本文へスキップ
「つくばブレインサイエンス協会」ホームページ

つくばブレインサイエンス協会(TBSA)では、毎月、神経科学をテーマにセミナーを行っております。
医学、生物学、心理学、工学といった幅広い分野から専門の先生方をお招きし、最先端の内容を他の分野の方々にもわかりやすく解説していただいております。
セミナーは無料で公開されていますので、どなたでもご自由にご参加いただけます。
なお、このセミナーは筑波大学大学院修士課程フロンティア医科学専攻との共催です。

Recently Updated (2017. 4. 7)
歴代演者御氏名の一覧表をアップしました。ご覧いただければ幸いです

TBSA定例会のお知らせTBSA定例会のお知らせ

 
 第249回つくばブレインサイエンス・セミナー (2019年5月開催)
          
日時
2019年5月28日(火)18時より
場所
筑波大学・医学エリア・健康医科学イノベーション棟8階講堂
バスご利用の方は『筑波大学病院入り口』または『追越学生宿舎前』で下車してください.
演題
『口腔内間葉幹細胞による神経再生医療の創出』
演者
石川 博(いしかわ・ひろし)先生
(筑波大学・医学医療系)

要旨
1)口腔内間葉幹細胞の多分化能
 口腔内間葉 (oral mesenchyme, OM) は外胚葉性間葉とも呼ばれ神経堤由来である。OMの中で歯髄が最も幹細胞が多い。我々はヒト歯髄幹細胞(DPSCs)が外胚葉:神経系細胞、中胚葉:軟骨細胞、骨細胞、脂肪細胞、内胚葉:肝細胞、原始腸管に分化することを確認した。すなわち歯髄に万能細胞(Muse細胞)の存在することを証明したことになる。
2)口腔内間葉幹細胞から分化誘導した神経系細胞のパーキンソンモデル動物への移植
 OMである頬脂肪体から幹細胞を分離し、これを神経系細胞に分化誘導した。また6-OHDAをラットの内側前脳束に注入してパーキンソンモデルを作製した。次に、分化誘導神経系細胞を同部に移植した。移植4週間後にパーキンソン症状が軽減ないし消失した、消失したラットの移植部位にはドーパミン細胞が増殖していた。
3)毛細血管網を内在する神経束の作製と坐骨神経あるいは脊損への移植
 神経束は神経細胞の軸索(axon)の集合体である。素材がシリコンであるPDMSの板に径5mm、深さ5mmの穴を3cm間隔であけ、穴と穴の間に幅150μm、深さ150μmの溝を掘っておく。次に、穴の中に神経細胞ビーズと血管内皮細胞ビーズを混和していれる。また溝には外側に線維芽細胞シートを、その内側に周皮細胞をあらかじめ入れて還流培養しておく。ビーズの入った穴からはかなりの数のaxonと血管が溝の中に伸びて来る。このaxonをニーズに応じて数本~数十本束ね、外側を厚い線維芽細胞シートで包めば縫合も可能な血管内在神経束ができる(特許申請中)。現在、脊損モデルラット、ならびに坐骨神経切断ラットにこの神経束を移植し、人工神経との比較を行っている。
4)神経系細胞含有製剤の製造方法(短時間神経系細胞分化誘導法)
 ES細胞、iPS細胞、体性幹細胞(組織幹細胞)から神経系細胞を分化誘導するのに4~6週の日数を要する。これでは急性期の治療には使えない。急性期の神経損傷に対して再生医療を行うため、我々は口腔内間葉幹細胞から1週間で神経系細胞を分化させる新しい分化誘導法を開発した(特許申請中)。口腔内間葉幹細胞を神経分化誘導培地で培養すると、24~48時間でsmall oval cellが出現する。この細胞は浮遊したり軽く付着したりしている。これをピペティングで剝がし遠心して集める。次にsmall oval cellを非接着性のdishに入れ、旋回培養するとspheroidを形成する。神経系以外の細胞はspheroidの形成には参加しないので、神経系細胞を分離することが出来る。このspheroidを集め、トリプシンで細胞を解離してマトリゲルコーティング-シャーレに播種する。播種後48時間で成熟型の神経細胞が認められる。

交通アクセス交通アクセス(筑波大学・医学エリアでの開催の場合)


 つくばエクスプレス TX秋葉原駅 つくば駅 ―<関東鉄道バス> 筑波大学病院入り口または追越学生宿舎前下車 
 JR常磐線 JR上野駅 荒川沖駅 ―<関東鉄道バス> つくばセンター 筑波大学病院入り口または追越学生宿舎前下車
 高速バス 東京駅八重洲南口 つくばセンター ―<関東鉄道バス> 筑波大学病院入り口または追越学生宿舎前下車
(他に羽田空港、成田空港からの高速バスもございます)
 お車でお越しの場合 東京他各地 ―<常磐自動車道> 桜土浦IC ―<R354> 大角豆交差点を右折 ―<東大通り> ―<北大通り> 筑波看護専門学校の交差点で右折 筑波大学・医学エリア

会場ご案内会場ご案内(筑波大学・健康医科学イノベーション棟での開催の場合)

 下の画像をクリックすると、地図を別ウィンドウに拡大して表示します。

ナビゲーション

お問い合わせ先

〒305-8577
茨城県つくば市天王台1-1-1
代表:筑波大学 医学医療系
設楽 宗孝
mshidara@md.tsukuba.ac.jp


TBSA 事務局
tbsa-sec@md.tsukuba.ac.jp

リンク

筑波大学

筑波大学 医学医療系