献体とは 

 医学・医療の発展のため、また、次世代に力量の高い医師・歯科医師を社会へ送りだすための解剖学教育・研究用として、死後、自分の遺体を無条件・無報酬で提供することを言います。

 

 献体は医学教育に必要不可欠であり、白菊会会員皆様のご支援とご協力による「自分の身体をつかって十分勉学に励んでください」という願いが込められたご遺体より学生は基礎医学である重要な解剖学の知識の修得はもちろん、ご献体いただいた故人に対する感謝とその期待に応える責任を自覚するという、精神的教育を受けています。