統合医科学研究部門
幹細胞治療分野

幹細胞の自己複製および分化制御機構の解明

私たちは、主に造血幹細胞をモデルとした幹細胞生物学の研究を行っています。

近年、胚性幹細胞や(組織特異的)成体幹細胞など様々な幹細胞が同定され、幹細胞研究分野の大きな進歩をもたらしました。 造血幹細胞は、その存在や特性が明らかになった最初の幹細胞です。

造血幹細胞研究により、多様な幹細胞の解析にも応用できる基礎的な知見が得られてきましたが、いまだ不明なことが多く残されています。この疑問に答え、生物学や臨床研究への貢献を可能にするために、基礎研究を続けることは非常に重要です。

造血幹細胞は自己複製能や多分化能を併せ持ち、これによってすべての血液細胞を一生涯に渡り供給することができます。 造血幹細胞研究における大きな利点の一つは、すでにアッセイ系が確立しているため個々の造血幹細胞のクローナルな解析が可能であることです。そのため、in vitroまたはin vivoで単一造血幹細胞の自己複製能や多様な血球細胞への分化誘導を用意の検証することができます。

このように、造血幹細胞研究は、安全かつ効率的な再生医療・遺伝子治療のさらなる発展に大きく貢献すると期待されます。

※準備中です。しばらくお待ちください。

主任研究員

山崎 聡 教授



主任研究員