筑波分子医学協会(Tsukuba Society for Molecular Medicine/TSMM)は、筑波大学と筑波地区での関連研究組織における分子医学の発展を目的に設立されました。 
 
お知らせ

435回TSMMセミナー(H28 第3回BMTセミナー)のお知らせ
演題: 生体分子間相互作用測定の新機軸・BLI法を採用したPall ForteBio社 Octet systemのご紹介
演者:瀬口 武史氏  (プライムテック)
日時:2017年3月2日(木)17:00-18:00
会場:健康医科学イノベーション棟 8階講堂
要旨:Pall ForteBio社製Octetシステムは、従来のSPR法とは異なる、全く新しいバイオ センサー技術(BLI法)を採用しています。マイクロプレート内のサンプルに バイオセンサーを直接浸すという、極めてシンプルな計測法によって、従来法と 比較して短時間で、安定した結果が得られます。本システムの特徴と、従来の SPRを採用したシステムとの比較を含め、具体的なアプリケーション事例を 通して、分子間相互作用の最新の情報をお届けします。


大西大西宇宙飛行士 国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在ミッション報告会
〜「きぼう」利用で未来を拓く115日間の軌跡〜の開催について

大西卓哉宇宙飛行士によるISS長期滞在ミッションの報告会を、下記のとおり開催いたします。
第三部において高橋智先生が大西飛行士とともに出演されます。

参加について

入場料:無料

参加対象:高校生以上

募集人数:2500名 
(事前申込制。先着順、定員になり次第受付を終了いたします。)


応募方法
以下のイベントWEBページにて、必要事項をご記入の上、お申込みください。
イベントWEBページ : http://comm.stage.ac/jaxa_iss/

日時 : 平成29年2月21日(火) 19:00開会 21:00閉会(予定) (17:30 開場予定)
場所 : TOKYO DOME CITY HALL(東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームシティMEETSPORT内)

第三部(20:15〜20:55) 「きぼう」の意義・成果の価値がもたらす世界
(出演者)
大西卓哉(JAXA宇宙飛行士)
白川正輝(JAXA有人宇宙技術部門 きぼう利用センター)
高橋 智(筑波大学 医学医療系教授)
モデレータ:室山哲也(NHK解説委員)


433回TSMMセミナー
演題: 腱特異的転写因子 Mkx のノックアウトラット作成による腱組織 の発生・恒常性維持機構の解析
演者:浅原 弘嗣 先生(東京医科歯科大学 医歯学総合研究科 システム発生・再生医学分野)
日時:2017年1月25日(水)17:00-18:30
会場:健康医科学イノベーション棟 8階講堂
要旨:腱・靭帯は身体の各組織を繋ぐロープのようなもので、この組織が全身の動きを支え、力を伝えることで、“動く”ことが可能になる。その発生・再生のメカニズムはまだ不明の点が多く、腱・靱帯の損傷や疾病の完全かつ早期の治癒は未だ困難である。私たちは腱・靭帯の再生の要となる遺伝子Mohawk (Mkx)を同定し(1)、腱におけるマスター転写因子としての重要な機能を明らかにしてきた(2-5)。しかし、より詳細な生理学的、分子生物学的、組織学的および医学的な研究においては、マウスより大型のラットでの遺伝子改変動物の作製と解析が必要となっていた。今回、遺伝子編集技術であるCRISPR/Cas9システムを導入することで、ラ ットの遺伝子を改変することに成功し、マウスでは困難であった研究を進めることができた(6)。Mkxが欠損すると全身の腱が脆弱になっていることがわかった。さらに、ノックアウトラットをさらに詳細に解析すると、出生後まもなくアキレス腱が骨化することが明らかにな った(6)。このメカニズムとして、腱細胞に対する機械的な伸展刺激(メカノ刺激)が、Mkxという遺伝子スイッチを押すことで、腱・靭帯を守り、骨化を妨げることが示唆された(6)。さらに、このノックアウトラットから得られた十分量の腱細胞を用い、クロマチン免疫沈降と次世代シークエンサーを組み合わせた研究手法によって、腱を再生し維持する遺伝子のプログラムを詳細に明らかにした(6)。今回、ノックアウトラット(遺伝子を改変したラット)を作成することで、ノックアウトマウスでは十分解析できなかった、生理学的な検査や組織的な解析、さらには最先端の分子生物学的な手法を用いた研究が可能となった。また、本研究は力学的刺激(メカノ刺激)が生体の中でどのように伝わるかという医学・生物学の大きなテーマにも新しい理解を与えた。この発見を応用することで、腱・靭帯にかかわる傷害や疾病の診断や治療が大幅に進むと考えられる。
文 献
1. Ito Y, et al. (2010) Proc Natl Acad Sci USA. 2. Nakahara H, et al. (2013) Arthritis Rheum. 3. Koda N, et al. (2016) Development. 4. Nakakichi R, et al. (2016) Nat Commun.
5. Kayama T, et al. (2016) Mol Cell Biol. 6. Suzuki H, et al. (2016) Proc Natl Acad Sci USA.


434回TSMMセミナー
演題: 細胞のエネルギー代謝評価と生体イメージングによる表現型解析
演者:水流功晴(つる よしはる) (プライムテック)
日時:2017年1月19日(木)17:00-18:00
会場:健康医科学イノベーション棟 8階講堂
要旨:医薬品開発、毒性評価、病態解明においてメタボローム解析の重要性が高まるにつれ、組織レベル、 細胞レベルで俯瞰したエネルギー代謝を理解することにニーズが共に高まっています。 本セミナーでは、細胞外フラックスアナライザー Agilent社XFeシリーズを用いた細胞エネルギー 代謝プロファイリングと、超音波イメージングシステム FujiFilm Visualsonics社Vevoシリーズを 用いたその表現系解析について、評価事例をご紹介します。


431回TSMMセミナー
演題: 島津製作所セミナー
演者: 杉田 哲佳氏、豊田 健一氏 (島津製作所)
日時:2016年12月15日(木)17:00-18:00
会場:健康医科学イノベーション棟 8階講堂
要旨:再生医療の産業化に向けて、細胞培養加工施設における工程管理が必要とされており、最適な培養条件のコントロールや品質管理面での技術構築が急務となっています。これに対し当社では「測る技術」と「観る技術」で、良質な細胞の生産性向上に貢献することを目指した取り組みを進めております。そこで本セミナーでは「測る技術」として高速液体クロマトグラフ質量分析計(LC-MS)をベースとした培養上清の多成分モニタリングによる培養状態のマクロ管理、「観る技術」としてラベルフリーイメージングシステムをベースとした明視野定量解析による細胞状態のミクロ管理についてアプリケーションを交えながらご紹介します。  1) 「測る技術」・・・ LC/MS/MSメソッドパッケージ細胞培養プロファイリングは、培養上清の多成分一斉分析により培養細胞の詳細な培養プロファイルを測定するプラットフォームです。@17分間での95成分高速一斉分析、A濃度レンジの広い培地の分析に特化したメソッド、BReady to Use Methodを主な特長として、抗体医薬、発酵、再生医療の各分野における細胞培養の最適化をサポートします。  2) 「観る技術」・・・ラベルフリーイメージングシステムCell3iMagerシリーズは、培養プレートをセットし、スキャン・解析ソフトを実行するだけで、細胞の観察、形態の定量計測が可能なシステムです。@高速ウェルプレートスキャン、A広視野なラベルフリーイメージングシステム、B細胞形態を定量化する様々な解析機能を有しており、創薬スクリーニング、再生医療研究、バイオ医薬品研究をサポートします。


第432回TSMMセミナー
演題:Mechanisms underlying the plasticity of the neonatal and adult heart.
演者:Dr. Bernd K. Fleischmann
(Institute of Physiology I, Life & Brain Center, University of Bonn)
日時:December 12th, 2016(Mon)17:00-18:30
会場:Innovation building Room 105
要旨:Prof. Fleischmann is working on biology of vascular system and cardiomyocyte. In this seminar, he will talk about recent results about regeneration of cardiomyocytes.

References:

  1. Tissue-Mimicking Geometrical Constraints Stimulate Tissue-Like Constitution and Activity of Mouse Neonatal and Human-Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Cardiac Myocytes. Pilarczyk G, Raulf A, Gunkel M, Fleischmann BK, Lemor R, Hausmann M. J Funct Biomater. 2016 Jan 7;7(1). pii: E1.
  2. Transgenic systems for unequivocal identification of cardiac myocyte nuclei and analysis of cardiomyocyte cell cycle status.
    Raulf A, Horder H, Tarnawski L, Geisen C, Ottersbach A, Röll W, Jovinge S, Fleischmann BK, Hesse M. Basic Res Cardiol. 2015 May;110(3):33.

* This seminar will be given in English. *


科学プレゼンテーション講習会開催のお知らせ

■ 日時:11月28日(月)15:00 - 17:00 (28 日の講習会は日本語で行われます。)
場所:筑波大学 総合研究棟A 111
■ 日時:11月29日(火)15:00 - 17:00 (29 日の講習会は英語で行われます。)
場所:筑波大学 医学エリア IIIS棟 講堂
講師: 広海 健 (国立遺伝学研究所 リサーチ・アドミニストレーター室長)
共催:筑波大学 URA研究戦略推進室、国際統合睡眠医科学研究機構、ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター、
参加対象者:つくば地区の大学・研究所に所属する研究者、学生
参加費:無料
問合せ先: ura_tsukuba@un.tsukuba.ac.jp

■ Date :Mon, Nov, 28 15:00 - 17:00 
(All activities in 28 will be conducted in Japanese)
Venue : Room A111, Building A, Univ. Tsukuba
■ Date :Tue, Nov, 29 15:00 - 17:00 
(All activities in 29 will be conducted in English; fluency in Japanese is not required for participation.)
Venue :1F Auditorium, IIIS Building, Univ. Tsukuba
Lecturer : Yash Hiromi
 (Director, Office for Research Development, National Institute of Genetics)
Co-host: Research Administration/Management Office, Office of Diversity, International Institute for Integrative Sleep Medicine, University of Tsukuba
Target: Researchers in Tsukuba area
Entry fee: free
Contact:  ura_tsukuba@un.tsukuba.ac.jp

◇ダイバーシティ部門サイト:http://diversity.tsukuba.ac.jp/?p=8320
◇URAサイト:http://ura.sec.tsukuba.ac.jp/archives/10222


第430回TSMMセミナー
演題:Generation of human T cell acute lymphoblastic leukemia by de novo transformation of human cord blood progenitors with a 4-oncogene cocktail.
演者:Dr. Manabu Kusakabe
( Terry Fox Laboratory, British Columbia Cancer Agency, Vancouver, Canada )
日時:October 18, 2016 17:00-18:30
会場:Igakukei-tou Seminar Room 483 (4th floor)
要旨:T-cell acute lymphoblastic leukemia (T-ALL) is an aggressive form of blood cancer that affects both children and adults. Numerous studies have explored the effects of putative T-ALL oncogenes in mouse models and have contributed to our understanding of disease pathogenesis. Nonetheless, it is clear there are important differences between mouse and human cells, particularly with respect to cellular transformation. In this study, we sought to create human T-ALL in the lab from normal cord blood (CB) progenitors by lentiviral transduction with a combination of known T-ALL oncogenes. Transduced cells were cultured on OP9-DL1 stromal feeders to study their behaviour in vitro. Also, we performed transplantation into NOD/SCID-IL2Rg-null (NSG) mice to assess leukemogenesis in vivo. Non-transduced cells stopped expanding within the first few weeks, however T-ALL oncogenes transduced cells continue to expand for over 60 days in vitro. The recipients of T-ALL oncogene transduced cell developed clinically morbid disease and showed splenomegaly, lymphadenopathy, and enlarged thymus. Transduced cells were infiltrated into these organs and expressed CD2, CD3, CD7 and CD38 supporting acute T-cell leukemia. Importantly, these cells were serially transplantable into NSG mice. Our in vitro and in vivo results suggest that the 4 T-ALL oncogenes are sufficient to transform normal human blood cells into clonal T-ALL-like malignant cells. This model provides a significant step forward to reveal the mechanisms involved in human T-ALL pathogenesis.


第429回TSMMセミナー
演題:Seeing is believing: Novel imaging techniques reveal the fate of viral genomes
演者:Dr. Tetsuro KOMATSU (Microbiologie Fondamentale et Pathogénicité, Université de Bordeaux
日時:September 21, 2016 (Wed) 18:00-19:30
会場:Igakukei-tou Seminar Room 483 (4th floor)
要旨:During infection, nuclear replicating DNA viruses dynamically remodel their genomes as well as the nuclear environment of the host. Elucidating the underlying regulatory mechanisms for viral genomes in the cellular context is key to understand the dynamic nature of viral propagation. For most viruses, however, it remains unclear where and when viral genomes interact with or counteract cellular processes. Using adenoviruses (Ad) as a model, we conducted a detailed imaging analysis of viral genomes throughout the infection cycle. First we developed a live-cell imaging system for individual incoming Ad genomes by focusing on a host protein that is recruited onto viral genomes upon nuclear entry. Using this system, we found that in contrast to the anticipated view, incoming Ad genomes are not targeted by potential nuclear antiviral factors. While this system is restricted to the analysis of incoming viral genomes, we recently developed a novel viral system that enables genome visualization with ANCHOR™ technology, allowing us to visualize not only incoming but also newly replicated Ad genomes in living cells. Using this novel technology, as well as metabolic labeling of viral genomes, we identified two morphologically and functionally distinct Ad DNA replication compartments in late phases of infection. Based on our results, we believe that our imaging tools will enable us to gain the spatio-temporal information needed towards comprehensive understanding of viral genome regulations.

* This seminar will be given in English. *


TARAセミナー / 第426回TSMMセミナー
演題:Oxidative Metabolism and Cardiac Regeneration (酸素代謝と心臓再生)
演者:木村 航 先生(テキサス大学サウスウエスタンメディカルセンター 内科 心臓病学部門 /筑波大学 生命領域学際研究センター
日時: 2016年9月7日(水)17:00-18:00
会場: 健康医科学イノベーション棟8階 講堂
要旨:The adult mammalian heart is not capable of meaningful functional recovery after substantial loss of myocardium due to an inability of cell division in vast majority of cardiomyocytes. In contrast, some lower vertebrates and immature mammals are capable of full cardiac regeneration through proliferation of pre-existing cardiomyocytes. Therefore, there has been an intense interest in understanding the mechanisms of cardiomyocyte cell cycle regulation, and what distinguishes proliferative cardiomyocyte from terminally-differentiated non-proliferative cardiomyocytes. We have recently demonstrated that a metabolic switch that takes place immediately after birth from glycolysis to oxidative phosphorylation causes cell cycle arrest in mammalian cardiomyocytes through mitochondrial ROS generation (1). In addition, we identified a rare population of cycling cardiomyocytes that are hypoxic and therefore protected from highly oxidative mitochondrial ROS in the adult heart (2). Based on these findings, we propose that oxidative metabolism and redox regulation may hold a key for cardiac regeneration through the induction of cardiomyocyte cell cycle re-entry. References: (1) Cell 157, 565-579 (2014), (2) Nature 523, 226-230 (2015)

* This seminar will be given in English. *


第428回TSMMセミナー
演題:茶色い宝石が切り拓く病気ゼロの社会
演者:福田 真嗣 先生 (慶應義塾大学先端生命科学研究所 教授、JSTさきがけ、株式会社メタジェン )
日時:2016年 8月12日(金) 17:00-18:30
会場:医学学系棟483室
要旨:茶色い宝石」この言葉が生まれた背景には、長年の腸内フローラ研究で培われた実験技術や知見、そして近年の技術革新による分析装置のブレイクスルーがあったことに他ならない。  ヒトの腸内には数百種類以上でおよそ100兆個にもおよぶ腸内細菌が生息しており、腸管細胞群と密接に相互作用することで、複雑な腸内生態系、すなわち「腸内エコシステム」を形成している。腸内エコシステムはヒトの健康維持に重要であることが知られているが、そのバランスが崩れると大腸癌や炎症性腸疾患といった腸そのものの疾患に加えて、自己免疫疾患や代謝疾患といった全身性疾患につながることも知られている1,2。したがってその重要性から、腸内フローラは異種生物で構成されるわれわれの体内のもう一つの臓器とも捉えられるが、一方で個々の腸内細菌がどのように振る舞うことで腸内エコシステムの恒常性維持に寄与しているのか、すなわち宿主−腸内フローラ間相互作用の分子機構の詳細は不明な点が多い。われわれはこれまでに、腸内フローラの遺伝子地図と代謝動態に着目したメタボロゲノミクスを基盤とする統合オミクス解析技術を構築し、腸内フローラから産生される短鎖脂肪酸である酢酸や酪酸が、それぞれ腸管上皮細胞のバリア機能を高めて腸管感染症を予防することや、免疫応答を抑制する制御性T細胞の分化を促すことで、大腸炎を抑制することを明らかにした3,4。他にも、便秘薬摂取による腸内環境改善が慢性腎臓病の悪化抑制に効果があることも明らかにした5。このように腸内フローラ由来代謝物質が生体恒常性維持に重要な役割を担うことが明らかとなったことから、本研究成果を社会実装する目的で、慶應義塾大学と東京工業大学とのジョイントベンチャーとして株式会社メタジェンを設立した6。本発表では、「腸内デザインによる病気ゼロ社会」をキーワードに、科学的根拠に基づく食習慣の改善、適切なサプリメント開発や創薬など、腸内エコシステムの人為的修飾による新たな健康維持、疾患予防・治療基盤技術の創出に向けたわれわれの取り組みについて紹介する。



第427回TSMMセミナー
演題:Plants for the future as anticancer applications.
演者:Professor Hany A. El-Shemy (Cairo University Research Park (CURP), Biochemistry Department, Faculty of Agriculture, Cairo University)
日時:August 2, 2016 10:00-11:00
会場:Seminar Room 483 (Igakukei-tou 4th floor)
要旨:The relationship between treatments with plant-derived drugs and leukemia-associated (immuno) phenotypes (LAIPs) of clinically-isolated leukemia cells is not well-established in the Egyptian population. The objective of the present study was two-fold: 1) to develop a preliminary clinical prognostic map for commonly-expressed LAIPs in Egyptian patients clinically-diagnosed with leukemia, and 2) to assess the potential implication of LAIPs in the response rate to ten natural products of plant origin. Increased expression of LAIPs: CD4, CD14, CD33 and CD34 is considered as a surrogate marker of the desired response of leukemia cells to treatment with plant-derived drugs. Whereas, the increased expression of two particular LAIPs, namely: MPO and DR, was associated with poor prognostic outcomes following treatment with the plant-derived drugs. Our data present evidence that five out of the ten plant-derived drugs tested elicit the expression of several desirable LAIPs biomarkers. These findings clearly highlight the potential treatment efficacy of some plant-derived drugs against some selected Egyptian leukemic cell types.

* This seminar will be given in English. *


(補 足)TSMMセミナーと大学院の単位について

TSMM セミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:久武 幸司)、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷 嘉人、島野 仁)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。
   
TSMM春の懇親会のお知らせ 
本年度のTSMM総会を下記の日程にて開催いたします。

日時:322日(水)1730〜 (1830頃より懇親会)

場所:イノベーション棟1105

総会には賛助会員の方々も参加されますので、できるだけ多くの先生方にご参加いただき交流を深めていただければ幸いに存じます。

どうぞよろしくお願い致します。

平成28年度TSMM

代表 金保安則
書記 船越祐司

次回の筑波分子医学連絡会議(TSMM月例会議)  

平成28年度 TSMM連絡会議
下記のとおり、第10回TSMM連絡会議を開催いたします。ご出席いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

日時:平成29年2月21日(火)12:30〜13:30
会場:医学学群棟4階483室

代表 金保 安則
書記 船越 祐司

H28年度の会議 日程

    

学会参加支援
TSMMは。若手準会員である大学院生などが国内外の学会に参加して研究発表を行うことを奨励し、積極的に支援しています。助成希望 者は、事務局に申請書を提出してください(随時受付)。厳正な審査の上、優秀な内容であると認められた者には学会参加に関わる費用の一部を助成します。
学会参加支援申請書 [word] [pdf]

学生組織: フロンティア医科学専攻

生命システム医学専攻

食堂&売店アンケート結果 
2008年度に行われた医学地区の食堂 および売店に関するアンケートの集計結果をお知らせします。詳細は上の文字をクリックしてください。
ファイルへのアクセスは医学地区内からのみ可能です。ご協力ありがとうございました。 

筑波分子医学協会について(趣意書・会則・賛助会員 一覧など)
TSMMセミナーの記録
リンク集

筑波大学医学医療系ホームページへ
筑波大学のホームページへ 

 [問合先]
〒305-8575 茨城県つくば市天王台1−1−1
筑波大学 医学医療系 筑波分子医学協会事務局 (代表:金保 安則)
最終更新日 2017年2月23日