筑波分子医学協会(Tsukuba Society for Molecular Medicine/TSMM)は、筑波大学と筑波地区での関連研究組織における分子医学の発展を目的に設立されました。 
 
お知らせ
447th TSMM seminar
(This presentation will be held in English)

Title: Macrophages and osteoclasts in the regulation of haematopoietic niches
Speaker:Dr. Stuart Fraser
Associate Professor
Disciplines of Physiology, Anatomy & Histology
School of Medical Sciences, University of Sydney

Date:Dec 27th, 2018(Thu)17:00-18:30
Place:Igaku Gakkei-to Room 483         

Abstract:    
Haematopoiesis, or “the crafting of the blood”, begins in the yolk sac then moves to various locations throughout the developing embryo until the bones form and a life-long niche for blood production is established. We have found specialised macrophage populations playing roles in the haematopoietic niches throughout development and during physiological stress. In the yolk sac, we have identified a previously unreported macrophage population residing on the outermost layer which is developmentally regulated and may re-model the yolk sac absorptive epithelial layer, which in turn stimulates haematopoiesis. In the bone marrow, we have focused on exploring the interactions between central macrophages and the erythroblasts which surround them, in multicellular structures termed erythroblastic islands. Detailed analyses of erythroblastic islands at the nanometer scale have revealed cell-cell interactions and developmental pathways that had not previously been observed. This led us to ask whether all bones are equally able to support blood production. In exploring this, we have found that anaemic stress leads to profound changes in osteoclast gene expression demonstrating that specialised macrophages play important roles in establishing and maintaining the haematopoietic niche throughout life.

References:
Yumine A, Fraser ST, Sugiyama D. Regulation of the embryonic erythropoietic niche: a future perspective. Blood Res. 2017 Mar;52(1):10-17. doi: 10.5045/br.2017.52.1.10.

本セミナーは、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「医学セミナー」(担当:専攻各
教員)、及び、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:入江賢児)の関連セミナーに相当します。

連絡先:  筑波大学医学医療系 高橋 智 (内線 7516、satoruta@md.tsukuba.ac.jp) 
【筑波分子医学協会(TSMM)主催】 HP  http://www.md.tsukuba.ac.jp/public/tsmm/
協会代表:筑波大学医学医療系 久武幸司 TSMM セミナー担当:筑波大学医学医療系 入江賢児     

(補 足)TSMMセミナーと大学院の単位について

TSMM セミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:入江賢児)、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷 嘉人、島野 仁)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。
   
 

次回の筑波分子医学連絡会議(TSMM月例会議) 


H30年度の会議日程(予定)

    

学会参加支援
TSMMは。若手準会員である大学院生などが国内外の学会に参加して研究発表を行うことを奨励し、積極的に支援しています。助成希望 者は、事務局に申請書を提出してください(随時受付)。厳正な審査の上、優秀な内容であると認められた者には学会参加に関わる費用の一部を助成します。
学会参加支援申請書 [word] [pdf]

学生組織: フロンティア医科学専攻

生命システム医学専攻

食堂&売店アンケート結果 
2008年度に行われた医学地区の食堂 および売店に関するアンケートの集計結果をお知らせします。詳細は上の文字をクリックしてください。
ファイルへのアクセスは医学地区内からのみ可能です。ご協力ありがとうございました。 

筑波分子医学協会について(趣意書・会則・賛助会員 一覧など)
TSMMセミナーの記録
リンク集

筑波大学医学医療系ホームページへ
筑波大学のホームページへ 

 [問合先]
〒305-8575 茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学 医学医療系 筑波分子医学協会事務局 (代表:久武 幸司)
最終更新日 2018年3月12日