筑波分子医学協会(Tsukuba Society for Molecular Medicine/TSMM)は、筑波大学と筑波地区での関連研究組織における分子医学の発展を目的に設立されました。 
 
お知らせ
第445回TSMMセミナー(第1回バイオメディカルテクノロジーセミナー)のお知らせ

演題:LSM880 with Airyscan 〜最新の共焦点レーザー顕微鏡技術について〜
演者:関川明生
所属:カールツァイス株式会社
日時:2018年9月10日(月曜)17:00-18:00
場所:健康医科学イノベーション棟8階講堂

ライフサイエンス分野の研究において共焦点レーザ顕微鏡は、研究者に必須のツールとなっております。質の良い画像は論文の説得力を上げる重要な要素となります。
ZEISS は1982年に世界で始めて販売を開始して以来、長年に渡り製品の改良を重ねてまいりました。LSM880 はその成果を余すことなく盛り込んだフラッグシップ機です。そのエレクトロニクスを御説明させていただくと共に、ピンホールでは成し得なかった分解能向上 を実現するに至った、ZEISS 独自開発のAiryscan 検出器もお話しいたします。加えて ZEISS が得意とする光学顕微鏡と電子顕微鏡とのコリレイティブマイクロスコープについても、実例を御紹介いたします。
また、セミナーに合わせてLSM880 with Airyscan のデモンストレーションやイメージングの相談会、
4次元画像解析ソフトのIMARISの御紹介も行いますので、この機会に是非ご参加ください。


(補 足)TSMMセミナーと大学院の単位について

TSMM セミナーは、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:入江賢児)、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「最先端医学研究セミナー」(担当:熊谷 嘉人、島野 仁)及び「医学セミナー」(担当:専攻各教員)の関連セミナーに相当します。
   
 

次回の筑波分子医学連絡会議(TSMM月例会議) 


H30年度の会議日程(予定)

    

学会参加支援
TSMMは。若手準会員である大学院生などが国内外の学会に参加して研究発表を行うことを奨励し、積極的に支援しています。助成希望 者は、事務局に申請書を提出してください(随時受付)。厳正な審査の上、優秀な内容であると認められた者には学会参加に関わる費用の一部を助成します。
学会参加支援申請書 [word] [pdf]

学生組織: フロンティア医科学専攻

生命システム医学専攻

食堂&売店アンケート結果 
2008年度に行われた医学地区の食堂 および売店に関するアンケートの集計結果をお知らせします。詳細は上の文字をクリックしてください。
ファイルへのアクセスは医学地区内からのみ可能です。ご協力ありがとうございました。 

筑波分子医学協会について(趣意書・会則・賛助会員 一覧など)
TSMMセミナーの記録
リンク集

筑波大学医学医療系ホームページへ
筑波大学のホームページへ 

 [問合先]
〒305-8575 茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学 医学医療系 筑波分子医学協会事務局 (代表:久武 幸司)
最終更新日 2018年3月12日