各種疾患領域における臨床研究を通じて、疾病制御に関するエビデンスを提示してゆきます。

疫学グループ

教員

  • 我妻 ゆき子

    我妻 ゆき子教授

    研究業績の詳細はこちら→TRIOS

    世界の重要な疾病対策(Disease Control)に関する研究を専門としています。臨床疫学、医療経済学、医療政策学のツールを利用し、世界で多くの子供たちを死亡させている感染症対策や低栄養対策のための介入研究を実施しています。人口問題や栄養問題、そして環境疫学やヘルスサービスリサーチにいたる、広い公衆衛生学的に重要な課題を研究テーマとし、とくに最近では、疾病の発達起源に関する研究や、気候変動の疾病インパクトに関する研究を行っています。病気で苦しむ人々に、有効で実現可能な方法を見出し、検証し、実社会で実現させてゆくことを目指しています。
    筑波大学つくば臨床医学研究開発機構(Tsukuba Clinical Research & Development Organization: T-CReDO)においては、患者立脚型の臨床応用を明確にした臨床研究を目指すクリテイカル・パス・リサーチ(CPR)の推進と、その実践に必要となる多職種の人材育成を行っています。

  • 福重 瑞穂

    福重 瑞穂助教

    研究業績の詳細はこちら→TRIOS

    主に途上国で重要な問題となっている「顧みられない熱帯病」のコントロール・撲滅に貢献することを目指して、研究を進めています。とくに、住血吸虫症やリーシュマニア症などの寄生虫疾患に 興味を持っています。2016年に修了したエジンバラ大学の博士過程では、住血吸虫症の治療効果、そして感染予防に関する研究をシステマティックレビュー及びメタアナリシスを用いて行いました。また、これまでバングラデシュやジンバブエにおいてフィールド疫学調査の経験があります。疫学や公衆衛生に関する科目の講義を担当しています。

学生

  • 布川 貴博

    布川 貴博博士課程

    リウマチ科の臨床医で、とくに今興味のある分野は血管炎とリウマチ性疾患におけるニューモシスチス肺炎です。リウマチ膠原病の臨床では多くの未解決な問題があり、それらを解決するための知識や技術をこちらで身に付けたいと考えております。またつくばで育ちましたので、またこちらで生活することによろこびを感じています。

    論文
    1. The use of muscle biopsy in the diagnosis of systemic vasculitis affecting small to medium-sized vessels: a prospective evaluation in Japan. Scand J Rheumatol. 2016;45(3):210-4.
    2. ‘Transgastric long tube placement following percutaneous endoscopic gastrostomy for severe chronic intestinal pseudo-obstruction related to systemic sclerosis.” Mod Rheumatol. 2013 Nov 4 (Epub ahead of print).
    3. “Renal rim sign: a diagnostic radiological sign of IgG4-related tubulointerstitial nephritis?” J Clin Rheumatol. 2012 Apr;18(3):159-60.
    4. “Late-onset scleroderma renal crisis induced by tacrolimus and prednisolone.” Am J Ther. 2012 Jul 24.
  • Carolyn Kemonto Nyamasege

    Carolyn Kemonto Nyamasege博士課程

    My research interest is nutrition epidemiology because my background is bachelors in food nutrition and dietetics, masters of science in Applied Human Nutrition from The University of Nairobi, Kenya and an MPH from this department. Previously I worked with research institutions as a research assistant and later joined academics as a graduate teaching assistant and lecturer for a short period before coming to Tsukuba, Japan. My PhD research is on intervention effects on maternal and child health related outcomes in urban informal settlements of Kenya. Currently I am following-up a randomized controlled cohort.

  • Crispin Manda

    Crispin Manda博士課程

    I graduated from College of Medicine a constituent college of the University of Malawi. I studied Bachelor of Science in Medical Laboratory Science (Biomedical Sciences) in my undergraduate. I then worked at Zomba Central Hospital in Malawi for more than 3 years. This is where I developed interest to contribute to the development of strong disease surveillance systems which would strengthen evidence informed public health policy development and improve public health interventions. To achieve my goal I had to be able to produce scientific and technical information through research. Studying public health and epidemiology will therefore equip me with the much needed skills.

  • Farzana Ferdous

    Farzana Ferdous博士課程

    My interests in general are in maternal and child health, etiology and epidemiology of infectious diseases, and life style as well as food habits related to non-communicable diseases. For my PhD, I would like to study maternal and environmental influences on intrauterine and early childhood organ development. As a public health professional, I would like to serve poorer people of my country as well as throughout the world. By enlarge I would ultimately be able to contribute towards global health.

  • 野沢 佑子

    野沢 佑子博士課程

    薬学研究科で修士課程修了後、8年間医薬品の研究開発に携わってきました。臨床開発部門で治験にかかわる中で、自身で関心のある課題について試験をデザインし、結果を正しく評価できるスキルを身につけたいと思い博士課程に進学しました。現在は新たなフィールドで特殊な集団での臨床研究に携わっており、少数例での試験デザインにも関心があります。

  • Crispin Manda

    保木本 崇弘博士課程

    私は、急性期のリハビリテーションに興味を持っています。理学療法士として病院に勤務しながら、理学療法の効果的な介入について検討しています。

  • 髙栁 元

    髙栁 元博士課程

    私は博士課程2年の学生であり,製薬企業に所属する統計解析担当者です.私のPh.D.研究は,統計学的/疫学的手法にもとづき,ある疾患のスクリーニングテストの信頼性(再現性)を評価することです.

  • Nguyen Thi Ngoc Mai

    Nguyen Thi Ngoc Mai修士課程

    I am Nguyen Thi Ngoc Mai, currently in the second year for the Master of Public Health program. My primary research interest is chronic diseases and their effects on acute conditions. As the proportion of “old age” population has increased dramatically, it is expected that the burden of chronic conditions will continue to rise in the future. At the moment, we are working on using the Charlson Comorbidity Index to measure the burden of chronic comorbidity on community-acquired pneumonia’s outcome. Through this study, we hope to get more understanding of Japanese inpatient comorbidity pattern, as well as provide a way to control for these in the clinical setting.

  • 内藤 舜斗

    内藤 舜斗修士課程

    これまで自然環境中(特に河川)における放射性物質に関する研究を行っていました。環境中の放射性物質が人や社会に与える影響を評価する手法を習得するため、筑波大学で公衆衛生学を学んでいます。現在は放射線災害全般に関心の範囲を広げ研究を行っています。研究を通じて、災害に関する問題の解決に貢献できればと考えています。

  • Mai Ozaki修士課程

    My interests are STI and reproductive health. Thus, I’m studying about how to prevent STI and methods of intervention.

  • 齋藤 伸行客員研究員

  • Taro Nishimura

    西村 太朗 修士課程

    学部では検査技術科学を専攻し、途上国における寄生虫感染症をテーマに卒業研究を行って以来、寄生虫の魅力に取り憑かれてしまいました。主に顧みられない熱帯感染症(NTDs)が人と社会に及ぼす影響に興味があります。現在、寄生虫の「不在」により引き起こされていると考えられる様々な身体的影響について特に興味を持ち研究を進めています。MPHでの学びを通して疫学研究への理解を深め、寄生虫と宿主の関係性について新たな目を向けられればと野望を抱いております。

TOP