後期専門研修

後期研修医たち
筑波大学医学医療系産婦人科では、後期専門研修を行うレジデント(産婦人科専攻医)をひろく募集しています。現在、後期専門研修中のレジデントは37名(院外研修含む)が所属しています。関連病院には、これまでに研修を修了した医師が多数勤務しており、それぞれの特色をいかしながら、レジデント教育を行うとともに、研究を行っています。レジデントの出身大学は20大学以上にわたり(下記参照)、多様なバックグラウンドを活かしつつ一致団結して患者様中心の医療を提供しています。
筑波大産婦人科 Q&A レジデント制について

専攻医について
ラパロ練習 鉗子練習 検鏡
【腹腔鏡手術トレーニング】【鉗子分娩トレーニング】 【検鏡の様子】
2年間の初期臨床研修修了後に後期専門研修(4年間)を開始します。筑波大学附属病院をはじめ、茨城県と東京都にある後期研修 関連病院において、婦人科、産科、生殖医療の臨床研修を行います。これらの研修により、日本産科婦人科学会専門医試験を受験しますが、当科では卒後5年以上の医師は全員、この専門医資格を取得しています。さらにサブスペシャリティの資格として日本婦人科腫瘍学会専門医日本周産期・新生児医学会周産期(母体・胎児)専門医日本生殖医学会専門医日本女性医学学会女性ヘルスケア専門医その他の学会等の専門医を取得することも可能です。
また、上級医が責任をもって臨床研究や基礎研究の指導を行います。大学院への進学や、研究生となって研究に専念することも可能です。

出身大学入局者数
2015年度〜2021年度までの7年間に筑波大産婦人科の専攻医として研修を開始したレジデントの出身大学は、筑波大が18名(52名のうち)と最も多いのですが、全国様々の大学から集まっているのが特徴です。毎年多くの仲間が増えています。ぜひ、私たちと一緒に働きましょう!!

2021年度 後期研修医募集について
2021年度の募集は締め切りました。
2022年度については詳細が決まり次第お知らせいたします。
筑波大学産婦人科研修プログラム

筑波大学産婦人科での後期研修を希望する場合は、いつでも遠慮なくご相談ください。見学も随時歓迎です。
応募資格/見学・お問い合せをご参照ください。