筑波大学 医学医療系 Faculty of Medicine


福祉医療学
Medical Science and Welfare




印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



保健・医療・福祉に関する勉強会について



 この勉強会は、保健・医療・福祉の関係者および大学生・大学院生の保健・医療・福祉に関する知識の啓発や、つくば市周辺の保健・医療・福祉に関 する論議の場として、年6回、筑波大学総合研究棟D1階公開会議室を会場に実施されております。最近実施した勉強会のテーマは、地域医療、介護保険、遺伝子診断など、旬なテーマが中心となっております。参加費は無料です。皆様のご参加をお待ちしております。(日本プライマリ・ケア連合学会単位 認定)

 日本プライマリ・ケア連合学会茨城県支部の会員には、『保健・医療・福祉に関する勉強会』のお知らせをお送りします。

入会ご希望の方は 筑波大学福祉医療学 担当:山口孝子

  • 〒305-8577 茨城県つくば市天王台1-1-1
  • 筑波大学総合研究棟D
  • TEL&FAX 029-853-3496
  • ms00d198@md.tsukuba.ac.jp


勉強会のお知らせ

第217
テーマ:アルコール低減外来の設置と更なるアルコール総合対策への展望
演 者:吉本 尚 先生 筑波大学医学医療系 地域総合診療医学 准教授
            筑波大学附属病院 総合診療科
    斉藤 剛 先生 筑波大学附属病院 総合診療科
日 時:令和4年2月1日(火)18:30〜20:30 ウェブセミナー(オンラインでの開催となります)

講演抄録:
 アルコールの問題は世界で最もケアが不十分な領域である。我々は「診断名によらず、本人に適した飲酒量の目標を共に目指す」というコンセプトでアルコール低減外来を展開してきた。設置・実際の診療の理論的背景と、今後の更なるアルコール総合対策への展望に触れる。
 今回の勉強会では、筑波大学附属病院総合診療科の吉本尚先生と斉藤剛先生に「アルコール低減外来の設置と更なるアルコール総合対策への展望」の演題で、お話していただく予定です。ウェブセミナー受講希望の方は、1月25日(火)までに下記QRコード・URLからお申し込み下さい。

 この講演会は日本プライマリ・ケア連合学会茨城県支部と茨城県理学療法士会の後援を受けています。この講演会に参加されますと、日本プライマリ・ケア連合学会 認定医1単位と認定薬剤師1単位が取得できます。
また人間総合科学学術院専門基盤科目とフロンティア医科学専攻の医科学セミナー4(プライマリ・ケア)の一部となっています。


【申込みフォーム】
 https://forms.gle/FbVcmjhGUrDq9K929 


【抄録】: 第217回勉強会抄録.pdf



  保健・医療・福祉に関する勉強会についてのお問い合わせは..
  筑波大学医学医療系 福祉医療学 柳 久子
  電話&fax:029-853-3496

LinkIcon過去の勉強会