本文へスキップ
「つくばブレインサイエンス協会」ホームページ
トップ - 今年度定例会の予定

2017年度 TBSAセミナー(定例会) 開催予定

<月例セミナー開催>


第233回
2017年 4月 25日(火)  司会 設楽 宗孝 先生
神経経済学:ヒト判断機能の霊長類モデル動物を用いた研究
山田 洋(やまだ・ひろし)先生(筑波大学医学医療系・生命医科学域)
第234回
2017年 5月 16日(火)  司会 根本 清貴 先生
Neuroimagingを用いた精神疾患のバイオマーカー研究
太田 深秀 先生(おおた・みほう)先生(国立精神・神経医療研究センター)
第235回
2017年 6月 20日(火)   司会 桝 正幸 先生
うつ病における手綱核神経回路の役割
相澤 秀紀(あいざわ・ひでのり)先生(広島大学医歯薬保健学研究院(医)・神経生物学)医学セミナー非常勤講師
第236回
2017年 7月 4日(火)  司会 宮川 武彦 先生
創薬における人工知能の活用
門脇 正史(かどわき・ただし)先生((株)エーザイhhcデータクリエーションセンター・データサイエンスラボ筑波室)
第237回
2017年 10月 24日(火)  司会 酒井 秀人 先生
網膜の発生と維持に関わるヒストンメチル化の役割
渡邉 すみ子(わたなべ・すみこ)先生(東京大学医科学研究所・再生基礎医科学寄付研究部門 )
第238回
2017年 11月 7日(火)  司会 鮎澤 聡 先生
触刺激が自律機能と情動におよぼす影響
黒澤 美枝子(くろさわ・みえこ)先生(国際医療福祉大学基礎医学研究センター)
フロンティア医科学専攻非常勤講師
第239回
2017年 12月 26日(火)  司会 志賀 隆 先生
新規NMDA受容体調節薬GLYX-13の抗うつ作用メカニズムについての研究
加藤 太朗(かとう・たろう)先生(大日本住友製薬株式会社・リサーチディビジョン・薬理研究ユニット)
第240回
2018年 1月 16日(火)  司会 設楽 宗孝 先生
分子イメージングで紐解く意欲調節の神経メカニズムとその障害
南本 敬史(みなみもと・たかふみ)先生(国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構・放射線医学総合研究所・脳機能イメージング研究部

ナビゲーション

お問い合わせ先

〒305-8577
茨城県つくば市天王台1-1-1

筑波大学 医学医療系 TBSA 事務局
tshiga@md.tsukuba.ac.jp

リンク

筑波大学

筑波大学 医学医療系