献体に関する法律

・昭和 54 年の秋に、日本学術会議は内閣総理大臣宛に勧告 (献体登録に関する法制化の促進について) を行い、これをきっかけとして、国会で献体に関する議論が始まり、その結果、昭和 57 年度からは献体者に対して文部大臣 (現在は文部科学大臣) より感謝状贈呈が行われるようになりました。さらに、「医学及び歯学の教育のための献体に関する法律 (献体法 )」が、昭和 585月に国会で可決成立し、同年 1125日に施行されました。文部科学大臣から献体者に対する感謝状を遺族に贈呈しています。

 

・平成 24 年度から白菊会会長(本学医学群長) より遺族に対する感謝状が交付されることとなり、遺骨を返還する際に贈呈しています。