専攻長挨拶

看護科学専攻 専攻長:水野 道代

【博士前期課程】

当学位プログラム博士前期課程では、学際的及び国際的な視点をもち、確かな倫理観と科学的根拠に基づいて看護を探究し、研究者として研鑽する姿勢を持った人材を育成します。また、看護研究・実践の基礎になる専門知識・技術・実践能力を備えた看護職者及び看護学教育を支える看護学教育者となりうる人材を育成します。

当課程の大学院生はみな「未来志向」であって欲しいと考えています。学際的視座に立ち看護現象をとらえ、国際社会にはばたける確かな研究力を身につけていただけることを願っています。

当学位プログラム博士前期課程で共に学び、これからの看護を築く一躍を担えるよう共に励みましょう。

【博士後期課程】

当学位プログラム博士後期課程では、常に研究マインドを持って看護実践を検証していくことのできる人材を育成します。次代に向けて必要となる新たな知識を創造し、技術を開発していくことのできる力を備えた教育者、研究者、実践と理論の架け橋となる高度専門職者となりうる人材の育成を目指しています。

看護の理念に基づいた質の高い学位論文を自律して仕上げることが出来るために、当課程ではコースワークを充実させています。看護学は職能性の高い学問領域です。その特性を活かし、個々の学生がこれまでに身に着けた看護実践や教育・研究における能力を育み、各自が描くキャリアパスのもとに学びを深められる機会をさまざまな形で提供しています。

当学位プログラム博士前期課程で共に学び、次世代の看護を先導するリーダーとして貢献できるよう励みましょう。

水野 道代