筑波大学医学医療系・分子遺伝疫学研究室は「ヒトゲノム多様性と疾患」をキーワードとして研究に取り組んでいます。

自己免疫疾患

自己免疫疾患のゲノム解析

全身性強皮症において観察される自己抗体である抗セントロメア抗体 ※抗セントロメア抗体記載者の諸井泰興先生のご厚意により掲載

全身性自己免疫疾患の代表格である膠原病や関節リウマチは、病因や本質的治療法が明らかになっていません。本来、免疫寛容が成立し、制御されているはずの、自己抗原に対する免疫応答(自己免疫)が観察されるのが一つの特徴ですが、なぜそれが起こるのかも明らかになっていません。

膠原病・リウマチでは、免疫系をはじめ、腎、肺や中枢神経などの重要臓器、骨、関節、血管、結合組織などを舞台に、多彩な分子・細胞のネットワークが病態形成に関与します。このような疾患では、観察される事象の何が原因で何が結果なのかを判断することすら困難です。

これらの疾患には、多数の遺伝子多型(ゲノムDNA配列の個人差)によって規定される「かかりやすい体質(疾患感受性)」が存在し、そこに何らかの後天的な因子が加わって発症に至ると想定されます。ゲノムDNA配列は二次的な影響で変化するものではありませんので、ゲノムDNAと疾患との間に統計学的な関連が認められた場合、ゲノムDNA多型は、発症あるいは病態形成過程に何らかの原因的な寄与を有すると考えられます。つまり、ヒトゲノム解析は、ヒトの試料に基づいて、複雑な疾患の本質を解明しうる、有力なアプローチと言うことができます。

ゲノム医科学研究がもたらす医療分野のイノベーション

ヒトゲノム解析を始めとするゲノム医科学研究により、疾患感受性に関連する遺伝子がみつかれば、疾患の分子機構の解明や、分子創薬のターゲットの設定上、重要な情報が得られます。また、治療薬の中には、有効性が患者さんによって異なるもの、一部の患者さんのみに副作用が出やすいものがあります。これをあらかじめ予測することができれば、より有効で安全な医療が可能になります。このような個別化医療においても、ゲノムDNA多型が、バイオマーカーとして有用な場合があります。将来的に、発症リスクに関連する遺伝子多型と後天的因子(環境因子)の組み合わせが解明されれば、予防医学に結びつくことも期待されます。

研究の方向性と成果

数十万~100万個所のSNPを対象としたゲノムワイド関連研究(genome-wide association study, GWAS)により、多数の疾患関連遺伝子が見いだされていますが、未知の遺伝因子は多数存在すると考えられます。検出されている疾患関連染色体領域でも、直接分子機構を説明しうる多型部位が特定された例は少なく、分子機構も未解明です。また、私たちによる研究も含め、複数の膠原病に共通する遺伝因子が意外に多いことがわかってきました。裏を返せば、疾患特異的な遺伝因子がまだあまり見つかっていないことになります。

当研究室では、全身性エリテマトーデス(SLE)、関節リウマチ(RA)、ANCA関連血管炎(AAV)、全身性強皮症(SSc)を中心に、ヒトゲノム解析により、本質的病因の解明、分子標的やバイオマーカーの探索をめざした研究を進めています。

これまでの研究成果の一端をご紹介します。

member

セミナー情報

入試情報

Key Words

ヒトゲノム、遺伝子多型、
人類遺伝、自己免疫疾患、
膠原病、
全身性エリテマトーデス(SLE)、
関節リウマチ、
ANCA関連血管炎、
全身性強皮症、病因解明、
個別化医療

医学医療系 登録研究グループ (リサーチグループ)

ゲノム医科学 リサーチユニッ卜

難治性免疫疾患・アレルギー リサーチユニッ卜

当研究室メンバーは、筑波大学において認定された「ゲノム医科学リサーチユニッ卜
難治性免疫疾患・アレルギーリサーチユニッ卜」の構成員です。

〒305-8575 茨城県つくば市天王台1-1-1 電話029-853-2111(代表)

Copyright© 筑波大学医学医療系分子遺伝疫学研究室 2013 All Rights Reserved.

筑波大学医学医療系・分子遺伝疫学研究室は「ヒトゲノム多様性と疾患」をキーワードとして研究に取り組んでいます。

PAGE TOP