筑波大学医学医療系・分子遺伝疫学研究室は「ヒトゲノム多様性と疾患」をキーワードとして研究に取り組んでいます。

研究業績

分子遺伝疫学研究室 2007年以降の研究業績

2006年までの業績は個人のページをご覧ください

2011

英文原著

Furusawa T,Naka I,Yamauchi T, Natsuhara K, KimuraR, Nakazawa M, Ishida T, Nishida N, Eddie R,Ohtsuka R,Ohashi J* (2011)Theserum leptin level and body mass index in Melanesian andMicronesian SolomonIslanders: Focus on genetic factors and urbanization.American Journal ofHumanBiology 23: 435-444

Kraisin S, Naka I, Patarapotikul J, Nantakomol D, Nuchnoi P, Hananantachai H, Tsuchiya N, Ohashi J* (2011) Association ofADAMTS13 polymorphism with cerebral malaria.Malaria Journal. 10:366 doi:10.1186/1475-2875-10-366.

Naka I, Nishida N, Ohashi J*. No Evidence for Strong Recent Positive Selection Favoring the7Repeat Allele of VNTR in the DRD4 Gene. PLoS ONE 2011; 6: e24410.

Koga M, Kawasaki A, Ito I, Furuya T, Ohashi J, Kyogoku C, Ito S, Hayashi T, Matsumoto I, Kusaoi M, Takasaki Y, Hashimoto H, Sumida T, Tsuchiya N*. Cumulative association ofeightsusceptibility genes with systemic lupus erythematosus in a Japanese female population. J Hum Genet 2011;56(7), 503-507. (The first two authors contributed equally to this work).

Kawasaki A, Furukawa H, Kondo Y, Ito S, Hayashi T, Kusaoi M, Matsumoto I, Tohma S, Takasaki Y, Hashimoto H, Sumida T, Tsuchiya N*. TLR7 single-nucleotide polymorphisms in the 3'untranslated region and intron 2 independently contribute to systemic lupus erythematosusinJapanese women: a case-control association study. Arthritis Res Ther 2011;13:R41.

Hikami K, Kawasaki A, Ito I, Koga M, Ito S, Hayashi T, Matsumoto I, Tsutsumi A, Kusaoi M, Takasaki Y, Hashimoto H, Arinami T, Sumida T, Tsuchiya N*. Association of afunctionalpolymorphism in the 3’ untranslated region of SPI1 with systemic lupuserythematosus. Arthritis Rheum 2011;63(3):755-763.

Ohashi J*, Naka I, Tsuchiya N. The impact of natural selection on an ABCC11 SNPdeterminingearwax type. Mol Biol Evol 2011;28(1): 849-857

和文著書(共著)

土屋尚之:全身性強皮症の疾患感受性遺伝子にはどのようなものがあるか。皮膚科臨床アセット7「皮膚科膠原病のすべて」(古江増隆、佐藤伸一編)中山書店、東京、pp.161-165, 2011

土屋尚之:全身性エリテマトーデスの疾患感受性遺伝子にはどのようなものがあるか。皮膚科臨床アセット7「皮膚科膠原病のすべて」(古江増隆、佐藤伸一編)中山書店、東京、pp.63-67, 2011

和文総説

土屋尚之: ANCA関連血管炎の遺伝因子。リウマチ科 2011;46:421-426.

土屋尚之:関節リウマチにおける疾患抵抗性HLA-DRB1アリル。リウマチ科 2011;45:62-67.

achieve

セミナー情報

入試情報

Key Words

ヒトゲノム、遺伝子多型、
人類遺伝、自己免疫疾患、
膠原病、
全身性エリテマトーデス(SLE)、
関節リウマチ、
ANCA関連血管炎、
全身性強皮症、病因解明、
個別化医療

医学医療系 登録研究グループ (リサーチグループ)

ゲノム医科学 リサーチユニッ卜

難治性免疫疾患・アレルギー リサーチユニッ卜

当研究室メンバーは、筑波大学において認定された「ゲノム医科学リサーチユニッ卜
難治性免疫疾患・アレルギーリサーチユニッ卜」の構成員です。

〒305-8575 茨城県つくば市天王台1-1-1 電話029-853-2111(代表)

Copyright© 筑波大学医学医療系分子遺伝疫学研究室 2013 All Rights Reserved.

筑波大学医学医療系・分子遺伝疫学研究室は「ヒトゲノム多様性と疾患」をキーワードとして研究に取り組んでいます。

PAGE TOP