カリキュラム

概要

筑波大学の公衆衛生学学位プログラムは、公衆衛生学の専門家とともに、広く保健医療の実務経験者、研究教育者を含めた包括的な教授陣による教育を受けながら公衆衛生学の専門家を育成するところに大きな特徴があります。

カリキュラム

時間割

学位授与の方針

筑波大学大学院学則に規定された要件を充足し、公衆衛生学分野における研究能力を証明するに足る修士論文を提出したうえで、以下の能力を有することが最終試験によって認定されたものに授与されます。

  • 疫学、生物統計学、医療政策学、健康行動科学、環境保健学など、公衆衛生学のコアとなる学問についての基盤的知識
  • 公衆衛生領域での情報収集と分析に関する能力
  • 国際的に活躍できるプレゼンテーションやコミュニケーション能力
  • 公衆衛生の関連分野において、大学など教育研究機関で教育担当となる教育能力
  • 社会的ニーズに対応して専門領域の学識を生かして貢献できる広い視野と高い志