本文へスキップ
「つくばブレインサイエンス協会」ホームページ

つくばブレインサイエンス協会(TBSA)では、毎月、神経科学をテーマにセミナーを行っております。
医学、生物学、心理学、工学といった幅広い分野から専門の先生方をお招きし、最先端の内容を他の分野の方々にもわかりやすく解説していただいております。
セミナーは無料で公開されていますので、どなたでもご自由にご参加いただけます。
なお、このセミナーは筑波大学大学院修士課程フロンティア医科学専攻との共催です。

TBSA定例会のお知らせTBSA定例会のお知らせ

 
 第232回つくばブレインサイエンス・セミナー (2017年1月開催)
日時
2017年1月24日(火)18時より
場所
筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂
バスご利用の方は『筑波大学病院入り口』または『追越学生宿舎前』で下車してください。
演題
『前頭前野皮質シナプス可塑性: dopamineによる修飾と認知機能上の意味 Synaptic plasticity in prefrontal cortex: dopaminergic modulations and functional implications』
演者
大谷 悟 先生
(了徳寺大学医学教育センター・順天堂大学院医学研究科)
要旨
 私達は長年, ラット前頭前野皮質グルタミン酸性シナプスに生じる長期可塑性現象について調べてきた。長期シナプス可塑性はシナプス伝達効率の長期的な増強・減弱で、長期記憶の細胞レベルの基盤である。海馬などと同様、前頭前野皮質ニューロンもシナプス可塑性を用いて長期記憶を保持していると考えられる。しかし私達が前頭前野研究を始めた1990年代半ばは, いまだ「前頭前野皮質は作動記憶という短期記憶の働く座であり, 長期記憶には無関係」という見解が支配的だった。私達の研究は従って, ①前頭前野皮質はいかなる長期記憶を保持するのか, の呈示と, ②前頭前野ニューロン長期シナプス可塑性の細胞メカニズム解明, という二本立てで進んだ。
 ①に関して私達は, 前頭前野皮質は「行動の時間的構造temporal organization of behavior(またはstrategy/rule) 」という長期認知記憶の座であるとの仮説を提出した(e.g. Biological Psychiatry 67(2010), 199-207)。すなわちこの皮質領域は, 目的行動の構造の, 意識的な認知に関与しており, この「行動の構造」はそれ自体が長期記憶で, この長期記憶を駆使することで私達の目的遂行行動goal-directionが可能になると, 私達は考える。
 ②に関して私達はまず,前頭前野皮質の長期増強long-term potentiation(LTP)はdopamineによる「逆U字型inverted-U」濃度依存性修飾を受けていることを示した(e.g. Journal of Neuroscience 26(2006), 4803-4810; Cerebral Cortex 19(2009), 2708-2718). さらに私達は, dopamine transporter活性を操作することにより, 前頭前野皮質シナプスの長期抑圧long-term depression(LTD)も, やはりdopamineによる逆U字型濃度依存性修飾を受けていることを示した(Cerebral Cortex 24(2014), 945-955)。Dopamineが前頭前野認知機能に決定的影響を持ち, その修飾様態が逆U字型濃度依存性を示すことは行動薬理実験などから推測されていたが, 私達はこのルールがシナプス可塑性にも当てはまることを実験的に示した。最後に私達は, ヒトで統合失調症認知症状様の異常を起こすNMDA型グルタミン酸受容体非競合的拮抗薬MK801が, ラット海馬-前頭前野シナプス入力に自発性の異常LTP(aberrant LTP)を生じさせること, そしてこの異常LTPは, 高次認知機能異常を伴うことを示した(Cerebral Cortex, 25(2015),1348-1361)。すなわち統合失調症認知症状には, 前頭前野におけるdysfunctionalな可塑性誘発が関与している可能性がある。
 これらの結果は, 前頭前野シナプス可塑性は機能的に重要なdopamineによる微調整を受けており, dopamine制御異常などによる可塑性誘発異常が, 高次認知機能異常の一因となる可能性を示唆している。

交通アクセス交通アクセス(筑波大学・医学エリアでの開催の場合)


 つくばエクスプレス TX秋葉原駅 つくば駅 ―<関東鉄道バス> 筑波大学病院入り口または追越学生宿舎前下車 
 JR常磐線 JR上野駅 荒川沖駅 ―<関東鉄道バス> つくばセンター 筑波大学病院入り口または追越学生宿舎前下車
 高速バス 東京駅八重洲南口 つくばセンター ―<関東鉄道バス> 筑波大学病院入り口または追越学生宿舎前下車
(他に羽田空港、成田空港からの高速バスもございます)
 お車でお越しの場合 東京他各地 ―<常磐自動車道> 桜土浦IC ―<R354> 大角豆交差点を右折 ―<東大通り> ―<北大通り> 筑波看護専門学校の交差点で右折 筑波大学・医学エリア

ナビゲーション

お問い合わせ先

〒305-8577
茨城県つくば市天王台1-1-1

筑波大学 医学医療系 TBSA 事務局
(代表:志賀 隆)

tshiga@md.tsukuba.ac.jp

リンク

筑波大学

筑波大学 医学医療系