教育

教育理念

科学性と共感性を基盤とした看護学の専門能力を身に付け、保健、医療、福祉、教育、心理など多職種チームの一員として人々の健康生活の向上や改善を図り、広く人類のウェルビーイングに貢献できる人材を育成します。また、 教育者、研究者、管理者としてそれぞれの専門分野で指導的役割を担い、国内はもとより世界で活躍できる人材の育成を目指します。

教育目標

4年間を通して一般的な科目(基礎科目)、専門的な教育科目(専門基礎科目、専門科目)が以下の教育目標を基盤として構成されています。
筑波大学の特長のひとつとして他学類あるいは他学群の授業を受けることができます。

  • 基本的人権を擁護し、受容・共感できる豊かな人間性を養います。
  • 高い倫理観に基づいた行動ができる能力を養います。
  • 看護専門職に必要な知識・技術を習得し、適切な判断で看護活動が展開できる能力を養います。
  • 人々の健康生活を援助し、QOLの向上に貢献できる能力を養います。
  • 社会情勢の変化や科学技術の進歩に適応し、新たな看護を展開できる能力を養います。
  • 保健医療福祉などの関連領域の人々と協働し、リーダーシップを発揮できる能力を養います。
  • 研究的素養を育みつつ、生涯にわたって学習を継続できる能力を養います。
  • 国際的な志向を有し、グローバル水準に対応できる能力を養います。

カリキュラム

授業科目

看護学のカリキュラムは「人間」、「健康」、「環境」そして「看護」の4つの柱によって構成されています。看護学類では「人間」の生の営みにおける看護の役割を理解しやすいように「環境」を「生活」という概念で捉え直し、看護学の主体性を明確にしつつ、視野の拡大と専門性を深めるために医学、心理学、社会学などとの連携を図ったカリキュラムで学びます。専門基礎科目では「こころと行動の科学」「人間と生命科学」「生活支援科学」を3本柱として、人間の多様性と幅広い価値観などについて学びます。

専門科目は「生活援助基礎」「看護実践科学」「応用看護学」から構成され、また、看護の探究に関する科目、そして選択として保健師、養護教諭に関する科目を開設します。「生活援助基礎」では看護の基本となる基礎技術を実習により習得するとともに看護生命倫理、フィジカルアセスメント、生活援助論などの理論を、「看護実践科学」では地域看護学、成人看護学、精神看護学、高齢者看護学、母性看護学、小児看護学などの 理論と実践技術を習得し、「応用看護学」では、在宅看護、国際保健、研究方法などを学修します。さらに医療チーム連携演習(ケア・コロキウム)では医学類や他学類において医療・福祉に関連した科目を学ぶ学生たちとともにチーム医療を学びます。