学術論文  和文総説

2022

Watanabe A*, Muraki K*, Tamaoki J, Kobayashi, M: Soy-derived equol induced antioxidant activity in zebrafish in an Nrf2-independent manner. Int. J. Mol. Sci. 23:5243. *equally contributed

Lichtenegger A, Mukherjee P, Tamaoki J, Bian L, Zhu L, El-Sadek IA, Makita S, Leskovar K, Kobayashi M, Baumann B, Yasuno Y: Multicontrast investigation of in vivo wildtype zebrafish in three developmental staages using polarization-sensitive optical coherence tomography. J. Biomed. Opt. 27:016001

2021

Saida K, Tamaoki J, Sasaki M, Haniffa M, Koshimizu E, Sengoku T, Maeda H, Kikuchi M, Yokoyama H, Sakamoto M, Iwama K, Sekiguchi F, Hamanaka K, Fujita A, Mizuguchi T, Ogata K, Miyake N, Miyatake S, Kobayashi M, Matsumoto N: Pathogenic variants in the SMN complex gene GEMIN5 cause cerebellar atrophy. Clin. Genet. 100:722-730.

Tanaka K, Adachi H, Akasaka H, Tamaoki J, Fuse Y, Kobayashi M, Kitazawa T, Teraoka H: Oxidative stress inducers potentiate 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin-mediated pre-cardiac edema in larval zebrafish. J. Vet. Med. Sci. 83:1050-1058.

2020

Nguyen VT, BIan L, Tamaoki J, Otsubo S, Muratani M, Kawahara A, Kobayashi, M: Generation and characterization of keap1a- and keap1b-knockout zebrafish. Redox Biol. 36:101667.
博士修了生・Nguyenの3報目の論文。ゼブラフィッシュに二つあるKeap1の遺伝子破壊を行っている。Keap1aは不思議な遺伝子で、全ての魚類と両生類がもつのに羊膜類に進化する段階で突然なくなる。その謎に迫った論文。Keap1a破壊系統とKeap1b破壊系統の比較から、Keap1aとKeap1bでは環境ストレスに対する応答性が違うことを見いだしている。

Tamaoki J, Takeuchi M, Abe R, Kaneko H, Wada T, Hino S, Nakao M, Furukawa Y, Kobayashi, M: Splicing- and demethylase-independent functions of LSD1 in zebrafish primitive hematopoiesis. Sci. Rep. 10:8521.
博士課程・玉置の論文。エピジェネティクス因子LSD1の選択的スプライシングの制御が学習・記憶を調節するという面白い報告が近年マウス解析でなされたが、同様の選択的スプライシングが魚類にも保存されていることを見いだした論文である。さらに、ゼブラフィッシュLSD1が重要な働きを示す初期造血においては、スプライシング制御も脱メチル化活性も不要なことを見いだしている。

Endo Y*, Muraki K*, Fuse Y, Kobayashi, M: Evaluation of antioxidant activity of spice-derived phytochemicals using zebrafish. Int. J. Mol. Sci. 21:1109. *equally contributed
ともに修士課程である遠藤と村木の論文。食品成分の機能性解析にゼブラフィッシュを用いた論文第一弾。各種香辛料成分の抗酸化活性をゼブラフィッシュを用いて個体レベルで比較解析した。6種の香辛料成分がゼブラフィッシュ個体で抗酸化活性を示したが、そのうち5種がNrf2経路依存的に効果を発揮することを明らかにした。興味深いことに、シナモン/桂皮由来の成分シンナムアルデヒドはNrf2非依存的な活性を示し、新しい抗酸化経路の発見につながると期待された。


2010-2019の論文
2000-2009の論文
1999以前の論文