当院での小児科研修

当院小児科での初期研修

初期研修

初期臨床研修における小児科に関連した特設プログラムの解説 小児科では、2つの初期臨床研修コースのどちらかを薦めます!

初期臨床研修詳細(PDF 760KB)

PDFファイルのため、閲覧にはAdobe Reader が必要です。こちらよりダウンロードください。


小児科救急コース

筑波大学臨床研修プログラムの一般プログラム内サブコース

小児医療や救急医療に興味を持つ研修医を広く対象にしています。救急患者が集中し、かつ指導体制が確立した筑波メディカルセンター病院や土浦協同病院などで、「小児科」と「救急」の期間を一緒にした6か月間の研修を行います(下図黄色)。医師として最も大切な急性期疾患のプライマリ・ケアを成人・小児、内科疾患・外科疾患を問わず、幅広く学ぶことを目的としたコースです。皆さんには『初期臨床研修で広い視野を育て、小児を含めたプライマリ・ケアに精通する医師』を目指して欲しいと願っています。選択3で小児科を選択しているため、選択必修2、選択必修3では各人の関心に応じた研修科目を選ぶことになりますが、どの様な研修科目を選ぶのが良いかなど、小児科スタッフが親身に相談に乗ります。

小児科救急コース
小児科特別プログラム

将来、小児科医になることを決めた研修医を対象にします。初期臨床研修から小児科に重点を置いたコースで、小児科専門医の早期取得を目的とします。大学病院や茨城県立こども病院などでは小児の高度専門医療を、また筑波メディカルセンター病院では急性疾患のプライマリ・ケアの研修を行い、APLSや PALSの取得を目指します。さらに小児外科や産科など小児に関連した診療科をローテーションします。希望者には、国立成育医療センターなどでの研修も行います。

小児科特別プログラム

筑波大学小児科は、文部科学省の周産期医療人材育成事業の拠点大学に採択されました。

文部科学省は小児科、産婦人科領域の医師養成について、魅力ある研修カリキュラムを提案した大学に対して、平成21年度から5年間にわたり毎年多額の補助金を交付する事業を開始しました。全国で53大学が応募し、関東地方の国立大学としては筑波大学のみが採択されました。提案した研修カリキュラムのポイントは、上記の2プログラムに共通している「J2の6か月間、地域基幹病院で急性期疾患のプライマリケアを集中的に学ぶ」点にありました。