筑波大学

集合写真

ようこそ、筑波大学大学院社会精神保健学分野のホームページへ!


当研究室では、医学・心理学・看護学・保健学・社会福祉学など、さまざまな専門分野や背景を持つ者が学際的に集まり、社会的ひきこもり、児童虐待、アルコール・薬物依存症、不適応、メンタルヘルス、犯罪などの社会病理現象を含む幅広い精神保健上の問題について、実証研究やフィールドワークを通じて、実態把握・原因の解明・対策の提案に取り組んでいます。



最新情報 What's New last updated 2020/4/1

昨年度以前の情報はこちらから

  • 2020/4/1
    改組による所属組織の変更

    筑波大学における学位プログラム制の導入に伴い、研究室の所属組織名が変更になりました。

    ・博士:ヒューマン・ケア科学専攻 → ヒューマン・ケア科学学位プログラム
    ・修士:フロンティア医科学専攻ヒューマン・ケア科学コース → 公衆衛生学学位プログラム

    新しく研究室を志望される方はご注意ください。

  • 2020/4/1
    メンバーページの改変

    所属学生の変更に伴い、2020年4月1日に情報を更新しました。
    また新たな研究室OBによるエッセイを増やしました。大学院生募集のページから見られます。

  • 2019/4/30
    平成30年度 児童相談所の実態調査(厚生労働省委託研究)報告書の掲載

    当グループは厚生労働省の委託を受けて、全国児童相談所長会などとともに、全国の児童相談所の実態に関する調査を行いました。調査の報告書をPDFファイルにしてホームページ内にもアップロードしております。
    こちらのページになりますのでぜひご参照ください(ページ左側のピンクのバナーからもアクセス可能です)。

  • 大学院生募集

    社会精神保健学分野では、大学院生を募集しています。詳しくは「大学院生募集」のページをご参照いただき、スタッフまでお問い合わせください。