筑波大学医学医療系・分子遺伝疫学研究室は「ヒトゲノム多様性と疾患」をキーワードとして研究に取り組んでいます。

研究業績

分子遺伝疫学研究室 2007年以降の研究業績

2006年までの業績は個人のページをご覧ください

2010

英文原著

Kawasaki A, Ito S, Furukawa H, Hayashi T, Goto D, Matsumoto I, Kusaoi M, Ohashi J, Graham RR, Matsuta K, Behrens TW, Tohma S, Takasaki Y, Hashimoto H, Sumida T, Tsuchiya N*. Associationof TNFAIP3 interacting protein 1, TNIP1 with systemic lupus erythematosus in aJapanesepopulation: a case-control association study.Arthritis Res Ther 2010;12:R174doi:10.1186/ar3134

Shen N*, Fu Q, Deng Y, Qian X, Zhao J, Kaufman KM, Wu YL, Yu CY, Tang Y, ChenJ-Y, Yang W, Wong M, Kawasaki A, Tsuchiya N, Sumida T, Kawaguchi Y, Howe HS, Mok MY, Bang S-Y, Liu F-L, Chang D-M, Takasaki Y, Hashimoto H, Harley JB, Guthridge JM, Grossman JM, Cantor RM, Song YW, Bae S-C, Chen S, Hahn BH, Lau YL, Tsao BP*. Sex-specific association of X-linked Toll-like receptor 7 (TLR7) with male systemic lupus erythematosus.Proc Natl Acad Sci USA 2010;107:15838-15843.

Kawasaki A, Ito I, Ito S, Hayashi T, Goto D, Matsumoto I, Takasaki Y, Hashimoto H, Sumida T, Tsuchiya N*. Association of TNFAIP3 polymorphism with susceptibility to systemiclupuserythematosus in a Japanese population. J Biomed Biotechnol 2010; doi:10.1155/2010/207578

Furusawa T*, Naka I, Yamauchi T, Natsuhara K, Kimura R, Nakazawa M, Ishida T, Inaoka T, Matsumura Y, Ataka Y, Nishida N, Tsuchiya N, Ohtsuka R, Ohashi J*. TheQ223RpolymorphisminLEPR is associated with obesity in the Pacific Islanders.Hum Genet 2010;127(3):287-294.

Ito I, Kawaguchi K, Kawasaki A, Hasegawa M, Ohashi J, Kawamoto M, Fujimoto M, Takehara K, Sato S, Hara M, Tsuchiya N*. Association of the FAM167A -BLK region with systemic sclerosis.Arthritis Rheum 2010;62:890-895.

和文総説

土屋尚之:膠原病の疾患感受性遺伝子. 臨床と研究 2010;87:1184-1189.

土屋尚之:膠原病のゲノム解析。カレントテラピー 2010;28:884-890

伊東郁恵:複数の膠原病に共通の感受性領域:FAM167A-BLK. 医学のあゆみ
2010;233:1175-1177.

土屋尚之:ゲノミクスによる血管炎関連遺伝子の探索。炎症と免疫 2010;18:502-508.

土屋尚之:遺伝子解析からみた全身性エリテマトーデス個別化医療の可能性。リウマチ科
2010;43:166-170.

土屋尚之:病因。最新医学別冊「新しい診断と治療のABC 67 全身性エリテマトーデス」最新医学社pp.58-71,2010.

土屋尚之、伊東郁恵、川崎綾:IRF5, STAT4, BLKと全身性エリテマトーデスをはじめとする膠原病との関連。日本臨床免疫学会誌 2010;33:57-65

川崎綾:IRF5遺伝子多型と膠原病の関連. リウマチ科 2010;43(5):526-531

土屋尚之:環境因子(日本臨床増刊号「関節リウマチ(第2版)」) 日本臨床 2010;68(suppl. 5):80-84.

川崎綾:リウマチ性疾患とⅠ型インターフェロン関連遺伝子. 炎症と免疫 2010;18:44-48

土屋尚之:遺伝子解析からみた全身性エリテマトーデス個別化医療の可能性。リウマチ科 2010;43:166-170.

achieve

セミナー情報

入試情報

Key Words

ヒトゲノム、遺伝子多型、
人類遺伝、自己免疫疾患、
膠原病、
全身性エリテマトーデス(SLE)、
関節リウマチ、
ANCA関連血管炎、
全身性強皮症、病因解明、
個別化医療

医学医療系 登録研究グループ (リサーチグループ)

ゲノム医科学 リサーチユニッ卜

難治性免疫疾患・アレルギー リサーチユニッ卜

当研究室メンバーは、筑波大学において認定された「ゲノム医科学リサーチユニッ卜
難治性免疫疾患・アレルギーリサーチユニッ卜」の構成員です。

〒305-8575 茨城県つくば市天王台1-1-1 電話029-853-2111(代表)

Copyright© 筑波大学医学医療系分子遺伝疫学研究室 2013 All Rights Reserved.

筑波大学医学医療系・分子遺伝疫学研究室は「ヒトゲノム多様性と疾患」をキーワードとして研究に取り組んでいます。

PAGE TOP