本文へスキップ
筑波大学

業績Publications

トップページメンバー中谷前教授の主要業績

中谷前教授の主要業績

(1)著書

 単著
  1. 中谷陽二:司法精神医学と犯罪病理.金剛出版、2005
  2. 中谷陽二:精神鑑定の事件史.中公新書、1997
  3. 中谷陽二:分裂病犯罪研究.金剛出版、1996
 共著
  1. Nakatani Y, Kurda O: The current status of prison psychiatry and its relations with general psychiatry in Japan. Konrad M, Vollm B, Weisstub DN (ed.) Ethical Issues in Prison Psychiatry. Springer, 2011
  2. 中谷陽二:限定責任能力−法と精神医学の交錯点.中谷陽二(編集代表)、精神科医療と法、pp3-22、弘文堂、2008
  3. 中谷陽二:責任無能力制度の将来.中谷陽二(編)、責任能力の現在−法と精神医学の交錯、pp9-24、金剛出版、2009
  4. 中谷陽二:触法行動と精神鑑定.佐藤光源、丹羽真一、井上洋平(編)、統合失調症の治療−臨床と基礎−.pp535-542、朝倉書店、2007
  5. 中谷陽二:ルイ・アルチュセールの妻殺し.松下正明、山内俊雄、山上晧、中谷陽二(編)、司法精神医学6、鑑定例集.pp126-128、中山書店、2006
  6. 中谷陽二:ビリー・ミリガンと多重人格.松下正明、山内俊雄、山上晧、中谷陽二(編)、司法精神医学6、鑑定例集.pp123-125、中山書店、2006
  7. 中谷陽二:虎ノ門事件.松下正明、山内俊雄、山上晧、中谷陽二(編)、司法精神医学6、鑑定例集.pp18-20、中山書店、2006
  8. 中谷陽二:大津事件.松下正明、山内俊雄、山上晧、中谷陽二(編)、司法精神医学6、鑑定例集.pp8-13、中山書店、2006
  9. 中谷陽二:イタリア―保安処分と精神鑑定.松下正明、山内俊雄、山上晧、中谷陽二(編)、司法精神医学2、刑事事件と精神鑑定.pp291-297、中山書店、2006
  10. 中谷陽二:刑事精神鑑定の歴史と現状―争点と課題.松下正明、山内俊雄、山上晧、中谷陽二(編)、司法精神医学2、刑事事件と精神鑑定.pp2-10、中山書店、2006
  11. 中谷陽二:刑事精神鑑定.松下正明、山内俊雄、山上晧、中谷陽二(編)、司法精神医学5、司法精神医療.pp164-168、中山書店、2006
  12. Nakatani Y: The birth of criminology in modern Japan. Becker P, Wetzell RF] (ed.) Criminals and their Scientists. pp281-298, Cambridge University Press, 2006
  13. 中谷陽二:パトグラフィーの歴史と方法.福島章・中谷陽二(編)、パトグラフィーへの招待、p.p37-54、金剛出版、20004
  14. Nakatani Y: Psychiatry and eugenics in prewar Japan. In, Hamanaka T, Berrios GE, (ed)., 0Two Millennia of Psychiatry in West and East. pp165-175,Gakuju Shoin, 2003
(2)原著論文(First authorのみ)
  1. Nakatani Y, Kojimoto M, Matsubara S, Takayanagi I: New legislation for offenders with mental disorders in Japan. International Journal of Law and Psychiatry 33:7-12, 2010.
  2. 中谷陽二:司法精神医学から見た統合失調症/統合失調症から見た司法精神医学.司法精神医学 3:64-71, 2008
  3. 中谷陽二:責任主義の行方と精神鑑定.司法精神医学 2:72-79, 2007
  4. 中谷陽二:重大事件の精神鑑定―統合失調症を中心に―.司法精神医学 1(1):49-56, 2006
  5. 中谷陽二:クルト・シュナイダーを再読する.臨床精神病理 25:99-107, 2004
  6. 中谷陽二:精神医学は「悪」をどう理解したか−人格と反社会性に関する批判的考察.臨床精神病理、24:133-143, 2003
  7. 中谷陽二:日本の精神医療史と触法精神障害者.精神神経学雑誌 105:194-199,2003
  8. 中谷陽二:医療の視点からみた触法精神障害者問題.刑法雑誌 42:253-265,2003
  9. Nakatani Y: Psychiatry and the law in Japan: History and current topics. International Journal of Law and Psychiatry 23(5-6)::589-604, 2000
  10. Nakatani, Y., Hara, T.: Disturbance of consciousness due to methamphetamineabuse: A study of two patients. Psychopathology 1998;31:131-137
  11. Nakatani Y. Treating the mentally disordered offender in a hospital setting. Japanese ournal of Psychiatry and Neurology 48 Suppl:71-76, 1994.
  12. Nakatani Y, Ohki S, Yamada H, Iwanami A, Fujimori H. A typology of difficult   patients with long-term stays on a secure ward in Japan. Hospital and Community Psychiatry 43:1030-1033, 1992
  13. Nakatani Y, Fujimori H. Reflexions sur un traitement des schizophrenesmeurtriers. L'Evolution Psychiatrique 56:769-783, 1991
  14. 中谷陽二、原 隆.覚せい剤精神病と幻覚.神経精神薬理 11:437-444, 1988
  15. 中谷陽二.日記の表現病理.日本病跡学雑誌 35:32-38, 1988
  16. 中谷陽二、野口裕司、斎藤 学、守屋博文、鈴木孝男.大都市における自殺行動―東京都の一救急施設での調査から―.社会精神医学 11:45-54, 1988
  17. 中谷陽二、坂口正道、藤森英之.覚せい剤精神病の頻回入院例について.精神医学 29:1327-1334, 1987
  18. 中谷陽二.中毒性精神病と分裂病第一級症状. 臨床精神病理 17:225-234, 1986
  19. 中谷陽二.ストリンドベルク再考―自伝・日記・夢―.日本病跡学雑誌 31:41-48, 1986
  20. 中谷陽二.ジャン=ジャック・ルソーの「告白」をめぐって―自伝と妄想―.日本病跡学雑誌 28:198-2004, 1983
  21. 中谷陽二.妄想上の迫害者に対する攻撃―分裂病者の暴力に関する一考察―.精神神経学雑誌 85:83-998, 1983
  22. 中谷陽二.折口信夫の病跡―人生史の転機と折口学―.臨床精神医学 9:1051-1059, 1980
  23. 中谷陽二:前分裂病者による殺人について.精神神誌学雑誌 82:353-3775, 1980

お問い合わせビルダークリニック

〒305-8577
茨城県つくば市天王台1-1-1
総合研究棟D743室
TEL 029-853-3099
FAX 029-853-3099
※お電話は以下の時間にいただける
 と助かります
 ー火・金 10:00〜15:00
 ー水   10:00〜17:00
E-mail:
seishinhoken@hotmail.com

publication_tamaki.htmlへのリンク