分子細胞生物学研究室(入江研究室)のホームページへようこそ

 この研究室は平成17年4月にできた研究室で、8年目の研究室です。

 遺伝子発現制御において、mRNAからタンパク質へと翻訳される過程はさまざまなRNA結合タンパク質によって制御されています。酵母のRNA結合タンパク質Khd1は多くのターゲットmRNAに結合し、あるターゲットmRNAに対しては翻訳抑制因子として、別のターゲットmRNAに対してはmRNA安定化因子として機能しています。哺乳動物細胞のRNA結合タンパク質hnRNP Kは細胞のストレス応答や増殖制御に、Stau1は筋分化の制御にそれぞれ機能しています。

 私たちはこれらRNA結合タンパク質の解析を通じて、「遺伝子発現制御」、「ストレス応答」、「細胞増殖」、「細胞分化」などの生命現象を『RNA』というキーワードで解き明かすことを目指しています。

入江研究室には次の学生が参加できます。

  1. 学部生:筑波大学医学群医学類(研究室演習)、医療科学類(卒業研究)、生物環境学群生物学類(卒業研究)
    http://www.md.tsukuba.ac.jp/igakugun/
    http://www.biol.tsukuba.ac.jp/cbs/
  2. 大学院生(修士課程):筑波大学大学院人間総合科学研究科フロンティア医科学専攻
    http://www.md.tsukuba.ac.jp/FrontierSite/
  3. 大学院生(博士課程):筑波大学大学院人間総合科学研究科生命システム医科学専攻
    http://www.md.tsukuba.ac.jp/gradmed/research/index.html
  4. 大学院生(修士と博士の5年コース):筑波大学ヒューマンバイオロジー学位プログラム
    (文科省の博士課程教育リーディングプログラム:院生には給付型支援があります。つまり、給料をもらいながら、大学院生活を送ることができます。学資補助、海外渡航支援、院生寮に優先的に入居などもあります。)
    http://hbp.tsukuba.ac.jp/

見学はいつでも歓迎します。メールで日時を問い合わせてください。
kirie@md.tsukuba.ac.jp

TOPICS

2013年4月 木村くんの論文がEukaryotic Cellに掲載されました。
2013年4月 M1の増田くんが加わりました。
2013年3月 M2の間島くんが修士の学位を取得しました。
2013年3月 生物学類千葉智樹先生との共同研究の論文がPLoS Oneに掲載されました。
2012年9月 ポスドクのLiさんがTARAセンターに移動しました。
2012年4月 生物学類卒研生の大森くんが加わりました。
2012年3月 D4の山口くんが博士の学位を、M2の萱島くんが修士の学位を取得しました。
2011年12月 山口くんの論文がBBRCに掲載されました。
2011年9月 M1伊藤くんが鹿児島大学医学部(学士編入)に転身しました。
2011年8月 伊藤くんの論文がEukaryote Cellに掲載されました。
2011年4月 D1の木村くん、M1の間島くんが加わりました。