補助金「健康医療分野のデータベースを用いた戦略研究」合同フォーラム:講演「地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ-二次デー タ活用システム構築による多角的エビデンス創出拠点-」東京大学情報学環・福武ホール 2017年2月8日
9.    千葉県立松尾高校 平成28年度スーパーグローバルハイスクール事業専門家講演会:講演「グローバルエイジング時代における日本と世界-高齢化先進国日本に何 ができるか・何をすべきか-」千葉県立松尾高校 2016年11月29日
10.    21世紀医療フォーラム 日経メディカル開発 これからの介護を考える会 「介護の抱える課題と解決への展望」:講演「あるべき介護への転換 〜HSR(ヘルス・サービス・リサーチ)の視点から」
目黒雅叙園 2016年10月6日 (東京都目黒区)
11.    国立研究開発法人産業技術総合研究所 ニューロリハビリシンポジウム キックオフ2016 「脳と情報」:「生活に調和した医療・介護・福祉のために/ビッグデータ活用によるヘルスサービスリサーチ(HSR)」 産業技術総合研究所 臨海副都市センター (東京都江東区)2016年06月18日
12.    日本ケアラー連盟 「世界中が悩んでる“介護とケアラー”」:基調講演「ケアラー支援の国際的動向」2016年6月19日(東京都文京区)
13.    千葉県山武市役所職員研修会:講演「グローバルエイジング時代における日本と世界-高齢化先進国日本に何ができるか・何をすべきか-」山武市役所 2015年 11月24日
14.    千葉県立松尾高校 第2回スーパーグローバルハイスクール専門家講演会:講演「グローバルエイジング時代における日本と世界-高齢化先進国日本に何ができる か・何をすべきか-」千葉県立松尾高校 2015年11月24日
15.    医療ビッグデータ・コンソーシアム 予防医療・健康情報部会:講演「介護保険レセプトを用いたヘルスサービスリサーチ+アルファ」 全国町村会館 2015年 8月19日
16.    早稲田大学政治経済学術院:講演「ヘルスサービスリサーチ入門」早稲田大学 2015年6月30日
17.    NPO法人 介護者サポートネットワークセンター アラジン:アラジンフォーラム2015:講演「世界の介護者支援から考える日本のあるべき姿」東京ウイメンズプラザホール 2015年6月27日
18.    平成26年度茨城県保健予防課研修会「生活と調和した医療のために-ヘルサービスリサーチの視点から」 茨城県庁
2015年2月4日
19.    平成26年度全国福祉栄養士研修会:職域事業部研修会:講演「介護サービスにおけるアウトカム評価」 東京ビッグサイト 2014年10月19日
20.    第17回知創薬コンソシアム 「ラボを旅立ち、その後は~ヘルスサービスリサーチで辿る薬の道程」 東京・世界貿易センタービル 2014年10月7日
21.    日本公衆衛生学会 公衆衛生活動・研究論文の書き方研修プログラム 2014 「論文の書き方 ~日本公衆衛生雑誌への掲載を目指すには~」 京都大学 2014年8月28日
22.    介護老人保健施設そよかぜ講演会 ヘルスサービスリサーチからみた介護保険-これまでの研究とつくば市調査を踏まえて- 茨城県つくば市.2014年6月17 日
23.    茨城県国民健康保険団体連合会.国民健康保険運営協議会委員研修会及び市町村(国保組合)国保主管課長研修会.『医療と福祉の連携』ヘルスサービスリサーチを 通して. 茨城県水戸市.2013年11月8日.
24.    筑波大学 平成25年度科研費セミナー(医学系専攻FDとの共催). 茨城県. 田宮菜奈子 「伝えよう! オリジナリティとパッション(2)科研費申請は研究者の醍醐味」. 2013年9月10日.
25.    The First LTOP National Conference : Project of Long-term Care Service Development for the Frail Elderly and other Vulnerable People. The Miracle Grande Convention Hotel, Bangkok. May 15, 2013.
Tamiya N. International Comparison of Long-term Care Systems
26.    平成24年度小石川医師会介護保険制度における主治医研修会. 東京都文京区.  2013年3月18日
田宮菜奈子. 文京区における要介護認定主治医意見書の実態
27.    【G30国際シンポジウム】 日独韓における介護保険の現状と課題. 茨城県. 2013年3月14日
 田宮菜奈子. 介護保険の3か国比較とG30ジョイント・セミナー成果報告
28.    順天堂大学医学部 第231回衛生・公衆衛生合同ゼミナール「法医学領域データの社会への還元-死に学ぶ」.東京. 2013年2月19日
田宮菜奈子. 公衆衛生学および衛生学の立場から
29.    平成24年度文京区医師会介護保険制度における主治医研修会. 東京都文京区.  2013年1月28日
田宮菜奈子. 文京区における要介護認定主治医意見書の実態
30.    神奈川県老人保健施設協会 第3回研修会. 横浜. 2013年1月28日
田宮 菜奈子. 介護職の質の向上のために根拠に基づいた介護
31.    田宮菜奈子. 自由集会「第5回法医公衆衛生学研究会」 第71回日本公衆衛生学会総会, 2012年10月24-26日(発表日10月25日), 山口
32.    日独シンポジウム 家庭と職業の両立を図る―今の政治の課題 「要介護者の状況改善と介護家族の負担軽減のインフラ整備――社会福祉・介護サービスの質向上を目指すヘルスサービスリサーチ」  2012年9月17日~2012年9月18日(発表日 9月18日)  ベルリン日独センター
33.    筑波大学 平成24年度科研費セミナー. 茨城県. 田宮菜奈子「伝えよう!オリジナリティーとパッション」. 2012年9月4日
34.    日本公衆衛生学会 公衆衛生活動・研究論文の書き方研修プログラム2012 京都. 2012年8月23日
田宮 菜奈子. 論文の書き方~日本公衆衛生雑誌への掲載を目指すには~
35.    Comparison of public & private care management (CM) agencies under public LTCI in Japan
April 17, 2012  Invited lecture by Asian Center of Utah University
36.    Lancet Special Series on Japan Launch Symposium; Restructuring Japan's Healthcare System—Beyond the March 11 Disaster. September, 2011. Tokyo. Tamiya N and others. Population ageing and wellbeing: lessons from Japan’s long-term care insurance policy.
37.    田宮菜奈子. 震災と法医学 高齢者の徘徊と事故 高齢者の自過失 討議. 第4回法医公衆衛生学研究会自由集会 第70回日本公衆衛生学会総会「公衆衛生学と法医学との協働に対するさらなる必要性の認識―3.11を経て―」, 2011年10月19-21日 秋田
38.    平成23年度第3回医療経済研究会. 東京. 2011年6月27日
田宮 菜奈子. 日本の高齢者医療と介護.
39.    港区介護事業者連絡協議会 講演会. 東京. 2011年6月2日
田宮 菜奈子. 海外での「医療と介護」の連携.
40.    岡山県保健医療協会第227回プライマリケア懇話会. 岡山. 2010年4月25日
田宮 菜奈子. 生活と調和した医療のために―ヘルスサービスリサーチの意義―
41.    日本公衆衛生学会 第5回論文の書き方研修会. 茨城県. 2010年8月26日
42.    日本医療・病院管理学会 第276回 例会 『ヒューマン・ケア科学の視点からみた地域医療福祉のあり方 』. 茨城県. 2009年6月20日
田宮 菜奈子. 地域医療福祉と家族―わが国の現状と海外の家族政策.
43.    平成20年度厚生労働科学研究政策科学推進研究事業公開シンポジウム「高齢者をとりまく環境」. 東京都. 2009年2月20日
田宮 菜奈子. 法医学事例の公衆衛生学的分析に基づく高齢者孤独死をめぐる実態と課題
44.    第4回地域医療を考える会』 TSUKUBA 脳卒中の急性期・回復期・維持期の連携パス-患者さんの社会復帰を目指して-. 茨城県. 2007年9月27日
田宮 菜奈子. 介護保険居宅介護サービス利用者のアンケート調査から見えるもの
45.    第25回日本老年学会総会. 北海道. 2007年6月20日
田宮 菜奈子. 介護における性差の問題と対策
46.    JICA・チリ厚生省合同会議での講演会「日本の介護保険の現状と問題点」 チリ タルカ大学 2007年3月7日
47.    少子高齢化社会と家族のための総合政策-日本におけるドイツ年2005/2006記念専門家会議. 茨城県. 2006年3月10日 
田宮 菜奈子. 家族のための経済的・社会的支援 シンポジウム座長
48.    性差医療・医学研究会第3回学術集会. 東京. 2005年2月19日
  田宮 菜奈子.  教育講演:高齢者介護における性差.
49.    平成15年度 全国衛生行政研究会 総会セミナー. 京都. 2003年10月22日
田宮 菜奈子. 超高齢化社会での高齢者保健福祉における保健所の役割 地域ケア向上のための実証データ分析.
50.    田宮菜奈子、医療と福祉の連携における研究・教育・実践-21世紀の公衆衛生の役割. 第60回日本公衆衛生学会奨励賞講演. 2001.10.香川
51.    田宮菜奈子.在宅ケアとQOL. 茨城県立中央病院公開講演会「がん医療とQOL」-茨城県立中央病院・茨城県衛生部. 1993.
52.    田宮菜奈子.選択肢としての在宅ケア.ライフケアシステム第11回公開講座 在宅ケアの真髄を求めてー在宅ホスピスの明日―在宅ホスピスを支える人を育てるー. 1992.
53.    田宮菜奈子. 陽子線療法を受けるがん患者のQOL. 平成4年度厚生省がん研究助成金 がん医療におけるQOLの向上に関する研究班 第2回班会議. 1992.
54.    田宮菜奈子. 在宅ケアの問題点 第1回 末期医療に関するケアの講習会. がん研究振興財団.厚生省.国立がんセンター主催. 1991.

これまでに受けた競争的研究費


1.    平成30年~32年度科学研究費補助金・挑戦的研究(萌芽)「介護現場のWell-being向上に向けたサービス・プロフィット・チェーンの開発」(研究代 表:森山葉子)研究分担金 H30年度 100千円
2.    平成30年~32年度厚生労働科学研究費補助金(長寿科学政策研究事業)「介護保険事業(支援)計画に役立つ地域指標-全国介護レセプト等を用いて―」(研究 代表:田宮菜 奈子)H30年度  6,293千円(うち間接経費 1,452千円)
3.    平成30年~32年度厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)「在宅及び慢性期の医療機関で療養する患者の状態の包括的評価方法の確立のた めの研究」 (研究代表:飯島勝矢)研究分担金 H30年度 6,150千円(うち間接経費 1,419千円)
4.    平成29年 NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)事業「次世代人工知能・ロボット中核技術開発/> 次世代人工知能技術分野/「ロボットをプローブとした高齢者の生活機能の計測・分析・介入技術の研究開発」」(研究代 表:松本吉 央)H29年  3,801千円
5.    平成29年~30年度 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構/平成29年度 長寿科学研究開発事業「医療介護情報の連結する方法の検証とロジックの構築及 び医療介護の地域差分析:効果的な医療-介護の二次データ活用システム構築のためのヘルスサービス」(研究代表:田宮菜 奈 子)H29年  14,000千円(うち間接経費 3,080千円)
6.    平成28年~30年度 厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業「健康寿命及び地域格差の要因分析と健康増進対策の効果検 証に関する研究」(研究代表:田宮菜奈子)H28年 15,990千円(うち間接経費 3,690千円)
7.    平成28年~30年度厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)「人生の最終段階における医療のあり方に関する調査の手法開発及び分析に関す る研究」(研究代表:田宮菜奈子)H28年度3,000千円(うち間接経費 692千円)
8.    平成28年~30年度厚生労働科学研究費補助金(政策科学推進研究事業)「真のエイジング・イン・プレイス実現に向けた包括的実証研究」(研究代表:田宮菜奈 子)H28年度2,185,千円(うち間接経費 285千円)
9.    平成28年度厚生労働科学研究費補助金(政策科学推進研究事業)「家族介護者に対する支援のあり方に関する調査研究事業」(研究代表:田宮菜奈子)H28年度 2425千円(うち間接経費316千円)
10.    平成28年~29年度厚生労働科学研究費補助金(地域医療基礎開発推進研究事業)「大都市圏における在宅医療の実態把握と提供体制の評価に関する研究」(研究 代表:石崎達郎)研究分担金:28年度1,000千円
11.    平成27年~28年度厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業(政策科学推進研究事業))(H28年度より事業名変更(臨床研究等ICT基盤構築研究 事業))「地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ―二次データ活用システム構築による多角的エビデンス創出拠 点―」 (研究代 表:田宮菜 奈子)H27年度30,000千円(うち間接経費3,913千円)
12.    平成26年度厚生労働科学研究費補助金(厚生労働科学特別研究事業)「地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ―二次データ活用システム構築による多 角的エビデンス創出拠点―」(研究代表:田宮菜奈子)H26年度1,000千円
13.    平成26年~28年 科学研究費補助金・基盤研究(B) 「満足できる人生の幕引きのために-根拠に基づく医療介護整備への学際的実証研究」(研究代表:田宮 菜奈子) 平成26年度 科学研究費補助金(直接経費:1700千円、間接経費510千円)、学術研究助成基金助成金(直接経費:3,000千円、間接経費:900千円)
14.    平成26年~29年 科学研究費補助金・基盤研究(B)「学際アプローチによる高齢者のセクシャリティと心身の健康・社旗経済状態の実証研究」(研究代表:今 井博久)研究分担金:26年度 250千円
15.    平成26年~27年 科学研究費補助金・基盤研究(A)「障害のある学生の修学支援における合理的配慮のあり方に関する学際的研究」(研究代表:竹田一則)研 究分担金:26年度 300千円
16.    平成26年~28年 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(若手研究(B))「在宅介護者の介護継続に必要とされる緊急ショートステイ-その整備に よる介護費用抑制の算出」(研究代表:森山葉子) (直接経費3000千円、間接経費900千円)
17.    平成25年度文部科学省研究大学強化促進事業オンリーワン研究推進プログラム 100万円
18.    平成25年度文部科学省研究大学強化促進事業中短期海外派遣プログラムⅠ期 米国派遣 34万円
19.    平成25年度文部科学省研究大学強化促進事業中短期海外派遣プログラムⅡ期 英国派遣 34万円
20.    2014年度(前期)公益財団法人在宅医療助成勇美記念財団  一般公募 「在学医療研究への助成」:「定期的レスパイト入院が重症障害児および家族の身体的・精神的健康に与える効果 と、小児在宅医療を支えるための医療提供体制の課題 について」(研究代表:山岡祐衣)500千円
21.    2013-2015年 平成25年度筑波大学プレ戦略イニシアティブ(研究拠点提案型)「グローバルエイジングセンター 国境と学問領域をこえた人類の課題への挑戦―つくばから世界への発信拠点(Tsukuba Global Aging Center)」(研究代表:田宮菜奈子)H25年度8,500千円
22.    2012年 平成24年度筑波大学国際・社会連携教育推進プロジェクト「介護者支援プログラム-学問分野・国境をこえた科学的方策の実施と科学的評価」(研究 代表:田宮菜奈子)計350千円
23.    2012年 平成24年度筑波大学人間総合科学研究科戦略プロジェクト「グローバルエイジングへの挑戦-つくば発学際的大学院講義からのブレイクスルー」(研 究代表:田宮菜奈子)計700千円
24.    2012年 平成24年度筑波大学寄付講座「人間安全保障」研究 (研究代表:柏木志保)30万円
25.    2012-2014年 科学研究費補助金・基盤研究(A) 「医療・介護・福祉の融合―現場発ヘルスサービスリサーチによる地域方格ケアの実現」(研究代表: 田宮菜奈子)(2012年度: 直接経費12,500千円、間接経費3,750千円 2013年度:直接経 費:11200千円, 間接経費:3360千円)
26.    2012-2014年 厚生労働科学研究費補助金(地球規模保健課題推進研究事業)「グローバルエイジングへの国境なき挑戦―経験の共有と尊重を支える日本発 学際ネットワークによる提言に関する研究」(研究代表:田宮菜奈子)(2012年度: 直接経費5,821千円、間接経 費0円)
27.    2011-2013年 科学研究費補助金・基盤研究(A)「家族のための総合政策―虐待・暴力防止法制における国際比較を中心に」(研究代表:本澤巳代子)530千円(直接経費 8,600千円、間接経費2,580千円)
28.    2009-2011年 科学研究費補助金・基盤研究(B)「穏やかな人生の最終章のために―公衆衛生学・法医学・法学等学際的アウトカム研究拠点―」(研究代表:田宮菜奈子) 計18,070千円(直接経費 13,900千円) 研究成果:法医学データをもとに、孤独死および自過失死など高齢者の避けうる死について実証的に予防策を提言した。
29.    2009-2011年 厚生労働科学研究費補助金政策科学総合研究事業(政策科学推進研究事業)「福祉・介護サービスの質向上のためのアウトカム評価拠点―実態評価から改善へのPDCAサイクル の実現」(研究代表:田宮菜奈子) 計18,427千円 研究成果:学際的方法で各種のアウトカムを用い、サービスの質について量的に明らかにし、多くの国際雑誌への原著論文を発表した。
30.    2010-2011年 科学研究費補助金・若手研究(B)「マルチレベル分析による訪問看護サービスの供給量に関する実証分析」(研究代表:柏木聖代)計3,770千円(直接経費 2,900千円、間接経費 870千円)
31.    2009-2010年 ファイザーヘルスリサーチ振興財団国際共同研究助成 「先進国における家族介護者支援の現状分析に基づく途上国への適用および日本導入におけるモデル提言-ドイツ、英国、日本お よびチリの文献レビュー・疫学調査分析および学 際的考察に基づく各国の今後の支援のあり方」(研究代表:田宮菜奈子) 計3,000千円 研 究成果:我が国の家族介護者に対する介護保険の恩恵が低所得者に限定されていることを実証し、さらにドイツ他の介護者支援の先駆的事例を詳細に把握する中 で、現金支給が低所得者対策になっていることが示された。しかし、女性の地位のあり方や文化など、導入には検討すべき点 が多いこ とを示し た。
32.    2009-2010年 筑波大学社会貢献プロジェクト「絆がみえるまちづくりの創設―つくば市地域診断に基づく高齢者地域包括ケアネットワークづくり―」(研究代表:田宮菜奈子)計1,084千 円 研究成果:本申請の基盤となるネットワークはここで構築している。行政、サービス提供事業者、利用者が、大学という中立の場に集い、学術観点も含めて討議することの意義を 確認した。
33.    2008-2009年 科学研究費補助金・若手研究(B)「介護保険レセプトに基づく終末期にある要介護高齢者の「居所変化」に関する実証研究」(研究代表:柏木聖代)計4,030千円(直接経 費 3,100千円、間接経費 930千円)
34.    2007-2008年 厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業)「法医剖検事例の公衆衛生学的時系列分析に基づく高齢者孤独死撲滅のための実証的予防政策立案」(研究代表:田宮菜奈 子) 計13,065千円 研究成果:法医学の知見を、公衆衛生学的課題に応用した先駆的研究である。これまで実態があきらかでなかった孤独死について、剖検事例から実証し、独居者を対象とするのみ では不十分であることを示し、環境整備の重要性を提言した。厚労省のシンポジウムに招聘され、この成果を紹介した。
35.    2006-2008年 科学研究費補助金萌芽研究「法医公衆衛生学の構築-根拠に基づく医療福祉政策立案の新しい方法論」(研究代表:田宮菜奈子) 計3,300千円(直接経費3,300千円) 研究成果:法医学の知見を幅広く公衆衛生に応用する上での問題点などを理論的に議論し、先駆的にとりくんだ孤独死のみでなく福祉や医療のアウトカムとしての法医学データ活 用に貢献した。本研究費から開始した法医公衆衛生学研究会は、毎年公衆衛生学会で開催しており、h23年で4回目となっ た。
36.    2006-2007年 科学研究費補助金・若手研究(B)「介護保険レセプトによる訪問看護サービス利用に関する縦断的実証研究」(研究代表:柏木聖代)計3,300千円(直接経費 3,300千円)
37.    2005-2006年 厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業)「高齢者の望ましい終末期ケア実現のための条件整備に関する研究-介護保険施設における終末期ケアの検討を中心に」(研 究代表:田宮菜奈子) 計10,944千円 研究成果:特別養護老人ホームでの看取りの現状について実証分析を行い、重要性と留意すべき事項について明らかにした。
38.    2004-2006年 厚生労働科学研究費補助金政策科学推進研究事業「サービス利用モデルを用いた給付実績分析による介護保険政策評価研究」(研究代表:田宮菜奈子) 計4,600千円 研究成果:レセプトデータにより介護サービスを評価する方法の基礎を築き、我が国で最初の介護保険サービス利用の要因に関する論文を国際雑誌に原著発表した。
39.    2004-2006年 科学研究費補助金・基盤研究(B)「アウトカム評価に基づく高齢者施設ケアの質の確保システムの構築」(研究代表:田宮菜奈子) 計6,200千円 研究成果:学際的方法で各種のアウトカムを用い、サービスの質について量的に明らかにし、多くの国際雑誌への原著論文を発表した。
40.    2002-2003年 科学研究費補助金・基盤研究(C)「ヘルスサービスリサーチ手法による介護保険の評価-保険料支払い発生によるサービス利用への影響」(研究代表:田宮菜奈子) 計2,819千円 研究成果:ヘルスサービスリサーチ手法による介護保険の評価-保険料支払い発生によるサービス利用への影響
41.    2002年科学研究費補助金・若手研究(B)「看護業務改善プロジェクト支援システムの開発研究」(研究代表:柏木聖代)計2,300千円(直接経費 2,300千円)



研究室の様 子

Every story has a beginning...

member-1

December 2014

クリスマス



July 2014

田宮教授の誕生日

member-2
lab_14

Laboratory Members

研究室のみんな

Guests Speakers

ゲストスピーカーとの交流

member-4
member-5

Social Contribution

社会貢献事業後 田宮教授誕生日

2010 Year-End Party

2010年忘年会

member-5
member-1

Doctor Murou

つくばの地域医療に貢献されておられる室生先生をお招きして

July 2007

2009年7月、研究室パーティにて

member-2
lab_14

April 2009

2009年4月、研究室が
総合研究棟Dへ


March 2007

2007年3月、祝 学位取得

member-4
member-5

October 2006

2006年10月、雙峰祭
「学研企画」で研究室の
紹介をしました

Germany

ドイツMDKのモーア先生を
お迎えして

member-5
member-1

December 2006

2006年12月、研究室で
クリスマス会を行いました

April 2006

2006年4月、新入生歓迎

member-2
lab_14

July 2005

2005年7月、厚生労働科学
研究班会議後の
懇親会

July 2005

田宮教授の誕生日会
ウェルカムボードを
プレゼントしました。

member-4
member-5

April 2005

2005年4月、田宮研究室初の
大学院生の入学式




Beginning

member-5


大学院生募集

ヘルスサービスリサーチ 分野 とは

大学院課程

お問い合わせ&アクセス

Information

  • 月-金: 9:00から5:00まで
  • 所在地:〒305-8575 茨城県つくば市天王 台1-1-1  医学系学系棟861
  •            筑波大学 医学医療系  ヘルスサービスリサーチ分野
  • TEL: 029-853-8849
  • FAX: 029-853-8849
  • Email: hsr_at_md.tsukuba.ac.jp (_at_は@に変換してください)
  • ACCESS

    • ◎つくばセンターから筑波大学へ
      つくば駅に隣接するバスターミナル「つくばセンター」6番のりばから、関東鉄道路線バス「筑波大学循環 右回り」または「筑波大学中央」行きに乗車、「追越学生宿舎前」で下車。料金は200円。運行間隔は10-20分。
      バス停を降りてからは、下の図をご参考に守衛の在中する入り口からお願いします。
      こちらの案内は、研究室あてとなっております。青線の道からお越しください。赤い印に守衛駐在の入口がありますの で、そこからお入りください。
      守衛室を通りすぐ右へ曲がりますと、右に2台のエレベーターがあります。エレベーターで8階まで上がっ ていただき、エレベーターから降りて左方向、次に右方向にお進みください。840室または861室へお声かけくださ い。