専攻長挨拶

看護科学専攻 専攻長:水野 道代

筑波大学の大学院では本年度から、人材養成目的を明確にすること、汎用/専門コンピテンス明確にし、達成できるようカリキュラムを改編し、教育の質保証をするために、学位プログラムに再編されました。これによって、専門領域の垣根が低くなり、学際性が高められることとなると思います。

【博士前期課程】

看護科学学位プログラム博士前期課程の人材養成の目的は、第1に研究の基礎力の育成、第2に専門看護師としての臨床実践能力の育成、第3に高度な教育・実践能力をもつ助産師の育成があります。また「科学的根拠に基づく探究力」、「専門領域における実践力」「看護の学際性」、「看護の感性と倫理観」、「国際通用性を目指す研究・実践力」の専門コンピテンスを掲げ、カリキュラムを改編しましたので、看護科学学位プログラムを修めることによって、修得できると考えます。

また、教育おいては、多様な医療ニーズに応えるために、助産師(国家資格取得に対応)、専門看護師(4分野:がん看護、精神看護、慢性看護、家族看護の資格取得に対応)、と幅広い領域における高度職業人養成教育を提供しています。 研究においては、グローバル水準で国内外にその成果を発信できる能力の基礎を築きます。 学内では自分の考えを伝えて討議する姿勢や発信力を養い、国内外の学会へも積極的に参加できるよう支援していきたいと考えます。

 看護科学学位プログラムで共に学び、これからの看護を築く一躍を担えるよう共に励みましょう。

【博士後期課程】

看護科学学位プログラム博士後期課程では、学際性と科学性に基づく看護の技術や教育、研究方法の開発ができる人材の育成を目指し、本学位プログラムを修得することによって「科学的根拠の創成力」、「看護科学の専門知識」、「研究・教育者としての倫理観」、「国際的な研究・実践能力」のコンピテンスを修得します。

看護科学学位プログラムでは、看護の理念に基づいた質の高い学位論文を自律して仕上げることが出来るように、その基盤となるコースワークを充実させています。また、個々の学生がこれまでに身に着けた看護実践や教育・研究における能力を育み、明確なキャリアパスを描きながら、学びを深められる機会をさまざまな形で提供しています。看護科学学位プログラムでは、学際性、国際性を備えた「未来志向」でありたいと考えています。そのため、海外の学術協定校との研究における学生や教員間の交流を活性化していきたいと考えます。

 看護科学学位プログラムで共に学び、次代の看護を先導するリーダーとして貢献できるよう励みましょう。

森 千鶴