筑波大学 医学医療系 Faculty of Medicine

小児保健看護学
Child Health Care and Nursing



印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


Topics & Press (Archive)


 2016年4月 教員および院生の論文が掲載されました!!

涌水理恵、藤岡寛、沼口知恵子、西垣佳織、佐藤奈保、山口慶子
在宅重症心身障がい児家族の支援ニードと専門職による重要度および実践度評価―看護職および行政職を対象としたデルファイ法による調査より厚生の指標(20164月号:Vol.63 No4 pp23-32)

 2016年3月 教員の論文が掲載されました!!

Wakimizu R, Fujioka H. Analysis of the Issues and Needs of Parents of Children With Developmental Disabilities in Japan Using Focus Group Interviews. J Nurs Res. 2016 Mar;24(1):68-78. doi: 10.1097/jnr.0000000000000093.


 2015年12月 涌水理恵准教授が筑波大学若手教員奨励賞を受賞しました!!

この賞は、筑波大学学長より、本学の研究力に貢献し顕著な業績をあげた若手教員に対し贈られるものです。


 2015年8月 涌水理恵准教授が五十嵐正紘記念賞を受賞しました!!

 この賞は、日本外来小児科学会より、臨床研究における卓越した業績をあげた学会員に対し贈られるものです。

 2014年8月、教員の論文が受理されました!!

Wakimizu R,Fujioka H. Analysis of issues and needs of parents when raising a child with developmental disabilities in Japan: Using focus group interviews. The Journal of Nursing Research. (accepted).

 2014年6月、教員の論文が掲載されました!!

Wakimizu R, Nishigaki K, Fujioka H, Maehara K, Kuroki H, Saito T, Uduki K. Factors affecting Japanese HPV-vaccination: findings from the semi-structured interviews with adolescent girls and caregivers. Health.2014,6, 1602-1615.
LinkIconhttp://dx.doi.org/10.4236/health.2014.613193(PDF)

 2014年3月、教員の論文が掲載されました!!

Wakimizu R, Fujioka H, Iejima A, Miyamoto S. Effectiveness of the group-based Positive Parenting Program with Japanese families raising a child with developmental disabilities: A longitudinal study. J Psychol Abnorm Child 2014, 3:1
LinkIconJournal of Psychological Abnormalities in Children

 2013年12月、教員の論文が受理されました!!

Wakimizu R, Nishigaki K, Fujioka H, Maehara K, Kuroki H, Saito T, Uduki K. How adolescent Japanese girls arrive at HPV vaccination: a semi-structured interview study. Nurs Health Sci. (accepted).

2013年11月、教員の論文が掲載されました!!

涌水理恵平賀紀子古谷佳由理,小児がんで長期入院を余儀なくされた児への復学支援を考えるー児・保護者・スタッフの復学に向けた思いとその変化に焦点を当ててー,小児保健研究,72(6),824-833, 2013.

2013年9月、院生の論文が掲載されました!!

平賀紀子古谷佳由理、小池秀子、涌水理恵,小児がんを経験した子どものQuality of Life評価 自己評価と代理評価の分析から,小児がん看護,8,7-16, 2013.