筑波大学大学院 医学系学位プログラムについてご紹介します

セミナーのお知らせ

開催予定のセミナー情報

つくばブレインサイエンス・セミナー 第260回

今回もオンサイト講演を中止し,オンラインで講演内容を配信いたします(1月18日~).
なお,学内関係者に限定した配信となることをご了承ください.

演 題 Molecular and neural mechanism underlying regulation of rhythmic sleep-wake pattern
演 者 平野 有沙(Arisa Hirano)先生 (筑波大学医学医療系・国際統合睡眠医科学研究機構)
要 旨

今回は,学内関係者に限定した公開につき,学内の認証(統一認証)を入力することで,下記URLから視聴できます.
https://xaan.md.tsukuba.ac.jp/Mediasite/Play/ee21c61584ff4b9b87fee60933e5b60c1d

要旨についてはTBSAホームページをご覧ください.
http://www.md.tsukuba.ac.jp/tbsa/

つくばブレインサイエンス協会(TBSA)事務局

医学セミナー・最先端医学研究セミナー
第21回分子遺伝疫学セミナー

Seminars in Medical Sciences Lecture
Advanced Seminar in Medical Sciences Lecture

以下のURLからon demand配信で視聴できます(20210112)
This seminar is accessible on demand at the following URL(20210112)
http://xaan.md.tsukuba.ac.jp/Mediasite/Catalog/

今回は、免疫系機能分子の構造解析をご専門とする黒木喜美子准教授(北海道大学薬学研究院 生体機能科学分野)に、NK細胞やT細胞に発現する活性化型および抑制型受容体ファミリーであるKiller cell immunoglobulin-like receptor(KIR)、広汎に白血球系細胞に発現するleukocyte immunoglobulin-like receptor (LILR)、およびそのリガンドとして機能するHLA class I、特にHLA-Gの蛋白質レベルでの解析を中心に、HIV感染症や自己免疫疾患における役割を中心に、お話しいただいております。

講演は英語です。referenceと質問の宛先は講演の最後に紹介されております。

Thislecture is given by Dr. Kimiko Kuroki (Associate Professor, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Hokkaido University), who is working on structural biology of receptors and ligands in the immune system, especially on kller cell immunoglobulin-like receptors (KIRs), leukocyte immunoglobulin-like receptors (LILRs) and one of their liands, HLA class I. In this lecture, Dr. Kuroki focuses on her recent studies on KIR, LILR, HLA-G and their role in HIV infection and autoimmune diseases.

This lecture is given in English. References and contact address are shown at the end of the lecture.

Title Molecular basis for HLA class I receptors
Speaker Dr. Kimiko Kuroki, Associate Professor, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Hokkaido University
Abstract HLA class I molecules are essential molecules in the immune response that distinguish between self and non-self and induce T cell activation.
We focus on the diversity, specificity and interactions of HLA class I with its receptors, and examine cognitive mechanisms. We believe that understanding the molecular recognition mechanism will lead to an understanding of pathological conditions and drug discovery development.
In this issue, I will introduce the killer cell immunoglobulin-like receptor (KIR) which regulates NK cell activation as an HLA class I receptor, and the leukocyte immunoglobulin-like receptor (LILR) which is highly homologous to KIR but has different ligand specificity and function.
Finally, I would like to introduce that these receptors have become targets for developing antibody drugs as immune checkpoint molecules in recent years.
I hope this lecture will give you an interest in understanding the structure and interaction of biomolecules, and how the binding affinities and structural differences are functionally important.
お問い合わせ 土屋尚之
筑波大学医学医療系分子遺伝疫学研究室
tsuchiya@md.tsukuba.ac.jp

医学セミナー・第20回分子遺伝疫学セミナー
最先端医学研究セミナー

以下のURLからon demand配信で開催いたします。
http://xaan.md.tsukuba.ac.jp/Mediasite/Catalog/

今回は、昨年度も英語でセミナーをお願いいたしました藤本明洋教授(東京大学大学院医学系研究科人類遺伝学分野)に、その後の進展をupdateした内容を、本年は日本語で収録していただきました。なお、talkは日本語ですが、スライドは英語です。

演 者 藤本 明洋 先生 (東京大学大学院医学系研究科 人類遺伝学分野 教授)
タイトル ゲノム構造異常の検出とその機能的意義の解析
要 旨 ゲノム構造異常は、機能的に重要と考えられているが、その同定と機能的意義の解明は容易ではない。われわれは、その検出法の開発と、機能的重要性の解析を進めている。本セミナーでは、日本人集団における中規模サイズ欠失多型の解析と、ロングリード・シークエンシング技術を用いたゲノム構造異常の検出法について発表する。われわれは、中規模サイズ欠失に注目した解析を行い、日本人集団における新規バリアントを多数検出した。また、その一部は遺伝子発現レベルに関連しており、機能的であると考えられた(Wong et al. Genome Medicine (2019))。われわれはさらに、ロングリード・シークエンスのデータから、ゲノム構造異常を検出する方法を開発した。この結果、ヒト集団における挿入の多くは、トランスポゾンの挿入であることが明らかとなった。さらに、欠失のブレイクポイントの解析から、欠失の起源についての示唆も得られた。がんの体細胞変異の解析も行った結果、ショートリード・シークエンサーでは検出されなかった体細胞変異が検出された。これらの研究成果は、ヒトゲノム全体における構造異常を俯瞰し、その起源や機能的重要性を理解する上で有用と考えられる。
References

1. Wong JH, et al. (2019) Identification of intermediate-sized deletions and inference of their impact on gene expression in a human population. Genome Medicine 11:44.

2. Shigemizu D, et al. (2018) IMSindel: An accurate intermediate-size indel detection tool incorporating de novo assembly and gapped global-local alignment with split read analysis. Sci Rep 8: 10367

3. Fujimoto A, et al. (2010) Whole-genome sequencing and comprehensive variant analysis of a Japanese individual using massively parallel sequencing. Nat Genet 42: 931–936.

お問い合わせ

藤本先生の講演内容に関する質問がありましたら、土屋までお送りいただければ、転送いたします。

連絡先
土屋 尚之 (分子遺伝疫学研究室、tsuchiya@md.tsukuba.ac.jp)

“Seminars in Medical Sciences” Lecture

This seminar is accessible on demand at the following URL. This is an undate of last year's seminar by Professor Akihiro Fujimoto, with some new progress on the same research subject. However, PLEASE NOTE that THIS YEAR's SEMINAR IS GIVEN IN JAPANESE LANGUAGE, although the slides are in English.

Lecturer Professor Akihiro Fujimoto (Department of Human Genetics, The University of Tokyo)
Title Identification of structural variations and analysis of their functional roles
Abstract Structural variations are functionally important types of genetic variations. However, identification and interpretation of their functional roles are still difficult tasks in genetics studies. We developed methods to detect structural variations and analyzed their functional impacts. In this presentation, we would like to talk about analysis of intermediate-size deletions in a Japanese population, and application of a long-reads sequencing technology to detect structural variations. Analysis of intermediate-size deletions revealed previously unreported deletions in a Japanese population and a part of them were associated with gene expression level. We also developed a method to detect structural variations by analyzing data from a long-reads sequencing technology. The analysis detected 2-3 times larger number of structural variations than those from a current short-reads sequencing technology. We consider that our study can contribute to the understanding of the landscape of structural variations in the human genome, and interpretation of the importance of them.
References

1. Wong JH, et al. (2019) Identification of intermediate-sized deletions and inference of their impact on gene expression in a human population. Genome Medicine 11:44.

2. Shigemizu D, et al. (2018) IMSindel: An accurate intermediate-size indel detection tool incorporating de novo assembly and gapped global-local alignment with split read analysis. Sci Rep 8: 10367

3. Fujimoto A, et al. (2010) Whole-genome sequencing and comprehensive variant analysis of a Japanese individual using massively parallel sequencing. Nat Genet 42: 931–936.

CONTACT

If you have any questions to Professor Fujimoto about the seminar, send an e-mail to the following address. Your question will be forwarded to him.

Contact: Naoyuki Tsuchiya (Molecular and Genetic Epidemiology
Laboratory,tsuchiya@md.tsukuba.ac.jp)

第461回TSMMセミナー
演 題 乳がんの再発におけるノンコーディングRNAのクロマチン制御
演 者 斉藤 典子 先生
がん研究会がん研究所 がん生物部 部長
日 時 【開催延期】2020年11月30日(月)16:00-17:30
会 場 健康医科学イノベーション棟8 階講堂
要 旨

11月30日(月)に開催を予定しておりました第461回TSMMセミナー(演者:斉藤典子先生)は、11月27日に発せられました茨城県の自粛要請を受け延期させていただきます。
延期日は未定ですが、開催の予定が立ちましたらまたお知らせいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

TSMMセミナー担当:感染生物学(川口グループ)
加藤広介(kkato@md.tsukuba.ac.jp

本セミナーは、人間総合科学学術院(博士・修士(含フロンティア医科学学位プログラム))の共通専門基盤科目「医科学セミナーII(生化学・分子生物学)」(担当:入江 賢児)と「医科学セミナー基礎(担当:小林 麻己人・入江 賢児)、及び、医学学位プログラム(博士)の「最先端医学研究セミナー」(担当:新井 哲明、西村 健)と「医学セミナー」(担当:医学学位プログラム各指導教員)の対象セミナーになります。

筑波分子医学協会(TSMM)主催
http://www.md.tsukuba.ac.jp/public/tsmm/

第3回つくばバイオデザイン体験ワークショップ(4/27)
~医療機器イノベーションを起こす仕組みを学んでみませんか?~
日 程 2021年4月27日(火)9:00-15:00
開催方法 オンライン開催(Zoom使用)
参加費 無料
対 象 医療機器開発に興味がある学生・大学院生、若手研究者、医師、企業の研究開発者等
お申し込み https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScizGjzmM21c44lpJT7H11t30_T8rrTTRT3-XVPNshuRQjiDw/viewform
申込締切日 2021年4月16日(金)
プログラム
  • 1.バイオデザインの概要説明(講義)
  • 2.ワークショップ:ニーズステートメント作成、コンセプトセレクション、プロトタイピング
講 師

野口裕史先生(バイオデザイン・グローバルファカルティ)筑波大学附属病院 病院講師(整形外科)、つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO)

西内大祐先生(ジャパンバイオデザイン・インダストリアル ファカルティ)テルモ株式会社

竹下修由先生(ジャパンバイオデザイン・アルムナイ(2016年フェロー))国立がん研究センター東病院NEXT医療機器開発センター医師(消化器外科))

その他 詳細はHPを御覧ください
http://www.hosp.tsukuba.ac.jp/t-credo/general/seminar_20210427.html