アドミッションポリシー

1) アドミッションポリシー(博士前期課程)

1. 教育目標

学際的および国際的な視点に基づき、看護を科学的に探求する人材を育成することを目的とします。また、この目的を達成するために、修了後の進路に対応した以下のプログラムを設定します:
①博士後期課程への進学に向けて研究基礎力を育成する看護科学プログラム、
②専門看護師としての臨床実践能力を育成する高度実践看護プログラム、
③高度な教育・実践能力を持つ助産師を育成する助産学プログラム。

2. 求める学生像

科学的な根拠に基づいて看護の指導的な役割を担う教育者・研究者を目指す学生および看護の実践能力および高度な専門性を有する看護の高度専門職業人を目指す学生を求めます。

3. 入学者選抜の基本方針

看護の専門科目と英語の筆記試験および口述試験により学力考査と人物評価を行う。
社会人に対しては特別選抜を設ける。

2) アドミッションポリシー(博士後期課程)

1. 教育目標

看護学の高度専門職者・管理者、教育者・研究者、政策・行政分野の看護・医療の専門家として専門的知識、技術を有するに留まらず、常に研究マインドを持って看護実践を検証していくことのできる能力を育成します。さらに、看護の専門領域だけではなく、「学際性」と「科学性」に基づく新しい看護の技術や教育・研究方法を開発できる能力を育成します。

2. 求める学生像

博士前期課程で養った看護実践能力や研究能力を活かし、さらに次代に向けて必要となる新たな知識の創造と、技術開発の基礎となる教育・研究方法などについて体系化できる力を備えようとする教育者・研究者、あるいは、看護科学の基礎的な能力を修めた者で、実践と理論の架け橋となるための高度専門看護者・管理者、行政官を目指そうとする者を求めています。

3. 入学者選抜の基本方針

入学希望者に対して、提出書類による書類審査、英語と看護学に関する知識を問う筆記試験および口述試験を実施し、看護科学専攻博士後期課程で学ぶ資質と能力を判定する。