教育理念

科学性と共感性を基盤とした看護学の専門能力を身に付け、保健、医療、福祉、教育、心理など多職種チームの一員として人々の健康生活の向上や改善を図り、広く人類のウェルビーイングに貢献できる人材を育成します。また、 教育者、研究者、管理者としてそれぞれの専門分野で指導的役割を担い、国内はもとより世界で活躍できる人材の育成を目指します。

 

新着情報

2018.5.21 平成30年度看護学類Faculty Developmentセミナーのご案内

看護学類では下記のFaculty Developmentセミナーを開催します。
詳細は添付のポスターをご確認ください。

平成30年度看護学類Faculty Developmentセミナー
「米国の看護教育 ~大学教育と臨床現場のギャップをなくすために~」

●講師:岩間恵子先生(アデルファイ大学看護学部博士課程修了)
●日時:平成30年6月8日(金)15:15~16:30
●場所:筑波大学医学キャンパス共同利用棟B 103号室

主催・共催:看護学類FD自己点検委員会・OSCE担当委員会、ICT国際活動委員会

参加費無料、事前申し込み不要、どなたでも参加できますので、お誘い合わせの上、ふるってご参加ください。

poster
ポスター画像(クリックで拡大)

2018.4.20 2018年度シラバス(3年生)を更新しました。

2018.4.17 2018年度シラバス(2年生)を更新しました。

2018.4.16 2018年度シラバス(4年生)を更新しました。

 

 矢印 新着情報の一覧へ

 

arrow医学群ガイドブック2018がダウンロードできます(PDFファイル 3.4MB)

看護学部へ行こう!

看護系大学で学ぶこと