メンバー

教員紹介

水野 道代 教授 michiyo0611*md.tsukuba.ac.jp

がん患者について科学的根拠を持って知ることの意義を一人でも多くの人たちと共有したいと思っています。

研究分野 がん看護学

キーワード がん看護

山下 美智代 助教 m-yamashita*md.tsukuba.ac.jp

看護に携わるなかで生じた疑問を追求し、地道に1つ1つ研究を重ね、よりよい看護につなげていきたいと思っています。

研究分野 臨床看護学

キーワード 臨床看護/看護教育/がん看護/安楽

メールを送信する際は、*を@に置き換えて送信してください。

大学院博士(後期)課程

Rimayanti Ummi Pratiwi D3

テーマ   QOLの評価

メッセージ Hi, I am Ummi Pratiwi Rimayanti, from Indonesia. I am a PhD student with research interest in the Quality of Life (QOL) of cancer patients. My current research is translating and validating a QOL questionnaire with regard to cultural appropriateness. The questionniore measures QOL in terms of subjective well being so I hope it can be useful to widen the QOL assessment of cancer patients in Indonesia.

Dongyan Zeng D3

テーマ   がん患者にとってのスピリチュアリティとスピリチュアルケア

メッセージ My name is Dongyan Zeng, a PhD student from China. My PhD research topic is “Interpretation of spirituality and spiritual nursing care for Chinese cancer patients in Fujian province, China”. This research will contribute to the knowledge of spirituality and spiritual care, and the findings will have implications for providing spiritual nursing care.

阿部 愛子 D2

テーマ   造血器腫瘍に関する看護学研究

メッセージ 造血器腫瘍に関する看護学研究に取り組んでいます。研究室の皆さんと切磋琢磨し、がん看護学に貢献できるよう研究に取り組んでいきたいと思います。

成尾 美樹 D2

テーマ   高齢がんサイバーの研究

メッセージ がん看護だけでなく高齢者のケアにも興味があるため、高齢がんサバイバーの研究に取り組んでいく予定です。

Chen Hong D2

テーマ   準備中

メッセージ Hello, I’m Chen Hong, from Xinjiang, China. I’m interested in improving the quality of life of terminally ill cancer patients and improving the mental health of caregivers.Cancer patients at the end of their life cycle suffer great physical and mental trauma,caregivers face the same mental stress,and it is equally important to improve their quality of life.

鴨川 郁子 D1

テーマ   準備中

メッセージ 準備中

大学院博士(前期)課程

丸山 直美 M2

テーマ   がん患者の認知機能障害

メッセージ 化学療法を受ける患者の認知機能障害に関する研究を進めています。困難もありますが、多くの学びがあります。

戴 兆叡 M1

テーマ   がん患者の栄養改善

メッセージ がん患者のADL、栄養改善に向けた研究を行っています。筑波大学の特徴である、分野を超えた多様な学習が出来るという強みを生かし、多角的にがん患者をサポートできるよう学んでいきます。

高久 結衣 M1

テーマ   がん患者のQOL

メッセージ がん患者のQOLに関する研究を進めています。現場での経験を活かし、多くの学びを得られるよう精進していきます。

呉 嘉慧 M1

テーマ   乳がん患者のセクシュアリティに関する研究

メッセージ Hello, I’m Wu Jiahui, from Xi'an China. I’m interested in improving the sexuality satisfaction of breast cancer patients. From the time of diagnosis, breast cancer patients encounter many issues related to sexuality, including QOL and intimacy as well as fertility. My research hopes to raise awareness among healthcare professionals about support, knowledge, and information for breast cancer patients with sexuality issues, improve communication skills and methods, and provide a theoretical foundation for future guideline development.

© 2021 がん看護・緩和ケアグループ. All Rights Reserved