筑波大学大学院 医学系学位プログラムについてご紹介します

セミナーのお知らせ

2019年度・開催履歴(4月~)

第7回ヘルスサービスリサーチセミナー
日 時 3月19日(木)13:45~
場 所 医学系学系棟1階121室
講 師 早稲田大学 政治経済学術院 野口 晴子教授(筑波大学客員教授)
演 題

「科学的根拠に基づく政策立案・評価(Evidence-Based Policy Making: EBPM) へ向けて」
HSRに必要な方法論として、ランダム化のためのプロペンシテイスコアマッチングのやり方や実際のHSRでの例などお話しくださいます。

参加ご希望の方はお名前・連絡先を担当の森田(morita.chiyo.ga@un.tsukuba.ac.jp)までお申し込みください。

問合せ先

ヘルスサービスリサーチ分野
教授 田宮菜奈子
事務担当 森田

【開催中止のご連絡】第6回ヘルスサービスリサーチセミナー

過日、3月5日開催予定の第6回ヘルスサービスリサーチセミナー(新谷歩先生講演)をご案内させていただきましたが、今般の新型コロナウィルス感染症(COVID-19) の流行に伴い、大阪市立大学からの講演者派遣自粛のお申し出があり、検討しました結果、ヘルスサービス開発研究センター長の判断により、開催を中止することとなりました。残念ではございますが、事情をご考察の上、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

なお、現時点では、3月19日の第7回ヘルスサービスリサーチセミナー(野口晴子 先生講演)については、開催を予定しております。

【中止のシンポジウム】
第2回TARA国際シンポジウム:最先端構造生物学技術
2nd TARA International Symposium: Cutting-Edge Structural Biology approaches
"構造生物学 困難なターゲットへの挑戦"
“Various approaches to the study of challenging targets in structural biology"
日 時 令和2年3月2日~令和2年3月3日
場 所 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構1階講堂
【開催中止】医学セミナー
演 題 三位一体の医療改革
Medical Reformation of Three Factors
講師名 足立信也
講師所属と職名 参議院議員・筑波大学客員教授
実施時期 2020年2月28日(金) 17:30-19:00
会 場 4A 411
希望する受講者 大学院生 教官 レジデント
連絡先 消化器外科 大原佑介 内線3221
【生命医科学域セミナー】
日 時 令和2年2月20日(木)15時~16時30分
会 場 イノベーション棟1階105室
演 者 水谷 英二先生 東京大学医科学研究所 幹細胞治療部門 特任准教授
演 題 核移植技術とその応用
連絡先 生命医科学域長 高橋 智

【つくばバイオデザイン体験ワークショップ】

https://www.s.hosp.tsukuba.ac.jp/t-credo/general/seminar_20200218.html

日 時 2020年2月18日(火)9:30~17:00(受付9:00)
会 場 筑波大学健康医科学イノベーション棟8F
(305-0006 茨城県つくば市天王台1-1-1)
講 師

・野口裕史先生(バイオデザイン・グローバルファカルティ、筑波大学 附属病院 つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO)病院講師(整形外科))

・西内大祐先生(ジャパンバイオデザイン・インダストリアルファカルティ)

・竹下修由先生(ジャパンバイオデザイン・アルムナイ(2016年フェロー)、国 立がん研究センター東病院NEXT医療機器開発センター医師(消化器外科))

内 容

・バイオデザインの概要説明(講義)

・ニーズステートメント作成からコンセプト作成、プロトタイピングを実施
(グループワーク)

参加費 無料
定 員 20名(先着順)
申込方法

ホームページの申込フォームよりお申込みいただくか

①お名前(ふりがな)②ご所属③ご職業(学生/研究者など)④志望動機をご記入の上、下記アドレス宛にお申込みください。

※お申込み締切は2020年1月31日(金)となっております。

お申込み

国立大学法人筑波大学
つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO)
TR推進・教育センター事務局

Email:TR_info@md.tsukuba.ac.jp

日本学術振興会特別研究員 申請書作成セミナー(医学系専攻FD)

Faculty of Medicine JSPS Research Fellowships for Young Scientists
(GAKUSHIN) application seminar

この度、医学医療系および医学系専攻では、令和3年度日本学術振興会特別研究員 の申請予定者向けに、申請書作成のためのセミナーを開催致しますので、ご案内いたします。
本セミナーでは、特別研究員に採用された方からご自身の体験談や研究計画書の書き方のポイント等について、ご講演いただきます。

日時/Date 令和2年2月11日(火) 18時~/ 2020.2.12(Wed)18:00~
場所/Place 臨床講義室B / Clinical Lecture Room B
演者/Presenters

特別研究員DC1(採用内定) 鈴木 颯 (Hayate Suzuki)

特別研究員DC2(採用内定) 岩崎 加奈子(Kanako Iwasaki)

特別研究員PD 水之江 雄平(Yuhei Mizunoe)
※制度の概要は医学研究支援担当者より説明します

医学医療エリア支援室(研究支援)
E-mail:sien.ningenss@un.tsukuba.ac.jp

<医学セミナーのご案内>
日 時 2020年2月7日(金)14:30-15:30
場 所 地域医療システム研究棟2F 討議室
演 題 わが国の感染症迅速診断における最新の研究について
講 師 鈴木 広道先生 筑波メディカルセンター病院 感染症内科・臨床検査医学科
問合せ先 地域医療教育学(029-853-3101)
Research Studio powered by SPARK 特別セミナー
遺伝子治療製品を開発するカリフォルニアのバイオベンチャーの成長と、サイエンティストのキャリア
日 時 2/4(火 Tue)18:00-19:10
場 所 筑波大学医学地区 臨床講義室D (Clinical lecture room D)
申 込 不要 Application not required
受講料 無料 Free
言 語 全編英語 The lecture will be provided in English.
プログラム
Program

[18:00-18:50]

Gordon Vehar, PhD.

“Hemophilia A from the 1970’s to 2020: evolution from confusion to gene therapy”

[18:50-19:05]

Mika Aoyagi-Scharber, PhD.

“BioMarin company overview and diseases of interest”

For more details, please see the attached flyer.

詳しくは添付のチラシをご参照ください。

お問合せ

つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO)/Research Studio事務局

E-mail:TR_info@md.tsukuba.ac.jp

TEL:029-853-3630

【令和元年度生命医科学域セミナー】
日 時 令和2年2月3日(月)17時~18時
会 場 医学系学系棟483室
演 題 新規神経ペプチドの探索とその機能解析
演 者 櫻井 武 先生 筑波大学医学医療系 分子行動生理学 教授
連絡先 生命医科学域長 高橋 智
2019年度 医学群FD(Faculty Development)講演会
日 時 令和2年1月24日(金)17時00分~18時00分
場 所 臨床講義室B
講演タイトル 身近なダイバーシティとしての筑波大学におけるLGBTに関する基本理念と対応 ~多様性を受け入れる共生キャンパスを目指して教員にできること
対 象 筑波大学医学類・看護類・医療科学類教職員、筑波大学附属病院職員
講 師

筑波大学人間系障害科学域(DACセンター) 助教 河野禎之先生

ご参加を希望される先生におかれましては、準備の都合上、1月15日までにメール にて医学群PMCE室(医学教育企画評価室)curmang@md.tsukuba.ac.jpまでお申し込み下さいますようお願いいたします。

問い合わせ先 PCME室 高屋敷明由美(内線3002 3260)
<医学セミナー>
日 時 2020年1月23日 18時より
場 所 筑波大学附属病院陽子線医学利用研究センター3F会議室
演 題 放射線被ばく~散乱線による影響~
講 師 関本道治先生 (新潟医療福祉大学医療技術学部診療放射線学科)
問合せ先 筑波大学 陽子線医学利用研究センター 内線6200
The 166th WPI-IIIS Seminar
Date Wednesday, January 22, 2020
Time 12:00-13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker

Dr. Juro Sakai

Tohoku University School of Medicine /
The University of Tokyo, Research Center of Advanced Science and Technology (RCAST)

Subject “A Concerted Thermogenic Response via a Phosphor-Switch of an Epigenetic Modifier”
Summary

How cells sense and respond to environmental cues remains a central question of biological research. Recent evidence suggests that chromatin organization called epigenetics regulates cell fate. Fat cells play important roles in protecting organisms against starvation and cold environment. While brown fat cells burn fat to produce heat in acute cold exposure, under chronic cold environment, brown-like fat cells called “beige fat cells”are recruited in subcutaneous white adipose tissue (scWAT) and actively burn fat for heat production. This adaptive change is called scWAT “beige-ing”and contributes to chronic adaptation.
In the present talk, I will present how β-adrenergic signaling, implicated in acute stress response, downstream of sympathetic nerve stimulation, regulates concerted thermogenic response in brown adipose tissue and scWAT via the epigenetic mechanism.

Click here for more information:http://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/seminar

Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine, University of Tsukuba
Phone 029-853-5857 (ext. 5857)
第166回WPI-IIISセミナー
日 時 2020年1月22日(水)12:00~13:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者

酒井 寿郎 教授

東北大学 大学院医学系研究科 分子生理学分野 /
東京大学 先端科学技術研究センター 代謝医学分野

演 題 “A Concerted Thermogenic Response via a Phosphor-Switch of an Epigenetic Modifier”
要 旨

How cells sense and respond to environmental cues remains a central question of biological research. Recent evidence suggests that chromatin organization called epigenetics regulates cell fate. Fat cells play important roles in protecting organisms against starvation and cold environment. While brown fat cells burn fat to produce heat in acute cold exposure, under chronic cold environment, brown-like fat cells called “beige fat cells”are recruited in subcutaneous white adipose tissue (scWAT) and actively burn fat for heat production. This adaptive change is called scWAT “beige-ing”and contributes to chronic adaptation.
In the present talk, I will present how β-adrenergic signaling, implicated in acute stress response, downstream of sympathetic nerve stimulation, regulates concerted thermogenic response in brown adipose tissue and scWAT via the epigenetic mechanism.

詳細はこちらからもご覧になれます:
http://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/japanese/seminar

問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線5857)
第255回つくばブレインサイエンス・セミナー
日 時 2020年1月21日(火)18時より
演題タイトル マウスの系統差から探る統合失調症病理 - Genetics vs. Epigenetics -
演 者

吉川 武男(Takeo Yoshikawa)先生
(理化学研究所・脳神経科学研究センター・分子精神遺伝研究チーム)

司 会 井出 政行(筑波大学医学医療系)
会 場

筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂
バスご利用の方は『筑波大学病院入り口』または『追越学生宿舎前』で下車してください.

詳細についてはTBSAホームページをご覧ください.
http://www.md.tsukuba.ac.jp/tbsa/

つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務局

The 165th WPI-IIIS Seminar
Date Monday, January 20, 2020
Time 12:00-13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker

Dr. Shinya Oki
Department of Developmental Biology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University

Subject “Data-driven and technical approaches to understand spatial gene regulation”
Summary

Gene expression is precisely regulated by transcription factors and chromatin structures, but their combinatorial actions for cell type-specific expression are not fully understood. Here, I developed a database designated ChIP-Atlas (https://chip-atlas.org), which integrates all of public ChIP-seq data (~120,000 experiments).
Furthermore, I established a novel spatial genomics technology, named photo-isolation chemistry, which allows to isolate gene expression and epigenetic profiles only from photo-irradiated regions out of whole tissues. Combination of those data-driven and technical approaches will accelerate to gain deeper insight into spatial gene regulatory mechanisms.

Click here for more information: http://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/seminar

Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine, University of Tsukuba
Phone 029-853-5857 (ext. 5857)
第165回WPI-IIISセミナー
日 時 2020年1月20日(月)12:00~13:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者

沖 真弥 講師
九州大学大学院医学研究院 発生再生医学分野

演 題 “Data-driven and technical approaches to understand spatial gene regulation”
要 旨

Gene expression is precisely regulated by transcription factors and chromatin structures, but their combinatorial actions for cell type-specific expression are not fully understood. Here, I developed a database designated ChIP-Atlas (https://chip-atlas.org), which integrates all of public ChIP-seq data (~120,000 experiments).
Furthermore, I established a novel spatial genomics technology, named photo-isolation chemistry, which allows to isolate gene expression and epigenetic profiles only from photo-irradiated regions out of whole tissues. Combination of those data-driven and technical approaches will accelerate to gain deeper insight into spatial gene regulatory mechanisms.

詳細はこちらからもご覧になれます:
http://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/japanese/seminar

問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線5857)
<医学セミナー>
日 時 2020年1月16日 18時より
場 所 筑波大学附属病院陽子線医学利用研究センター3F会議室
演 題 医療で用いられる線量指標 -この値は被ばく線量なの?-
講 師 廣藤喜章先生 (セントメディカル・アソシエイツLCC )
問合せ先 筑波大学 陽子線医学利用研究センター 内線6200
第2回臓器提供・移植医療研修会
日 時 2020年1月14日(火)
18時00分~19時30分
会 場

臨床講義室D

第1部:活動報告「当院での取り組み」

第2部:特別講演「終末期医療と臓器提供から考える子どもの命」
講師 種市尋宙先生(富山大学附属病院小児科講師)

対 象

筑波大学附属病院全職員、筑波大学医学群生

※事前申し込みは不要です。
※詳細は添付ファイルをご覧ください。

<医学セミナー>
日 時 2020年1月14日 19時より
場 所 附属病院C棟4階 内視鏡センター カンファレンス室
演 題 胃・食道接合部領域の諸問題
講 師 後藤田 卓志 東京医科大学 消化器内科 准教授
問合せ先 消化器内科 奈良坂俊明 (内線3218)
<医学セミナー>
日 時 2020年1月9日(木)18:00~
場 所 学系棟483室
演 題 「医療の未来に向けて 〜現場と政策をつなぐ〜」
講 師 国光あやの先生(衆議院議員)
世話人

医学医療系 松丸 祐司教授
筑波大学脳神経外科脳卒中予防治療学講座
内線7651 or 3220

<医学セミナー>
日 時 2020年1月6日 18時より
場 所 附属病院C棟4階 内視鏡センター カンファレンス室
演 題 胆膵内視鏡の進歩:海外ライブの実際と合わせて
講 師 糸井 隆夫 東京医科大学 消化器内科 主任教授
問合せ先 消化器内科 奈良坂俊明 (内線3218)
生命医科学域令和元年度公開講演会
日 時 令和元年12月20日(金) 17時~18時
会 場 イノベーション棟8階講堂
演 題 「精神神経疾患の動物モデル研究と解剖学教育」
演 者 筑波大学医学医療系 解剖学・神経科学 教授 武井 陽介 先生
連絡先 生命医科学域長 高橋 智
第254回つくばブレインサイエンス・セミナー (2019年12月開催)
日 時 2019年12月17日(火)18時より
演題タイトル セロトニンによる報酬待機行動の制御機構
演 者 宮崎 勝彦(Katsuhiko Miyazaki)先生 -(沖縄科学技術大学院大学神経計算ユニット)
フロンティア医科学専攻非常勤講師
司 会 設楽 宗孝(筑波大学医学医療系)
会 場

筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂
バスご利用の方は『筑波大学病院入り口』または『追越学生宿舎前』で下車してください.

詳細についてはTBSAホームページをご覧ください.

http://www.md.tsukuba.ac.jp/tbsa/

つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務局

健康管理講演会
日 時 令和元年12月11日(水)17:30~19:15
場 所 臨床講義室C
テーマ・講師

「附属病院のメンタルヘルス」

附属病院事業場産業医

医学医療系 助教 堀 大介 氏

「考え方次第で心が軽くなる?」

心理相談員、産業カウンセラー、キャリア・コンサルタント

古俣 正治 氏

「働き方改革関連法の概要について」

茨城働き方改革推進支援センター長

外山 博敏 氏

対象者 附属病院で働いている方及び医学医療系職員
その他 筑波大学附属病院レジデントレクチャー2単位
事務担当 病院総務部総務課労務係(3518・3517)
フロンティア医科学専攻・生命システム医学専攻
Faculty Development
日 時 2019年12月 9日(月)17:00-18:00
場 所 医学学系棟483室
タイトル

人を見る目 -人を選ぶ目利き力 -
IQ (Intellectual Quotient) / EQ (Emotional Quotient) / AQ (Adversity Quotient)、

あなたは何を見てますか?

内 容 大学院の途中で不登校になったり、中退する大学院生が散見される時代に、
入試でどのような学生を選抜したら、伸びる学生を取れるか、について、
ラーニング・イニシアティブの浅野高光先生を講師に招き、
Faculty Developmentを実施する。
連絡先 フロンティア医科学専攻長
大学院教育企画評価室
入江賢児
知財セミナー(T-CReDO及び国際産学連携本部共同セミナー)
『大学研究者が知っておきたい医療分野の知的財産』
開催日時 令和元年 12月 2日(月)18:00~20:00
場 所 筑波大学医学地区 臨床講義室B
https://www.s.hosp.tsukuba.ac.jp/t-credo/general/seminar_20191202.html
プログラム

①『筑波大学の知的財産』(18:00~18:30)
筑波大学国際産学連携本部教授 産学連携部産学連携企画課
技術移転マネージャー(知財担当) 徳川 和久

②『医療系シーズ実用化のための特許出願の基礎』( 18:30~19:15)
大野総合法律事務所 弁理士/博士(医学) 森田 裕

③『医学・医療と知的財産』( 19:15~20:00)
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
知的財産部部長  浅野 美奈

【学内の方へ】
本セミナーは臨床研究の「研究者・専門職研修Level 2」の1コマを兼ねています。
受講記録をとりますので職員証・学生証をご持参ください。

お問合せ

つくば臨床医学研究開発機構 (T-CReDO) 山本・安保
TEL:029-853-3861 (内線3861)
E-Mail:t-credo.adm/@/un.tsukuba.ac.jp(/@/を@に置き換えてください)

第253回つくばブレインサイエンス・セミナー (2019年11月開催)
日 時 2019年11月19日(火)18時より
演題タイトル ショウジョウバエから考察する記憶回路
演 者 齊藤 実(Minoru Saitoh)先生
(東京都医学総合研究所・学習記憶プロジェクト)
司 会 設楽 宗孝(筑波大学医学医療系)
会 場

筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂
バスご利用の方は『筑波大学病院入り口』または『追越学生宿舎前』で下車してください.

詳細についてはTBSAホームページをご覧ください.
http://www.md.tsukuba.ac.jp/tbsa/

つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務

医学医療系講演会(医学医療系FD、医学系専攻FD)
日 時 令和元年11月15日(金)17:00~18:30
場 所 臨床講義室C
演 者

松本 功 准教授
「関節リウマチの新たな病態メカニズム」

森隆 浩 准教授/岩上 将夫 助教
「ヘルスサービスリサーチ研究室の紹介と実例」

川西 郁夫 助教
「Less is More? ー進化の過程で失われたシアル酸Neu5Gcと動脈硬化の関連について」

事務担当 医学研究支援
◆第75回免疫学セミナー◆
演 題 マウスCTLが放出する細胞外小胞の機能を担う粒子とは
講 師 瀬尾 尚宏 博士
所 属

三重大学大学院医学系研究科
遺伝子・免疫細胞治療学 特任講師

日 時 令和元年11月5日(火)17:00-18:30
場 所 健康医科学イノベーション棟8階講堂
Abstract

マウスを用いた実験系で、がん細胞傷害の中心として働く細胞傷害性T細胞(CTL)の放出する細胞外小胞(EV)を超遠心法で調製し、皮下移植腫瘍内に投与すると、腫瘍内の間葉系細胞傷害が観られ、間葉系細胞を失った腫瘍は、浸潤性や転移性を失うことを近年証明した(Seo N., et al.: Nat. Commun. 9: 435, 2018)。超遠心法で調製したEVには、後期エンドソームを起源とするエクソソーム(EXO)や、細胞膜が引きちぎれて形成されるマイクロベシクル(MV)と、アポトーシスに伴い放出されるアポトーシス小体(AB)が混在するが、腫瘍の間葉系細胞傷害を引き起こすCTLEVは、どのEVに分類されるのであろうか。EVは、その膜修復機能の破綻からホスファチジルセリン(PS)の外膜への反転が観られ、強い不電荷を帯びていることが知られている。そこで、大量のCTL培養上清から、限外濾過法でEVを濃縮後、イオン交換カラムでEVを分離調製する方法を開発し、得られる各フラクションのCTLEVの物性の検討を行った。その結果、腫瘍の間葉系細胞傷害を引き起こすEVは、生理的0.15 M NaClから0.3 M NaClの低塩濃度で溶出され(L-sCTLEV)、0.3 M以上の高塩濃度で溶出されるEV(H-sCTLEV)には、その機能がないことが分かった。
さらに、L-sCTLEVは、テトラスパニン分子や後期エンドソーム関連のタンパク質、Rabタンパク質群、Tsg101、Flotillin-2、インテグリン類、機能的なマイクロ(mi)RNAを豊富に含み、EXOに分類されるのに対して、H-sCTLEVはDNAを含み、ヒストンタンパク質、細胞骨格タンパク質、ハウスキーピングタンパク質に富むMVやABであることもわかった。現在、L-sとH-sCTLEV膜の脂質成分の分析や、L-sCTLEVの間葉系細胞に取り込まれる機序を解析中である。

備 考

セミナーは日本語、スライドは英語で行われます。
本セミナーは医学セミナーに相当します。
筑波大学 医学医療系 免疫学研究室

This seminar will be held in Japanese, slides are given in English.
Seminar in Medical Sciences

The 162nd WPI-IIIS Seminar
Date Monday, October 28, 2019
Time 12:00 –13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker

Dr. Mathias Treier

Max-Delbrück Center for Molecular Medicine in the Helmholtz Association / Charité University Medicine Berlin, Germany

Subject “No need to sleep if you should drink and eat“
Summary

Why we sleep is still a mystery. Hunger and thirst are potent stimuli that suppress sleep. Indeed, terrestrial animals like elephants and giraffes that extensively need to forage for water/food sleep very little without negative consequences. Food/water seeking is a complex physiological response to metabolic demands that requires an increased state of wakefulness, arousal and locomotory activity. We have identified a neuronal network in mice that is sufficient to elicit and maintain food/water foraging for days without sleep. In contrast, deletion of the genetic components encoding this innate behavior lets mice fall asleep upon food deprivation. Our findings suggest that the amount of sleep depends on the balance between metabolic demand and water/food availability and is set for each species individually according to its habitat.

Click here for more information
http://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/seminar

Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第162回WPI-IIISセミナー
日 時 2019年10月28日(月) 12:00~13:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者

Dr. Mathias Treier

Max-Delbrück Center for Molecular Medicine in the Helmholtz Association / Charité University Medicine Berlin, Germany

演 題 “No need to sleep if you should drink and eat“
要 旨

Why we sleep is still a mystery. Hunger and thirst are potent stimuli that suppress sleep. Indeed, terrestrial animals like elephants and giraffes that extensively need to forage for water/food sleep very little without negative consequences. Food/water seeking is a complex physiological response to metabolic demands that requires an increased state of wakefulness, arousal and locomotory activity. We have identified a neuronal network in mice that is sufficient to elicit and maintain food/water foraging for days without sleep. In contrast, deletion of the genetic components encoding this innate behavior lets mice fall asleep upon food deprivation. Our findings suggest that the amount of sleep depends on the balance between metabolic demand and water/food availability and is set for each species individually according to its habitat.

詳細はこちらからもご覧になれます
http://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/japanese/seminar

問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
第252回つくばブレインサイエンス・セミナー
日 時 2019年10月15日(火)18時より
演題タイトル 小脳の機能基盤である小脳内領域化ー発生から生理機能までー
演 者 橋本 光広(Mitsuhiro Hashimoto)先生(福島県立医科大学医学部・神経解剖・発生学講座)
司 会 増田 知之(筑波大学医学医療系)
会 場

筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂
バスご利用の方は『筑波大学病院入り口』または『追越学生宿舎前』で下車してください.

詳細についてはTBSAホームページをご覧ください.

http://www.md.tsukuba.ac.jp/tbsa/

つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務

【第4回バイオインフォマティクス分野講演会】
演 題 「トランスオミクス:細胞の反応速度論的描像に基づく統合オミクス解析」
演 者 柚木 克之(理化学研究所 生命医科学研究センター 上級研究員 )
要 旨 代謝の恒常性は、ゲノム(DNA)、トランスクリプトーム(RNA)、プロテオーム(タンパク質)、メタボローム(代謝物質)など、複数のオミクス階層にまたがる生化学ネットワークによって実現されている。トランスオミクスとはこれらのオミクス階層から得られた大規模データを用いて階層間・階層内をつなぐ生化学ネットワークを再構築し、分子間の因果関係を網羅的に同定する方法論である[1,2]。本セミナーでは、大規模データを統合する際に前提となる細胞の反応速度論的描像や、実験デザイン上の留意点、数理モデル解析等について論じるとともに実際の研究例を紹介する。さらに、トランスオミクスにアクセス可能な研究者人口を増やし分野のさらなる発展につながる方策と考えられる解析プロセスの自動化並びにソフトウェア開発の現状についても触れる。
日 時 2019年10月11日(金) 15:30-16:30
会 場 筑波大学春日エリア 高細精医療イノベーション棟 3F 308
建物までのアクセス https://sites.google.com/view/ozakilab-jp/contact
セミナー詳細 https://sites.google.com/view/ozakilab-jp/seminar
連絡先 バイオインフォマティクス研究室

haruka.ozaki@md.tsukuba.ac.jp / takaho.tsuchiya@md.tsukuba.ac.jp

(会場がアクセスしづらいため、外部の参加希望の方はメールをいただけるとスムーズです)

つくば科学英語会議特別講演
Tsukuba Scientific English Conference (TSEC) 2019 special lecture
演 題 Barriers and enablers to interventions to support person-centred dementia care in care home settings: learning from a trial of Dementia Care Mapping" 認知症におけるパーソン・センタード・ケア
演 者 Professor Claire Surr クレア・サー 先生
Leeds Beckett University, Professor of Dementia Studies
リーズ・ベケット大学、認知症研究教授
日 時 令和元年10月7日(月)18:30~20:00
会 場 Clinical Lecture Hall D 臨床講義室D
言 語 英語
<医学セミナー/Seminar in Medical Sciences>
セミナーは英語で行います。
This seminar will be given in English
非常勤講師名 磯博康 客員教授
(大阪大学大学院医学系研究科公衆衛生学 教授)
セミナータイトル 生活習慣病予防ー日本からグローバル展開へー
セミナー日時 2019年10月4日(金曜) 18:30から
セミナー会場 筑波大学 臨床講義室C
使用言語 英語
連絡先 筑波大学 医学医療系 社会健康医学
Tel/FAX: 029-853-2695(内線:6004)
Lecturer Prof. Hiroyasu Iso, MD, PhD, MPH
Professor, Osaka University
Title Life style-related disease prevention from Japan to global expansion
Time and Date 8:30, October 4th
Venue Clinical lecture room C
Language English
Contact Department of Public Health Medicine, ext. 6004
【生命医科学域セミナーⅡ】
日 時 令和元年10月4日(金)17:00~18:00
場 所 医学系学系棟483室
演 題 ウイルス感染現象の理解から宿主域と病態発現機構の解明へ向けて
演 者 川口 敦史 先生
筑波大学医学医療系 分子ウイルス学 准教授
連絡先 生命医科学域長室 高橋 智
satoruta@md.tsukuba.ac.jp
つくば科学英語会議(TSEC)2019
1日目:つくば科学英語会議(TSEC)2019
日 時 2019年10月3日(木)
会 場 筑波大学、医学エリア、イノベーションビル8階
時 間 10:00 – 17:00(登録9:00)
URL https://mayersthomas.wixsite.com/website
2日目:つくば会議での学生によるプレゼンテーションセッション
日 時 2019年10月4日(金)
会 場 つくば国際会議場 406室
時 間 8:55 – 17:00(英語講演15:00 – 16:00)
URL https://tsukuba-conference.com
内容 1日目のTSEC 2019は筑波大学で行われ、どなたも無料で参加できます。
この会議の目的は、専門家、教育者、および学生を一堂に会し、科学英語の向上と、科学と研究で成功するためのアイデアと情報を共有することにあります。英語での記述や会話による効果的なコミュニケーションは現代科学において重要なスキルの1つです。また、科学者に対する国際誌や国際学会における研究成果の発表に関するプレッシャーは年々増しています。TSEC2019は、国際的な専門家、教育者、そして学生による実践的な講演を通して、科学英語に関する能力を向上させる機会を与えます。
お問い合わせ Thomas Mayers
mayers@md.tsukuba.ac.jp
【生命医科学域セミナーⅠ】
日 時 令和元年10月2日(水)17:00~18:00
場 所 4A棟411室
演 題 ウイルスの慢性持続感染を制御する宿主因子
演 者 有海 康雄 先生
熊本大学ヒトレトロウイルス学共同研究センター
レトロエレメント学部門 特任准教授
連絡先 生命医科学域長室 高橋 智
satoruta@md.tsukuba.ac.jp
第452回TSMMセミナー
演 題 常在微生物叢に基づく層別化医療・ヘルスケアがもたらす未来
演 者

福田真嗣先生

慶應義塾大学 先端生命科学研究所 特任教授
筑波大学医学医療系TMRC 客員教授
神奈川県立産業技術総合研究所 グループリーダー
株式会社メタジェン 代表取締役社長CEO

日 時 2019年 10月1日(火) 17:00-18:30
会 場

学系棟483室

本セミナーは、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「医学セミ ナー」(担当:専攻各教員)、及び、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学 セミナーII」(担当:入江賢児)の関連セミナーに相当します。

TSMM セミナー担当 筑波大学医学医療系 柳沢裕美
医学セミナー/Seminar in Medical Sciences
日 時 2019年9月27日(金)18:00-19:00
場 所 臨床講義室B
演 題 大規模レセプト情報等データベースのための 解析プラットフォーム
~先端的情報技術とその活用の実際、今後の展望~
演 者 合田 和生 先生
東京大学 生産技術研究所 准教授
司 会 山縣 邦弘 (医学医療系 腎臓内科学)
ビッグデータ解析による医学研究を展開する機運が高まる中、わが国最大の医療データベースである厚生労働省レセプト情報・特定健診等情報データベース1'%の開発を主導した経験、展望を中心に今後の当院、わが国、世界における医療データベース研究につき議論します。
連絡先 角田 亮也 (腎臓内科 rtsunoda-tuk@umin.ac.jp, 内線 3202)
TARA Seminar
* This seminar will be given in English.*
* Seminar in Medical Sciences(医学セミナー対象セミナー)
Date 16:00-17:15, Friday, September 20th, 2019
Place Seminar Room (TARA Center Bldg. A)
Lecturer Rita C. Tostes, Ph.D. FAHA
Professor,
Department of Pharmacology
Ribeirao Preto Medical School
University of Sao Paulo
Title

The impact of testosterone in the cardiovascular system:still a controversial topic...

Dr. Tostes’s scientific interests are signaling pathways that drive vascular dysfunction in cardiovascular and metabolic diseases, including hypertension, diabetes and obesity, and how testosterone, aldosterone and the immune system contribute to vascular injury in these diseases.
Organizer Prof. Hiromi Yanagisawa(MAIL)
Research Studio 2019
一般公開レクチャー
「医学研究の出口戦略と起業」
内 容 全世界にネットワークを持つSPARK Globalよりスタンフォード、シドニー、台湾
より各地域のDirectorの先生方を招聘し、
各地域での研究成果実用化の取り組みについてご紹介いただきます。
さらに国内での医療機器開発の第一線でご活躍されている株式会社日本医療機器
開発機構(JOMDD)の内田毅彦先生に、
スタートアップにおける医療機器開発の実際についてご講演いただきます。
トランスレーショナルリサーチと起業に関して、日本のみならず国際的な実情を
伺ることができるまたとない機会です。
会 場 筑波大学医学医療系 健康医科学イノベーション棟8階 講堂
時 間 9月20日(金)13:20-18:00
参加費 無料
使用言語 主に英語
海外ゲストメンター from SPARK Global Kevin Grimes先生(Stanford University SPARK program co-director)
Michael Wallach先生(University of Technology Sydney)
Jane Tseng先生(National Taiwan University)
申 込 ①ご氏名②ご所属③ご職業(研究者/学生/支援者など)をご記入の上、下記アドレス宛にお申し込みください。
Research Studio事務局: TR_info@md.tsukuba.ac.jp
〈添付ファイル〉 日本語/英語版のフライヤー
医学セミナー/Seminar in Medical Sciences
Date September 19, 2019 (Thurs)
Time 17:30-18:45
Venue Clinical Lecture Room B 臨床講義室B
Title Identification of genomic structural variations and analysis of their functional roles
Speaker

Dr. Akihiro Fujimoto (Professor, Department of Human Genetics, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo)
藤本明洋教授 (東京大学院医学系研究科人類遺伝学分野)

The seminar will be given in English, but discussion in Japanese is also welcome.
本セミナーは英語で行われますが、Q&Aは日本語でもかまいません。

Abstract Next generation sequencing has allowed the identification of genetic variations known to contribute to diseases. Insertions and deletions are the second most abundant types of variations in the genome, but their biological importance or disease association are not well-studied, especially for deletions of intermediate-sizes. We identified intermediate-sized deletions from whole-genome sequencing data from Japanese subjects with a novel deletion calling method. These deletions were used to construct a reference panel for use in imputation. Imputation was then conducted using the data from publicly- available 82 Japanese subjects with gene expression data. We also conducted an expression quantitative trait loci (eQTL) association analysis using the deletions to infer their functional impacts on genes. We obtained a set of polymorphic 4,378 high-confidence deletions and constructed a reference panel. The deletions were successfully imputed into the Japanese samples with high accuracy (97.3%). The eQTL analysis identified 181 deletions (4.1%) suggested as causal for gene expression level changes. The causal deletion candidates were significantly enriched in promoters, super-enhancers and transcription elongation chromatin states. Generation of deletions in a cell line with the CRISPR-Cas9 system confirmed that they were indeed causative variants for gene expression change. Furthermore, one of the deletions was observed to affect expression levels of a gene in which the deletion was not located.
This study reports an accurate deletion calling method for genotype imputation at the whole genome level, and shows the importance of intermediate-sized deletions in the human population.
contact Naoyuki Tsuchiya, Molecular and Genetic Epidemiology Laboratory
tsuchiya@md.tsukuba.ac.jp
The 158th WPI-IIIS Seminar
This seminar is co-organized seminar with the ARIHHP Human High Performance Seminar.
Date Wednesday, September 18, 2019
Time 9:00 –10:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Kong Y. Chen
Metabolic Clinical Research Unit, NIH Clinical Center / The National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney Diseases
Subject “Cold-induced thermogenesis: a cold shoulder for obesity treatment? “
Summary

Human energy metabolism is highly regulated and adaptive to environmental changes. It has been long appreciated that cold exposures can increase energy expenditure (cold-induced thermogenesis or CIT). The recent rediscovery of brown adipose tissue in adult humans have spurred interests in this potential mechanism to increase energy expenditure to combat obesity. We quantified the CIT response to different environmental temperatures in a whole-room indirect calorimeter, determined the capacity of CIT, lower critical temperatures, muscle shivering activities, and explored factors potentially contributing to the differences in thermal physiology between lean vs. obese healthy young men.

Click here for more information
http://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/seminar
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第158回WPI-IIISセミナー
ARIHHP Human High Performance Seminarとの共催セミナーです。
日 時 2019年9月18日(水)9:00~10:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演者 Dr. Kong Y. Chen
Metabolic Clinical Research Unit, NIH Clinical Center / The National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney Diseases
演題 “Cold-induced thermogenesis: a cold shoulder for obesity treatment? “
要旨

Human energy metabolism is highly regulated and adaptive to environmental changes. It has been long appreciated that cold exposures can increase energy expenditure (cold-induced thermogenesis or CIT). The recent rediscovery of brown adipose tissue in adult humans have spurred interests in this potential mechanism to increase energy expenditure to combat obesity. We quantified the CIT response to different environmental temperatures in a whole-room indirect calorimeter, determined the capacity of CIT, lower critical temperatures, muscle shivering activities, and explored factors potentially contributing to the differences in thermal physiology between lean vs. obese healthy young men.

詳細はこちらからもご覧になれます
http://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/japanese/seminar
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
「論文執筆セミナー」
日 時 2019年9月17日(火) 17時30分より
場 所 臨床講義室A
講 師 エルゼビア・ジャパン㈱ 高石雅人 氏
内 容 論文執筆セミナー    
  • ・英語論文の執筆方法
  • ・最新の研究動向トピック(e.g. ハゲタカジャーナル)
  • ・ツールの使い方(Mendeley、Scopusの収録誌機能)
問い合わせ つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO)
臨床研究推進センター事務局
TEL:029-853-3914
医学医療系科研費セミナー
日 時 2019年9月11日(水)18時00分~19時15分
場 所 筑波大学医学地区 臨床講義室A
講演者・タイトル 医学医療系 松坂 賢 教授
「若手教員の科研費獲得に関する一私見:“良い準備” がモノを言う!」

医学医療系 近藤 正英 教授
「審査員ファーストで“当たる”から“当てる”へ!」
事務担当 筑波大学医学医療系エリア支援室(研究支援)
TEL:029-853-3022
Mail
TARA seminar
Seminar in Medical Sciences(医学セミナー)
* These seminars will be given in English.
Date 17:00-18:00, Monday, September 9th, 2019
Place Seminar Room (TARA Center Bldg. A)
Lecturer Dr. Robert Passier
Department Chair, Professor Applied Stem Cell Technologies, University of Twente, The Netherlands
Title Advanced human stem cell-based models for mimicking cardiovascular disease. Towards personalized medicine
Abstract Cardiovascular disease is the leading cause of death globally, representing approximately 30 percent of all death. Although in the last decades researchers have focused on the treatment of heart disease, there is currently no cure for this disease. In addition, impaired cardiac function may be caused by unexpected drug-induced cardiotoxic side effects. One major problem is the limited ability to accurately mimic human heart disease and to predict the effects of potential heart drugs on patients using the current models.
Human pluripotent stem cell (hPSC)-derived cardiac cells can be used to develop human patient-specific cell-based assays for biomedical and pharmacological research. Here, I will discuss the application of hPSC-derived cardiomyocytes to more accurately mimic human heart function in vitro and their potential for disease modelling (personalized medicine), drug discovery and regenerative medicine.
Organizer Prof. Hiromi Yanagisawa hkyanagisawa@tara.tsukuba.ac.jp
Seminar in Medical Sciences/医学セミナー
Time and Date 18:00-19:00, Wednesday, September 4, 2019
Venue Clinical Lecture Room D, 2nd floor above medical library
(臨床講義室D)
Speaker Professor Junko Oshima
Department of Pathology
University of Washington, Seattle, WA
Title Molecular and cellular mechanism of human aging and progeroid syndromes
Abstract Professor Junko Oshima started her research career in the United States shortly after graduating from the University of Tsukuba School of Medicine in 1984. Following the successful positional cloning of the Werner syndrome gene in 1996, she continues to expand her research toward understanding of pathogenetic mechanisms of human aging with a special emphasis on accelerated aging/genomic instability syndromes.
Language English
Contact 千葉 滋 ( schiba-tky@umin.net
  
【第3回バイオインフォマティクス分野講演会】
演 題 「階層ベイズモデルの紹介と腸内細菌叢データへの適用」
演 者 細田 至温(早稲田大学大学院 先進理工学研究科 浜田道昭研究室 博士後期課程1年)
要 旨 近年の次世代シーケンサーの発達により、膨大なシーケンシングデータが得られるようになった。このような膨大なデータを単純な統計解析で解釈することは困難を極める。そのため、モデルに事前知識を導入することで解釈性の高い結果を得ることがますます重要になっている。その一つの方法として階層ベイズモデルが挙げられる。階層ベイズモデルではデータに階層的な分布を仮定することで注目したパラメタの分布を推定することができる。我々は階層ベイズモデルの一つであるLDA (Latent Dirichlet Allocation) を腸内細菌叢メタゲノムに適用した。これまで、腸内細菌叢研究ではクラスタリングによる被験者の層別解析が主なものであった。しかしながら、クラスタリングでは細菌の共起グループであるassemblageを捉えられない。そこで、我々はassemblageを推定する手法としてLDAを採用した。結果として、これまでのクラスタリングによるアプローチでは得られなかった、酪酸産生菌を含む属が支配的なassemblageを発見した。本発表では階層ベイズモデルについて解説したのち我々の研究を紹介する予定である。
日 時 2019年8月2日(金) 15:00-16:00
会 場 筑波大学春日エリア 高細精医療イノベーション棟 3F 308
建物までのアクセス https://sites.google.com/view/ozakilab-jp/contact
セミナー詳細 https://sites.google.com/view/ozakilab-jp/seminar
連絡先 バイオインフォマティクス研究室(haruka.ozaki@md.tsukuba.ac.jp/takaho.tsuchiya@md.tsukuba.ac.jp)
(会場がアクセスしづらいため、外部の参加希望の方はメールをいただけるとスムーズです)
生命医科学域令和元年度公開講演会
演 題 「遺伝子発現の転写後調節機構とその生理学的意義」
演 者 入江 賢児先生
医学医療系 分子細胞生物学 教授
日 時 令和元年7月25日(木) 17:00~18:00
会 場 4A411室
Oxford week
オックスフォード大学教授陣と本学の教員・学生による3夜連続レクチャーを開催いたします。
日 時 7/22(Mon)~24(Wed) 18:15-19:15
場 所 臨床講義室C
対 象 筑波大学医学大学院生・教員
プログラム 添付ご参考
申し込み 不要
連続で参加できない場合でも受講可能
お問い合わせ 筑波大学 がんプロ事務局
事務担当:小田(陽) 矢吹
Tel:029-853-7316 / Fax:029-853-5745 / Mail
155th WPI-IIIS Seminar
Date Wednesday, July 24, 2019
Time 12:00 –13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Paul Frankland
Hospital for Sick Children Research Institute / University of Toronto, Canada
Subject “Reconfiguring memory networks for long-term consolidation“
Summary While memories for events may initially depend on the hippocampus, over time they are reorganized in the cortex for long-term storage. Our studies have identified brain-wide networks engaged in memory recall at both recent and remote time points. Using chemogenetic approaches to interrogate these networks, we subsequently showed that hub brain regions within these networks disproportionately influence memory consolidation. In our most recent work, we have focused on the role of white matter plasticity in memory consolidation. Our studies indicate that white matter plasticity is required for learning-induced coupling of hippocampal sharp-wave ripples and cortical spindles and successful memory consolidation. Therefore, these results identify a non-neuronal form of plasticity that fine tunes hippocampal-cortical networks following learning and is required for memory consolidation.

Click here for more information:
http://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/seminar
Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone: 029-853-8080 (ext.8080)
第155回WPI-IIISセミナー
日時 2019年7月24日(水) 12:00~13:00
場所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演者 Dr. Paul Frankland
Hospital for Sick Children Research Institute / University of Toronto, Canada
演題 “Reconfiguring memory networks for long-term consolidation”
要旨 While memories for events may initially depend on the hippocampus, over time they are reorganized in the cortex for long-term storage. Our studies have identified brain-wide networks engaged in memory recall at both recent and remote time points. Using chemogenetic approaches to interrogate these networks, we subsequently showed that hub brain regions within these networks disproportionately influence memory consolidation. In our most recent work, we have focused on the role of white matter plasticity in memory consolidation. Our studies indicate that white matter plasticity is required for learning-induced coupling of hippocampal sharp-wave ripples and cortical spindles and successful memory consolidation. Therefore, these results identify a non-neuronal form of plasticity that fine tunes hippocampal-cortical networks following learning and is required for memory consolidation.

詳細はこちらからもご覧になれます:
http://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/seminar
問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
第251回つくばブレインサイエンス・セミナー
日 時 2019年7月23日(火)18時より
タイトル 睡眠、摂食、養育行動の分子神経機構
演者 船戸 弘正(Hiromasa Funato)先生
(東邦大学医学部解剖学講座・筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構)
司会 桝 正幸 (筑波大学医学医療系)
場 所 筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂
バスご利用の方は『筑波大学病院入り口』または『追越学生宿舎前』で下車してください。
お問い合わせ 詳細についてはTBSAホームページをご覧ください。
http://www.md.tsukuba.ac.jp/tbsa/
つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務
第12回 つくばがん研究会
タイトル 第12回 つくばがん研究会
日 時 7月19日(金)17:30~
場 所 国際統合睡眠医科学研究機構1階講堂
お問い合わせ 詳細は添付ファイルのポスターをご覧ください
医学セミナーのご案内/Seminar in Medical Sciences
講 師 市村幸一先生(国立がん研究センター研究所 脳腫瘍連携研究分野 分野長)
タイトル 「成人グリオーマの分子診断と治療への応用」
日 時 2019年7月19日(金)18:00~
場 所 健康医科学イノベーション棟 105室
お問い合わせ 筑波大学医学医療系脳神経外科 鶴淵 隆夫(内線 3220 PHS98424)
第450回つくば分子生命科学セミナー
演題 非ヒト霊長類における遺伝子改変技術の開発と常染色体多発性嚢胞腎への適用
演者 依馬 正次 先生
滋賀医科大学動物生命科学研究センター
幹細胞・ヒト疾患モデル研究分野 教授     
日時 2019 年 7 月 12 日(金) 17:00-18:30
会場 イノベーション棟 105 室
本セミナーは、生命システム医学専攻&疾患制御医学専攻(博士)「医学セミナー」(担当:専攻各教員)、及び、フロンティア医科学専攻(修士)「医科学セミナーII」(担当:入江賢児)の関連セミナーに相当します。
連絡先 筑波大学医学医療系 高橋 智(satoruta@md.tsukuba.ac.jp)
筑波分子医学協会(TSMM)主催 HP http://www.md.tsukuba.ac.jp/public/tsmm/

Research Studio特別講演「創薬と橋渡し研究へのデザインドリブンアプローチ

最近、多くの分野で製品の見た目の「デザイン」だけでなくそのコンセプトやビジネス全体を含めて、デザイナーの視点で考え、企画を行う手法が広まっています。
本講演では創薬研究における「デザイン思考」を取り込んだアプローチについて研究を重ねてこられたRieko Yajima先生をお招きしご講演いただきます。
講 師 Rieko Yajima先生
日 時 7/3(水)
17:00-18:00
場 所 筑波大学 健康医科学イノベーション棟8階講堂
申込方法 お申込み不要:当日会場にお越しください。
演 題 「創薬と橋渡し研究へのデザインドリブンアプローチ」
言 語 英語(同時通訳なし)
受講料 無料
お問い合わせ つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO)
TR推進・教育センター (内線 3630)
TEL 029-853-3630 Mail
TARA Seminar<医学セミナー/Seminar in Medical Sciences>
* This seminar will be given in Japanese.
* The slides are written in English.
Date 16:30-17:30, Tuesday, July 2nd, 2019
Place Seminar Room (TARA Center Bldg. A)
Lecturer Dr. Haruka Ozaki 尾崎 遼先生
Associate professor, Department of Bioinformatics, Faculty of Medicine and Center For Artificial Intelligence Research, University of Tsukuba
Title Bioinformatics for understanding complicated biological phenomena
(複雑な生命現象を理解するためのバイオインフォマティクス)
Abstract
(in Japanese)
次世代シーケンサーなどの計測技術の革新により、多様な生命現象について大規模生命計データが取得され、蓄積されるようになった。それに伴い、それらのデータから生物学的仮説や解釈を引き出す情報解析のステップにおいて、バイオインフォマティクスの重要性がかつてないほど増している。特に、生命現象の描像を過度に単純なストーリーに落とし込もうとせずに、複雑なままで理解することを目指す方向が今後求められると考えられる。
このような背景を踏まえ、バイオインフォマティクスは、大規模生命計測データを解析するソフトウェアを供給するのみならず、「ものの考え方」をも提供できるのではないかと、講演者は考えている。 本セミナーでは、講演者がこれまで行ってきた次世代シーケンサーデータ解析、一細胞RNAシーケンスデータの解析とそれらの根底にある「ものの考え方」について紹介する。また、講演者が最近開発した、一細胞RNAシーケンスデータに特化した可視化ソフトウェアMilefyについても触れる。
Organizer Prof. Hiromi Yanagisawa(Mail)
【第2回バイオインフォマティクス分野講演会】
演題 遺伝子発現制御のカイネティクスを読み解く ~転写速度と分解速度の同時計測法の開発~
演者 川田健太郎(東京大学 アイソトープ総合センター 秋光研究室 特任助教)
要旨 過去の研究の多くでは転写物量制御として、主に転写因子を中心とした転写速度の調整にのみ主眼が置かれていたが、細胞外環境の変化に応答して各転写物の分解速度も同様に調節されることが示されている。そこで我々が開発した転写速度および分解速度の同時計測手法についてまず紹介する。続いて、上皮成長因子(EGF)刺激に対するヒト子宮頸がん由来HeLa細胞の応答を本手法により計測し数理解析した結果について説明し、今後の応用について紹介する。
セミナー詳細
日時 2019年6月28日(金) 15:00-16:00
会場 筑波大学春日エリア 高細精医療イノベーション棟 3F 308
建物までのアクセス
備考 連絡先:バイオインフォマティクス研究室(haruka.ozaki@md.tsukuba.ac.jp/takaho.tsuchiya@md.tsukuba.ac.jp)
(会場がアクセスしづらいため、外部の参加希望の方はメールをいただけるとス ムーズです)

OXFORD Week

本学の教員・学生とオックスフォード大学教授陣との4夜連続セッションを開催い たします。

日時 5/27(Mon)~30(Thu) 18:15-19:15
場所 臨床講義室D
対象 筑波大学医学大学院生・教員
プログラム 添付ご参考
申し込み 不要
連続で参加できない場合でも受講可能

OXFORD Week

Four nights consecutive lectures and sessions with professors from Oxford University. Please join us in this opportunity. 

Date 5/27(Mon)~30(Thu) 18:15-19:15
Venue Lecture hall D, Medical area
See the attached program for reference  Application not required
Organizers

Prof. Colin Goding
Oxford Ludwig Institute, University of Oxford
Hiroko Isoda, Shigeru Chiba, Mitsuyasu Kato, Noguchi Masayuki & Tatsuya Oda
University of Tsukuba

Contact The office of education programs for cancer professionals
029-853-7316 Fax:029-853-5745
ganpro-jimukyoku@un.tsukuba.ac.jp

OXFORD Week

Chromogranin A : a new regulator of cardiometabolic diseases
日 時 5月29日(水)の17:00~
場 所 学系棟4階411室
演 者 Dr. Nitish Mahapatra
Department of Biotechnology,
Indian Institute of Technology Madras
演 題 Chromogranin A : a new regulator of cardiometabolic diseases
第249回つくばブレインサイエンス・セミナー
日 時 2019年5月28日(火)18時より
演題タイトル 口腔内間葉幹細胞による神経再生医療の創出
演 者 石川 博(いしかわ・ひろし)先生 
(筑波大学・医学医療系)
司 会 鮎澤 聡
(筑波技術大学保健科学部保健学科)
会 場 筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂
バスご利用の方は『筑波大学病院入り口』または『追越学生宿舎前』で下車して ください.
備考 詳細についてはTBSAホームページをご覧ください.
つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務局
医学医療系講演会(医学医療系FD、医学系専攻FD)
日時 5月21日(火)17:00~18:30
場所 臨床講義室B
演者 高田英俊 教授
「原発性免疫不全症の診断・治療開発研究」
家田真樹 教授
「リプログラミングが切り拓く新しい心臓再生研究」
事務担当 医学研究支援(3022)
Cell reprogramming concepts at the crossroads between stem cells and immunity
演者 Dr. Carlos-Filipe Pereira
(Division of Molecular Medicine and Gene Therapy, Lund University (Sweden))
日時 5月15日(水)17時30分より
場所 筑波大学医学系学系棟411室
備 考 Dr. Pereira は、「組織細胞のリプログラミングによる造血幹 細胞の作製」とい う画期的な研究で有名な若手研究者です。 その研究成果は、造血系の遺伝性疾患 や白血病の画期的な治 療法につながると期待されています。

Pereira, et al., Cell Stem Cell, 13, 205 (2013) Pereira, et al., Developmental Cell, 36, 525 (2016) Gomes, et al., Cell Reports, 25, 2821 (2018)
連絡先 医学医療系・血液内科(千葉)029-853-3103
医学医療系・小児科(高田)029-853-5635
産業技術総合研究所(中西)029-861-3040
The 152nd WPI-IIIS seminar
Date Thursday, April 25, 2019
Time 12:00 –13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Taisuke Tomita
Laboratory of Neuropathology and Neuroscience, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, The University of Tokyo
Subject Novel strategies for enhanced amyloid clearance in the Alzheimer disease brain
Summary

Aggregated amyloid-β peptide (Aβ) and tau form β-sheet enriched structure called amyloids, and are deposited as senile plaques and neurofibrillary tangles, respectively, in the brains of Alzheimer disease (AD) patients. Several lines of evidence suggest that accumulation of Aβ induces the tau-mediated neuronal toxicity and symptomatic manifestations of AD. Thus, enhanced clearance of amyloids has been highlighted as plausible therapeutics for AD. We recently developed a novel small compound called photocatalyst that induces the selective degradation of amyloids upon irradiation in a spatiotemporal manner. I will discuss with these novel approaches for anti-amyloid therapeutics against AD.

Click here for more information

Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
152回WPI-IIISセミナー
日 時 平成31年4月25日(木) 12:00-13:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者 Dr. Taisuke Tomita (富田泰輔先生)
Laboratory of Neuropathology and Neuroscience,
Graduate School of Pharmaceutical Sciences, The University of Tokyo
(東京大学大学院薬学系研究科)
演 題 Novel strategies for enhanced amyloid clearance in the Alzheimer disease brain
要 旨

Aggregated amyloid-βpeptide (Aβ) and tau form β-sheet enriched structure called amyloids, and are deposited as senile plaques and neurofibrillary tangles, respectively, in the brains of Alzheimer disease (AD) patients. Several lines of evidence suggest that accumulation of Aβinduces the tau-mediated neuronal toxicity and symptomatic manifestations of AD. Thus, enhanced clearance of amyloids has been highlighted as plausible therapeutics for AD. We recently developed a novel small compound called photocatalyst that induces the selective degradation of amyloids upon irradiation in a spatiotemporal manner. I will discuss with these novel approaches for anti-amyloid therapeutics against AD.

詳細はこちらからもご覧になれます

問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
第248回つくばブレインサイエンス・セミナー
日 時 2019年4月23日(火)18時より
演題タイトル 過剰な攻撃行動に関わる神経生物学的基盤
演 者 高橋 阿貴(Aki Takahashi)先生(筑波大学人間系)
司 会 一谷 幸男(筑波大学人間系)
会 場 筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂
(バスご利用の方は『筑波大学病院入り口』または『追越学生宿舎前』で下車してください)
備 考 詳細についてはTBSAホームページをご覧ください.
つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務局
The 151st WPI-IIIS seminar
Date Wednesday, April 17, 2019
Time 12:00 –13:00
Venue 1F Auditorium, IIIS Building, University of Tsukuba
Speaker Dr. Jun Seita
Medical Sciences Innovation Hub Program, RIKEN / Stanford University
Subject Each biomedical parameter has a unique dynamic range
Summary

Data-driven approach is coming to biomedical sciences without doubt. Since each biomedical parameter has a unique dynamic range, data standardization plays critical role for accuracy and efficiency of data-driven approach. This talk summarizes importance and impact of data standardization considering dynamic range, and future perspective of data-driven approaches, such as machine learning and deep learning, for biomedical sciences.

Click here for more information

Contact International Institute for Integrative Sleep Medicine
Phone 029-853-8080 (ext.8080)
第151回WPI-IIISセミナー
日 時 平成31年4月17日(水) 12:00-13:00
場 所 筑波大学 医学系エリア 睡眠医科学研究棟 1F 講堂
演 者 Dr. Jun Seita (清田 純先生)
Medical Sciences Innovation Hub Program, RIKEN / Stanford University
演 題 Each biomedical parameter has a unique dynamic range
要 旨

Data-driven approach is coming to biomedical sciences without doubt. Since each biomedical parameter has a unique dynamic range, data standardization plays critical role for accuracy and efficiency of data-driven approach. This talk summarizes importance and impact of data standardization considering dynamic range, and future perspective of data-driven approaches, such as machine learning and deep learning, for biomedical sciences.

詳細はこちらからもご覧になれます

国際統合睡眠医科学研究機構長 柳沢 正史

問い合わせ 国際統合睡眠医科学研究機構 (内線8080)
生命医科学域 平成31年度公開講演会
演題 「幹細胞のゆくえ」
演者 大根田 修 先生
医学医療系 再生幹細胞生物学 教授
日時 平成31年4月16日(火)
17:00~18:00
会場 医学系学系棟483室

生命医科学域 平成31年度公開講演会

Special Seminar
Title Photoimmunotherapy: A new approach for management of recurrent locoregional H&N Cancer
Date Monday, April 1, 2019
Time 16:00-17:00
Place University of Tsukuba Hospital, Bldg.B room251-1
Speaker Dr. Ann Gillenwater
Professor, Department of Head and Neck Surgery,
Division of Surgery,
The University of Texas MD Anderson Cancer Center,
Houston, TX
Organizer Keiji Tabuchi
Hiromi Yanagisawa
医学セミナー/Seminar in Medical Sciences
TARA seminar
This seminar will be given in English.
Date 13:00-14:00, Monday, April 1, 2019
Place Seminar Room (TARA Center Bldg. A)
Lecturer Dr. James F. Martin
Vivian L. Smith Professor of Regenerative Medicine
Department of Molecular Physiology and Biophysics,
Baylor College of Medicine,Houston,TX 
Title Hippo-signaling in Heart Regeneration
Organizer Prof. Hiromi Yanagisawa