医療科学類

在校生・卒業生からのメッセージ

高鉾 良成さん

2年生

医療科学類のガイドブックやホームページをご覧の皆さん、初めまして。筑波大学医学群医療科学類二年次二年の高鉾良成です。ここでは、皆さんには私がこの医療科学類に入学し学び舎に通ったことで感じたことを綴りつつ、学類の紹介をしていきたいと思います。

本学類では、一年生のうちは物理、化学、生物といった基礎科目の学習をメインに置いた授業が多いです。高校で選択しなかった理科分野を一年生のうちに学習できます。もちろん、人体機能学やその実習といった専門科目も学習します。一年生のうちから専門的な内容に触れることができるので、これから医療に従事する実感も沸き、手ごたえのある授業を受けることができます。

二年生では更に専門的な内容の授業が一層増えてゆき、圧倒的に授業の密度もこくなっていきました。実際私は今、臨床検査技師になるために必要な知識等を本格的に学習しています。

私は本学類には臨床検査技師になるために入学しましたが、上記のような授業をうけることで、特に血液の研究にもまた深く興味を持つようになりました。このような興味を持つことができたのもこの医療科学類の提供する授業の賜物であると思います。

また、この医療科学類の特徴として、一学年に一クラスしかなく、約40人しか在籍していないことがあります。世に描く大学生活とは少し異なりますが、この高校生のような生活は同期生との友情をより深く育むことができます。更に人数が少ないので、他の学年の医療科学類生との交流も他学類と比べても圧倒的に多いです。この医療科学類独自の交友関係のおかげで、先輩方に進路や勉強についての相談もでき、同期とも将来について意見交換をできる素晴らしい環境に身を置くことができています。毎日仲のいい友達と楽しくすごせて語らえることも、この医療科学類の良いところなのだと思います。

医療科学類は本気で勉強ができ、本気で自分と向き合える素晴らしい学類です。将来、臨床検査技師や医療関係の研究職に就きたいと考えている人ならきっと満足のいく大学生活を送ることができると思います。実際、私自身もこの学類に入学したことに後悔も後腐れも一切ありません。来年、皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

 

土居 杏珠さん

医療科学主専攻3年生

皆さん、こんにちは。私は医療科学類3年医療科学主専攻に在籍しています。ここでは医療人として働くための医学、また医科学研究への基礎となる知識を学びます。単に臨床検査を行うためではなく、様々な分野にわたって広く深く学んでいます。

医療科学類には医療人として働きたい人や研究者になりたい人など、様々な夢を持った人がいます。私は現場で医療に携わりたいと思う一方、医科学研究にも興味があるため大学院進学を考えています。専攻を決める際は、学部生のうちは臨床検査技師としての知識や技術、態度の習得に重点を置き、さらに医科学分野の研究に関わる専門知識も学びたいと思ったので、医療科学主専攻を選択しました。将来どこに進んでも自分の力となる知識や技術を学ぶことができることは、医療科学類の大きな魅力の一つだと思います。

また学類として国際交流に積極的で、様々な経験ができます。私は1年生では英語でグループワークを行う授業を履修し、2年生の春休みには留学生を招き研究室体験を行うコース、また国立台湾大学で研究室体験を行うコースの2つに参加しました。2年生でのコースは、日常的に英語を話し、普段の実習を実践できる貴重な経験でした。さらに勉強面に加えて、海外での生活や出会った外国の友達を通して視野が広がりました。

学校生活としては、私たちは必修科目の授業や実習が多く人数も少ないため、学年内でとても仲が良いです。一緒にいて楽しいだけでなく、勉強や将来のことなどを真剣に話すことができる友達ができました。また授業に実習にテストにレポートに…と非常に忙しい学類ですが、多くの人がアルバイトや部活など、授業以外で何かしらの活動をしています。私は医学弓道部に所属し、勉強以外にも打ち込めるものを見つけてメリハリのある充実した学生生活を送っています。

医療や医科学研究に興味のある方にとって、医療科学類は最高の学類だと思っています。皆さんのご入学を心よりお待ちしています。

 

中田 慎也さん

国際医療科学主専攻3年生

皆さん、こんにちは。医療科学類3年の中田慎也です。僕は医療科学類の中でも、国際医療科学主専攻について説明したいと思います。皆さんは国際医療科学主専攻と聞いて、どのようなことをイメージしますか?名前だけ聞いても、具体的に何をしているのかはなかなかイメージしづらいことと思います。このガイドブックには、“医科学領域のグローバルな課題に取り組むための専門英語コミュニケーション力と研究実践力を重点に修得する”と記載されています。この説明文のキーワードは、“専門英語”と“研究”だと思います。

まず英語に関して言えば、国際医療科学主専攻に進むと医科学専門語学という授業があります。この授業は英語で行われ、毎週、先生から提示された英語論文を読み、まとめ、発表します。その発表も英語で行うため、聞く、読むだけでなく、話すという点でも鍛えられます。研究室配属になれば少なからず英語論文を読むことになると思うので、論文の読み方を教えていただけることはとても勉強になります。その他にも、同じ授業を取っている留学生と交流したりと、英語を使う時間が格段に増えます。

研究に関しては、3年生から研究室配属になることが挙げられます。実験を行う上で大事なことは臨床検査技師の仕事にも共通であり、普段の実習においても学ぶことが出来ますが、このコースの魅力は3年生から実際の研究の場に出れるということだと思います。今は新しいことの連続で、非常にワクワクしながら毎日を過ごしています。

僕が国際医療科学主専攻を志望した理由は、元々ヒトの体や行動の仕組みに関して研究したいと思っていたこともありますが、1、2年生の時に医療科学類で海外派遣プログラムに参加させていただいたことが大きいです。インドネシアやベトナム、台湾に行き、現地の学生と研究室体験やワークショップを行い、最後に行った実験をまとめて、発表しました。その中で、将来自分が行った研究を世界に発信したい!と思うようになりました。そのための基本を学ぶことのできる国際医療科学主専攻は自分にとって非常に魅力的に感じました。

最後にはなりましたが、医療科学類は将来の選択肢が大きく開けている学類だと思います。僕の友人も様々な将来像を描いており、その一つ一つを聞くのがとても楽しいです。医学・医療に興味がある人、ヒトの体の仕組みに興味がある人、ぜひ医療科学類で学んでみてはいかがでしょうか?

 

来田 真友子さん

医療科学主専攻4年生

受験生のみなさん、こんにちは。私は筑波大学に入学して今年で4年目になりますが、この医療科学類に入学し勉強することができて本当によかったと思っています。今回は、そんな医療科学類の魅力をみなさんに少しでも伝えられたらと思います。

筑波大学医療科学類の他大学・学科にない魅力は、入学してくる生徒が将来目指しているものがそれぞれ違うという、その柔軟性にあると思っています。臨床検査技師になりたい人、研究者になりたい人、まだどちらとも決めかねている人、など多種多様な将来像を描いている人たちが集まる、それを可能にしているのが医療科学類のカリキュラムです。

医療科学類の授業では、臨床検査技師になるために必要な授業はもちろん、研究者になるために役立つ授業や実習も数多く行われます。昨年度は、様々な分野で活躍されている先生方に、最先端で行われている研究を解説していただく授業が開講されたり、実験動物の遺伝子組み換え、胚操作を実際に見学し、体験する実習を受講したりしました。どの授業もとても刺激的で、学べば学ぶほど自分の学術的視野が広がっていくのを感じました。このような機会はあたりまえにあるものではなく、この医療科学類のカリキュラムならではの特色だと感じています。

私自身は循環器疾患に関わる研究をしたいと考えており、大学に入学するまで臨床検査技師という職業についてはほとんど知りませんでした。別に資格が取れなくてもいいかなあ、と思っていたくらいです。しかし、大学で臨床検査技師の仕事や病院内での役割を学び、実際に病院実習という形で医療現場を知ったこと、また現在の医療現場では当たり前とされる多職種連携に基づき、同大学の医学・看護の学生や、他大学の診療放射線・理学療法を専攻とする学生と合同で課題に取り組むことで、臨床の現場における検査技師という職業にやりがいを感じるようになりました。また、よい研究開発をするためには実際に医療現場を見て理解し、今現場で求められていることはなにか、を考えることが必須であり、それを学生のうちに少しでも経験できたことが、研究職を目指す自分にとってもよい経験になったと思っています。もし仮に、医療の資格を取らないような別の学科で学んでいたら、これらに気付くことすらできなかったかもしれません。

また、医療科学類では先に述べた通り、将来目指す職業がみな同じという訳ではありません。これは一見当たり前のことように思えますが、通常医療系の学部学科では、医学部で学ぶ学生、看護学部で学ぶ学生は、それぞれ9割は医師、看護師になるように、ほとんどの学生の進路は同じです。しかし医療科学類では、学生の進路はそれぞれ異なります。臨床検査技師、研究職、はたまた一般企業と、将来が異なる者同士が集まることによって、お互いに刺激しあい、様々な観点から話ができることもとても自分の成長につながったと感じています。

医療科学類では他の大学・学科では経験できないような、貴重で恵まれた環境が整っています。これらは臨床検査技師、研究職を目指すみなさんをより一層高めてくれるはずです。みなさんの入学を心よりお待ちしています。

岩橋 優花さん

筑波大学大学院
人間総合科学研究科
フロンティア医科学専攻1年

私は、祖母の病気をきっかけに「自己免疫疾患の研究をしたい」と考え、研究ができる環境のある大学を探し、医療科学類にたどり着きました。オープンキャンパスで話した医療科学類の先輩方は皆楽しそうに大学生活や自分の研究の話をされており、きらきらと輝いて見えました。その姿が印象的で、医療科学類で学びたいという気持ちがより強くなったのを覚えています。そして入学後、4年生の卒業研究から現在まで自己免疫疾患について遺伝子の観点から研究をしています。高校生の頃に考えていたほど研究は簡単なものではないですが、自分の興味のある研究ができ、とても有意義な時間を過ごしています。

また、筑波大学は留学生が多い大学です。大学内を歩いていると、日本語、英語、中国語、そして何語か分からない言葉が同時に耳に入り、ここは本当に日本なのかな?と思うこともあります。医療科学類でも留学生とともに授業や実習を行うことがあり、自分が知らないことを英語で学んだり伝えたりすることは難しかったですが、今振り返れば良い経験をさせてもらえたなと感謝しています。

そして、多くの学生は学業だけでなく部活やサークル活動にも力を注いでいます。私は、子どもと関わるサークルに2つ所属し、健康な子どもたちに保健教育をする活動と、小児病棟の子どもたちに楽しみを与える活動を行っていました。私にとってサークル活動は楽しみのひとつで、学業の息抜きにもなっていました。

授業、研究、サークル活動、全てにおいて真剣に全力で取り組んだ医療科学類での4年間は、あっという間でしたが、非常に濃く充実した日々であったと感じています。

みなさんは、どうして医療科学類に興味を持ったのですか?臨床検査技師になりたいから、研究者になりたいから、医療に興味があるからなど、理由は様々だと思います。ですが、その気持ちを大切にしてください。そして受験勉強に行き詰まった時には、思い出してください。きっと頑張る力になるはずです。みなさんのご入学を心からお待ちしています。

 

中渡 一貴さん

平成26年度卒業
東京大学医学部附属病院
検査部

私は平成26年度に医療科学類を卒業し、現在は臨床検査技師として働いています。聞き慣れない職種ではありますが、皆さんも病院に行くと実は関わっているかもしれません。採血、心電図、エコー等の検査を担っています。知名度も低く、決して目立つ職種ではありませんが、検査技師によって出された検査データに基づいて診断・治療が決定されることも多く、医療の根幹を成すとても重要なポジションだと思います。

臨床検査技師になるには筑波大学以外にも様々な学校があります。その中でも筑波大学を選んだ理由のひとつとして、総合大学であるということが挙げられます。医学系のみならず、教育や情報、理学、芸術、体育など様々な分野の学生が集まっています。実際に、そのような人と部活やバイトなどで知り合い、別の分野の話を聞くことは興味深く、とても良い経験になったと強く感じています。また、部活が盛んであることも筑波大学の特徴であると思います。ほとんどの学生が部活やサークルに所属しており、勉強やバイトとの両立をしています。ありきたりな話かもしれませんが、部活やサークルで同じ仲間とともに何かを成し遂げることはとても気持ちの良いことで、人生経験のひとつとしてかけがえのない物になります。このように何かに打ち込める環境があるということは筑波大学ならではだと思います。勉強との両立というのは決して楽なことではなく、時には苦しむこともあるかと思います。しかし、このように何かを両立する、同時並行的に物事を進めていく力というのは、どんな職に就いたとしても必ず必要な資質になってくると思うので、学生時代にこういった経験ができるのはとても良いことだと思います。

これまでありきたりな話が続きましたが、実際に働くようになり、他大学出身の人に話を聞く機会も多いですが、筑波大学でよかったと実感しています。しっかりと勉強しつつ、ここまで学生生活を充実させることができる環境は筑波大学ぐらいしかないと思います。これを読んで頂いた方にはぜひ筑波大学で学んでもらい、将来、臨床の現場で一緒に仕事ができればと思います。