在校生・卒業生からのメッセージ

栗木 理花さん

2年生

皆さんこんにちは。看護学類2年の栗木理花と申します。早いもので入学してから1年が経ちました。毎日、勉強に部活、アルバイトや遊び…と充実した日々を過ごしています。これから、筑波大学を選んだ理由と私の大学生活についてお話したいと思います。

 

私は、小学校高学年の頃から漠然と看護師になる夢を持っていました。筑波大学を志望したのは高校1年生の時です。夏休みに学校説明会に参加し、看護学類の学生の楽しそうな大学生活、それぞれ明確な夢を持って勉強を頑張っている姿に圧倒されるとともに憧れの気持ちを抱いたことを覚えています。その憧れも目標に変わり、ここで実習している自分や看護師として働く自分を想像して受験勉強の励みにしていました。

 

看護学類の授業は、1年生は教養科目と専門基礎科目が主です。高校までの授業とは異なり、自分の興味ある専門分野が多くなります。面白い反面、初めて学ぶ具体的な医学知識に驚きを感じることもあります。また、ひとつのテーマを自分なりに考え意見する講義は看護学類の特徴だと感じます。正解のない人間の様々な価値観に触れることで人としても成長できました。

 

そして、大学生活では勉強の合間に自分の時間を持つこともとても大切なことです。筑波大生は1人暮らしの人が多いですが、私は実家から車で通学しています。放課後は部活動で体を動かしたり、飲食店で接客のアルバイトをしたり、友達とご飯を食べたりして楽しんでいます。私は筑波大学で本当に大切な人々と出会い、つながりを持つことができました。このように、大学生だから挑戦できることや素敵な出会いがあります。その中で、今しかできない貴重な経験をして自分を高めています。

 

私は今、救急に興味があるため、将来認定看護師の資格を取得したいと考えています。看護学類での学びは新しい発見であふれているので、これから始まる病棟実習や専門科目の講義がとても楽しみです。ぜひ皆さんも一緒に、筑波大学で大切な仲間からたくさん刺激を受けながら充実した大学生活を送りましょう。

 

宮下 奈菜さん

3年生

受験生の皆さん、こんにちは。筑波大学看護学類の受験を考えている皆さんに筑波大学の魅力を少しでもお伝えできたらと思いメッセージを書かせていただきたいと思います。

私が看護師を志したきっかけは、看護師として働いていた祖母の存在があります。祖母のように思いやりを持って他者に接することができる人になりたくて、看護師という仕事を志そうと決めました。そのために、具体的にどの分野で看護師として働きたいのか考えたことがなかったため、現在様々な分野の看護について学び将来について考えています。私が学びの中で一番印象に残っているのは二年生の春の実習です。この実習では初めて受け持ちの患者さんを持ちます。実習が始まったばかりの頃は緊張で患者さんとうまく話せず、悩むこともありました。しかし患者さんと時間を共にし、自分にできることは何なのか考えていくことで患者さんとの信頼関係を築くことができたと思います。実習は正直辛いこともあります。ですがそれ以上に学べることがたくさんあり、看護師になりたいという自分の思いが強くなる機会にもなりました。

筑波大学の魅力の1つとして部活動があります。たくさんのサークルや部活動があり、他学類の人と交流することができます。私は医学陸上競技部に所属しており、部活動と勉強の両立を目標にしています。この部活は医学群の学生が所属しているため実習に関すること、勉強に関することなど様々な話を聞くことができます。また実習先で同じ部活の先輩が働かれていたりするとすごく心の支えになることもあり、この部活で得られた人間関係はかけがえのないものだと思うことができます。

受験生の皆さんの中には看護師になりたいけれどまだ具体的にやりたいことが決まっていない方もいらっしゃるかと思います。しかし筑波大学看護学類に入学したくさんの人と接して様々な考え方を学び、経験することで目標は必ず見つかるはずです。受験勉強は辛く、やめてしまいたいと思うこともあるかもしれませんが、それを乗り越えた先にある楽しく充実した大学生活を思い浮かべてぜひ頑張ってください。皆さんが入学されるのを心よりお待ちしています。

 

高久 結衣さん

4年生

受験生の皆さん、こんにちは。筑波大学看護学類の受験を考えている皆さんにメッセージを執筆させていただくにあたり、私が看護師を目指したきっかけから、これまでの学生生活を振り返りたいと思います。

私が看護師を志すようになったのは、幼い頃から通っていたかかりつけ医院での看護師さんとのふれあいがきっかけです。看護師さんが優しく話しかけてくれたことで治療に対する不安や痛みが和らぎ、いつか私も看護師として人の役に立ちたいと思うようになりました。数ある看護大学の中から筑波大学を選んだ理由は、県内の看護大学の中で唯一医学類と医療科学類があり、多職種との関わりを学ぶことができる環境だと考えたからです。基礎科目や総合授業、医療チーム連携実習などで看護以外の学生と関わり、様々な視点で医療を考えることができます。また、私は研究にも関心があったため、看護学の研究に関する授業があることに魅力を感じました。これまでの様々な授業や実習を経て、研究に対する関心がますます高まりました。将来は臨床と研究の双方から、緩和ケアに携わりたいと考えています。

私の学生生活をより充実させているものは、部活動です。筑波大学には数えきれないほどの部活動・サークルがあるため、自分に適した団体を見つけることができます。私は医学水泳部に所属し、部活動と勉強の両立に励んでいます。この部活には、医学系以外にも理系、文系、留学生、大学院生など様々な分野の学生が所属しています。私はこれまでに多くの刺激を受け、自身の視野が大きく広がりました。また、自分の考えに固執せず、柔軟に物事を受け止める姿勢が身につきました。これらは、人それぞれ異なる生活背景をもつ患者さんを一番近くで支える看護師として働くうえで、とても大切なことだと思います。

受験勉強は辛いかもしれませんが、頑張りが実を結ぶ素晴らしい大学生活が待っています。皆さんのご入学を心よりお待ちしております。

 

榊田 有希さん

4年生
平成29年度編入学

受験生の皆さんこんにちは。これから筑波大学看護学類の受験を考えている皆さんに、編入学生の立場から見た筑波大学の魅力を紹介していきたいと思います。

先に、私が編入学に至った経緯ですが、専門学生時は看護師としての実践力を磨くことに必死で、興味関心を深める心の余裕がありませんでした。公衆衛生学についてさらに深く学びたい、いろんな人と関わる中で自分の世界を広げたいと思い、受験しました。

1つ目の魅力は、看護学類には様々な夢や目標に向かって努力している仲間がたくさんいるという点です。私の周りには、将来、国際連合の職員や JICA、国境なき医師団等に所属し国際看護に携わりたい人、看護系技官として国をより良くしたい人、養護教諭として学校保健に携わりたい人、大学院に進み助産師を目指す人、企業や地域で保健師を目指す人がいて、本当に目指す道は様々です。そんな仲間と一緒に学ぶ中で多くの刺激をもらいながら生活ができます。

2つ目の魅力は、総合大学であるという点です。空き時間に国際・障害科学・心理学・体育等、自分が興味のある分野の授業をとることができます。これらの授業や、サークル・部活動で他学類生と関わる機会が多くあります。例えば、私は医学水泳部に入部しましたが、そこでも医学群を初め、いろんな学類の学生が所属しているので、他学類の友人が増えました。彼らは、看護学と違う学問を学び、見る視点も違うので驚きや発見も多いです。

また留学生が多いのも特徴です。英会話サークルに参加し、実際に英語でコミュニケーションをとることで、ヨーロッパ・アジア・アフリカ等、多くの国籍の人と友達になれました。また、学生宿舎である Global Village に住み、日本とは違う国の人と一緒に暮らしています。このように国際色豊かな環境で多様な価値観に触れることができる環境が整っています。

今、大学生活を振り返り、入学して本当に良かったという思いでいっぱいです。皆さんのご入学を心よりお待ちしております。

 

山口 慶子さん

平成25年度卒業
筑波大学大学院
人間総合科学研究科
看護科学専攻
博士後期課程3年

受験生のみなさん、こんにちは! 大学進学および進学後の進路の参考になればと思い、看護職としてのキャリアという視点で、約9年間の私の大学・大学院生活を振り返りたいと思います。

当時、みなさんと同じ高校生だった私は、青年海外協力隊の助産師として活動する夢に向かって、グローバルで開かれた筑波大学への進学を決めました。進学後、2 年次の基礎看護学実習で、病院で療養生活を送る患者さんと初めて関わり、患者さんと関係性を築くこと、目の前の患者さんを看護するとはどういうことなのか考えながらケアすることの楽しさと難しさを学びました。患者さんともっと関わりたいと思い、2 年半にわたって附属病院で看護学生アルバイトを経験させていただきました。健康障害のある新生児・乳児が入院する病棟で、実習生でもない、看護師でもない立場で、患児・家族と関わった経験は、私の中で本当にかけがえのない思い出です。そうした経験の中で、疾患を抱えた子どもと家族の看護を研究すること、次の世代に看護を伝えていくことや、他者とともに看護を考えることに強く惹かれるようになりました。

自分なりに看護と真剣に向き合う中で、高校生の頃に抱いていた助産師という夢は、小児・家族看護の研究/教育者として活動する夢へと変わりました。そのため、卒業後はそのまま大学院の博士前期課程に進学し、平日は大学院で研究を学び、土日は病院で非常勤看護師をする多忙な2年間を駆け抜けました。博士後期課程への進学に際して、日本学術振興会の特別研究員として採用していただき、現在は国からの支援をいただきながら研究に集中して取り組めています。研究の成果は、国内外の研究者と共有することで、大学や国の垣根を超えて看護の質の向上に貢献していくことができます。

卒業生の一例として、ご想像いただけましたでしょうか。IMAGINE THE FUTUREを胸に、あなたも、看護学類で自分だけの看護キャリアの礎を築きませんか?

 

田中 聡壮さん

平成21年度卒業
筑波大学附属病院 看護師

私は現在、筑波大学附属病院の救急外来にて勤務をしています。筑波大学を知ったきっかけは、高校時代の先輩が筑波大学に在学しており、友人も筑波大学を志望していたことがきっかけでした。オープンキャンパスに来たときに、大学が緑に囲まれていることと、何より筑波大学の広さに驚きました。

筑波大学での授業は、専門の先生方が多くいるので、各領域の理論を学ぶことができます。また、演習や実習、グループワークがあり、就職に必要な考える力を身につけることができました。私が附属病院で実習したときには、学類ができて間もないこともあり、卒業生は少数でした。現在は多くの卒業生が附属病院に勤めていることもあり、実習のしやすさを感じられると思います。また、看護や医療に関連した授業だけではなく、他学類の授業を受けることができます。憲法や経済学、哲学、外国語などの講義を受けることができ、多様な知識を得ることができました。

勉学だけでなく、多様なサークル・部活動も盛んです。国立大学ということもあり、男性も多くいるので友人も作りやすい環境です。私は、大学時代に学類・サークル・アルバイトを通して、多くの友人と出会うことができました。

また、つくばは程よい田舎です。つくばに住めば、通学のために満員電車に乗る必要がありません。また、買い物や娯楽などの施設はあるため、遠出をする必要がありません。自然の中にも、都内にも1時間で行けるという好立地です。公園も多数ありスポーツを行うこともできます。広くキレイな部屋にも、安く住むことができます。

私は卒業後、千葉県の総合病院に就職しました。しかし、つくばが忘れられず筑波大学附属病院に戻ってきました。通算10年以上、つくばに住んでいます。

筑波大学で、看護に限らず多くのことを学び、経験し、視野を広げてください。そして、よき友人と出会えることを願っています。みなさんの入学をお待ちしております。