お問い合わせ

〒305-8575
茨城県つくば市天王台 1-1-1
筑波大学医学医療系
遺伝子制御学グループ
健康医科学イノベーション棟4階(402-3)
Tel/Fax: 029-853-3929

研究業績

最近の学会発表

  • Honda S., Fukuda A., Mizuno S., Sugiyama F., Hayashi Y., Nishimura K., Hisatake K. "Production of a non-invasive monitoring system of Uncoupling protein 1-expressing adipocytes" Tsukuba Global Science Week 2017、2017年9月(つくば)
  • Bui PL., Nishimura K., Hisatake K. "Mechanistic analysis of the initiation of retroviral gene silencing by reprogramming factors" Tsukuba Global Science Week 2017, 2017年9月(つくば)
  • 西村健、久武幸司、石渡裕 "新規顕微鏡システムを用いた非染色・非侵襲な多能性定量系の開発" 第16回日本再生医療学会、2017年3月(仙台)
  • 相澤志穂、Bui Phuong Linh、西村健、久武幸司“iPS細胞誘導機構解明のためのX染色体活性化状態定量システムの開発”第16回日本再生医療学会総会、2017年3月(仙台)
  • 西村健、相澤志穂、Nugroho FL、櫻木佑太、大高真奈美、福田綾、中西真人、久武幸司 "Tcl1-Aktを介したKlf4による代謝リプログラミングはiPS細胞の多能性を向上させる" 第39回日本分子生物学会年会、2016年12月(横浜)
  • Aizawa S, Bui PL, Nishimura K, Hisatake K "Establishment of a system to analyze X chromosome reactivation during iPS cell production" 第39回日本分子生物学会年会、2016年12月(横浜)
  • Aizawa S, Bui PL, Nishimura K, Hisatake K "A quantitative method for analysis of X chromosome reactivation in iPSC production" TGSW(Tsukuba Global Science Week) 2016、2016年9月(つくば)
  • Hayashi Y.“Cell-Autonomous Correction of Ring Chromosomes in Human Induced Pluripotent Stem Cells” TERMIS-AP 2016、2016年9月(台北)
  • Nishimura K, Liliani NF, Shiomitsu E, Ohtaka M, Fukuda A, Nakanishi M, Hisatake K:Molecular mechanism of KLF4-dose dependent induction of pluripotency during iPSC production、CiRA/ISSCR International Symposium、2016年3月(京都)
  • Hisatake K, Lilliani NF, Shiomitsu E, Ohtaka M, Fukuda A, Nakanishi M, Nishimura K “Manipulation of KLF4 expression reveals a mechanistic insight into an intermediate state of reprogramming” 第38回分子生物学会、2015年12月(神戸)
  • Bui PL., Nishimura K., Fukuda A.,Hisatake K. " Mechanism of X chromosome reactivation during reprogramming" Tsukuba Global Science Week 2015, Tsukuba, September, 2015
  • Ken Nishimura:Application of novel RNA vector to stem cell engineering、Gene-editing, transgenics & stem cells: Frontiers in medical and molecular therapeutics Workshop、2015年9月(Dublin, Ireland)
  • Nishimura K, Shiomitsu E, Liliani N.F., Kato T, Chen C, Ohtaka M, Fukuda A, Nakanishi M, Hisatake K.“Manipulation of KLF4 expression generates iPSCs paused at successive stages of reprogramming”International Society of Stem Cell Research 13th Annual Meeting、2015年6月(Stockholm, Sweden)
  • 西村健、加藤哲男、陳晨、Lalhaba Oinam、塩満鋭美、大高真奈美、福田綾、中西真人、久武幸司“Paused iPSCを用いたiPS細胞誘導過程の解析” 第14回日本再生医療学会、2015年3月 (横浜)
  • 加藤哲男、西村健、Nguyen Thuy Linh、大高真奈美、福田綾、中西真人、久武幸司“iPS細胞誘導初期に関与する転写因子の同定とその機能解析” 第14回日本再生医療学会、2015年3月 (横浜)
  • 塩満鋭美、西村健、Lalhaba Oinam、Fransiska Liliani、福田綾、久武幸司“細胞の初期化におけるリプログラム因子の機能解析” 第14回日本再生医療学会、2015年3月 (横浜)
  • 西村健、加藤哲男、C. Chen、L. Oinam、塩満鋭美、大高真奈美、福田綾、中西真人、久武幸司“Klf4遺伝子発現量調節による多能性が異なるiPS細胞の誘導” 第37回日本分子生物学会年会、2014年11月 (横浜)
  • T. Kato, L. Oinam, E. Shiomitsu, A. Fukuda, K. Nishimura, K. Hisatake. "Mechanistic analysis of the early phase of iPSC production" The 13th Joint Mini-Symposium 2014 of NTU, KU and UT、2014年9月26日(つくば)
  • Yoneyama H, Segawa H, Nishimura K, Fukuda A, Hisatake K, Kano H. "CARS spectral imaging of iPS cells ~Toward visualization of pluripotency~" Taiwan International Symposium on Raman Spectroscopy (TISRS) , June 2014 (Taiwan)
  • 米山弘亮、瀬川尋貴、西村健、加藤哲男、福田綾、久武幸司、加納英明“iPS細胞の多能性可視化に向けたCARS分光イメージング法の開発”分光学会、2014年5月 (理研和光キャンパス、埼玉)
  • 西村健、加藤哲男、Oinam Lalhaba、塩満鋭美、成田孝仁、大高真奈美、福田綾、中西真人、久武幸司“初期化が途中で停止した細胞を用いたiPS細胞誘導過程の解析” 第13回日本再生医療学会総会、2014年3月 (京都)
  • 加藤哲男、Oinam Lalhaba、塩満鋭美、福田綾、中西真人、西村健、久武幸司“iPS細胞誘導初期における体細胞特異的転写因子の発現減少と誘導効率への影響” 第13回日本再生医療学会総会、2014年3月 (京都)
  • Ken Nishimura:Application of cytoplasmic RNA vector to mechanistic analysis of iPS cell production and cell differentiation、1st National Taiwan University & University of Tsukuba Joint Faculty Conference、2014年2月(Taipei, Taiwan)
  • Shiomitsu E, Nishimura K, Kato T, Oinam L, Fukuda A, Hisatake K.“Analysis of the Partially Reprogrammed iPS Cells” The 12th NTU-Japan International Student Mini-Symposium on Life Science、2013年12月 (台湾)
  • 加藤哲男、西村健、塩満鋭美、綾川大介、福田綾、久武幸司“iPS細胞誘導初期におけるメカニズム解析” 第36回日本分子生物学会年会、2013年12月 (神戸)
  • 西村健、加藤哲男、Oinam Lalhaba、塩満鋭美、成田孝仁、大高真奈美、福田綾、中西真人、久武幸司“Klf4遺伝子発現量による初期化が途中で停止した細胞の誘導” 第36回日本分子生物学会年会、2013年12月 (神戸)
  • Nishimura K, Kato T, Oinam L, Ohtaka M, Fukuda A, Nakanishi M, Hisatake K.
    “Manipulation of Klf4 expression produces snap shots of iPSC induction” CSHAsia 2013 Conference on CSHA/ISSCR Joint Meeting on Stem Cells in Science and Medicine, Suzhou Dushu Lake Conference Center (China)、October 14, 2013
  • Hisatake K, Kato T, Oinam L, Narita T, Ohtaka M, Fukuda A, Nakanishi M, Nishimura K.
    “Regulated Induction of Partially Reprogrammed iPS Cells by SeVdp Vectors” Cold Spring Harbor Laboratory meeting on “Stem Cell Biology”, New York (USA), September 25, 2013
  • Nishimura K, Kato T, Oinam L, Narita T, Ohtaka M, Fukuda A, Nakanishi M, Hisatake K.“Taking snap shots during iPSC production by SeVdp vectors” International Society of Stem Cell Research 11th Annual Meeting、2013年6月 (Boston)
  • 西村健、成田孝仁、大高真奈美、高安聡子、佐野将之、福田綾、中西真人、久武幸司“seVdpベクターを用いたiPS細胞の品質調節メカニズムの解析” 第12回日本再生医療学会総会、2013年3月 (横浜)
  • Nishimura K.“Application of Cytoplasmic RNA vector Developed from Noncytopathic RNA Viruses to Stem Cell Engineering” The 2nd Meeting on RNA and Biofunctions-Asia Study、2013年1月 (福岡)
  • Fukuda A, Nakadai T, Shimada M, Nishimura K, Hisatake K.“The RNA-binding protein complexes NF45/90 and NF45/110 activate c-fos transcription in a signal-dependent way”第35回日本分子生物学会年会、2012年12月 (福岡)
  • Nishimura K, Ohtaka M, Takayasu S, Sano M, Hisatake K, Nakanishi M.“QUALITY CONTROL OF IPS CELLS BY UNIQUE GENE TRANSFER SYSTEM”International Society of Stem Cell Research 10th Annual Meeting、2012年6月 (横浜)
  • 西村健、大高真奈美、高安聡子、佐野将之、久武幸司、中西真人“RNA工学とウイルス学の融合による簡便かつ高効率なiPS細胞樹立方法の確立”第34回日本分子生物学会年会、2011年12月 (横浜)
  • 古田美玲、内田恵理子、中西真人、西村健、大高真奈美、山口照英“gp91phox搭載持続発現型センダイウイルスベクターによるX-CGDモデルマウス細胞の活性酸素産生機構の回復”第34回日本分子生物学会年会、2011年12月 (横浜)
  • 城本悠助、宮川ー倉持さとみ、勝俣明子、西村健、中野徹“精子幹細胞を用いたpiRNA産生機構の解析”第34回日本分子生物学会年会、2011年12月 (横浜)
  • Fukuda A, Shimada M, Nakadai T, Nishimura K, Hisatake K.“Heterogeneous nuclear ribonucleoprotein R (hnRNP R) cooperates with Mediator to enhance transcription reinitiation”第34回日本分子生物学会年会、2011年12月 (横浜)
  • Nishimura K, Ohtaka M, Sano M, Hisatake K, Nakanishi M.“Novel Cytoplasmic persistent expression RNA vector developed by combination of RNA biotechnology and virology”NTU-JST Joint Meeting on RNA and Biofunctions - Asia Studies, Taiwan, November 10-12, 2011
  • Nishimura K.“Development of Novel Cytoplasmic RNA Vectors Capable of Stable Gene Expression without Chromosomal Integration”The 2nd Leading Graduate Schools International Conference、2011年11月 (つくば)
  • Fukuda A, Takeuchi M, Nakadai T, Shimada M, Nishimura K, Hisatake K.“Activation of multiple-round transcriptions by a novel coactivator hnRNP R and Mediator”Cold Spring Harbor Laboratory meeting on “Mechanisms of Eukaryotic Transcription”、2011年8月 (New York, USA)
  • 西村健、大高真奈美、高安聡子、小林俊寛、小沼泰子、伊藤弓弦、大津真、中内啓光、浅島誠、中西真人 「iPS細胞樹立に最適な形に進化させた持続発現型RNAベクターの開発」第10回日本再生医療学会総会、2011年3月(東京)
  • Fukuda A, Takeuchi M, Nakadai T, Shimada M, Hisatake K“Mechanistic analysis of c-fos transcriptional regulation by a novel coactivator hnRNP R”第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会合同大会、2010年12月(神戸)
  • Nakadai T, Fukuda A, Takeuchi M, Shimada M, Hisatake K“Mechanistic analyses of transcriptional regulation of the c-fos gene via the NF complexes”第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会合同大会、2010年12月(神戸)
  • Hisatake K, Takeuchi M, Nakadai T, Shimada M, Fukuda A  “Mechanism of c-fos transcriptional regulation by an RNA-binding protein, hnRNP R” Leading Graduate Schools International Conference、2010年11月(つくば)
  • Hisatake K, Takeuchi M, Nakadai T, Shimada M, Fukuda A “Mechanism of c-fos transcriptional regulation by an RNA-binding protein, hnRNP R” ASBMB Special Symposia “Transcription Regulation by Chromatin and RNA Polymerase II”、2010年10月(Granlibakken, Lake Tahoe, USA)
  • Fukuda A , Takeuchi M, Nakadai T, Shimada M, Hisatake K “Mechanistic Analysis of c-fos Transcriptional Regulation by a Novel Coactivator hnRNP R” 9th EMBL Conference “Transcription and Chromatin”、2010年8月 (Heidelberg, Germany)
  • 西村健、大高真奈美、佐野将之、梅村洋子、中西真人 「細胞質持続発現型RNAベクターの開発」 第12回日本RNA学会年会、2010年7月(東京)
  • 西村健、大高真奈美、佐野将之、古田美玲、内田恵理子、豊田淑江、山口照英、中西真人 「細胞質持続発現型RNAベクターの開発と幹細胞研究への応用」 第9回日本再生医療学会総会、2010年3月(広島)
  • 福田綾、中太智義、嶋田美穂、久武幸司 “Transcriptional regulation of c-fos gene via RNA binding proteins” 第32回日本分子生物学会年会、2009年12月(横浜)
  • Fukuda A, Nakadai T, Shimada M, Hisatake K. “RNA binding proteins regulate the c-fos transcription” Cold Spring Harbor Laboratory meeting on “Mechanisms of Eukaryotic Transcription”、2009年8月 (New York, USA)
  • Nishimura K, Ohtaka M, Segawa H, Furuta B, Uchida R, Kanayasu-Toyoda T, Yamaguchi T, Nakanishi M “Development of novel cytoplasmic RNA vector capable of stable gene expression without chromosomal integration” International Society of Stem Cell Research 7th Annual Meeting、2009年7月(Barcelona, Spain)
  • 福田綾、中太智義、嶋田美穂、久武幸司 「RNA 結合タンパク質による転写調節機構の解析」 平成21年度 社団法人 日本生化学会関東支部例会、2009年6月(つくば)
  • 西村健、大高真奈美、瀬川宏知、古田美玲、内田恵理子、豊田淑江、山口照英、中西真人 「細胞質持続発現型RNAベクターの性質検討と医療応用に向けた研究」 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会合同大会、2008年12月(神戸)
  • 福田綾、中太智義、嶋田美穂、久武幸司 「c-fos 遺伝子の新規転写コアクチベーターの同定と機能解析」 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会合同大会、2008年12月(神戸)
  • 久武幸司、嶋田美穂、中太智義、福田綾 「MSK1 によるヒストン H3 リン酸化の制御機構」 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会合同大会、2008年12月(神戸)
  • 西村健、中西真人 「センダイウイルス感染によるインターフェロン誘導と持続感染機構の解析」 日本ウイルス学会第56回学術集会、2008年10月(岡山)
  • Nishimura K, Ohtaka M, Segawa H, Furuta B, Uchida R, Kanayasu-Toyoda T, Yamaguchi T, Nakanishi M“Characterization of novel defective Sendai virus vectors capable of persistent expression of therapeutic genes”第14回日本遺伝子治療学会、2008年6月(札幌)
  • Nishimura K, Ohtaka M, Segawa H, Furuta B, Uchida R, Kanayasu-Toyoda T, Yamaguchi T, Nakanishi M “Characterization of novel defective Sendai virus vectors capable of persistent expression of therapeutic genes”American Society of Gene Therapy 11th Annual Meeting、2008年5月(Boston, USA)
  • Fukuda A, Nakadai T, Shimada M, Hisatake K.“Identification of Novel Coactivator Activities for the c-fos Gene Transcription”ASBMB Special Symposia “Transcription Regulation by Chromatin and RNA Polymerase II”2008年10月(Granlibakken, Lake Tahoe, USA)