筑波大学 医学医療系 Faculty of Medicine

がん看護学
Oncology Nursing/Palliative Care Nursing



印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


主な研究内容

水野道代 教授 LinkIconTrios                                                                         

1. がん患者の適応行動に関する研究
【研究の概要】
 がんの診断は生命への脅かしを意味し、その治療は生体に大きな衝撃を与える。がんの診断や治療は、身体的にも心理社会的にも非常にストレスの高い出来事である。しかし、人間はこのようにストレスフルな出来事にも適応し、回復できることを示す研究結果が、数多く発表されている。ただ誰もがみな、病気がもたらす問題を適切に解決し、がんの衝撃から直ぐに回復できるわけではない。がん患者の安寧や健康を確保するためには、本人の回復力に任せるだけではなく、彼らのストレス‐対処過程に看護援助を通して働きかけることも重要である。
 私たちは、がん患者のストレス-対処過程に働きかけ、その適応行動を活性化させることを目的とするサポートプログラムを開発し、その効果を検証するための研究に取り組んでいる。
 当該プログラムは、がんと診断され入院治療を受けた、あるいは外来で継続治療を受けているがん患者に対して、看護師が提供する、認知行動的な援助介入によって構成されている。その組み立てはStress-Coping Theory、Attribution Theory、Social Cognitive Theoryに基づいたものであり、患者に取り組み(問題解決)型の対処を促すだけでなく、その感情表出を支えて、彼らが問題を避けたり、行動や感情を抑制したりする機会を減らす働きかけを看護師が行う構成になっている。当該プログラムに高く期待されることは、患者へtailor-madeの援助を提供できることの効果のみではなく、開始時に適応課題の実例が提供され、それが患者のニーズを漠然としたものからイメージ可能なものにしてくれることの効果にある。この適応課題の実例は、がん患者の実体験に基づいて帰納的に導き出されたものである。
 欧米では、認知行動療法をはじめとする認知行動的介入ががん患者のQOLに短中期的な効果をもたらすことが、複数の研究において検証されている。しかし不安や抑うつ、疲労などのQOLに関連する要因への効果については、その研究結果は一様ではない。私たちの研究の特徴は、QOLの維持・改善を援助介入の目標とした上で、QOLに影響する要因も含めた指標によって介入の成果を評価することにある。
2. がん体験者のための看護援助に関する介入研究
3. 緩和ケアを必要とする患者と家族への看護介入に関する研究

笹原朋代 助教 LinkIconTrios

1. 緩和ケアチームの活動とその有用性に関する研究
2. 緩和ケアの質の評価に関する研究
3. 看護師に対するエンド・オブ・ライフ・ケア教育に関する研究

山下美智代 助教 LinkIconTrios

1. 周手術期にある患者の安楽に関する研究
2. 術後患者の回復過程に関する研究
3. がん看護に関する臨床研究