医療科学類

卒業後の進路

医療科学類では4 年の間に、臨床検査学の各科目をコアとして、広く医科学を学びます。卒業時には、臨床検査技師の国家試験受験資格が得られます。進学先としては、人間総合科学研究科の中のフロンティア医科学専攻(修士課程)があり、さらに博士課程への進学も可能です。就職先は、このような大学院における研究や臨床検査技師の資格を活かしたものになります。

生化学的検査実習

過程

進学

大学院に進学し、より深い医療科学の修得や研究を進め、将来研究者や教育者を目指す道も用意されます。医療科学類卒業生の主な進学先である本学のフロンティア医科学専攻(修士課程)では、修了生が研究者・教育者あるいは高度専門職業人など多様な進路に進んで、安心で健康な社会の実現と維持のために活躍する人材となるように育成することを目的としています。

具体的には下記の人材の育成を目指しています。

  1. 大学などの研究・教育機関において医科学の基礎的研究の推進に貢献しうる人材
  2. 医療に関係する企業等において研究開発や医療関連業務に携わる人材
  3. 国際保健協力・医療行政・予防医学・労働衛生・医療施設管理・福祉などの分野において活躍できる人材
  4. 医療の安全や健康増進に資するための新分野を開拓できる人材

取得資格

医療科学主専攻の学生は、卒業時に学士(医療科学)の称号と臨床検査技師国家試験受験資格が得られ、合格すれば臨床検査技師としての専門職に就く道が開かれています。その後、細胞検査士養成所に進学し、所定の教育と試験を受けて細胞診の専門家になることもできます。臨床検査技師が資格要件となるものには、超音波検査士、健康食品管理士、日本糖尿病療養指導士、治験コーディネーターなどがあります。

卒業生は病院をはじめ、検査センターなどにおいて第一線の臨床検査技師として活躍しています。また、製薬、食品、化学関連の企業に就職し、その研究所で商品開発や研究で活躍することもできるでしょう。

国際医療科学主専攻の学生は、卒業時に学士(国際医療科学)の称号が与えられます。また希望に応じ、自由科目を選択することで臨床検査技師国家試験受験資格を得る制度について現在検討中です。

実習

グラフ