本文へスキップ

Innovative Research for Important Problems

English / 日本語

村谷匡史(医学医療系 准教授)

筑波大学の生物学類を2000年3月に卒業後、大学院(米国)、ポスドク(英国)、セカンドポスドク(シンガポール)の長期留学(?)を経て2014年2月に帰国しました。これまで、研究材料としては出芽酵母、培養細胞、幹細胞、マウス、臨床検体を扱い、それぞれの系での多様な実験手技を学び、ゲノミクスデータのインフォマティクス解析や民間企業との共同研究なども通して幅広い経験を積んできましたが、「遺伝情報が必要な時に必要な場所で、正確に読み出される仕組み」を一貫して研究しています。

学歴
2005年 Ph.D. コールドスプリングハーバー研究所ワトソンスクールオブバイオロジカルサイエンス 修了
2000年 学士   筑波大学第二学群生物学類 卒業

職歴
2005-2008年 キャンサーリサーチUK ロンドン研究所 リサーチフェロー
2006年    日本学術振興会海外特別研究員 
2006-2008年 ヒューマンフロンティアサイエンスプログラム ロングタームフェロー
2008-2014年 シンガポールゲノム研究所 リサーチアソシエイト
2014年より  筑波大学医学医療系 准教授
主な業績

Muratani M, Deng N, Ooi WF, Lin SJ,.... Tan P. Nanoscale chromatin profiling of gastric adenocarcinoma reveals cancer-associated cryptic promoters and somatically acquired regulatory elements. (2014) Nature Communications. 5, 4361.

Kumar V, Muratani M, Rayan NA, Kraus P, Lufkin T, Ng HH, Prabhakar S. (2013) Insights from uniform, optimal signal processing of next-gen tag profiles. Nature Biotechnology. 31(7), 615-22.

Ng JH*, Kumar V*, Muratani M*, Kraus P, Yeo JC, Yaw LP, Xue K, Lufkin T, Prabhakar S, Ng HH. (2013) In vivo epigenomic profiling of germ cells reveals germ cell molecular signatures. Developmental Cell. 24(3), 324-33.

Wang X, Muratani M, Tansey WP, Ptashne M. (2010) Proteolytic instability and the action of nonclassical transcriptional activators, Current Biology. 20(9), 868-71.

Daulny A, Geng F, Muratani M, Geisinger JM, Salghetti SE, Tansey WP. (2008) Modulation of RNA polymerase II subunit composition by ubiquitylation. Proceedings of National Academy of Sciences U S A. 105(50), 19649-54.

Muratani M, Kung C, Shokat KM, Tansey WP. (2005) The F box protein Dsg1/Mdm30 is a transcriptional coactivator that stimulates Gal4 turnover and cotranscriptional mRNA processing. Cell. 120(6):887-99.

Muratani M, Tansey WP. (2003) How the ubiquitin-proteasome system controls transcription. Nature Reviews Molecular and Cellular Biology, 4(3), 192-201.

Muratani M*, Gerlich D*, Janicki SM, Gebhard M, Eils R, Spector DL. (2002) Metabolic-energy-dependent movement of PML bodies within the mammalian cell nucleus. Nature Cell Biology. 4(2):106-10.

Salghetti SE, Muratani M, Wijnen H, Futcher B, Tansey WP. (2000) Functional overlap of sequences that activate transcription and signal ubiquitin-mediated proteolysis. Proceedings of National Academy of Sciences U S A. 97(7), 3118-23.

筑波大学医学医療系
ゲノム生物学教室

〒305-8575
茨城県つくば市天王台1-1-1

TEL 029-853-7645
FAX 029-853-3333
MAIL muratani@md.tsukuba.ac.jp