博士前期課程

博士前期課程

カリキュラムの特徴

本学位プログラムは専門科目を開講すると共に、看護科学特別実習や看護科学特別研究といった各専門に共通な科目も開講しています。また、専門科目の基礎となる科目として8つの『専門基礎科目』を開講しています。その他に、『大学院共通科目』の履修を奨励し、学生の学際的視野を広げる努力をしています。

本学位プログラムでは、がん看護、精神看護、家族看護、慢性看護の専門看護師(CNS)教育課程基準に対応した科目(38単位)も学ぶことができるようになっています。

取得学位

修士(看護科学)

資格等

専門看護師(社団法人日本看護協会認定):家族看護分野、がん看護分野、精神看護分野、慢性看護分野

※専門看護師養成教育に必要な科目を修得して課程を修了し、且つ、臨床で必要な実務経験を積むと、日本看護協会が行う専門看護師の資格認定審査を受けられます。各必要単位数等、詳細については日本看護協会HPで確認ください。

学位論文

修士論文の複写について
本専攻の修士論文の複写について修士論文は著作物に当たり、複写には著者の許諾が必要です。他大学および研究機関にご所属の方は、所属機関の図書館(室)を通して、所定の申請書(別紙)を本学図書館へ郵送でお送りください。所属機関のない方は、お近くの公共図書館を通してご依頼ください。提出いただいた申請書は、当専攻が著者に直接郵送します。著者の許諾の取得には時間を要します。なお、著者の意思により複写を謝絶される場合もあります。あらかじめご了承ください。また、許諾された場合の複写にかかる費用は、本学図書館を通じて申請者に請求いたします。

博士後期課程

カリキュラムの特徴

専門的な分野での卓越した研究を実施するために、研究・教育者としての基本的な資質向上を基盤とし、新たな看護の技術や教育・研究方法を開発できる看護科学の研究者を育成するカリキュラムを編成しています。

取得要件

博士(看護科学)

学位論文

学位論文テーマ