筑波大学医学医療系・分子遺伝疫学研究室は「ヒトゲノム多様性と疾患」をキーワードとして研究に取り組んでいます。

研究業績

分子遺伝疫学研究室 2007年以降の研究業績

2006年までの業績は個人のページをご覧ください

2007

英文原著

Kawasaki A, Tsuchiya N*, Ohashi J, Murakami Y, Fukazawa T, Kusaoi M, Matsuta K, Hashimoto H, Tokunaga K. Role of APRIL (TNFSF13) polymorphisms in the susceptibilitytosystemiclupuserythematosus in Japanese. Rheumatology 2007; 46:776-782.

Hitomi Y, Tsuchiya N*, Hasegawa M, Fujimoto M, Takehara K, Tokunaga K, Sato S. Associationofhuman CD22gene polymorphism with susceptibility to limited cutaneoussystemicsclerosis.Tissue Antigens 2007; 69:242-249.

Furuya T, Hakoda M, Ichikawa N, Higami K, Nanke Y, Yago T, Kobashigawa T, Tokunaga K, Tsuchiya N*, Kamatani N, Kotake S. Differential association of HLA-DRB1allelesinJapanesepatients with early rheumatoid arthritis in relationship to autoantibodiestocycliccitrullinatedpeptide. Clin Exp Rheumatol 2007; 25:219-224.

英文総説

Kyogoku C, Tsuchiya N. A compass that points to lupus: Genetic studies ontypeIinterferonpathway. Genes Immun2007; 8:445-455.

Tsuchiya N, Kyogoku C, Miyashita R, Kuroki K. Diversity of humanimmunesystemmultigenefamilies and its implication in the genetic background of rheumaticdiseases. Curr Med Chem 2007;14:431-439.

英文総説

土屋尚之: 強直性脊椎炎の発症にかかわる遺伝因子. リウマチ科 38:409-415, 2007.

櫻井大祐、川崎綾、小端哲二、土屋尚之: BAFF, APRILの機能と自己免疫疾患における役割. 分子リウマチ 4:307-313, 2007.

土屋尚之: 関節リウマチ関連遺伝子解析に基づく新規治療法開発の可能性. BIO Clinica 22:894-897, 2007.

京極千恵子、土屋尚之: 全身性エリテマトーデスにおけるIRF5多型の意義. 医学のあゆみ 222:214-216, 2007.

土屋尚之、京極千恵子: SLE発症の分子機序-ゲノム解析による最新の知見. リウマチ科 38:103-108, 2007.

川崎 綾: APRIL遺伝子多型と全身性エリテマトーデス(SLE)の関連. 医学のあゆみ 222:286-287, 2007

土屋尚之: 全身性エリテマトーデス-疾患感受性遺伝子探索の最近の進歩-. リウマチ科 37:203-208, 2007

achieve

セミナー情報

入試情報

Key Words

ヒトゲノム、遺伝子多型、
人類遺伝、自己免疫疾患、
膠原病、
全身性エリテマトーデス(SLE)、
関節リウマチ、
ANCA関連血管炎、
全身性強皮症、病因解明、
個別化医療

医学医療系 登録研究グループ (リサーチグループ)

ゲノム医科学 リサーチユニッ卜

難治性免疫疾患・アレルギー リサーチユニッ卜

当研究室メンバーは、筑波大学において認定された「ゲノム医科学リサーチユニッ卜
難治性免疫疾患・アレルギーリサーチユニッ卜」の構成員です。

〒305-8575 茨城県つくば市天王台1-1-1 電話029-853-2111(代表)

Copyright© 筑波大学医学医療系分子遺伝疫学研究室 2013 All Rights Reserved.

筑波大学医学医療系・分子遺伝疫学研究室は「ヒトゲノム多様性と疾患」をキーワードとして研究に取り組んでいます。

PAGE TOP