研究・業績

受賞歴

2018 -

  1. 河原 さくら、第125回茨城小児科学会優秀演題賞:胆道閉鎖症の鑑別における十二指腸液の有用性. 2021.2
  2. 野本 瑠奈、第124回茨城小児科学会最優秀演題賞:小児期発症難病の成人期における課題. 2020.10
  3. Atsushi Morita, The 6th World Congress of Pediatric Gastroenterology, Hepatology and Nutrition Young Investigator Award. Congenital biliary dilatation in an infant with citrin deficiency. 2020.6 (closed due to COVID-19)
  4. 田中 優人、第123回茨城小児科学会最優秀演題賞:筑波大学附属病院NICU・GCUにおける監視培養の検討. 2020.5
  5. 永藤 元道、2019年度日本新生児成育医学会学会論文賞:未熟児網膜症に対する抗VEGF 療法を行った早産児の3 歳時の身体発育,神経予後についての検討.2019
  6. Takashi Enokizono, 15th Asia Oceanian Congress of Child Neurology Travel Award. Quantitative Assessment of Fine Motor Development in Children using Magnetic Sensors. 2019.9
  7. 森田 篤志、第121回茨城小児科学会優秀演題賞:腹部膨満と肝脾腫を契機に診断された Niemann-Pick 病 C 型の乳児例.2019.6
  8. 榎園 崇、第61回日本小児神経学会優秀口演賞:磁気センサを用いた小児手指巧緻機能解析.2019.6
  9. 岩崎 友哉、第120回茨城小児科学会最優秀演題賞:急性腎盂腎炎診断における末梢血白血球数とCRPの意義について.2019.2
  10. 竹内 秀輔、2018年度日本新生児成育医学会学会論文賞:超低出生体重児の出生時気管挿管確認に対する超音波検査.2018
  11. 矢板 克之、第119回茨城小児科学会最優秀演題賞:当院における 10 年間の極低出生体重児の死亡症例の検討.2018.11
  12. Lisheng Lin, The 11th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session Best Poster Award. A Novel CACNA1C Mutation (R860Q) in a Family Presented with QT Prolongation and Mild Mental Retardation Without Timothy Syndrome Phenotypes. 2018.10
  13. 今川 和生、第35回日本小児肝臓研究会最優秀演題賞:本邦の進行性家族性肝内胆汁うっ滞症2型で頻度の多いABCB11 C129Y変異の機能解析.2018.7
  14. 穂坂 翔、第117回茨城小児科学会最優秀演題賞:当科の終末期小児がん患者における在宅医療の実態.2018.6