ニュース / 論文掲載


論文掲載のお知らせ

掲載
2020年 10月 28日

Limited rejuvenation of aged hematopoietic stem cells in young bone marrow niche


Key Point

• Transcriptome and methylome analyses revealed that the young niche largely restored the transcriptional profile of aged HSCs, but not their DNA methylation profiles. Therefore, the restoration of the young niche is insufficient for rejuvenating HSC functions, highlighting a key role for age-associated cell-intrinsic defects in HSC aging.


Journal of Experimental Medicine - https://doi.org/10.1084/jem.20192283

論文掲載のお知らせ

掲載
2020年 9月 18日

Generation of a p16ʰⁱᵍʰ Reporter Mouse and Its Use to Characterize and Target p16ʰⁱᵍʰ Cells In Vivo

(オンラインで入手可能 2020年9月18日)

ポイント
• Creation of a p16-CreERT2-tdTomato mouse model to analyze p16high cells in vivo.
• p16high cells are detectable in all tissues, are enriched with age, and do not proliferate.
• p16high cells exhibit heterogenous senescence-associated phenotypes.
• Elimination of p16high cells ameliorates steatosis and inflammation in a NASH model.

Cell Metabolism - DOI:https://doi.org/10.1016/j.cmet.2020.09.006 - (英語 English)

論文掲載のお知らせ

掲載
2020年 9月 15日

宇宙移動時のマウスの体重増加はNrf2が一因となる



Following experiments on the International Space Station (ISS) it has been reported that deletion of Nrf2, a master regulator of stress defense pathways, affects the health of mice flown for 31 days in Earth’s orbit. All flight mice returned safely to Earth where transcriptome and metabolome analysis revealed that the stresses of space travel evoked ageing-like changes of plasma metabolites, and activated the Nrf2 signaling pathway. Especially, Nrf2 was found to be important for maintaining homeostasis of white adipose tissues.

The study opens approaches for future space research utilizing murine gene knockout-disease models, and provides insights to mitigating space-induced stresses that currently limit potential for space exploration by humans.

Nature - Communications Biology (2020) (英語)
   Nrf2 contributes to the weight gain of mice during space travel
   DOI: 10.1038/s42003-020-01227-2

特集のお知らせ

掲載
2020年 9月 10日

福田真嗣教授がFinancial Times 2020のアジア太平洋高成長企業リストに掲載

(2020年4月)


トランスボーダーメディカルリサーチセンター(TMRC)のメンバーである慶應義塾大学の福田晋司教授がCEOを務めるMegabologenomic Inc.は、成功をおさめた急成長の企業50位としてFinancial Timesの記事「アジア太平洋の高成長企業2020」で特集されました。 このランキングは、アジア太平洋地域に本社がある企業を対象に行われた調査を元に、2015年から2018年までの売上高の複合年間成長率を考慮し、その成長率に応じて上位500社がランク付けされたものです。

この企業は、TMRCとのメタボロゲノミクスの分野における共同研究に基づいて、経済と地域の健康に重要なプラスの影響を与えています。

記事全文は、Financial Timesのウェブサイトでご覧になれます。 (英語)

論文掲載のお知らせ

掲載
2020年 8月 27日

心筋細胞は柔らかい足場で効率よく誘導される

~新しい心臓再生法の確立に向けて~

ポイント

• 心臓再生法の一つとして、ウイルスベクターを使って、心臓線維芽細胞から心筋細胞を誘導(心筋誘導)する際、その足場となる細胞外基質の柔らかさが、心筋誘導効率を左右することを発見しました。
• 生体の心臓と同等の柔らかさを持つ細胞外基質上で心筋の誘導が促進されるメカニズムを明らかにしました。
• 柔らかい細胞外基質上では、用いるウイルスベクターの種類にかかわらず心筋誘導の効率が改善することから、さまざまな心疾患に対する新しい心臓再生法への応用が期待できます。



プレスリリース 筑波大学ウェブページ
プレスリリース PDF
Soft Matrix Promotes Cardiac Reprogramming via Inhibition of YAP/TAZ and Suppression of Fibroblast Signatures -
Stem Cell Reports (2020) (英語)

論文掲載のお知らせ

掲載
2020年 8月 20日

骨格筋の発育と再生メカニズムに性差あり

~エストロゲン受容体βの機能的重要性を解明~

ポイント

• 本研究グループは,これまでに女性ホルモンであるエストロゲンが骨格筋の発育・発達や再生に重要であることを明らかにしてきましたが,その作用機序は不明でした。
• E今回,その作用機序として,筋線維や筋幹細胞に発現するエストロゲン受容体β(ERβ)を同定しました。
• 今後,ERβやその下流シグナルを標的にすることで,サルコペニアなどの筋脆弱症の病態解明と予防治療への応用を目指します。



プレスリリース 筑波大学ウェブページ
プレスリリース PDF
Estrogen Receptor β Controls Muscle Growth and Regeneration in Young Female Mice - Stem Cell Reports (2020)
(
https://doi.org/10.1016/j.stemcr.2020.07.017) (英語)

論文掲載のお知らせ

掲載
2020年 8月 11日

Establishment of technology for inducing functional hematopoietic stem cells in vitro from mouse iPS cells

ポイント
• Continuous activation of HoxB4 protein induces FLK−CD31+CD45+ cells from iPSCs.
• HoxB4 activity is required for generating long-term bone marrow engraftment from iPSC-derived HSCs.
• The intranuclear localization of HoxB4 protein in HSC-precursors controls differentiation arrest through enhanced expression of genes governing hematopoietic development.

Activated HoxB4-induced Hematopoietic Stem Cells from Murine Pluripotent Stem Cells via Long-Term Programming
Experimental Hematology - DOI:https://doi.org/10.1016/j.exphem.2020.08.003 (英語 English)