看護学類長あいさつ

看護学とは

 筑波大学医学群看護学類は、看護学を学び卒業後に看護職(看護師、保健師、養護教諭、大学院を経て助産師、専門看護師など)を目指し、医療の分野で指導的役割を担い、世界で活躍できる人材を養成しています。

 看護学は実践の科学であり、応用の学問です。また看護は、その人らしく生きることを支援し、対象者それぞれが自己実現できるように健康の側面から援助することであり、看護職者は看護の対象者の人格を尊重し、対象者が持っている希望や価値観を知り、その人の持てる力を最大限に発揮できるように支援する職業です。看護職者は、看護の対象者が環境に適応するために自ら考え、感じ、行動する存在であることを理解するとともに、看護の対象者が自己決定できるように健康生活についての学習機会を設けたり、日常生活を支えたりすることが求められています。対象者と協働しながらそのペースを乱さないことが大切です。

看護学類長看護学類長 森 千鶴

 質の高い看護実践のためには、人が生まれてから死を迎えるまでの人生や、生活の全般、家族や他者との関係、人間の身体のしくみや病気について幅広く理解した上で、個々の対象者に合わせて考え、援助を工夫することが求められています。

 

看護学類での学習

 質の高い看護実践ができる人材の育成を目指して、看護学類では、1,2年次では幅広い人間理解と教養を身につけ人間としての成長に必要な総合科目や基礎科目を学修します。また2,3年次には、看護専門職者になるための基礎的な科目を「心と行動の科学」「人間と生命科学」「生活支援学」の3領域から学修します。さらに4年次には看護の専門科目の集大成としてOSCE(Objective Structured Clinical Examination:客観的臨床能力評価)を実施しています。また医学類、医療科学類の学生及び東京理科大学の学生と一緒に小グループをつくり、患者・家族のケアに多職種が関わるケースシナリオをもとに、ケースのケアについてディスカッションにより進める専門職種間のPBLチュートリアル(ケアコロキウム)も実施しています。

 看護学類では平成24年度入学生から養護教諭養成課程、保健師養成課程を選択制にしました。養護教諭課程では養護教諭に必要な教育に関する科目を履修します。保健師養成課程では、主に4年次に公衆衛生看護関連の科目を履修します。

 養護教諭や保健師を選択しない学生には、看護系大学の卒業生に求められている応用能力、研究的視点の育成を目指して「看護学の探究」を設けました。「国際看護学」「看護人間工学」「子どもの健康支援学」「看護実践・ケアシステム開発」「女性の健康支援学」「高齢者ヘルスプロモーション」「精神の健康・障害支援学」7つの領域に分かれ、ゼミ形式で演習を進め専門性を追究する科目です。学生の興味に応じて1~2名の学生がひとりの教員から専門指導を受ける授業です。また、国際性を身につけるために、米国イリノイ大学での授業、病院でシャドーイング実習を含めた夏期セミナーに参加することも可能です。米国南インディアナ大学には長期留学している学生もおります。

 

看護学類で共に学習しましょう

 筑波大学は、豊かな自然、学類を超えた横のつながりもあり、楽しく学習できる環境があります。看護学類は本年3月に第10期生が卒業をしました。筑波大学の中でも新しい学類ですが、大学院に進学する卒業生も多く、医療・教育・行政の場で広く活躍しています。

 学際性、国際性、コミュニケーション能力、高度な専門性を身につけ、看護を探究していきたいという意欲あふれる人をお待ちしております。

 

看護学類長 森 千鶴
平成28年5月