公衆衛生学学位プログラムリーダーのご挨拶

WHOなどの国連機関に保健医療の専門家として就職するには、修士(公衆衛生学)が必須だといわれています。公衆衛生学学位プログラムでは、公衆衛生学研究者・教育者、公衆衛生行政官、産業医、企業の安全管理者などを育成します。科目としては、疫学、生物統計学、医療政策学、精神保健学、社会行動科学、環境科学などを学びます。筑波大学の公衆衛生学学位プログラムは、公衆衛生学の専門家とともに、広く保健医療の実務経験者、研究教育者を含めた包括的な教授陣による教育を受けながら公衆衛生学の専門家を育成するところに大きな特徴があります。

プログラムリーダー 我妻 ゆき子