関連プロジェクト

平成29年度 教育戦略推進プロジェクト支援事業
国際共同看護学セミナー

2017.11.6-8

学術協定校であるインドネシアのガジャマダ大学、台湾の国立台湾大学、米国のイリノイ大学シカゴ校より教員と大学院生のペア(計6名)を招聘し、国際共同看護学セミナーを開催しました。

  • 1日目の初めのセッションは水野専攻長による日本の緩和ケアについての講義

    1日目の初めのセッションは水野専攻長による日本の緩和ケアについての講義

  • MECCのトーマス先生による英語のプレゼンテーションの講義

    MECCのトーマス先生による英語のプレゼンテーションの講義

  • 午後はEngage-ILというオンライン教材を用いて緩和ケアと終末期ケアについて討議しました。

    午後はEngage-ILというオンライン教材を用いて緩和ケアと終末期ケアについて討議しました。

  • 夕方はFaculty Development公開講座としてパネルディスカッション「学ぼう!海外の緩和ケア事情」を開催し、3か国の緩和ケアについて学びました。

    夕方はFaculty Development公開講座としてパネルディスカッション「学ぼう!海外の緩和ケア事情」を開催し、3か国の緩和ケアについて学びました。

  • 夜はカツマタ教授宅で橋爪祐美准教授による日本の高齢者ケアについてのセミナー

    夜はカツマタ教授宅で橋爪祐美准教授による日本の高齢者ケアについてのセミナー

  • 3日目の朝は国立台湾大学のフー先生による台湾の緩和ケアについての講義

    3日目の朝は国立台湾大学のフー先生による台湾の緩和ケアについての講義

  • 日中はゲストの大学院生と本学の博士1年生による研究のプレゼンテーションとディスカッションをおこないました

    日中はゲストの大学院生と本学の博士1年生による研究のプレゼンテーションとディスカッションをおこないました

  • 振り返りミーティングではカツマタ教授と大学院生を中心に学びや今後の課題などを共有しました

  • 振り返りミーティングではカツマタ教授と大学院生を中心に学びや今後の課題などを共有しました

    振り返りミーティングではカツマタ教授と大学院生を中心に学びや今後の課題などを共有しました

  • 最後にもう一つのFaculty Development公開講座としてイリノイ大学シカゴ校のチャーリー・インリン先生によるLove Makes a Familyの特別講義が開催され、盛況のうちに3日間のセミナーを終えました

    最後にもう一つのFaculty Development公開講座としてイリノイ大学シカゴ校のチャーリー・インリン先生によるLove Makes a Familyの特別講義が開催され、盛況のうちに3日間のセミナーを終えました

  • カツマタ教授が全日を通して逐次通訳をしてくださいました

    カツマタ教授が全日を通して逐次通訳をしてくださいました

  • インリン先生の家族を囲んだ参加者全員の集合写真

    インリン先生の家族を囲んだ参加者全員の集合写真

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン

お知らせ
がん緩和ケア多職種養成コース(インテンシブコース)の開催
「多職種メンバーのシナジー(相乗効果)を発揮するカンファレンスの実現」
参加対象 医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、栄養士、ソーシャルワーカーなど
日時 2012年10月7日(日)10:00~16:00
会場 つくば国際会議場 3F 303会議室

詳細は以下をご覧ください。