筑波大学 医学医療系 Faculty of Medicine


福祉医療学
Medical Science and Welfare

 



印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



保健・医療・福祉に関する勉強会について



 この勉強会は、保健・医療・福祉の関係者および大学生・大学院生の保健・医療・福祉に関する知識の啓発や、つくば市周辺の保健・医療・福祉に関 する論議の場として、年6回、筑波大学総合研究棟D1階公開会議室を会場に実施されております。最近実施した勉強会のテーマは、地域医療、介護保険、遺伝子診断など、旬なテーマが中心となっております。参加費は無料です。皆様のご参加をお待ちしております。(日本プライマリ・ケア連合学会単位 認定)

 日本プライマリ・ケア連合学会茨城県支部の会員には、『保健・医療・福祉に関する勉強会』のお知らせをお送りします。

入会ご希望の方は 筑波大学福祉医療学 担当:山口孝子

  • 〒305-8577 茨城県つくば市天王台1-1-1
  • 筑波大学総合研究棟D
  • TEL&FAX 029-853-3496
  • ms00d198@md.tsukuba.ac.jp

勉強会のお知らせ


第191回
テーマ:小児の発達に関連する問題とその対応
    ー自閉症スペクトラム障害を中心に
演 者:岩崎信明 先生 茨城県立医療大学小児科
    同 保健医療学部医科学センター教授(附属病院長)
日 時:平成29年11月9日(木)18:30~20:30
場 所:筑波大学総合研究棟D 公開講義室(1F)
 
講演抄録: 
小児の発達に関連する問題として、自閉症スペクトラム障害や注意欠如・多動性障害などのいわゆる「発達障害」といわれる一群とともに、身体的・知的な発達に問題を生じる脳性麻痺や知的障害などのグループ(広義の「発達障害」)がある。両者はともに脳の機能障害と関連する発達期の小児特有の疾患である。しかし、疾患特性や治療手段とともに、必要とされる社会資源も異なっている。今回は自閉症スペクトラム障害に焦点をしぼって疾患の特性、それに基づく対応方法の考え方、医療的介入、教育的側面について述べるとともに、広義の発達障害を含めた茨城県内の社会資源の現状についても触れていく。今回の勉強会では、茨城県立医療大学小児科の岩崎信明先生に「小児の発達に関連する問題とその対応ー自閉症スペクトラム障害を中心に」の演題で、お話していただく予定です。事前申し込みの必要はございません。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 
この講演会は日本プライマリ・ケア連合学会茨城県支部の後援を受けています。この講演会に参加されますと、日本プライマリ・ケア連合学会 専門医・認定医2単位と認定薬剤師1単位が取得できます。
またフロンティア医科学専攻の医科学セミナー4(高齢者医学)の一部となっています。 
 

  保健・医療・福祉に関する勉強会についてのお問い合わせは..
  電話&fax:029-853-3496

LinkIcon過去の勉強会