カリキュラム

カリキュラム(博士前期課程)

カリキュラムの特徴

本専攻は「実践看護学」「健康システム看護学」の2領域によって構成されています。これらの2領域がそれぞれ複数の専門科目を開講すると共に、看護科学特別実習や看護科学特別研究といった各専門に共通な科目も開講しています。また、専門科目の基礎となる科目として8つの『専門基礎科目』を開講しています。その他に、『大学院共通科目』の履修を奨励し、学生の学際的視野を広げる努力をしています。

本専攻では、がん看護、精神看護、家族看護、慢性看護の専門看護師(CNS)教育課程基準に対応した科目(38単位)も開講しており、がん看護、精神看護、家族看護のCNS教育は「実践看護学」領域、慢性看護のCNS教育は「健康システム看護学」領域において学ぶことができるようになっています。

修了要件

2年以上在学し、所定の30単位以上を修得し、修士論文の審査および最終試験に合格すること。

取得学位

修士(看護科学)

資格等

専門看護師(社団法人日本看護協会認定):家族看護分野、がん看護分野、精神看護分野、慢性看護分野

※専門看護師養成教育に必要な科目を修得して課程を修了し、且つ、臨床で必要な実務経験を積むと、日本看護協会が行う専門看護師の資格認定審査を受けられます。各必要単位数等、詳細については日本看護協会HPで確認ください。

履修案内
シラバス

※授業科目に関連した書類は、「専攻内専用ページ」 の“授業科目関連書類”で確認してください。

学位論文

学位論文テーマ

※学位論文に関する申し合わせ事項は、「専攻内専用ページ」にあります。

カリキュラム(博士後期課程)

カリキュラムの特徴

専門的な分野での卓越した研究を実施するために、研究・教育者としての基本的な資質向上を基盤とし、新たな看護の技術や教育・研究方法を開発できる看護科学の研究者を育成するカリキュラムを編成しています。

修了要件

3年以上在学し、所定の25単位以上を修得し、博士論文の審査および最終試験に合格すること

取得要件

博士(看護科学)

履修案内

※授業科目に関連した書類は、「専攻内専用ページ」 の“授業科目関連書類”で確認してください。

学位論文

学位論文テーマ

※学位論文に関する申し合わせ事項は、「専攻内専用ページ」にあります。