筑波大学 医学医療系 Faculty of Medicine

小児保健看護学/発達支援看護学

  • Child Health Care and Nursing / Child Health and Development Nursing


印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


メンバー



准教授 Associate Prof

 涌水 理恵 Rie Wakimizu 

 医学医療系
 小児保健看護学 担当
 家族看護CNSコース 担当 
 Mail: riewaki@md.tsukuba.ac.jpLinkIcon
 
 ・筑波大学より発刊されたロールモデル集LinkIcon366 KB
 
 ・筑波大学広報室より発刊された平成29-30年度筑波大学
  概要(最新版)、6ページ『研究』の「未来に羽ばたく
  次世代研究者」より抜粋 LinkIcon480 KB

 TSUKUBA FUTURE
 #046
:小児患者の家族を支援するために(涌水理恵)
 http://www.tsukuba.ac.jp/notes/046/index.html




助教 Assistant prof

 小澤 典子 Noriko Ozawa

 医学医療系
 小児保健看護学 担当
 家族看護CNSコース 担当
 Mail:nozawa@md.tsukuba.ac.jpLinkIcon


D3 山口 慶子  Keiko Yamaguchi

 博士研究テーマ:

  • 先天代謝異常症児家族の医療社会面に関する研究(日本学術振興会 特別研究員 16J00782)


 修士研究テーマ:

  • 先天代謝異常症児と家族のQOLの実態および関連要因の検討

     


D1 齋藤 佑見子  Yumiko Saito

 博士研究テーマ:

 修士研究テーマ:

  • 新生児集中治療室(NICU)看護師が抱く子どものEnd-of-Lifeケアに対する困難感とその関連要因

     


M2 壹岐 聡恵  Satoe Iki

 修士研究テーマ:

  • きょうだい児をもつ重症児の在宅移行期における主養育者の体験
  • Experience of the primary caregiver who rear a child with SMID (severe motor and intellectual disabilities) and siblings during the transition from hospital care to home care

     


M2 後藤 あゆみ  Ayumi Goto

 修士研究テーマ:

  • 医療的ケア児の在宅移行に向けた家族支援にまつわる看護師の体験 ―困難感と対処に焦点を当てて-
  • Nurses experiences in family support for home care transfer of severely disabled children who need daily medical care : Focused on nurses’ difficulties and copings

     


M1 オウ トウ  WANG TONG

 修士研究テーマ:

     


M1 望月 梢絵  Kozue Mochizuki

 修士研究テーマ: